5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【重要でも】哺乳類型は虫類スレ【マイナー】

1 :名無虫さん:2006/06/25(日) 19:50:28 ID:UXWr2UNP
恐竜に先んじて地上を支配し、
現世哺乳類の祖先ともなった非常に重要な存在なのに
何故かマイナーな哺乳類型は虫類にひかりを!

2 :名無虫さん:2006/06/25(日) 20:00:04 ID:???
2ゲット

3 :名無虫さん:2006/06/25(日) 22:56:09 ID:???
ディメトロドンとかエダフォサウルスとかがそれだっけ?

4 :名無虫さん:2006/06/26(月) 19:05:04 ID:tf/vbtIl
>>3
そそ。

哺乳類型は虫類が恐竜に駆逐されたのってなんでだっけ?
てっきり古生代末の大量絶滅でやられたのかと思ってたら、三畳紀にもかなり繁栄してるし。

5 :名無虫さん:2006/06/26(月) 19:49:11 ID:???
気嚢を獲得した恐竜の方が低酸素の環境下で有利だったから・・・
じゃなかったっけ?うろ覚え。

6 :名無虫さん:2006/06/26(月) 19:51:20 ID:???
>>5
水分の消費量が恐竜の方が少なかったからって説も聞いた事がある。

7 :名無虫さん:2006/06/26(月) 23:02:13 ID:HKsZt5Mu
現在では「哺乳類型爬虫類」って名称は不適切として使われなくなりつつあり「単弓類」という名称が定着しつつある。

8 :名無虫さん:2006/06/27(火) 17:05:45 ID:SZhCkuas
>>7
単弓類っての、どうも概念として理解しにくいんだよね。
鳥類も恐竜もトカゲも、みんなひっくるめて双弓類と言うのと同じくらい大ざっぱな概念だし。

9 :名無虫さん:2006/06/27(火) 20:46:28 ID:P1mhDrnu
カモノハシとかハリモグラの単孔目は哺乳類というよりこっちに近いんじゃないの
卵生で体温も不安定。哺乳類型爬虫類も全身に毛が生えてたのもいたというし

10 :名無虫さん:2006/07/01(土) 00:07:39 ID:???
「哺乳類型爬虫類」は全然爬虫類じゃないだろ。>>7の言うとおり、
単弓類が適切じゃないのかな・・。

11 :名無虫さん:2006/07/01(土) 05:35:18 ID:U3yfgkwO
哺乳類型爬虫類の復元図では、外耳がなくて、哺乳類だとどんな原始的なものでも復元図に外耳(いわゆる耳)があるけど、
実際はキノドンなどでも哺乳類のような耳があったって可能性はあるのでしょうか。

12 :名無虫さん:2006/07/01(土) 06:04:55 ID:BvuAMW1j
>>10
一応両生類からムカシトカゲに近い爬虫類が誕生し
その後、鳥に至る系統と哺乳類に至る系統が分かれたらしい

13 :名無虫さん:2006/07/01(土) 13:56:15 ID:???
>>11
槌砧鐙

14 :名無虫さん:2006/07/02(日) 23:08:48 ID:HHDEEGmG
つーかそもそも、もはや「哺乳類」「鳥類」「爬虫類」って分類そのものがもはや大した意味はもたなくなってるんだよね。

このスレのテーマである「哺乳類型爬虫類」にしても、実際に哺乳類と直接つながってるのはキノドン下目だけで、他のグループは子孫を残さず滅亡。
つまり、哺乳類全体が単にその一部に過ぎないほど巨大なグループなわけだし。
鳥類も恐竜の子孫だってもてはやされてるけど、実際には獣脚類の一部としかつながりがなく、しかも子孫を残さず滅亡したグループがこれまたたくさんあって、現生鳥類はK-T境界を運良く生き延びた一部の鳥類の子孫に過ぎない。

さらに爬虫類にいたっては、元々「有羊膜類から鳥類と哺乳類をのぞいたもの」という程度の概念しかなかったわけだけど、単弓類が外されたことでその概念すら崩壊してしまってるし・・・


15 :名無虫さん:2006/07/03(月) 08:50:11 ID:???
大量絶滅って凄いね

16 :名無虫さん:2006/07/03(月) 15:04:35 ID:???
スレタイ的には「古生代〜中生代初期の単弓類を語るスレ」が正確な所か。
最もこんな書き方じゃ、どういうスレか理解できる奴はあんまりいないだろうがな。

17 :名無虫さん:2006/07/03(月) 15:07:17 ID:v7SFjKzF
>>14
むしろ鳥類とは、飛行能力を持つ(あるいは祖先が持っていた)獣脚類の一派という解釈も可能だしね。
最もそれだと、白亜紀の獣脚類の相当数が鳥類に分類されてしまうかw

18 :名無虫さん:2006/07/04(火) 04:24:45 ID:N6mjAU1g
白亜紀後期の後新生代初期に地上の覇権を巡って恐竜の子孫鳥と哺乳類の
死闘がおき最終的に鳥は地上から追い出され哺乳類が勝利者となったのは
何ゆえか。三畳紀後期には哺乳類は恐竜の軍門に下りその後中生代においての
沈黙を余技なくされたのに
あるいは鳥は潜在的には地上への覇権獲得の意思を遺伝子レベルで持ち続け
そのことがカラスやオウムに現れているのか?

19 :名無虫さん:2006/07/04(火) 09:36:40 ID:???
鳥は歯と手と尻尾を無くしたのが痛いね

20 :名無虫さん:2006/07/04(火) 18:52:43 ID:vafYD0+0
どのみち鳥類の方が心肺機能は哺乳類より優秀なんだから
何らかの天変地異で再び低酸素の環境が生じれば鳥類=恐竜の再逆転もありえると思うけどね。
ちょうど、古生代の単弓類が新生代に哺乳類として覇権を奪還したように。

21 :名無虫さん:2006/07/05(水) 00:01:50 ID:a4eVhwk8
つーか、現在の地球は、古生代ペルム〜中生代三畳紀までの覇者単弓類の末裔である哺乳類と、中生代ジュラ〜白亜紀の覇者恐竜の末裔である鳥類が、陸と空で覇権を分け合ってる、と解釈すべきなのではないでしょうか?

ところで今月中旬にNHKで放送の「恐竜VS哺乳類」って、このスレ住人ならきっと見るよね?

22 :名無虫さん:2006/07/05(水) 01:17:30 ID:???
>>21
いっそスレタイを、「哺乳類VS恐竜(鳥類)3億年戦争を語る」とでもしとけばよかったかなw

23 :名無虫さん:2006/07/07(金) 00:36:36 ID:BOk8yTZA
分類表です。

ttp://epp.eps.nagoya-u.ac.jp/~seicoro/bio/synapsida.html

24 :名無虫さん:2006/07/07(金) 20:06:12 ID:CxG3zxWx
>>23
勘弁してくれ・・・

25 :名無虫さん:2006/07/10(月) 21:44:26 ID:???
マイナーなのはパンピー間では哺乳類型爬虫類は恐竜扱いされているから

26 :名無虫さん:2006/07/11(火) 01:13:45 ID:???
「ゆうめいなきょうりゅう」の中にディメトロドンが入ってるのはデフォだからな。

ゾイド化してるのもコイツが唯一だし。

27 :名無虫さん:2006/07/11(火) 07:48:04 ID:???
えっ?!
ディメトロドンって恐竜の祖先でしょ?
これから進化したゴルゴノプスが恐竜に進化したのです。

28 :名無虫さん:2006/07/11(火) 16:17:36 ID:DgqQdDdt
>>26
NHK地球大進化で、単弓類を研究してる学者が
「人から恐竜の発掘してるんですね?」とばかり言われる。
もう訂正する気も失せた、とか言ってたな。

29 :名無虫さん:2006/07/11(火) 16:24:42 ID:???
フューチャーイズワイルドで、古生代末の大量絶滅に匹敵する大量絶滅が起こり
陸棲脊椎動物が死滅して代わりに頭足類が進化するって話をやってたが、
常識的に考えれば鳥類=恐竜の復活の可能性の方が高そうだよな。
大規模火山噴火による低酸素の環境に、成層圏近くでも生存出来る鳥類は極めて強く、
なおかつ鳥類は哺乳類より節水型なので、第二パンゲアの高温乾燥気候にも強い。
と、思うんだけど・・・

30 :名無虫さん:2006/07/11(火) 16:32:18 ID:???
今北産業。

今日確認しだけど、PSPって液晶とボタンの距離がDSLよりもずっと近いのね。
余分なスペースがなくて、液晶をぎゅうぎゅうに詰め込んだ感じ。
PSPの初期不良ってこれが原因だっけ?

31 :30:2006/07/11(火) 16:33:21 ID:???
ぐお、誤爆すまそん・・・

32 :名無虫さん:2006/07/14(金) 20:31:27 ID:sTQjw3NB
>>27
ゴルゴノプスから進化したのは哺乳類

33 :名無虫さん:2006/07/21(金) 16:55:23 ID:???
イノストランケビアも哺乳類型爬虫類だったっけな…

アホな解説だと哺乳類型爬虫類って言っておきながら
図では体の外側に脚が張り出してて「動きは遅い」なんて書いてある

34 :名無虫さん:2006/07/22(土) 15:15:12 ID:Cpbu/eEY
>>33
いや、結構マジメな本でも足が横に突き出してる奴はある。
哺乳類系の動物が直立に成功したのは何時だっけ?
なんか、恐竜に関してはその種の議論が頻繁に出る割に哺乳類ではあまり直立云々の話題は出てこないな。

35 :名無虫さん:2006/07/22(土) 18:37:22 ID:/4rkRKl7
金子隆一の「哺乳類型爬虫類−ヒトの知られざる祖先」によると、哺乳類が直立歩行に移行したのは「完全に哺乳類の段階に入ってしまってから」らしいぞ。
現生のカモノハシなど未だに身体をくねらせた歩き方をするそうだし。

36 :名無虫さん:2006/07/22(土) 23:31:50 ID:???
哺乳類型爬虫類が進歩的なのは歯と顎の特殊化くらいでは?
結局、飛行も巨大化も出来なかった。

37 :名無虫さん:2006/07/23(日) 00:06:10 ID:XryuaicC
>>35
心肺機能の差もそうだが、
三畳紀の段階での哺乳類と恐竜では身体能力に大きな差があったのかもしれないな。
単弓類が恐竜に負けたのはその辺が原因かもな。

38 :名無虫さん:2006/07/23(日) 02:00:13 ID:07fDr5ZQ
逆に言うと、単弓類って何故、恐竜が支配者になる以前繁栄出来たんだろ?
そのことの方がむしろ不思議に思える。

39 :名無虫さん:2006/07/23(日) 05:00:37 ID:???
>>38
歯の構造が複雑で消化器官が優秀なのは哺乳類の恐竜に対する大きなアドバンテージだからね。
で、こうした特性は単弓類がかなり早い段階で獲得していた。古生代〜中生代初期の単弓類優勢はそれが原因ではないかと。
けど、その後恐竜が身体能力を爆発的に発達させてきて、運動能力が中々向上しなかった単弓類を圧倒したんじゃまいか。酸素も薄かったし。

因みに消化器官の哺乳類の優勢と心肺能力の恐竜(鳥類)の優勢は現代にも引き継がれているから
次の大絶滅後に鳥類=恐竜の復活がある可能性は結構高いとオレは思ってるな。
フューチャー・イズ・ワイルドは少々突飛過ぎるw

40 :名無虫さん:2006/07/23(日) 11:29:14 ID:NH5iX89M
>>39
ただ、前肢を完全に翼に変えてしまった鳥類は、二次的に四足歩行への移行は不可能。
したがって竜脚類や鳥盤類のようなタイプを生み出すことは困難だろう。
地上ではやはり四足歩行の方が有利。
新生代初期の恐鳥類が肉食哺乳類との競合に敗れたのも、結局はそこに原因があるそうだし。

もちろん現生のダチョウのように、生態系の中で哺乳類と張り合って生活している飛べない鳥もいるし、そういう鳥類が増える可能性はあると思う。
しかし、少なくとも、生態系の中であらゆるニッチを占めるようになるのは、ちょっと苦しいんじゃないだろうか?




41 :名無虫さん:2006/07/23(日) 12:18:35 ID:VJnTEecM
羽を前足に戻すのはそんなに難しくないと思う

42 :名無虫さん:2006/07/23(日) 12:28:48 ID:???
そういう例があれば信じられるけどね

43 :名無虫さん:2006/07/23(日) 12:52:22 ID:XryuaicC
>>42
4本足か2本足かが問題になってくるのは体重がトン単位になってからだろ。
草食恐竜でも小型のヒプシロフォドンなんかは2本足で最後まで通したわけだし。
まぁ、馬や牛位のサイズまでなら2本足でも問題ないと思われ。
それに、翼ではなかったけど一旦退化してた前足を再利用した実績が恐竜自身にあるわけだし。
むしろ問題は歯だろうな。
鳥脚類のような高度な咀嚼能力を進化させられるかが、鳥類の地上再進出での一番の問題になると思われ。

44 :名無虫さん:2006/07/23(日) 13:22:11 ID:???
地上性の巨大鳥類というとディアトリマを思い出すな。
でもやはり鳥類のアドバンテージは知能と飛行能力じゃないか?
地上再進出での大繁栄はちょっと考えにくい。

45 :名無虫さん:2006/07/23(日) 14:30:50 ID:???
>>44
成層圏近くでも飛行できる心配能力のメリットは大きいだろ。
次の大量絶滅後に再び深刻な低酸素になれば、
哺乳類が苦戦しているうちに生態系の主要なニッチをのっとれる可能性はあると思う。

46 :名無虫さん:2006/07/23(日) 17:36:51 ID:???
>>42
とりあえずヒレにすることには成功したぜ

てかなんでこの手の話では空想未来生物の話になりがちなんだろう

47 :名無虫さん:2006/07/23(日) 18:37:59 ID:???
フューチャー・イズ・ワイルドなんて、空想の進化で
いかに実現しそうにない突飛な生き物を空想するか、を楽しむものなので
実際の進化のメカニズムをシカトしてるからねぇ。
でもまあとりあえずオモロイ。
でも過去に実際にいた突飛な動物の方がワクワクするな。



48 :名無虫さん:2006/07/23(日) 18:47:55 ID:???
>>47
トラトンなんて面白そうだと思ったけど
考えてみたら竜脚類があれだけ巨大化できたのは気嚢システムのお陰なわけだし
それがないカメがあそこまで巨大化できるわけないもんなw

>>46
前足に進化する前段階として、退化している爪を回復させて、
穴を掘って草の根を掘り返したり獲物を捕らえる為の爪としたりするものが現れる可能性はあるかも。
そこまでくれば、あとは竜脚類や鳥脚類、角竜等が複数経路から4足歩行に復帰してるので簡単w

49 :名無虫さん:2006/08/19(土) 13:04:37 ID:qeetLjto
ところで、単弓類ってどのあたりから恒温性になったんでしょう?
ディメトロドンとかの頃はまぎれもなく変温だったらしいし、だからこそ帆という外気温を利用する方法で体温調節をしていたわけで。
直立姿勢ばかりでなくこの点も、恐竜ばっかり話題になって単弓類は全然話題にならないよね。





50 :名無虫さん:2006/08/19(土) 16:53:26 ID:???
>>48 巨大化できたのは気嚢システムのお陰

インドコテリウムとかバルキテリウムの立場は?

51 :名無虫さん:2006/08/19(土) 18:48:57 ID:???
竜脚類に比べたらインドコテリウムとかバルキテリウムなんて小さいやん

52 :名無虫さん:2006/08/19(土) 23:00:57 ID:???
体高は同じぐらいでなかったか。長さが竜脚類はハンパ無かっただけで。

53 :名無虫さん:2006/08/21(月) 21:16:35 ID:3AhNsgJe
スーパーサウルスの体重はバルキテリウムの2倍あるぞ!

54 :名無虫さん:2006/08/24(木) 12:02:53 ID:???
前足を復活させた鳥なら、恐鳥類のティタニスがいるやん。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)