5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2億光年って

1 :名無しSUN:2005/10/21(金) 00:53:21 ID:QXdVtUrO
1億光年の2倍だろ?光の速さで移動して「やっと1億年終わったね」って
一息ついても、まだ1億年残ってるんだよ。やってられねぇよ!!

2 :名無しSUN:2005/10/21(金) 00:58:42 ID:dVpKSXpj
人類の歴史も2億光年位保ったらすげ〜な。

3 :名無しSUN:2005/10/21(金) 01:04:56 ID:RE/3w4ii
?????

4 :名無しSUN:2005/10/21(金) 01:08:18 ID:pzl9yOCp
光にしてみりゃ一瞬だけどな

5 :名無しSUN:2005/10/21(金) 04:24:36 ID:0+BYt5K2
一億日だって相当永いぞ

6 :名無しSUN:2005/10/21(金) 12:34:07 ID:j9eLYFIo
それの365倍だからねw
一億光年は

7 :名無しSUN:2005/10/21(金) 14:23:41 ID:g9pHpJPS
いちおく みつとし

8 :名無しSUN:2005/10/21(金) 16:41:43 ID:eYBp/wqK
光年を
時間の単位と思っている香具師が多い。

9 :名無しSUN:2005/10/21(金) 17:52:37 ID:6s39+zvP
それは常識のない人間が増えたと言うことです。

10 :名無しSUN:2005/10/21(金) 19:18:09 ID:AzEVRF6k
光年
→光が一年で進む距離の単位
でおk?

11 :名無しSUN:2005/10/21(金) 21:10:32 ID:/ibsNycA
「みつとし」って男の名前

12 :名無しSUN:2005/10/21(金) 21:35:27 ID:0+BYt5K2
>>8>>10 んなもんみんなわかってるよ。距離と時間のながさを併せてイメージしてるだけだろ。

13 :名無しSUN:2005/10/21(金) 21:51:59 ID:i8MXdgnt
1億光年=9460800000000000000000km


14 :名無しSUN:2005/10/21(金) 22:53:31 ID:WEubYxp/
歩いていったら 氏ぬな

15 :名無しSUN:2005/10/21(金) 23:22:01 ID:SjH7cWh/
イ`

16 :名無しSUN:2005/10/22(土) 02:02:38 ID:m7Eh2hKA
一億光年という距離は ありえない

17 :名無しSUN:2005/10/22(土) 02:17:30 ID:TCWYxZru
16
師匠 何故に?

18 :名無しSUN:2005/10/22(土) 02:44:58 ID:lgLxy7XT
>>16
クマー

19 :名無しSUN:2005/10/22(土) 02:58:22 ID:npYvbBFS
>>1
2億光年なんて銀河系が1周するだけの時間じゃん。たったの1周。
たいしたことねーよ

眠ってるあいだに終わっちまうね。

20 :名無しSUN:2005/10/22(土) 07:43:39 ID:zRjNc7ur
地球みたいな星なんていくらでもある

21 :名無しSUN:2005/10/22(土) 10:15:20 ID:BeZ6xZ3S
宇宙の距離は6000光年以内(by 創造論者)

22 :名無しSUN:2005/10/22(土) 17:36:43 ID:m7Eh2hKA
光っていつ消滅するの?

23 :名無しSUN:2005/10/22(土) 17:40:35 ID:SGNsqTZG
一億光年なら一億年でいいじゃん

24 :名無しSUN:2005/10/22(土) 17:45:01 ID:u3WQu1FE
なんだこのスレワラタ

25 :名無しSUN:2005/10/22(土) 18:45:02 ID:Lyms1HHn
>>23
?????

26 :名無しSUN:2005/10/22(土) 18:56:44 ID:3o4pZRU7
実際に2億光年などという距離はありえない
なぜなら2億年の間に始点はもとの場所にないからだ
測る行為が光速に拘束される限り2億光年という距離は測れないのである

27 :名無しSUN:2005/10/22(土) 20:32:28 ID:gzIn7utR
2億光年先になにがある、人間の想像を絶する。

28 :名無しSUN:2005/10/23(日) 01:39:42 ID:T9FPdtyf
一億光年=一億年間に光が進む距離
でFA?

29 :名無しSUN:2005/10/23(日) 02:02:17 ID:23rIbKcY
地球を米粒にたとえたら一億光年は月くらい?

30 :名無しSUN:2005/10/23(日) 02:08:19 ID:q3uE5Mnw
まだ長い

31 :名無しSUN:2005/10/23(日) 02:11:26 ID:aUIS8o/M
>>29
とんでもないでつ!
米粒3mmとして、地球が米粒なら1億光年は太陽系の16倍の大きさでつ。

32 :名無しSUN:2005/10/23(日) 06:17:02 ID:a8uuwNAD
>>31
なんかその表現じゃ一億光年が割と把握できてしまって、
凄いのか凄く無いのか良くわかんないな。

もっとこう、人が簡単に認識できないくらい凄いんだぜ感を感じさせる例えをおながいします。

33 :名無しSUN:2005/10/23(日) 07:51:07 ID:7tXz4v03
「簡単に認識できないこと」を感じるって難しいよな。
感じれたら認識できちゃってんじゃんw

34 :名無しSUN:2005/10/23(日) 09:15:14 ID:X5uWi0cm
簡単に言うと、
1億光年=地球を3153兆6000億周

35 :名無しSUN:2005/10/23(日) 13:53:09 ID:pd0WrFyH
>>32
太陽系を水素原子1個の大きさにすると1億光年は6.7mだから全然たいした距離じゃないんだよ。
だから簡単に認識できないなんていうほうが無理さ

36 :名無しSUN:2005/10/23(日) 15:46:06 ID:nnHG61Vy
>>8
するどいなー。最後が「年」だからな。
光ですら1億年かかるんだから、運動不足の俺が走ったら、何倍もかかるだろうなー

37 :名無しSUN:2005/10/23(日) 17:05:49 ID:23rIbKcY
>>35 6米ならなんとかなりそうだな

38 :名無しSUN:2005/10/24(月) 02:15:52 ID:ILsThIN/
>>36 特にするどくないでしょ

39 :名無しSUN:2005/10/24(月) 23:43:45 ID:ZvqtbAne
で計算してみると宇宙って一年でどのくらい大きくなってる計算なのさ?
赤方偏移とか宇宙が誕生してからの推定年齢とかで、なんとか何か見積もりできないものなのかな?
いや、あぼーんしていいから。

40 :名無しSUN:2005/10/24(月) 23:55:24 ID:aHH5I/pO
2億光年

41 :名無しSUN:2005/10/25(火) 00:10:09 ID:qOeLkPFw
一音年ってのはないの?

42 :名無しSUN:2005/10/25(火) 00:19:47 ID:NyNnXhLw
は?

43 :名無しSUN:2005/10/25(火) 00:30:32 ID:p4rVwzPK
>>41
お前の中で作ってろ

44 :名無しSUN:2005/10/25(火) 00:37:26 ID:tdrf/ojG
音はそんな速くないし(光に比べればね)遠くから何年もかけて届く音がないから無いんじゃないかな…

45 :名無しSUN:2005/10/25(火) 00:40:54 ID:8ipU3v0E
音速は一定じゃないから単位にはしづらいでしょ。

46 :名無しSUN:2005/10/25(火) 01:01:03 ID:GjKUPVGY
光も一定じゃないわけだが・・・
まあ宇宙の大部分は真空だから問題ないか。

47 :名無しSUN:2005/10/25(火) 02:05:02 ID:qOeLkPFw
ひかりってのはそんなにまで持続しるものなの?夜空にむかって照らしたライトはどこまで進む?

48 :名無しSUN:2005/10/25(火) 02:11:20 ID:DysWK3oG
100メートル

49 :名無しSUN:2005/10/25(火) 22:56:47 ID:qOeLkPFw
そんなもん?

50 :名無しSUN:2005/10/25(火) 22:59:53 ID:hy/ZaPTE
恒星とライトの光を比べるとは大胆不敵

51 :名無しSUN:2005/10/26(水) 08:45:16 ID:us3CHFJE
どこそこまで何億光年ってどうやってはかってるの?

52 :名無しSUN:2005/10/26(水) 10:37:30 ID:ANBDWYRq
>>51
変光星の周期と明るさ

53 :名無しSUN:2005/10/31(月) 12:24:17 ID:ODQ43QYI
一億電波年は?

54 :名無しSUN:2005/11/01(火) 00:12:59 ID:kHBHJBR1
↑バーカ

55 :名無しSUN:2005/11/01(火) 01:12:46 ID:eBsXmzLK
>>53一応答えますが 電磁波とは光も含みます


56 :名無しSUN:2005/11/01(火) 04:14:54 ID:sSSlpsGT
電磁ャー

57 :名無しSUN:2005/11/04(金) 02:18:03 ID:E03E27tS
一億音年は?

58 :名無しSUN:2005/11/04(金) 03:30:39 ID:BoSmIjHT
>>57 >>41

59 :名無しSUN:2005/11/04(金) 19:04:28 ID:eQ212yfV
>>58
一音年と一億音年じゃ全然違うだろ。
数の勘定もできないのか?

60 :名無しSUN:2005/11/04(金) 19:12:18 ID:Vr7lBgwg
何でそんなことで切れるんだ

61 :名無しSUN:2005/11/04(金) 19:23:55 ID:JeYjoZs/
音速で距離を表わす利点って何だろう。
雷の距離がわかるくらい?

62 :名無しSUN:2005/11/04(金) 20:56:20 ID:JLtY0W9x
音で距離を測ったら、温度や媒体で距離が変わるぞ。
つーか、真空の音速を基準にしますなんて定義ができたら(ry

63 :名無しSUN:2005/11/04(金) 21:54:42 ID:wo1u8a1A
>>61
マッハ

64 :名無しSUN:2005/11/04(金) 23:11:40 ID:zDmKv8YZ
天文は物理できるんだろ!?なんだこのザマは!

65 :名無しSUN:2005/11/04(金) 23:20:55 ID:JeYjoZs/
日本語ができない人が来ました。

66 :名無しSUN:2005/11/05(土) 01:05:10 ID:fHx/H6IE
マッハ文明

67 :名無しSUN:2005/11/05(土) 01:52:10 ID:FUlRgX8Q
>>62
別に空気中1気圧20℃のときの音速とかを基準にすればいいじゃんか。
そのくらいのことも判らないのか?

68 :名無しSUN:2005/11/05(土) 06:13:56 ID:G7snjv2R
音速はマッハ
光速はなんて言うんですか?

69 :名無しSUN:2005/11/05(土) 06:24:00 ID:fHx/H6IE
帝国歌劇団

70 :名無しSUN:2005/11/05(土) 07:35:11 ID:lIhEcbDZ
スーパージェッターが乗る流星号の巡航速度は、マッハ15だお。

話を戻して2億年前ってえと、地球では三畳紀の頃なんだね。
二畳紀で栄えた三葉虫などが絶滅して恐竜が劇的な進化をとげている真っ最中だ。
海ではアンモナイトが大量発生し、彼らは宇宙深遠の出来事を考え杉て
殻が丸まってしまったのかもしれないぞ!


71 :名無しSUN:2005/11/05(土) 20:16:12 ID:fHx/H6IE
いまの星の輝きはそのころ出発した光なんだね

72 :名無しSUN:2005/11/07(月) 00:03:33 ID:TQU6/HiC
>>68
シューマッハ

73 :名無しSUN:2005/11/07(月) 01:19:43 ID:Aiq2Eslf
カーティケアン

74 :名無しSUN:2005/11/07(月) 17:36:03 ID:Aiq2Eslf
ニマンコーネン

75 :名無しSUN:2005/11/11(金) 03:19:33 ID:zKw7eXbF
良スレ

76 :名無しSUN:2005/11/11(金) 21:11:32 ID:q+GkHGoo
2億光年って 光が2億年かかった距離でいいんじゃないですか?
で距離計算は 1年間に進む光の距離*2億年
 時間は   2億年かかったが実際は0年

        こうゆう事でしょ

77 :名無しSUN:2005/11/11(金) 22:00:54 ID:q+GkHGoo
続くだ
で、なぜに実際は0年かと言うと光自体が時だからです。
だから時間的な2億光年の2億年には意味が有りませんと相対論が言う。
絶対時間は相対論が嫌うからです。
でも光年は光そのものの伝播時間を意味するから、べつに・・・・問題ない

78 :名無しSUN:2005/11/11(金) 22:21:18 ID:P8tx7GqO
ワカンネ

79 :名無しSUN:2005/11/12(土) 12:49:32 ID:d9UQujw4
トンデモネ

80 :名無しSUN:2005/11/13(日) 13:19:55 ID:0PL9HnFS
ナベツネ

81 :名無しSUN:2005/11/14(月) 16:06:19 ID:3PT6D2w+
ミナツネ

82 :名無しSUN:2005/11/21(月) 03:05:38 ID:iJSYngoE
ん?

83 :名無しSUN:2005/11/21(月) 03:19:07 ID:rppQX+Ev
1光年だったら歩いて楽勝で行けるだろ

84 :名無しSUN:2005/11/21(月) 05:08:00 ID:dPjzF7oN


85 :名無しSUN:2005/11/21(月) 09:04:13 ID:lDL6JaI0
そろそろ0.3光年ぐらい進んだかな>>83


86 :名無しSUN:2005/11/21(月) 10:21:18 ID:juLo20XN
1光年って何km?

87 :名無しSUN:2005/11/21(月) 10:27:40 ID:NSQ2x1Yl
>>86
光は1秒間に、299792.458km進む。
あとは自分で計算汁。

88 :名無しSUN:2005/11/21(月) 10:47:49 ID:eCjLpjYn
単位の掛け算って知ってるよね。2億光年は2億年の光倍。

89 :名無しSUN:2005/11/21(月) 13:14:10 ID:C96NAAzh
悪いうわさと光ではどっちがはやいっすかね?

90 :名無しSUN:2005/11/21(月) 15:45:58 ID:VjmnE28J
悪い噂

91 :名無しSUN:2005/11/21(月) 15:56:48 ID:oqcDfhDv
('A`)

92 :名無しSUN:2005/11/21(月) 16:00:07 ID:lkr075rn
そうだなぁ…。確かに悪い噂ってやつは時々因果律を無視している気がする。
光より速いんだろうなぁ…。


93 :名無しSUN:2005/11/22(火) 23:01:02 ID:RC9aldQX
外人の友達との会話
「ケビン君、光年って英語でなんていうの?」
「Ah…light yearデス」
「へえ…そのまんまだね…」
「ソウデスネ…」
「light yearなんだー…そうかー」
「ハイ…」


94 :名無しSUN:2005/11/23(水) 17:09:28 ID:eLxWO4Bp
な に が い い た い

95 :名無しSUN:2005/11/23(水) 23:05:32 ID:IW8t4ipB
なるほどー

96 :名無しSUN:2005/11/23(水) 23:07:32 ID:QItw1whb
新星がNew Starだったらぐらいのショック

97 :名無しSUN:2005/11/24(木) 09:25:58 ID:1xF1lOgP
日本人の友達との会話
「モコミチ君、light yearッテ日本語デナンテイウノ?」
「えーと…光年です」
「ヘエ…ソノマンマダネ…」
「そうですね…」
「光年ナンダー…ソウカー」
「はい…」

98 :名無しSUN:2005/11/24(木) 18:30:17 ID:2JqEmfg0
モコミチ君、そこでぼけないとっ

99 :名無しSUN:2005/11/24(木) 23:30:25 ID:NxBihlup
光万

100 :名無しSUN:2005/11/29(火) 00:05:04 ID:6h5Fsw0b
この世で1番遅いのはなに?

101 :名無しSUN:2005/11/29(火) 04:10:47 ID:dUwrXlke
俺の寝る時間

102 :名無しSUN:2005/11/29(火) 20:30:45 ID:6h5Fsw0b
どうせ遊んでるんだろ

103 :名無しSUN:2005/12/02(金) 13:36:54 ID:ymiTD5Ur
白鳥座と地球って何光年離れてるの?

104 :名無しSUN:2005/12/02(金) 15:18:22 ID:IdH8t2E2
>103
地表上にある (った) よ。
ttp://homepage1.nifty.com/y_nakahara/saitama32.htm
ttp://homepage1.nifty.com/y_nakahara/tokyo32.htm

105 :名無しSUN:2005/12/02(金) 17:18:14 ID:mypdRu9Y
宇宙の大きさからくらべれば天体なんて微々たる大きさなのに存在意義はなんなんだろう。

106 :名無しSUN:2005/12/02(金) 17:52:50 ID:IDwg1XwF
>>103
星図を見れば分かるけど、はくちょう座と言っても、
すごくたくさんの星があるんです。
その星一つ一つがそれぞれ、違う距離にあるのが、偶然、
その近辺に固まって見えるんだよ。
ちなみに、はくちょう座で一番明るいデネブという星は、
今の観測では3200光年と言われている。

107 :名無しSUN:2005/12/02(金) 18:49:19 ID:bLMNXVgw
正座って渦巻銀河の中に全部あるのです?

108 :名無しSUN:2005/12/02(金) 22:04:31 ID:jSxpZOGe
当たり前だろ。
お前にはマゼランやアンドロメダにある星1つ1つが見えるのか?

109 :名無しSUN:2005/12/02(金) 23:31:23 ID:bLMNXVgw
北斗七星のどれかはそこらへんにあるのかと。

110 :名無しSUN:2005/12/02(金) 23:50:33 ID:9uFZ1NNl
まぁ、極端に明るい銀河があれば星座を形作る星のひとつになっていても不思議ではないかも。
北斗七星ってのはなんの話しか良く分からんが。

111 :名無しSUN:2005/12/03(土) 02:08:03 ID:JS5E/PLm
celestiaというソフトを使って、星座の星が、天の川の中の
どの辺に位置しているかを見るのが面白い。
俺は、実際にこれをやってみて、自分が見ている星の一つ一つが
天の川銀河のなかでも、非常に狭い範囲の中にあることを
始めて実感できた。
天の川銀河の中でも、遠くの星は、星間ガスにじゃまされて見えない。

112 :YahooBB218115060087.bbtec.net:2005/12/03(土) 02:32:37 ID:V0VxX/yN


113 :名無しSUN:2005/12/06(火) 02:09:52 ID:MXGL/50c
ほしのこえ

114 :名無しSUN:2005/12/07(水) 05:03:51 ID:DztOGt2M
ぼくがお気に入りのページ。
ttp://www.anzwers.org/free/universe/index.html

115 :名無しSUN:2005/12/08(木) 08:10:38 ID:7IrNk2J8
ほしのあき

116 :べジータ:2005/12/08(木) 22:06:31 ID:d75lOIOD
ほしのあき

117 :名無しSUN:2005/12/10(土) 23:32:01 ID:7bFBwTj8
ほしの

118 :名無しSUN:2005/12/15(木) 20:07:53 ID:dfjEg9JR
あき

119 :名無しSUN:2005/12/17(土) 02:50:33 ID:/OWI74dI
ほしのあ

120 :名無しSUN:2005/12/17(土) 03:37:53 ID:ffTJC7Vc
きほし

121 :名無しSUN:2005/12/18(日) 19:36:40 ID://4KFitg
のあ

122 :名無しSUN:2005/12/18(日) 19:44:23 ID:T0uDTudH
きらにしき

123 :名無しSUN:2005/12/22(木) 02:12:32 ID:REtj+Tvj
のあきら

124 :名無しSUN:2005/12/22(木) 02:19:09 ID:kvKfQowR
h

125 :Peter ◆P902ifJY8w :2005/12/22(木) 05:49:58 ID:D2NxLs7s
ぬるぽ

126 :名無しSUN:2005/12/22(木) 05:52:44 ID:JkDWSlHB
↑ がっ

127 :名無しSUN:2005/12/26(月) 01:16:47 ID:u9fvgkrd
ぬるぽ

128 :名無しSUN:2005/12/26(月) 01:59:08 ID:K/J6ETis









がっ

129 :名無しSUN:2005/12/30(金) 01:17:43 ID:hWmgXU+l
ぬるぬるクリニック

130 :名無しSUN:2005/12/30(金) 18:52:56 ID:hWmgXU+l
ヌルポン

131 :名無しSUN:2006/01/02(月) 01:59:37 ID:irs+cEkY
ぬるぽ

132 :名無しSUN:2006/01/02(月) 02:53:48 ID:6JHGWgCk
がっ

133 :アホ音大生:2006/01/02(月) 03:15:26 ID:0POVN3mO
>光は1秒間に、299792.458km進む
一光年って60×60×24×365×299792.458
の計算であってますか?

134 :名無しSUN:2006/01/02(月) 18:52:17 ID:rkFBCd10
あってるだろ

135 :名無しSUN:2006/01/03(火) 09:43:40 ID:9A28Jz7n
いや

136 :名無しSUN:2006/01/17(火) 11:59:52 ID:1gDJiX2M
永い永すぎる

137 :-7,74Dさん:2006/01/21(土) 10:14:42 ID:609pLVuF
永いってより長いだな。

138 :名無しSUN:2006/01/22(日) 14:16:31 ID:9b805Dt6
中学英語教科書もながい旅にでましたね

139 :名無しSUN:2006/01/22(日) 14:28:52 ID:ObX8veOL
光がどこまで届くってのより
宇宙に放ったカメハメ波がどこまで届くかの方が気になるな。


140 :名無しSUN:2006/01/23(月) 03:29:09 ID:Ua06R7ve
カメハウス

141 :名無しSUN:2006/01/24(火) 01:13:30 ID:k8oaZI3v
星が見えるっていう状態は恒星を出た光が網膜に届いた、ということですか?

142 :名無しSUN:2006/01/24(火) 02:21:03 ID:0BYmqZvx
>>141
光子は、ひとつ、ふたつ、と数えることはできない。
つまり光はどんな遠くまで行っても光子がまばらな状態にはならないので
必ず受光できる。
もちろんエネルギーが低いと感度は無限に低くなっていき、検出は難しくなるが、
確実に到達する。

143 :名無しSUN:2006/01/26(木) 23:03:07 ID:XLGbJcIZ
くわしいな

144 :名無しSUN:2006/01/30(月) 03:03:24 ID:TH+1FFiz
>>13
間違ってるよ。

145 :名無しSUN:2006/01/30(月) 18:04:25 ID:TH+1FFiz
>>133
1年は365日ではないようです。

146 :名無しSUN:2006/01/30(月) 21:49:53 ID:heuJmg1F
365.2422まで書けばいいのに…

147 :名無しSUN:2006/01/31(火) 07:57:23 ID:zShHoTiY
>>146
それでもない

148 :名無しSUN:2006/02/01(水) 18:35:29 ID:nokgv4aO
自分は1 pc (パーセク) ≒ 3.2616335 光年と覚えていたが、
これは太陽年(=回帰年)で計算した場合。

昔読んだ天文観測年鑑・理科年表では,
1太陽年(=回帰年≒365.242194日)に光が進む距離という定義が載っていたはずなんだが、
最近の本では1ユリウス年(365.25日)に光が進む距離も採用されているようだな。

結論:光年の定義は本によって違うので、4桁よりも高い精度の議論をする時は、
ちゃんと定義して使うべし。

なぜかWikipediaではユリウス年による定義しか載っていないが・・・
まあ最近はJ2000.0の星表が浸透しつつあるからね。


149 :名無しSUN:2006/02/02(木) 19:43:32 ID:2cowZh3I
1光年=9兆km

150 :名無しSUN:2006/02/03(金) 11:45:10 ID:tiSrCA2Z
円周率=3

151 :名無しSUN:2006/02/03(金) 20:02:27 ID:GvlJyw90
3,141592653589793238462643383279502884197169399375
まで覚えた
次は105820974944…

152 :-7,74Dさん:2006/02/05(日) 05:08:44 ID:Hto0Sh8b
オレの年齢=24

153 :名無しSUN:2006/02/06(月) 01:22:19 ID:lJMyRXL+
ちゃんと計算しておこう。

ユリウス年(365.25日)で計算する場合は、
1 光年 ≡ 365.25 × 86,400 [sec] × 299,792,458 [m/sec]
   ≡ 9,460,730,472,580,800 [m]

太陽年(J2000.0において365.242,190,419日)で計算する場合は、
1 光年 ≒ 365.242,190,419 × 86,400 [sec] × 299,792,458 [m/sec]
   ≒ 9.460,528,188,28 × 10^15 [m]


154 :名無しSUN:2006/02/06(月) 01:25:52 ID:lJMyRXL+
1 パーセク (pc) ≡ 1,296,000 / 2π [AU]
   ≒ 1,296,000 × 1.49597870 × 10^11 / 2π [m]
   ≒ 3,085,677,57 × 10^16 [m]

よって
1 pc ≒ 3.261,563,77 ly (in a Julian year)
1 pc ≒ 3.261,633,50 ly (in a tropical year at J2000.0)

昔は毎年微妙に変動する太陽年が使われていたが、最近はユリウス年が使われるようになった。
昔の本では1光年は太陽年で定義された値が採用されていたが、
ここ20年の間に徐々にユリウス年へシフトしたようだ。


155 :名無しSUN:2006/02/06(月) 01:59:52 ID:lJMyRXL+
>>154の訂正

1 パーセク (pc) ≡ cos^2θ/sinθ[AU] (θ = 2π / 1,296,000)
          ≒ 1,296,000 / 2π [AU]

まあ三角関数を導入して厳密に計算しても、
3.085,677,567 × 10^16 mまでは一緒だったけど。
あと計算途中でまるめ誤差が発生していた。

1 pc ≒ 3.261,563,76 ly (in a Julian year)
1 pc ≒ 3.261,633,50 ly (in a tropical year at J2000.0)


156 :名無しSUN:2006/02/12(日) 23:31:53 ID:Rvf57Vjr
なぜ100億光年先の光が届くのか?
なぜそれはビッグバン時に近いのか?
こう考えると、なぜ全天がビッグバンの始発点なのか?
と、すると全天とはビッグバンの方向のみ観測している事になる?



157 :名無しSUN:2006/02/13(月) 12:39:23 ID:tkKZLuqu
>>156
その通り。
相対性理論では、光速度を越えて宇宙は膨張することはあり得ないので、
観測できる再遠の宇宙の姿はビッグバンからしばらく経った姿ということになる。

まあビッグバン自体、観測と理論から導かれた推論なので、
将来的にビッグバンが否定されることだってあり得る。


158 :名無しSUN:2006/02/13(月) 20:25:17 ID:fuaJYxGv
素朴な疑問
1億光年って、どうやって測ったんだろ?
誰かが一億年生きて 実際に測ったわけじゃないよね

159 :名無しSUN:2006/02/14(火) 00:04:15 ID:l4cF6ZBp
>>158
距離の測定なんて、案外いい加減なもんだよ。

その銀河の中の変光星が経験的にこのぐらいの明るさになるとか、
その銀河で何番目かに明るい恒星は経験的にこのぐらいの明るさとか、
スペクトルの赤方偏移がこのくらいのスピードで観測されているからとか・・・

大体100光年台レベルの恒星の距離ですら、2桁程度の精度で求まったのはここ10年の間。
1000光年台レベルのデネブは、相変わらず1桁目すら正確に求まっていない。
現在1億光年と云われている銀河だって、ほんの10年後の観測と理論次第では、
実は1000万光年しか離れていないとか、実は10億光年も離れていたとか、いくらでも変わりうる。


160 :名無しSUN:2006/02/14(火) 11:43:15 ID:9VNQqJ2T
>>159
そんなもんなんだ
ありがとう

161 :名無しSUN:2006/02/14(火) 12:42:05 ID:U2nZmjeh
2ちゃんねらーの言う事をあまり鵜呑みにすんなよ。
必ず複数の情報源からの情報を吟味して自分の知識にしないと恥かくよ。

162 :名無しSUN:2006/02/14(火) 14:42:40 ID:f2nJKmog
でも実際距離の測定なんていい加減だよ。
近場の銀河なんて、実際には近づいてくるものすらあるから、
Hubble定数を適応できない。1億光年ぐらいも、結局その位置にある銀河団
の平均値に対してHubble則を適応して求める。

セファイド型変光星の周期光度関係も、結構光度の改訂が頻繁に行われている。
Tully-Fischer関係なんてのも経験則で、その理論的構築は不十分。

とにかく天体の距離の基礎となるのが三角視差。
他の計測方法は、経験則と理論則が組み合わさった、結構いい加減なもの。
三角視差はHIPPARCOSという衛星を使った観測により、
大幅に改訂されたが、それでも1000光年レベルの星の距離はまだ正確とは
言い難いのが現状。


163 :名無しSUN:2006/02/15(水) 00:30:11 ID:Y5tls6SK
たぃょぅ( =゚ω゚)ノから地球まで8分もかかるってのがすごい。

164 :名無しSUN:2006/02/15(水) 01:21:07 ID:Iqs686Dx
歩いたらもっとすごいぞ

165 :名無しSUN:2006/02/16(木) 03:04:24 ID:YhikXERt
星を何気なくみてるが、遥か昔の過去を見てるのかぁ〜 不思議や

166 :名無しSUN:2006/02/16(木) 07:59:30 ID:92lu8UFw
地球より20光年先の星にすんごく進んだ文明があったとして、超絶性能望遠鏡で
地球を観測したら、20年前のわしが街を闊歩していたり浜辺で女の子引っ掛けたりしていたの
見れるんだろか?

167 :名無しSUN:2006/02/16(木) 09:55:56 ID:Mlmmdjvv
ちょっと無理

168 :名無しSUN:2006/02/16(木) 17:19:47 ID:JanxY6e0
20光年≒2 x 10^17 m先にある1 mの物体を認識するということは、
1 m先にある 5 am (アトメートル)の大きさの素粒子を認識するのと等価なわけだが、
光には干渉の問題があるから、光で直接的に認識するのは理論上無理。



169 :名無しSUN:2006/02/16(木) 22:43:16 ID:1CHyLbUy
>>163
光の速度(30万キロ/s)だと、光が地球に到達するに8分かかる。
でも光は時間がない、そこで物体が仮に(30万キロ/s)だと、地球に到達するに8分かかる。
でもその物体の時計では何分経過するだろう?
ちなみに光での経過時間は0分です。
計算できる人いますか?

170 :名無しSUN:2006/02/16(木) 23:35:00 ID:UNBLCA9M
(´・ω・`)光ズルイっす

171 :名無しSUN:2006/02/17(金) 00:35:24 ID:0TAIqlvm
>>169
の問題は相対論の問題だと思います、要するに我々は相対論を
理解できないのです。

172 :名無しSUN:2006/02/17(金) 00:48:58 ID:0TAIqlvm
続く
>>169
の問題も答えはあると思います、しかしがんじがらめの巧妙な理論で
この答えが得られなくするように仕組んであります。

173 :名無しSUN:2006/02/17(金) 10:09:50 ID:M+t4GjFB
高さ÷2

174 :名無しSUN:2006/02/17(金) 10:51:59 ID:8CsphL5f
>>173


175 :名無しSUN:2006/02/17(金) 12:43:38 ID:6a4+I8Wx
時計である以上、光速以上にはなれない。
ほんのわずかでも時間は進んでいるはず。

176 :名無しSUN:2006/02/17(金) 13:24:01 ID:0TAIqlvm
具体的に何分ぐらいか言えませんか?
できればその理由とか

177 :名無しSUN:2006/02/17(金) 18:52:52 ID:pPWspUi/
>>169
真空中を光速度cで飛んでいる物体上での時間は全く経過しないので、0分です。
現実世界の光は、光速度cで飛んでいないので、少しずつ時間が進んでいきます。


178 :名無しSUN:2006/02/17(金) 20:13:59 ID:WcPiP6n3
>>177
地球から太陽を観測すと8分前の情報ですね
物体で太陽から地球に30万キロ/sで到達しても8分です。
光も8分です。
しかし物体は時間が有ります、光は物質ではないので時間がありません
どんな光でも時間はありません、光特有の性質です。
と、なると物質、物体、時計、原子時計は時を刻むことになります。
たとえ30万キロ/sの物体であろうが時を刻むわけです。
それと物体の30万キロ/sは光速ではないのです、たぶん光速の3分の1の
速度です。
ではなぜ8分で到達できるのかは? 太陽と地球の距離が半分になったからです。



179 :名無しSUN:2006/02/18(土) 03:10:08 ID:kyKofEBJ
>>178の続き
自分で言うのもなんだが
まあこんな具合に とんでもに成って行くのです。


180 :名無しSUN:2006/02/18(土) 04:54:46 ID:yC6iLciA
>>178-179
自分で無理やり相対論を変な問答に変換していないか?

人工衛星に載せた時計が少しずつ遅れるという事実を知っているのか?
限りなく光速度に近づけば、限りなく経過する時間もゼロに近づく。
だから、太陽から地球に光が到着する時間は、地上にいる人間からしてみれば8分だが、
実際に光速度で太陽から地球に来た人にしてみれば一瞬ということになる。

>しかし物体は時間が有ります、光は物質ではないので時間がありません
>それと物体の30万キロ/sは光速ではないのです、たぶん光速の3分の1の 速度です。
意味不明。
「光は物質ではないので時間がない」なんて言い回しは光速度普遍の原理を誤解している。


181 :名無しSUN:2006/02/18(土) 11:13:41 ID:kmAzHSsk
>人口衛星の時計が遅れる・・
素人ですまないが、針の動きはどこでも一定じゃない?遠心力とかなにか力が加われば変化しそうだけど。
太陽から8分というけど、8分前にでたというのはなぜわかりますか?

182 :名無しSUN:2006/02/18(土) 12:31:11 ID:kyKofEBJ
>>180
は理解不能です

183 :名無しSUN:2006/02/18(土) 12:58:13 ID:x6UtkliA
>>181
ジェット機に設置した時計がどんどん遅れるといった事実が、
相対論の間接的な傍証とされてきた。
計時変化が光速度不変則によって左右されるというのが相対論のキモ。
普通の電子時計で遅れるので、針の動きは関係ない。

太陽から8分というのは、単純に地球・太陽の距離を光速度で割っただけ。
もっとも月までの距離とかは表面の反射を利用して光で実際に測定できる。


184 :名無しSUN:2006/02/18(土) 13:07:32 ID:kyKofEBJ
>>180
>実際に光速度で太陽から地球に来た人にしてみれば一瞬ということになる。
なんで人の30万キロ/sが光速ですか?変すぎる

185 :名無しSUN:2006/02/18(土) 13:20:03 ID:kyKofEBJ
>>184続き
相対性理論本人(アインシュタイン)も言っている
人が30万キロ/sで移動中、手鏡が使えるかの問いで・・・・
>>180は大間違いです。

186 :名無しSUN:2006/02/18(土) 13:45:53 ID:kyKofEBJ
>>185続き
なぜ3分の1かと言ったのは後の3分の2が光速値に符号するからである

187 :名無しSUN:2006/02/18(土) 13:54:43 ID:kyKofEBJ
だから3分の1は15万キロ/sです
太陽地球間も半分になったからこれで8分で到達したのです
  矛盾はない。

188 :名無しSUN:2006/02/18(土) 14:23:09 ID:ySxKSY2A
時計の遅れで「時計の針」とか言ってるの見て萎えたけど
よく考えてみると、ここって物理板じゃなくて気象板なんだよな。レベルが低くて当然。

189 :名無しSUN:2006/02/18(土) 14:26:22 ID:kyKofEBJ
だから相対論は絶対理解できない構造になっているのです。

    おわり

190 :名無しSUN:2006/02/18(土) 15:42:52 ID:kmAzHSsk
>>188
針は遅れないんですか?

191 :名無しSUN:2006/02/18(土) 15:58:31 ID:ySxKSY2A
>>190
飛行機や衛星に乗せるような実験の時は、針の時計なんて使わない、原子時計とか使う。
針だから遅れが云々ってのは論外の議論。



192 :名無しSUN:2006/02/19(日) 11:46:58 ID:lk9yAfi9
遅れるのは時計でなく時間そのもの、という事を理解できてない人が多い希ガス。


193 :名無しSUN:2006/02/19(日) 23:17:43 ID:jRwugRxV
針の時計でやったらどうなる?

194 :名無しSUN:2006/02/19(日) 23:28:40 ID:aXZgCJm2
数式を出せば良いんだよ。
ルートcマイナス何とか分の何とかっていう奴。
知ってる奴、書いてやれ。

195 :名無しSUN:2006/02/19(日) 23:53:57 ID:o62oGoKS
>>193
加速度とか温度とかの影響で精度が出ず測定どころじゃないっちゅー話でしょたぶん

196 :名無しSUN:2006/02/21(火) 22:47:10 ID:Vls9cXnN
では、太陽から地球まで物体(宇宙船)が30万キロ/sで到着しました。
さて宇宙船内の時計では何分経過したことになるでしょうか?


197 :名無しSUN:2006/02/21(火) 23:00:51 ID:FDvrRSQg
光の世界では物質組成の形態も違うから時間そのものが

198 :名無しSUN:2006/02/21(火) 23:41:35 ID:hA+5kuk7
>>196
0ちゃうの?

199 :名無しSUN:2006/02/22(水) 01:01:04 ID:C+X0gyZl
物体が動くわけだから ちがいます。
答えはもちろん 勘 でけっこうです。

200 :名無しSUN:2006/02/22(水) 08:19:38 ID:qnET1SYB
物体が動いたわけだが
それが光速なら 動いていた物体同士の相互作用が完全に止まるから
0ってことじゃないの?

201 :名無しSUN:2006/02/22(水) 08:38:30 ID:C+X0gyZl
だから、それは光速では無いです、物体の30万キロ/sです。
参考レス>>185>>187
以後これの くりかえしとなります。

202 :名無しSUN:2006/02/22(水) 10:22:23 ID:7AIT/bks
質量のある物体は30万キロ/sには決してならない。

203 :名無しSUN:2006/02/22(水) 18:44:44 ID:YostJKB9
それだよな。タイムマシンの話に似てる

204 :名無しSUN:2006/02/22(水) 20:49:28 ID:W4PTLaWR
>>202
何だよ
「Aだったらどうする?」→「Aになることはありません」
問題になってねえじゃねえかw

205 :名無しSUN:2006/02/22(水) 21:38:39 ID:LZPVrA2s
てかそもそも30万 km/s って、光速度越えてるじゃんかよ


206 :名無しSUN:2006/02/22(水) 23:22:17 ID:W4PTLaWR
>>205
見事な反論だーw

207 :名無しSUN:2006/02/22(水) 23:48:54 ID:svhflsxg
http://www.geocities.jp/mahbohdoufu/index.html


208 :とま:2006/02/23(木) 03:51:44 ID:QQLxkDdl
今使ってるスペースシャトルはどれくらいの量のロケットエンジン使ってるんですか?

209 :名無しSUN:2006/02/23(木) 09:53:27 ID:rU9iw7sT
リンゴ3個分くらい

210 :名無しSUN:2006/02/23(木) 17:43:56 ID:Wzhr/4zS
>>206
この世には超高エネルギー粒子ってのもあるらしい?

211 :名無しSUN:2006/03/05(日) 03:34:06 ID:nd6ucdo1
わからないことだらけだ

212 :名無しSUN:2006/03/05(日) 17:47:41 ID:ZWbvf5l4
このスレを理解するのに2億年かかりそうです><

213 :名無しSUN:2006/03/05(日) 17:56:22 ID:RhxjxVfj
>>212
お前の頭でそんなに早いわけねー

214 :名無しSUN:2006/03/20(月) 01:33:45 ID:pNKfcjzC
スプリング8も有るし。

215 :名無しSUN:2006/03/20(月) 12:35:03 ID:pNKfcjzC
太陽にスプリング8があって、その放射光を地球に発射したら
何分で到達するだろう?

216 :名無しSUN:2006/04/08(土) 01:10:21 ID:GwPna8GF
なに8って

217 :名無しSUN:2006/04/08(土) 11:57:48 ID:AzKQI4wk
8は電子の最大加速エネルギーである8GeVに因んでつけられた

218 :名無しSUN:2006/04/12(水) 10:09:59 ID:22wRDBn/
違うよ、エイトマンから来てるんだよ

219 :名無しSUN:2006/04/12(水) 17:36:04 ID:24C4lDQ0
光る〜海 光る大〜空 光〜る大〜地〜♪

220 :名無しSUN:2006/04/29(土) 00:07:54 ID:cv9dDd9U
アインシュタインの手鏡の話では、光は加速されるのである。
見かけ上は光速を突破しているのである、だから物質の30万キロ/s
は光速ではないのである。

だから実際に光は加速されない訳だから物質の30万/sの解釈が間違っ
ているのである。
この時、双方相対速度差は光速の3分の1だろう、実質相対換算速度は
15万/sであると思う。


221 :名無しSUN:2006/05/05(金) 00:56:59 ID:qEN5TaCn
光〜るあた〜ま〜♪
だったはず。。

222 :名無しSUN:2006/05/18(木) 12:51:38 ID:qVtECnWl
超光速運動が可能な物質があったとしても我々には認知できない。
ということは逆もまたしかり。

タキオン世界ではタキオン生物に「どうすれば光速より遅くなれるか」
との議論があるかもしれない。そしてその討論が今君の部屋で
行われているかもしれない。

223 :名無しSUN:2006/05/18(木) 13:39:30 ID:vJiSgoqq
討論が行なわれている間に君の部屋を一瞬通過してるかもしれない、だろ。

224 :名無しSUN:2006/06/05(月) 03:49:36 ID:+3ZGGmSF
すげ

225 :名無しSUN:2006/06/05(月) 05:28:03 ID:qGBx+C5d
ハイ(゚、゚)ノシ
俺、今君の部屋通過した

-≒≒★★☆ッリ

226 :名無しSUN:2006/06/24(土) 20:17:23 ID:MyHg8CqX
なんじやそら

227 :名無しSUN:2006/08/22(火) 10:06:02 ID:jejLR3eY
二億光年先に俺が住んでる星がある

228 :名無しSUN:2006/08/22(火) 13:15:14 ID:STshTQie
宇宙戦艦ヤマトの1ワープは何光年なんだ?


229 :やめてけろ:2006/08/26(土) 21:48:20 ID:9xv894sy
っつうか、この名無しとかマジ暇人!!
いい加減にしろっ!!
ヤマトとか難しいし…



230 :名無しSUN:2006/08/26(土) 21:50:29 ID:aqSosxFg
エイトマンは光の速さ越えたような…

231 :名無しSUN:2006/08/27(日) 00:58:48 ID:3JzY6p/e
このスレタイでなぜここまでひっぱるんだ?

232 :名無しSUN:2006/08/30(水) 13:44:08 ID:4GwIQNij
今は閉鎖されてしまったが、「星見人・・・大地町」のなんたらかんたらとかいうサイトで、
わが銀河系から一番近いといわれているアンドロメダ星雲まで230万光年。タクシーで行った場合、約1兆年かかる
とか書かれていた。1兆年って、ワケ分からん・・・(´A`)

>>163
月ですら、たしか1.5秒くらいかかってるよ

233 :躊躇い侍 ◆v5.co.jp/o :2006/08/30(水) 14:02:04 ID:l8ag4QnJ
太陽までなら8分半掛かるね。
地球赤道上を秒速7周半。

234 :躊躇い侍 ◆v5.co.jp/o :2006/08/30(水) 14:02:45 ID:l8ag4QnJ
あら重複スマソ

235 :名無しSUN:2006/08/31(木) 12:05:54 ID:KjNlQ85m
2億光年どころか、2億秒だって相当なもんだなw

計算してみよう・・・

  2億秒÷60秒÷60分÷24時間÷365日=6.34年・・・・・


OTL

236 :名無しSUN:2006/08/31(木) 12:14:48 ID:KjNlQ85m
2億光年どころか、2億秒だって相当なもんだなw

計算してみよう・・・
2億秒÷60秒÷60分÷24時間÷365日=6.34年・・・・・

1光年の距離って、30万`ps×60秒×60分×24時間××365日=9兆4608億`だろ。

その1光年相当の距離(9兆4608億`)を1秒という、理論上ありえないスピードで進んだとして、約6.3年も掛かるわけだ。

まさしくガクブルだなw

237 :名無しSUN:2006/09/01(金) 11:28:13 ID:rTM4efap
そういうこと考えると。まさしく想像を絶する世界以外の何者でもないな。
宇宙に比べたら自分の存在なんて無に等しいよなあ。
オレ、何かつらいことあったとき、逆境に面したときには、宇宙に思いを馳せることにしている。
宇宙から見たら、くよくよ悩んでいることが本当にちっぽけことなんだって、すこし気が楽になるからね。

238 :名無しSUN:2006/09/01(金) 18:05:14 ID:E3NFiWOF
それより宇宙空間全てに素粒子をぎっしり隙間なく詰め込んだらどれぐらい入るか気になります。

239 :名無しSUN:2006/09/02(土) 01:14:13 ID:d7Urkxya
たぶん、1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000個くらいじゃね?


240 :名無しSUN:2006/09/02(土) 03:21:14 ID:5dvymtxJ
>>232
アンドロメダ星雲までタクシー(東京都・小型)で行ったら、

料金はいくらになるでしょう・・・


これって、トリビアになりませんか?

241 :名無しSUN:2006/09/02(土) 22:01:20 ID:VyU3TN3B
>>240
>>232ではないが、ちょっと計算してみた。結果として、
料金の桁が一般的ではなくなったのでトリビアにはならんと思う。
普通の人が知ってるのはせいぜい億・兆・京くらいまでだろ?

 光速:30万km/秒、アンドロメダまでの距離:230万光年、1年=365日、
 タクシーは初乗りを無視して、400mあたり90円の課金

(3*10^6*2.3*10^7*3.65*10^2*6*6*2.4*10^3)*90*1000/400
=4.895964*10^23

489ガイ5,964京円、となりましたな。 え、計算間違ってるって?

242 :名無しSUN:2006/09/03(日) 01:05:35 ID:Ipp51qnE
>>241
なんだ。意外と安く行けるじゃんw

243 :名無しSUN:2006/09/03(日) 04:54:45 ID:RMaVpOYa
早速お台場でタクシーを拾って頼んだら、


別の交通機関をご利用になったほうがよろしいのでは・・・


やんわりと拒否された。

244 :名無しSUN:2006/09/03(日) 05:13:03 ID:lu+9HcCC
2億光年をラーメン何杯かにたとえたほうが身近なのでは?

245 :名無しSUN:2006/09/03(日) 06:41:39 ID:EBwtUba0
紙を100回折るまでに月にたどり着くけど、アンドロメダまで何回折らなければならない?

246 :名無しSUN:2006/09/03(日) 08:14:01 ID:cMI8A1+J
自分に対して光速度で突っ走る時計を、自分が観測出来るとして、
(物理的には不可能は承知の上で。)
時計は静止してます。 が、時計と一緒に突っ走ってる「光の中の人」
が時計を見ても、普通に動いてます。
飛行機の中の時計や、人工衛星の時計の遅れは、加減速時に発生する
物です。
人工衛星の場合、加速度が加わっていない様に見えますが、回っている=落っこちている
んで、常に加速度が働いています。
これが、重力と加速度が実は同じ物だと言う事です。
因みに、太陽−地球間を光は約8分かけて進むわけですが、それは8分前の太陽の出来事
では無く、観測された瞬間の出来事です。

247 :名無しSUN:2006/09/03(日) 15:01:30 ID:LN8q2UHF
>>246
> 因みに、太陽−地球間を光は約8分かけて進むわけですが、それは8分前の太陽の出来事
> では無く、観測された瞬間の出来事です。
じゃ、130億光年先にある銀河団を発見した!というニュースは、130億年前に
発せられた光を観測してるのではなく、まさに観測された瞬間の出来事を
見てるってこと?
「私たちは数十億年前の姿を見ているのです」って、科学番組のナレーション
なんかでよく耳にする気がするんだけど。

248 :名無しSUN:2006/09/03(日) 21:02:37 ID:ty8YNuPs
>>247
なわけねーだろ!
(爆笑田中風に)

249 :名無しSUN:2006/09/03(日) 21:03:26 ID:ty8YNuPs
>>247
なわけねーだろ!
(爆笑田中風に)

250 :名無しSUN:2006/09/03(日) 21:20:05 ID:yMi3yFsa
心配する事はない。
未来は我々の物だ。
君達、人類の物ではない。

251 :名無しSUN:2006/09/03(日) 22:20:53 ID:cMI8A1+J
>>247
解釈の仕方で違いますが、「見た瞬間」が「事が起きた瞬間」です。
相対論が正しいなら、130億光年離れた銀河団からの光(情報)は、
届いた瞬間に認識され、「ああ、130億年掛けて此処まで届いたんだな」
と言う事です。
もし、仲間の観測者がその銀河団にワープとかしてw
事前に「これから130億光年先 の銀河団が視野に入るよ」とかテレパシーw
とかで教えて貰って、その方向に望遠鏡向けて待ち構えてたとしたら、
それは、テストの前日に答えを未来の仲間から教えて貰うのと同じです。

因みに、先の「光の中の人」が、こちらに気付いたら、こちらの時計が
彼らには止まって見えるでしょう。
相対性 ですから。
まあ、ネタスレなんで。

252 :名無しSUN:2006/09/03(日) 22:36:36 ID:STiefYJb
宇宙のサイズでは紙は何回まで折れるんだ?
200回くらいか?

253 :名無しSUN:2006/09/03(日) 22:50:02 ID:L3O6GJHs
しかし、2億年の光が地球に届くって、
よほど宇宙空間は綺麗なんだね。それだけでもびっくり。

254 :名無しSUN:2006/09/03(日) 22:53:37 ID:Ipp51qnE
>>253
銀河と銀河のあいだには、塵ひとつないからね

255 :名無しSUN:2006/09/04(月) 00:42:25 ID:zIOpdJ8q
地球で時刻を合わせた時計を太陽表面に持って行って、
地球から観測したら、8分遅れているように見えるんだよな?

教えてエロい人

256 :名無しSUN:2006/09/04(月) 00:49:01 ID:glviIyol
そうです
大陽表面に時計が置けて
かつ観測が可能であれば

257 :名無しSUN:2006/09/04(月) 00:59:17 ID:E9zYZOXz
>>255
時計面に反射した光を地球で観測する事になるから、
やっぱ約8分遅れる。


258 :名無しSUN:2006/09/04(月) 01:08:42 ID:zIOpdJ8q
え〜とじゃあ、現実には無理なのは承知で、加減速も無視して、
246と合わせて考えると、
その時計が、目の前まで光速で飛んで来たとすると、
針は目の前で止まった瞬間に動いて8分追い付くの?

259 :名無しSUN:2006/09/04(月) 01:17:05 ID:zIOpdJ8q
>258修正
追い付くのは8分じゃなくて、16分だな。

260 :名無しSUN:2006/09/04(月) 01:27:05 ID:E9zYZOXz
例えば、
12時に地球で観測すると、時計は11時52分
でもその瞬間、太陽面では12時な訳で、
その時計が、光速で地球に移動した場合、
結局・移動時間が足される事になるんだなぁ〜

261 :名無しSUN:2006/09/04(月) 01:35:40 ID:zIOpdJ8q
>260
それは解ってるつもり。
12:00に移動開始した時計の表示が11:52から12:08になるのは、
どのタイミングなの?
光速移動中は停止して見えるなら、時計が目の前で止まった瞬間でいいの?

262 :名無しSUN:2006/09/04(月) 03:03:42 ID:gGJ4Cxo4
ちなみにさ、地球から太陽まで新幹線(のぞみ)でいくと、どれくらい時間かかるん?
オレ計算苦手だから誰か教えてくれ

263 :名無しSUN:2006/09/04(月) 03:28:24 ID:rFw2u3ia
>>261
追いつかない、遅れっぱなし。
時計の移動開始から約8分間、それは停止して見える。
地球時で12時8分半ばに手元に到着した時計は、
11時52分から進みだす。
これが、世に言う「浦島効果」
ただ、太陽表面に有ったなら、重力の効果で、向こうで
時を刻むスピードはこちらより遅くなるんで、もっと遅れてる
はず。


264 :名無しSUN:2006/09/04(月) 05:22:54 ID:rFw2u3ia
↑には、実は矛盾が有る。
前提として、加速度の効果を排除しちゃったから。

265 :名無しSUN:2006/09/04(月) 05:27:00 ID:tFHJi3IC
>>264
>>258読んで安心して

266 :名無しSUN:2006/09/04(月) 08:07:01 ID:zIOpdJ8q
>263
えっ、追い付かねの?Σ(゜ロ゜;)
でも「浦島効果」はどっかで読んだ記憶あるな。

ん〜でも、時計と一緒に飛んで来る人から見たら、
時計はちゃんと動いてるんだよねぇ?

267 :名無しSUN:2006/09/04(月) 08:38:05 ID:zIOpdJ8q
時計と一緒に飛んで来る人には、時計は普通に動いて見えるんだよね?
その人の観測結果としては、太陽出発時刻12:00で地球到着時刻12:08じゃねの?

268 :名無しSUN:2006/09/04(月) 09:52:34 ID:fbykvEp9
話しズレますが質問です。現在観測してる距離100億光年の銀河は、100億年前の姿だということですよね。
つーことは位置関係は?銀河の姿は100億年前のものであっても、位置は100億年前のものではなく現在の時間と同じなんでしょうか?
グレートウォールとかの姿見てたらふと浮かんできました。

269 :名無しSUN:2006/09/04(月) 19:41:19 ID:hyvZ1z1o
>>268

100億光年の銀河を観測したとして、それは「100億年前は観測した位置に観測した姿の銀河があった」
ということになるはずです。
銀河自身が動いてるわけだから、姿は変わってるかもしれないが位置は変わらないと考えるのは不自然でしょう。
(銀河系のお隣のアンドロメダ銀河も数十億年後には銀河系と合体して一つになると言われてます)。

270 :名無しSUN:2006/09/04(月) 21:12:18 ID:XIRjRPF+
>>269
>「100億年前は観測した位置に観測した姿の銀河があった」 ということに

ビッグバン以降宇宙の年齢を137億年として、それだとその銀河は
100億年前の宇宙の広がりの外に存在することになりませんか?

271 :名無しSUN:2006/09/04(月) 21:54:40 ID:syMuT96m
>>270
ヒント
光の早さよりも、宇宙が膨張する早さの方が早い。

272 :名無しSUN:2006/09/04(月) 21:59:13 ID:gGJ4Cxo4
>>271
相対性理論を根底から覆すとはいい度胸しとるわい

273 :名無しSUN:2006/09/04(月) 22:28:59 ID:Ck97jWuD
>>267
時計と一緒に飛んでくる人が光速で移動しているって話?(過去ログ読んでないw)
だったら、移動している人から見て、全宇宙が相対性理論の結果より光速で移動している
わけだから、進行方向に圧縮してしまい、事実上内部経過時間は0時間で太陽から地球まで
移動する。

274 :名無しSUN:2006/09/04(月) 22:29:39 ID:Ck97jWuD
全宇宙が光速移動している人から見て、進行方向に圧縮するわけだ。

275 :名無しSUN:2006/09/04(月) 23:16:06 ID:zIOpdJ8q
>ID:Ck97jWuD
レスはありがたいが、チンプンカンプンだ・・・
>258-261,>263,>266-267だけでも良いから読んでくんないかな?

276 :名無しSUN:2006/09/05(火) 00:02:47 ID:61rMsNqm
260だが
単純に地球と太陽間を固定して、二点間の出来事で、
そこに銀河の移動やら、重力とか入れたら、
訳ワカメでしょう。
単純に言えば、止まってる救急車のサイレンと
走ってる救急車のサイレンが違って聞こえるって言う
【ドップラー効果】って知ってるよね?
それが「光」でも起きるんだわな。
よって、太陽から12時に時計が光速で移動を開始した場合、
光も圧縮されて見えるんだわ。
じゃけん、移動の8分間時計の針が、ぐーるぐる早く見えるんだなぁ
逆に遠くなれば、またーり動くって古都だ。

277 :名無しSUN:2006/09/05(火) 00:09:26 ID:X7Qv992F
>>235
1秒間に1円づつ預金すると、6.34年で2億円も貯まるわけか!
さっそく明日から実行してみよう。

278 :名無しSUN:2006/09/05(火) 00:18:06 ID:3l/CzPiu
1日8万6400円…俺なら可能だがな

279 :名無しSUN:2006/09/05(火) 21:56:57 ID:NPHUTZHG
>>258
時計はいつの時点(太陽時、地球時どちらでもいい)で、
移動を開始した?

280 :名無しSUN:2006/09/06(水) 03:58:49 ID:h+Xn9ZVl
>>269
「100億年前は観測した位置に観測した銀河があった」
ってことは…100億年後の今、その銀河はもっとずっと遠くにあるはず。すると宇宙の大規模構造の形って、時間のズレが生じてるマップになってしまいますよね?

281 :名無しSUN:2006/09/06(水) 05:27:21 ID:fovMxyND
今見えてる物が現在の出来事。

282 :名無しSUN:2006/09/06(水) 11:15:14 ID:pBes2Nqj
だがちょっと待って欲しい

283 :名無しSUN:2006/09/09(土) 01:40:14 ID:xTL1oxV2
二億光年・・・
光の速さを10倍にしても2000万年かかるのか・・・
100倍で200万年、1億倍でも2年かかるのか!!!!!
はぁ・・・凄いね。

284 :名無しSUN:2006/09/09(土) 02:44:05 ID:bPnBdqbn
時速1億光年でたったの2時間

285 :名無しSUN:2006/09/09(土) 02:48:58 ID:zaVm27fF
>>284
思ったよりたいしたことねーな

286 :名無しSUN:2006/09/09(土) 11:16:21 ID:CC7+CmKu
光の速さを出せる宇宙船を開発できたら、例え2億光年先でも当事者は一瞬で目的地に着くよ

287 :名無しSUN:2006/09/09(土) 13:05:49 ID:Du+eDM9i
光の速さで移動できる宇宙船に乗ったら一瞬で宇宙終末時へたどり着くわけだが

288 :名無しSUN:2006/09/09(土) 14:19:50 ID:zGhzI4+G
なんで?

289 :名無しSUN:2006/09/09(土) 15:22:07 ID:dNMziqkJ
多分何かを根本的に勘違いしている

290 :名無しSUN:2006/09/09(土) 18:30:52 ID:FYdSaMoZ
のぞみで宇宙の果てまで行けますか?

291 :名無しSUN:2006/09/09(土) 22:56:53 ID:zaVm27fF
いけるんじゃない?たぶん10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000年くらいかかるだろうけどな。

292 :名無しSUN:2006/09/11(月) 20:36:16 ID:NSBgmWqX
宇宙を飛べないから行けない

293 :名無しSUN:2006/09/11(月) 21:24:06 ID:rKNA2XWu
2億光年って東京〜大阪の何倍くらい?

294 :名無しSUN:2006/09/11(月) 22:44:42 ID:rKNA2XWu
>>286
目的地についてしまったら、恒星のプロミネンスに焼かれて一瞬にして灰と化すだろうけどなw

295 :名無しSUN:2006/09/11(月) 22:53:59 ID:ZqMxiYUg
>>291
宇宙の膨張速度よりものぞみのほうが遅いから
いつまでたっても果てには行けないよ

いや、いつかは縮小に転じるのかな?

296 :名無しSUN:2006/09/13(水) 23:39:07 ID:pUaZVQBb
2億光年ではないけれど、
2光年くらい離れた先に鏡を置いて、望遠鏡でその鏡を覗き込んだら
4年前に亡くなったあの人の生きている姿を見ることができるかな?

297 :名無しSUN:2006/09/14(木) 07:08:39 ID:Tfs6RoKI
>>283
それだけ遥か遥か遥か彼方にあるものの光がちゃ〜んと地球まで届いているってことが凄いと思う。

298 :名無しSUN:2006/09/14(木) 09:02:44 ID:woaWgvN6
ゴクウみたいに瞬間移動つかったらすぐいけるんじゃね?

299 :名無しSUN:2006/09/14(木) 10:15:20 ID:9digs4NG
つーか、新幹線や飛行機で、2億年間、24時間まったく休まないで進むって
だけでも気が遠くなるような距離だよな。

それなのに、飛行機や新幹線なんて問題にならないくらい速い
光の速さで2億年って言うんだから嫌になるよ。
(光が1秒で進む距離は新幹線だっとぶっ通しでざっと1ヶ月半か2ヶ月くらいかかる)
光の速さ、2億年という年月、そのどちらかを想像するだけでも
相当な想像力が必要なのに、その両方だもん。
だって、日常生活で、光に速さなんてないじゃん。
新幹線だって、マッハ3のジェット機だって、どんだけ速い乗り物でも、いちおう
速さというものが見えるじゃん。それが動いてたら、その速さが
どれくらいかってのは、見えるじゃん。
でも、光の速さってのは、もはや、見えないじゃん。

遠くの、山や空が、見える。その「見える」速さが、光の速さでしょ?
そんなのもう、速さとか超越してるじゃん。無限大の速さじゃん。
そんなスピードで2億年って、どんな距離だよ

300 :名無しSUN:2006/09/14(木) 20:33:34 ID:HQjRp2p1
だから時速1億光年でたったの2時間

301 :名無しSUN:2006/09/14(木) 22:33:47 ID:EEmRQzBN
>>299
これなんてコピペ?

302 :名無しSUN:2006/09/15(金) 01:18:00 ID:CPScId7x
>>301
冷やかしイクナイ!

>>299
>光の速さ、2億年という年月、そのどちらかを想像するだけでも
>相当な想像力が必要なのに、その両方だもん。

まさしくその通りだよなあ・・・もはや「気が遠くなる」とか「想像を絶する」とかいう陳腐な表現じゃあ
言い表せない距離だな。いや、「距離」とかいうレベルの話でもないかもしれん。
距離っていったら測れるものだろうけど、測定出来る出来ないとかのレベルをはるかに超えているんだからな。


303 :名無しSUN:2006/09/22(金) 23:09:24 ID:yZk8tHCX
>>302
>>1

304 :名無しSUN:2006/09/22(金) 23:59:11 ID:zAm3b45h
凄いとか感じるのは自分のおつむの限界であって
物理的な意味はまったくない
このスレは自分のおつむの限界が
どれだけ低いかを競うスレである

305 :名無しSUN:2006/09/23(土) 00:30:49 ID:Kh0hu98H
>>304
まぁその限界が感性に昇華すればまた違った価値観をもつわけで。
ある作家はちいさいころ、海の波が恐くて、波打ち際をみるだけで泣いていたそうだ。
ただの泣き虫で恐怖耐性限度が低いといってしまえばそれまでだが、その感性を芸術に結び付けてる。
ただ、凄い、の一言では語彙力に乏しいとも言えるが。はたまた究極レベルでは凄いとしか言えないときもあるかもしれない。

306 :名無しSUN:2006/09/23(土) 06:20:41 ID:rHBRbjki
光の速さが出せるだけではいわゆる宇宙探検ができるとは言い難い。
そこで出てくるのがワープ航法なわけだが。

ある種のワープには宇宙のエネルギーの総和よりもでかいエネルギーが必要らしい。



307 :名無しSUN:2006/09/23(土) 06:36:12 ID:fJ5l2cm9
ワープって自分が動かずに全宇宙を引きずって
自分をその場所に持っていこうとするようなものだよ

308 :名無しSUN:2006/09/24(日) 23:57:19 ID:m3RtNehQ
新論か?

309 :名無しSUN:2006/09/25(月) 12:41:57 ID:e0mb/K8J
光の速さで移動できたら経過時間ゼロで
その光の通過直線軌道上の全ての場所に存在することになるな。
無限に遠いとこまで全て。

脳内で考えたがあってる?

310 :名無しSUN:2006/09/25(月) 15:29:06 ID:OcYmzkq4
距離というものが意味無くなるからね

311 :名無しSUN:2006/09/26(火) 02:34:58 ID:y3zgBWa5
わかりやすく!

312 :名無しSUN:2006/09/26(火) 02:51:43 ID:FE2s+Emo
>>309
体感的「瞬間移動」って感じ?

313 :名無しSUN:2006/09/26(火) 02:59:04 ID:9uiHO0lm
>>311
wkrysk!

314 :名無しSUN:2006/09/29(金) 20:49:09 ID:rxWEUANj
>>309
でも、観測側からは時間も位置も分かるはず。

315 :名無しSUN:2006/10/01(日) 20:12:46 ID:GnPSMZP/
観測者から見て経過時間ゼロでは。
移動者は光速という有限の速度で移動してるので、
その軌跡上の全ての同時に存在はしないのでは?
観測者側が計算上そういえるはずなんだけど、
実際観測した瞬間が観測者が移動者を初めて認識する
場なわけで、そこから逆算して、おとといの今頃はあの辺に
いたはず。  とは言えても、実際一部始終を見届けることは
出来ないんじゃ?


316 :名無しSUN:2006/10/02(月) 09:56:35 ID:is5A4YDX
宇宙戦艦ヤマトの巡航速度は光速。
ワープ時を除いて、ほとんどは巡航速度、戦闘時は最大船速(光速の○倍?)で動いてるが
イスカンダルから帰ってきたらあれだな。
修理や補給などの停止時間などを入れて仮に平均で光速の90%で移動したとしても
ヤマトの1年は地球では2年とちょい時間が経過していることになる。つまり終わってる。

317 :名無しSUN:2006/10/02(月) 19:36:36 ID:V2xW6hWD
「かなら〜ずここへ〜 還ってくると〜♪」っちゅーけど、地球に帰ってきたときには、地球自体が存在しない可能性もあるな。
ま、もちろんフィクションの世界だからだけど。ヤマトにしても999にしてもさ。

318 :名無しSUN:2006/10/03(火) 16:10:34 ID:CjZpLscU
ヤマトって光速を越えるためにタキオン粒子を噴射してるんだっけ?
質量無い粒子を噴射して前に進めるのかな。


319 :名無しSUN:2006/10/03(火) 19:18:35 ID:QHV+IwVg
前に噴射すると前に進みます

320 :名無しSUN:2006/10/03(火) 20:13:45 ID:Wp9LQfGG
非ワープでの最高速が準光速じゃなかっw


321 :名無しSUN:2006/10/03(火) 20:29:59 ID:PBmW0+YR
そういやベジータは結構遠そうな星から1年で地球にきたな。

322 :名無しSUN:2006/10/03(火) 22:45:19 ID:CjZpLscU
悟空なんてテレポート出来(ry

323 :名無しSUN:2006/10/04(水) 00:42:10 ID:r0A37JgR
悟空は知っている人間の居るとこにしか瞬間移動できなかったはず

324 :名無しSUN:2006/10/04(水) 01:09:40 ID:jwbEDpSF
亀仙人のかめはめ波は光速の何分の一?

325 :名無しSUN:2006/10/04(水) 01:18:41 ID:r0A37JgR
>>324
天下一武道会でに悟空が猿化した際に
かめはめ波で月を破壊したよな
たぶん5秒くらいで爆破してた
ということは光速以上

326 :名無しSUN:2006/10/04(水) 08:39:11 ID:cWWeTrxJ
界王神?瞬間移動はどうよ?


327 :名無しSUN:2006/10/04(水) 15:56:50 ID:Vq8PzKqg
>>315
たしかに  直線上での位置とか時間は推定できます
でもこれが横方向にも動きながら進んでいたら・・
複雑な波動で幅方向にも大きく動いていたら位置は分からなくなると言うか
計算がむずくなるし実際この範囲では全てに存在することになる。

328 :名無しSUN:2006/10/07(土) 05:55:28 ID:ur4cPJv6
そう、粒子ではなく「波」として捉えた場合 「多分そのあたりに居る」
としか言えなくなる。  ただ、「そのあたり」の中でもあまり居そうにない
所と恐らく此処に居るだろう所は確率で表せる。
何処にでもいてもおかしくないけど、有り得ないだろ な場所の存在確率
は低く、 ここじゃね な場所の確率は高くなる。
これは量子論の考え方。 


329 :名無しSUN:2006/10/07(土) 18:32:05 ID:yrDaVRx9
この板には意外とアニヲタが多いことは分かった

330 :名無しSUN:2006/10/11(水) 23:11:11 ID:02E3uQWn
物質自身にとって速度の限界は、すなわち宇宙の限界であるとすれば
この宇宙は小さくて有限である。
しかし、それを実感できるのは、多分その物体のみであろう。
全物質において宇宙の限界を知るにはビッグバンが必要である。
これを認識したのが量子論である。
だからミクロ世界は別宇宙でもあることになる、ただエネルギーレベルが
違っているだけである。
これは何かのトリックであると思う、現状の光速値はやっぱり変である。
現状世界での物体速度と光速の差が有りすぎ、ミクロ世界では
この差が少ない様に見える?
例えば大昔一部のミクロ世界が大爆発して光速で膨張しているとすると
その中での様子こそが今日の我々の宇宙であるかもしれない。
このエネルギーこそが化学反応とか結合力などの総合作用の基かも知れない。
     
すまん、ポエムでの妄想。

331 :名無しSUN:2006/10/11(水) 23:21:55 ID:3FCRB4Ia
すまん、一行も読めなかった

332 :名無しSUN:2006/10/11(水) 23:45:51 ID:KXNutfwV
俺も見た瞬間読む気がしなかったが
無理して読む気も起こらなかった

333 :330:2006/10/11(水) 23:48:03 ID:02E3uQWn
あ〜っ

334 :名無しSUN:2006/10/12(木) 02:32:19 ID:8jDDydEU
>>330
そう。ミクロ世界の爆発、つまりこの世界の小規模爆発内部で別宇宙が存在することは否定できない。


335 :名無しSUN:2006/10/12(木) 03:53:50 ID:d55a1M9o
しかし、光の速さが無限大とか言ってる者もいたが、人間が作った無人探査機「ボイジャー」
が既に、13.9光時も離れた所にいるんだよな。ある意味、光の速さで13.9時間で着く物
を人類が作り出すんだから我々人類も捨てたもんじゃないな。まあ、ボイジャーはそこまで離れる
のに29年間かかっているが。


336 :名無しSUN:2006/10/12(木) 10:19:37 ID:T/n85sXD
文章の前後がつながってないw

337 :名無しSUN:2006/10/12(木) 16:43:14 ID:8jDDydEU
ボイジャーがいま人智をこえたところにあるのは特筆すべきことだよな。このさい宇宙全体の尺度は忘れて。


338 :名無しSUN:2006/10/12(木) 18:22:22 ID:ij34JIFD
ボイジャは意思を持ってるのだよ
地球に捨てられたという
人類がその愚かな行為に気付くのは300年後だ

339 :名無しSUN:2006/10/12(木) 20:21:13 ID:8jDDydEU
捨てたわけじゃないと思う。地球に戻れないことは開発時から決まってる。
いまでも見守ってるし。

340 :名無しSUN:2006/10/13(金) 02:24:08 ID:mygNFKpS
光の速さで13時間ってそれだけで気が遠くなる。
だって光の速さで10時間経過したって到達できないんだから。

341 :名無しSUN:2006/10/13(金) 02:33:43 ID:5OH1akMf
今出発したら明日の夕方には余裕で到着して
夕食の前にゆっくりお茶飲んでられるんだぜ?

342 :名無しSUN:2006/10/13(金) 04:31:36 ID:mygNFKpS
>>341
寝てりゃすぐだね

343 :名無しSUN:2006/10/18(水) 23:53:51 ID:RUopJsJs
光のスピードを人間が出すのは無理なん?

344 :名無しSUN:2006/10/19(木) 00:57:08 ID:BNpVgRiX
>>343
簡単。スピードなんてのは相対的なものだから、光から見れば俺らが光速で離れていってる。

345 :名無しSUN:2006/10/19(木) 01:09:06 ID:/6TWftET
反作用で物を動かそうとしている限り
100%の効率がありえない以上
光の速さには到達できない
せいぜい数%と予想

346 :名無しSUN:2006/10/19(木) 20:14:59 ID:SoPEYfQG
>>344
だが違う。

347 :名無しSUN:2006/10/19(木) 20:32:08 ID:nbex0m/W
>>346
ことわる!

348 :名無しSUN:2006/10/19(木) 21:50:50 ID:RNs3U5J+
おまいら知ってるか?
この世界でもっとも遠いところは自分の後頭部なんだよ

349 :名無しSUN:2006/10/20(金) 05:26:52 ID:LFp2WrCh
>>348
この世が閉じたモデルならな。

350 :名無しSUN:2006/10/20(金) 23:41:22 ID:bJxa503j
ちょっと違うな。自分のすぐ内側が一番遠いところ。

351 :名無しSUN:2006/10/23(月) 03:45:14 ID:qj+JqOGR
>>350
言うと思った

352 :名無しSUN:2006/10/23(月) 06:15:46 ID:yC8ZOelN
>>340
13光年だったら、光の速さで13年じゃない?

353 :名無しSUN:2006/10/23(月) 20:17:16 ID:q5bawHyF
年でなく時

354 :名無しSUN:2006/10/24(火) 12:27:33 ID:k80oAvVc
一番速いのは、噂だろ

355 :名無しSUN:2006/10/24(火) 12:55:32 ID:lhetKmnJ
んでも、光からしたら一瞬だよね?

356 :名無しSUN:2006/10/24(火) 15:23:21 ID:yBeMVhSF
光は意思を持ってるのか?

357 :名無しSUN:2006/10/24(火) 16:16:15 ID:ZOas7Dpw
>>351
だんだん定着してきたな。

358 :名無しSUN:2006/10/24(火) 16:25:30 ID:6FbDMz2H
『ファンデルワールス光』は光速より早いらしいぞ

359 :名無しSUN:2006/10/25(水) 10:11:02 ID:EjIuVtCg
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●              ●              ●
●              ●              ●
●              ●              ●
  ●            ●            ●
    ●         ●           ●  エーデルワーイス エーデルワーイス
      ●       ●         ●           _( "''''''::::.
        ●    ● ●      ●__ ____,,,... --‐'''^~   ヽ   ゛゛:ヽ
         ●  ●    ●  ●:::::::::....:""""  ・    ・  . \::.   丿
          ● ●    ● ●:::::::::::::::::::       ・  ....:::::::彡''ヘ::::/
           ●       ●:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;,, ---‐'' "^~
            ●●●●●-‐‐ ''^~


360 :名無しSUN:2006/10/27(金) 16:50:14 ID:RS9Z/bCH
宇宙に東西南北はあるんですか?

361 :名無しSUN:2006/10/27(金) 23:22:47 ID:kHh7Gz4c
東西南北が無いとロケットの運転手が困るから有る。

362 :名無しSUN:2006/10/27(金) 23:30:07 ID:2Fjxv+TB
たとえば宇宙船が太陽系を抜けたとしても東西南北ってあるとかな?

363 :名無しSUN:2006/10/28(土) 01:44:36 ID:0l4KbDDg
太陽系の所属する銀河系内なら、銀河の回転軸を南北にみたてる。
銀河系外なら、もっと大きなスケールで
うみへび・ケンタウルス座超銀河団の回転軸を南北にみたてる。

364 :名無しSUN:2006/10/28(土) 02:40:55 ID:Jzwhd05V
上下前後左右の六軸だろうが!この平面人たちがー!

365 :名無しSUN:2006/10/28(土) 10:23:28 ID:DtwNH0u6
六軸? なんか宇宙らしくなってきましたね!じゃ東西南北と後二つあるわけですね!

366 :名無しSUN:2006/10/28(土) 11:02:05 ID:DtwNH0u6
地球上からみた東西南北は宇宙から見たら地球の回転とともにぐるぐる回って動いてるんですかね?

367 :名無しSUN:2006/10/28(土) 16:35:26 ID:LrWXUqXO
それも相対的なものです
世の中に確実なものなど何一つ存在しないのです

368 :名無しSUN:2006/11/12(日) 11:14:06 ID:uLfksgul
あげ

369 :名無しSUN:2006/11/12(日) 14:16:46 ID:JQCp7aCd
宇宙から地球を見る。地球の中心と自分を直線で結んでみる。
その線の垂直面にのみ方位がある。北極がある方が北だ。その反対が南だ。
北を上とすると右が東だ。左が西だ。
因みに、自分と地球との隔離距離は「高度」ともいえる。



370 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:16:26 ID:v+FraBRz
2億光年とは光が2億年かかった距離でもあり時間でもあるのだよ
例えば恒星からの光が地球に届くまで2億年かかったとしよう
確かに光は空間を光速で2億年進んできたのである が 実際の
恒星と地球との距離は1光年しかないとも取れる。
膨張宇宙とは?  ビッグバンからの137億光年なのか?
それとも波動面である平面宇宙の膨張なのか?両者がチャンポンでいい加減。
波動面の宇宙は確かに距離的な広がりはあるが観測不能だ
今見えている宇宙は全て過去の宇宙であり、存在は無である。

371 :名無しSUN:2006/12/09(土) 05:13:58 ID:myhEsc26
アルファ・ケンタウリまでスペースシャトルで16万年かかるけえ、2億光年じゃったら8兆年か。

372 :名無しSUN:2006/12/09(土) 10:15:21 ID:JoZxvI2m
>>370
アホか。巻尺で距離はかりゃいいじゃねーかよww

373 :名無しSUN:2006/12/09(土) 17:06:28 ID:i0WyQuxj
ポクポクポクポク
>>372
じゃ、私は庭で待ち構えていますから
その巻尺とやらをここへ持ってきてください
計って差し上げますよ将軍さま

374 :名無しSUN:2006/12/09(土) 21:53:08 ID:sKUk4M+7
>>373
てかさ、簡単に釣られるなよw

375 :名無しSUN:2006/12/09(土) 22:56:07 ID:4K1he7Q8
>>374
なんで釣られちゃいけないんですか?先輩

376 :名無しSUN:2006/12/15(金) 22:55:56 ID:L4pOYZjt
気にしない気にしない宇宙は広いんだ

377 :名無しSUN:2006/12/15(金) 23:52:30 ID:0/d2d5mn
200000000光年って、なんか現実味がないんだよね。
もっと身近な例えで示すのがこのスレの主旨だろ。
なんかないか?

378 :名無しSUN:2006/12/16(土) 00:17:58 ID:H2lzwJMc
全宇宙的視点で見ると2億光年なんて
「ちょっと日帰り旅行」程度の近場なんだよな

379 :名無しSUN:2006/12/16(土) 00:34:22 ID:7+AwbdxQ
シリウスが地球から2時間位のとこにあったらどんなんだ?

380 :名無しSUN:2006/12/16(土) 00:45:24 ID:9HJwWTly
>>377
だから時速一億光年でたったの2時間
朝出発して現地で昼飯食って夕方までに帰ってこれる

381 :名無しSUN:2006/12/16(土) 03:22:22 ID:N5qdoyl0
>>379

地球から2時間ってのが、光で2時間かかる距離(=2光時)だと仮定すると、この距離は約14.4天文単位。

もし太陽が14.4天文単位はなれたところに遠ざかったとすると、地球と太陽の距離は14.4倍になるので、
明るさは約208分の1になる。
実際のシリウスは太陽の22.1倍の明るさ(Celestiaによる)があるので、シリウスが問題の距離にあったとすると、
その明るさは今の位置に太陽がある時の22.1/208で、今の太陽の1割程度の明るさで光る星になる。
その時の明るさはマイナス24等級。

ちなみに1等星の中で一番明るいデネブ(シリウスの約1万倍の明るさ)が地球から2光時の距離にあると、地球からの
明るさはマイナス34等以上(真昼間に輝く太陽の1000倍以上)の明るさになるので、地球は灼熱の地獄になるはず。



382 :名無しSUN:2006/12/16(土) 15:40:31 ID:H2lzwJMc
マイナス34等級ならチラ見しただけでも失明しそうだな

383 :名無しSUN:2006/12/17(日) 23:40:23 ID:/RczIxli
まぶしくて寝らんないよ

384 :名無しSUN:2006/12/18(月) 02:15:48 ID:901zw4xT
おまえらはサングラスかけるくらいの智恵もないのか

385 :名無しSUN:2006/12/18(月) 02:24:10 ID:6ywXD86L
つうか、そのデネブが地球から2時間のトコにあったら、どの位の大きさに見えるんだろぅ。
こぁいよママン。

386 :名無しSUN:2006/12/18(月) 02:26:32 ID:qCsVskSY
青白い太陽ってのもちょっとは見てみたい。

387 :名無しSUN:2006/12/18(月) 10:08:29 ID:nj9zFr3c
二光時か。二光分なんてのもあるのか

388 :名無しSUN:2006/12/18(月) 10:19:47 ID:cxl/MVoP
>>384
太陽の明るさの1000倍だって言うのにサングラスなんぞ役に立つわけないだろ!
と心優しくツッコミ入れておく。

>>387
地球から太陽までは約8光分でしょ。

389 :名無しSUN:2006/12/18(月) 10:51:47 ID:mgWndl5Q

一億年やで。
「一年置く」んとちゃいまっせ。

390 :381:2006/12/18(月) 12:03:41 ID:desPW091
>>382 >>383>>384

地球から2光時の位置にデネブがあったとすると、その時地球から見たデネブの明るさは、
太陽から420万キロの場所から太陽を眺めるのとほぼ同じ。
ちなみに太陽に一番近い水星は太陽から5800万キロ離れていて、この距離だと太陽は
地球から見るのより6〜7倍くらいの明るさになり、水星の太陽側の表面温度は400℃くらいになる。
逆に言えば、明るさが6〜7倍になるだけで温度は400℃まで上がるわけだけど、地球から2光時の
距離にデネブがあると水星から見た太陽より200倍明るく見えるから、それこそ地球上は数千度の
灼熱地獄になりそうな感じがする。

>>385

今の地球から太陽を見た時の視直径は角度にして約0.5度。
一方、2光時離れた場所から見たデネブの視直径は7.5度くらいで、今の地球から見た太陽の
15倍の大きさに見える。

391 :名無しSUN:2006/12/18(月) 12:32:29 ID:qCsVskSY
太陽をデネブに置き換えるとして、
「直視径や地球に及ぼすエネルギー」が
太陽のそれと同等までに軽減される距離
って何光時なんだろか。

392 :381:2006/12/18(月) 14:08:55 ID:desPW091
>>391

Celestiaで試してみたら、視直径については大体220天文単位(30光時)。
地球に及ぼすエネルギーはよくわからないけど、単純にデネブの放出する
全エネルギーが明るさと同等、つまり太陽の265000倍だと仮定すると、大体
500天文単位(70光時ちょい)くらい離れれば今の地球が太陽から受ける輻射と
同レベルになる。

ちなみに太陽から冥王星までの平均距離は約40天文単位(冥王星の表面温度は
マイナス200℃以下の超極寒)、現在太陽系で知られている一番遠い天体である
セドナまでの現時点での距離が100天文単位弱。


393 :名無しSUN:2006/12/18(月) 14:42:07 ID:qCsVskSY
>>392
サンクス!直視径一緒の距離でもエネルギーはやばいんだな。
デネブの場合、赤外線や可視光などの中長波長の電波より
紫外線やガンマ線などの短波長の電波を多く放出してそうだから、
エネルギーが一緒でも、500AUも離れれば、地球より
暗くて寒くなるんだろうな。

394 :名無しSUN:2006/12/19(火) 19:37:17 ID:mpHVJlh+
スペースシャトルで宇宙の果てまでいくとおよそ500兆年強かかる。

395 :名無しSUN:2006/12/19(火) 22:48:10 ID:0runmRol
>>394
そんなに早く着くの?

396 :名無しSUN:2006/12/20(水) 14:36:33 ID:P9Fb/NM8
>>395
宇宙が膨張しないと仮定した場合。1光年4万年じゃけえ130億光年じゃったらおよそ520兆年。実際の宇宙は膨張しちゅうきい、スペースシャトルの速度じゃ永遠に追いつかん。

397 :名無しSUN:2006/12/20(水) 23:18:17 ID:XC4E5e/b
広島の方ですか?w

398 :名無しSUN:2006/12/21(木) 00:08:58 ID:1ZkrZugq
宇宙を語るのにそぎゃん細かこつば気にしたらいかんとです

399 :396じゃけんど:2006/12/21(木) 00:43:50 ID:dve6pBg+
>>397
広島と高知を行ったりきたりしゆうよ。

400 :名無しSUN:2006/12/21(木) 02:10:33 ID:9FuYhkHE
生きているうちに恒星を間近で見てみたいね。
頭いい人、何とかしてくれ!

401 :名無しSUN:2006/12/21(木) 02:41:54 ID:gk0vKHPS
8光分って十分間近じゃね?

402 :名無しSUN:2006/12/21(木) 02:59:23 ID:EnSa9OJr
>>400
太陽で十分だろ

403 :名無しSUN:2006/12/21(木) 17:42:58 ID:mZOscXR8
>>400

自分は中性子星とか褐色矮星を近くで見てみたい・・・。

404 :名無しSUN:2006/12/21(木) 17:50:01 ID:UCf7YvBV
どっちも大して見栄えのする星じゃないと思うが。
見るんだったらやはり銀河中心のブラックホールだな。
もちろんブラックホール自体は見えないが。

405 :名無しSUN:2006/12/22(金) 02:09:57 ID:VuT+yeh+
一番近い恒星のプロキシマ・ケンタウリ(4.22光年)でさえ、スペースシャトルで16万年

1光年ってだけでも十分遠いんだよなぁ・・・

406 :名無しSUN:2006/12/22(金) 02:16:58 ID:8ozGE1mp
そこで「どこでもドア」ですよ

407 :名無しSUN:2006/12/22(金) 03:19:12 ID:t+PQ9Yis
手前に開くんだったら深海に開けちゃダメ
向こうに開くんだったら宇宙に開けちゃダメ
もう閉められない

408 :名無しSUN:2006/12/22(金) 04:02:18 ID:VuT+yeh+
扉を引き戸+押し戸の2重構造にしたらいいわけですね

409 :名無しSUN:2006/12/22(金) 18:30:21 ID:OgqEhg0f
深海で押し戸は開けられる?

410 :名無しSUN:2006/12/23(土) 00:24:41 ID:KiYkRacc
それが22世紀クオリティ

411 :名無しSUN:2006/12/23(土) 00:26:12 ID:ext8wnUl
回転どこでもドアで永久発電

412 :名無しSUN:2006/12/23(土) 01:03:32 ID:RYOnzLI2
科学万能の22世紀。人類3000年の進化なわけだけど、たかだか3000光年。


413 :名無しSUN:2006/12/23(土) 01:04:56 ID:0qEGHuve
光遅すぎ

414 :名無しSUN:2006/12/23(土) 02:22:53 ID:iua+ntCr
光を更に加速させる事は出来ないのか!

415 :名無しSUN:2006/12/23(土) 02:32:33 ID:0qEGHuve
空間そのものの性質のような気が

416 :名無しSUN:2006/12/23(土) 14:38:20 ID:UZ6qculs
>>414
多少はできる。

417 :名無しSUN:2006/12/23(土) 16:27:29 ID:RYOnzLI2
光ならなんでも光速なの?太陽光はもちろん、蛍光灯やダイオードは?

418 :名無しSUN:2006/12/23(土) 17:14:54 ID:/kZEgqeJ
>>416
おいおい。
>>417
いわゆる光速は真空中の速度。
空気中や水中ではもっと遅くなる。

419 :名無しSUN:2006/12/23(土) 18:42:10 ID:lZtXEdfm
2億光年先も1km先も1万km先も一緒
意味が分かるな?

420 :名無しSUN:2006/12/23(土) 19:08:11 ID:UZ6qculs
>>418
ブラックホール内部など時空が流動している状態では見かけ上光速を超える。
また、トンネル効果によって障害物を乗り越えさせると、乗り越えた法外物の厚み次第で
どの程度か決まるが光速を超えられる。

421 :名無しSUN:2006/12/23(土) 19:57:41 ID:RYOnzLI2
>>419
わからんちん

422 :名無しSUN:2006/12/23(土) 22:05:39 ID:bbKdYc0Y
>>419
分かる。

423 :名無しSUN:2006/12/24(日) 01:19:13 ID:CsQ8+En1
>>405
一番近い恒星は太陽・・・ってことくらいは分かってるよ・・な?

424 :名無しSUN:2006/12/24(日) 01:26:46 ID:y4eWaVx0
>>423
おまえは一番近い女性が母親だからって付き合ったりするのか?

425 :名無しSUN:2006/12/24(日) 02:37:43 ID:BtJM5KHV
実際、宇宙に出れて海王星とかリアルに見れたら、2億光年先まで行かんでも満足出来ちゃいそう。
恒星も太陽のン百倍もの凄い奴とか接近しすぎたら、光の国に来た感じで訳ワカメっぽそうだし。

そういや小さい頃にみた、光子ロケットだかなんだかのヘンテコな形した宇宙船って、何かカッコイイね。
あれこそ夢だ。早くあんなの打ち上げて欲しい。

426 :名無しSUN:2006/12/25(月) 22:49:43 ID:01rzbNSM
地球を、日本にある砂つぶとしたとき、太陽以外の一番近い恒星は
世界地図上ではどのへんにありますか?

427 :名無しSUN:2006/12/25(月) 23:08:44 ID:AAPmP9tz
砂粒ってどのくらいの大きさだったっけ?
太陽を直径1センチとして東京に置くと隣の星は仙台か名古屋になると言うな。

428 :名無しSUN:2006/12/25(月) 23:19:41 ID:NeW5Jlod
上のほうが物凄いゆとりスレにwwwwwwwwww


429 :名無しSUN:2006/12/26(火) 00:23:46 ID:uPqg3mtH
宇宙戦艦ヤマトでお馴染みのタキオン粒子って、光より速いんだっけ?
つか実際にそんなモンあるんかいな。

430 :名無しSUN:2006/12/26(火) 13:00:19 ID:9TZHHx5S
>>426

地球の赤道部分の直径は12756キロ = 127億5600万ミリメートルなので、
宇宙全体を地球が直径1ミリの砂粒になるように縮めたとすると127億5600万分の1の
スケールになる。

太陽に一番近い恒星はケンタウルス座のプロキシマ・ケンタウリで4.2光年だけど、これは
キロメートルに換算すると約39兆7000億キロメートルなので、127億5600万分の1に縮めると
約3100キロ。

もし砂粒地球の位置が東京にあったとすれば、プロキシマは東京から3100キロ、大体フィリピンとか
その辺りになると思う(地球儀がないので正確にどの辺りになるかはわからないけど)。

>>427

砂粒地球が1ミリなら太陽は10センチくらいなので、もし太陽が1センチになるように縮めれば
プロキシマまでの距離は300キロちょっとで、大体そんなものになると思われ。


431 :名無しSUN:2006/12/28(木) 01:26:26 ID:PhoQCtTW
>>427>>430
詳しい!
フィリピンなら近そうに見えるけど砂つぶだから、、、。
自分の部屋でるのだけでも大変だ。


432 :名無しSUN:2006/12/28(木) 02:24:20 ID:yC6Ro5M9
え、光って真空以外では遅いってことは
なんかの物質がびゅーんって進んでるだけなの?
黒穴だとその物質が引っ張られるから光より速くなっちゃう
ってことだよね?

433 :名無しSUN:2006/12/28(木) 20:42:06 ID:p1Bi16of
フィリピンからでも見える位輝いてるってのが凄いw
ちなみにスレタイの2億光年先辺りには、何があるんだろう?



434 :名無しSUN:2006/12/29(金) 00:07:14 ID:5XBSl2g+
>>432
光が完全に直進できるのは真空しかない。空気中では空気に衝突する。
光の最小単位は質量0の光子で、質量0のモノは光速で飛ぶ訳だが。

>>433
かなり高性能な望遠鏡がないと見れないくらい遠くの銀河。
銀河系規模で最も近い他の銀河でも230万光年。M31アンドロメダ大星雲。

435 :名無しSUN:2006/12/29(金) 03:10:20 ID:f3YRlw8x
230万光年のモノが見えるって凄いと思う。
どうなってんだよ、宇宙w

436 :名無しSUN:2006/12/29(金) 12:41:15 ID:PX7zqDvT
まあ今では128億光年の物も見つかってるし

437 :名無しSUN:2006/12/29(金) 16:40:28 ID:f5LhJ2EZ
光の飛行?先端ってあるの?
地球から一億光年先が光源で、発射からキッチリ5000万年経過時点で切り取れば、5000万1秒の地点には届いてないよね?


438 :名無しSUN:2006/12/29(金) 21:20:42 ID:urRo5VDm
その一秒後に届いてる場合、
光はワープでもすると思うの?

439 :名無しSUN:2006/12/29(金) 23:15:09 ID:f5LhJ2EZ
ううん、届いてるところと届いてないところの境界はどうなってるのかなと。


440 :名無しSUN:2006/12/29(金) 23:36:03 ID:smds46AF
そんなもん光でも電磁波でも一緒じゃ

441 :名無しSUN:2006/12/30(土) 02:40:46 ID:kjiPmac1
>>434
へぇ
じゃあ光って将来的には箱に閉じ込めて観察したり
できるかもしれないってことですか?
そうなると電気代いらないなぁ

442 :名無しSUN:2006/12/30(土) 13:49:38 ID:NCavwTXb
>>441
電気代どう関わるかよく分からんが、光子1個1個の衝突を観測する事はできる。

443 :名無しSUN:2006/12/30(土) 17:51:01 ID:3/GWmYgA
プランク秒単位で見れば、運動している物質はどんなものでもワープしている

444 :名無しSUN:2006/12/30(土) 19:42:02 ID:kjiPmac1
>>442
電気代っていうのは光の粒をたくさん透明な箱に入れておけば
ずっと光ってるから電気代いらないなと思って・・・

445 :名無しSUN:2006/12/30(土) 21:16:03 ID:9OgRxqwE
おい、「ずっと光ってるから」って光の粒がもれてるぞw

446 :名無しSUN:2006/12/30(土) 22:44:31 ID:1an+lf7U
>>444

それは無理。

箱にずっと光を閉じ込めることができたとすれば、逆に言えば箱の外には光は
出てこれないわけだから、残念ながら照明にはならない。

逆に照明に使おうとすれば箱の中から光が外に出てこなきゃならないから、箱の中の
光子はいずれなくなってしまい、「一度光を閉じ込めたらずっと光っている」なんてことは
不可能。

447 :名無しSUN:2006/12/30(土) 22:48:10 ID:3/GWmYgA
>>444
透明な箱に入れたら光は箱から外へ逃げちゃうし、
照明に使う時点で>>445の言うとおり光を漏らすことになる。
光を漏らさないという事は目で観測することは不可能な事だと思った方がいいよ。
だから照明代からは解放されない。

ただし「昼間その辺に溢れている光を溜め込むんで夜照明に使う事ができ、
さらに作動にエネルギーがかからない」ってな装置ができて、一般家庭に普及たなら
現代でいう照明代はなくなるかもね。


448 :名無しSUN:2007/01/01(月) 01:06:05 ID:opeQXEKy
あげ

449 :444:2007/01/01(月) 03:17:54 ID:zSgMG6pe
あぁそっか・・・
光の粒が目に入る感じにならないといけないのかな
なんか光だけ特別な感じだなぁ

450 :名無しSUN:2007/01/01(月) 05:40:31 ID:H07wCAWj
特別でもなんでもない。

香りだけを箱に閉じ込める。

香りはいつまでも保存できるが、香らない。

香らせるため箱を開く。

香るが、香り自体は減り、いずれ無くなる。

光もほかの物質と同じ。
使わなければ減らないし、使えば減る。
勝手に増えたりしない。

451 :446:2007/01/02(火) 09:48:16 ID:/04Y8kra
>>449

>光の粒が目に入る感じにならないといけないのかな

その通り。
人間が「あ、光っている」と感じるのは、光が人間の目に入るから。
例えば、直進している光の束を真横から見たとしても、人間の目には
何も光ってるようには見えない(光は人間の目の前を横切ってるけれど、
目に入ってくる光がないため)。

でも、その空間に例えば細かい霧だとか煙、塵なんかが漂っていれば、それらの
粒子が光をあちこちの方向に散乱し、そのうちの一部が目に入ってくるので、人間の
目にも光の筋になって見える。

>光だけ特別な感じだなぁ

別に特別ってわけじゃないかと。

452 :運ちゃん:2007/01/02(火) 16:01:07 ID:vp2NjdLv
仕事で15年車転がしてきた訳だが、1.5パーセク位走ってるわw

453 :名無しSUN:2007/01/02(火) 18:57:51 ID:rOKrtkz2
>>451
シリウスを出た光が、夜空で我々の目に確認できるのはどんな仕組みですか?


454 :名無しSUN:2007/01/02(火) 19:03:56 ID:D6+eUPpN
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=pika2pikachuuu

455 :446:2007/01/03(水) 00:37:38 ID:HOKcIyQ/
>>453

そのまま。

シリウスから四方八方に放出された光のうち、あるひとつの方向に放射された光が、8.7年かけて
地球に居る特定の個人の目に入り、その人にとって「シリウスが光っている」と感じられるだけのこと。
別に特別な原理が働いているわけじゃない。

456 :名無しSUN:2007/01/03(水) 01:20:03 ID:nUruDm0G
そう考えると、結構神秘的にすら思えてくるね。遥か彼方の、人間が一生かかっても到達できないほどの距離から
発せられた物質(?光の粒子)が、いままさに自分の目に入ってきているのだから。

457 :名無しSUN:2007/01/03(水) 01:34:00 ID:oK9ypZ5R
てことは来月観る予定のシリウスの光子はまだ太陽系外を飛行中か。

458 :名無しSUN:2007/01/03(水) 12:50:29 ID:/hvkssiF
オリオン大星雲は肉眼でも見やすい。1500光年。

459 :名無しSUN:2007/01/03(水) 12:52:38 ID:ogMoMxpe
シリウスならいいけどデネブなら

460 :名無しSUN:2007/01/06(土) 03:30:12 ID:7v2nJQhT
宇宙の彼方に、イスカンダルって星は実在するの?

461 :名無しSUN:2007/01/06(土) 04:13:21 ID:25KaI8yr
無かったら椅子噛んだる!

462 :名無しSUN:2007/01/06(土) 09:38:07 ID:zzYpbIbx
星は無数にあるから好きなのをイスカンダルにすればいいよ

463 :名無しSUN:2007/01/06(土) 19:02:57 ID:CQ3uTSDE
地球→月の距離をまつ毛の長さとし→太陽が1m(地点を東京とし)→一番近い恒星まで(名古屋とし)→アンドロメダまでは地球667周‥ってなんかの本に書いてあった!


464 :名無しSUN:2007/01/21(日) 01:09:20 ID:/JzgwGcH
流星って○○万年とかの果てしなく昔に流れたヤツを見てるってことなの?
○○万年前の出来事ってコト?

星がどういう状態になったら流星になるの?

465 :名無しSUN:2007/01/21(日) 01:14:46 ID:QZLu0xj5
〇〇万年ってのは塵が宇宙空間をただよっていた時間のことだと思います。流星となるのは大気圏に突入して発光してからでは?

466 :名無しSUN:2007/01/21(日) 15:17:24 ID:PVgH+pGc
>>464
何百〜何億光年先にある物体が、地球上から肉眼で流星のようなスピードで移動が確認されたとしたら、
それは、エクストラウルトラハイパー級に光速を超越して移動していることになるわけだが?

467 :名無しSUN:2007/01/22(月) 11:51:23 ID:E4LCmM+H
>>464

流星ってのは星が動いてるわけじゃなく、宇宙空間に漂ってた小さなチリとかが地球の大気圏に突っ込んできて、
その時の摩擦熱で燃えて光っているのが地上から見えているだけで、実際には星でも何でもない。

つまり地上で流れ星を見ている人と流れ星自体の間の距離はせいぜい数十キロ〜数百キロくらいしか離れてないので、
何万年も前に流れた流れ星の映像が今になって人間の目に見えるなんてことはない。

468 :464:2007/01/22(月) 18:43:03 ID:cjdhUFBF
>>465->>467
勉強になりました。
みなさんありがとうございました!


469 :名無しSUN:2007/01/23(火) 01:59:28 ID:Bm7Uz1qo
>>463
なんか意外とアンドロメダって近いんだなって思うのはオレだけか?

470 :名無しSUN:2007/01/23(火) 18:09:11 ID:jVcuBN2p
>>469みたいな人を見るたびに、こういう例えって宇宙の大きさを
解り易く説明してるようで、実際はかえって解り辛くしてるとしか
思えない。
アンドロメダ星雲まで歩いていったとしたら600兆年以上かかる、
とかの方がいいんじゃないだろうか。
少なくとも「何百万光年」という距離よりはイメージし易いと思うが。

471 :名無しSUN:2007/01/23(火) 19:40:19 ID:R5OBhnFk
>>469
地球667周が近いのか?近くのコンビニに行くのでさえめんどくさいお前が?

472 :名無しSUN:2007/01/24(水) 01:49:53 ID:hbXT/1fw
>>470
歩いて600兆年ってほうが、地球667周よりももっと広さが感じられないな。
「歩いて」ってのがものさしになっているからかな?

473 :名無しSUN:2007/01/24(水) 02:45:00 ID:Ju+HJmsd
確かに
歩いて行ける距離なんだと勘違いするからダメ

474 :名無しSUN:2007/01/24(水) 03:39:50 ID:93g/s1Lc
リアルな情報が溢れ本を読まなくなった現代人にありがちな
想像力のけつにょだよ。

475 :名無しSUN:2007/01/24(水) 14:47:15 ID:Wm0tYUf3
「歩いて600兆年」と聞いて歩いて行ける距離だと
勘違いするってどんな白痴だよw

476 :名無しSUN:2007/01/25(木) 00:14:22 ID:m0VwJdME
光はなんらかの理由で消滅しないの?
しないなら、シリウス→地球飛び越えて→遥か彼方に到達、いわゆる宇宙のはてまで飛んでいったらどうなる?

477 :名無しSUN:2007/01/25(木) 01:54:03 ID:UFCgG0ex
>>476
「はて」とは何をさしますか?それによって答が違います。

478 :名無しSUN:2007/01/25(木) 09:49:01 ID:m0VwJdME
>>477
はては解明されてない(存在するかも含めて)ので、説明はできませんが、
そのあたりの限界と光の関係はどうなっているのでしょう?

479 :名無しSUN:2007/01/25(木) 09:51:05 ID:0YfFDUbg
>>476
なんとかのパラドックスでも読んでみなw

480 :名無しSUN:2007/01/26(金) 16:41:02 ID:BHTt6CVL
で?

481 :名無しSUN:2007/01/28(日) 00:04:30 ID:bdi0e7wL
光子は消滅するん?

482 :名無しSUN:2007/01/28(日) 01:06:58 ID:Rf4RZjQv
しないお♪

483 :名無しSUN:2007/01/28(日) 09:09:26 ID:bdi0e7wL
しないなら宇宙のはるか先まで飛んでいき・・・

484 :名無しSUN:2007/01/28(日) 17:35:12 ID:LcSkeio7
さらにどんどんはるか先に飛んでいき・・・

485 :名無しSUN:2007/01/29(月) 01:23:38 ID:PJVlMu86
ブラックホールも突き抜けて・・・

486 :名無しSUN:2007/01/29(月) 01:48:06 ID:xQa7mC0A
外宇宙に到達し、

487 :名無しSUN:2007/01/29(月) 05:35:12 ID:l0m1xOq1
背中側から戻ってきて二周目に突入し・・・

488 :名無しSUN:2007/01/29(月) 08:02:34 ID:xQa7mC0A
さらにはるか先にどんどん飛んでいき・・・

489 :名無しSUN:2007/01/30(火) 01:14:06 ID:bDdoMiem
Let's Fly Fly Fly 摩訶不思議・・・

490 :名無しSUN:2007/01/30(火) 01:15:46 ID:bDdoMiem
空を駆けぬけ 山を越え・・・

491 :名無しSUN:2007/01/30(火) 01:30:37 ID:ZCD2tPVN
トンネルをぬけると・・・

492 :名無しSUN:2007/01/30(火) 01:33:50 ID:xbpQck1D
そこはさらに大きなトンネルの中で…

493 :名無しSUN:2007/01/30(火) 01:36:45 ID:ukyQkM2I
自分もトンネルと同じサイズになって・・・

494 :名無しSUN:2007/01/30(火) 03:08:37 ID:8tcEij00
てかファンチルの影響じゃね?

495 :名無しSUN:2007/01/30(火) 20:07:52 ID:uiZ9akQv
どんどん飛んで行き

496 :名無しSUN:2007/01/30(火) 21:46:15 ID:seLkDp/J
どこまで行く気だ?2億光年彼方まで?

497 :名無しSUN:2007/01/30(火) 23:14:42 ID:1RPAk/Bl
そんな疑問もどこへやら・・・

498 :名無しSUN:2007/01/31(水) 01:35:34 ID:VO+7awVA
宇宙の彼方イスカンダルへ・・・・・

499 :名無しSUN:2007/01/31(水) 02:15:37 ID:z08QJyIO
イス噛んだる!と勇ましく・・・

500 :名無しSUN:2007/01/31(水) 17:07:51 ID:CsbpVkSc
>>500だけに折り返し地点
を通過し

501 :名無しSUN:2007/01/31(水) 20:53:19 ID:s6wdGyCL
はるばる元のところに戻ってきたが、また反対のはるか先まで飛んで行き・・・

502 :名無しSUN:2007/02/01(木) 19:02:17 ID:hmw71h9m
星の数みてるとループはしてなさそう

503 :名無しSUN:2007/02/01(木) 23:40:00 ID:RAttqkUj
と一瞬思ったが勘違いに気がついて・・・

504 :名無しSUN:2007/02/02(金) 01:07:58 ID:XEHZC0iB
「嗚呼、なんて私は愚かなのだろう・・」と、逝ってくると飛び出し・・・・

505 :名無しSUN:2007/02/02(金) 01:46:48 ID:leniu1Re
服を脱ぎ捨て、全裸になり・・・

506 :名無しSUN:2007/02/02(金) 02:02:01 ID:InqA3S0q
はるか彼方にある銀河系の中心の超エネルギー体を見て…

507 :名無しSUN:2007/02/02(金) 02:35:33 ID:XEHZC0iB
ハッとして!グッときて・・・

508 :名無しSUN:2007/02/03(土) 02:00:46 ID:KIzV+kzb
パッと目覚める恋だから・・・

509 :名無しSUN:2007/02/03(土) 02:50:18 ID:P5CChViW
ピンク色の憂鬱に乾杯をささげ・・・

510 :名無しSUN:2007/02/03(土) 16:23:11 ID:aG+LjwVI
きみの瞳は二億高年・・・

511 :名無しSUN:2007/02/05(月) 04:25:38 ID:blRax60O
一光年は10兆キロだったか。たいしたことない。俺は車通勤で往復10キロってところだがそれを一兆回繰り返すだけだろ。
100年で30000万回は往復するだろうから、もう30万キロ。全然余裕だろ。すでに月に近い。
2億光年は2億×10兆キロだ。計算するの面倒だから省略するがw全然余裕だろ。

512 :名無しSUN:2007/02/05(月) 15:26:51 ID:rL1wh6vA
と言ってる間にも光子は何千万kmを進み…

513 :名無しSUN:2007/02/05(月) 22:58:44 ID:ZxbVWAoD
20禾予(じょ)`b

514 :名無しSUN:2007/02/06(火) 00:26:50 ID:E1ejjin4
2000000000000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000

515 :名無しSUN:2007/02/07(水) 07:18:37 ID:N4eREPhJ
すごいなw

さらにもっと漏れ等が
絶望しそうな数字挙げとくれよ。

516 :名無しSUN:2007/02/11(日) 02:30:01 ID:uBEwCXy2
観測できる全宇宙の分子量だか何だかは軽く紙のうえで書けるくらいしかないらしい。


517 :名無しSUN:2007/02/11(日) 02:38:57 ID:ouUCM9Pe
>>515
「宇宙空間にビッチリとノロウィルスを詰め込んだ場合のウィルスの個数は?」‥なんかだと、
絶望しそうな数字になりそーな悪寒‥‥

518 :名無しSUN:2007/02/11(日) 12:58:58 ID:t3ypq4Nn
たしか観測可能な空間に陽子を詰め込むと10^70くらいになるらしい。
ウィルスは多分、数億くらいの原子で出来てるんじゃなかろうか?原子は陽子の1万倍の直径だから
10^50余りじゃないかな。

519 :名無しSUN:2007/02/11(日) 14:40:42 ID:pJqPctWt
  ゴーーーーーーッ!!
     、、, , , , , , ,
   、/; ̄', ̄', ̄',\,
  、/、` 、 ' '  , ' ", X
   ソ、゙ `        ' "|
   |゙ ゙   /⌒ヽ  /⌒l |
  ,--、     ・ `ー' ・   /
  ( 6  i‐―┬―┬‐; 〈
   ̄l、 \ ,二二、ノ ノ
    _\_  ̄ ̄ ̄_,/ 
  ./::::lll::/|~7ヾ~|ヽ::\
  |:::::::::lll::> Vl^lV<::|:::|
  |:::::::::|::::::\ヾV/./::|::::|
  |:::::::::|:::日:::\l/日:|::::|

520 :名無しSUN:2007/02/12(月) 02:02:08 ID:mKkvPcH3
10~100で宇宙を軽く超えるのか

521 :名無しSUN:2007/02/12(月) 02:16:26 ID:mWag0Dh5
ま、人類の数学史上ではグラハム数なんてものがあり、
表記もできないのだから、たいした事はない。。
人間の想像を越える実際の計測可能と思われる
ものなんてものは無いんだろう。

522 :名無しSUN:2007/02/12(月) 02:17:47 ID:mWag0Dh5
>>517
1グーゴルは、おそらく全宇宙に存在している原子の数よりも多い。

523 :名無しSUN:2007/02/16(金) 23:06:30 ID:QzJVXVIF
1 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/09/17(日) 20:15:37 ID:1XSFLAKt
光の進むスピードって1秒に30万kmなんだろ?
ってことは長さ100万kmくらいの長い棒を持って向こうにあるボールかなんかを突いたら
俺からボールに伝わる力の速度は光を超えるんじゃね?


2 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/09/17(日) 20:16:59 ID:1XSFLAKt
天才キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


3 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/09/17(日) 20:22:34 ID:???
>>1-2
長い棒を突けば…という思いつきは平凡そのものだが、同じIDで「天才キター」はある意味天才かもしれん。

524 :名無しSUN:2007/02/17(土) 00:56:33 ID:ASYc2w9r
>>523
3も自演かも…

以前この件について考えてみたことがあるが
光が秒速30万キロだというのと同じようにこの宇宙に無限に硬い棒は存在せず
秒30万キロで伸縮するのが理論的な最大硬度であるという結論に達した

525 :名無しSUN:2007/02/17(土) 01:43:29 ID:rqms03ZE
棒状となるからには、普通に考えて底面が最低でも1平方センチは欲しいだろう。
1平方センチ×高さ30万キロの物体が存在したとしたら、もし、この物体が水だと仮定したら、
(水程度の)30万トンの重さの物体になるな。もちろん水よりも数倍硬度がある物体でなければならない。


普通に地球のマントルを突き破りそう


526 :名無しSUN:2007/02/17(土) 19:54:03 ID:qRZi9rUi
もしそんな便利な物があったら起動エレベーターの軸として最適だなと思った。

527 :名無しSUN:2007/02/21(水) 03:39:11 ID:4HNSGBdx
ろんぎぬすのやり

528 :名無しSUN:2007/02/21(水) 03:51:52 ID:52hS+CXa
30万キロの棒ならバランス的に直径1万キロくらいだろ
地球の直径くらいだよw

529 :名無しSUN:2007/02/22(木) 02:08:35 ID:ekeGV4Gf
1m動かすのに必要なエネルギーは?

530 :名無しSUN:2007/02/22(木) 03:26:06 ID:lJPapqif
棒を持って自分が1m下がれば大したことない
相対論はこういうときに役立つ

531 :名無しSUN:2007/02/23(金) 00:03:58 ID:EBw8muCw
>>530
それってなんか違うような気が・・・

532 :名無しSUN:2007/02/23(金) 01:01:15 ID:gok3b5VA
>>531
気のせいだ。気にするな。

533 :名無しSUN:2007/02/23(金) 02:25:54 ID:4GtZwkYh
>>530は天才やなぁ

534 :名無しSUN:2007/02/23(金) 10:51:15 ID:EllvWjx0
自分が下がる時、棒以外の宇宙の全存在も一緒に引き連れていかないとダメなんじゃないの?

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)