5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

50億年以内に恒星間宇宙船ができるか

1 :名無しSUN:2005/06/03(金) 21:30:48 ID:9FHzpKMx
地球のように太陽の近くにある天体は、太陽と運命を共にします。
太陽は長命で安定した黄色い星ですが、あと50億年後には寿命が近づきます。
太陽は、燃料の水素がだんだん不足していき、その結果膨張して赤色巨星(用語7)になります。
地球上の生命体は、その頃には太陽の高温化により絶滅してしまいます。
そして、地球も含めて近くにある天体は、次々と太陽にのみこまれてしまいます。
つまり、地球の寿命は太陽の寿命に依存しているといえます。

さて、この間に人類はスターシップを作れるでしょうか?
それともその前に戦争で全滅?残されたのは託されたDNAと機械生命体だけ?
それとも地球自体を宇宙船にする計画発動?さて、未来について語りましょう。


2 :名無しSUN:2005/06/03(金) 21:32:35 ID:7ao9otTU
SF板(用語11)にお帰りください。

3 :名無しSUN:2005/06/04(土) 13:09:03 ID:0MwfjSDL
>>1
その前に1億年以内に確実に起こるであろうカッシーニクラスの天体との
衝突の危機をどう乗りきるの?

4 :名無しSUN:2005/06/04(土) 13:11:59 ID:0MwfjSDL
ごめん、トータチスだった

5 :名無しSUN:2005/06/04(土) 22:34:00 ID:y1uMjfRA
他惑星への移住か、宇宙ステーションでしょ。現在、世界首脳の考える方向性としてはその2つが有力。

6 :名無しSUN:2005/06/04(土) 22:56:53 ID:0Buifo2j
地球上に生命が存在できるのはあと50億年じゃなくて5億年と言われてるっよ。
赤色巨星になるよりはるか前に、徐々に光度が増して地球気温も上昇する。
水蒸気の蒸発で暴走的温暖化がおきるらしいね。地球の金星化。
それと、7億5千万年前から海水がプレートの沈み込みでマントル下層に運ばれ、
戻ってこない。このままではやはり数億年から十数億年以内に、
地表には水がなくなり、生物もいなくなる。

他惑星いったって、可能性のあるのは火星だけ。それだって大勢の人間が
長期間住めるようなところじゃない。

7 :名無しSUN:2005/06/06(月) 13:29:20 ID:QauQP1l7
50億年もあれば絶対開発できる


8 :名無しSUN:2005/06/07(火) 19:25:12 ID:q/5pUX+v
>>6
それを抑止して運命を変えてしまうのが人類の使命では?

9 :名無しSUN:2005/06/07(火) 22:14:48 ID:ue1N/gWo
未来は俺たち人類が切り開くんだ!

10 :名無しSUN:2005/06/07(火) 23:59:53 ID:shsBtLHP
>4
地球軌道にうまいことのせて、探鉱夫を住ませりゃいい。

11 :名無しSUN:2005/06/25(土) 11:40:05 ID:9Pw9jsAk
1万年あれば十分だろ。
恒星間宇宙船はスピード上げることより、
人類の寿命を延ばすことを研究した方が
近道だと思う。

12 :名無しSUN:2005/06/29(水) 16:17:12 ID:oG0CwwyH
恒星間宇宙船なんてむりぽ
科学技術行き詰まりまくり

13 :名無しSUN:2005/06/29(水) 18:17:09 ID:LIn/sJ0h
そもそも人類文明を今後たった50年でも持続できるのかすら怪しいわけだが。

14 :名無しSUN:2005/06/30(木) 00:42:03 ID:EAIcj40U
一万年だろね。今のペースじゃ。次々に星に移住し子孫から子孫へと安住の地を求めて…
そんな時代は必ず来る訳だから。
我々は想像する事しか出来ないのが残念だな。

15 :名無しSUN:2005/06/30(木) 00:52:04 ID:n6Zn6y28
あのヤマトのワープが実現出来れば
長距離移動も楽なんじゃないか?
住める星も見つけらるよ!

16 :名無しSUN:2005/06/30(木) 01:07:30 ID:GZUwAGQW
現代でもアフリカや支那の食料問題、貧困問題を解決できていないのに、
人類全てがスターシップで新天地を求めて移住なんてことができるわけない。
出来たとしてもスターリンやイギリス人やブッシュなどだけだきっとそうだそうにちがいなふじこ

17 :名無しSUN:2005/06/30(木) 01:07:58 ID:GZUwAGQW
>15
その前にSETIでスターシャを見つけないと

18 :名無しSUN:2005/10/12(水) 03:18:39 ID:wTmwxdcM
俺達にできることはシコシコと子作りをするだけだ!
3ヶ月ちょいぶりに浮上じゃ〜〜〜

19 :名無しSUN:2005/10/13(木) 02:09:29 ID:SViBZaLL
50億年後にもし地球があれば、夜空の半分くらいはアンドロメダ銀河が占めてるんだって。見てみたい。
人類は移住する前に滅びるだろうな。

20 :名無しSUN:2006/01/17(火) 01:55:36 ID:yGEkb5gV
ガンダムの世界のようなコロニーをさらに巨大化。
核融合炉の構成で恒星間を世代交代しながら進むぐらいが限界じゃ?

光速でも近くの主系列星まで数十年かかるが。 
ワープがマクロレベルで可能になったりして。

21 :名無しSUN:2006/03/05(日) 06:00:51 ID:MGapjEn8
その前に今の地球温暖化現象を何とか汁!
大気圏付近のフロンを取り除く装置とか空気中の二酸化炭素を炭素と酸素に分解する装置とかオゾンを大量に発生させる装置とかさぁ…。
まぁそれを乗り切っても氷河期や巨大隕石衝突と次々回避しなきゃならない問題がある訳だが;
それよりもあと20年後くらいに核戦争で人類滅んでるかもな。
まぁこれらを乗り切ったあとはもう宇宙人が見かねて助けに来てくれるのを待つしかない。
人間は頭悪いから絶対そんなの開発・発明出来ないよ。

22 :名無しSUN:2006/03/19(日) 11:08:24 ID:U0xxOgQo
宇宙空間に存在する星間物質(銀河系の質量の1/3を占める)を燃料源とする推進システムの構想がある。
「恒星間ラムジェット」といい、星間物質の大部分を占める水素を核融合反応させ、膨大なエネルギーを発生させる。
超電動コイルで強大な磁場を作り出し、星間物質を吸収・核融合推進ロケットの燃料とする。
減速の際には磁場で星間物質をブレーキ代わりに用いる事により、減速用燃料の消費をゼロにするらしい。
実現には超高度な「陽子−陽子(水素−水素)核融合反応」の実現が必須条件。
しかし現代科学は初歩的な「重水素−3重水素核融合反応」も実現していないお寒い状況。
「恒星間ラムジェット」は理論的には亜光速にまで到達可能だし、現代科学技術の延長線上のテクノロジーだといえる。



23 :名無しSUN:2006/03/19(日) 13:32:50 ID:U0xxOgQo
>>22
× 超電動コイル
○ 超電導コイル



24 :名無しSUN:2006/03/19(日) 13:38:11 ID:H9PPjTFa
地球温暖化なんか各国政府が本気出せばどうって事無い問題なんだがな。
植林・伐採を繰り返すだけでも炭酸ガスは減る。植林によって海産資源を
増やせば牛などから出るメタンを減らせる。
もっと能動的に炭酸ガスを格納してしまう上手い手段もたくさんある。
それらに100億の予算は出せないがゼネコンに数兆の予算は出せる政府
ばかりじゃ人類は滅びるな。

25 :名無しSUN:2006/03/19(日) 13:59:40 ID:zvpMM83s
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな
ボエジャー と パイオニア は 恒星間宇宙船 だな

26 :名無しSUN:2006/03/19(日) 14:13:56 ID:H9PPjTFa
手紙を詰めた瓶を船だと言うのなら恒星間宇宙船だな。

27 :名無しSUN:2006/03/19(日) 14:54:35 ID:zvpMM83s
パイオニアとボエジャーはどうみても宇宙船だろう。
パイオニアは現在に至っても地上との通信によりデータを送ってきている。
自律航行可能で様々な観測機器も装備して地上との交信もできるし、
既に歴史の一ページになってしまった数多くの探査機などに比べいまだに
現役の素晴らしい宇宙船だと思うぞ。

28 :名無しSUN:2006/03/19(日) 14:59:36 ID:ED0oEdUz
>>26
いや、多分ラジコン船ぐらいだと思うぞ。

29 :名無しSUN:2006/03/19(日) 15:17:23 ID:zvpMM83s
>>28
そっか… (´・ω・`)ショボーン

30 :名無しSUN:2006/03/19(日) 16:25:48 ID:b0hH+DCz
ガンダムの世界のような冷暖房完備のコロニーで

 太陽のクシャミや便秘、シャックリ。ゲップにも負けない人類の生命力。

 普段からの生命の恵み・・・・感動しなくっちゃ ”もったいない”。

31 :名無しSUN:2006/03/20(月) 12:40:33 ID:QDBaHyWL
>>27
パイオニアはもう通信アウト。
ボイジャーは通信できてるようだが、もう観測ブイ状態じゃないか?
姿勢制御以外の運動は無理だし。せめてヨット程度動ければいいんだけど。
νホライズンはその点ちょっとだけ恒星間宇宙船だな。
太平洋に水上ジェットスキーで乗り出す状態だけど。

32 :太平洋に水上ジェットスキーで乗り出す状態だけど。 :2006/03/20(月) 14:30:48 ID:pKhptz//
アポロみたいだね

33 :名無しSUN:2006/03/20(月) 14:48:14 ID:pKhptz//
手漕ぎボート?

34 :名無しSUN:2006/03/20(月) 14:59:19 ID:RNlPOu/8
ついに物理版で新たなる物理法則の発見か!!
宇宙の生まれたての瞬間の公式がもとめられた!
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1142831001/l50

35 :名無しSUN:2006/03/20(月) 16:35:15 ID:++FYRZEe
>>34
1.スレタイと関係無いリンクは9割方釣りの法則
2.タイトル中に「!」が多いリンクは大方が釣りの法則

36 :名無しSUN:2006/03/20(月) 17:50:04 ID:++FYRZEe
>>34
うざい、同じ板の別のスレに同じような釣りを貼り過ぎ

37 :名無しSUN:2006/03/21(火) 04:53:49 ID:MtHDbc51
で、パイオニアとボイジャーはもう我が家からどれくらい離れたんだろ?

38 :名無しSUN:2006/03/21(火) 10:38:49 ID:GYks3Gj/
どこかに現在の推定距離を表示するサイトがあったはずだが・・・誰か知らない?

39 :名無しSUN:2006/03/21(火) 11:38:18 ID:Hfu1mH7R
軌道が計算からずれてるらしいが。

40 :名無しSUN:2006/05/16(火) 13:27:10 ID:QjQXK7dd
>>38
ttp://lts.coco.co.jp/isana/archives/text/essay10.html

41 :名無しSUN:2006/06/07(水) 21:42:12 ID:3B4UX4/L
21世紀に実現する最高性能の惑星間宇宙船の推進機関
予想:原子力イオン推進ロケット(最終到達速度:秒速300km)
※宇宙船に積み込んだ原子炉の大電力で推進剤をイオン化し噴射する。
光速の1/1000の速度にまで到達可能な夢の惑星間推進ロケット。

<大項目> 開発中の原子炉および研究炉等
<中項目> 研究炉等
<小項目> 発電炉・開発中の炉・研究炉以外の原子炉
<タイトル>
宇宙炉 (03-04-11-03)

【原子力百科辞典 ATOMICA】
http://sta-atm.jst.go.jp:8080/03041103_1.html



42 :ローレンツカ ◆6RCpx7Z3.o :2006/06/08(木) 05:52:01 ID:0mJSc6tg
赤色矮星になったら火星が地球の環境に似るんだよね?
だったらなんとか90億年ぐらいリミットがあるんじゃ?

43 :名無しSUN:2006/06/08(木) 06:15:36 ID:0lQ7ywip
今後少しずつ太陽は明るくなる。
10億年後には地球は現在の金星のように灼熱の惑星になる。
だからタイムリミットは数億年後と言える。

44 :名無しSUN:2006/06/08(木) 10:10:47 ID:PRpz18bL
数億年も人類が続けば恒星間飛行の技術は確実に開発できる。
太陽の膨張などによっては人類は滅びない。
滅びるとすれば、それよりはるか以前に
環境汚染や戦争などの要因で自滅しているはずだから。

45 :ローレンツカ ◆6RCpx7Z3.o :2006/06/08(木) 16:56:48 ID:0mJSc6tg
ていうか、数億年も一つの種族が生き残れるかな?
残って恒星間を移動できたとしてもまた数億年たつと恒星も全部消えちゃうし

46 :名無しSUN:2006/06/08(木) 21:12:05 ID:tYYgoytj
うん、とても数億年も続くとは思えない。
数千年、いや数百年ももたずに滅びてもおかしくない。

逆に、数億年も続くならば、恒星間飛行はもちろんのこと、
それよりもさらに画期的な技術革新によって
居住空間を広げているはず。

なんにせよ、太陽の膨張のせいで滅びる、なんてことはないだろう。

47 :名無しSUN:2006/06/09(金) 08:46:57 ID:72I4iRVQ
これが地球温暖化ってやつかーーー

っていうか数億年も発展し続けた文明なら
太陽の方をいじって何とかしそうな気がする。

48 :ローレンツカ ◆6RCpx7Z3.o :2006/06/09(金) 10:44:55 ID:kH26SSgF
同じ恒星間の移動方法も量子テレポーテーションを応用したりとか?
まぁあれは人間サイズじゃ完全に適用外だけど他に新しい何かとか

49 :名無しSUN:2006/07/20(木) 13:24:25 ID:SKorF/Ai
太陽の高温、巨大化によって今の地球っぽくなった火星に移住したらいいのでは?
太陽のそれが進行するにつれて最終的に冥王星まで移住

50 :名無しSUN:2006/07/20(木) 21:58:15 ID:M+x50Ihx
>>49
温度だけ上がっても、大気を留め置ける重力がぁ〜→水を維持する大気がぁ〜

51 :名無しSUN:2006/07/20(木) 21:58:54 ID:M+x50Ihx
>>49
そこで妖星ゴラスですよ。地球を外惑星軌道へ。

52 :名無しSUN:2006/07/20(木) 23:10:23 ID:J0n24Lyx
UFOに来てもらって指導してもらえば一気に技術革新が起きて10年や
そこらでアルファケンタウリぐらい行ける。

53 :名無しSUN:2006/07/20(木) 23:48:59 ID:M+x50Ihx
>>52
それなんてイスカンダル?

54 :狡猾で卑劣な鬼畜 ◆w7Q5ywREpw :2006/07/21(金) 15:14:08 ID:boCGjvCe
おいおいライト兄弟が飛んでからまだ100年ちょっとだぞ
その間にもう、人類は宇宙まで進出して火星に船を飛ばしてるんだ
100年でこれだけの進歩
100年後には火星に到達してるだろうし
500年後には太陽系を出てるし
1000年後には銀河系を出てるよ

55 :名無しSUN:2006/07/21(金) 15:46:26 ID:f5+XEbra
>>54
偏差値30を50に上げるのはたやすいが、
偏差値60を80に上げるのは至難

56 :名無しSUN:2006/07/21(金) 16:01:44 ID:nz+hLoj7
テクノロジーの終点はまだ見えない。

57 :名無しSUN:2006/08/16(水) 21:49:44 ID:l493dmyv
亜高速の宇宙船ができればαケンタウリには行けるだろ。

58 :名無しSUN:2006/08/16(水) 21:59:31 ID:JpgR6k9K
恒星間飛行が偏差値でどのくらいかは分からないが、この200年テクノロジーは加速しながら進歩している。

59 :名無しSUN:2006/08/16(水) 22:04:59 ID:9LQKnmmu
30から50がたやすい?なめんな!

60 :名無しSUN :2006/08/16(水) 22:45:05 ID:t2deZUfi
偏差値を200に上げるのは不可能

61 :名無しSUN:2006/08/16(水) 23:17:08 ID:92vVUMz8
亜光速船ができたとして、障害物対策ってどうなってんかな?


62 :名無しSUN:2006/08/16(水) 23:23:07 ID:JpgR6k9K
>>60
それは百点満点のテストで200点取れないような物だ。偏差値の仕組みを分かっているのか?

テクノロジーが進歩する時はどこかに誰かが書いた模範解答が存在する訳じゃない。それで誰かに点数を
付けてもらう類の物ではない。人類が新しい能力を獲得する事だ。

63 :名無しSUN:2006/08/16(水) 23:36:08 ID:Pk+VrI/I
仮に宇宙船が出来ても人類の進化も必要になるよな
地球環境に合わせて進化してきた人類にとってはかなり厳しいはず




64 :名無しSUN:2006/08/17(木) 00:01:55 ID:R+4D7bDm

この時、人類が三年後にホロン部とは誰も予想しなかったw

65 :名無しSUN:2006/08/17(木) 07:53:21 ID:/wEgTm4B

まぁ、50億年も人類が保つと考えることは脳天気ではあろうな。

66 :名無しSUN:2006/08/17(木) 10:59:12 ID:69ESH9U2
スレタイの「億」を見逃して50年だと思ってた俺がいる。

67 :名無しSUN:2006/08/17(木) 12:52:19 ID:buPU8wta
冷凍睡眠の実現は可能か。っていうかしたい。

68 :名無しSUN:2006/08/17(木) 16:08:05 ID:0Tazn2xy
太陽、膨張して地球も死ぬというが
死なないと思うよ
膨張しても表面温度がグッと下がるからね
光も弱くなる
さすがに最後の爆発で地球は終わるそうだが

69 :名無しSUN:2006/08/17(木) 16:13:04 ID:eIso4Y6v
太陽は今現在、50億年の経過のうちまだ
自身の2500分の1ほどしかエネルギーを使っていない
それだけ核融合のエネルギーとは凄いもんなんだよ

70 :名無しSUN:2006/08/17(木) 20:36:51 ID:G/jBuI2o
太陽は爆発しないってのに。
人類の発展次第では戦略的要所になるわけだから999のように手を加えられて爆発する
可能性はあるだろうけど。

50億年後だと太陽が膨張して計算では辛くも飲み込まれるのを免れるが太陽表面に近い為に灼熱地獄と
化すると言う。その頃火星では今の地球のような環境になるとも言われている。
灼熱地獄になる前に水がなくなると言われてるし、それまでたっぷり時間があるのだから基礎理論さえ
コツコツ積み上げてれば我々は責任を果たした事になる。

71 :名無しSUN:2006/08/18(金) 07:19:31 ID:x6wuxWNc
太陽が膨張するなら一時的な対策として木星の衛星とかに移住したほうが恒星間移動よりは難易度は低いと思う。

72 :名無しSUN:2006/08/18(金) 11:37:56 ID:rxOT5W8O
50億なんてとんでもない。

戦争 処方が見つからぬ疫病 資源の枯渇 環境汚染 で 200年以内に滅びる 

数10万年に一度の中隕石の落下で少なくとも文明は崩壊

数100万年に一度の氷河期で全生物減少

数千万年に一度の大隕石の落下で少なくとも全生物の入れ替え

   

73 :名無しSUN:2006/08/18(金) 18:52:33 ID:PF/1hts3
23世紀にはワープ航法は可能。24世紀にはデルタ宇宙域まで到達可能。
地球にとどまる理由はない。ただし60年後の第3次世界大戦でとりあえず文明は滅びる。

74 :名無しSUN:2006/08/18(金) 19:06:56 ID:/eJMeo5A
藤子・F・不二雄の書いた短編集では、やはり23世紀にワープ航法が開発されて
宇宙大航海時代が始まると予測されているようだが、
他の短編集では近い将来に人類は滅亡は避けられないとも書いてある、

さて人類の未来はどっちだ

75 :名無しSUN:2006/08/18(金) 20:01:53 ID:JzRG/SsC
広い宇宙で放浪するより大人しく全滅したほうが楽じゃね?

76 :名無しSUN:2006/08/18(金) 20:07:03 ID:tIke1Nb6
世界が平和になってから
科学技術の進歩がトロくなった
民主化が進んで金は全て老後の為に

人類滅びるよ

77 :名無しSUN:2006/08/18(金) 20:09:58 ID:0NFZCc1t
今、我々が地上で繁栄しているのは人類の祖先の全てが生存を諦めなかったからだ。

78 :名無しSUN:2006/08/18(金) 20:29:30 ID:IQZSua90
ワープ実用化→宇宙大航海時代
より
冷凍睡眠や亜光速航行実用化→火の鳥宇宙編
のほうが現実味があるような気がする

79 :名無しSUN:2006/08/19(土) 01:54:22 ID:hiUNf7jt
DNA改造→死なない→徒歩で宇宙探検

80 :名無しSUN:2006/08/19(土) 02:23:28 ID:KfGSJ9fs
第四世代型超光速恒星間航行用超弩級万能宇宙戦艦エクセリオン
みたいなのが開発されるのはいつ頃だろう?

81 :名無しSUN:2006/08/19(土) 03:48:11 ID:AKfqLxwC
地球の回転が止まるのは何年後だっけ??まぁ、止まる以前に人類は滅亡するらしいけど。それまでにできるとは到底思えない。

82 :名無しSUN:2006/08/19(土) 04:36:44 ID:z/uoYnL9
面白いスレじゃ

83 :名無しSUN:2006/08/19(土) 04:54:11 ID:byoStOQO
>>73
それ何てスタトレ?

84 :名無しSUN:2006/08/19(土) 15:39:02 ID:T4IhmTCp
太陽膨張したら恒星間移動より、スペースコロニー作りゃいい

85 :名無しSUN:2006/08/19(土) 22:38:23 ID:8PyCQuQp
50億年以内に
何度も何度も氷河期が訪れ、
隕石が激突してくるわけだが。

86 :名無しSUN:2006/08/19(土) 22:52:30 ID:AWxVB6F/
>>85
危機に対処しようという発想はないの?

87 :名無しSUN:2006/08/20(日) 00:27:45 ID:grhfiCGi
あるに決まってるわい

88 :名無しSUN:2006/08/20(日) 09:26:50 ID:EdJoyMQA
とりあえずは東海や南海地震のほうが差し迫ってるからなあ。

89 :名無しSUN:2006/08/20(日) 11:15:58 ID:Lsfpn9hM
あるなら氷河期にも隕石にも地震にも対処しよう。まだ人類の力は弱いかもしれないが、
太陽系の資源を支配できるようになればかなり強くなれる。

90 :名無しSUN:2006/08/20(日) 17:13:00 ID:PN+omFu6
現代の技術でも現代の宇宙船に乗って子孫代代飛行すれば50億年以内にαケンタウリまでいけるよ。

91 :名無しSUN:2006/08/20(日) 17:34:08 ID:DG431ZgM
50億年なら多分楽勝の気がする

もし仮にあと100年で滅ぶことが確定したとしても、
多分人類はやるよ。地球レベルで必死のパッチで頑張ればなんとかなる。
戦時中は国家レベルでもあれだけ開発した。

ケツに火がつけば動きます。逆もまたしかり。


92 :名無しSUN:2006/08/20(日) 17:53:29 ID:GkBjW05o
地球そのものを移動させて太陽から遠ざけるという手もあるな。亜高速船より難しいかもしれんが。

93 :名無しSUN:2006/08/20(日) 18:10:36 ID:t5WjGP/1
スゥイングバイやりまくって、最高速度を記録する研究とか出来ない?
実際、今の科学で、どの程度、スピード出せるの?

94 :名無しSUN:2006/08/20(日) 18:59:29 ID:KxrvwAvq
太陽は銀河系内を移動しています。
近距離恒星への移動手段は将来開発されると思います。
数千万年のスパンで考えると、人の住めそうな惑星のある恒星に接近することもあるはずです。
その時点で、その恒星系に移住する。

95 :名無しSUN:2006/08/20(日) 19:51:31 ID:3GC23UuL
恒星間宇宙船なんか作らなくても太陽が燃料切れで膨張するならそれ止めればいいんじゃね?
木星辺りから燃料輸送してさ、燃料採取は危ないからアンドロイドにやらせよう
アンドロイドが反乱したらあれだから寿命5年くらいにしとけばいいんじゃね?
おれってあたまよくね?


96 :名無しSUN:2006/08/20(日) 20:17:12 ID:pzX2wRM2
反乱するアンドロイド(精神を持つアンドロイド)を作るほうが難しいと思う。

97 :名無しSUN:2006/08/20(日) 20:28:58 ID:EdJoyMQA
>95
太陽の質量は木星の約1000倍だからあんまし足しにならなそう。

むしろ太陽の周囲に核融合し損ねた水素が大量に残ってるから、
それかき集めて太陽に戻せばいいらしい。

98 :名無しSUN:2006/08/20(日) 20:35:20 ID:pzX2wRM2
50億年以内に新恒星がαケンタウリより近くに誕生するかもしれん。

99 :名無しSUN:2006/08/20(日) 20:39:02 ID:+UXa+QhB
金星が火星軌道くらいにあって、そこにも生物が、いや文明が興っていたら・・・
全然違ったんだろうなぁ
とりあえず、惑星間で対立するだろうから、地球政府みたいなのはすぐできてそう
戦争は最強の結束を生み出す

100 :名無しSUN:2006/08/20(日) 20:54:01 ID:DzDAvtQ/
レスを読んでないから既出かもしれんが、そもそも50億年も人類が生存すると言う考え自体が
ものすごい楽観論だと思うな。

・戦争、紛争、テロ、核兵器
・人口爆発
・環境破壊
・エネルギー問題
・小天体の衝突
・太陽の放射エネルギーの変化
・新型病原体の発生

いいだせばきりがないよな。

101 :名無しSUN:2006/08/20(日) 21:22:22 ID:z5UzSPaM
釈迦入滅後50億年後の危機ってこのことじゃないの?

102 :名無しSUN:2006/08/20(日) 23:06:09 ID:DzDAvtQ/
阿弥陀如来の話と混同しているヨカーン(w

103 :84:2006/08/20(日) 23:31:07 ID:0YBaUFfl
>>85
意味沸かんね
どこをどう読めば
おれが危機意識をもってないように読めるの?

104 :名無しSUN:2006/08/20(日) 23:31:36 ID:0YBaUFfl
いっこずれた
84→85
85→86

105 :名無しSUN:2006/08/21(月) 21:13:19 ID:JKk6l/qL
阿弥陀如来は56億7000万年後。ちょうど地球が太陽に飲み込まれるころ。
暗黒神話も56億年後を扱ってたらしい。読んでないから詳細はわからんが。

106 :名無しSUN:2006/08/21(月) 21:23:41 ID:OCBpFxJ4
5億年後には太陽が熱くなって〜の危機は、地球に
巨大な核エンジンくっつけて、軌道を逸らせて解決するんだ!

107 :名無しSUN:2006/08/24(木) 01:10:25 ID:J9e26JcQ
太陽の年はまだ46億年だよ
100億年も寿命があるというのにな

108 :名無しSUN:2006/08/30(水) 04:27:18 ID:e9je9xKP
5億年くらいあればできそう

109 :名無しSUN:2006/08/30(水) 09:10:51 ID:flixqFvw
1億年後には人類なんて地球にいないよ

110 :名無しSUN:2006/08/30(水) 14:02:48 ID:uXQvKM00
来世紀には
どこでもドアがあるんだから
それで移動すればいいじゃんね。

111 :名無しSUN:2006/08/30(水) 18:11:25 ID:kP4h55jV
2ちゃんはいつ滅びるん?

112 :名無しSUN:2006/08/30(水) 18:47:27 ID:OiQIMusX
50億年かければボイジャーだって他の恒星にたどり着いているぞ。
>>1の趣旨が人類の生存・移住だとすると、50億年後、地球上に
いる生物はいずれにせよ人類ではない。 

113 :名無しSUN:2006/08/30(水) 19:20:13 ID:JqZlcTAe
>>73
それなんてスタートレック?

114 :名無しSUN:2006/08/30(水) 19:30:40 ID:Ri3Z/c3s
そういう議論は、月が生活の場になってから話したら良いんじゃないか?
江戸時代に、海外旅行の話をしているようなもんだと思う。

2016年のオリンピックの国内代表が東京に決まったぐらいでお祭り騒ぎする国なんだから。

115 :名無しSUN:2006/08/30(水) 19:41:17 ID:OiQIMusX
>>114
俺は都民だがオリンピックには反対だぞ。
江戸時代に坂本竜馬は海外旅行どころか、国際貿易を実行しようとしてたぞ
人類は後、何年で滅びるのかな?
俺が子供のころは21世紀には月に定期観光船が就航しているはずだったのにな。


116 :名無しSUN:2006/08/31(木) 01:40:42 ID:3eDSElhN
>>113
惑星探査機ボイジャーだろう。

117 :名無しSUN:2006/09/01(金) 03:57:13 ID:YCfZCe7f
>>116
つい最近だが、ボイジャーは太陽系の果て(太陽風が恒星間風によって届かなくなる領域だったかな?)
を通過したぞ。



118 :名無しSUN:2006/09/01(金) 04:13:06 ID:iFazVaoo
この手のスレでは稀に登場する「NEC・南善成」の空間飛翔体特許は面白かったな。
だが、達成すべき磁場のレベルが人類が到達不可能な識域。

要するに、銀河の中心部にあるブラックホールに等しい磁場を宇宙船に与えて磁場を振動させて、
時間と空間を歪めて相対性理論を突破しようと言う試み。
実現できればすごいが、そのエネルギーは50兆テスラっておい!
銀河系を全部食う気か?(爆笑)

119 :夢は大切・現実も大事:2006/09/01(金) 05:26:04 ID:0dgDKZUW

 全部読んで見テ・・まだ書かれてなかったのでカキコ

 子供の詩を歌にした矢野顕子さんの『太陽のおなら』で考えると

 何時だってその瞬間がやって来ても可笑しく無い現実。

 皆が元気にワイワイやってるその時に『あ〜〜〜!』と言う間にあっぽ〜んっと集団昇天。

 一気に消滅なのか…よるの間の半球は生き延びれるのかもオナラの規模次第。

 その前に,便秘の糞詰まリで火力低下で冷凍永眠の報が良いのかはわからない。

 てな事で今,生きてる奇跡の瞬間をあなたのお隣の人と大切に… 永遠の夢も大切に…。




 

120 :名無しSUN:2006/09/01(金) 05:33:44 ID:Z/ru4R16
今後一億年程度で、おならの反動で恒星間飛行をする生物が現れる。

121 :名無しSUN:2006/09/02(土) 08:12:27 ID:GD9HM/p7

          /⌒彡
         / ゚д゚ ) よんだ?
         | | /|
        し-J

122 :名無しSUN:2006/09/06(水) 18:21:53 ID:UCIbEVdQ
>>1
俺の計画によると十数年後には可能
16歳 現在中卒プー太郎ヒッキー
17歳 猛勉強の末大検を獲る
18歳 日本の大学のレベルが低すぎるので単身渡米、MIT主席入学
19歳 飛び級でマスターへ
20歳 優秀すぎるのでドクターへ
21歳 天才すぎるのでいきなりプロフェッサーへ
22歳 ソロスも真っ青の革命的金融工学理論を構築し起業
23歳 超伝導量子コンピュータの開発大量生産に成功
24歳 M$を押しのけダウ入り
25歳 ゲイツを押しのけ総資産世界一へ
26歳 ノーベル経済学賞受賞
27歳 全世界総生産の80%を独占し経済的世界征服完了
28歳 国連加盟国全ての大統領・首相・書記長に同時就任
29歳 国連非加盟国を軍事力で制圧統制世界征服完了
30歳 エネルギー問題と人口問題を解決する為に粛清し人口を1000分の1へ
31歳 労働力不足を補う為人型ロボットを開発
32歳 恒星間移動船及びワープ航法を開発
33歳 天の川銀河系を支配下に置く
34歳 アンドロメダ銀河連邦と全面戦争→完全勝利
35歳 アンドロメダを植民地とする
36歳 50億光年内の全ての惑星を掌握し宇宙征服完了
37歳 自分の導いたワーム理論により他宇宙を掌握し森羅万象征服完了
38歳 自分の導いたスーパーストリング理論により多次元空間へ
39歳 108次元に居た神と対決→完全勝利
40歳 神を忠実な下僕とする
41歳 109.655次元にて物理法則の再構築を開始
42歳 厄年だから靖国神社へ厄払いへ逝く
43歳 なんかめんどくさくなってきたからこの世の全てをn=n+1とする
44歳 脱童貞→鬱病で自殺

123 :名無しSUN:2006/09/06(水) 20:11:39 ID:h+Xn9ZVl
スタートレックって人類の進歩早すぎると思う。60年後に光速なんて出せないだろ

124 :名無しSUN:2006/10/01(日) 21:10:25 ID:u6dEkjQI
あと数百年は無理だと思う
アメリカは急ぎがちだね

125 :名無しSUN:2006/10/14(土) 22:11:42 ID:RjnOMvDw
>>122 脱道程は早い用がいいよ。

126 :名無しSUN:2006/10/15(日) 04:14:16 ID:94q60LwC
「the future is wild」って本よんでないのか?
1万年後として人類は続かず絶滅しているのだが・・・

127 :名無しSUN:2006/11/10(金) 17:53:26 ID:FXrSDGW7
>>1
50億年の間人類が生きつづける可能性はほぼ100%無いと考えていい。
核戦争やなぞの伝染病、環境破壊など人類滅亡の原因は考えるだけでいろいろあるのだから、
人類が50億年生き続けることはありえない。

128 :名無しSUN:2006/11/10(金) 19:31:40 ID:cnLbI7Gn
10億年のうちに地球は(人間には)住めなくなる。地球が住めなくなったら太陽系に住めるところは無い。
恒星間飛行が出来るかどうかが何十億年も未来に人類が生存しているかどうかを決める。
恒星間飛行が出来れば人類は広がれる限り広がるだろう。人類の末裔が人類と呼べるモノかどうかは
分からないが、そうなった時に人類の子孫を絶滅させる手段などあるまい。

129 :名無しSUN:2006/11/10(金) 21:47:10 ID:T6WI2QsN
どっちにしろ俺は生きてないからどうでもいい

130 :名無しSUN:2006/11/11(土) 00:25:01 ID:hGw2hzuG
>>129
だよな・・・
生きたとしても後80年・・・(´・ω・`)


まぁ今を楽しく生きれたらそれでいいや

131 :名無しSUN:2006/11/11(土) 21:41:30 ID:Wg2q+x39
たしかに>>127の言うとおり、50億年後まで人類が生き続けているっていうのは
想像できないな・・・
もし仮に生き延びてたとしても、その頃の人類の文明が如何なるものかは
全く見当がつかないと思う。

132 :名無しSUN:2006/11/12(日) 02:07:25 ID:PK4V9+NH
サルから人間になるのにかかった時間考えたら、50億年どころか
数十万年後には人間とは違う形態の生き物になっていそうな気もするがな。
果たしてそれが今より高度な文明を持っているかどうか。

133 :名無しSUN:2006/11/12(日) 02:33:32 ID:kNMUs+Ie
文明は生命が身につけた史上最強の道具だ。生命である限り手放したりはすまい。

134 :名無しSUN:2006/11/12(日) 03:38:57 ID:oZeC42Dx
手放したくないばっかりに環境破壊を止められねえじゃん

地球の残り資源で生き残る為には弱国、弱者は切り捨てられるのだから
かりに残った人類の業は凄いものになってるだろう。

135 :名無しSUN:2006/11/12(日) 05:10:25 ID:5HpLX5JJ
>>132
すでに日本人の骨格変わってるぞ。
カツーンの亀梨みないなあごの細い奴が多くなってきてる。
数年前テレビでそういった予想があったと思う。

数十年でこんな変わるんだから怖ろしいな。

136 :名無しSUN:2006/11/14(火) 01:08:30 ID:lCWjTkyA
>>110
もし「どこでもドア」が開発されて実用化されたら
鉄道・バス会社、航空会社、旅行会社などは
またたく間に全滅間違いなしだな・・・

137 :名無しSUN:2006/11/15(水) 20:34:37 ID:OifZZYQw
瞬間的に普及してランニングコストも最初から格安ならな。

138 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:34:56 ID:Z7RZ9q5j
アルファ・ケンタウリのキョーフ
奴はいつかここにやってくる・・・((((;゜д゜)))ガクガクブルブル



139 :名無しSUN:2006/11/24(金) 11:09:22 ID:m7CMCntD
銀河鉄道はどこでもドアの普及で廃業したんだよな。でもどこでもドアは999のような長距離は
移動できない設定になっている。長距離・業務用(?)のドアならいけるのかもしれないが。

140 :名無しSUN:2006/11/24(金) 13:48:27 ID:1kSN3zRi
>>139
家庭用どこでもドアで誤って恒星中心部の座標打ち込んだため
都市が一つ壊滅したのがきっかけで、業務用長距離どこでもドアは
規制がかかった。なので銀河鉄道の復活も噂されているよ。

って、未来技術板みたいな遊びをここでやっていいのか?
と自分ものっといて言う。

141 :名無しSUN:2006/11/25(土) 18:29:57 ID:GcdVSfPj
作中だけの話だと
記憶では動作空間は半径15光年、時間的には白亜紀では使用不可能だと分かってる。

「のび太の恐竜」では1億年前と漠然に言ってるが、白亜紀後期でティラノサウルスが居た時代で
その他の考証もちゃんと6500万年前になっている。

999は230万光年も離れたアンドロメダ星雲まで行けるが、どこでもドアのようにドアをくぐる感覚では無理。
どこでもドアには地図が必要だがそれを作るには実際行ってみないと駄目だろうな。どこでもドアに限らず
銀河鉄道のような恒常的移動手段は全てそうだが。
どのような恒星間飛行手段を用いるにしても、予想可能なあらゆる状況に対応した冒険型宇宙船は必要。

142 :名無しSUN:2006/12/02(土) 11:50:00 ID:XOyYMLCR
どこでもドアの設定は話によって違い、
10光年以内だったり宇宙の果てまで行けたりする。

143 :名無しSUN:2007/01/06(土) 13:12:05 ID:lm1pEi4M
50億年人類が文明崩壊しないで存続してれば確実にできるだろ。
そんなことより氷河期と天体衝突を乗り切る技術を身に付けるのが先。
人類が滅亡するのはこの2つのどちらかだと思う。
戦争やエネルギー問題で文明崩壊は起こっても滅亡はないと思う。
恒星間宇宙船は宇宙船内に生態系の維持が確立できれば理論上はOKだからかなり近い将来にできるんジャマイカン。

144 :名無しSUN:2007/01/06(土) 15:27:49 ID:zzYpbIbx
すでに太陽系自体が恒星間宇宙船である罠

145 :名無しSUN:2007/01/06(土) 15:37:27 ID:yE08tARY
異性人でも来てテクノロジーが一足飛びで進化しないと無理っぽい
気がする

技術の進化は冷戦時代が一番良い感じがするけど
平和になり過ぎると無駄や無理が通らなくなって宇宙技術進歩が遅れる
民主主義の限界を感じる(弱い奴等の不平不満の声が世の中に通り過ぎ)

146 :名無しSUN:2007/01/06(土) 15:40:59 ID:xnwEiFoE
全くの初心者なんだけどどこでもドアって作れるの?

147 :名無しSUN:2007/01/06(土) 15:42:03 ID:IKTC9GUW
原子力も夢のエネルギーではなかった。ただでさえ問題山積みなのに今の原発以上の
モノは作れない。エネルギー源がいるな。

148 :名無しSUN:2007/01/06(土) 15:43:46 ID:IKTC9GUW
>>146
無理だよアレは。難しすぎる。超光速飛行を自転車なみにお手軽になんて。

149 :名無しSUN:2007/01/09(火) 00:08:56 ID:M7qd7xER
もし、どこでもドアが本当に開発・実用化・廉価販売されたら
公共交通機関や旅行会社は瞬く間に全滅すること必至

150 :名無しSUN:2007/01/09(火) 02:45:33 ID:9JUspcxw
その代わり膨大な資源と幾つもの全く新しい産業を人類は手にする。

151 :名無しSUN:2007/01/19(金) 00:31:28 ID:2Xtqq/KK
>>25
ま〜だ太陽系出てないけどねぇ

152 :名無しSUN:2007/01/19(金) 05:48:16 ID:BgSHFFqa
>>151
太陽系の定義すら決まってないもんな。
最も小さい仮説では、惑星までの距離(今は海王星が最も遠い惑星だから直径100億km)
最も大きい仮説では、オールトの雲(直径30兆km)


153 :名無しSUN:2007/01/20(土) 14:53:13 ID:0rTEaOqp
百年以内に地球の磁場が逆転して北極と南極が入れ替わって
天候がぐちゃぐちゃになるってどっかの人が言ってた記憶があるけど
本当?

154 :名無しSUN:2007/01/20(土) 15:09:29 ID:XFa5/WgR
イオンエンジンだと何年かかるかな?

155 :名無しSUN:2007/01/20(土) 19:33:23 ID:YyzeZc+/
>>154
何年かかる以前に、適切なイオンエンジンのエネルギー源がない。


156 :名無しSUN:2007/01/20(土) 21:44:16 ID:ycA9cuKo
>>153
磁場は、年々弱まっていて、
磁場が入れ替わるのは今のペースだと2000年後らしい。
その時は、鳥たちが困るらしいけど、天候が変わるとは聞いたことが無い。

157 :名無しSUN:2007/01/21(日) 13:56:03 ID:NkO27N6W
>>156
なるへそ
ていうか、氷河期が来たらそんなに急激に気温は下がるのか?
温暖化とかでちょうどいい気温になるんじゃね?

158 :名無しSUN:2007/01/21(日) 14:22:19 ID:4x56cVmK
エネルギー源は原子力はどうかな?

159 :名無しSUN:2007/01/21(日) 18:38:36 ID:XSl7epZv
イオンエンジンのエネルギー源ならジャスコやマックスヴァリュで売ってる

160 :名無しSUN:2007/01/21(日) 20:22:15 ID:6h1GLhZM
>最も大きい仮説では、オールトの雲(直径30兆km)

そのオールトの雲自体が存在の確認されていない仮設で、
仮説の仮説なんだからそんなものは無視していいと思うんだが、
みんなはどう考える?

161 :名無しSUN:2007/01/21(日) 20:25:02 ID:6h1GLhZM
訂正
仮説の仮説→仮説の上に成り立った仮説

162 :名無しSUN:2007/01/22(月) 00:08:01 ID:vxQAjTxO
新生代からの氷河期はイメージ程寒くはならない。極地の冷え込みは物凄い事になるが
赤道付近は温帯になる。

163 :名無しSUN:2007/01/22(月) 15:42:32 ID:7mPWBCCD
じゃあ、ここら辺は適温ってことだ^^

164 :名無しSUN:2007/01/23(火) 11:33:25 ID:9m5UZ30v
50億年後って、太陽が巨大恒星になっちまんじゃね〜の?

165 :名無しSUN:2007/01/23(火) 11:59:08 ID:2NnhA1/Y
>>164

大体そのくらいには赤色巨星になってるっぽいね>太陽

166 :名無しSUN:2007/01/23(火) 12:43:57 ID:9m5UZ30v
>>165
フォロー、あんがとさん。なんせ会社のpcでこっそり書き込んでるからさw

167 :名無しSUN:2007/01/23(火) 15:44:30 ID:W5jJhcor
>>166
スレチもいいとこだが、放っておけない
いや、あの・・・余裕でバレますよ(イントラなら確定)
お咎め受ける前に、携帯からにしときなさい

168 :名無しSUN:2007/02/19(月) 15:15:10 ID:y6u46Kwn
月面を一周するリニアを使えば光速近くまで加速できないかな?

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)