5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プラズマ宇宙論&ビッグバン 2パーセク

1 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:28:49 ID:5sqkEoa3
プラズマ宇宙論とは、宇宙でのあらゆる現象は重力の影響だけではなく、
宇宙の通常物質の99.9%を構成している電気伝導性の気体プラズマによる影響が大きく、
宇宙では巨大な電流と強力な磁場が主導的役割をするとしている。
そして電磁気と重力の相互関係によって、壮大な現象を説明できると主張する宇宙論である。
 観測技術の発達により、従来の説では否定されていた銀河中心部の高温プラズマや
銀河や星の空間を満たす高温プラズマの存在が確認されてきている。
その他にもプラズマ宇宙論をバックアップする多くの観測的事実が近年、蓄積されている。
MHD(電磁流体力学)によってノーベル賞を受賞したハンネス=アルベーン (Hannes Olof Alfven)提唱
                             
前スレ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1127897383/
プラズマ宇宙論 in フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AB%96
プラズマによって渦巻銀河が形成される様子。
http://www.holoscience.com/news/img/Spiral_galaxy_simulation.jpg(画像)
銀河の回転曲線問題に関するペラット博士の原論文
http://public.lanl.gov/alp/plasma/downloads/CosmologyPeratt.pdf
他の著者の磁場によって回転曲線問題をダークマターなしで説明する2003年の論文
http://web.infinito.it/utenti/a/armenzano.oss/Publications/LOPEZ_0301265.pdf

2 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:36:11 ID:nfq6eRgi
2.2 星間空間を満たす高温プラズマ 〜エネルギーの主役は誰?〜
 天の川に沿って高温のプラズマ放射(銀河リッジX線放射)が広がることは、
「てんま」衛星により発見された。 我々が開発した撮像型ガス蛍光比例計数管
(GIS;「あすか」に搭載) などを用いて観測を続けた結果、
この放射が、高温 (温度〜 4 keV) 成分、低温 (〜 0.8 keV) 成分、
非熱的成分の3成分から成ることが明らかになった (都立大などと協力)。
さらに銀河バルジ領域の観測からも、同様な3成分のディフューズ放射の検出に成功した。
よって 星間空間には、他の成分より1桁も高いエネルギー密度をもった、 超高温プラズマや
非熱的粒子が存在する と考えられる。この「星間空間の主役」の起源は謎だが、
我々は銀河の回転エネルギーが磁気リコネクションで散逸する結果と考えている。
http://www-utheal.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~maxima/plan-j.html

3 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:37:32 ID:nfq6eRgi
2.4 銀河団の高温プラズマ 〜冷える宇宙から加熱する宇宙へ〜
 宇宙で最大勢力をもつバリオン成分は、銀河団や銀河群に附随する高温プラズマで、
それは銀河団が重力収縮したとき加熱されたものと考えられる。
X線はその性質を知る唯一の手段である。 従来このプラズマは放射冷却のため、
宇宙年令の間に冷え、 銀河団ポテンシャルの中心に集積すると考えられて来た (ク−リングフロー仮説)。
我々は「あすか」による観測から、 銀河団の中心でプラズマの温度低下はあるが、
ク−リングフローは実在せず、 プラズマは何らかの加熱を受けていることを実証した
(都立大、広島大、Max Planck研などと協力)。
我々の成果は、XMM-Newtonなどの観測で続々と追認されている。 加熱源としては、
銀河がプラズマ中を運動するさい、磁気乱流により運動エネルギーが散逸する 効果が考えられる。
これを確認するには、 X線と可視光での銀河団の広がりを、レッドシフトの関数として知ることが重要である。
http://www-utheal.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~maxima/plan-j.html 

4 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:38:56 ID:nfq6eRgi
暗黒物質が作り出す重力は、長距離力として宇宙を支配する。いっぽう宇宙のバリオン(原子核
物質)の大部分はプラズマ状態にあり、電子とイオンの質量が非対称なため、しばしば電流が生じ
て大規模な電磁力が働く。こうした長距離相互作用の結果、宇宙では構造が自発的に発生し、エネ
ルギーが特定の部分に集中するなど、特異な現象が起きる。我々はこうした現象の研究を通じ、本
COEプログラムの一翼を担っている。

【宇宙最大の加熱プロセス】銀河団プラズマは、宇宙年令の間にX線を放射して冷えると考えら
れていた。しかし我々は「あすか」などを用い、むしろプラズマが絶えず加熱されている徴候を
発見した。これは銀河団がプラズマ中を遷音速で運動するさい、プラズマを引きずり、プラズマ中
に大規模な電磁相互作用(電流、磁場増幅、過渡的電場、磁気リコネクション、磁気乱流など)が
生じるためと考えている。この説が正しければ、空間規模でもエネルギー量でも、宇宙最大の加熱
過程を発見したことになる。我々はAstro-E2 を用い、期待されるプラズマ乱流の検出を試みる。
http://bilbo.phys.s.u-tokyo.ac.jp/coe21/seika/seika_maxima.pdf


5 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:41:03 ID:nfq6eRgi
第2 は,銀河団に附随する高温プラズマの総合的な研究 で,これは宇宙に存在する既知の
バリオンのうち,もっと も卓越した成分である。このプラズマは宇宙初期の構造形 成の際,
暗黒物質の作る重力ポテンシャルにより加熱され て高温となり,その後は放射冷却により冷え,
次第に銀河 団の中心めがけて流れ込む(冷却流)と考えられていた。
しかし我々は「あすか」衛星などを用いて観測を行った結 果,この考えは誤りであり,
銀河団プラズマには未知の加 熱機構が働いていることを明らかにした。
これは世界の定 説を真っ向から否定した成果である。
我々は,銀河がプラ ズマ中を運動するさい,長距離の電磁相互作用により,
銀河の運動エネルギープラズマの熱に転化するという説を提唱している。
http://www.riken.jp/r-world/info/release/pamphlet/annual/2003/pdf03/1009.pdf

6 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:46:24 ID:nfq6eRgi
プラズマ銀河の模式図
http://www.matter-antimatter.com/Plasma_galaxy.jpg
実験室で銀河が生まれる様子。
http://www.matter-antimatter.com/peratt1.gif

アメリカ・ロスアラモス国立研究所の物理学者であったアンソニー・ペレット博士による研究



7 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:48:42 ID:nfq6eRgi
http://www.astroarts.co.jp/news/2000/12/01nao397/index-j.shtml
M82の中心部分1キロパーセク程度は、約4000万度の高温プラズマで満たされている可能性が
大きいのです。過去に、X線放射による風がM82から数10キロパーセクのところまで伸びている状況が
観測されています。高温フラズマがこのX線風の駆動力になり、
銀河間への物質の噴き出しに主要な役割を果たしているのかもしれません。

高速度雲が銀河形成の素材か
http://www.astroarts.co.jp/news/1999/07/990729NAO277/index-j.shtml
ブリッツらは、これらの高速度雲が銀河系起源のものではなく、銀河系を含む局部銀河群全体に対し、
その外部から落ち込んできたもので、銀河系を作った素材であろうと推定しています。
局部銀河群進化のシミュレーションでは、外部から落下するガス雲は,
主要な高速度雲がかたまって存在する二、三の位置に集まり、
全体としての運動が一致することが確かめられています。そのほかにも、
高速度雲がときどき落ち込むことで銀河系円盤の化学進化が説明できるなど、
この考え方はいくつかの現象を説明するのにに都合がよく、支持される理由になっています。


8 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:49:20 ID:nfq6eRgi
天体の表面に落ち込む物質の速度は重力から考えられる速度の10倍以上で、
星形成に原始星の磁場が大きく関係していることが示唆されている。
(中略)
若い星の形成には重力以外の力が重要な役割を果たしているらしいことが示された。
http://www.astroarts.co.jp/news/2005/03/22magnetic_starbirth/index-j.shtml

NASAのチャンドラX線観測衛星による観測で、天の川銀河系の中心付近に
高温のガスが広がって存在している証拠が発見された。
ガスの温度は1億度にも達しているが、その原因はわかっていない。
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/07/05milky_way_center/index-j.shtml

星が光を出すのに必要なエネルギーを生み出すものとして、まったく新しいメカニズムが提案されました。
そのエネルギーは電力です。
http://www.astroarts.co.jp/news/2001/12/20nao507/index-j.shtml


9 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:53:35 ID:nfq6eRgi
http://www.fractaluniverse.org/4.php
顕著なフィラメント構造
http://www.astro.uni-bonn.de/~psimon/index.php?index=16
西暦1054年に見られた超新星の結果である蟹星雲は、不思議なフィラメントで満たされています。
http://the-cosmos.org/2004/01/2004-01-28.html
http://www.astroarts.co.jp/news/2003/02/24ngc3079/index-j.shtml
銀河から吹くスーパーウィンドが作り上げたフィラメント構造
http://the-cosmos.org/2003/2003-11/2003-11-23.html
すばる望遠鏡による銀河のフィラメント
http://the-cosmos.org/2004/12/2004-12-21.html
タランチュラ星雲周辺のフィラメント
http://www.astro.isas.jaxa.jp/xjapan/news/article/2004/1209/
超新星残骸での宇宙線加速

太陽、星雲、銀河、グレートウォールなどなど宇宙のいたる所で見られるフィラメント構造は
プラズマが生み出す基本特性である。大きな磁気的エネルギーを生み出し複雑な構造を作り上げる


10 :名無しSUN:2005/11/21(月) 00:57:06 ID:nfq6eRgi
銀河団プラズマにおける自発的磁場発生メカニズムと熱伝導抑制

我々はプラズマの運動論的手法を用いて、温度勾配を持つプラズマ中で磁場が自発的に
発生することを発見した。これはプラズマが熱流によって非平衡速度分布関数をもち、
その結果プラズマの有効温度に非等方性が生じるためにもたらされる。
この磁場発生メカニズムはワイベル不安定性と同じである。
これら生じる磁場はワイベル不安定性の数値シミュレーションによって、
より大きな構造に進化することが分かっている(Lee(1973), Sentoku et al(2000,2002))。
http://www.astr.tohoku.ac.jp/COLLOQUIUM/2003/col1061.html

11 :名無しSUN:2005/11/21(月) 01:40:02 ID:t3SWlkhS
プラズマ宇宙論をビッグバン否定ありきでしか見れない偏執狂のスレをまた立てるのか

12 :名無しSUN:2005/11/21(月) 09:23:08 ID:nfq6eRgi
http://public.lanl.gov/alp/plasma/anatomy.html
プラズマによる銀河の生成。
ダークマターやブラックホールを仮定しなくとも、銀河の回転曲線問題や生成などを説明できる。
現在の物理現象に新たな仮定や仮説を加えないで、シンプルに説明できているのが特徴である。
近年、銀河中心部の高温度プラズマや、銀河間空間を満たすプラズマの観測事実によってかなりの進歩が期待できる。

13 :名無しSUN:2005/11/21(月) 12:14:44 ID:4pt7tOr8
我々が存在している宇宙の子供や孫は
今どうなっているのだろうか・・・。


14 :名無しSUN:2005/11/21(月) 12:53:47 ID:nfq6eRgi
>>13あのSFネタ学説のことでしょ。ああいうのは、学説にしなくて良いよね。
ペーパーバックで出版してれば良いと思うよ。

15 :名無しSUN:2005/11/21(月) 19:37:34 ID:nfq6eRgi
プラズマ宇宙論の発展を支えるための観測環境もやっと整い始めた。
プラズマ宇宙論の基本である電磁流体力学(MHD)の宇宙における重要性もやっと一般的になりつつある。
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/complate/asca/achiev/academic.shtml
学術的波及効果
「あすか」衛星は、X線天文の分野ばかりではなく、自然科学のさまざまな関連分野に
波及効果を及ぼしつつあります。このような効果を評価するためには、
一定の時間が必要ですが、現時点では次のような例をあげることができます。

磁気流体力学
「あすか」によって得られた成果を通じて、宇宙の多くの場所で、
高温プラズマと磁場の相互作用が重要な役割を演じていることが、明らかになってきました。
こうした結果 は宇宙科学研究所の「あけぼの」「ジオテイル」「ようこう」などの
惑星間プラズマや太陽を観測する科学衛星の結果 と重要なつながりがあるだけでなく、
プラズマ物理学と流体力学の両分野にわたって影響を及ぼしつつあります。



16 :名無しSUN:2005/11/22(火) 02:01:49 ID:y/Zhq72u
現象を同程度うまく説明する仮説があるなら、よりシンプルな方を選ぶべきであるという
オッカムの剃刀の定義に従うなら、標準理論は検証困難な仮説や仮定に頼りすぎている点
で問題がある。MHD天文学の成果を取り入れて軌道修正すべきだな。


17 :名無しSUN:2005/11/22(火) 08:12:46 ID:9mDpyaXZ
ビッグバンにそれだけの余地がないのが問題。がんじがらめになっているのが現状なんだよ。


18 :名無しSUN:2005/11/22(火) 19:45:38 ID:9mDpyaXZ
プラズマ宇宙論でハッブル赤方偏移をを説明する一つの仮説が、物質と反物質の衝突によって
ミニビッグバンが起きたとするものがある。これからの研究に期待。
http://www.astroarts.co.jp/news/1997/05/970506antimatter/am-j.html
銀河系の中に反物質がかたまって存在している領域を発見 / NASA

19 :名無しSUN:2005/11/23(水) 23:40:05 ID:dZkGywJD
反物質の存在は遠くから観測しただけでは分からないから宇宙に物質と反物質が
同数、存在している可能性もある。

20 :名無しSUN:2005/11/24(木) 01:15:25 ID:tHbh0eVc
宇宙空間は完全に空っぽというわけじゃないから、
同数も存在していたら対消滅で確実にわかる。

もちろん対消滅が観測にかからないほどわずかな量なら
否定できないが

21 :名無しSUN:2005/11/24(木) 08:40:15 ID:XlsUphUs
しかし、反物質と物質が分かれていた場合、見分けはつかない。
反物質だけで構成されている銀河や銀河団の存在も充分に考えられる。
例えばアンドロメダ銀河が反物質でできている可能性も完全には否定できない。
そして、物質銀河と反物質銀河が衝突したとき、すさまじい爆発が起きる。

22 :名無しSUN:2005/11/24(木) 11:01:42 ID:FBxvLqu4
対生成を繰り返すと10万回に1回の割合で物質はできるのに
反物質が出来ない事があります。CP対象性の破れと言われる
この現象は実験で証明済み。

23 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/11/24(木) 11:02:06 ID:FBxvLqu4
名前入れ忘れちゃった。

24 :名無しSUN:2005/11/24(木) 13:05:44 ID:XlsUphUs
物質の世界で実験や観測をしている以上、絶対的な事は言えない。
反物質と物質を宇宙において見分ける方法は現時点ではない。



25 :名無しSUN:2005/11/24(木) 13:34:13 ID:fpAA9ggZ
電磁気的過程が天体形成に大きく影響しても
ビッグバンそのものの是非とは直接的には全く関係ない

26 :名無しSUN:2005/11/24(木) 14:36:01 ID:XlsUphUs
>>25
大いに関係有り。もし銀河系がブラックホールやダークマターではなく
磁場によって形成されているならビッグバンは重大な理論修正を迫られる事になる。
ビッグバン宇宙論では銀河の形成はブラックホールやダークマターなしでは説明できない。
なぜなら、宇宙の年齢にタイムリミットがあるためである。
現時点では,すべての銀河にブラックホールが仮定されている。


27 :名無しSUN:2005/11/24(木) 19:21:45 ID:+3viY57L
ダークマターは、銀河の回転曲線問題を説明するためにでっち上げられた。
磁場による角運動量輸送で銀河の回転曲線問題を説明できるなら必要ないシロモノ。

28 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/11/24(木) 19:33:39 ID:FBxvLqu4
そう、それでビッグバン理論にはに何も影響しない。ビッグバン自体は
ブラックホールもダークマターも必要無い。

29 :名無しSUN:2005/11/24(木) 19:49:19 ID:fpAA9ggZ
>>26
修正とビッグバンという骨子そのものは全然違う。
好き勝手言うなよ。

30 :名無しSUN:2005/11/24(木) 21:02:21 ID:XlsUphUs
>>28-29
かなり大きな問題になってくる。
現在のビッグバン宇宙論は、ブラックホールやダークマターと密接に関係している。
もし、その2つが否定されたのなら、根本を揺るがす大問題につながる。
運命共同体と捉えるのが現代の正しい認識といえるだろう。
後戻りできないレベルまで、特殊化してしまったんだよ。
宇宙の寿命を延ばすだけの応急処置で、解決する問題ではない。

31 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/11/25(金) 06:43:53 ID:hJsBoZVe
>>30
ダークマターが観測に掛かるようになったのはビッグバンが提唱された後だよ。

厳密にはビッグバン理論というのは
>膨張宇宙に基づくと、過去の宇宙は非常に小さかった事になる。そこに宇宙に
>ある全ての物質とエネルギーが詰め込まれて超高温・超高圧だった。
という事だぞ。
なんでその二つがビッグバンの根幹をなすのか説明してもらおう。

32 :名無しSUN:2005/11/25(金) 11:59:06 ID:3nN2cWJO
>>27
ビッグバンモデルを批判するのはまあ自由だけど、物理と天文の基礎知識は
身に付けた上で物を言わないと、どのみち無視されるだけですよ、、、

ダークマターの問題が最初に提起されたのは銀河じゃなく銀河団の質量でしょう。
Zwicky が1930年代に、銀河団のメンバー銀河の速度分散から銀河団の質量を
見積もると、見えている銀河の質量の和よりも数百倍大きい、という事実を初めて見つけた。
1930年代だから、ガモフのαβγ論文より前だよ

その後、銀河の rotation curve から、銀河にもダークマターが付随しているらしい、
ということを Rubin が発見したのが1970年代。

同じ1970年代には計算機で銀河のシミュレーションをすることができるようになって、
渦巻銀河のような円盤状の質量分布だけだと bar instability という不安定性が起きて
銀河の形が数回転で崩れてしまうことが分かった。
この不安定性を防ぐには、円盤全体を包むようにして円盤の5倍以上の質量が球対称に
広がっていないと無理、ということも分かった。

このくらいは天文学史の常識なんですが、、、

33 :名無しSUN:2005/11/25(金) 12:41:35 ID:3nN2cWJO
ちなみに銀河団のダークマターについては、メンバー銀河の運動から示唆される以外に、
重力レンズの観測からも存在が確実視されています。

銀河団によって遠方の銀河の像が円弧状に引き伸ばされた重力レンズ像の
例が HST によってたくさん撮影されるようになった。
http://map.gsfc.nasa.gov/ContentMedia/A2218.jpg ← こういう画像ね

像の位置を測れば、レンズとなっている重力源の質量は一般相対論から簡単に計算できるので、
こうして銀河団の質量を見積もってみると、やはり目に見える質量の数倍以上あることが
分かっています。

34 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/11/25(金) 12:48:38 ID:hJsBoZVe
てっきり、1970年代の渦巻き銀河のシュミレーションでダークマターの
仮説が生まれたのかと思った。

35 :名無しSUN:2005/11/25(金) 13:45:59 ID:ndIoBqzM
>>30
ものすごく自分に都合のいい曲解だね

36 :名無しSUN:2005/11/25(金) 15:55:36 ID:u8jz107a
>>32
ここのトンデモプラズマ論者に難しいこと言っても無視されるか、全く頓狂な答えが返ってくるだけだから無駄だよ。
まぁその当たりのやりとりとか、前スレから読んでりゃ判ると思うけど。

本場のアメリカでも提唱者はまともなのに、、現状の支持層が物理学・天文学ともに囓ったこともないような
全くド素人の・・・日本で言うところのムー読んでるような感じの変人しか居ないってのが現状だし。
一昔はまともな人も多かったけど、みんな逃げ出しちゃったしね。


37 :名無しSUN:2005/11/25(金) 16:02:49 ID:u8jz107a
アメリカはともかくとして、日本では遅れて入ってきた分、いきなり↑なようなカルトな面々が集結しちゃった
ような状況で始まっちゃった訳だけど、まぁ議論されてるのが2chのこのスレだけみたいなもんだから、決めつけるのはまだ早いか。

プラズマ理論も、宇宙の限定的局地的な運動には十分信頼できて議論する余地はあるので
まともな議論を望むところだけど今このスレによく出現している論陣では絶対に無理そう。

38 :名無しSUN:2005/11/25(金) 18:15:09 ID:nRPRyRYQ
みなさん。忠告ありがとうございます。真に受け止めます。
プラズマ宇宙論の重要性は、みなさんも充分に理解していると感じます。
おろかな行為でネガティブな印象を与えたのは事実です。まさしく本末転倒でした。
正しい方法でプラズマ宇宙論を広め、これからは真人間としてやり直します。

39 :名無しSUN:2005/11/26(土) 02:16:59 ID:mzXp7HGY
質問です。
見えている銀河(団)の質量はどうやって計算したの?

40 :名無しSUN:2005/11/26(土) 23:59:29 ID:bSCH40Ks
>>39
測光して、M/L(質量光度比)から質量に換算する

41 :名無しSUN:2005/11/30(水) 16:42:55 ID:kIYLo49y
科学というか、人間の学問自体がひよっこの段階なんだがね。w

42 :名無しSUN:2005/11/30(水) 17:07:06 ID:BXKZwV9N
今年は、特殊相対性理論が発表されてちょうど100年目だからね。
まだ、一般相対性理論が発表されて90年しか経っていない。
時間と空間に対する認識が変化したと言っても、まだ人間一世代分しか、
時間が経っていないのだから、始まったばかりなんだろうね。

43 :名無しSUN:2005/11/30(水) 17:47:18 ID:kIYLo49y
だからさ、科学という学問自体もまだ流動的に捉えるべきなんだけどね。
つまりまだまだこれが科学だと言い切れるほどのもんじゃあないんだよ。w

44 :名無しSUN:2005/11/30(水) 23:32:59 ID:ICPfZX6u
>>43 が素敵な結論を出したところでこのスレ終了


プラズマ先生の次回作にご期待下さい!!!

45 :名無しSUN:2005/12/01(木) 08:07:14 ID:xILf2brT
前スレも消化してないのにw

46 :名無しSUN:2005/12/03(土) 15:49:36 ID:AEnterJ8
>>38でプラズマ論者が書き込みやめたら、このスレ自体がとまったな。
プラズマ論者は複数いるという設定だったのに
みんなまとめていなくなるのが不思議だなあw

47 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/12/03(土) 16:32:56 ID:zY8s5b0u
俺の立場はどういう物になるのだろう?

48 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/12/03(土) 18:59:06 ID:zY8s5b0u
まあこのスレの成果はかなりあったと言える。

49 :名無しSUN:2005/12/05(月) 12:55:47 ID:9Af2KUuy
>>46
プラズマ論者が一人なのか複数なのかはしらんが、そのあまりにものトンデモぶりに
第三者であるはずの漏れがROMしているだけでも、その痛々しさぶりに
恥ずかしくなって何度かスレを閉じたくなった。特に「宇宙を語るのに物理は要らない」言い切ったあたりで。

だから、このスレはいつか破綻して長続きしないだろうというのは予測できた。

50 :名無しSUN:2005/12/06(火) 08:06:50 ID:G8tAqZ9R
>>特に「宇宙を語るのに物理は要らない」言い切ったあたりで。

ど、どこにそんなこと書いてあるんですか。


51 :名無しSUN:2005/12/06(火) 09:09:10 ID:lReiSApv
このスレにもいろんな人が来る。
科学的にプラズマ宇宙論を作り上げようとする、きちんとした人もあれば、
物理など関係なしに、プラズマ宇宙論を思考遊技の道具にしようとする人もいる。


52 :名無しSUN:2005/12/06(火) 09:49:19 ID:G8tAqZ9R
勝手に言ってろ。w

53 :名無しSUN:2005/12/06(火) 10:37:41 ID:WNAkwYE2
>>50

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1127897383/63

この前後のやりとりを見れば判るが
プラズマ論者と思われる人物は、物理学の基礎が全く(素人レベルにも達して)ない
にも関わらず、無理に質問者の質問に答えようとしているから、答えれば答えるほど、
当初の質問から内容が離れて行ってトンチンカンな内容になっていってる。

恐らく、そのスレの70を過ぎたころには、質問者の質問内容の意味すら把握してなかったと思われ
所々でスゲー答えをしてる(例えば、「犬は、ほ乳類か?」という問いに「違う万能の薬みたいな物だ」みたいな返答)
禅問答を見てるみたいで、その食い違いぶりに初めてログ見たときは笑い転げた。

恐らく質問者は、よくテレビに出てくるTVに出てくるインチキUFO研究家と討論させられている
学者のようなやるせない気持ちを味わっただろうと思うと、これも笑える。

そりゃま、どうやったって基礎知識すら無い事には答えられないんだから
「物理学(量子力学)は分けて考えなきゃ」と言いたくなるだろうな。

54 :名無しSUN:2005/12/06(火) 10:58:35 ID:aqetwWvR
とりあえず先に前スレ埋めない?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1127897383/

まあ、晒すためにわざと埋めずに残しておく、という考えもあるが

55 :名無しSUN:2005/12/06(火) 12:56:32 ID:G8tAqZ9R
基礎知識ねえ・・・
学問自体の基礎がわかっているわけではないだろうよ。
物理学は自然認識の一分野だよ。
<どのように>人間は自然認識を為すのかが理解できているわけでもない。

自然の一部である人間が自然を認識する。
では人間は果たしてそのままの形で自然をできるのだろうか?
数式はどのような役割を果たしているのだろうか?

ビッグバン学説が天動説の展開と酷似していることはその歴史を紐解けば一目瞭然なんだがね。
問題意識が無ければ致し方ない。

真理が学会の多数決で決まるわけでも無し。
晒されているのはどちらか。
それがどちらかであるかはあんたがたではなく、後世が決めてくれるさ。w

56 :名無しSUN:2005/12/06(火) 13:01:46 ID:WNAkwYE2
なんだG8tAqZ9Rは例のキチガイプラズマ論者か。マジレスして損した。
こういうカルトな奴が議論の中身無しで、終始レッテル貼りに勤しむのも伝統だな。


57 :名無しSUN:2005/12/06(火) 14:50:59 ID:aqetwWvR
>>55
認識論や後世の評価などを持ち出すような高尚なレベルではなく、
「今すでに」物理学的にお話にならないから無視されているだけです、、、

とりあえず、今までのプラズマ宇宙論支持者の書き込みを野球で言うと、

  「打った後で1塁と3塁どっちに走るかも分かってないレベルの奴が
  監督の采配について論じようとしている」

のと同じくらい、読んでいて辛いです

そのへん、もう少し自覚された方が良いかと
>>38 さんは少し気づいたようですが)

58 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/12/06(火) 15:01:38 ID:sK1jL+/C
ビッグバン理論と天動説の歴史のどの辺りが似ているのか聞きたいものだ。
似ても似つかんぞ。

59 :名無しSUN:2005/12/06(火) 16:58:06 ID:kbcTYNUN
ようるすにアレかな?
科学とはまったく関係ない哲学畑の奴が
思い込みだけで科学批判をしに来てると。
そのため自分に都合の良い話だけを誇張して書くので、
矛盾でまくりで有識者から突っ込まれまくると。
そういうことでしょ?

60 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/12/11(日) 14:07:39 ID:rTckEZ4G
活気期待あげ

61 :名無しSUN:2005/12/18(日) 07:55:39 ID:fONFbVJj
宇宙がいつ誕生したのかなんて誰も疑問に思わなかったら
ビックバン説なんてなかったよ
要するに、激しい思い込み

62 :名無しSUN:2005/12/18(日) 13:34:58 ID:8HOk8Vx5
宇宙はこうなっているんだと思うが?
150億光年先まで広がる大宇宙の外に同じような大宇宙が在って、
数億から数京個が集まってミクロの世界の素粒子のような物を
形作り原子そして分子と同じ仕組みで、色々な物質を造っていて
この大宇宙もその世界からみたら超極小の物でしかないのでは?

また逆に、ミクロな世界の原子更に極小のコークの更に小さな
世界ではそこにこの大宇宙のような空間で銀河、星雲、星団が
同じ仕組みで活動しているのと違うかな?そこでは我々の一瞬が
数億年に感じる世界であったりして・・・


63 :名無しSUN:2005/12/26(月) 22:47:37 ID:kdKlg2OY
理性としては「インフレーション+ビッグバンだな」って思ってる反面、やっぱそれは違うんじゃないかなって思ってしまう。

相対論や量子力学は「なんか常識的ではない結論が導かれる」って思うのと同様、インフレーションやビッグバンという考えが過去の宇宙に満たされたエーテルの如く、
100年くらい経ったら20〜21世紀に掛けては、こんな風に袋小路に陥ってたんだよ、ってことになったりして…。

俺みたいなアマチュアが論議しても、勿論結論は出ないんだけども、こんな風に考えてる人って他にはいませんか?

64 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/12/26(月) 23:04:36 ID:8F1rfYlr
>>63
別に宇宙物理学としては袋小路にはなってない。ただ観測が困難なだけ。

それとビッグバンに誤解が多いが、ビッグバンは
「昔、宇宙が火の玉の時代があった。」
という事以外語ってはいない。宇宙創造とは関係がない。

65 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2005/12/26(月) 23:12:44 ID:8F1rfYlr
とは言え、既存理論では解決困難ないくつかの問題を最新理論は
容易く(?)解き明かしているのは相対性理論がブレイクスルーだったのに
似ているかもしれない。

66 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/08(日) 14:50:19 ID:QoGSz6+v
言うべき事は言い終えたかな。

67 :名無しSUN:2006/01/08(日) 14:59:27 ID:il4jseN0
宇宙の中心には超巨大な反物質天体があり、それの生み出す
強力な反重力によって正物質宇宙の膨張が起こっている。
この反物質天体は正物質から見れば「ホワイトホール」と
呼べるが、あまりに地球から遠い為に観測されない。



と、クエーサー並に電波飛ばしてみる。

68 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/09(月) 14:00:52 ID:T9UziW3Q
どうでも良いかもしれないが・・・
反物質は正の質量・正の圧力を持っていて大量にあれば宇宙膨張のブレーキになる。
反物質が反対なのは電荷だけだ。
暗黒のエネルギーは正の質量とマイナスの圧力を持っていて宇宙の膨張を加速させる。

69 :名無しSUN:2006/01/09(月) 17:06:54 ID:97+Pt6b3
物質でも反物質でもない、虚物質や反虚物質ってないの?
(虚数の虚ね)

70 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/09(月) 19:16:15 ID:T9UziW3Q
虚数は物理上無意味とされている。それでも物理的に出てくるのは
タキオンの静止質量が虚数だったりホーキングの無境界条件に出てくる
虚時間とかはあるが。
ちなみにタキオンは超光速で運動するので見かけの質量はマイナスになる。
実在するかどうかは怪しい。
無境界条件は無矛盾という面で評価されているが次期重力理論が出来ない
事にはあまり意味がない。

71 :名無しSUN:2006/01/09(月) 20:36:29 ID:XQjHLBwY
>>68
圧力って何?

72 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/10(火) 12:30:04 ID:WLHCIf9y
>>71
押し退ける力。

73 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/10(火) 15:54:08 ID:WLHCIf9y
http://www.astroarts.co.jp/news/2006/01/06universe-origin_nao174/index-j.shtml
やっぱり両方正しいようだぞ。

74 :名無しSUN:2006/01/10(火) 17:22:27 ID:5MNYvRNT
虚数は無意味じゃないってば
そういう曖昧な質問に変な回答をしないでくれ

75 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/10(火) 19:07:51 ID:WLHCIf9y
計算上・計算途中はそうかも知れないが物理量として虚数を使ってるの?

76 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/12(木) 16:27:28 ID:e6BSyOOX
教えてくれない・・・

77 :名無しSUN:2006/01/12(木) 16:37:19 ID:/acJ36JO
♪三角形のひみつはね

78 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/12(木) 17:11:12 ID:e6BSyOOX
♪美味しさのひみつはね

79 :名無しSUN:2006/01/14(土) 22:50:41 ID:YN8A9VpO
ビッグバーン!!フンっだ!!
くだらない仮説だよね!
考えて見!
爆発で拡張???
だったら、中心からの前後の拡張と左右上下の拡張はずれているバズ!!
特に、左右上下の拡張は遠くの銀河ほど拡張率が大きいはず。
例えば、扇子を立てて横に直線をひいて見!
んでもって、骨と骨の間隔を測定すれば即わかるね!!
これを、説明したビッグバンの説は聞いたことがない!
(俺が知らないだけ???)
拡張=ちょっとした計算誤差。
拡張なんてしてないと思う!
あり得ない

80 :名無しSUN:2006/01/14(土) 23:09:20 ID:Pkf5tBCz
>>75
物理量には現れない
だからといって無意味ではない

81 :名無しSUN:2006/01/15(日) 14:11:58 ID:u8GFaUHa
天体観測結果で突っ込まれまくっているのがビッグバン学説なんだがなあ。w

82 :名無しSUN:2006/01/15(日) 14:23:54 ID:u8GFaUHa
だいたいインフレーション理論なんてのは後追い説明でね。
しかも物理的には証明できない仮説で説明して満足している。
証明されていない仮説で説明するのならオカルトは批判できない。

現在までたしかなことは有限宇宙論はなんら証明されてはいない。
そして無限宇宙論もまた否定はされていない。
観測が全てなら、観測されていないのだから。

身の周りのものは何一つ無くならないし、また生まれない。
宇宙もまた生まれもしないし消滅もしない。

証明されてもいない仮説で繕っているのがビッグバン学説の現状だし、仮説の段階を出ていない。

繰り返すが、有限宇宙論は証明されていないし、無限宇宙論もまた否定されていない。

83 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/15(日) 17:16:54 ID:gLcW0wye
次期重力理論はインフレーションにも答えを出している。

>>80
それは分かるが、最初の質問が物質・反物質に対してなどの虚数のようだから
電荷が虚数にになったら無意味な計算になる。という意味で無意味と言いたかった。

84 :名無しSUN:2006/01/15(日) 22:20:35 ID:EsJ3vs6b
ビッグバン否定派の特徴

・インフレーションや無からの宇宙創生説を攻撃することで
 ビッグバンモデル全体を否定した気になる
・最新の観測がビッグバン説と矛盾する、とやたら書き立てるが、
 ビッグバンモデル以外だとそれ以上に観測と矛盾してしまうことには触れない
・軽元素の存在比についてなぜか語らない
・引用元がなぜか AstroArts ニュース
・なぜか高飛車
・自分の書き込みを読んで欲しいので age る
・たぶん高卒

85 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/16(月) 11:23:53 ID:s3lQDChf
コンノケンイチなんていう信じられないような事をしてる奴もいるが。

86 :名無しSUN:2006/01/16(月) 15:28:39 ID:35SdpSxT
>>79
>だったら、中心からの前後の拡張と左右上下の拡張はずれているバズ!!
あかん、まったくの初歩が分かってないんちゃうか

87 :名無しSUN:2006/01/16(月) 23:58:30 ID:AY5hS6fW
プラズマんあげ

88 :名無しSUN:2006/01/16(月) 23:59:52 ID:AY5hS6fW
age

89 :名無しSUN:2006/01/23(月) 03:46:40 ID:yJd0KmXy
>>83
最初の質問が意味不明だからこそ、
そうやって変に答えを返しちゃダメと言ったのだ。
謎の質問に思い込みで回答を返したら、
相手がどう勘違いをするか分からんぞ。

90 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/01/23(月) 22:25:32 ID:FpWAlIBo
>>89
早計だった。まずい事をしてしまった。

91 :名無しSUN:2006/01/27(金) 00:05:31 ID:sXB2bGt+
ビッグバン以前の無限に高温高密度な状態はどのように形成されたのか?
そもそも存在しうるのか?

92 :名無しSUN:2006/02/17(金) 13:20:10 ID:Q/O4otMp
ビッグバン否定派の特徴

・インフレーションや無からの宇宙創生説を攻撃することで
 ビッグバンモデル全体を否定した気にはなっていない。
・最新の観測がビッグバン説と矛盾する、と事実を主張する
 観測と矛盾してしまうことにもしっかり言明している
・軽元素の存在比についてはプラズマ宇宙論では現時点では説明できないと認めてる
・引用元は一般の人にも分かるように AstroArts ニュースさんから
・人格者
・正義感が強いので age る
・海外の大学院卒、あるいは在学中。


93 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/17(金) 17:05:14 ID:kEbrk+lO
ビッグバン否定派というのは別にプラズマ宇宙論とは別の話だな。

ビッグバンが最新観測結果とことごとく矛盾するのは天体物理学の
分野だ。宇宙物理学では確証は高まっている。

94 :名無しSUN:2006/02/20(月) 20:34:35 ID:eSTM330K
こんな穴だらけの相対性理論に乗っかっているアインシュタイン信者さんたちは、
少し自分の頭で考えた方が良いだろう。
このスーパー宇宙線の件に関しても日本側の主張が正しかった場合相対性理論の軌道修正が必要になってくる。
まあ今回のことは序の口でしかないけどね。
相対性理論とビッグバンに関する諸説は観測技術と科学の発展に伴い蜂の巣にされますよ。
このことは数十年前から反ビッグバンの科学者からは当然のように言われていたけどね。
さようなら、アインシュタインとその仲間たち。
あなた方は現代のプトレマイオスとして科学の暗黒史に晒されることになる。

http://www.asahi.com/science/news/TKY200602140493.html
 スーパー宇宙線の存在が確実になれば、定説のよりどころである相対性理論が、
極めて高いエネルギー領域で通用しない可能性が出てくる。
相対論にほころびがあるとなれば、物理学では大きな事件だ。
スーパー宇宙線の発生源も謎だが、
ビッグバン直後に生まれた未知の粒子のかけらと考える専門家もいる。

95 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/21(火) 13:56:11 ID:+YXqcxKZ
別に高エネルギー領域で相対論が破綻しても何も困らないが?
むしろビッグバン自体は確実にあった事を裏付ける。相対論が破綻するほどの
高温の時代があったわけだからな。

もっとも、プラズマ宇宙論が解決してくれる可能性もある。様々な天体現象が
重力理論では説明不可能になっているがプラズマ宇宙論が解決してくれる。
そしてビッグバン理論はプラズマ宇宙論に欠かせない磁場を提供してくれる。

96 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/21(火) 14:17:28 ID:+YXqcxKZ
>>94
まぁ、そういう事はより説得力のある理論を持って言いなさい。

97 :名無しSUN:2006/02/23(木) 08:17:49 ID:i+li4Wdr
>>95
面白いなそれ。はやく確証されないかな。天文学が楽しくなる。

98 :名無しSUN:2006/02/23(木) 10:43:45 ID:5PzegRUM
ageなくていい

99 :名無しSUN:2006/02/23(木) 19:17:10 ID:i+li4Wdr
宇宙に関して重大なニュースが世界を激震させると情報入ってきたよ。
今までの価値観を揺るがす可能性があるらしい

100 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/23(木) 19:36:33 ID:OKVcbVwx
>>99
フォログラフィック宇宙論?

101 :名無しSUN:2006/02/23(木) 21:37:30 ID:i+li4Wdr
>>100
フォログラでない事は確かだ。
その情報をネットで探してたら別の面白い記事見つけた。
この研究結果はビッグプラズマんの見解に近いんじゃないの?

宇宙磁場の起源、解明へ! 〜 宇宙初期の密度ゆらぎと化石磁場 〜
http://www.astroarts.co.jp/news/2006/01/06universe-origin_nao174/index-j.shtml
宇宙磁場の起源解明へ一歩前進
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=06/01/07/157229

102 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/23(木) 21:58:21 ID:OKVcbVwx
>>101
正にそれ。前者の記事は前スレで俺も張った。後者は初めて見る。
前者の記事を見るまではWMAPの観測によると非常に早い時期に宇宙の
再電離が起こっていた研究結果が報告されていてそれがより所の一つだった。

それらの記事によれば、なんと宇宙が千分の一の大きさの時代に宇宙磁場が
作られた事になる。
ビッグバン理論とプラズマ宇宙論は非常に相性が良いと思っている。

103 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/23(木) 23:15:30 ID:OKVcbVwx
>それらの記事によれば、
>>101 の記事

>>99は時空が連続でないという話かな。

104 :名無しSUN:2006/02/24(金) 06:04:36 ID:lvuV7HmR
>>102
やはり問題はエリック・J・ラーナーが指摘したように
プラズマ宇宙論系統の研究論文が天文学の専門誌ではなく
電気工学などの専門誌に発表してること。
何とかして知名度を高めなければならない。


105 :名無しSUN:2006/02/24(金) 09:27:07 ID:f7TuDaR6
あのさあ。電場や磁場が絡むだけで
トンデモキチガイがぎゃーぎゃー騒ぐせいで
関連研究全部色眼鏡で見られんのよ。黙ってて。

106 :名無しSUN:2006/02/24(金) 11:17:37 ID:xPq8lIkb
>>105
大変だね

俺がいた研究室でも、宇宙論のセンセのところには
既知外な手紙がよく届いていたよ
たまに面白いのがあると院生に見せに来てた

葉書にびっちり自説を書いてくる常連のおじさんがいて、
必ず葉書の隅に渦巻きが描いてあるので
「うずまきおじさん」と呼んでた

107 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/02/24(金) 13:41:35 ID:h7KreJhz
それだけの情熱があるならSF作家にでもなれば良いのに。

108 :名無しSUN:2006/02/24(金) 19:09:06 ID:lvuV7HmR
>>105
ドンマイ(・∀・)

109 :名無しSUN:2006/03/25(土) 10:56:46 ID:otsCResp

       ,,;;;"゙;;  ← 吹き上がるプロミネンス、地球の直径の10倍以上はザラ!!
      ((  ゙゙ゞゝ  
::ヽ、   ,,ノノ゙   
:::::::::\,,彡"゙    o ← 地球の大きさはこれくらい
   :::ヽ"
    :::゙、         
    :::::|            ,__l__ |フ_旦_   ー‐ヽヽ_/_  __  _|_ヽヽ
     :::|             /\   |>/i-i-i  ―┬   / /    /  _|_
 太陽  :|           / ヽ \_| ノノ ノ    /   / /   /\    |
     ::::|     
     :::| < オッス!おら太陽!
    ::::::|       
   ::::::::|            
 ::::::::::::/                  | ̄ ̄|  | ̄ ̄|  / ̄l
::::::::::/                      / |   |   \/
:::::イ"゙                      /   |__|  _/
-"゙゙::j! 
  ゙" 
    プププ、太陽小さすぎ馬鹿じゃねーの?   太陽を見下しているケンタロウス
              V                   (太陽の100倍の直径)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙゙゙̄‐‐‐‐----、、、、,,,,___      ↓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   ゙゙゙゙゙‐‐‐‐‐----、、、、,,,,_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                     ゙゙゙゙゙‐‐‐‐‐----、、、
:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::




110 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/03/32(土) 16:01:53 ID:H0OH+nIG
最近は銀河の構造が維持されている事に星間ガスを計算に入れることで
いくつかの問題を解決している。電磁流体力学を導入する気は微塵も
ないらしい。

111 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/04/30(日) 18:15:12 ID:4xI3KLMC
それなりに知名度上げたというか宣伝できたのでこのスレもかなり
目的に達したと言えるが、何かすることないかな。

112 :名無しSUN:2006/05/07(日) 03:23:39 ID:3oOGJr5I
まわりを罵倒しながらあれだけ書き込みまくってた奴はいったい何だったの?
つうかこのスレにはプラズマ宇宙論についてくわしい人がまず一人いて、
自分はその人の足元にも及ばない、とかいう設定じゃなかったっけ?
みんなまとめて同時にいなくなっちゃったのは何でだろう?w

113 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/05/07(日) 04:48:30 ID:LVttAFPi
このスレの目的はプラズマ宇宙論≒MHD天文学を啓蒙する事だろう。
その目的はだいたい達したと思われるが?

114 :名無しSUN:2006/05/13(土) 02:18:55 ID:xNK84L3g
銀河万丈



エウレカ宇宙論はだめでつか?

115 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/05/13(土) 02:52:01 ID:XT4jETZB
>>114
ぐぐったがよく分からなかった。それなんですか?

116 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/05/13(土) 02:54:22 ID:XT4jETZB
フリーのMHDシミュレータ無いみたいだから自分で作ろうかとも思ったが時間が無い。
目的は膨張宇宙の中でのMHDの振る舞いを計算したかったが、そうなると余計無さそう。

117 :名無しSUN:2006/05/18(木) 10:49:32 ID:JTKqIVVw
>>113
たしかにプラズマ宇宙論の知名度は上がった気がする。だが正確な内容を理解しているに人はいないよね。
もう少し頑張りたいものだな。方法を考えてみるよ。

>>116
本格的なものを求めるならスーパーコンピュータが必要になるだろう。
PS3の60GBが発売されるまで我慢だな。

118 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/05/18(木) 13:50:16 ID:KeYswO6H
>PS3
PlayStation?あれにはベクトル演算専用プロセッサがあるから向いているかもしれないな。
以前、πを計算するのにWindowsでは余計な事にリソース使いまくるからLinuxで動かしたが
速くなった様子は無かった。ATX自体、あるいは86系CPU自体が計算に向いてないのかもしれない。
数世代前のスーパーコンピュータと同じだと言われているが、その数世代前のスーパーコンピュータ
ではπを1億桁出していた。がATXでは10万桁が限界だったようだ。

119 :名無しSUN:2006/05/18(木) 23:02:47 ID:JTKqIVVw
>>118
詳しいんだな。今使ってるパソはなんの機種か教えてくれ。

120 :質問:2006/05/19(金) 00:29:08 ID:aM5O7Bri
プラズマ宇宙論だと、宇宙の未来はどうなるの?
永遠膨脹?一点収縮?
あらゆる核子は崩壊するの?

121 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/05/19(金) 02:14:52 ID:ddLSHtT0
>>119
AthronXP3000+とAK77シリーズを使った自作PC。
>>120
畑違い。

122 :名無しSUN:2006/05/19(金) 04:44:20 ID:Kofo21+T
                      ∴∴∴∴
                    ∴∴∴∴∴∴
       | ̄P━━━━━━∴∴∴∴∴∴∴∴
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|


123 :名無しSUN:2006/05/19(金) 10:19:17 ID:NseRmSQI
>>120
>プラズマ宇宙論だと、宇宙の未来はどうなるの?
>永遠膨脹?一点収縮?

プラズマ宇宙論においては膨張も収縮もしないという考えでスタートしました。
アンチビッグバンだったと言えます。
しかし現在ではビッグバンとの融合を進めている研究者もいます。
新しい世代の研究者が2つの学説の壁を取り払い新たなパラダイムを生み出す事を期待しています。

>あらゆる核子は崩壊するの?

このような物理学的問題をビッグバンでは基本軸にしていますが
他の宇宙論においては言及する事はほとんどないです。物理学の領域にまかせています。
プラズマ宇宙論においても同じです。
物理学的な問題をプラズマ宇宙論では説明しないからといって、
ビッグバンのほうが優れていると短絡的に主張する人がいますがそれは科学的ではありません。
なぜなら、プラズマ宇宙論とビッグバンとではパラダイムが大きく異なるからです。
両方の利点をバランス良く取り入れるのが最善なのですがね。


124 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/05/19(金) 12:02:19 ID:ddLSHtT0
>>120の質問は全て専門違いだからプラズマ宇宙論においての見識など無い。

125 :名無しSUN:2006/05/19(金) 18:46:03 ID:NseRmSQI
やはり最新の研究結果もアルベーンの銀河発電説が一般的になってきたようだ。
特に観測技術の発展で宇宙のいたる所に磁場、電流が多く存在している事が明らかになってきた事が大きい。
銀河磁場に関してはダイナモ機構と言われる磁場を増幅する機構で維持されているというのが一般的。
これは、アルヴェーンが数十年も前に提唱していた学説と同じである。
このようなプラズマ宇宙論の後追い的な学説が増えてきたからサイトを作ることにした。
アルヴェーンやペラットなどの研究と現在一般的な説とを比べてプラズマ宇宙論の先見性をアピールするサイト。
いつになるかわ分からないけどね。

126 :名無しSUN:2006/05/19(金) 19:07:46 ID:oEdaEUWo
>>125
age なくていいから

127 :名無しSUN:2006/06/01(木) 19:52:02 ID:XL9Zd9yf
wikiにプラズマ宇宙論のページができてから、検索数が増えたな。
かなりの人が見てるんだろうね。

128 :名無しSUN:2006/06/01(木) 20:16:22 ID:9Up/7mxJ
>>127
age なくていいから

129 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/06/02(金) 00:44:24 ID:0V6mMuy6
>>126>>128
何が言いたい?

130 :名無しSUN:2006/06/02(金) 02:08:06 ID:q4m8H6Om
>>123
なるほど
大統一理論を期待しよう

131 :名無しSUN:2006/07/16(日) 21:14:53 ID:BB9iNjhF
宇宙に時間が存在していると勘違いしているのが多くの科学者。
そんなのは自然を理解する道具に過ぎない。

運動する自然はただただ存在するだけだ。

132 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/07/16(日) 21:36:59 ID:XNsd1eXx
哲学の人がこんな所にまで…1月半ぶりのレス

133 :名無しSUN:2006/07/18(火) 05:07:31 ID:qSF4kgJ1
よく宇宙が膨張しているといいます。
これは天体を観測すると互いに離れていくという事実からその様に言われているわけだと思います。
これは銀河の模様の風船を膨らませるイラストが良くありますが、そうではなくて
質量、光、の拡散であり、その質量と光が分布している論理的な閉曲面を考えたときに
その閉曲面が広がっているということなのでしょうか?
また、これらの拡散する質量や光は互いに万有引力によって引き寄せあい、
合体しては引力を増し、極限においては発散するか、収斂するかのどちらかである
と考えていいのですか?
また質量が大集合したときある臨界点を突破するとビッグバンが起きるのですか?
ビッグバンを起こすために必要な質量は宇宙の全質量が必要なのでしょうか、
一部でしょうか?

詳しい人教えてください。


134 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/07/19(水) 19:41:50 ID:fUgdOV35
>>133
>質量、光、の拡散であり、その質量と光が分布している論理的な閉曲面を考えたときに
>その閉曲面が広がっているということなのでしょうか?

理論的な閉局面とは閉じた宇宙モデルの事でしょうか?
いずれにせよ質量が拡散すれば空間は膨張します。

>合体しては引力を増し、極限においては発散するか、収斂するかのどちらかである
>と考えていいのですか?
一般相対性理論に基く限り、重力によって質量同士の距離が縮まれば即ち空間の収縮を意味します。宇宙の膨張が宇宙自体に
対する脱出速度を持っているか、速度は分かっているので質量の密度によって発散か収縮のどちらかに決まります。

ビッグバンの原因は今もって分かってはいません。説得力のある仮説が複数あります。
時空は性質の変化に伴ってエネルギーを吸収したり放出したりする事が複数の次期重力理論で予言されています。ビッグバンは
宇宙が今の姿になる時に今まで持っていたエネルギーを開放した為に起こったと考えるケースが多いようです。

紙は燃えますが、紙は灰よりも多くの化学エネルギーを持っています。燃やす事でそれを放出し残りは灰になります。
時空も同じ様にそれの持つエネルギーを放出する事で性質が変化します。

135 :名無しSUN:2006/07/20(木) 00:29:33 ID:BZ+Jh+B0
>>134
ご回答ありがとうございます。
時間を掛けて噛み砕きたいと思います。

136 :名無しSUN:2006/07/20(木) 00:37:20 ID:zgp4wYMl
age

137 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/07/20(木) 19:45:43 ID:YXhuKyQG
>>135
その問いのキモな所は、空間は物質(エネルギー)と独立して存在しているのではなく、物体間の距離によって
空間が発生するという事。仮に全宇宙の質量が自分を残して一斉に同じ方向に加速しても空間も引きずられて
同じ運動をするので他の質量は加速を感じず、一緒に加速しなかった自分の方が加速した事になる。

138 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/07/20(木) 19:47:11 ID:YXhuKyQG
×その問いのキモな所は
○その問いのキモは

139 :全然判んない人:2006/07/25(火) 00:52:02 ID:/V9P66Gv
ベートーヴェンの第九の冒頭は
ビッグバンとそれに至る過程を
克明に表していると思いませんか?

140 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/07/25(火) 01:55:11 ID:sh3p/7I/
ベートーベン第九の冒頭を知ってるんだろうか?

141 :名無しSUN:2006/07/25(火) 09:53:17 ID:2erOfVXQ
宇宙がいつ収縮して滅ぶかもわからないのに
我々は笑って生きていかなければならない
過酷ですね

142 :全然判んない人:2006/07/25(火) 23:18:14 ID:8UsCoNIg
ビッグバンて何の前触れもなしに突然起こったの?

143 :名無しSUN:2006/07/26(水) 00:29:54 ID:78QeeA1b
宇宙の寿命わかる人おらんの?

144 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/07/26(水) 23:50:42 ID:/PXv7o7O
>>142
ビッグバンの前があったとしても今の所、全ての情報が失われているので全く分からない。仮説なら複数ある。
>>143
いない。

145 :名無しSUN:2006/08/01(火) 18:19:44 ID:buBvlTtL
>>144
ビッグバン以前の空間にビッグバンを起こすためのエネルギーはどこからやってきたの?
ユダヤ教の神様が『光あれ』って言ったらエネルギーが補充されて
ビッグバンが起こったっていうのは仮説になりますか?

146 :名無しSUN:2006/08/01(火) 18:32:19 ID:o7FLTw+1
神など存在しない。特に周辺国の人間を虐殺する下等民族には。

147 :名無しSUN:2006/08/04(金) 17:33:22 ID:3Mb8Xu22
身の周りでは何も無くならないし何も生まれない。
なんで宇宙だけ生まれたり無くなったりするんだよ。

有限宇宙論は検証されたことがないから未だ仮説の域を出ない。
反証不可能な仮説で凌いでいるのが現在のビッグバン理論。
無限宇宙論は観察において有限が検証されなければ、常に検証されているといわなければならない。

もともと時間なんてのは存在しないし。

148 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/04(金) 21:09:37 ID:16p2ReJ0
>>145
無い物ねだりされても困る。ビッグバンで全てが(焼く物があったとして)焼き尽くされ何も情報が残ってない。
「超ひも理論の風景」という物がどこかに載ってれば参考になるかもしれないが。

>>147
このスレでは特に「ビッグバン理論」と「ビッグバン宇宙論」を区別するようになった。明確に区別して呼ばれていないが
前者はビッグバンがあったとする説、後者はビッグバンを前提とした宇宙進化理論の総称。

ちなみ宇宙が無限でも困らない。ビッグバン理論では宇宙が生まれたとは言っていない。

149 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/04(金) 21:10:55 ID:16p2ReJ0
>>148
>このスレでは特に「ビッグバン理論」と「ビッグバン宇宙論」を区別するようになった。

俺が…ね。俺のスタンスを説明しただけ。このスレのルールではないです。

150 :名無しSUN:2006/08/05(土) 15:52:39 ID:lFRLLceN
>>147
言いたいことがよくわからんが、対生成・対消滅とか結構あるじゃん。
宇宙全体だけは例外的に変化したらだめなの?

151 :名無しSUN:2006/08/18(金) 20:23:42 ID:6AmVajCB
ボケっ、俺たちの身の回りに物理としての始まりも終わりもどこにも無いんだよ。


152 :名無しSUN:2006/08/18(金) 21:04:06 ID:6AmVajCB
理系は認識論がからっきしだな。www

人間が生まれたってのは、たんに認識に立ち現れた物理的状態の質的変化ということだ。
死も同様だ。
しかし物理的には何も生まれない、何もなくならない。
対生成、対消滅というのも同様だ。
何かが物理的に生まれた、無くなった、ということが現実に存在するのなら、その出発点も終末も実在するということだ。
じゃあ、現実に座標原点が存在するというのだろうか?
特殊相対性理論はあちこちで破れるというのなら、そりゃ理論じゃあ無いだろうよ。
それに保存則は破れっぱなしだろうよ。
無くなる、生まれるというのはたんに自然を認識するときに必要なだけで、現実に存在するわけではない。

153 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/18(金) 21:07:53 ID:0NFZCc1t
特殊相対性理論はあちこちで破れますが?

154 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/18(金) 21:39:09 ID:0NFZCc1t
一般相対性理論は破れないけどね…困るくらいに。どこか綻びがあれば新理論の突破口になるのに。
特殊相対性理論ではある1点ある瞬間には厳密に適用できるが大きさをもった途端正確ではなくなる。

155 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/18(金) 22:22:04 ID:0NFZCc1t
1970年、ホーキングとペンローズが特異点定理を発表して一般相対性理論に基く限り宇宙は大きさの無い1点から
始まらなければならない事を完全に証明した。それまでは宇宙は実際はデコボコしていて完全な点から始める事は
ないだろうと言われていた。それが既知の物理が全て崩壊してしまう特異点から始めなければならなくなってしまった。

そこで宇宙に始まりを求める事が間違いだと言い出す人達が現れた訳だ。

ホーキングは量子重力理論の研究に先立って量子力学と相対論を組み合わせながら無境界条件を提出した。
ペンローズは複素数を相対論に導入する事で特異点を避けるツイスター理論を発表、ループ量子重力理論にその成果が
受け継がれている。ビレンキンは時空が無くとも量子力学が通用するという仮説から「無からの宇宙創造」を発表した。
これらは特異点を避けて宇宙創造を記述する物理だが完成したものではないのでやはり間違いだと非難する人達がいる。

ところで重力にも量子効果があるはずなのだが、それを計算しようとすると重力子が重力子を生んで重力無限大に
なってしまう。つまり最小の重力とか極めて近距離での重力の効果を計算できない。その問題に取り組む物理が量子
重力理論で1980年代から劇的な進歩を遂げてビッグバンの原因や時空の相転移の実態を説明するようになった。
だから現在ではビッグバンの理論的な問題は1970〜80年とは全く事情が異なる。

で、このスレの目的だがもっと身近な問題である天体物理の分野になる。ビッグバン以降に天体や宇宙の大規模構造が
どう進化してきたかだが、定説では重力のみを導入し電磁気力を無視してきた。理由は宇宙には電線が張り巡らされて
いないからだと言う。しかし、宇宙磁場とプラズマが電線の役割を果たし天体の新化に非常に大きな影響を与えているとの
主張がプラズマ宇宙論である。
既に確立している一般相対性理論と電磁流体力学をどう用いるべきかが議題で生成・消滅は厳密にはスレ違いなんだな。

156 :名無しSUN:2006/08/18(金) 22:27:49 ID:vcP9Aodw
で、プラズマ宇宙論は壮大な釣りだったってことでFA?

157 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/18(金) 22:37:12 ID:0NFZCc1t
>>156
いやいや、定説では説明しきれない事が山ほどある。惑星系が誕生してから晴れ上がるまでの振る舞いとか
銀河中心の超巨大ブラックホールがどうやって出来たか、ブラックホールの膠着円盤などから出るジェット現象など
プラズマ宇宙論はそれらに新しい切り口を与えている。

プラズマ宇宙論をもってビッグバン理論(ビッグバンがあったとする学説)を覆そうという動きはあり、背景放射や
赤方偏移への代案があるが、その方が無理がある。

158 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/18(金) 22:44:27 ID:0NFZCc1t
俺の主張はこのスレの動機(俺のではない)となったラーナーらの説明に意義を唱えるものだが、ビッグバン理論は
プラズマ宇宙論に不可欠な宇宙磁場の起源を与えてくれる。それに膨張する宇宙は宇宙の大規模構造が出来るまで
1000億年を超えるというラーナーの主張に再計算を求めるだろう。

159 :名無しSUN:2006/08/23(水) 06:21:54 ID:uEAtmh88
ビッグプラズマンの話は面白い。
難しい話を噛み砕いて人に説明するのが得意な人だね。
語ろうとしているその知識について
自分自身が深く理解していないと出来ない芸当なんだよな。

160 :名無しSUN:2006/08/23(水) 10:33:28 ID:SISO56zL
ダークマターとやらすら分かってないのに
宇宙の誕生なんて人間が解明できるわけ
ないだろ

161 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/23(水) 20:03:56 ID:h1YUC8Fk
>>159
どうも。照れます。

>>160
量子重力理論でも宇宙の誕生は説明できない。でもそれがビッグバンやインフレーションでなくても
良くなった点が1980年頃と違う。「誕生しないで最初からあった。」でも良くなった。

従来の宇宙論では大量のダークマターが重力源として必要になる。その候補は見えにくい天体やニュートリノの
超対象性粒子ニュートラリーノ、超ひも理論の予言するE8×E8対称性物資など様々だが、観測では
MACHO天体(見えにくい天体)が既知の物質の2倍、正体不明のダークマターが6倍で理論が要求する量に足りない。

162 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/08/23(水) 21:04:59 ID:h1YUC8Fk
うっかり。

>量子重力理論でも宇宙の誕生は説明できない。
現時点では。そのうち理論が進歩すれば可能になるかもしれない。

163 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/09/03(日) 16:14:45 ID:zuRJAPeZ
保守

164 :名無しSUN:2006/10/03(火) 11:10:47 ID:ocohdxV4
バカじゃねえの?
根本的な問題がわかっていないのに宇宙論を語るなよ。w

165 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/10/03(火) 11:56:49 ID:iHzVqeSi
>>164
保守乙

166 :名無しSUN:2006/10/03(火) 19:03:18 ID:kFvbooE2
COBE チームがノーベル賞を取ったので sage

167 :名無しSUN:2006/10/06(金) 10:09:12 ID:1F9dFHdG
ビッグプラズマン このスレを守ってくれててマジで感謝する。
ひさびさに面白いニュースが入ってきた。

この観測結果はアルベーンが長年主張してきたプラズマのスケーラビリティーを
銀河レベルで実証したものになるかもしれない(特に太陽から銀河に理論拡大できる点)。
しかも、銀河プラズマのモデルとも一致する。
Wikipediaのプラズマ宇宙論のページにあるビルケランド電流ともリンクしている。
観測結果が理論に追いついてきつつあるようだ。詳しくは分析して後々報告します。

銀河プラズマの参考画像これを見た後に記事を読むと分かりやすくなる
http://www.thunderbolts.info/tpod/2005/images05/050501plasma-galaxy.jpg
http://www.holoscience.com/news/img/Plasma_galaxy.jpg
http://www.holoscience.com/news/bigbang.htm

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20061006k0000m040142000c.html
>銀河中心部:高温ガスの巨大ループ 

>太陽の表面で炎が噴き上がる原理と同様に、ガスが天体周辺にある磁場に沿って浮き上がるためと考えられている。
>ただ、太陽の炎が約1000秒で消えるのと違い、銀河のループは1000万年続き、大きさも1兆倍という。


168 :名無しSUN:2006/10/11(水) 09:44:04 ID:a+aSmzDO
ダークマターなんて要らないんだよ。w

169 :名無しSUN:2006/10/15(日) 05:57:52 ID:MHpPkV70
哲学では昔からあるのだが、時間が存在しない可能性を考えている科学者もいることはいる。

あと時間に終始はありえないという研究結果を出している若手科学者もいる。
ブリゴジンのお弟子さん。「科学の終焉」参照。

無限宇宙論にもいろいろあるみたい。

まあ、新しい観測結果に屋上屋を架す仮説を積み重ねているのがビッグバン学説であることは昔も今も変わらない。

170 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/10/15(日) 07:26:09 ID:MbTiVpbu
観測が進むにつれてビッグバンがより確かな物になってますが?

171 :名無しSUN:2006/10/15(日) 17:26:08 ID:MHpPkV70
アンタの主観だよ、そりゃ。w

172 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/10/15(日) 18:54:05 ID:MbTiVpbu
たとえばねぇ…
物質分布のスケール依存性という物がある。3年前に発表された背景放射の揺らぎと綺麗にくっ付くんだな。
つまりどのくらいの規模で見るとどのくらい物質に偏りがあるかという性質だが、背景放射が超高圧プラズマの
名残だと考えると天体観測による物と一致する。

173 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/10/15(日) 19:09:36 ID:MbTiVpbu
>まあ、新しい観測結果に屋上屋を架す仮説を積み重ねているのがビッグバン学説であることは昔も今も変わらない。
例えば?

174 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/10/31(火) 01:20:15 ID:Z2BMiOR9
定期

175 :名無しSUN:2006/10/31(火) 03:12:36 ID:BNjFCtFy
不毛なスレだなw


176 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/11/16(木) 00:06:13 ID:+NXw0ypi
定期

177 :名無しSUN:2006/11/22(水) 04:56:53 ID:ncAlz/XT
プラズマンはプラズマ宇宙論者の主張はあまり知らんようだな。

178 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/11/22(水) 16:23:40 ID:+fwTjE3a
エリック・ラーナーは赤い人かもしれんが、ハンネス・アルベーンの主張とは関係無い。
背景放射と赤方偏移はビッグバンが最も自然に説明する。背景放射もただそこにある
というだけではない。火の玉宇宙だった頃の性質を克明に見せている。

179 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/12/05(火) 18:41:50 ID:4EaJ//S6
ちょっと遅れたが定期

180 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/12/16(土) 01:43:47 ID:HXfdTkGH
定期

181 :名無しSUN:2006/12/16(土) 11:26:52 ID:YWGHkvl5
プラズマ物理勉強するには天文学科のある大学行けばいいのかよ

182 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2006/12/16(土) 19:59:40 ID:HXfdTkGH
電磁流体力学なら天体物理学をやってる大学。でも食い扶持が無いらしい。
あと半導体とか

183 :名無しSUN:2007/01/08(月) 22:49:33 ID:uJShm/1h
「809」 副島隆彦の「ミネルバの梟(ふくろう)は夜、飛び立つ」論。
http://snsi-j.jp/boyakif/wd200611.html#2301
おなじく、アルバート・アインシュタインが、それを発展して作った、「相対性原理」である(そうだと言い切って構わないだろう)
「f = mc の2乗」(力の大きさ f は、質量 m かける光速度c の2乗) というのも、宇宙の果てまで通用するということはない。
このことを、私は、「会員ページの「808」番で書いた。アインシュタインが作った「光速度一定の原理」は崩れつつある。光速度
よりも早いものはない、ということになっていた。ところが、近年、光速度の1.7倍の速さの物質が観測されている。アインシュタ
インが、今のビックバン宇宙論体制派の生みの親である。「宇宙項」というような、失策アイデアを出したのも彼だから。1964年
に電波望遠鏡(でんぱぼうえんきょう)の観測からビッグバン宇宙論が出て来た。背景放射(はいけいほうしゃ)とか、ビッグ・
ウォール(大きな壁)とか、反物質(はんぶっしつ)とか、暗黒物質(ダーク・マター)とか、「ブラックホール」とか、「ゆらぎ」
とか、訳の分からない専門用語を、ビッグバン派は、たくさん作って、そして、世界中の人々を、煙(けむり)に巻いた。
(中略)
人間には、宇宙のことはまだ、ほとんど分からない。それなのに、分かった、宇宙の始まり(ビッグバン)などという、愚かき
わなり無い理論が、体制派となって、この40年間はびこっている。
(中略)
だから、これも、「808」番でも少し触れたが、私は、彼ら、愚劣なるビッグバン宇宙論」(宇宙進化論) に対して、それと
敢然と対決する「定常宇宙論(ていじょううちゅうろん)」を支持する。 定常宇宙論 Static State Universe は、はやくも 
1951年に、ケンブリッジ大学のフレッド・ホイル Fred Hoyle らが、提唱したものだ。今も、ずっと生き延びている。こっちが
正しいだろう。
(中略)
ビックバン宇宙論のような嘘くささが、量子力学(りょうしりきがく、quantum mechanics クオンタム・メカニックス)には
あまりない。アインシュタインが、量子論、量子力学を馬鹿にして、嫌(きら)ったそうだが、私は、だからこそ量子力学は
正しいだろうと肩をもつ。

184 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/09(火) 00:14:10 ID:9JUspcxw
何といい加減な…

185 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/09(火) 05:37:21 ID:9JUspcxw
>>183
無知としか言えない。ほとんど全てが事実と反する。

ギャラリーの為に最低限の説明を入れておくと量子力学がビッグバンを否定するとでも思っている
ようだが、量子力学こそ一般相対論では記述しきれないビッグバンの問題点を解決する学問である。
それとビッグバンと宇宙の始まりは科学的に何の関係も無い。
…突っ込み所を全て挙げたら>>183の数倍の行数を必要とする。

186 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/09(火) 05:39:10 ID:9JUspcxw
もう一つ。考え方がニュートン力学より古い。

187 :名無しSUN:2007/01/09(火) 23:49:56 ID:tvkojoa/
しかしまあ、このスレには世界が亀の背中に乗った象に支えられてるってことも知らないやつが多いのな。

188 :名無しSUN:2007/01/10(水) 02:13:32 ID:9Rt2BG8o
暗黒物質を初観測、ナゾの質量分布特定…日米欧チーム
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070108i401.htm

これってすごくない?
だれか素人にもわかるよう解説してくれ。

189 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/11(木) 01:28:58 ID:wsqNCDRi
電磁波では観測できない資料がある事は1970年代から分かっていた。標準的な宇宙進化モデルでは
その暗黒物質が重力場を支配し銀河や銀河の作る構造を形作っていると説明される。SDSS(スローン
・デジタル・スカイ・サーベイ)では重力レンズの働きからそれらが存在する事を早い段階で決定的にした。
しかし、それでも宇宙初期の銀河を説明するのは無理じゃないかな。

190 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/11(木) 01:29:29 ID:wsqNCDRi
電磁波では観測でいない質量ね。

191 :名無しSUN:2007/01/15(月) 00:06:50 ID:CMe3nozS
>>173
宇宙膨張の再加速が確認されたので、
以前は、「宇宙の99%はダークマター」といってたのを、
「宇宙の30%はダークマター、70%はダークエネルギー」
といいだした件とかは?

ご都合主義的に、「ダークエネルギーなるものがあることにしちゃえばいいんです」
っていうのはどんなもんでしょう??

あと、軽元素の存在比が新観測で、従来と違うことがわかって、ビッグバン説の
論拠につかえなくなったとかいう件は?


192 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/15(月) 01:05:53 ID:+f34FdaR
>>191
ダークマターの量はWMAPの観測によるまでは全体量が把握できなかった。
実際、WMAPによるダークマターの量は標準理論が要求する値に全然足りない。だからこそ
ビッグバンと伴にプラズマ宇宙論をも指示する。ダークマターではなく電磁気力が天体進化の
決定的な役割を果たしているという。無用だからと言って存在まで否定する根拠もないだろうが。
宇宙ひものようにね。
ダークエネルギーについては仮説があり、膜宇宙論では未知のエネルギーを排除しての説明を
可能とする。これはエネルギーに見えるだけの現象に過ぎないという。

軽元素については初耳。最新の観測では標準理論が予言するより遥か以前から銀河が
形成されている事が分かったから、その影響では?

いずれにせよ、直接観測できるようになったビッグバンそのものを否定するには余程の根拠が必要。
ただし、ビッグバンに基く重力主導の標準理論は確実に綻んでいると見ている。

193 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/15(月) 01:24:35 ID:+f34FdaR
宇宙の加速度膨張は従来の一般相対論的な宇宙モデルを一新させる発見だったが
それに関して他に説得力のある代案がなければビッグバン否定の根拠にはならない。

194 :.:2007/01/15(月) 01:48:53 ID:24dTptNd ?2BP(0)
http://maglog.jp/tyuipo56/

195 :名無しSUN:2007/01/15(月) 01:54:50 ID:CMe3nozS
>>193
否定まではいかないでしょう。
有力な仮説だけど、まだ、検証が十分じゃない、という感じでは。
もともと、検証・反証が難しい領域の議論なわけですし。

あくまでも、一般向け科学書を読んだ素人の感想ですが、
ビッグバン説・プラズマ説も、双方、未検証の仮定を大量投与して、
仮説を組み立てているような。
同一の観測事実について、まるっきり別様の仮説が提起されているのが、
素人的には、面白いところです。

>直接観測できるようになったビッグバン

ハッブル膨張、宇宙背景放射、軽元素の存在比以外に、
なにかみつかったのですか???
ビッグバンを直接観測ってどういうことなのです??

196 :トムソーヤ:2007/01/15(月) 02:19:26 ID:bcyPDEFR
僕は素人ですが、宇宙が膨張してるのがビッグバンのなによりの証拠でわないの?


197 :名無しSUN:2007/01/15(月) 02:43:57 ID:qgSkgJdq
>>196
俺も素人だが、観測できる範囲で100年に満たない期間膨張しているように見えるってだけでは
一点から始まったという証拠にならないんじゃない?

198 :トムソーヤ:2007/01/15(月) 22:00:13 ID:bcyPDEFR
ん〜、証拠か、膨張してるようにみえるなら
やっぱり膨張しとる、
収縮したらやはり一点でしょ?なんとなく


199 :名無しSUN:2007/01/15(月) 23:03:40 ID:6yHo8RIN
>>198
例えばだけど今の季節どんどん寒くなってるけど、1年前の冬は半年前の夏より暑かったわけじゃないでしょ。
今膨張しているとしても過去もずっと膨張し続けていたとは限らない。
また、仮に膨張し続けたとしても、時間が始まった時にある程度の規模の空間があった可能性も考えられる。
だからビッグバンがあった根拠にはこれだけではならなくて、CMBの観測実験とかが行われてきたんじゃない?

200 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/16(火) 10:22:04 ID:dfhKJVTp
>>195
>直接観測できるようになったビッグバン
宇宙背景放射の精密な観測で超高圧プラズマの時代の音響振動が観測できる。
音響振動から媒質の性質や空間の状態が手に入る。

ビッグバン宇宙論(ビッグバンに基く宇宙進化仮説)もプラズマ宇宙論もムチャしすぎてる
のは正解だと思う。何もビッグバンそのものを否定しなくてもプラズマ宇宙論は困らない。
電磁流体力学は身近な所から徐々に成果を挙げてきていて、太陽の内部の磁場とか
地磁気に関する物もあるらしい。
銀河や原始太陽系への新しいアプローチも期待されている。ビッグバン理論が説明できるのは
原子を作れなかった38万年間だけで後はプラズマ宇宙論の時代だと思うな。

201 :名無しSUN:2007/01/16(火) 11:29:22 ID:hbSAI3fG
>>200

>何もビッグバンそのものを否定しなくてもプラズマ宇宙論は困らない。

私が読んだのはエリック・J・ラーナーの例の本ですが、
それによると、プラズマ宇宙論に基づく銀河や大規模構造の形成は、
何百億年だか、何千億年だか、かかるので、
現行のビッグバン宇宙論による宇宙の年齢と、矛盾しちゃうみたいです。
15年以上前の本なので、プラズマ宇宙論も修正されているかもしれませんが。

202 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/16(火) 20:19:19 ID:dfhKJVTp
>>201
その説を採るのはプラズマ宇宙論にとってマイナスだと俺は考える。何故なら標準理論の方が矛盾無く
宇宙を説明している事になるからだ。
ビッグバン理論によれば昔の宇宙はもっと小さかった事になる。重力同様、電磁気力も距離の二乗に
反比例するから物質同士の距離が半分なら4倍の強さで働くはずだ。原子が出来て光や磁場がまともに
作用するようになった頃の宇宙は今の1000分の1しかない。今の100万倍の強さで電磁気力が働く。

計算設備が無いので分からないが小さな宇宙の中でも大構造、又はその雛型を作るのにそんなに
時間を必要としたのかが疑問。

203 :トムソーヤ:2007/01/16(火) 23:55:33 ID:R7F9+C+M
実に難しい話ですね、そして実に興味をそそられる、
僕わ何冊かしか宇宙の本読んだことないんだけど
やっぱりほとんど意味がわからんかった、
なんかわかりやすいお勧めの本おせーてください。


204 :名無しSUN:2007/01/17(水) 13:10:32 ID:cw68VuOb
>>203
とりあえず、wikiでビッグバン、プラズマ宇宙論の項目を
調べてみてはいかがでしょう。ネット上でも、かなりのことがわかると思います。

一般向けの宇宙論の本は、基本的に、ビッグバン説を前提に書かれています。
かなり多数の本がありますので、いろいろ読んでみては。

ビッグバンに否定的・批判的・懐疑的なものとしては、

・ビッグバンはなかった〈上〉(下)
エリック・J. ラーナー (著), Eric J. Lerner (原著), 林 一 (翻訳)

・ビッグバン危うし―宇宙論、はじめての危機
ジョン ボスロウ、John Boslough、 青木 薫 (単行本 - 1993/8)

・ 世界の論争・ビッグバンはあったか―決定的な証拠は見当たらない
近藤 陽次 (単行本 - 2000/8)

など。もう一冊あったけど、書名忘れてしまいました。

205 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/17(水) 22:54:30 ID:OkcUtbYC
どれも極端なんだよな…

206 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/17(水) 23:17:11 ID:OkcUtbYC
ビッグバンの方も。

207 :トムソーヤ:2007/01/17(水) 23:39:37 ID:CXMXV8xs
>>204
おー、色々とありがとうございます。
勉強します。

208 :トムソーヤ:2007/01/17(水) 23:46:11 ID:CXMXV8xs
そうそう、ホーキングの宇宙論とかあのへんわ
どうですか?すごく難しかったんだけど
まだ甘い?

209 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/22(月) 00:03:29 ID:vxQAjTxO
量子重力理論が右往左往しているのでどうにも…
ホーキングやビレンキンの理論は確固たる物理の上に成立っているのではなく、
量子重力理論が備えなければならない性質を組み合わせて作っている物だから
説得力はあるが、系統だった説明はできない。

210 :名無しSUN:2007/01/24(水) 07:44:24 ID:Dg7MCIdK
>>193
ちょっと議論を蒸し返すけど、宇宙の加速膨張発見て、
従来の前提をひっくり返す内容だったのでは?

そもそも、かなり検証されている一般性相対論の理論予測である宇宙膨張と、
観測事実であるハッブル膨張が合致するんじゃないかということから、
すべては始まってるのに、今度、一般性相対論の理論予測に反する加速膨張が、
観測されてしまったわけでしょう?

新たな観測に合わせて、一般性相対論をいじくるなり、他の理論をもってくるなり、
した場合、説得力という点ではだいぶ低下するのでは?
すくなくとも、理論を観測が裏付けているとはいえない。

この件に関する科学報道は、
「アインシュタインの宇宙定数は存在した?!」
「真空のエネルギーの発見?!」といった感じで、なんか違うような。


211 :名無しSUN:2007/01/24(水) 17:24:56 ID:fmVddedE
>>210

おお、わたしもまたその通りではないかと思っています。
某掲示板のあの方かな?w

212 :211:2007/01/24(水) 17:36:18 ID:fmVddedE
>>210

この叙述、引用拝借できますか?


213 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/24(水) 20:14:11 ID:P4ZQSb7e
>>210
何度も言われてるけど、宇宙項は一般相対性理論に矛盾しない。アインシュタインはそれを
入れる根拠が無かったからゼロにすべきだとした。これは観測に基かない値。
しかし、観測はゼロでない事を支持していたから宇宙項が復活しただけ。

214 :名無しSUN:2007/01/24(水) 20:36:42 ID:fmVddedE
観測により基づき、というのなら周転円も同じ。

かくてビッグバンは観測に基づき、次々とその学説を変化させていった。

215 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/24(水) 21:45:13 ID:P4ZQSb7e
どこが変更されたの?

216 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/24(水) 22:22:53 ID:P4ZQSb7e
より核心に迫った理論とやらがあるなら話は別だが、代案もなくガモフが提唱してから
宇宙が火の玉だったという事には観測事実は悉くビッグバンを裏付けている。
標準宇宙論は明らかに問題山積でどこか前提が間違っているように見える。俺はそう考える。
だが、それはビッグバン理論を取り入れているからではない。

217 :名無しSUN:2007/01/25(木) 03:45:37 ID:j75ab5Jl
>>210
213の言うとおり。宇宙項は理論だけでは定まらない不定項で、
観測データが少なく問題をシンプルに考えるべき段階では
ゼロと置かれていただけ。

また、データが少なかったり誤差が大きくて
パラメータの値を絞りきれない段階では、
そのパラメータを無視して議論することもよくある。
単純化しておいたほうが扱いやすく、研究が速く進むから。
研究が進み、問題が無視できなくなってきたら再度取り入れて議論すればいい。

新しい理論モデルを作るときなんかも、
研究の初期段階ではパラメータの少ない単純なモデルを作り、
その後徐々に現実的なモデルを適用していくということはよくある話。

何のためにどんどん詳細な観測が求められているのか、よく考えるといい。
それに、過去にビッグバン宇宙論の矛盾といわれたようなデータは
たくさん出てきたが、今でも矛盾のまま残っているものはいくつあるかね?

218 :名無しSUN:2007/01/25(木) 23:37:40 ID:ccU0hWdb
純粋に宇宙が好きな男の子なんですけど,宇宙って無限なんですか?どこまで進んでも行き止まりはないの?

219 :名無しSUN:2007/01/26(金) 06:56:54 ID:fCPWfbSG
>>210

3g;wdjZqkt>w

220 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/27(土) 00:19:23 ID:PjRHtIwP
>>218
宇宙が無限かどうかはまだ分からない。しかし、行き止まりはないはず。
一般相対論が通用しない状況になれば分からないが。

221 :名無しSUN:2007/01/27(土) 01:13:23 ID:0qjApdJT
ビックバン宇宙論は間違っていることを示すことが出来る。
ヒントは夕焼けである。ニュートリノや宇宙塵が空間に
ザーザー雨のように降っているから、短い波長は弾かれ、
長い波長である赤い波長しか届かず、赤く見えるである。
それが赤方偏移の正体である。ビックバン宇宙論の証拠
として提示される宇宙背景放射は、正物質と反物質が
空間から生まれて対消滅して光子が出てくるから発生
しているのであって、その他の理由で生まれているわけ
ではない。巨大な爆発で生じるというガンマ線バースト
などありえないのであって、短い波長がほんの少しだけ
届くのを無理矢理説明するためのアドホックな仮説に
すぎない(ビックバン宇宙論の反証の証明としてのガンマ
線バースト)。オッカムの剃刀を宇宙論に適用させると、
ここまで単純化して説明出来るのである。


222 :名無しSUN:2007/01/27(土) 02:07:41 ID:Ewhl5Jy8
ところで
広がり続ける宇宙の外側ってどうなっているの?

223 :名無しSUN:2007/01/27(土) 03:41:11 ID:+fb9l6yO
やはり最初にビッグバンありきは、何が何でも前提なんだよな。w
どんなことがあってもビッグバンで説明しようとして他の可能性は排除する。
そして周転円を重ねていく。

パラダイム変換なんてことは頭の中には全然無い。

対抗理論なんてのはあまり読んだこと無いんだろうなあ。

>>ttp://taro.haun.org/ykondo.html

何が何でもビッグバン、という典型。w

224 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/27(土) 20:14:13 ID:PjRHtIwP
>ガンマ線バーストなどありえない
ガンマ線バーストの何がありえないの?

と言っても、赤方偏移が理解できてないようだから何とも…

225 :名無しSUN:2007/01/27(土) 20:41:05 ID:+fb9l6yO
>>767 名前: 名無しSUN [sage] 投稿日: 2007/01/27(土) 14:57:35 ID:iU4RVw5m
>宇宙ができる前は無じゃねえってことだけは
>観測結果なしに言える
>だって存在しないんだもん
>じゃ何かがあったということは
>常態の変化がありこそすれ
>それも宇宙であって
>だから「宇宙のできる前」はない
>つまり「宇宙の始まり」なんてない

わかっている人がいる。



226 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/27(土) 22:43:57 ID:PjRHtIwP
言っておくが、宇宙の始まりとビッグバン理論には関係はない。

227 :名無しSUN:2007/01/28(日) 05:42:32 ID:6811mJUz
定説通りのことをコピペしているなあ。
東大佐藤教授が某ムックスでビッグバン擁護を展開していたけど、何が何でもビッグバンで笑えた。
学者でこの学説でやってきたから、否定されたらそれは感情的に嫌だろうけどね。

でもそうじゃあない人間が科学ジャーナリズムの学界の主流学説の無批判な垂れ流しを考えもせずに受け容れているようじゃねえ。
あんたの頭は帽子のためにあるのかよ、と言いたいな。w
ビッグバン論者の始祖の一人でもあるガモフなんてのは宣伝が上手かったらしい。
で、この始末だ。w
さしづめ信者なんてのはテレビCMで製品の効能を垂れ流したり、また納豆ダイエットを放映したら手もなく捻られるタイプだな。w

推理小説の古典で犯行現場に十の証拠があれば十以上の物語ができると探偵に語らせているものがある。
その一つに固執して、後から出てくる証拠がその物語の可能性を否定しているのに気が付かないのが現在のビッグバン学説論者。

過去の例から言ってもパラダイムを変えることは難しいことは重々承知だから、どちらに軍配が上がるのかは後世に任せることにしよう。

228 :名無しSUN:2007/01/28(日) 05:43:44 ID:6811mJUz
>>226

それが周転円だと気が付かないのかねえ。w

229 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/28(日) 11:59:42 ID:W4XYkevr
>>227
肩の上に帽子の台を乗せているのはお前の方だ。凝り固まっている頭をマッサージでもしてもらったらどうだ?

このスレの目的はプラズマ宇宙論の啓蒙にある。その為に俺はこのスレを守っている。
だが、同時にビッグバン理論を支持している。プラズマ宇宙論とビッグバン理論は相性が良い。
しかも過去においてビッグバンが起こった証拠は既に揺ぎ無い物になっている。特にここ10年余りの成果は
ビッグバンの具体的な証拠を挙げている。
しかし、ビッグバン宇宙論とプラズマ宇宙論は相容れない。

この意味が分かるかな?無理だろうけどね。

230 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/28(日) 12:08:10 ID:W4XYkevr
「ビッグバンは無かった」に凝り固まったヤツがたくさん居るんだよね。

コンノケンイチみたいに今の学説を理解しないで否定するヤツ
ラーナーのように「ビッグバンが無い」事を前提に理論構築するヤツ
この2種類しか見た事ないけど。

231 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/28(日) 12:47:36 ID:W4XYkevr
ラーナーが踏んだ勇み足の傷は深い。
ループ量子重力理論のように標準理論など無視して独自路線で功績を積み重ねていけば良い物を。
プラズマ天文学は確実に成果を挙げている。やがて観測可能な宇宙の現象を全て説明できるかも
しれない。
「『宇宙には電線が張り巡らされていない』という前提が間違いだった。」
と言われるようになればパラダイムシフトが起こる。

232 :名無しSUN:2007/01/28(日) 20:32:16 ID:M9y+dUcv
>>231
ラーナーは、素粒子物理についても、いろいろ、批判してるんだけど。
ループ量子重力理論なるものは、標準理論に比べて、検証性があるのですか?
「この理論なら、矛盾しません」といっても、
そもそも検証性ゼロでは、話にならない。
標準理論は、実験による検証がそれなりに可能なので、
いろいろ問題を抱え込むのでは。

この辺は宇宙論とも関係するけど。
前にも書いたけど、
「ビッグバン説が正しいとすれば、未知の宇宙斥力が理論上、要請される」
「未知の宇宙斥力があることにしちゃえば矛盾せずに観測事実を説明できます」
というのは、説得力があるのかどうか。

我々が身近に目にする重力(引力)に拮抗する斥力なるものは、
なんでこれまで存在自体すら、気づかれなかったのですか??

233 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/29(月) 23:43:19 ID:0oRO5894
>>232
ループ量子重力理論は最先端の量子重力理論で他の次期重力理論同様、検証は困難を極める。
一般相対性理論でさえこれ以上の検証には多額の費用が掛かるのだから当たり前だ。
だが、超ひも理論にさえ無い有利な特徴をいくつか備えている。最近は下火だが、現状の量子論と
非常に良くマッチする超ひも理論とどちらかが是でもう片方は非だと比べたら勝ち目は薄い。もっとも
そう考える者は少ないが。

認識不足も甚だしいが、ビッグバン理論を否定するとなると道は2つ
・一般相対性理論を近似としても認めない。
これほどまでに検証された理論を「不足があった」のではなく「完全に間違っていた」と言わねば
ならない。一般相対論自体の検証は観測技術の進歩と伴に進んでいる。

・現在の宇宙と完全に均衡する宇宙項を設定する。
ビッグバンを起こさない宇宙項は宇宙が重力で潰れてしまわず、かといってバラバラにもならない
極めて微妙なバランスの上に設定されなければならない。僅かでもずれれば、ズレは加速度的に
増大し宇宙はバラバラになるか、重力で潰れるかのどちらかだ。
ビッグバンを考えない方が不自然な仮定をより多く設定しなければ説明が付かない。

ダークエネルギーについては、ぐぐれば簡単に見付かる。ホットな話題だからね。少しは調べろ。

234 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/29(月) 23:59:25 ID:0oRO5894
宇宙項について一つ答えておこう。
数百万光年の距離を隔ててやっと効果が現れる力を簡単に観測できはしない。

235 :名無しSUN:2007/01/30(火) 07:52:59 ID:hLrMzaci
>>233
根本的に、観測されるハッブル膨張が、一般相対性理論の予測する動的宇宙なのか、
というのが問題なので。

ハッブル膨張が、一般相対性理論と無縁なものなら、そもそも、いくら
一般相対性理論が正しくても、ビッグバン説は成立しない。

ハッブル膨張を一般相対理論の予測する動的宇宙で説明するのは、それなりに
成功してるが、「未知の宇宙斥力」なるもを、想定しなければならない。
しかるに、「ビッグバンは正しい→だから宇宙斥力が証明された」
というには、話が逆では。


236 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/01/30(火) 22:34:54 ID:seLkDp/J
>>235
観測的宇宙論の特にWMAPを調べてもらえば分かるが、ビッグバンは完全に証明されたと言っていい。
肉眼では見えないがマイクロ波では煮え立つ超高圧プラズマが“見えて”いるのだ。

ビッグバン理論にとってダークエネルギーや宇宙項は言われているほど深刻な影響がある訳ではない。
NASAはダークエネルギー73%と発表したが、実はこれは証明された値では無い。もし宇宙にWMAPの
精度でも観測できない歪みがあったり、パラメータの何かの当てが外れたりするとNASAのWMAPチームが
採用した宇宙モデルがボツになりダークエネルギーの量が違った物になる。
それにアインシュタインが水星の近日点移動を正確に算出出来たのは、光速度や重力定数が無数の実験で
非常に高い精度で求められていたからだ。宇宙項はこれからの観測で埋めていかなければならない課題だ。
ついでに言えば、以前から一般相対性理論では重力が斥力になり得る事も知られている。

237 :名無しSUN:2007/02/09(金) 18:17:54 ID:+JWW9UoS
態々哲学板まで泣き言を言いに行くなよ。
みんな笑っているぞ。www

238 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/02/09(金) 21:36:01 ID:g8U4uoO3
哲学板から態々喚きに来るからだ。あれからパッタリ来なくなったと思ったら哲学板で
始めたんだな。最初からそうしておけば良いのに。
科学の世界は論より証拠だ。

239 :名無しSUN:2007/02/09(金) 21:39:40 ID:+JWW9UoS
>>239

オマエ、バカだろう。w

240 :239:2007/02/09(金) 21:42:35 ID:+JWW9UoS
オレは初めてここに来た。
オマエが面白いから探しに来ただけだ。www

241 :名無しSUN:2007/02/09(金) 21:44:34 ID:+JWW9UoS
239
>>239>>238

笑いながら書いたから間違えちまったよ。
哲板に来たらまた笑ってやるよ。www

242 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/02/09(金) 22:06:59 ID:g8U4uoO3
この珍客は図星を突かれて頭に来たかな。荒らしは放置という段階だな。

243 :名無しSUN:2007/02/11(日) 13:51:38 ID:KgxwcwGQ
243

244 :名無しSUN:2007/02/12(月) 06:38:52 ID:WC/4T533
ピグマリオン症
R世界とM世界を同一と理解することらしい。

科学者のほとんどがピグマリオン症。

245 :ビッグプラズマン ◆Lce6xupQvw :2007/02/12(月) 16:18:39 ID:EJGBP7d5
>R世界とM世界を同一と理解することらしい。
そのピグマリオン症とやらを良く知らないとココで言ってるな。

>科学者のほとんどがピグマリオン症。
で、科学者は、その「良く知らない」物だと明言するとは奇特な人である。

246 :名無しSUN:2007/02/15(木) 06:34:26 ID:ZCUvAjpe
29 名前: 考える名無しさん [sage] 投稿日: 2007/02/14(水) 16:28:25
>>1

唯物論も観念論もわからない奴は哲板に来るな、ボケ。



言われてるぞ。www

247 :名無しSUN:2007/02/15(木) 07:19:04 ID:bW3RhVrz
寂しいヤツだなw

248 :名無しSUN:2007/02/21(水) 04:35:36 ID:UbT8TPNN
>>239
>>239
>>239

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)