5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■物理板住人が面白いSFを教えあうスレ

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 13:57:08 ID:???
小松左京が好き

エロいから

2 :にょにょ ◆yxpks8XH5Y :2007/01/14(日) 13:57:53 ID:???

 今だ!2ゲットォオ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 18:44:03 ID:???
■物理板住人が面白いメコスジを舐めあうスレ

4 :こにょー ◆IzXu3gqo6w :2007/01/14(日) 19:06:10 ID:msdGWFA6
サイエンス・ファンタジーではなくサイエンス・フィクション
という意味なら、日本の小説に科学的な物はあまりない。
筒井康隆や平井和正、夢枕獏・菊池秀行(この辺はSFじゃない
かも…)あたりの荒唐無稽な方が良いね。
むしろ漫画!
星野之宣の作品が秀逸でないかい?
2001夜物語は20年前、ブルーシティは30年前だよ!!
ムーン・ロストも面白かったな。

海外なら、ジェームス・P・ホーガンの作品!
僕はしびれっぱなしです!!

ヒューゴー賞&ネピュラー賞受賞作品なら間違いなし!
創元推理とハヤカワがんばれ〜

5 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 20:02:49 ID:eJR16P7y
スター・トレック好きは結構多いね。

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 20:09:47 ID:mSzoKFSB
百億の昼と千億の夜は名作だと思うよ

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 20:38:43 ID:???
星新一

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 20:50:28 ID:???
ディックしか知りません

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 20:52:29 ID:???
俺もディラックしか知らん

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 20:58:34 ID:lJ1CTxkf

 今だ!10ゲットォオ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 21:11:22 ID:???
ホーキング宇宙の全てを語る

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 22:17:10 ID:R5y13Gqs
SF?朝日新聞

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 23:56:06 ID:???
> ヒューゴー賞&ネピュラー賞受賞作品なら間違いなし!

これは必ずしも言えないと思う。最近のはともかく、昔の「虎よ虎よ」
(ベスター著、なんとこの時、抑えたのは かの「幼年期の終わり」だが、
結局、名作として生き残ったのはどちらだ?www)とか、ゼラズニイ
の「我が名はコンラッド」や「その顔はあまたの扉、その口はあまたの灯」
とか、もはや誰も憶えていないんじゃ無いかってぐらいの物だw

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 08:36:49 ID:???
A4のちんちんの先端には波動砲が搭載されている

15 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 10:36:35 ID:???
あまり科学的じゃないけど、時をかける少女

16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 13:31:05 ID:???
今時の若いモンはそもそも本読む人がいないようだ。
生涯冊数で教科書の方がそれ以外よりも多いという…

17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 13:34:28 ID:???
小説は本ではないよ。

18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 15:10:10 ID:???
漫画も本だよ

19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 15:12:48 ID:???
エロ本も本だよ

20 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 15:13:39 ID:???
SFなんて発想が陳腐すぎ

21 :物理素人:2007/01/15(月) 22:09:05 ID:???
なかには大胆なのもあるんだが。

22 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 22:14:15 ID:???
例えば?
それに、君にとっては大胆かも知れんが、他の読者にとってはありきたりな
アイディアかも知れんよ

23 :物理素人:2007/01/15(月) 22:19:22 ID:???
まずは「表面張力」は。ブリッシュの短編だったかな。
アシモフの「人間培養中」は。

24 :こにょ〜 ◆IzXu3gqo6w :2007/01/16(火) 03:53:23 ID:khkajwSw
幼年期のおわり!
地球に平和をもたらした神様のような宇宙人が、悪魔の姿で、人類を次のステージに進ませる役割を帯びているのだが…
万能に見える彼らの悲しみとは!
そしてそんな彼らを、なぜ地球人は潜在意識の中に「悪魔」としてとらえていたのか!

25 :こにょ〜 ◆IzXu3gqo6w :2007/01/16(火) 03:58:30 ID:khkajwSw
星を継ぐ者
月面調査隊が発見したのは、数万年前の宇宙服を来た人間のミイラだった!

これらが大胆でないと言えるなら、これ以上に大胆なアイデアを出してみてください。

26 :こにょ〜 ◆IzXu3gqo6w :2007/01/16(火) 04:05:24 ID:khkajwSw
ついでに
ガニメテの優しい巨人
ガニメアンの宇宙船は「ウラシマ効果」を防ぐために、先端に小型ブラックホールを装填し、時間を遡りながら亜光速で恒星間を渡る!

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 04:57:09 ID:???
何を防ぐだって?

28 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 08:56:18 ID:???
SFといっていいか自信がないけど、安部公房の人間そっくりはおもしろかった。

29 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 10:08:36 ID:???
TV放映の映画で見掛けるようなのがSFの代表だと
思って見下してる人は損してるよ。

俺もフィクションは殆んど読まんので
小説は本じゃないと言いたい気持はわかるが、
海外作家のハードSFは時々読む。

ハードSFは著者が科学者であることが多く、テーマや舞台背景の理解に
かなりの科学的素養を要求するものも少なくない。
おまいらが読まんで誰が読む?

A.C.クラークなんかは外れ無しだよ。「2001年宇宙の旅」の人ね。
「幼年期の終り」いいね。

J.P.ホーガンもかなり好きだが、ハッピーエンドに向けて畳掛ける
終盤の展開はやや楽観的すぎる気もする。

30 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 11:11:05 ID:???
>>26
これこれ、いいかげんな事を言うなw

まず、「ガニメテ」では無く、「ガニメデ」だわ。
ガニメデの優しい巨人 は>>25の続編だから、そっちを読んでから、だな。

それから、ウラシマ効果を防ぐって?w ウラシマ効果のせいで、母星の
時間で何千万年だか忘れたが、船の時間で経過では数十年で済んだから
中の人間が生きてんでしょうがw

重力工学はホーガンの十八番だけど、その部分が一番物理っぽく詳しく
書いてたのは、「創世記機械」じゃねーべか?

>>29
クラークは、結構好き嫌いあるみたいよ。幼年期の終わりは別として、
他のは、なんていうかドラマチックでないところがあるじゃない?w

文学的な意味で外れない事が多いのは、ハインラインじゃねーべか?

31 :物理素人:2007/01/16(火) 12:47:18 ID:???
「創世記機械」はつまらんぞ。内容は覚えてないが、平凡だった。

32 :物理素人:2007/01/16(火) 12:50:18 ID:???
ここにもおれが読んだ111冊の海外長篇SFのベスト20をのっけとこう。
文系なんで、趣味はちがうかもしれん。

 1位 ファウンデーション
 2位 タイタンの妖女
 3位 エンダーのゲーム
 4位 宇宙船ビーグル号
 5位 われはロボット
 6位 猫のゆりかご
 7位 果てしなき河よ、我を誘え
 8位 時間衝突
 9位 ソラリスの陽のもとに
10位 幼年期の終わり
11位 非Aの世界
12位 地球の長い午後
13位 イシャーの武器店
14位 虎よ、虎よ
15位 都市
16位 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
17位 ハイペリオン
18位 ユービック
19位 月は無慈悲な夜の女王
20位 分解された男
21位 時間線を遡って
22位 ストーカー
23位 トリフィドの日

33 :物理素人:2007/01/16(火) 12:51:21 ID:???
さらに、91冊読んだSF短編集・アンソロジーのベスト20をのっけとく
 1位 世界のSF・現代篇
 2位 九百人のお祖母ちゃん
 3位 ブルーシャンペン
 4位 愛は定め、定めは死
 5位 夜来たる
 6位 時の門
 7位 残像
 8位 時の声
 9位 タンジェント
10位 二十世紀SFA
11位 タイムトラベラー
12位 時間飛行士のささやかな贈り物
13位 鼠と竜のゲーム
14位 一角獣多角獣
15位 冷たい方程式
16位 蝉の女王
17位 パーキーパットの日々
18位 二十世紀SFB
19位 二十世紀SFC
20位 伝道の書に捧げる薔薇

34 :sage:2007/01/16(火) 13:47:39 ID:???
物理板で喜ばれるとなれば、イーガンの「ディアスポラ」にい、「宇宙消失」だろ。
ホーガンなんて似非ハード。
日本なら小林泰三の「海を見る人」につきる。
星野之宣なんて似非ハード。
   

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 15:11:43 ID:???
>>31
だからさ、「物理板で」なんだよ。ここでは、小説として、文学として、では無いのだよ。
ホーガンの中では特にハードな物理(いや、勿論想像の上での、だがw)の説明だと思う。

エンダーのゲーム なんか文学としてはすごい面白いけど、物理的にはカナーリ無理のある設定
だとオモタw

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 15:52:27 ID:???
創世紀機械はなー、
純粋に基礎科学的な素粒子の観測実験から
観測結果の解釈と論理展開の過程を経て、超絶兵器が完成していくという、
あくまでも理系的なセンスオブワンダーを楽しむもんだよ。

その辺の過程をブラックボックス的にスルーして
「ふーん、理屈はわからんがそういう兵器ができたのね。それで?」
みたいな文系的読み方だと物語的には陳腐だろうな。


37 :物理素人:2007/01/16(火) 15:57:18 ID:???
>>36
まったくもって、そのように読んでいる。
文系としては、理論の内容も理解したつもりで読んではいるのだが。
じゃあ、かなり古典だが、短編「四次元方程式」なんかは、今読んでも面白いSFではないだろうか。
ちゃんと理系教授が書いた名作だと思う。

38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/16(火) 19:35:05 ID:???
物理板なのに、どうして誰も「竜の卵」を挙げないんだ?
巻末の解説は圧巻だろうに。ちゃんと一般相対性理論も
考慮して、潮汐補償体の仕組みを定量的に説明しているし。
『核化学』の発想を知った時は、小便ちびるほど感動した。

39 :物理素人:2007/01/16(火) 23:21:15 ID:???
「竜の卵」買いました。文系の俺が読んだら感想載せます。
二週間くらい待ってください。

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/17(水) 09:35:20 ID:???
生物系の漏れは、
中性子星の生態系がシンプルすぎてちょっと不満。

41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/17(水) 13:02:17 ID:???
核化学か?>竜の卵

超高温・超高圧下の普通の化学じゃなかったっけ。


42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 00:15:17 ID:???
生物学系の人に是非とも聞きたいのは、クライトンの「アンドロメダ病原体」
ですな。M.D.の考えた珪素生態系ですが、どう思う?

43 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 00:54:00 ID:???
> 文系としては、理論の内容も理解したつもりで読んではいるのだが。
あの素粒子の話に何も感じないとしたら、物理が楽しくないんとちゃうか?w

44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 12:27:24 ID:???
アンドロメダ病原体おもしろかったけど、
ナノマシンものは何でもありなので生物学的にどうこう言う部分はあまり無い気が。
突っ込み所は多いと思う。
ナノサイズのものが真空の月面でどうやって高速移動してるのか、
(100mの構造物作る→1000億nm以上の物質移動)
エネルギーはどうしてるのか。
ナノサイズの種を亜光速でばら蒔いても星間物質との衝突でみんなダメにならないか。
このサイズに詰込むには情報量が多過ぎないか。

気になる点は多々あるけど深宇宙のオーバーテクノロジーと言えばそれまで。

ジュラシックパークもそうだが、クライトンは少ないアイディアを膨ませて
ストーリー展開で読ませる感じだし、あんまり突っ込み入れながら読むとつまんない。むしろ理系でない一般人が楽しめる

45 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/21(日) 13:09:49 ID:???
>>40
それは、残念ながら、反論できないなあ。

>>41
「核化学」という表現は正しくなかったかも知れないが、
少なくとも「普通の化学」とは根本的に違うよ。

46 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/22(月) 21:43:52 ID:69kjjaSt
ラリーニーブンは全部面白い
タイムマシン好きなら広瀬正のマイナスゼロ
感覚的に時間を捉えたいならスローターハウス5
by高卒のオジサン

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 06:30:12 ID:???
小林泰三のαΩに出て来る宇宙人はSF

48 :物理素人:2007/01/24(水) 16:40:32 ID:???
「竜の卵」読み終わった。読後感は、ふつう。
ファ−ストコンタクトに至るまでが長すぎる。物語も淡々としていて、
わざとおおげさには盛り上げないのだろうけど、ちょっと不満。
ネタをほぼあらかじめ知っていたせいか、驚きや興奮は感じず。
65位/114冊。典型的な文系感想ですまん。

49 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/25(木) 23:40:16 ID:???
んじゃ次は続編をどうぞ

>>44
それはアンドロメダ病原体でなく無限アセンブラと思われ。

50 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 07:28:55 ID:???
無限アセンブラはつまらん。

51 :物理素人:2007/01/26(金) 10:03:30 ID:???
続編を読むほど面白いとは思わなかった。
もうフォワードは読まん。

52 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 10:12:42 ID:eWBm5K68
しどい

53 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 14:46:21 ID:EpvKwkrH
SF作品で、理系的おもしろさと文系的おもしろさが共存している例は、
ほとんどない。
上に挙がっているフォワード『竜の卵』が典型例。
著者は物理学者で、この作品中でのアイデアをもとにしたペーパーを書いて
Phys.rev.にのったぐらいハードSFとしては一級品だが、
作中の異様な姿の異星生物の頭の中身はただのアメリカ人にすぎず、
文学作品としては平凡。

個人的には、ハードSFとしては、
クラーク『2001年』、レム『ソラリス』、ベンフォード『タイムスケープ』がおすすめ。
とくに『タイムスケープ』は、物理学者の描き方がリアル(たぶん全SF作品中で一番)。

ちなみに、物理学者にSF好きはけっこう多いが、必ずしもハードSFを読むわけではない。
周囲のお年を召した先生には、ディックとかバラードがお好きな方が多いみたいで、
ハードSF派のわたしは少数派(レムくらいですかね、どっちにも人気あるのは)。

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 15:05:36 ID:EpvKwkrH
>>34
53です。
小林泰三の『海を見る人』を推して、ホーガンを似非ハードと呼ぶとは、
なかなかのハードSF通とみた。
最近の作家となると、やっぱりイーガンくらいしかいませんね。
(ま、ストレートなハードSFではないけれど)

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 18:52:50 ID:???
所詮SFなんだから好きな作家・作品を紹介し合えばいい。
ただ、自分の好みじゃない作家・作品に対して否定的な(と受け取られ兼ねない)表現を
使うのはやめようや。

56 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 20:41:22 ID:???
まあ好き好きだが、しかしソラリスをハードと呼ぶのは抵抗があるw

57 :物理素人:2007/01/28(日) 09:59:10 ID:???
ソラリスの客はソラリスの海の感覚器なのだ。
そう読めば、生物学的なハードかもしれん。

58 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 13:23:20 ID:ZqiAjFvJ
アトムだのガンダムだのの影響で工学に進んだと語るエンジニア
(それもそこそこ影響力のある優秀な人)を見る度に、
どうせならもうちょっと凝ったSFも読んでおいてねと思わずにいられない。

フィクションを馬鹿にするのは簡単だが、疑似体験やシミュレーションとしての意味は小さくないと思う。
人生で実際に体験出来る事には限りがあるしね。

現にアトムやガンダムが日本人の未来創造ビジョンの確固たる一部を占めてしまっている。

医療倫理とか、新技術の社会的影響とか、未来創造のビジョンとして参考になる作品がSFには多いとおもう。


59 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 13:34:31 ID:???
タウ・ゼロ

減速装置が壊れた宇宙船が無限に加速を続けて
宇宙の生まれ変わりを生き延びるという凄い内容。

60 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 13:58:18 ID:???
>>58
読んでいないとは限らないと思われ。ぶっちゃけ、理由は別にある。

アシモフのロボットシリーズにインスパイアされたと言っても、
一般人にとっては「アシモフって誰?」なのが、残念ながら現実。
「鉄腕アトム」と言った方がピンと来るし、ウケが良くなる。

61 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 15:25:11 ID:???
工学部で歩行ロボット研究してた漏れがきますたよ。

アトムがどうこうなんて本気で思ってるのは小学校までだろ、普通w
アシモフも陽電子頭脳というワケワカなもんが出てくるがw

まあ実際やってた時は、当たり前だが、地道などろどろした世界だった
から、アトムとか言ってれば一般には受け入れやすいかもなw

62 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 15:53:15 ID:???
また観点のズレたのが沸いて来たな。

63 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 20:22:53 ID:???

硫黄+弗素


64 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 23:32:49 ID:???
まんがだけど、岡崎 二郎の「宇宙家族ノベヤマ」
科学が道具としてではなく、物語の骨子になってる

65 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/01(木) 00:48:48 ID:???
百億の昼と千億の夜:
光瀬龍の原作より、萩尾望都のマンガの方が好きだった。
銀の三角:
萩尾望都の最高傑作はこれだと漏れは思っている。

僕地球(ボクタマ)が花夢に連載された頃、自分の前世がどうこう言う
話がムーみたいな怪しげな本に載るのを喜んでた世代だすwww

66 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/07(水) 10:50:41 ID:???
アシモフは博士号持ちだし、手塚治虫も医師免許もちだぜ。

67 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/15(木) 19:29:03 ID:LH7kE1QD
>フィクションを馬鹿にするのは簡単だが、疑似体験やシミュレーションとしての意味は小さくないと思う。
>人生で実際に体験出来る事には限りがあるしね。
>
>現にアトムやガンダムが日本人の未来創造ビジョンの確固たる一部を占めてしまっている。

はげどう


68 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/15(木) 19:41:03 ID:QZIF1W0c
物理板住人が面白いSMを教えあうスレ

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)