5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【無限】宇宙の果てについて語るスレ【有限】

1 :名無しSUN:2006/02/10(金) 22:14:17 ID:+nCYuARI
宇宙の果てってどうなってるんだろうと考えはじめると
すごく不思議な気分になるのは私だけでしょうか。
数字は無限であるが、物質は必ず有限な存在だと思う。
宇宙の果ての向こう側はどうなっているんだろう。

皆さんは宇宙の果てってどうなってると思いますか?

2 :名無しSUN:2006/02/10(金) 22:27:06 ID:g259xJie
こちらは現在使われておりません。
下記スレに移動を御願いします。

**関東降雪情報スレッドVOL.39**
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1139295373/

3 :名無しSUN:2006/02/10(金) 22:55:49 ID:GvU4SwSu
>>2
ワロタ

4 :名無しSUN:2006/02/11(土) 00:33:04 ID:OfPJJlUB
↓と重複かなと思ったが、まごう事なき糞スレだった。
宇宙に関するスレは立ちすぎだと思うが、もうどれがどれだかわからんなぁ
>>1がんばれ

■宇宙に行き止まりってあるんですか?Part3■
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1127487067/

5 :名無しSUN:2006/02/11(土) 23:05:22 ID:6nJYyKsu
宇宙に行き止まりはあるんですか?

6 :名無しSUN:2006/02/12(日) 23:51:43 ID:sCldO+SY
行き止まりは無いとおもいます

7 :スーパーグレートヒッキー ◆2nbUMmxYIQ :2006/02/17(金) 21:05:54 ID:WRG/2VWm
全てを知る俺がきたが…
何か質問あるかね?

8 :名無しSUN:2006/02/17(金) 21:22:04 ID:WcPiP6n3
大昔の人たちが地の果てを想像していました。
現代人も宇宙の果てを想像しています。

地の果ては行き止まりはなく球だった
宇宙も行き止まりはなく球でしょう

未来人も考えるでしょう
宇宙の外の果ては?と

多分、球でしょう。

9 :名無しSUN:2006/02/18(土) 22:14:32 ID:bqQXTV7j
宇宙は 心 です

10 :名無しSUN :2006/02/18(土) 22:54:08 ID:cle23bD2
私も宇宙は球だと想う。
だとしたら球は(他の宇宙は)他にもたくさんあるんだろう。
地球がある宇宙はひとつだけど、たくさんの別の宇宙があるはず。
別の次元に、その数も無限にあり、まったく違う世界があったり、
まったく同じ世界もあるかもしれない・・・
宇宙のはてなんて、ビンに入れられた蟻にその状態を説明できるか?
を問うようなもの。って考えると説明できない蟻は神を創造するの
だろう・・・。


11 :名無しSUN:2006/02/19(日) 00:45:09 ID:x7w8USMz
このスレを見てください。
ここにそして人類の起源すべてが
書いてあります。
スレの最後の方に。宇宙人の手によって。
みなさんの疑問は解けると思います。
僕もこのスレ発見したときはびっくりしました。

http://mimizun.com:81/2chlog/denpa/tako.2ch.net/denpa/dat/973526615.html


12 :名無しSUN:2006/02/19(日) 02:06:53 ID:PcrOoCW0
宇宙は地球があるのが天の川銀河で、その回りにある無数の銀河そして銀河系はまたそのようなものがむすうにあってそれを取り囲む物凄い早さで膨張する何かがあって、その外は超重力の空間らしいとテレビでありました(笑)
確かそこをいききする、なんちゃらっちやつで宇宙間を移動するとか…(^_^;)
一時はそれで宇宙について満足してたんですが………ふと思いました。そのさらにむこうはなんなんやと(^^;)誰かさんが言った人間の命は地球より重いと言う事がわかりますね

13 :名無しSUN:2006/02/19(日) 14:40:16 ID:HefMabgz
宇宙は フーセン です


14 :名無しSUN:2006/02/20(月) 12:54:58 ID:JD4CVlpK
スレ違いですみません。
知的生命体が人類のみだとすると、もし人類が存在しなかったら
この宇宙の存在の意味は?

15 :名無しSUN:2006/02/20(月) 13:12:44 ID:aOOx9+yV
☆宇宙全体で地球にしか生命体が居ないとしたら…

1 :本当にあった怖い名無し :05/02/06 19:17:26 ID:dGuy2xHQ0
週刊少年漫画@2ch掲示板 から”移転したよ。。。”
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1106912488/l50
良かったらスレ違いで消えてしまったけど、覗いてみてください。

こちらです。http://comic6.2ch.net/csaloon/


369 :マロン名無しさん :05/02/06 19:08:29 ID:???
オカルトに移転すれば? 良スレなんだし。



??? 神さまにとって、人類って何? ???
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1106134107/l50

16 :名無しSUN:2006/02/20(月) 13:42:11 ID:nN8idI3C
>>14
宇宙の存在意味など、元々無いだろ。

17 :名無しSUN:2006/02/20(月) 13:58:33 ID:I4qtomkN
観測者がいないと宇宙は実態をもてないから
観測者として人類が必要なのだよ

18 :Back to the Moon:2006/02/20(月) 14:10:26 ID:aOOx9+yV
人間が証明

人類の為の宇宙? <新型、証明器具>
http://www.nasa.gov/mission_pages/exploration/spacecraft/index.html


19 :名無しSUN:2006/02/20(月) 15:17:54 ID:GOZz8nmL
宇宙は シムシティー です

20 :名無しSUN:2006/02/20(月) 23:03:01 ID:hSGSo0Cq
お前らは宇宙の中にも外にもいるんだぜ。中が外で外が中で表が裏で裏が表で。

21 :名無しSUN:2006/02/21(火) 16:21:11 ID:OSXOH5ti
宇宙は すごく巨大な生物の 細胞の1つ です




22 :名無しSUN:2006/04/16(日) 00:33:15 ID:L1r13joa
漫画のキャラが漫画から出られないように、
私たちも宇宙からは出られません。
私たちは自分の意思で生きているとみせかけて実は違うのです。
すべて決まった道を歩いているのです。
これは私たちの世界でいう「漫画や本、物語、ゲーム」などと呼ばれているものに近いでしょう。
その目的は、遊びなのか観察なのか・・・私たち人間には全く想像することができないものです。
はたして宇宙を出たらどんな世界が広がっているか、
人間の知識、常識、概念でさえ役に立たない・・・
でもそんな宇宙だからこそ、
望みは言わないけれど
きっと今の人間には宇宙以上はいないでしょう

23 :名無しSUN:2006/04/16(日) 04:57:30 ID:VtVigsRj
22はゴーゴー7188が好きという事はわかった

24 :名無しSUN:2006/04/16(日) 21:20:16 ID:AXKRvhiu
>>22
生かされているとしたら、生かされていることに気づかないようにできているはず。
だから私たちは自分の意思で生きているし、色々な未来が待っている。
そう考えるべき・・・だよね。
わからないのは、”何の為に”ということだけ。

25 :名無しSUN:2006/04/17(月) 17:55:04 ID:eIxlqG5z
>>24
>気付かないようにできているはず

漫画のキャラが読者のほうを向きながら説明したとき
もう1人のキャラ「どこ見て喋ってんの?」というようなやりとり。

26 :名無しSUN:2006/04/17(月) 19:24:32 ID:OoxhoGs6
 
肉体は殻で電気その他の波のネットワークが人の本体だと考えると
 
想像の数だけ世界が存在するということになる
 
宇宙の果てを知りたいなら外を観測するより内や極小を追求したほうが早い

27 :名無しSUN:2006/04/17(月) 19:50:55 ID:3Dp8dXPL
>>21
じゃあ自分の細胞にも宇宙が広がってるって考えたらロマンですね

28 :名無しSUN:2006/04/18(火) 11:47:56 ID:jWMJv01T
自分が死ぬときが宇宙の終わりであり、
新しい生命が産声を挙げることがビッグバンなのか。。。。。。。。。。。。

29 :名無しSUN:2006/04/18(火) 14:47:58 ID:S9MZnfQv
もし宇宙の果てに壁があるとし
て、壁を掘りつづけたら〜って
ことで宇宙に果てはありません
常に物質か空間が広がるのみ

30 :名無しSUN:2006/04/18(火) 14:55:23 ID:awaPUq9v
人類にとって大気危険圏ちょい外が出かけられる宇宙の果ての壁。

  後は,観るだけ・・・。無人君だけ・・・。

 アコム計画。 アイフル計画・・・・とても危険だ。


      せめて,アリコ計画あたりにしておこう。





31 :インデアン,ウソつかない…疲れるだけ。:2006/04/18(火) 15:02:05 ID:awaPUq9v
正直者は,アメリカや日本を見る。 

    地球の土の人間・・・・月に行く時魂薄くなって消えてお仕舞い。













32 :名無しSUN :2006/04/18(火) 15:49:36 ID:vPivTivl
宇宙の果て、そして果ての先、またその先、・・・・
考え続けると結局、無限の世界を想像する
無限に広がっている世界があるのだろうか
しかし現実に宇宙は存在している
不思議としか言い様のないこの世界
頭がどうかしてしまいそう

33 :名無しSUN:2006/04/18(火) 18:39:22 ID:awaPUq9v
自分自身を愛する様に、あなたの隣人とあなたの生息している宇宙のシステムを愛しなさい_____成城学園となりの祖師谷温泉21<am2:00まで営業>

34 :名無しSUN:2006/04/18(火) 20:31:35 ID:awaPUq9v
スターヴォーズの様に地球育ちの宇宙人も高〜い宇宙<ソラ>を飛べるはず。

 同時期にたまたま生存している他種のタイプのヒト型宇宙人に会えるといいんだけどね。

 それよりは・・・月に草を根付かせウサギ牧場を作る方がかなうかな。

  

35 :名無しSUN:2006/04/18(火) 23:26:33 ID:kO/YjgRA
まあ人類が頑張って科学だとか数学だとか地理だとか工学だとかを勉強、研究してんのは

最終的に全ては 宇 宙 の 真 理 を 解 き 明 か す 為 なんだよな

その副産物として生活が便利になる機械が生まれたり
今は考え方を共有する・・情報、知識を共有するネットワークが発達してるんだが。
それも全て向かう所は同じ。

逆に文学、歴史、芸術、哲学は人間自身の真理を解き明かす為の物だ。
外へ向かう力と内へ向かう力
二つをこなした時、 人 は 神 に な る 。

案外人類が最初の知的宇宙生物かもしれん。そして最初の神かもしれん。

36 :名無しSUN:2006/04/22(土) 00:57:19 ID:7LlWjABF
tesuto

37 :名無しSUN:2006/04/25(火) 02:49:47 ID:GKX9Gc2E
>>21 尊じゃその巨大なものの正体とは?

38 :名無しSUN:2006/04/25(火) 23:00:43 ID:QkxUNkVS
確かに自分が死んだ時が宇宙の終わりだよね。
その後のことは知る由も無いし、どうでもいいことだもんね。
って考えると宇宙は自分中心にできていて、
自分以外の物は作り物なのかも知れない。
宇宙の果ては自分が生き耐える時にわかるのかも。

39 :名無しSUN:2006/04/25(火) 23:07:39 ID:Odf/cunz
>>38
君が生まれる(存在する)前から宇宙はあるよ

40 :名無しSUN:2006/04/26(水) 22:40:51 ID:boDx+Agp
39はぜんぜんわかってないね。
私も38にある意味同感だね。


41 :名無しSUN:2006/04/27(木) 02:34:46 ID:jupAZbGK
>>40
どういうことだ?
38は「自分」(もしくは人間)にとっての宇宙観にすぎない。
自分が滅するとき宇宙が終わるのでなく、終わるのは「自分」が観ていた宇宙。
人間が宇宙を知るはるか以前、単細胞生物のころから宇宙はある。
地球がなくなっても宇宙はあり続ける。

42 :名無しSUN:2006/04/27(木) 07:06:18 ID:3IFAXyQp
人類が知っている宇宙は

 太陽の大きなオナラやゲップ一つで人類の中から消えて亡くなってしまう。

 認識する者のいない宇宙・・・・。 


 光が宇宙から消えたと刷る…・目による宇宙観察は終・・・

 盲にとって暗がりの世界は自然の世界.見えなくてもそこにある。

 生き物地球.神経細胞の人類の感覚麻痺や死滅…脳死状態では無くて

 本能の世界.シンプルな自然調和世界.…・アポロの第一歩のコメントが妙に響く朝。



43 :名無しSUN:2006/04/28(金) 15:13:43 ID:+wPxZ+Zt
認識するものがいない宇宙ってのも孤独だな(人間感情)。
水田の中の微生物にとってみれば、水田の外なんて宇宙の果てみたいなものなんだろうか。

44 :名無しSUN:2006/05/26(金) 03:23:56 ID:pLNCa6Ed
>>38の言ってるのは、ブ
ランドン・カーターの人
間原理宇宙論ではあるま
いか?宇宙に人間が存在
している結果から、つま
り宇宙を観測している事
実から宇宙の始まりの条
件を規定して…

45 :名無しSUN:2006/05/26(金) 03:27:05 ID:pLNCa6Ed
つまり乱暴に言えば宇宙
は観測者に都合がいいよ
うに始まって今にいたり
、観測者がいなければ宇
宙自体存在しないと…

46 :名無しSUN:2006/06/03(土) 18:59:16 ID:ZIR8xw48
ここは科学の観点から話すべき。
観念論なんかは聞きたくも無い。

日本を代表する霊能力者なら、神仏から答えを聞き出せるかも知れない。

47 :名無しSUN:2006/06/08(木) 22:04:40 ID:kJJEuKJg
つまり夢いっぱいって感じ?

48 :名無しSUN:2006/06/24(土) 21:47:08 ID:t16k/uJC
今居るこの宇宙で死んだとしても
また別の宇宙で生まれ変われるんですよ。きっと
何億年、何兆年先に。
でもその人にとっては一瞬存在しなかっただけのこと。
何事もなかったかのようにまた生まれてくる・・・。
この宇宙に生物が存在する星の確立が何億、何兆分の1だろうが、
宇宙の数自体が何億、何兆個も在るんだから




49 :名無しSUN:2006/06/25(日) 02:45:39 ID:K7TYThQS
仮に果てがあったとしても無限とたいして変わらない
いまわかってる範囲だけでも、表現しようのない大きさだからね

50 :名無しSUN:2006/06/26(月) 04:21:38 ID:VhznqAZa
>>48
だからその宇宙の果てはどうなってるのかと聞いているのです。

51 :名無しSUN:2006/06/27(火) 21:58:25 ID:w5YM6PAk
有限か無限かの議論そのものが無意味である。
要は物質があるかのように意識させられているだけで
実際は無いのである。そうマトリックスの世界と同じようなもの。
映画と違うのは実態の世界も存在しないだけのこと。
存在しない創造物なのだから有限も無限もないっていうこと。

52 :名無しSUN:2006/06/30(金) 15:27:25 ID:hAJy/+ix
>>51
お前の頭を殴ると、
その時にお前は自分の存在に気付くのだな。

53 :名無しSUN:2006/06/30(金) 23:12:25 ID:0iJUX3Br
↑51は実態も無いって言っとるだろが!!!

54 :名無しSUN:2006/07/01(土) 13:58:40 ID:wyRIQ5ai
宇宙の果ては無だったりして、先には別次元空間が広がっているのかな

55 :名無しSUN:2006/07/05(水) 02:05:17 ID:K4GCsf3o
宇宙の果ては「無」なのでしょう。
宇宙の外にはまた別の宇宙がある、などと言いますが、
それでは「果て」の答えにはなっていません。 
ではその先は?と突き詰めて考えていくと最終的には
「無」としか言いようがないような・・・。
「無」というのは理解不可能ですが、唯一、それを人間が理解できるときが
あるとすれば、それは等しく人間が無となる「死」後なのだろうと。
(死んでしまったら理解もクソもありませんが)
宇宙の果てである「無」を考えるということは、死後の感覚を考えること
と似ているような気がしてなりません。


56 :名無しSUN:2006/07/05(水) 05:32:32 ID:6FfBjZGC
「無」ってさ、宇宙をずーっと進んで行くと、例えば地球から徐々に大気が
減っていくように、物質の存在がだんだん無くなっていくものだとしたら、
その完全に無くなった空間が果てなんでは?
空間を感じさせない程の暗闇かもしれないし、「暗闇」自体がまだ物質で、
その先に本当の「無」に徐々に辿り着くのかもしれない。。。

誰も「無」の状態は見る事が出来ないけど、宇宙の果てとは徐々に物が減って
完全に何も存在しなくなったところ。としか考えられないな。
ただそこが「空間」という所とは言い切れないケド。。。

57 :名無しSUN:2006/07/05(水) 05:45:51 ID:Tt+ZgCR7

宇宙はその辺にいっぱいあるみたいだけど小さすぎて・・・・。

    どの宇宙のことなのかさえわかりません。何時頃の宇宙ですか?

58 :名無しSUN:2006/07/05(水) 21:37:45 ID:LBGDpJ/d
>>57
それは君の後ろに居るよ

59 :名無しSUN:2006/07/05(水) 23:05:12 ID:G8Lr4+K9 ?
宇宙が閉じてれば有限で果ては無し、地の果てが無いのと同じ
開いてれば果てはあるけどどんどん膨張して遠ざかってる
膨張速度は光速を超えてるので何も無いだろうな、たぶん

60 :名無しSUN:2006/07/06(木) 00:17:52 ID:2+cM/RvK
果てという概念自体が3次元的なのでは?
宇宙はもともと10次元、11次元でできているとか言われるように
果ての概念をイメージすることすらできないのかも。
4次元をなかなかイメージできないように。
たとえるなら、エッシャーのだまし絵のような、時間も空間もねじれた
ことが起こっているのかも・・・。

61 :名無しSUN:2006/07/06(木) 00:47:14 ID:OkrPRE+m
↑お前馬鹿か?
じゃああれか?
二次元とかもあんのか?
ファミコンマリオがジャンプしたりする世界もアンのかって聞いてんだよ。
お前ふざけんなよ、この蛆虫野郎が。

62 :名無しSUN:2006/07/06(木) 07:41:12 ID:Yt2B/dPX
>>61
笑わせていただきました

63 :名無しSUN:2006/07/06(木) 12:14:20 ID:5UTKSiV9
>>59
最後の行の意味がわからん。
膨張の速度がどう関係してくるわけ?

64 :名無しSUN:2006/07/06(木) 12:34:15 ID:BF2gz6ch
てか俺達みたいな知的生物か知的なバケモンが
夏休みの自由研究のために、
何も無いハコの中に宇宙を作った。
それを観察しようというわけだ。

だから宇宙の外に人間が進出したとたんブン殴られて死ぬ。


無限の予想ができるなorz

65 :名無しSUN:2006/07/06(木) 12:52:57 ID:nq/Y8y94
空間を宇宙とするの?
もしそうなら宇宙の外は空間すらない、ある意味壁のようなものなんじゃないの?

66 :名無しSUN:2006/07/06(木) 14:52:57 ID:xzDnedDD
だからぁ〜、壁があるならその外はどーなってるかって話。

67 :名無しSUN:2006/07/06(木) 15:30:40 ID:JoyyhMWU
そして壁があるとしたら、どれだけ硬いのかも気になるな

68 :名無しSUN:2006/07/06(木) 16:46:48 ID:gvs3m/YJ
生きてるうちに確かめたいなぁ

69 :名無しSUN:2006/07/06(木) 17:31:57 ID:kVi6PLGo
宇宙の果てが壁みたいなら、宇宙の膨張スピードで壁に触らないと堅さを確かめられないな

70 :名無しSUN:2006/07/08(土) 05:54:08 ID:Vp93uEOg
はっきり言って宇宙の果てを知ることは100年後の未来人でも無理です。
この世で最速のスピードを誇るのは光です。光は秒速30万キロですから。
人類の科学技術がどんなに発達しても光を超える乗り物を作ることは無理だと
アインシュタインも言っています。

現在の科学ではビッグバン以後の話しからしかできないんです。
ビッグバンが起こる前は、どうだったんでしょう?空間なんてなかったはずだし
原子や分子も存在しなかったはずでしょう?無から有が生じるなんて有り得ないんですから。

科学がどんなに進歩してもこの問題だけは解決されないだろう。

俺は真剣に考えたことがあるんだけど神って、やっぱりいるんじゃないかなぁと。
でも、神ですらビッグバンが起こる前は存在しなかったはずだし、そう考えると
誰かが作ったのかなと。

71 :名無しSUN:2006/07/08(土) 08:53:37 ID:Od31Z8lY ?
>>63
>膨張の速度がどう関係してくるわけ?
インフレーション直後、宇宙の端っこにへばりついてる物質なりなんなりがなかった場合、
端っこは全ての粒子から見て光速以上で膨張し遠ざかってるわけだから、何ものも端っこには到達出来ない
つまり端っこのは何もないことになると言ってるわけ
端っこにはグラビトンも到達出来ないわけだから遙か未来にビッグクランチが起っても、物質が集まってくるだけで端っこの空間は永遠に膨張を(ry

72 :大和を沈めたのは地球防衛軍?:2006/07/08(土) 09:03:49 ID:IGo+r+9R
アリさんには,地球全体がどうなってるのかわかるでしょうか。

   そう、テレビでアポロがとった地球全体の映像をみればきっと理解出来るでしょうね.

73 :名無しSUN:2006/07/08(土) 10:31:10 ID:Od31Z8lY ?
>>72
それが何の映像か分かんないのにどうやって(ry

74 :名無しSUN:2006/07/09(日) 05:05:02 ID:okHkg2my
>>70
未来は想像もできないものになってるんじゃね?
そりゃ100年では無理かもしれんが、ほんの数千年で
人類はどれだけ多くのことを発見し可能にしてきたか

ってかビックバン以後しかわからないと書いておきながら
ビックバン以前は無だったと定義してる時点で矛盾してる
そもそもビックバンがあったのかもわからん

あまりにも思考能力が貧弱すぎるし、神だのなんだの突っ込み所満載

釣られてやったんだ
感謝しろ

75 :名無しSUN:2006/07/09(日) 14:02:18 ID:b6sZNByu
>74 光には質量がありません。でも乗り物には必ず質量が存在します。
  だから光のスピードを超えるのは不可能です。

  ビッグバンというのが今の有力な説なんだから仕方ないでしょう?
  あくまでも推測の世界の話しなんですから。あんたは行動範囲の
  限りなく狭い人間なんだろうな。

  しかも朝5時の書き込み。ご苦労さん。

76 :名無しSUN:2006/07/09(日) 19:27:14 ID:hTNJFzR7 ?
>>70
ホンの百数十年前までは、太陽にどんな物質があるか調べるのは不可能なぜなら太陽は高温すぎて仮にそこまで行けても調べるのは無理、と言われてた
けどその数十年後にはわざわざ行かなくても太陽光のスペクトル分析から分かった
同じように今の理屈(屁理屈?)で不可能と思われてることでも、将来は可能かも知れない
ま、神とかなんとか(ry

77 :名無しSUN:2006/07/09(日) 23:45:37 ID:u3ElJvhO
>76 じゃあ、どうやって質量を0にするんですか?説明できます?
  質量を0にした上で秒速30万キロを上回る乗り物を作れますか?
  どこでもドアでも発明しないかぎり無理です。どこでもドアが
  100年後にあるとは思えませんが・・・

78 :名無しSUN:2006/07/10(月) 03:03:26 ID:qC79wpBi
カークよりエンタープライズ!

転送収容後、周回軌道よりただちに離脱、
ワープ5で第72宇宙基地に直行のコースを取れ!

79 :名無しSUN:2006/07/10(月) 08:18:06 ID:xAIi2O33 ?
>>77
よく読めよ
今の理屈で不可能と・・・、って言ってるだろ
質量を0にしなければ、って固定観念はどっから来てるんだ?
とか突っ込みどころ満載だが、おまえとは話噛み合わん

80 :名無しSUN:2006/07/10(月) 14:24:49 ID:iYr4uQfE
>79 お前は物理も知らないのか?頭が悪いのはお前の方だろ?   
  物理の基本ぐらい勉強しなおして出直してこい。
  話しが噛み合わないんじゃなくてお前に知識がないだけなんだよ

81 :名無しSUN:2006/07/10(月) 15:34:59 ID:juOhHccb

光とか宇宙とかは同じ現象を思い切り違うスケールで見てるだけ。

82 :名無しSUN:2006/07/10(月) 15:44:54 ID:/fQt0jaB
>>80
物理の前におまいは小学校の国語だと思うぞ。

教科書に書いてあるのは「現在時点の」基本だからな。
100年も経てば、宇宙論の大半は書き直されているだろうよ。
科学の進歩とはそういうもの。

もちろん新事実や新理論の発見には、「現在時点の」勉強を
しっかりしておくことが閑人。


83 :名無しSUN:2006/07/10(月) 16:15:43 ID:fDpNpBHY
>82 小学校の国語?じゃあ、お前は幼稚園からやり直した方が良いな。
  無知な人間ほど悪口を言いたがる。

84 :名無しSUN:2006/07/10(月) 16:27:43 ID:dmWZugRn
おい、宇宙の果てのロマンを語ろうぜ兄さん達!!

85 :名無しSUN:2006/07/10(月) 16:42:33 ID:fDpNpBHY
>82 今から約100年前に発表されたアインシュタインの相対性理論は今でも
  物理学の基本です。

86 :名無しSUN:2006/07/10(月) 17:06:32 ID:/fQt0jaB
>>85
アインシュタインが、それまでの宇宙論を「書き換えた」ことを
御存じでない?

どうも論理的思考という面において、君は訓練が足りないようだな。

87 :名無しSUN:2006/07/10(月) 20:34:18 ID:wBOo1RCB
>86 100年前にな。知ってるから言ってるんじゃないですか?
   低脳君。

88 :名無しSUN:2006/07/10(月) 20:50:03 ID:PLWVzAJ+
85=87は自分が何を言われているか理解できないのかね?

89 :名無しSUN:2006/07/10(月) 20:58:00 ID:PLWVzAJ+
●アインシュタインの回想
「なぜ私に、それができたんでしょう。普通の大人は決して立ち止まって
『時間』や『空間』について考えたりしません。子供だけが、そういうこ
とをします。私の秘密は、子供のままでいたことです。私は、単純きわま
りない質問を続けてきました。そして今も、問いかけています。」

教科書レベルの知識で思考停止してるようじゃ、アインシュタインや
これからの宇宙論を語る素養なんてないだろw

90 :名無しSUN:2006/07/10(月) 21:30:52 ID:PDdF0IeZ
>89 光の質量が0だという物理の基本中の基本も知らないお前が言う台詞じゃないな
   お前には教科書レベルの思考もないって事を自白してるようなもの

91 :名無しSUN:2006/07/10(月) 21:44:57 ID:PLWVzAJ+
自分でいう基本中の基本も、意味わからずに書き連ねているだけじゃ
幼児のラクガキと変わりませんな。

92 :名無しSUN:2006/07/10(月) 21:55:58 ID:PLWVzAJ+
>>90
工房向け。声だして10回読むこと。
http://b.high.hokudai.ac.jp/~konno/soutairon/index.html

少なくともこれくらいは全部理解すること、そして相対性理論さえも、
現時点で発展途上の物理学の一論でしかないことをきっちり認識すること。

アインシュタイン自身が「相対性理論の次」を考えたが、残念ながら
これには到達できなかった。


93 :名無しSUN:2006/07/10(月) 23:13:23 ID:xAIi2O33 ?
>>90
いやだから光子の質量が0だってことくらいここのスレ住人には分かってるんだよ、当然
光子の質量が0ってことと、何百年何千年後の未来でも宇宙の果てについて分かるか分からないかってことと、何の関係が有るんだよ?
ってことを言ってるわけ
・・・けどおまえにゃわからんだろな

94 :名無しSUN:2006/07/10(月) 23:47:35 ID:PDdF0IeZ
>93 この91は光の質量が0っていう事実さえも知らないんだよ。
  知らなかったって言う方が正しいか。だから偉そうな発言すんなって言ってんの。
  完全なズブの素人。しかもお前はニートだろう?

95 :名無しSUN:2006/07/10(月) 23:59:54 ID:PLWVzAJ+
>94は支離滅裂に過ぎる。日本語も通じてないようだ。

96 :名無しSUN:2006/07/11(火) 00:01:09 ID:kd/8FXuh
重力は無限に届くんでしょ?
たとえ光の速さで宇宙の果てを目指しても
どこかにある超々々々々巨大ブラックホールの重力源に捕まって、
その周りを光の速さでまわりつつ吸い込まれてしまうんじゃないの?

それこそ、亜空間とかワームホールみたいな、
まだSFの世界のものを現実化しないと果てにはたどり着けないよね。

ウィザードリィみたいにワームホールの先が無だったらやだよね。

97 :名無しSUN:2006/07/11(火) 00:16:49 ID:/ZG4bgn3
現代の物理学が物質現象しか扱えない故の、思考実験上の限界なんだよね。>宇宙の果て
物質ではない別な媒体を発見したなら、またそれによる果ても出てくるのだろう。

98 :名無しSUN:2006/07/11(火) 02:33:58 ID:0uwDCH4W
>>94
神っていう宗教的観念と物理を一緒くたに考えてる時点で(ry

無知な人間ほど悪口を言いたがる。

99 :名無しSUN:2006/07/11(火) 03:43:30 ID:/ZG4bgn3
光の質量がゼロになるにも、今時点の人類には実現不可能な条件がある。
光の質量がゼロというのは、ある条件での現時点の物理学の思考実験上の
産物であって、未来永劫不変かつ宇宙で唯一絶対の事実ではない。
単に今の人間は、そこまでしか考えられないということだけ。

物質ではない何かの存在を示す概念ができれば、光に対しても、その
ナントカ量が与えられる。ただし単に次元が上がるだけなので、
その概念にも何かの限界(その概念における宇宙の果て)があるんだろうが。

100 :名無しSUN:2006/07/11(火) 06:11:45 ID:4tDBcCSF
>98 いいなぁ。ニートは遅くまで起きてて。お前の場合は1年中、夏休みだろ?
  お前みたいな馬鹿と話しても意味なし。2ちゃん以外行く所ないんだろうな。
  お前は、まず働け!

  宗教的観念と一緒には考えてはいませんよ。もしかしたら・・・って匂わせてますけど。
  光の質量が0も知らないお前にそんな事、語る資格なし。
  ついでに教えてあげましょうか?光は重力で曲がるんです。

  ニートに話しても無駄だな。

101 :名無しSUN:2006/07/11(火) 08:11:25 ID:0uwDCH4W
だめだこりゃ

102 :名無しSUN:2006/07/11(火) 12:55:17 ID:Qg5fgdJM
「デジカメでは焦点距離が伸びる」とか騒いでいた奴じゃないの?
頭の悪さが同レベルだ。

103 :名無しSUN:2006/07/11(火) 19:57:03 ID:x+NMh/XI
宇宙は プレステ です。私たちは 町人A です。

104 :名無しSUN:2006/07/12(水) 07:37:01 ID:nMI/sAZg
ブラックホール(ワームホール)は星や空間だけでなく光をも吸い込むってカールセーガンが言ってたけど
当然、光の速度より早い何かが光や物質を取り巻いては吸い込んでるんでしょ
それはなに? 
完全に解明されればその何かの力の合成とかでこの大宇宙の果てがわかると思うんだけど




105 :黒猫:2006/07/12(水) 11:04:45 ID:ztQe1jLj
素粒子同士を超高速で衝突させると、衝突後に分解して消えて無くなる部分が有るそうです、
消えた部分は5次元の空間に移動したと思われてます、
この実験を繰り返して、5次元空間の存在が分るようになり、
3次元の人間世界からの接触が出来るようになった時に、
初めて、生物の意識の消失の行方を調べる事もできるようになると思います、
宇宙の果ては3次元空間では検証のすべが有りませんが、
5次元空間からトライしてみると以外と簡単に認識出来るようになるかも知れません。


106 :名無しSUN:2006/07/12(水) 14:51:40 ID:wRQ4Fyo0
3次元で言うならば宇宙の外は【無】だな。
更に上の次元で言えば、3次元に【有】を送り込むエネルギーの固まり。
常に上の次元から何かをすることで下の次元が【有】になる。
2次元世界の壁でボールの影がワープするのを、3次元世界で考えないと分からないのと同じように
宇宙の境界線や外側も上の次元で考えないと分からない。

これはだめ?

107 :名無しSUN:2006/07/12(水) 17:35:58 ID:C3cRfEQZ ?
だめ

108 :名無しSUN:2006/07/13(木) 00:41:22 ID:8dgfns/b
>>107
なんでよ。
水平線の彼方も写真のように目に見えるだけの時は最後は滝になってたり
亀が支えてたりと言われてたけど、いざどんどん進んで見ると果てなどなく、
最初に戻る事が解った。つまり地球は丸いらしいとね。
これは今は宇宙から地球を見る事が出来るし想像するのは簡単だけど
昔の人はなかなか理解や想像出来なかった事じゃないかな?

宇宙の果ても同じことで今は、果てに近づこうとすればするほど果てになかなか近づかないって事になってるけど、
これは宇宙の外から見たら地球は丸いっていうくらい当たり前の事かも知れないし、水平線の果ては滝ってくらい馬鹿な事かも知れない。


109 :名無しSUN:2006/07/13(木) 10:39:58 ID:k1C02Qs4
俺が新説を発表してやろう。

「時間は丸い」

時間をどんどん進んでいくと、最後には元の場所に戻る。
だが少し角度がずれると、少しずれた時間の位置に到達する。
これがパラレルワールドといわれるものだ。
宇宙の果ても同じで、時間をかけてどんどん進んでいくと、
時間空間ともに、最後にはもとの位置に戻ってしまう。
ただしそれは、最初の位置からは少しずれた時間や空間なのかもしれない。
宇宙の進化とは、時間がたえず同じ球面の上を移動しているにすぎない。
進んでいる時には宇宙は広がっているように認知され、
元の位置に近付いてくるときには宇宙が再び縮小しているように認知される。
したがってビッグバンもなく、単に同じ時間球面上を移動しているだけなのだ。


110 :名無しSUN:2006/07/13(木) 14:59:09 ID:Qzf+Rk4h
ってことは、球体の半分越えると俺達が感じてる時間はどうなっちゃうの?
時間の大きさが無限なら今のままで大丈夫だけど・・・

それとその理論だと時間の球体の上を移動することができればタイムマシンもできちゃうな

なんか夢がある

111 :109:2006/07/13(木) 18:12:47 ID:k1C02Qs4
>>110 少し追加してみた。

 我々はどんな宇宙を観測しても、「過去」しか知ることができない。
 我々が進んでいる時間にそって、仮に2本の平行なレールが敷かれて
いるとしよう。はるかな過去には、この2本のレールが、はるか遠方
の1点で交わるように感じられる。この収束点こそが、現在の我々が
「ビッグバン」と呼ぶ全ての始まりである。現在観察可能な過去の
時間と空間が、遠方の1点に収束するように理解されることから、
宇宙は膨張している、といわれてきた。
 だがもしも、我々が「未来」を見ることができるなら、未来さえも、
過去と同様に、遠方の1点に収束していることに気付くだろう。
しかし実際は収束点など存在しない。平行なレールが、ただ延々と続
いているだけである。
 宇宙、すなわち我々の生きている空間は、巨大な時間球面の上を、
法則にそってただ進んでいるだけである。その行き先も、最初から
決まっている。しかしもしも我々がこの事実に気付くならば、レール
をわずかに切り替えるだけで、少し向きの異なる、別の未来に進む
ことができるだろう。

112 :名無しSUN:2006/07/14(金) 00:41:00 ID:10Su3cnu
>>111
未来を知ることは出来ないの?

113 :名無しSUN:2006/07/14(金) 00:42:50 ID:UE96hlQE
この宇宙は3次元の空間に時間軸が加わった
ある意味4次元の世界である。
その原点位置でビッグバンが起こり、
その果ては球状に光速?で拡がっている為に
果てを確認することはできない?
その先は創造の世界なのだが、
宇宙は球状に拡がっていく為、その外殻内面に
メビウスの輪的な発想が生まれるのだが、
外殻外側はチリ・ガスといった物質のまったく存在しない無の空間であり、
その外殻境界も曖昧である。
じゃあその無の空間には何があるのか?
その無の空間には同じようなビッグバンで生まれた宇宙が
何千、何億、いや無限に存在しているのである。
今居るこの宇宙はその中の1つにすぎない・・・。

114 :小泉純一郎:2006/07/14(金) 04:26:00 ID:9Zxfy1iW
感動した!!!

115 :名無しSUN:2006/07/14(金) 05:39:36 ID:ovQ3ioSv
一つ一つの素粒子の中にも我々の知り得ない大宇宙が広がり私たちがいま存在している大宇宙も
一つの素粒子のほんの僅かな部分なのかも知れない
ずっとループしているんじゃもはや宇宙の果ては知る意味をもたなくなってしまったな
一つ気になることがある
時間はいつから動き出しいつかは止まるのか
地球上の時間と宇宙空間の時間は違うんじゃなかったか
ましてやブラックホール付近ではおそろしく早く進んでいると解釈されてたような
無限のパラレルワールドも微妙な時間軸のズレがないと起こらない
時間という概念が貧困な想像力では理解に苦しむ

116 :名無しSUN:2006/07/14(金) 11:07:30 ID:10Su3cnu
地面は亀が支えていますのよ。
その下?
あら、馬鹿な質問を。
その下ははずっと亀が支えていますのよ。
その下を考えるなんて意味がないww

117 :名無しSUN:2006/07/14(金) 13:42:48 ID:J2FBfOM2
>>116>>115と同じことを言っているな
読解力は無いのか

118 :名無しSUN:2006/07/14(金) 20:31:52 ID:10Su3cnu
つまり、この宇宙や時間を無限って考えるのは馬鹿げてるって事よ。
宇宙は、無限じゃなく境界線はあるし、時間にも終わりはある。

119 :名無しSUN:2006/07/14(金) 21:02:32 ID:XqjTg6/w
根拠は?
まさか亀の話しじゃないよね?

120 :名無しSUN:2006/07/14(金) 21:59:16 ID:10Su3cnu
>>119
宇宙は無限に続いてた訳じゃなく、始まりはあったんでしょ?
で、そこから広がってるということは、外と内の境界線は必ずあるじゃない。
時間も宇宙が始まった時点から進み初めたんだから、宇宙がなくなった時点が時間の終わりになる。
まぁ時間という概念は何か変化するものがあって、時が進んだと言えるのだから
宇宙がなくなり何もなくなればそれは時の終わりと言える。
また、過去に戻れることがあってもそれは二回目の過去だから、
時間が戻ったとは言えず、時間が進む中で過去に行ったと言えるだけ。
タイムマシンが今ないのはこれが理由。タイムマシンで過去に戻ったら、それはもう過去とは言えないから。
未来にタイムマシンが出来たとしても、そこから過去までの時間がなくなる訳だから
それは、無意味wだってそれまでの時間を忘れてる訳だから。


121 :名無しSUN:2006/07/14(金) 23:42:27 ID:6PgQzdI3
時間とは?
静止した空間は3次元の世界である。
3次元の世界に変化を加えた(時間軸)のがこの宇宙である。
物が変化していく様をあるいは流れを、人が時間と名付けたわけである。
変化があるから(脳に血が流れ)
人は意識をし、考え、また空間を感じることができる。
時間と空間は一体である(時空)。
時空の始まりをビッグバンと名付けたわだが、
始まりがあるなら終わりもあるわけで
終わりとは時空が1点に集束するか、無の空間に拡がりすぎて
消えてなくなるかのどちらかである。

122 :名無しSUN:2006/07/15(土) 05:33:12 ID:Pl9CJsHx
>>120さん>>121さん
非常にわかりやすく解説してくれているが、やはり納得できない部分がある
問答するつもりはないので気を悪くしないで読んでほしい
一番知りたいのは時間や空間すらなかった真の無の状態からの全ての起こりの基本となった
最初の(本当の1回目の)状況です
そののちに球状になりループしだしたとか、急速な膨張の後また収縮、若しくは無の空間に
のみこまれて消滅するというのはなんとなく理解できるのですが
時間(空間)が一定方向にしか作用していないのであれば必ず最初が有るはずです
仮に他方向に(過去や例えば0.5secだけ現空間より時間の概念が遅れている時空などがあったとして)広がり続けているとしても
やはり最初の最初があったわけですよね
ほんとうになにも無いところからすべては始まったのでしょうか
なにも無ければなにも起こり得ないですよね
ほんのささいな何かと何かがあったから始まったのでしょうか
ではその何かはいつ頃から存在しだしたのか
それ以前はどうだったのか

時間にしろ空間にしても本当のところ何も解明されていないんではないでしょうか
どの学問においても明解な答えがありません


123 :名無しSUN:2006/07/15(土) 06:03:53 ID:fHBKEi1/
そう
>>122の疑問が最大の問題だ。
しかしにちゃんで答えが出るとは思えない。

124 :名無しSUN:2006/07/15(土) 08:25:22 ID:3oFGAGKq
いまわかる事はもはや真の無には戻れないということだけ
仮に何千年先に他次元を発見、行き来できるようになってももうそこが既に存在しているのでは本当の起源を知る事ができない
完全な無から有は起こらず、有から無になることもありえない
本当の最初の最初などアインシュタインでもわからなかった


125 :名無しSUN:2006/07/15(土) 12:12:33 ID:saXyA8NP
完全な無はありえない。
なぜなら、今が有だから。
無なら無のまま。
宇宙が始まる前は、物質が何もなく。エネルギーが存在するだけだった。
当然、時間の概念もない。
そのエネルギーから、極めて奇跡的な確率で、エネルギー無限大orそれに近い時空が生まれ、みずからの引力によってすぐかき消されずに残った。
こうなれば、後はそのエネルギーをどんどん時空に変えるだけである。

エネルギーだけの世界から何回宇宙が生まれる直前までいったか。または何回宇宙が出来たかによって
時間という概念を取り入れる事は出来るけど
それを知るすべはないし、知ったところで何の意味もない。
なぜなら、そこで解る時間は、今いる自分達の宇宙の時間になんら影響を与えないから。


126 :名無しSUN:2006/07/15(土) 13:58:14 ID:ZFbs/0fC
無の状態からどうやって、ビッグバンが起こったのか?
物理学者達の説では「量子論」によって説明がなされている。

量子論によると,
時間や空間さえない状態である「無」も,
そのままではありえず,ゆらいでいる。
その無のゆらぎから,宇宙は誕生したと考えられている。
(略)・・・・・・・・宇宙空間が「ゼロ」(=「無」の状態)の状態でも、
「ゼロ点振動」(=「ゆらぎ」)によって、
完全に「ゼロ」の状態を続けることができず、
宇宙は発生せざるを得ない。
量子論からは,宇宙が生まれざるをえないことが,
当然のようにみちびかれるのである。

と言う説明がなされその学説の裏を取るべく
学識者達は日夜電波望遠鏡を空に向けて「ゆらぎ」を捉えようと必死なのである。

ただこの理論の全容を読んでも、
理解できてもできなくても、
無から起こったビッグバンの”なぜ”の説明にはなっていない。
「ゆらぎ」とはなんぞや・・・である。
誰も、人を納得させる明確な説明などできるわけもないのだが
どうしても知りたい、納得したい人は
上記量子論(現時点での最先端、最有力の理論であることは間違いない。)を理解して、
何よりも信じてあげること。
信じる者は救われる・・・である。






127 :名無しSUN:2006/07/15(土) 14:43:45 ID:saXyA8NP
ゆらぎ=シュレディンガーの猫ちゃん。

128 :名無しSUN:2006/07/15(土) 16:38:08 ID:Q0hWXpaw
我々は5次元の世界から来て
いずれは5次元の世界へ旅立つということですね

129 :名無しSUN:2006/07/15(土) 17:11:31 ID:9yCftLtw
>>126
量子論もいまよく言われている「超ひも理論」に及んでいますがこの理論をもってしても
ほんとうの無は語れません。
数式などでは導けるものではないでしょう。
仮にひもと呼ばれる超微弱なエネルギーですらほんとうの無からは発生できないと思います。
真の無にはそんなわずかな時間すら無いはずです。
時間のまったく止まっている無の世界は想像すら及びません。



130 :名無しSUN:2006/07/15(土) 18:20:05 ID:E1oFTGXm
時間軸のまったく無い本当の無の世界などないと定義付けしないと今現在すら証明できない
いや、そういった時間すら無い本当の世界も存在すると定義付けてもそれも証明できない
時間はいつから動き出したかと想像することがそもそも間違いであると言うほかない
時間だけは最初から有ったとしないと超小空間にしろ極微弱エネルギーにしろすべて成り立たない
時間とは何かなど誰にも証明できない 時間とは最小であり最大な全ての素であるとしか言い表せない
必要最低限これだけは無くてはなにも起こりえないもの 「素」「始まり」「無と相反するもの」






131 :名無しSUN:2006/07/15(土) 20:42:03 ID:CaD6+SpA ?
無から宇宙が生じた、それでいいじゃん
このスレの論旨は宇宙の果てだから、話を戻そう

132 :名無しSUN:2006/07/15(土) 22:38:23 ID:hz/YZT7H
宇宙は永遠説


ビッグバン以前は宇宙だった

そして今の宇宙の終焉後も宇宙になる

宇宙は膨張していくが、後に徐々にしぼんでくる

宇宙がしぼむにつれ今まで遠く離れていた銀河などが徐々に近づきあって衝突したり消滅したりしていく・・・

最終的に宇宙は「点」になるが今まで宇宙で構成されてきたあらゆる物質が「点」に集中する

あらゆる物質が「点」に集合するため想像を超える高密度になり大爆発を起こす(ビッグバン)

そして新しい宇宙が発生する・・・

宇宙は無限に繰り返す・・・




以上、妄想でした

133 :名無しSUN:2006/07/15(土) 23:14:33 ID:saXyA8NP
宇宙の果ては、白波のように常に移動してる。
宇宙は広がってるから。
果てに着いたと思ったら、果てはすぐに逃ざかる。廊下が伸びたら困るじゃん。
果ての移動に合わせて自分も動くと時間が止まっちゃう。
時間が止まっちゃったら果ての向こう見れないじゃん。
そう。見えたら困る。今まで築き上げた科学が崩壊する。
総て1から勉強しなおし。
もう一回計算ドリル提出するなんて面倒じゃん。
だから、果てには行けない。
果ての向こうは何かあってもなくても関係ない。
はてさて?

134 :名無しSUN:2006/07/16(日) 05:40:50 ID:0Soq0GJv
地球の外側を巻いているカーテンを開け閉めする、という仕事をしていた
ある日、空を飛びながらカーテンを閉めていると
勢い余ってカーテンから手が離れてしまい、そのまま宇宙へ飛んでいってしまった
一度止まって地球へ戻ろうとしても
スピードが早くて、自分の力で止まることが出来ない
そのままどんどんと地球から離れて飛んでいってしまう
暗闇の中に放り出された恐怖と、もう帰ることが出来ない、という恐怖があった

気を失いそうになりながら飛んでいると
ふわりか、くにゃりか、よくわからないけれど
何か、カーテンのようなものにぶつかる感触があった
目の前が急に明るなって、体も急に重くなる
もがくようにしながら、その先へ出て進もうとする
感触は液体みたいで、色は黒く、石油のようだった
もがきながらようやく先へ出ると
そこは、いつも自分が眠っているベッドの上だった

-----------------
というのは夢の話
ベッドは、夢の中で生活していた時に使っていたベッドであって
現実で使ってるベッドでは無かったけれども
夢の中で(おそらく)宇宙の果てまで行ったときは
自分が一生の内、一番たくさん眠っている場所と繋がっていた
宇宙を語るならば、意識や夢も切り離しては考えられない
記憶こそ無いときもあるけれど、夢で意識があるときは
現実と大して変わりが無い
夢を見るのは自分勝手に宇宙作ってるのと同じだと思う
自分は、宇宙は場に出たあぶくのようなものだと思うけれど

135 :名無しSUN:2006/07/16(日) 08:27:10 ID:Ac+QmF2U
爆発、膨張、収縮のち一点に集中後また爆発、膨張を延々と繰り返していると考えてみると今確認できるこの大宇宙は
単に一つの細胞のようなものに過ぎずその細胞の外側のなにも存在しないとされる外宇宙こそが我々の次元の無の世界
と解釈できる
もちろんその無の世界にも空間と時間だけは存在するので真の無ではない
唯物論ですべて成り立っているこの次元に完全な無の世界など存在できない  別の次元に存在すると想像だけはできる
大宇宙の外側の空間を外宇宙と定義付けるとそここそがこのスレの趣旨である宇宙の果てと言うことができる
そこは光も闇も微弱なエネルギーももちろん無い空間である

と、自分なりにまとめてみたがここでまた一つ疑問が生まれました
大宇宙をとりまく外宇宙(宇宙の果て)には果てが有るのか無いのか
何もかもが唯物論で成り立っていることを思えば果ては有ると考えないといけないですが
俺には無いような気がしてならないです    
例えば、巨大な金魚鉢の中で生まれて死んでいく金魚達には餌をやり世話をする人間などはなんとなく確認できるが理解できない
本当の宇宙の果ての果てはどうなっているかは人智の及ぶところではありません
万人が納得できる想像すらいまだに誰もできていません
おそらくどれだけ未来になっても最後の最後まで謎のままでしょう


136 :名無しSUN:2006/07/16(日) 10:39:42 ID:z7hz/fHk
遥か未来に今の人類は完全なる終焉を迎え別の惑星で新たに誕生した生命が想像を絶する英知で宇宙の果てを調べ出した。
どんな些細な重力やエネルギーにも影響されない時空以外はすべて透視していく超複合センサーを完成させた。
瞬時に大宇宙の果てであろうと思われる無の空間に達することができる。
さっそく調べ出した。
何も無い。
もちろん光も闇も何も無い。
しかしその生命体は調べ続けた。
必ず何かがあるという仮説を証明したかったのだ。
しばらく調べ続けた。
やはり何も無い。
.....
その時僅かにセンサーが反応した。
瞬時に別の大宇宙であるということが確認できた。
今、存在する大宇宙と基本的に同質である大宇宙が存在することが理解できた。
細部は微妙に違うがほぼ今の大宇宙と遜色なかった。
それでもその生命体は調査を止めなかった。
知りたくなったのだ その向こう側を その別の大宇宙の果てを。
また調べだした。
何も無い。
やはり何も無い。
.....
又、反応があった。
そこにも基本的には今存在する大宇宙と同質で形成されている大宇宙があった。
同じことの繰り返しかと再度調べ直した。
最初に確認した大宇宙と次に確認した大宇宙ではほんの僅かだが空間の大きさが違うことがわかった。
他に違いはなかった。
すべて同質で形成されている。
この時点で全てが理解出来た。





137 :名無しSUN:2006/07/16(日) 11:28:50 ID:AEaRqviR
妄想小説はいらねーよ

138 :名無しSUN:2006/07/16(日) 12:04:29 ID:f31quhI3
>>136
最後にどう全てが理解できたんだ?
わからないから>>137みたいな奴がアホレス付けるんだよ
空想科学書くなら最後までわかるように書けよ

139 :名無しSUN:2006/07/16(日) 13:47:22 ID:HgquehUC
最後はその生命体自身がまったく同じ生命体を見るんだよ 調査中の自分自身を
なにかで読んだ
AとBの2つの鏡を使い鏡に映る鏡の中にある鏡の中を延々と調べているようなもの
結局、謎のまま
このスレでも誰かが書いていたけど人間の想像できる数だけ色々な宇宙が有るんでしょう
10次元や11次元といわれる他の次元空間にももちろん宇宙がありその次元内でもさらなる異なった次元がある
無数に有る
次から次から出てくる
もう無理
考え出すと怖いね


140 :名無しSUN:2006/07/16(日) 17:24:59 ID:A80vA3TM
一、十、百、千、万、億、兆、京、〜〜〜〜無量大数(真の大宇宙の果て なにも意味を成さない世界)
仏教学でも大宇宙とは想像を絶する巨大な仏でありこの世の全てを悟りきれた無我で卑小な自分自身であると表現されています
ここは天文・気象板でスレ違いじゃ!と、怒られるのを覚悟で書きます
私の言いたかったことは唯物論でも唯心論でも万人が理解できる答えができていないということです
アインシュタインも絶対的な宇宙原理をわかりかけてきて途中でやめたのかも知れません
自我が崩壊するから





141 :名無しSUN:2006/07/16(日) 18:00:48 ID:o1mbkz3h
ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、光の3倍の速さで膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと−272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

142 :名無しSUN:2006/07/16(日) 19:47:37 ID:ToxnBKjh
もうこの板では無理です
次の板でどうぞ

143 :名無しSUN:2006/07/16(日) 22:02:54 ID:wF8qhMVo
超おもしろーい。あはは。

144 :名無しSUN:2006/07/17(月) 01:38:15 ID:OumtbAs1
ある日、私は2ちゃんで迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、ひとつの板を見つけた。
「天文・気象板」
変な名前の板だ。
私は一番上に上がってたの「【無限】宇宙の果てについて語るスレ【有限】」をクリックする。
数分後、新着レスがつく。私は読む。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は書き込もうとした。
>>142:「もうこの板では無理です。次の板でどうぞ」
数分後、更新する。レスを読む。今度は平気みたいだ。
私はブラウザを閉じる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
宇宙の果てについて語るスレ・・・
宇宙の果ては・・・
そうだったのか!!

145 :名無しSUN:2006/07/17(月) 06:03:41 ID:DwVHlnOV
ここはとある宇宙の果て

ある日、私は宇宙の果てで迷ってしまった。
そうだ2ちゃんで誰かに聞こうと思った。
    以下>>144をDAT落ちするまでループ










書き込めません







146 :名無しSUN:2006/07/17(月) 21:03:03 ID:iWkLT2D5
宇宙は心だと思う。いや人間の心だと思う。人は生まれてから5年くらいは
宇宙のことを知らない。でもだんだん心が成長すると宇宙を知り宇宙について
考えはじめる。その時その人の心の中に無限の宇宙が広がる。そして宇宙の果て
はどうなっているのか?と一生考え続ける。そして年をとり死ぬ。その時宇宙
はその人の心と共に消える。個人にとっては絶対的に宇宙は心なのである。
僕はそう思うんだが。

147 :名無しSUN:2006/07/17(月) 21:22:06 ID:mSYhftYh
宇宙を知らずに生まれ、知らずに死んだ人がかわいそうですね

148 :名無しSUN:2006/07/17(月) 21:33:46 ID:OumtbAs1
>>146
創価乙。



ネットの果ては何処?
ネットとリアルの境界線は?
宇宙も同じ。

149 :soso:2006/07/17(月) 22:47:52 ID:bCNti2Am
1: さんへ   

この掲示板をみて、みんなも考えてみてください。
宇宙は果てしなくつづく空間、宇宙人、幽霊、超能力、神など存在するのだ
ろうか?宇宙人についてだが、これは当たり前のようだが、存在するだろうと
思うよ、まさか、地球のような惑星が 無限分の1 ってわけないしね。
UFOだって、技術の進歩がもたらした発明ではないかな?
地球人の今のこの年2006年 もし宇宙人の年が今は9006年だとしたら?
時間てのは、人間が作り出した物、時間なんて実は存在しない、物の動き
物の成長。 宇宙の存在・・・よく考えて、分からないかな〜?
 人間が存在しているのは、その前に物があったから、その前にも前にも
しかし、宇宙の原理もその前に物があったから、しかし、それ以前
 0が1に作り出したものは 0は1にならないはず それを作り出したものは?
  想像できないだろうよ、というか人間は宇宙創造してはいけないんだと思う、
   考えられないようになっているんだ。
    http://homepage2.nifty.com/momax/


150 :名無しSUN:2006/07/17(月) 23:21:44 ID:OZz4IB8n
パックマンを作った人が知っている

151 :名無しSUN:2006/07/18(火) 01:36:42 ID:xpC2iKPM
宇宙のビッグバン前は直径10cmの玉

152 :名無しSUN:2006/07/18(火) 08:59:17 ID:/9p98o0/
科学も宗教も知識欲から成り立っている 宗教ではなんとなく理解できたとしてもそれを証明できていない
誰かが知りたいと思い続けることで科学的にこの宇宙の果てを証明できる日が必ずくると思う
案外期待はずれな事象がそこにあるのかも知れないが

153 :名無しSUN:2006/07/18(火) 09:26:03 ID:xpC2iKPM
解明できても次は宇宙の外を解明しようとするだろうな

154 :名無しSUN:2006/07/18(火) 09:51:45 ID:Q8qYSr1g
もし人間が全てを知り尽くしてしまったらどうするんだろう

宇宙のことも生物のこともなにもかも

155 :名無しSUN:2006/07/18(火) 13:43:25 ID:/9p98o0/
>>154
一般人に科学的にわかりやすく証明できたらそれこそ神と同等の存在として奉られるだろうね
ある意味で非常に危険な事なのかも
すべての未来を知り得ることと同じだからね


156 :名無しSUN:2006/07/18(火) 14:15:20 ID:/9p98o0/
物事には必ず起源があり終焉を迎えるとする科学や物理学では永久に解明できない
起源など基から無いとしなければ全ての辻褄が合わなくなる
始まりも終わりも無い無限に連鎖している想像を絶する巨大な空間に閉じ込められているなど
非科学的解釈に思えて仕方が無い
こうなった要因は必ずあると考えるのが妥当です
例えそれが非常に危険な事であっても


157 :名無しSUN:2006/07/18(火) 15:29:10 ID:f5xxVL/H
この前行ってきた
別にふつうだった
寂れた売店があったよ。

158 :名無しSUN:2006/07/18(火) 16:45:03 ID:+lAp8lu1
>>157
金鳥の蚊取線香の看板と
ボンカレーの看板あるよね。

159 :名無しSUN:2006/07/18(火) 18:11:21 ID:mIFrkZkM
非常に危険な事であっても...で現状考え付く机上の空想を一発ぶちかますと

宇宙が膨張のち収縮してきたときに大宇宙の外側の空間(宇宙の果て)が一瞬だけ理解できることになる
もちろんそれまでの膨大な時間や生存できる惑星を次々に変えていくなど野暮な問題は省いたとして
ただ理解出来た直後、すべてが瞬時に消滅するであろう


160 :名無しSUN:2006/07/18(火) 18:36:24 ID:VGjxl0x/
死んだらどうなるのかって考えに似てるな
事象の観測者が存在してこその科学なのに
宇宙の果てはすべて停止した世界
時空の存在が無い世界かもな

161 :名無しSUN:2006/07/18(火) 19:58:43 ID:VGjxl0x/
3次元でイメージしやすく言うと全て凍結した死の世界って感じか
やはり知ってはいけない次元空間だ

162 :名無しSUN:2006/07/18(火) 20:32:15 ID:S4immdPG

   / 三三   三三 \
    /   \/   \
  | ! | __   __  | ! |
  | ! | 、、、     、、、 | ! |
  | ! |≦●≧ |: | ≦●≧| ! |  カ〜ナ〜ヂャ〜〜ン、コワガ〜タデショオ〜〜〜
  | ! | U   | |   U  | ! |
  | ! |     ヽ /     | ! |
  | ! ト、  / V \    | ! |
  | ! |ヽ,   <-->    | ! |
  | ! | ヽ,    ̄   /  | ! |
  | ! |  ヽ,___ /   | ! |



163 :名無しSUN:2006/07/18(火) 21:04:36 ID:XcaUrX3g
さすがだ!
イカしてるぜ!

164 :名無しSUN:2006/07/18(火) 22:27:43 ID:YZ6zqGk/
>>155
全ての物理法則やデータを知りえたとしても未来を知ることができるかどうかはわからないよ。
最終的な結論が量子論みたいに確率で表されるかもしれないんだから。

165 :名無しSUN:2006/07/20(木) 20:56:28 ID:pL68ucdb
宇宙は遺伝子。これだけは間違いない。
今まさに

166 :名無しSUN:2006/07/31(月) 02:03:40 ID:obzCzOqm
定時sage



ところで『かまいたちの夜×3』ってどうよ?
内容メチャ薄杉で半日で金の栞出た時は泣いたね orz.....トホホダヨ
ショボイぜ! 5025円だったがベラボーに高く感じるのは俺だけか
チュンソフトに期待し過ぎたのが仇になったよ
君達も注意したまえ!
じゃ、又どこかで会おう
ナライバ

167 :名無しSUN:2006/07/31(月) 08:14:02 ID:obzCzOqm
かま×3でもやはりチュンソフ党が出た―――――――!!!!!

168 :釜井:2006/08/01(火) 01:13:47 ID:wUo4Mr47
>>164
量子論は測れないから確率で求めてるだけ。
完璧に場所がわかれば未来はわかる。


169 :名無しSUN:2006/08/01(火) 02:14:30 ID:NNZ2af4o
>>168
そんな証明されてたっけ?
知識不足ですまんな。
これからどんな物理量が出てくるかわからなく、この世界がどんな物理法則が支配しているかわからない状態で
どういう風に証明しているのか知りたいんで、内容とかソースとか証明者とか原理名とかなんでもいいから教えてくれ。

170 :名無しSUN:2006/08/01(火) 17:23:18 ID:wUo4Mr47
>>169
証明も何も物理学の基本でしょ。
物質が変化していくのにはすべて法則がある。
法則で答えを出すには正しい観測が必要。

猫を殺す機械が動くときが判れば、猫が死んでるかどうかは分かる。

人間が計算で全宇宙の事象を正しく観測出来るかどうかは分からないが
もし出来れば、全ては出来レースになって、存在意義はなくなるかもね。

171 :名無しSUN:2006/08/03(木) 23:36:59 ID:0zPUgMvC
とりあえず人体錬成したら真理がわかるんじゃね?

172 :名無しSUN:2006/08/05(土) 16:18:51 ID:lFRLLceN
>>170
法則があるのと一意に決まるのとは意味が違う。
また、物理学に留まらず科学全般において、全ての事象に法則性がないといけないという前提もない。
仮に法則性が見つからなければ法則性がないと結論付けるのも科学。
そして最終的にどうなるかは現段階では全くわかっていない。
ちなみに量子論の確率の話を否定しているのは的外れだよ。
量子論は別に最終的な理論ではないし、>>164では一意に決まらないということの例としてわかりやすいと
思うものを挙げただけだから。

173 :名無しSUN:2006/08/08(火) 10:53:44 ID:+8t7hvbx
>>172
仮に最終的な法則がないとすると、矛盾が生じない?
何も予想できなくなる。
最低でもこの宇宙内で起こってる事には、法則はある。
宇宙はゲームのソフトのように、あらかじめ入力されたプログラム通りにしか動いてない。
それでもなお、そのプログラム(法則)を突然変更する者の存在は否定出来ないが。
そうなったら、科学に法則はないと言うことになりますね。
とりあえず、法則はあると考えないと、科学否定のオカルターになっちゃう

174 :名無しSUN:2006/08/08(火) 15:08:44 ID:HQShIrjJ
まあ、その類のことは無限不可能性ドライブでも作ってから言うことだなw

175 :173:2006/08/09(水) 02:26:46 ID:3lk7FLbl
無限か。。。
俺、間違えてるかな?
ちょっと話変わるけど、1/3×3=1だよね。
1÷3=1/3=0.33333333…

0.333333…に3を掛けても永遠に1になる事はない。

1÷3=0.33333333…
0.33333333…×3=0.99999999…

どちらかが間違えてるんだろうか?

176 :名無しSUN:2006/08/12(土) 06:25:50 ID:ZP24pXx6
>>173
全然矛盾しないでしょ。
「全ての事象に法則性がないといけない」の反対は「全ての事象に法則性がない」ではないよ。
ある事象において法則性が認められないとしても、それ以外の部分で法則性があれば
その部分においては予測できる。
また予測という部分で考えると、量子論を使わなくても自動車の衝突実験では問題ないように
無視しうることもある。
量子論も相対論も内包していないニュートン力学が現在でも少なくない分野で予測に使われているように。
むしろ根拠も無いのに可能性を完全否定するほうがオカルト(というより宗教?)だと思う。
現在の知識を基に可能性の高さ、低さを論じるならわかるが。

>>175
 ・
0.3(循環小数をかけないから無理やり書いたけど「・」の位置がずれてたら脳内補完よろ)は0.3でも0.33でも0.333でもないよ。
うまい説明が思いつかないけど、0.33×3は0.99にしかならないのに、0.333×3は0.99より大きくなるのは
おかしいって言ってるようなものじゃない?
ただ単に見た目が似てるだけで実際には違う数なんだから。

177 :名無しSUN:2006/08/13(日) 14:22:30 ID:sawJRVLx
この便利なようでじゃまな肉体から開放されないと何も解からないんじゃ?
生きているうちは考えても無駄なだけかも

178 :名無しSUN:2006/08/13(日) 16:04:36 ID:M/MD9MUg
俺は宇宙は胃袋のようなものだと思う。
人間の胃袋にいる微生物とか菌とかが人間で、胃袋が宇宙。
その外が宇宙の外。
宇宙が胃袋ならどんどん膨張していくのもわかるし

179 :名無しSUN:2006/08/13(日) 18:23:16 ID:ejlRmqkg
フードファイター乙

180 ::2006/08/14(月) 03:37:50 ID:HWqHDLEx
宇宙の発端は●●●●●から派生したもの。
無の定義は何も無い状態では無く真空が波動している状態。
科学的に全くの無の状態からも電子に波動を与えて、
有が生まれる事が立証されている。

地球と太陽の寿命があと47億年あるので、
最後まで人類が生きていれば謎は解かれるでしょう。

宇宙として沈着化し、光が直進できるようになるまでにも
30万年かかってる訳ですから、
現代科学を以ってしても100%解明は困難かと思われます。

宇宙の果てを調べる事も過去の光を探る事しかできませんから、
調べる事は不可能です。
インフレーションが終わっているのかも推測できません。

宇宙の根源を想像にて発想を広げてゆくと、思考回路の崩壊に繋がるので
あまりオススメできません。



181 :名無しSUN:2006/08/15(火) 09:42:20 ID:Fg5JvPYx
しかし謎だらけだね 地球から一歩踏み出すと
ほとんど何でも有りって解釈しないと成り立たないんじゃないか 宇宙は
常識が通用しないんなら悪夢とそう変わらないな
今のところは死の世界ってイメージだしなんか怖いイメージが先行するんだけど

182 :名無しSUN:2006/08/15(火) 11:00:59 ID:CAHq6zzq
いやいや神秘だろ
常識が通用しないとかかっこよすぎ

まぁ宇宙には宇宙の常識があるんだろうけど

183 :名無しSUN:2006/08/15(火) 12:17:12 ID:UUi1lJcz
この宇宙は膨張しつづけているので、ビッグバン以前がわからなければ
果てのこともわからない気がする。

それよりもこの宇宙が安定しているのか知りたい。
次のビッグバンがいつ起こるのか知りたい。


184 :名無しSUN:2006/08/15(火) 14:39:41 ID:vs2pcAep
>>182
同意

185 :名無しSUN:2006/08/16(水) 11:22:48 ID:R8N0JVAw
っていうか宇宙でかすぎじゃね?
原子核のサイズからしても意味わからんでかさだし

なんでこんなにでかくなっちゃったの?
せめて銀河一つくらいの大きさにしてほしかった
こんなにでかけりゃ普通に考えて無限だと思う罠

186 :名無しSUN:2006/08/17(木) 12:44:56 ID:S0htF3iu
とりあえず、ルーディ・ラッカーの時空ドーナツを読んで味噌。

187 :名無しSUN:2006/08/23(水) 03:08:37 ID:SISO56zL
vvvvvvvvvvvvvvvv

188 :名無しSUN:2006/08/23(水) 12:54:19 ID:qtrMvPHA
>>宇宙の根源を想像にて発想を広げてゆくと、思考回路の崩壊に繋がるので
>>あまりオススメできません。

だから、思考回路の崩壊の前にシンプルな新しい本当の月面着陸が可能なのか問題を議論してみましょう。



189 :名無しSUN:2006/08/24(木) 03:20:29 ID:KoNykmS3
>>175
0.99999999…をxとする。

    x=0.9999…
  10x=9.9999…
10x−x=9.9999… − 0.9999…
   9x=9
    x=1
したがって 1=0.9999… である。

190 :名無しSUN:2006/08/24(木) 06:15:31 ID:kmo3+3pc
ちなみにスペースシャトルは1光年に4万年かかるから、宇宙の果てまでなら130億×4万で520兆年か!到達は絶対無理だな!

191 :名無しSUN :2006/08/24(木) 06:40:13 ID:6++Dny+6
宇宙を外から見れば、球体であり、原子核のようである。そして無限の原子核が存在する
のが、私たちの宇宙が存在する球体の外の世界である。私たちは球体からは出られない。
時間的にも、空間的にも、物理的にも、それは不可能。仮に無制限の時間で飛行しても
出発点に戻ってくるだけ、なぜなら、原子核を分解するには途方もないエネルギ-が必要
だから、そこから出れるわけがない。

192 :名無しSUN :2006/08/24(木) 06:50:27 ID:6++Dny+6
もしかすると、その原子核はある物質を構成する分子の中にあるのかも知れない、それは
私たちの周囲にある、石ころかも、水蒸気かもしれない。それともあなたの髪の毛かも。
そして、さらにその世界の外には・・・・・・。

193 :名無しSUN:2006/08/24(木) 08:50:34 ID:EEh1Hd7a
宇宙は人間と同じ形では・・?
昔は、星の数は60兆と教わった、
人間の細胞の数も、おおよそ60兆と聞いている、
だから宇宙の縮図は人間ではないかなぁ・・?
原子核を太陽と考えた場合、それを中心に廻る惑星、
なんか人体と同じ構図だよね。
宗教臭くなるけど、「人間は小宇宙」というらしいよ。
ビックバンは「死」を意味し、再生は「輪廻転生」つまり出産では・・?


194 :名無しSUN:2006/08/24(木) 17:33:40 ID:MpltJN2K
俺らのいる銀河ってなんてなまえ?

195 :名無しSUN:2006/08/24(木) 22:47:33 ID:vpCnd53I
>>194
銀河。

196 :名無しSUN:2006/08/24(木) 22:48:21 ID:vpCnd53I
ていうか、ここは哲学板ですか^^

197 :名無しSUN:2006/08/24(木) 23:41:46 ID:kmo3+3pc
冥王星 引      退

198 :名無しSUN:2006/08/24(木) 23:45:58 ID:uDCb6GKW
宇宙の果てを理解したい奴は数学を学ばなきゃ
果ては視覚で理解するもんじゃないんだよ、数字で理解するものだから

199 :名無しSUN:2006/08/25(金) 03:09:39 ID:eh82ZeFI
でもなぁ、星の固まりが銀河で銀河の固まりがなんてかっていって
っていうノリでいったら宇宙の固まりがなんとかでその固まりがなんとかでって
永遠に続きそうなんだよなぁ

200 :名無しSUN:2006/08/25(金) 04:42:37 ID:tZXgyWGf
宇宙の果ての果てはおまえの後ろ姿

201 :名無しSUN:2006/08/25(金) 05:40:01 ID:9X+0X/vC
>>194
天の川銀河
ミルキーウェイ!

202 :名無しSUN:2006/08/25(金) 16:35:20 ID:4CRW6F4Z
ぼく最近宇宙に興味もったので、いろんなスレみてたけど、
宇宙ってハッキリしたこと全然解ってないみたいで、
宇宙の事は、みんなの憶測なんですね?
NASAの言いなり、みたいなところあるけどどうなの?
今回の冥王星問題にしても、たかが太陽系でさえ
今日になって初めて議論された。
なんかちょっとガッカリしました。
みなさん、ぼくの意見どんなもんでしょうか?

203 :名無しSUN:2006/08/25(金) 16:53:28 ID:k6nOO6Jy
>>202
世の中いろいろあるのさ・・・いずれ貴殿にも分かる時がくる。
いざ、さらば

204 :名無しSUN:2006/08/25(金) 17:02:42 ID:Dy1aNZgy
>>202
まぁ、宇宙探査は冷戦時代が過ぎてアメリカの独壇場だし、2015年にたどり着く予定とは言え冥王星探査機は
まだ冥王星に着いてないし、EKBOやSDOが見つかったのも近年だしな。

いくら科学が進歩しても、何億年以上かけて出来上がったとんでもないデカくて今までの常識外のことまで
巻き起こってる世界を、たかが数百年じゃ解明できんわな。

2003UB313やセドナあたりのSDOが観測されてなければ冥王星はまだ惑星だったかもしれん。


205 :名無しSUN:2006/08/25(金) 17:54:46 ID:4CRW6F4Z
>>203
>>204
ありがとうございます、
ぼく、肉眼で星を眺めるだけにします。

206 :名無しSUN:2006/08/25(金) 18:46:39 ID:4CRW6F4Z
あの〜〜うもう一つ教えて下さい
日・月・火・水・木・金・土(一週間)
でも太陽系は
日・水・金・地・火・木・土
なんで並んでないんですか?

207 :名無しSUN:2006/08/26(土) 06:10:57 ID:DnOz+qmO
206です
ぼくの質問って、答える価値もないのでしょうか?
どなたか206の答えお願いいたします。

208 :名無しSUN:2006/08/26(土) 06:13:36 ID:Z6ikuYpw
>>206 それは軍歌がもとで 月月火水木金金 からきています

209 :名無しSUN:2006/08/26(土) 06:18:12 ID:REPc7BeF
休みなし!

210 :名無しSUN:2006/08/26(土) 07:13:29 ID:DnOz+qmO
>>208本当ですか?

211 :名無しSUN:2006/08/26(土) 07:34:40 ID:aqSosxFg
>>206
エジプトで七曜制が始まった。説明するのが難しい。古代エジプトでは、天海冥はまだ発見されてないから日月火水木金土しか使われてなかったと思う。すまん、うろ覚えすぎて。調べてまた来る。


212 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:01:25 ID:aqSosxFg
>>206
日曜を起点とするアラビア語ペルシャ語など、月曜を起点とする中国語ロシア語などがある。
一般に一週を七日間としているのは、聖書で創造主が世界を六日間でで創りあげ七日目に休暇をとったからという

213 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:07:03 ID:aqSosxFg
説明がされるが、実際には天球上を移動する太陽月火星木星金星土星の七つの天体いわゆる七曜が由来である。古代バビロニアでは、毎月7,14,21,28日を休日にしていた。但し一ヶ月は28日でないので、厳密に

214 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:12:08 ID:aqSosxFg
七日周期だったとは言い難い。現在の曜日の順は古代エジプトの一日を24時間とする時制と古代ギリシアの同心円宇宙論に基づく天動説がむすびついて、紀元1世紀頃占星術師によって孝案されたと考えられる。七曜を、

215 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:17:37 ID:aqSosxFg
天球上の見掛け上の動きの遅いものから速いものの順に並べると、土星木星火星太陽金星水星月となり、この順に遠くから地球の周りをまわってると信じられていた。そして、これらの星、この順に一時間毎に地上ん守護

216 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:23:29 ID:aqSosxFg
とも考えられていた。(プラネタリーアワー)例えば第一時間目の守護星が土星だとするときっかり24時間後には、則ち翌日の第一時間目には太陽となる。以下順に土星→太陽→月→火星→水星→木星→金星そしてまた

217 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:26:03 ID:aqSosxFg
土星が第一時間目の守護星をとって、呼ばれるようになった。こうして今現在の曜日が決まった。(終り)

218 :名無しSUN:2006/08/26(土) 09:33:33 ID:aqSosxFg
訂正
紀元一世紀→紀元前一世紀
ん守護する→を守護する

219 :名無しSUN:2006/08/26(土) 16:43:39 ID:DnOz+qmO
>>211>>218さん
太陽系が地球の守護星ですか、なるほど・・・!
ありがとうございました。


220 :名無しSUN:2006/08/26(土) 18:01:49 ID:D6kTzbC2
一週間7日は聖書が元だと思っていたが、他にもいろいろあったのね。
勉強になりますた。

んで宇宙の果てを知るには、とりあえず量子論を納得できてからにしたら?

量子論では例えば
・電子は同時に複数の場所に存在できる
・電子は観測した時点で場所が決定する
・光は波と粒子の両方の性質を持つ

ってことになってますが、素直にこれを受け入れられる人はいる?
俺は受け入れられないのです。

・電子は同時に複数の場所に存在できる(ように見える)
・電子は観測した時点で場所が決定する(ように見える)
・光は波と粒子の両方の性質を持つ(ように見える)

としか。
今の量子論は事象をうまく説明できるだけであって
真実の姿を表してはいない気がする。

アインシュタインは量子論に対しこういったんだよ。
”神はあいまいなものは作らない”(間違ってたら訂正よろ)

221 :名無しSUN:2006/08/26(土) 19:08:59 ID:63rzhPy8
アインシュタインが量子論に色々言ってることは多すぎて
どの発言かはわからないが
「神はサイコロ遊びを好まない」とかと
同じかな。
アインシュタインやボーアがやたら噛みつかなければ今の量子論の
発展はなかっただろうね。

 量子論の正しさはいつも伝説の中ですッッ
 世間は量子論を気遣うあまり常識的に考えようとはしなかったのですッッッ
 物理学者はもうそろそろハッキリと言うべきなのですッッ
 量子論は保護されているッッッ

222 :名無しSUN:2006/08/26(土) 19:27:19 ID:o4tXG272
ちくしょーもっと未来に生まれたかったぜ

223 :名無しSUN:2006/08/28(月) 14:56:43 ID:ycyIoB+r
昔私の友達が言っていた。
「現在の自分達の宇宙空間に実際存在する
ブラックホールの出口の外が宇宙の外につ
ながっていると、でもブラックホールは
暗すぎて中が見えない。外の宇宙もこれにしかり、
暗すぎて何も見えないあらゆる物質を潰す無限重力の世界が広がる世界」・・っと

これ聞いて当時ふっと脳裏に過った事があった。宇宙の周りって内から光速を超える
スピードで広がってるんじゃなくて、外からの何らかの超重力の力(ブラックホールの力と同じ)
によって光速で引っ張られているんじゃないかと・・・

かと思えばもう1〜2人の友達らからはこういう意見を得た事があった。
「実は宇宙の外は死んだ者の魂がさまよう世界だから絶対に現世の存在は入り込めない」だとか・・・
「実は宇宙とは、何らかの巨大な意思を持った生物の体の一部の存在(原子とか分子とか)が宇宙だ」っと
これ聞いて当時私は「もうオカルトやSF世界になってしまう」っと密かに心で思った・・


※宇宙自体がもはや数値や想像で測れる所か説明する事すらでき無い遥かに超越した存在ですね。




224 :名無しSUN:2006/08/29(火) 00:05:12 ID:heSpvkul
もしも宇宙がなかったら・・・
何も残らない?
はぁ・・考えれば考えるほど眠れない
だれか教えて

225 :名無しSUN:2006/08/29(火) 01:36:10 ID:k44+DIy6
もしとかいうまえに宇宙あるじゃねえか
宇宙をどう定義するかにもよるけど

226 :名無しSUN:2006/08/29(火) 07:32:18 ID:ikh6LBtp
宇宙の中には銀河群、銀河団、超銀河団、その周りの中心に数億光年レベルの大きさで銀河がまるっきり無い(暗すぎて見えないだけ?)空間(ボイド)があるんだが、もし実際に行って確かめに行ったとしたらどうなるでしょう?
私はその中心には巨大なブラックホールが蠢いていると思うのだが・・・
それとも宇宙を外側から見る事が出来る何か手がかりでもつかめるものかな?

227 :名無しSUN:2006/08/29(火) 10:54:59 ID:Dy2ISGcN
>>224
よしこう考えろ
もし宇宙が無→有で始まったとしたら
たとえ有→無になってもまた無→有となる
宇宙は永遠なのだ

228 :名無しSUN:2006/08/29(火) 11:35:53 ID:MSnD7BAA
ループとメンインブラックを見てから
この世界は実は宇宙人の地球儀かもしれない
という考えに捕われてしょうがない

完璧SFオカルトの世界だけど(^ω^;

229 :名無しSUN:2006/08/29(火) 15:07:11 ID:AeiD0Ii5
cogito, ergo sum.


230 :名無しSUN:2006/08/29(火) 18:51:46 ID:ujVt1+dX
>>229
コギトエルゴスムだっけ?

--我思うゆえに我あり

231 :名無しSUN:2006/08/29(火) 23:20:44 ID:B2y3nyPE
宇宙は膨張しているということだけど、
膨張するってことは膨張するスペースがあるってことでしょ?
膨張する前のそのスペースはどうなってるの?

232 :名無しSUN:2006/08/30(水) 00:12:55 ID:Yf/SAqkc
宇宙=スペースと考えればスペースを作ることが
膨張するってことかもしれないよ


233 :名無しSUN:2006/08/30(水) 00:14:09 ID:sccES0Zv
はじっこってものは設定しなかったらこの世にないんだな。そしたら中心もなくなるな

234 :名無しSUN:2006/08/30(水) 00:42:14 ID:8+WHvaJF
雷や地動説がオカルトだった時代が確かにあったって事実考えたら、宇宙の姿の本当は今の常識から考えたらオカルトにしか思えないようなことだったとしても個人的には違和感なかったりします。

と考えちゃうのはやっぱり自分が文系頭だからなんでしょうが・・・。

235 :名無しSUN:2006/08/30(水) 10:42:47 ID:Yf/SAqkc
昔は昔だと思う

236 :名無しSUN:2006/08/30(水) 11:19:42 ID:CvpkFAjN
そういや宇宙は一様に膨張しているって言うけど、中心はどの辺りなんだろうか?

237 :名無しSUN:2006/08/30(水) 14:15:35 ID:ighELFgi
俺は宇宙の果てを見た。

238 :名無しSUN:2006/08/30(水) 16:57:49 ID:wwtzUL29
>>236
地球の中心は地核であって地表にはないのと一緒で
我々が観測できる次元には中心なんてない

239 :名無しSUN:2006/08/30(水) 17:05:15 ID:OiQIMusX
>>237
俺はもうすぐ人生の果てを見る。

240 :ニャン中:2006/08/30(水) 20:12:59 ID:u5L+c3Vr
宇宙=ユニバース、それは貴方を癒す心

241 :名無しSUN:2006/09/03(日) 02:05:16 ID:nZUYcuX8
もしかしたら、ずっとずっとずっとず〜と遠くには、
私達が知っている太陽系に似た環境があって、
そこには似たような惑星があり、地球に似た惑星があって、
人に似た生物が生きてるかもしれない。宇宙人。
宇宙が有限か無限なのかを測定する装置を作れないかな。
ひたすら地球から離れていき、半永久的に地球に情報を送れる。




242 :名無しSUN:2006/09/03(日) 02:39:07 ID:nZUYcuX8
しかし最近思うのは、私達人間には到底宇宙は理解できないと思うのです。
考えてみれば、宇宙が経た時間というのは私達が猿から人間、
もっといえば海の微生物から人間に進化した時間に比べると、
何倍も、それこそ計りしえないほどの期間です。
たかだか、ちょっと前に猿から人に変わっただけで、
宇宙を解き明かすのは不可能でしょう。
地面を歩く蟻は宇宙どころか、人間すら知らない。
踏まれても、殺されたのかどうなのかも分からない。
猿も人間でいうと赤ちゃんみたいなものです。
言い方は悪いですが、宇宙から見ればヒトも蟻もミジンコも同じです。

そう思っていた時期が僕にもありました。


243 :名無しSUN:2006/09/03(日) 03:06:31 ID:BFzMdL6f
でもこんな短い期間でここまでわかったのはすごいよな
宇宙どころか地球の歴史のほんの一瞬の間に
地球の外に出ちゃう生き物ができたなんて

244 :名無しSUN:2006/09/03(日) 17:28:31 ID:5RsoqnnW
※元タイトル:太陽系の果てに到達したボイジャー1号

NASAは8月15日、ボイジャー1号は米太平洋時間同日午後2時13分(日本時間8月16日午前6時13分)に、
太陽から100天文単位(1天文単位=約1.5億km)離れたヘリオシース(Helioseath)と呼ばれる
太陽系の果てに到達したことを明らかにした。
ここでは太陽風の力が著しく衰え、その先には太陽系の最果てヘリオポーズ(Healiopause)がある。
今後、ボイジャー1号は一日約160万kmの速度で飛行を続け、
10年以内にヘリオポーズを通過し、いよいよ未知の星間空間へと進む。
ミッションを運用するジェット推進研究所(JPL)によれば、
2020年頃までボイジャー1号と姉妹機ボイジャー2号との交信を維持できるとのことである。

:*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)☆SOURCE☆(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:
■日本惑星協会
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics060823_3.htm


245 :名無しSUN:2006/09/06(水) 22:31:40 ID:JWsbvyre
良スレ

246 :名無しSUN:2006/09/06(水) 23:35:22 ID:rJ4YnygA
宇宙空間にはなぜ酸素が無いのかについて

247 :名無しSUN:2006/09/06(水) 23:43:09 ID:sfBRwPAI
無限に広がる大宇宙

248 :名無しSUN:2006/09/06(水) 23:49:26 ID:sfBRwPAI
宇宙・・・そこは最後のフロンティア

249 :名無しSUN:2006/09/07(木) 00:19:00 ID:xVJM+V4L
結局そうやって人間の知識も進化し続けるから、人間にとっての”果て”は無いんだと思う。

250 :名無しSUN:2006/09/07(木) 02:58:18 ID:7qtrY3PF
まず小宇宙ブラックホールの概要などを細かく知らないとダメなんだと思う。それから宇宙にあるものを研究してって、、何年かかるのか?

251 :名無しSUN:2006/09/07(木) 11:33:56 ID:3DBQl8tV
ブラックホールの解明は一生不可能です。
光を超えるスピードで質量0という状態を作り出せない限り・・
更にブラックホールの引きちぎられる程の重力レベルに対する耐久力が必要
よって、ブラックホールの入り口からなんらかの光を超える手段でのみしか探る事すら不可能
ブラックホールの解明など夢の又夢物語である
「しょせん、ブラックホールなんて、唯の下らん伝説に過ぎなかったんだ。」・・※フリーザ風に
「ブラックホールなんて下らない唯の伝説さ。いつまでも拘ってるからだ。僕はくどい奴が嫌いなんだ。」・・※又フリーザ風に

252 :名無しSUN:2006/09/09(土) 01:42:20 ID:xTL1oxV2
>>251
くだらん事をあえて聞く。
ブラックホールの解明が先か、
霊能力者とかの霊や悪魔や神が見える人達並びに霊的現象を解明が先か?


253 :名無しSUN:2006/09/09(土) 02:23:53 ID:3ZunnfXB
オカルトの分野は宗教に担当させておくほうが良いかと思われますが

254 :名無しSUN:2006/09/09(土) 09:47:16 ID:Sh+hazAO
>>252
本当にくだらん
蓋然と存在するブラックホールの解明とオカルト電波の解明は同じ言葉であっても意味合いが全く違う

255 :名無しSUN:2006/09/09(土) 20:19:50 ID:gN1xRMJu
解明する前に人類があぼーんなのでおk

256 :名無しSUN:2006/09/10(日) 01:40:53 ID:On5jLcXN
ほとんど知識のない僕が一通り読ませてもらいましたが、やはり宇宙は無限で
はないかと思う。
ビッグバンとか膨張とかいう概念がたくさんの矛盾点を生んでいる気がする。
少し前の1÷3は0,333333のとこで思ったんだが。
僕らには二つの解けない謎がある。
それは最大と最小ということ
0,0000・・・01と9999・・・9999ということ
原子は電子でできていて、電子はクォークで・・さらに今分かる最小の素粒子は
何でできているのか?さらに先は・・・・・
その逆がまさに宇宙だと思う。
僕らは無限ということをあまりに疑っていないだろうか?
1÷3、円周率、身の回りにはたくさんの無限があるのに・・・。
ただ、その無限を追って行く行為自体は嫌いじゃないけど。
いかがでしょうか?

257 :名無しSUN:2006/09/10(日) 09:49:07 ID:2G7YAkeh
なんか文系っぽいです><

258 :名無しSUN:2006/09/10(日) 13:12:59 ID:+kEfUH0Q
宇宙は神そのもの
従って人類は神の手のひらで踊っているに過ぎない
解明などというものは自惚れもいいところである。
星々はなぜ美しいのか?それは永遠に届かぬ至高の存在だからだ。

259 :名無しSUN:2006/09/10(日) 14:45:03 ID:ve1XmstI

宇宙の果て

そこに辿り着いたとき

ひとりの少女と巡り逢う

260 :名無しSUN:2006/09/11(月) 02:44:01 ID:NzyA32mJ
>>256
なるほどね〜

261 :名無しSUN:2006/09/11(月) 04:18:21 ID:3tT8T1s1
>>256
逆に言えば、宇宙の果てが見つかったときは1÷3の答えが見つかるわけだ。

262 :名無しSUN:2006/09/12(火) 02:39:20 ID:uw/RumqP
どうすれば時間の流れの早さが変わるの?教えてエロイ人

263 :名無しSUN:2006/09/12(火) 04:31:47 ID:wZbsBub0
時計の針を進める

264 :名無しSUN:2006/09/12(火) 06:10:58 ID:wnus+AzS
>>262
自分で変える

動物の場合は心拍数とかで感じ方がかわるだろ?

265 :名無しSUN:2006/09/12(火) 19:24:44 ID:AViCx7nL
ビッグバン以前は時間・質量が存在しない三次元平面。

宇宙とは三次元平面に現れた泡のような物と自己解釈しています。





266 :名無しSUN:2006/09/12(火) 19:33:04 ID:hhwMmIS9
ブラックホールに吸い込まれる立場で宇宙を見るとだんだん時間の経過が速くなっていくんでしょ
つーことは最終的には一瞬で何百億年も経過することになって宇宙の最期も見れるんじゃね?
で宇宙の最期のその後も見れるんじゃね?


267 :名無しSUN:2006/09/13(水) 00:31:52 ID:c15ailp7
宇宙の総分子量とかわかってるんだから有限であることは確かでしょ。
でも空間はやたら歪む性格(重力とかで)みたいだからなだらかに歪んでいて閉じた世界かもしれんね。
(ずっと直進しているつもりでも同じ場所にもどってきてしまう)


268 :名無しSUN:2006/09/13(水) 09:27:20 ID:hG3VceOH
空間じゃなくて時空な

269 :名無しSUN:2006/09/17(日) 04:45:46 ID:ZGdjvvOO
宇宙の直径は約150億光年と言われています。光より数億倍もの速さの移動方法でもなければ未来永劫確かめるのは無理ですね
残念

270 :名無しSUN:2006/09/17(日) 08:04:39 ID:j1+aGVeQ
宇宙の果てにはtanasinnを解く鍵があるかも

271 :名無しSUN:2006/09/18(月) 04:36:54 ID:xdEDdAS1
私たちは第三小宇宙に住んでいるのです。
13の小宇宙があります。
それらをまとめて大宇宙と呼びます。

272 :名無しSUN:2006/09/18(月) 06:29:19 ID:FcsOHeiN
宇宙は僕らが見ている夢なんだよきっと。
欲しければ求めろ。お望みの知識をくれてやろう。

273 :1974(16光年の訪問者):2006/09/18(月) 15:19:49 ID:iPQhqT4d
夜の丘に車とめてひとり Feeling Breeze (I'm So Fine)
フロントグラスに広がるスクリーン ミラクルワールド (Time Machine)
突然 まぶしい光が包む Shining Ship (Coming In Sight、 Light)
不思議さ 何も怖くない My Friend エイリアン (Open The Gate)
探していたよ 君との夜を
Since 1974 (Movin' The Time)
(Eveything Is Changin' Sides From Tonight)

*
I Wanna See The Fantasy
生まれかわるユニバース
心にあつく Flash In The Dark
Sixteen あの頃の気持

覚えている買い初めて逢った Dreaming Night (I'm So Young)
あの頃 僕はテレスコープに夢中で (Time Machine)
誰も知らない星を探した Every Night (Makin' So Blight)
レンズ越しの夜空に君が降りてきた (Takin' My Hand)
忘れていたね 夢みる時を
Since 1974 (Movin' The Time)
(Eveything Is Changin' Sides From Tonight)

**
I Wanna See The Fantasy
よみがえるよワンダーランド
やさしくなれる Looking For You
Sixteen あの頃の気持
*
**

274 :名無しSUN:2006/09/19(火) 17:20:16 ID:TJGdqnev
なんだなんだ

275 :名無しSUN:2006/09/30(土) 03:28:24 ID:1XLcSQ8N
ああ・・・無念だ・・・
宇宙の果てを解明しないで死ぬのは無念・・・!

276 :名無しSUN:2006/10/01(日) 15:11:10 ID:bX6wKrr8
はじめからお前に解明なんかできるわけねーよww

277 :名無しSUN:2006/10/07(土) 02:54:24 ID:q7QRy/Bf
夜空を見た。
この夜空に見えている星達は、地球の周りに存在する銀河系の一片でしかない。
その夜空に輝く恒星の遥か向こうに、銀河の断面の帯が薄っすらと輝く。
もはや肉眼では個々の恒星として認識できず、
数億個の恒星の集団を淡い光の帯として見ることが出来る。

銀河系はあまりにも巨大なのに、その遥か約230万光年彼方に
銀河とほぼ同じ大きさのアンドロメダ銀河が存在するのだ。

宇宙の地平まで137億光年。今137億光年先に立てたとしたら、
宇宙は一様なので、さらにその137億光年先にも宇宙の地平が存在する。
そしてさらにその先にも・・・。

宇宙はあまりにも広大な空間だ。
「宇宙はデカイな。」


278 :名無しSUN:2006/10/07(土) 09:15:43 ID:Vo+W0DDD
そして宇宙はヤバイな

279 :名無しSUN:2006/10/09(月) 09:56:27 ID:knjdpFUD
でもデカいだけなんだよね
デカくてその中に色んな物質が散らばってるだけ

280 :名無しSUN:2006/10/09(月) 11:36:57 ID:/JY4DMUs
何故宇宙ができたんですか?

281 :名無しSUN:2006/10/09(月) 11:50:23 ID:Qbx1Qngn
>>275
人間の脳では、宇宙の果てを理解するのは無理なのではないかな。
日本猿に地球が球であることを理解させることが
無理なのと同じなような気がする。

282 :名無しSUN:2006/10/09(月) 21:23:53 ID:VN6RqIUf
>>280
乱れがあったから

283 :唯一神(仮名):2006/10/10(火) 16:06:09 ID:cHvPl8om
>>280
いや〜、いままで黙ってたけど、本当の事言うとな〜。

休日にくつろいでてさ。何にもすることなかったから、
お気にのエロ本見ながらコトに励んでたのさ。
その日は格別気持ちよくてさ、「ウッ!」って一発抜いたら、
それが宇宙になってた。

まぁそういう訳よ。気を悪くしたらスマソ。

284 :名無しSUN:2006/10/11(水) 19:18:05 ID:pcVJHdAX
>>281
むしろ日本猿に地球が球であることを理解させるより無理だとおも。

285 :僕はなんでこの世界に生まれたんだろう:2006/10/12(木) 00:04:34 ID:4Z7fC90k
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .
     。          ∧∧            。
                ( :;;;;;:::)  
.   .            /:;;;;;: |   
              〜(::;;;;;;:/.   
      ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'‐

286 :名無しSUN:2006/10/12(木) 00:10:30 ID:Vq3hxZuv
マジレスすると宇宙の果てはない。無限なのです。

287 :名無しSUN:2006/10/12(木) 00:12:09 ID:Vq3hxZuv
宇宙は時空です

288 :名無しSUN:2006/10/12(木) 17:53:39 ID:Z3/k0fXq
宇宙の果ては、時間も空間もない世界
すなわち無の世界
ファファファ

289 :Cat:2006/10/12(木) 19:51:26 ID:hRrjZOUg
宇宙は無限なのかな。やっはり想像はなんとなくできるけど理解できないかも…

290 ::2006/10/12(木) 20:06:22 ID:WP44Q1VD
前に、どこかのサイトで、宇宙の前は時空も何もない本当の「無」
で、突然爆発が起こり、宇宙が生まれたと読んだことがありますが、何もない無からなんで
爆発が起きたのかが不思議です。。。

291 :名無しSUN:2006/10/12(木) 20:14:20 ID:uhu4ccWR
時空がなくても他のものが存在する
それは人間が知覚することができないもの

292 :名無しSUN:2006/10/12(木) 20:32:51 ID:CU1JbeGJ
アレキサンダー・ビレンキンの「無からの宇宙創造」

前提の知識として量子的揺らぎとトンネル効果が要る。
量子的揺らぎは非常に小さな原子核より小さなスケールではあらゆる粒子が対生成・対消滅を繰り返している。
巨視レベル…つまり我々のスケールで見れば質量保存則は厳密に守られるが空間が小さいほど、時間は短い
ほど、大きなエネルギーや質量が生まれては消えている。
それは空間の構造にも起こっていると言われる。非常に短い時間、小さなワームホールやブラックホールが
生まれては消えている。
ビレンキンの無の世界ではそのように小さな宇宙が生まれては消えていると言う。

トンネル効果は大きなエネルギーの壁を突然超えてしまう現象を意味する。これも小さなスケールほど
よく起こる現象だが、例えば集積回路をあまり小さく作りすぎると回路を流れる電子が絶縁体を超えて隣の
配線に突然現れる。(そのような回路では電子が1個余計に流れただけでショートしてしまう)他の例では
放射性原子は内部にアルファ粒子を引き止めておく力がある(核力)が、引き止めておく力を無視して
アルファ粒子が飛び出してしまう事がある。

小さなスケールではエネルギーを投入しなければ超えられない条件を突然超えてしまう事が起こる。ビレンキンの
小さな宇宙は有限の確率で突然インフレーションを起こす宇宙へと変質する。一度インフレーションを起こすと
止め処なく膨張し続ける。
インフレーションを起こした宇宙はエネルギーの低い状態へと変化する。宇宙の持っていたエネルギーが
少なくなる訳だがその分は宇宙内部で開放されビッグバンが起こる。

293 :名無しSUN:2006/10/12(木) 22:03:24 ID:C+lmvIcE
何故セックスは気持ちいいのか?は謎だ

294 :名無しSUN:2006/10/12(木) 22:19:09 ID:CU1JbeGJ
一時は唯一の宇宙創造のシナリオだったから当然のように語られているが、これが正解という保証は無い。

295 :名無しSUN:2006/10/13(金) 00:40:46 ID:eD76AiJE
宇宙はエネルギーの塊だね。

296 :名無しSUN:2006/10/13(金) 04:55:53 ID:wOru7Phs
いやスカスカなんじゃないの?

297 :名無しSUN:2006/10/16(月) 12:24:30 ID:MCaqw9EB
いやムチムチです

298 :名無しSUN:2006/10/17(火) 13:13:54 ID:0Fn9iEmF
宇宙とは最強にして最凶である

299 :名無しSUN:2006/10/17(火) 13:20:49 ID:0Fn9iEmF
宇宙内は有限・・・風船ような物体
宇宙外は無限・・・別名、完全なる無の世界

300 :名無しSUN:2006/10/17(火) 13:34:26 ID:NASl3+v3
画像掲示板(エロ画像可)

動画と画像のサイト☆
無料サンプルも見れるだお!( ^ω^)ノ

女子高生と思う存分楽しんでください・・・
(;´Д`*)

http://geinou.jp/ogurayuuko/
動画はこのURLをコピペして検索してお!

301 :名無しSUN:2006/10/17(火) 13:44:58 ID:0Fn9iEmF
宇宙とは神の心そのもの
心は外から中を見ることも、
内から外を見ることもできないが確かに存在するもの
故に人間も一人一人に心という宇宙を持っている

302 :名無しSUN:2006/10/17(火) 15:39:38 ID:rWNaxUgf
I CAN FLY

303 :名無しSUN:2006/10/17(火) 17:52:30 ID:rWNytxmD
宇宙の果てには宇宙の起源がある、そこではまだ宇宙は始まっていない
距離は時間、自分から遠くなればなるほど過去になっていく。
こういう思想って他にあります?
僕はそう思うのです

304 :名無しSUN:2006/10/17(火) 19:01:56 ID:JPvlY/Bv
地球から観測した場合そうですね
宇宙の果ての外側はビッグバン以前の宇宙が広がっている

305 :名無しSUN:2006/10/18(水) 00:36:21 ID:CrRcB6VT
ちょっとまった
宇宙の果ての外側は無いんだよ、文章的にも
観測されれば大発見、 でも無理

306 :名無しSUN:2006/10/18(水) 02:11:43 ID:33eS7zHu
おそらく今後も現在のペースで科学が進歩しても、
100年後になっても宇宙の果ては解明されないでしょうね。

307 :名無しSUN:2006/10/18(水) 03:05:41 ID:3l4HJxYm
>>303
上に行き続けたら下に出て過去にさかのぼったら知らぬ間に未来を現在にさかのぼってる

そんな感じ?

308 :名無しSUN:2006/10/18(水) 05:11:16 ID:4T8yqg7p
人類が認識している現在の宇宙は、人類だけが認識している宇宙なのであって
他の知的生命体がいるならば、それらが認識している宇宙はまた違うものなのでしょうね
細かく考えれば、人類ひとりひとりが認識している世界・宇宙もそれぞれ異なっています

すなわち宇宙の果てとは、宇宙という存在を認識している知的生命体それぞれの意識の中にひとつずつ、この世界には無数にあり、同じものはひとつもない、それぞれが答え

毎時新しい宇宙・宇宙の果てが誕生しているので、無限ですね

309 :名無しSUN:2006/10/18(水) 05:12:51 ID:4T8yqg7p
人類が認識している現在の宇宙は、人類だけが認識している宇宙なのであって
他の知的生命体がいるならば、それらが認識している宇宙はまた違うものなのでしょうね
細かく考えれば、人類ひとりひとりが認識している世界・宇宙もそれぞれ異なっています

すなわち宇宙の果てとは、宇宙という存在を認識している知的生命体それぞれの意識の中にひとつずつ、この世界には無数にあり、同じものはひとつもない、それぞれが答え

毎時新しい宇宙・宇宙の果てが誕生・変化しているので、宇宙は無限



偉そうに書きましたが答えになっていませんね


310 :名無しSUN:2006/10/18(水) 13:23:04 ID:PGD6iVrs
>>303-305
光速度が有限ってコト知らないのか?ネタか?
いま地球からみて「宇宙の果て」とされている場所は、今でも宇宙の始まりと
同じ状況なんじゃなくって、宇宙の始まりに近い過去の光が届いて「見えてる」
だけだ。

だから、仮にその場所にたどり着けることがあっても、その場所は地球から
見えているのと「同じような」温度・密度で。逆に地球のあるべきところが
宇宙の始まりに近い過去があるように見える。

311 :303:2006/10/18(水) 14:47:59 ID:Xc7w10iG
光の速度が一定って事ですよね?
そゆのじゃなくて
約137億年前に宇宙が誕生したとされてる?よね
たとえば10億光年向こうの星を観測したとする、それは10億年前の光で
あると同時に宇宙が始まって127億年たった時点の光じゃないですか。
そういう感じにどんどん遠くを観測すると宇宙の誕生に近いところまで観測できるかもしれない
またそれは同時に宇宙の果てに近い所でもあるわけ
あと、うまく伝えれるかわかんないけど
これ見て「それは観測上のもので、「今」の宇宙の果てではないだろう」
みたいに思うかもしれないけどよく考えると
「今」とか「現在」というのは実は物凄く曖昧で主観的なもので
光と距離によって「今」が歪められてるっていう感じ。
1m先の人の動きも、それが目に入るまでの間に厳密に言うとタイムラグがあるじゃないですか
今っていうのは初めから存在してないんじゃないかと。
「宇宙もまだ始まっていない無」も「私が感じている宇宙」も「これからの宇宙も」
じつは同時?に存在しているのではないかと。
「過去」「今」「未来」という概念は人間が作り出したものじゃないかと

312 :303:2006/10/18(水) 14:49:15 ID:Xc7w10iG
ないかとおお

313 :名無しSUN:2006/10/18(水) 15:50:28 ID:KDCVbTnN
宇宙が球だとしたらその球はどこかに浮いてるんですか?

314 :名無しSUN:2006/10/18(水) 23:05:59 ID:KDCVbTnN
そもそも時間て何?
人が決めた感覚にすぎないじゃん。誰か教えてー

315 :名無しSUN:2006/10/19(木) 00:20:45 ID:tC7OA9zx
>>314
4つ目の方角。

316 :名無しSUN:2006/10/19(木) 07:51:19 ID:XbNlO/ZC
宇宙の中と宇宙の外の違いってなんなんですか?

317 :心の宇宙:2006/10/19(木) 08:32:33 ID:+Q4Lh6Ms
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1160743857/l50

318 :名無しSUN:2006/10/19(木) 08:34:36 ID:+Q4Lh6Ms
>>314
物質の劣化速度

319 :名無しSUN:2006/10/19(木) 09:02:20 ID:9wlafHEi
宇宙の地平線の向こう側、さらに果ての世界がどうなっているのか?
時間、物理法則が存在しないままなのか。

宇宙は無の空間に現れた気泡みたいなものなのかと思ったりする。
ということは、同じような気泡があっても不思議じゃないな、、とか。

ワープ航法を実現するためには、全宇宙エネルギーの総和の数倍のエネルギーが必要らしいね。

哲学的になるけど神が管理する箱庭のようなモノなのかもって考えてみたりする。

320 :名無しSUN:2006/10/19(木) 14:44:12 ID:yosnfnTM
仮にゲームの世界で考えてみよう

ゲームの中の世界から外の世界はわかるかな?


321 :名無しSUN:2006/10/19(木) 15:43:11 ID:tyCpoQsW
Subaru Topics | Subaru Telescope, NAOJ
http://www.naoj.org/Pressrelease/j_list.html
「最も遠い銀河の世界記録を更新」−宇宙史の暗黒時代をとらえ始めたすばる望遠鏡
http://www.naoj.org/Pressrelease/2006/09/13/j_index.html

日本のすばる望遠鏡が約128億8千万光年の銀河の観測に成功したけど
約137億光年先を観測できたら
宇宙の果て、ビッグバンを観測できると言うことですよね?

僕が生きている間に約137億光年先の観測に成功して欲しいな。
ビッグバンの瞬間を見てみたいです><

322 :名無しSUN:2006/10/19(木) 18:21:45 ID:/UB0DtMP
>>320
おおう、すげぇわかりやすい例えだ!

323 :名無しSUN:2006/10/19(木) 19:06:39 ID:tC7OA9zx
>>321
ビッグバン後38万年間はプラズマスープ状態で電磁波での観測は無理。2.7K背景放射が
ビッグバン38万年後の姿。でも重力波とニュートリノでの観測ならそれより前に遡れる。

324 :名無しSUN:2006/10/20(金) 13:54:08 ID:2tyB7yoS
結局、無からの揺らぎで始まった宇宙の外側は無。
時間もビッグバン迄はさかのぼれるだろうが時間さえも
一瞬の揺らぎから始まっているのでその前は無。
つまり、宇宙の果てから先の観測は出来ない。
「わからない」が正解では?

325 :名無しSUN:2006/10/20(金) 22:14:06 ID:405AzIUK
>>322
遠いっちゃあ遠いが「行けない距離」だよな

実際の世界も案外はこんなもんだと思う

326 :名無しSUN:2006/10/20(金) 23:49:35 ID:lOQNRwMr
>>141
おもしろい

327 :名無しSUN:2006/10/21(土) 11:34:24 ID:Wo73ojwn
俺的には>>326の方がおもしろい。

328 :名無しSUN:2006/10/21(土) 19:12:20 ID:63EPzLN1
宇宙って何?みたいなことを考え始めると、じゃあ存在することの意味は?
みたいに考えるのは俺だけではないはず。

329 :名無しSUN:2006/10/21(土) 20:08:57 ID:W5E/H7rl
何でも意味があると考えたくなるが
実際意味のないものなんだろうな

330 :名無しSUN:2006/10/27(金) 08:29:27 ID:xb7+gV4F
ちょっと聞きたいんですが……
宇宙が膨張し続けて、その先に別の宇宙とかあったら衝突って有り得るんでしょうか?
なんかそんなこと考えていてすごく鬱なのですが……

331 :名無しSUN:2006/10/27(金) 16:33:57 ID:RS9Z/bCH
宇宙とはちょっと関係ないんですが 今 人間の脳で考えられる事は全て将来 可能なんですか?

332 :名無しSUN:2006/10/27(金) 20:49:19 ID:SEjUK27E
タイムマシンは無理らしいからとりあえず一個不可能アリ

333 :名無しSUN:2006/10/27(金) 21:07:57 ID:2Fjxv+TB
やっぱりタイムマシンは無理なんですね!そうですよね!どう考えても無理があるですよね!せめて過去には行けても未来にはきついもんあるでしょ!もしかしたら 未来にいけたら帰りは新車に乗って帰ってこれるかも!

334 :名無しSUN:2006/10/28(土) 00:35:01 ID:318K18pO
時間っていう概念はかなり雑なもののような気がする
世界をミクロレベルで捉えたとすると、あらゆる現象は様々な粒子の運動。それを仮に時間と
しているだけでしょう?
空間が絶対でなく伸びたり縮んだりしているように、時間も進んだり戻ったりしているのかも?
そしてその流れのなかでいきている私達はそれを知覚することはない。
哲学的な思索や、直感で、そういうことも有り得ると感じることはできるが。

335 :名無しSUN:2006/10/28(土) 00:45:59 ID:iemP8fLJ
>>330-331
解答不能だと思うが。
>>330
高次元超空間が正解なら他の宇宙との衝突もあり得る。それ以外のモデルではあり得ないと思うが
思いもよらない理論が出るかも分からん。
>>332
タイムマシンはかなり可能性が高い。荒唐無稽なファンタジーなどと比べて…だが。一般相対論では
方法ともかく禁止されていない。

336 :名無しSUN:2006/10/28(土) 01:02:41 ID:DtwNH0u6
難しすぎる! 脳が全て機能する人間が一人でも現れたらあっという間にハイレベルな地球になると思うけど…

337 :名無しSUN:2006/10/28(土) 01:26:42 ID:gr8ZJvJY
>>335
貴重な意見をありがとうございます。
私には難しい話ですが、とりあえずわからないってことですよね。
まあ、可能性が薄い話なんだなーくらいに捉えておきます。

338 :名無しSUN:2006/10/28(土) 02:29:08 ID:gr8ZJvJY
↑を見てて思った。
宇宙が膨張するって言うけど、じゃあ破裂するってことはあるんですか?
膨張するってだけで風船を想像するのは間違ってますか?

339 :名無しSUN:2006/10/28(土) 02:37:24 ID:iemP8fLJ
>>338
ない。
風船で説明するのは物体同士がどのように離れていくかを説明するため。

340 :名無しSUN:2006/10/28(土) 04:11:09 ID:fgLSBway
>>332 >>333
タイムマシンなんですが、
もしかすると反物質を使うと可能なのかもしれません。
反物質を構成している反粒子は、
《時間軸を過去の方向に進んでいる》
と数学的解釈されています。
それを利用すればもしかしたら…。
もしかしたら…。


341 :名無しSUN:2006/10/28(土) 05:55:02 ID:pbnEQftX
自分が死ねばそれが宇宙の終わり
天国も地獄も無い

342 :名無しSUN:2006/10/28(土) 09:00:26 ID:ZGE3BVC+
>>330
衝突の度に新しい宇宙が誕生してるって理論もあるみたいよ
膨張がどうのはあんまり関係ない気がする
>>334
時間の定義はエントロピーが増大の方向が時間の正の方向だから
局所的な量子レベルでは過去に進んでる系も普通にあるが
今のところ我々の宇宙においてエントロピーが減少に転ずるとは考えられてない
よって時間は戻ってない

343 :名無しSUN:2006/10/28(土) 09:25:15 ID:gr8ZJvJY
>>339
なるほど……ありがとうございます。
>>342
私としてはヘタな人類滅亡論なんかよりこっちの方が怖ろしいです。
ある日突然コレが起きたらと思うと……
まあ、億とかの単位で動いてるモノにそういう心配をしても無駄かもしれませんが……

344 :名無しSUN:2006/10/28(土) 10:35:56 ID:DtwNH0u6
ほんと難しいすね!反物質て何ですか?今現在あるんですか? 反重力と関係してるんですか?必ず未知の事を語る時にはこの(反)を使いますよね!

345 :名無しSUN:2006/10/28(土) 20:52:42 ID:fgLSBway
>>344
実際にあるよ。

反物質は物質とぶつかると一緒に消えてしまうものです(そして大きなエネルギーをだします)。
自然の中にもあるみたいですが、人工的に作り、それを捕まえ得られます。
反粒子の他には、反陽子・反水素などが知られています。


346 :名無しSUN:2006/10/28(土) 21:24:20 ID:iemP8fLJ
>>344
>反物質て何ですか?
素粒子に対して電荷だけが逆でその他の特徴はほとんど同じペアの粒子の事。電荷の無い
ニュートリノにも反ニュートリノがある。素粒子とその反粒子が接触すると対消滅を起こして
2つの光子になる。

>今現在あるんですか?
ある。巨大な加速器でほんの少し作れるが物質と接触するとすぐ対消滅を起こして光子に
なるので保存できない。天体のジェット現象で大量の反物質が作られている場所が知られている。

>反重力と関係してるんですか?
反重力という物を知らない。

>必ず未知の事を語る時にはこの(反)を使いますよね!
未知の物については暗黒を使いたがるが、反物質は未知でも何でもない。

347 :名無しSUN:2006/10/28(土) 23:04:43 ID:Yt6JDcqD
わかりました。すごいですね!尊敬します! 結局反物質を使う事はまだ現在の技術では難しいって事ですね! ありがとうございました。

348 :名無しSUN:2006/10/28(土) 23:44:35 ID:fgLSBway
>>346
反水素はたくさん作れたみたいだよ。

>>344
反重力は重力に反発する力のことです。
《反物質が反重力をもっている》という説もありますが、
学者の多くは反重力自体に否定的です。


349 :名無しSUN:2006/10/29(日) 00:45:27 ID:vsSVIc7y
なんで否定的なんですかね!

350 :名無しSUN:2006/10/29(日) 00:58:24 ID:KsCvA6UL
すべての物は無限である
ただ見える範囲に於いて有限というだけ

351 :名無しSUN:2006/10/29(日) 02:18:27 ID:3g77U1Pf
>>349
偉い学者さんの考えは自分にはわかりません。
反重力は《実際に証明できてない》からですかねぇ。
反物質自体が身近に少ないし、
《反物質の塊を落下さて反重力を証明》しようとしても
物質(大気とか)とぶつかると消滅(対消滅)しちゃうし…。

実際に大量のγ線(対消滅時にγ線が発生する)
が観測されていないので
《もし大量に反物質があるなら反重力を持っている》
ぐらいしか私には言えません。

下文は《半分推測と半分空想》
物質は重力によって集まっていくので
(反物質が紛れこんでも対消滅)
物質だけで集まっていき地球や太陽系みたいになる。
物質が集まったいった結果、《物質の無い空間》ができ、
そこには生き残った反物質の塊があるかもしれません。
そいつらで物質世界同様に反物質でできた惑星や銀河が…。



分かってるよ…、分かってるんだ。
このスレにいる知識人達にとってはツッコミ所満載の妄想だって…。
でもしょうがないじゃん。
宇宙論と量子論は互いに矛盾してる所あるんだから…。

熱弁しといてなんなんだが、スレ違いですね。

352 :名無しSUN:2006/10/29(日) 04:04:55 ID:IJdsJeRn
>>263
1に0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000002をつけてやれば3で割り切れるんだな

353 :名無しSUN:2006/10/29(日) 05:44:34 ID:otc6i+45
このスレ>>1から読んで>>109が私の考えた宇宙の形に近かった。

具体的に言うと宇宙に果ても中心もなく、宇宙の形は4次元球だと思う。

4次元なんて形解らないよというかたは1次元落として4次元球(宇宙の形)と宇宙(3次元)の
関係を3次元球(ただの球)と球の表面の2次元(面)の関係から導けば解りやすい。
球上の面(2次元)には端も中心もない極点が無数にあるだけです。
球上の面(2次元)では360度どの方向に行っても端が無く180度反対にでてくるだけ。
宇宙も全天方向に進めば180度反対方向につながる。つまり大きな宇宙規模の円を描く
だけ。その円は時間の方向に直角の方向に沿って曲がっていくので物理実験では曲がっ
ていることを測定できない。
2次元人が高さ(3次元)を測定できないように3次元人の我々は4次元を計測できないという
寸法です。
ただ4次元球の中の3次元(宇宙)構造の性質は、球(3次元)上の2次元(表面)の性質から
推測できる。

354 :名無しSUN:2006/10/29(日) 05:59:22 ID:otc6i+45
353です。
補足です。4次元球の宇宙モデルを3次元球で考えたとき、2次元人には高さがありま
せんから、球の中心から球の表面までと球の表面から全天方向へのベクトルは
時間Tを表します。
同様に4次元球宇宙モデルに時間の流れを追加したものを形にすると5次元球と
なると思います。
宇宙の膨張と収縮のベクトルが同一方向ってのもミソです。

355 :名無しSUN:2006/10/29(日) 06:36:49 ID:otc6i+45
353です。
補足2です。
ちなみに球上の表面は、切り開くとミカンの皮状ですが、仮に2次元人が表面を観測したら
形は観測可能な最大距離の円盤状の2次元世界です。念のため。

356 :名無しSUN:2006/10/29(日) 13:04:47 ID:4ZHLsWWn
難しい……343ですが、多次元宇宙だと宇宙同士の衝突も"有り得る"んですよね?
皆さんはそういうことを考えて、恐ろしくなることはありませんか?
私が思ったからって起こるワケはありませんが、可能性があるということは余りにも怖いです……
何だか自分の生み出した妄想に食い潰されそうです……

357 :名無しSUN:2006/10/29(日) 13:53:43 ID:VtM6+YXa
>反物質
電荷だけでなく色荷も逆だった。

>>353-355
ポアンカレの三球面

358 :名無しSUN:2006/10/29(日) 13:57:00 ID:VtM6+YXa
>>356
宇宙論も数多いし数学的困難が大きくて目星がつかない。ビッグバンを起こす衝突は考えられるが
膨張による衝突は考え難い。
でもまあ、そう悩む事も為になる事もある。

359 :名無しSUN:2006/10/29(日) 15:24:53 ID:4ZHLsWWn
>>358
為になる……ですか。
今はこうして苦しんでいても、いつかは良かったと思える日が来るのでしょうかね……
ビッグバンを起こす衝突でも、結局この宇宙は消滅してしまうのですよね?
どんなに薄い可能性でも、一秒先の世界を心配してしまう自分……チキンです。

360 :名無しSUN:2006/10/29(日) 18:59:08 ID:VtM6+YXa
かなり大雑把な話をすると、ペアの宇宙と接近するとインフラトンという場が出来ると言う。
インフレーションを引き起こす場でこれを導入するとビッグバン理論の地平線問題を上手く
解決できる。詳しくはインフレーション理論でぐぐれば見付かると思う。膜宇宙論は起源が
分からないインフラトンを説明する。
話を戻すと約50億年前に宇宙の膨張は減速から加速に転じている事が観測から分かった。
ビッグバンからの時間は137億年経っているから次の衝突が起こるまで80億年は掛かるだろう。
少なくとも今日明日とか1億・2億年後に起こる話じゃない。
もっとも膜宇宙論が正解かどうかも分からない。

361 :名無しSUN:2006/10/29(日) 20:08:31 ID:4ZHLsWWn
>>360
難しい……浅学者ですみません。
今までの話を纏めてしまうと……
例え多次元超空間が正解であっても、一億、二億年以内にビッグバンは起こらない。
とりあえずはそう結論付けてしまって宜しいのでしょうか?

あ、あと……衝突からビッグバンが起きるという話を聞いて、
鶏が先か卵が先か、という話が頭を過ぎりました。
この理論で行くと、ビッグバンが起きるためには宇宙同士の衝突が欠かせない。
しかし、その宇宙を生み出すのはビッグバンであって……
生命の進化と言い、私にはわからないことだらけです。

362 :名無しSUN:2006/10/30(月) 00:36:51 ID:RPSezqii
>>361
>とりあえずはそう結論付けてしまって宜しいのでしょうか?
それでOK。

>>後半
一般相対性理論に基くとビッグバンは1回しか起きてはならない。我々の宇宙に始まりを
認める事になるが、膜宇宙論は超ひも理論をきっかけに生まれた。「エピキロティック宇宙
モデル」と呼ばれるものでビッグバン・ビッグクランチを繰り返しているとする物。
一般相対論に基く宇宙論でも数学的に否定されるまではこの説の支持も大きかった。

363 :名無しSUN:2006/10/30(月) 02:08:25 ID:RPSezqii
>一般相対論に基く宇宙論でも数学的に否定されるまではこの説の支持も大きかった。
ビッグバン・ビッグクランチを繰り返す説の話。

364 :異魔人:2006/10/30(月) 14:37:21 ID:I71xuC87
宇宙の始まりはカオス(混沌)。
カオスより生まれし宇宙は再びカオス(混沌)へと帰すのだ。

365 :名無しSUN:2006/10/30(月) 18:46:28 ID:LEfsdVLy
>>362
わかりました。
それで……わざわざご回答、ご説明本当にありがとうございました。
宇宙のことを余りに知らなかったのですが、少し知識を得られたように思えます。

366 :名無しSUN:2006/10/31(火) 17:52:50 ID:0nGza6VG
インフレ宇宙論だと観測できる宇宙(俗に言う「私たちの宇宙」半径約150億光年)は全体から見るとケシ粒程度の大きさなんでしょ?
しかもその広大な宇宙の他にも無限に自己増殖していく「子宇宙」「孫宇宙」も存在していると・・・
全く宇宙は壮大で広大過ぎる

367 :名無しSUN:2006/11/01(水) 04:18:07 ID:dlrb/6lV
毎晩毎晩、宇宙の果てについて考えて眠れない。
もう耐えられない。
もう耐えられない。
死んで何もかも忘れて考えてるのも忘れてしまいたいので
早く歳とって死ぬことにします。


368 :名無しSUN:2006/11/01(水) 16:55:10 ID:Y5gL2nQn
宇宙について科学的に考察するのは限界があるってわかったのが20世紀。
全ては神のなせる技ですよ。
アインシュタインもそう思っていたけど、科学の否定になるから言わなかった
みたいだね。

369 :名無しSUN:2006/11/04(土) 01:51:07 ID:lf0E09Oh
この地球はどこかの星にとっての宇宙の果てなんだなー。

370 :名無しSUN:2006/11/04(土) 03:03:11 ID:m9S9RSkz
無の世界て言う言葉自体がおかしい
無は無
無=絶対有り得ない世界、考えても意味のない世界

よってこの世は無限であり永遠なのは間違いないが宇宙=無限(永遠)かどうかは知らん
科学者は宇宙が広がるだなんだいってるから宇宙は無限(永遠)ではない。


とにかく全て始まりも終わりもない何もかも無限(永遠)なのである

始まりとか終わりがあったらおかしい
無限は無限

無は無い

371 :名無しSUN:2006/11/04(土) 03:12:59 ID:m9S9RSkz
死んだら楽になれるという言葉はおかしい

そんなもんは死んでみないとわからない
死んだら終わりとか人間レベルの悩内で決め付けてる事自体がおかしい
無限以外に絶対は無い
地獄があるかもしれない
生まれ変わりがあるかもしれない

絶対という結論があるのは無限(永遠)であるという事のみ

372 :名無しSUN:2006/11/05(日) 10:44:36 ID:P5kqZnHC
数学の正解では、始まりのある無限・終わりのある無限も扱うが何か?
(幾何で言うところの半直線とか)
「終わり」・「始まり」だけが無限を無限たらしめているのではない。

373 :名無しSUN:2006/11/05(日) 10:47:40 ID:P5kqZnHC
訂正…

× 正解
○ 世界

374 :名無しSUN:2006/11/05(日) 16:13:45 ID:gK6UEHPK
チューリングマシーンとか(覚えたての言葉)

375 :明帝:2006/11/06(月) 05:49:03 ID:e865L6Od
全ては事象はシナプスのような構造の中での情報の構築によるもの。全ては永遠に廻り続ける一連の流れの中。外にたどり着くことは出来ません。

376 :名無しSUN:2006/11/06(月) 07:11:02 ID:F3o0UHvl
やっぱ死に方より生き方だよな

377 :名無しSUN:2006/11/06(月) 09:48:26 ID:L+PN917i
あれ?宇宙の果てってどういうこと?宇宙の最期ってことなのか宇宙の端のことなのか

378 :名無しSUN:2006/11/06(月) 19:12:06 ID:teUV2D4D
偉大なる宇宙よ

俺に力を与えてください・・・orz

379 :名無しSUN:2006/11/06(月) 20:31:35 ID:YBWMGnZE
永遠のリサイクル無限のリサイクル=宇宙
永遠や無限=宇宙なら大きい小さいも何もない
全ては無限のリサイクル

380 :名無しSUN:2006/11/07(火) 01:53:57 ID:Ipx+QrSZ
こんなところで聞くのもなんだけど
何億光年先の銀河団を発見したとか本でよく見かけるけど
どうして何億光年先って言うのがわかるのですか?

381 :名無しSUN:2006/11/07(火) 05:34:04 ID:Wjmv8E9+
>>380レンズの厚さと映った銀河の大きさだったっけ
電波使うのか忘れた

もう
距離=速度×時間
でいいよ

382 :名無しSUN:2006/11/07(火) 06:02:24 ID:1bjgoif2
俺は多分この宇宙は全て原子核の一つに過ぎずにもっと大きな世界があると思うよ´‐`

383 :名無しSUN:2006/11/07(火) 09:28:55 ID:PPE93Bqo
だから無限に大きいも小さいもないねんて

何でわからんねんアホか

384 :名無しSUN:2006/11/07(火) 13:32:17 ID:9wwdEjeb
>>380
赤方偏移とかじゃね

385 :名無しSUN:2006/11/08(水) 01:26:56 ID:K2bmAj1N
赤方偏移が正解。

386 :名無しSUN:2006/11/09(木) 01:04:16 ID:GXvE9d2J
宇宙の果てとは関係ないんだけど
もし宇宙空間にほうり出されたとしたら
プラネタリウムにいる以上に上も下も星だらけですか?


387 :名無しSUN:2006/11/10(金) 16:49:45 ID:EiKOIzza
ココアが飲みたいなぁ あっ地球ってココアがあるね 地球っていいね

388 :名無しSUN:2006/11/12(日) 23:59:01 ID:GkgstgE6
>>386
そのとおり星だらけ。君がもし生身の状態で放り出されるのなら、その景色も30秒
くらいしか見れないだろうね。誰かに助けられる確率は1/2^2079460347だというし。


389 :名無しSUN:2006/11/13(月) 01:23:37 ID:5AfQM108
一応30秒見れることに感動しました

でもそうなるとかなり明るいんじゃないですか?
地球みたいに空気汚れてるとかないし

390 :名無しSUN:2006/11/13(月) 03:34:43 ID:OantRB9/
つ【宇宙服】

391 :名無しSUN:2006/11/14(火) 01:11:29 ID:/dO7+4RN
星だらけっつったって、そうそう明るい光源はそんなにないから>>389が想像
してるほど明るくはないと思うぞ。
恒星の近くとかだったら明るいけどね。

392 :名無しSUN:2006/11/14(火) 01:12:47 ID:/dO7+4RN
というか、>>388の元ネタに気付く奴はいないんだなw

393 :名無しSUN:2006/11/14(火) 21:15:05 ID:Iv6cqvwZ
そうなの?
でも天の川とか直で見れたりするら
明るいと思ってた

394 :名無しSUN:2006/11/15(水) 20:32:34 ID:OifZZYQw
この辺では暗いが、銀河中心の近くならかなり明るいかもな。

395 :名無しSUN:2006/11/16(木) 02:34:51 ID:MTadjVtQ
よく中年くらいの人が( うちのオヤジも年行ったなぁ )
とかって言ってるけど本人も年言ってるわけだから
間違えてるってゆうのが相対性理論なんですか?

396 :名無しSUN:2006/11/16(木) 03:36:46 ID:Vl0y3wKF
>>395
「年が行った」という言葉は運動を表す言葉じゃないんで関係ないです。
ちなみに相対表現でもないんで言ってる本人が歳をとったかどうかは関係ないです。

397 :名無しSUN:2006/11/24(金) 00:50:27 ID:57lAFwyX
黄色とか赤とか青とか
宇宙ちょっと派手すぎない?

398 :名無しSUN:2006/11/25(土) 12:03:40 ID:u1QDN0FS
この前、街行く小学生がノーブラだったんで
思わずムラムラして「おっぱい見ーせて☆(^・^)」って
声かけたら「うん!いいよ☆」って快く承諾して
くれて、その成長過程のおっぱいの谷間のところに
顔うずめて「ぱふぱふ!」ってしようとしたら
急にその小学生のおっぱいが膨張しはじめて、

そしてついに爆発した
これが世に言うビッグバンである
宇宙はこうして生まれた
そして数十億年の歳月が経ち
現在の我々がここにいるのだ



399 :名無しSUN:2007/01/13(土) 03:11:16 ID:jgCjelt9
>>388 生身で宇宙空間出たらどうなるの?窒息死、凍死、宇宙線で焼死、どっかの映画みたいに体がビッグバン、昔からの疑問だ

400 :名無しSUN:2007/01/13(土) 12:01:28 ID:zEe8TPvG
宇宙船の気密漏れで死者がかなり出てるけど死因を特定できたんだろうか?

401 :名無しSUN:2007/01/22(月) 20:06:18 ID:i8dbDyvy
地球から太陽の距離を例えば、1ミリとすると宇宙ってどのくらいなの?

402 :名無しSUN:2007/01/23(火) 12:24:44 ID:8nyUi5ev
>>388
二の二十七万六千七百九乗分の一だよw

403 :名無しSUN:2007/01/23(火) 13:08:52 ID:9m5UZ30v
プランク定数ですかw

404 :名無しSUN:2007/01/24(水) 09:41:48 ID:UhA1iQQV
宇宙の存在の中で、地球の座標軸、位置って分かるのかなって、表現できるのかな?

405 :東アジアニュース速報+:2007/01/24(水) 19:59:39 ID:Tdwicfc6

東アジアニュース速報+ 板
ttp://news21.2ch.net/news4plus/

【欧中】人工衛星破壊実験、EUも懸念表明
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169628491/
【中国】衛星破壊実験により大規模なスペースデブリの雲 国際宇宙ステーションに衝突も [01/23]
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169553957/
【日中】衛星破壊実験、塩崎官房長官が駐日中国大使に抗議 [01/23]
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169554495/

406 :名無しSUN:2007/01/24(水) 20:07:53 ID:P4ZQSb7e
>>401
現在観測できる宇宙が半径480億光年くらいだから(137億年前の光を放った物体がそれくらい遠のいている)
O領域(おーりょういき)は半径3029529600キロくらい。
宇宙の大きさは分からん。

407 :名無しSUN:2007/01/24(水) 20:10:58 ID:P4ZQSb7e
見当外れだった。O領域は半径320光年くらい。

408 :名無しSUN:2007/01/25(木) 09:56:32 ID:0YfFDUbg
ふ〜ん、ずっと前の書き込みで740億光年なんてあったけど? 宇宙の半径? 大きさ?

409 :名無しSUN:2007/01/25(木) 19:52:31 ID:x6g2p0S+
137億光年彼方に見える天体が今どこにあるか…これほど離れると今の定義が曖昧だが…
というと480億光年とかって聞いた。320光年は1AU(太陽から地球までの距離)が1ミリだった時
320光年になる。…と思う。計算間違ってなければ。
で、宇宙を最も小さく見積もってもO領域より小さくはならない。

410 :名無しSUN:2007/01/25(木) 23:43:35 ID:ccU0hWdb
マトリックスのような世界は必ずある。


411 :名無しSUN:2007/01/25(木) 23:57:46 ID:ccU0hWdb
人々が神という言葉をつくり、神を神聖な存在にしたのは、やはり大昔に人間が地球上に存在しないようなものを見たから、それはきっと宇宙人だ!!!

412 :名無しSUN:2007/01/26(金) 02:31:59 ID:Ivj6fbP4
宇宙

http://www.youtube.com/watch?v=yCfDRvDWid0&eurl=


413 :名無しSUN:2007/01/26(金) 07:24:08 ID:Prb+hSwk
ますます専門家の話が聞きたくなった。


414 :名無しSUN:2007/01/26(金) 07:30:48 ID:d0c1aH2H
宇宙そのもの
http://www.youtube.com/watch?v=yCfDRvDWid0

415 :名無しSUN:2007/01/26(金) 16:33:44 ID:4hwkLHv9
>>414
ほ〜、おれっちらって、素粒子の中の一部でつかw

416 :名無しSUN:2007/01/27(土) 14:21:43 ID:+8ogvIUc
地球ってすごい孤独なんだね。

417 :名無しSUN:2007/01/27(土) 20:41:13 ID:hIpcgzXE
宇宙って膨張してるじゃん。
じゃあ、その膨張してる方向に向かってロケットで突っ込んだらどうなるか教えてくれないか?ぶつかって壊れるのか、他の宇宙に行けるのか、それとももっと別な何かがあるのか、気になって夜も眠れん。

418 :名無しSUN:2007/01/27(土) 20:48:44 ID:jj9k6lPD
太陽がでっかくなっちゃった!

419 :名無しSUN:2007/01/27(土) 20:50:08 ID:T74FDhSS
>>417
光速より早く膨張してるのでムリですぅ><

420 :名無しSUN:2007/01/29(月) 11:19:10 ID:rXavLzwp
この宇宙はブラックホールなんじゃないかと。ブラックホールは吸い込まれたら
光の速さでも外に脱出できないのと同じで、宇宙の果てにも光の速さでも追いつけない。

もしこの宇宙の外に出たら別の宇宙があり、その宇宙からするとこの宇宙はブラックホール
に見えるだけだ。そういうパターンがずっと続いてその先に・・・今の常識では考えられない

宇宙とは違う空間が広がっていて、神がいると考えられる。

今の宇宙はほんとに極極々一部の天体に過ぎないのではないかと。

421 :徹底討論!神はいる?神はいない? :2007/01/29(月) 11:28:20 ID:N0zF8Xvy
>>415

充分にその可能性があるぐらいは考えておかないとダメだと思うけど・・・何か疑問でも?

422 :徹底討論!神はいる?神はいない? :2007/01/29(月) 11:30:50 ID:N0zF8Xvy
>>416
 そんな事はない,神の髪の毛の中で共に生きてるのですよ。

423 :徹底討論!神はいる?神はいない? :2007/01/29(月) 11:33:54 ID:N0zF8Xvy
日々成長する宇宙。でもその内抜け落ちる宇宙。

 全て,始まりのある物には,終わりがあるのがわかってない人、いますか?


424 :徹底討論!神はいる?神はいない? :2007/01/29(月) 11:35:24 ID:N0zF8Xvy
規模のちがい位わかる想像力科学。

425 :名無しSUN:2007/01/29(月) 17:42:24 ID:lP3kVLJ3
宇宙に終わりがないとすると、100億年以上先にはスカスカの
宇宙が待ってるんだねw

426 :名無しSUN:2007/01/29(月) 18:22:21 ID:n46ddrgm
宇宙自体 本当に存在してるのかな?最近疑問に思う。

427 :名無しSUN:2007/01/30(火) 12:32:50 ID:zX8xc29K
宇宙の果てには光でも到達できないと言う事は、
果ての外から見た宇宙は真っ黒に見えると言う事。
絶対この宇宙はブラックホールの中だろ。

428 :名無しSUN:2007/01/30(火) 13:36:42 ID:RXxke2Tm
>>420
出ましたね、新説宇宙論

429 :名無しSUN:2007/01/30(火) 21:43:47 ID:QAWcuZDB
>>427
全然違う

430 :名無しSUN:2007/02/01(木) 11:25:12 ID:ISJdrOYj
>>427
宇宙の果ての外に、存在できるものは何だろうね?

431 :名無しSUN:2007/02/01(木) 13:05:37 ID:Sk/EH+lA
ブレーンワールド説なら別の膜宇宙があるね

432 :名無しSUN:2007/02/02(金) 02:07:19 ID:Y/t3rUim
宇宙の果ての外はただ認識できないだけであって、果ての外に何もないという
事は言いきれない。
寧ろ何もないほうが不自然。何かある。

433 :名無しSUN:2007/02/02(金) 18:41:17 ID:ITjP1fvb
隣の宇宙とは何億年も前から互いの宇宙の存在を賭け争いが続いていて、
人類もついに参加しなければいけなくなった。

前線は果ての果て、伝令行くだけで何十年もかかる。
自分はどうなるんだろう、またこの天の川に帰ってこれるだろうか。

ホームスターつけっぱなしで寝たらちょっぴり切ない夢を見た。

434 :名無しSUN:2007/02/05(月) 23:55:15 ID:2g9eR/Wl
昨日のMIB見たか?オレたちは水槽に飼われて観察されてるんだとしたら…

435 :名無しSUN:2007/02/06(火) 03:04:57 ID:cytm90YE
無限大と無限微はイコールだ。
宇宙に果てはないはず。

436 :名無しSUN:2007/02/06(火) 19:32:34 ID:MaQacvKx
>>435

ハゲドウ

437 :名無しSUN:2007/02/07(水) 01:44:12 ID:LL39WmtU
いや、実に奥が深い
俺が言えるのこれくらいorz

438 :我慢出来ないヲタージョ :2007/02/07(水) 06:30:59 ID:oT0RoIbE
隣の宇宙惑星は お金を出せば側で見る事が出来る

 30: 人類はアポロ計画のあとなぜ月に行かないか (418)

439 :名無しSUN:2007/02/07(水) 14:37:25 ID:7yIWuGRL
宇宙はね、宇宙という名の惑星なんだよ。

440 :名無しSUN:2007/02/08(木) 03:55:59 ID:ouF3SXVK
ちょっと地味な話で、宇宙について質問したいんだが、クェーサーって何なん?
ある本の説明によると
「普通の銀河よりも数百から数千倍もの強い電波をきわめて狭い範囲から
放射している。非常に大きな赤方偏移をもつ、かなり遠方にある天体で
恒星のように見え、数年で変光する。」と書いてある。
非常に大きな赤方偏移でかなり遠方(宇宙の果て)にあるって事は・・・
宇宙生成期の天体とか?よく分からんが、誰か教えてくださいな。
>>420
すげぇ
>>434
オレたちは・・・飼われて観察・・・
なんかのホラー小説でも似たような話が・・・

441 :ジュセリーノ予言と脅威の一致(世界銀行発表) :2007/02/08(木) 06:46:55 ID:xHOtLqO5
ジュセリーノ予言と脅威の一致(世界銀行発表)

■世界人口の約1%にあたる7000万人が死亡と発表
http://health.nikkei.co.jp/birdflu/index.cfm?i=2006091706772ph&genreNum=1
 世界銀行は17日、シンガポールで、鳥インフルエンザが世界的に流行すれば
最悪の場合、2兆ドル(約234兆円)規模の経済的影響を与えると警告した。
人から人へ鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染が始まると仮定すれば、
世界人口の約1%にあたる約7000万人が死亡するとのシナリオを明かした。

■韓国の鶏大量死、鳥インフル「H5N1型」と確認
http://health.nikkei.co.jp/birdflu/index.cfm?i=2006112506236ph&genreNum=1
 【ソウル=峯岸博】韓国農林省は25日、南西部の全羅北道益山(イクサン)市
の養鶏場で死んだ約6000羽の鶏を精密検査した結果、毒性の強い
高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を検出したと発表した。

■■■■■■鳥インフルエンザ「H5N1型」とは?■■■■■■■■
「2011年 鳥インフルエンザが人間へ感染して8千万人が死亡。」
と、ジュセリーノが予言した人間に「空気感染」する鳥インフルエンザ。
現在対処法は無し。感染したら死ぬしかない恐怖のウィルス。
(予言はウィキペディアより引用)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8E
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


442 :名無しSUN:2007/02/08(木) 08:20:46 ID:a9tkVwjt
>>440
答え:まだ分かってません。銀河と関係が深いといわれてます。

443 :名無しSUN:2007/02/08(木) 10:18:29 ID:TyBQYVFQ
>>442
なるほど
つまり宇宙人が関与しているという事か
そう思った根拠は?

444 :名無しSUN:2007/02/08(木) 10:40:23 ID:/v+waMys


445 :名無しSUN:2007/02/08(木) 11:50:00 ID:jD5HENwe
銀河周辺のハローって、結構温度高いらしいが、なんでそんなことになるの?

446 :名無しSUN:2007/02/08(木) 12:38:23 ID:ouF3SXVK
>>442
銀河とどのような関係があるのですか?よかったら教えてください。
よく宇宙の果ての天体を観測する事によって遥か昔の宇宙を
調べることになるって聞いた事ある気がするけど、てことは銀河の形成初期段階とか!?

447 :名無しSUN:2007/02/08(木) 14:02:10 ID:f8osW6ue
>>446
詳しくはないけれど、ビッグバーンから拡張し続けているいわゆる宇宙だと、遠方の銀河ほどその創世記のものと考えられるから、それを調べることで、宇宙創世記の状態が推測できると聞いています。
赤方偏移が大きいということは、遠ざかる速度が速いと思われ、遠ざかる速度が速いものは、より遠方にあるもの、つまり古いものとも考えるようです。
ただし、例えばブラックホールなど、そこに物質が集中していく場所では、地球から見れば部分的に遠ざかっているように観測されます。
つまり赤方偏移が大きいからではないでしょうか。
また、ブラックホールへの物質の集中の過程は渦を巻くようになっているため、放射されるX線が周期的に増減する現象となる。
それがクエーサーなのではないか、と記憶しております。


448 :名無しSUN:2007/02/08(木) 23:43:28 ID:TyBQYVFQ
>>447

要するに宇宙人は宇宙人でもベジータが発端なんだね
勉強になった
やっぱ宇宙って広いな

449 :名無しSUN:2007/02/10(土) 14:33:42 ID:Hr9IwoSs
また質問で悪いが、
宇宙は約137億年前に生まれたとされてる。
で、手元の資料にハッブル望遠鏡で可能な限り遠く暗い天体を写したという写真が
あるが、それは約130億光年彼方にある天体が写ってるらしい。
ということはもうちょっとハッブル望遠鏡より大きくて高性能な望遠鏡作れば
宇宙の果てが見えるんじゃない?

450 :名無しSUN:2007/02/10(土) 16:30:36 ID:Y1o9s3f6
>>449
もっとも遠方にあるかもしれない銀河は、光の速さに限りなく近い速さで遠ざかるのではないでしょうか。
その先からは光が届かなくなると考えられます。
光が届かなければ見えないので、どんなに望遠鏡で覗いても、果ては見えないと思われます。
高性能な望遠鏡であれば、発見されている最も遠い天体よりも、もっと遠い天体が発見される可能性はありますね。


451 :名無しSUN:2007/02/11(日) 22:00:55 ID:KgxwcwGQ
>>450

その時に質量はどうなるのですか?
なんか凄いことになりそうなんですが・・・

452 :名無しSUN:2007/02/11(日) 22:21:47 ID:ohREXR3u
空間的に遠ざかってるだけだYO

453 :名無しSUN:2007/02/11(日) 22:34:03 ID:KgxwcwGQ
空間的か・・・
でもなんか後付けの理屈みたいで現実としては証明されているわけじゃないんでしょう。?

454 :名無しSUN:2007/02/11(日) 22:34:29 ID:OdR0IOfM
>>449
何をおっしゃるウサギさん。
ハッブルより、WMAPの方が、遥かに優れものだよ。

455 :名無しSUN:2007/02/11(日) 22:57:40 ID:/vBBsBRv
>>450
なるほど。
という事は宇宙の果て近くの天体から宇宙の内側見ると
真っ暗てことかな。

456 :名無しSUN:2007/02/11(日) 23:36:58 ID:seDX0fMY
>>455
宇宙の果ての観測者が遠方をみた時も同様と思われます。
その二つの観測点での現象の違いを、単にマクロとしてニュートン力学のみで考えるか、観測者が観測したときのみその世界が存在するという量子論的な考え方をするかは、貴方の自由です。
アインシュタインも答えをださずに他界されました。


457 :名無しSUN:2007/02/11(日) 23:42:06 ID:seDX0fMY
ついでに、そういう世界が無数に存在するという多世界解釈というのもあるようです。
きわめて疎な世界、ブラックホールだらけの世界、ガスだらけの世界、2チャンネルだらけの世界などが無数あるのだそうです。
私たちのコピーみたいなのもあるかも知れませんね。


458 :名無しSUN:2007/02/12(月) 00:04:25 ID:Xu1S//br
少し解りにくいので、単純に言えば、私たちが観測している遠方は私たちの世界の遠方、
宇宙の果ての観測者の遠方はその観測者の遠方で、その世界どうしの関係は絶たれており、
単純に足し算、引き算できません。


459 :名無しSUN:2007/02/12(月) 00:23:56 ID:OFxfBtqY
宇宙は137億歳?だっけか、そのくらいの年齢だと言われてるが、
俺は絶対そんな年齢ではないと思う。
この広大な宇宙は億単位で考えられる世界じゃないはずだ。

光の速さでさえ9兆という兆の単位までいくくらいだ。

宇宙の年齢が億単位ですむはずがない。

という事は、宇宙の果てと思われる更に向こう側はかなりの確率で宇宙空間があるはず。

京の単位は軽くいくくらいの年齢だと思う。

460 :名無しSUN:2007/02/12(月) 00:42:24 ID:Xu1S//br
宇宙の膨張速度から137億年と算出されるようです。
果てが光の速度に近いと、時間の進み方が遅くなり、やがて止まる。
そして無となるようです。


461 :名無しSUN:2007/02/12(月) 02:12:40 ID:LJDxlKhn
>>458
もうちょっと物理学の初歩を勉強したほうがいいよ。
光が届いてるのに関係が絶たれてるなんて変なことだってわかるから。

462 :名無しSUN:2007/02/12(月) 13:45:38 ID:8IBEaarQ
インフレーションの話とごっちゃになってるんでそ

463 :名無しSUN:2007/02/12(月) 16:19:20 ID:cguhBijs
>461
では、
地球から観測して130億年彼方にある星で、先生が宇宙を観測した時、先生にはどういう世界が見えると考えておられますか?


464 :名無しSUN:2007/02/13(火) 01:18:34 ID:majKUiFW
>>463
いつ?
とりあえずそういうような質問をしないで済むようになるから別に本屋に普通にあるような本で十分なんで
相対論とかいろいろ読んでみたほうがいいよ。
時間とかをこんなところでわかるように説明するような能力は申し訳ないけど俺にはない。
これだけだとあれなんで観測する時を仮定して言うと、
もし今見えている状態の時に観測したら、我々が言う130億年前の宇宙を観測していると思う。
そして、130億年前の地球(もしあったら・・・といっても無茶苦茶な仮定だが)でも同じような宇宙を観測できたと思う。
地球も130億光年先の星も特別であるという根拠が存在しないから。
他の時だと答えようがない。

465 :名無しSUN:2007/02/14(水) 04:25:38 ID:Vs2/uFHy
流れをきってすまんが、O領域って?。


466 :464:2007/02/14(水) 04:26:42 ID:Vs2/uFHy
大分前でごめん。


467 :名無しSUN:2007/02/14(水) 21:21:27 ID:KJXUrAde
>>465
観測可能な空間。光が届かない場所とは何の因果関係も持たないとされる。
自分となんらかの因果関係を持ちうる領域は宇宙全体と比べれば小さなものだと思われる。
その因果関係を持ちうる範囲がO領域。

468 :名無しSUN:2007/02/15(木) 04:30:21 ID:w8W1+fNp
>>947
感謝。
O領域というのか…。
初めて聞いたよ。俺もまだまだだな。

469 :名無しSUN:2007/02/22(木) 09:40:03 ID:twhIKbYv
横からですまんが
今俺のいる部屋はO領域なわけか
なんかかっこいいな

ただ因果関係を持ちうるってのは
電車とかで移動した場合も含めて?

470 :名無しSUN:2007/02/22(木) 11:49:19 ID:Mvj/44Bt
2chで電波出すのもな。

471 :名無しSUN:2007/02/22(木) 22:42:51 ID:4YQw5HTX
>O領域
ソースは日経サイエンス

472 :名無しSUN:2007/02/23(金) 16:31:53 ID:RCrg2EUE
宇宙の果てってやっぱあるんだろうなと妄想すると、伊東美咲たんと
セックルしまくるぐらい、興奮しますねんw

473 :名無しSUN:2007/02/23(金) 16:46:31 ID:H/LRihhp
そもそも地球が宇宙の果てにあると考えていいんじゃないのか?

137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)