5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

相対性理論の大嘘って本読んだんだけど・・・

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 16:38:16 ID:sWwm2img
なんかすごいタイトルだから買ったんだが、内容もすごいな。

「この100年の間、誰も相対論を理解できなかったのだ」
って定期文が100回くらい出たかと思うと、後半では独自の理論が展開された。
「光は対象物に対して瞬時に伝わるモノである」とか。
相対論がどーのとかじゃなくて古典物理さえ覆す一大理論だ。
その根拠とは・・・って思って一生懸命読んでいよいよ最後のページ。

「世界中の子供達は夜空の星々は過去では無く"今"輝いてる事を願っているのです。
天文学者と物理学者は子供達の”星への願い”を踏みにじっているのです」

ちょwwそれが理由と根拠かよwwwwwwwwww

2 :2get:2005/09/18(日) 16:43:58 ID:???
相間も段々質が落ちてるのか(w

3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 16:49:22 ID:???
原子力エネルギーを使えてるってことは大嘘じゃないと思う。
ただ、ニュートン力学のように、いずれ、修正項が発生する可能性は残させていると思う。

4 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 16:52:39 ID:???
初 4様ゲット〜〜

5 ::2005/09/18(日) 16:54:03 ID:???
やった〜〜
初めて4様をゲットだ
これから、モテモテだぜ

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 16:58:36 ID:ilv+junj
やったー
4様をゲゲットだぜ。

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 17:00:11 ID:sWwm2img
まぁ俺も物理の事は良くわからんし、
この人の言う通り、光速度が無限だったり、
時間の遅れを測定する実験が全部捏造なのかもしれないけど、

小見出しと内容が全く違ったり、
同じ事を何十回も繰り返してて読みにくい本だって事は分かった。
筆者の言葉をアインシュタインの写真に噴出しを書いて、
アインシュタインが言ったみたいに書いてあるのも嫌だったな。語尾に「〜じゃ」とか付けてさ。

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 17:13:03 ID:???
> この人の言う通り、光速度が無限だったり、
> 時間の遅れを測定する実験が全部捏造なのかもしれないけど、

そんなのに騙されるなよw  M/M実験なんて学部でやるぜ。
相間はヴァカだから相対論だけやっつければOKだと思ってるみたい
だが、そのあたりの話を全否定したら、電磁気学全滅だっつうの。
携帯電話も使えねぇよw

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 17:18:42 ID:???
>>8
電磁気学全滅って相対論で、光磁気効果説明できるの?

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 17:25:34 ID:???
>>9 なんでそうなるの?

11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 17:28:04 ID:???
>>10
マクスウェル方程式で光磁気効果が説明できなきゃ、
電磁気の根底にある相対論も完璧じゃないよなと思って

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 17:45:58 ID:???
そりゃそうだろうけど、相対論で光磁気効果って事にはならんのでは?

あ、>>8 も書き方が悪かったな。光速度不変を否定したら電磁気学も
無茶苦茶だって話ね。誤解させたならスマソ。

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 19:41:53 ID:ilv+junj
光速が有限であることを証明できる
すぐに誰でも簡単にできる実験方法って
あるかな?
ちょっと考えたけど思いつかなかった。
知ってる人教えてケロ。

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 19:52:51 ID:DqxsOkEt
>>13
広い庭があれば…w
でもホント無いかね〜。

15 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 19:53:17 ID:???
例えば携帯電話の基地局アンテナ位置の割り振りは、電磁波の速度
が一定であるとして決められている訳だが。

16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 19:56:28 ID:???
空気中は真空中じゃないから、厳密には一定じゃないかもね

17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 20:06:23 ID:???
相対論の専門家が、必要以上に「相対論は素人でも理解できる単純な理論だ」とか暴言を吐いておきながら、
素人を理解させる説明を一切提供してこなかった歪みが、今日の「相対論は間違っていた」本の濫造を引き起こしている
事実を真摯に受け止めていただきたい。相対論はそんなに容易な理論ではない。

18 :1、7:2005/09/18(日) 20:51:47 ID:sWwm2img
>>8
いや、作者へのイヤミで書いたけで本当に光速度が無限だとかは思ってないよw
あと作者は「森野」って人らしいぞ。

読み返せば読み返す程トンデモな本だな。
これ発売された時は本屋に平積みにされて注目図書のひとつになってた気がしたが・・・

原文より抜粋
>媒質を持たなければ、電磁波は自然界に実際に存在するものでは無い事になります。
このように考察すると、電磁波は物理学上の話であって、実在ではない事が明白になります。

こんなのばっかりだよ。根拠の無い理由を付けて勝手に明白だって事にする。
電磁波が実在しないって何世紀の人間だよ・・・。
物理とか関係なしに普通に生活してれば電磁波だらけの世の中だろw

19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 21:10:50 ID:???
>>17
>素人を理解させる説明を一切提供してこなかった
これだけ巷に解説本が流布してる事実を真摯に受け止めていただきたい。

もちろん、ある程度の理解力が必要なのは否定しないし、どんなに
理解力が欠けた香具師にも理解できる単純な理論だなどとは誰も
主張してないだろう。

20 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 21:16:24 ID:???
( ゚∀゚)プケラッチョ

21 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 21:21:00 ID:???
ま、相対論にしても進化論にしても、どんなに説明を繰り返しても
間違ってると主張する御仁はいるもんさ。相対論が出る以前の
ニュートン力学だってそうだったらすぃ。有名税みたいなもんかね


22 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 21:48:34 ID:???
漏れが思うに、巷の解説本の書き方にも問題もあるんじゃねーかなぁ?
て言うのは、量間って滅多にいないでしょ?でさ、量子力学の解説本
って決まって歴史的経緯から入ってるじゃない。あれがいいんじゃね?

相対論の解説本って、そういうのは抜きだし、実際、無くても説明できる
わけだけど、電磁気学との関係と歴史的経緯があった方が良いと思うよ。

そうすれば特殊相対論は時代の必然だったって分かるし、少なくとも、
アインシュタインのせいだとか、訳の分からない事を言う香具師は減るだろ。
かわりに、マックスウェルのせいにされるかもしれんがwww

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 22:06:05 ID:???
>>22
量間がいないのは、単に量子論が複雑でどこに疑問を持てばいいのかすらわからないからだと思うよ。
相対論は特殊相対論に限って言えば、高校程度の学力でも概略はつかめるんでたいていの人は中途半端にでも理解はできる。
問題はその理解が中途半端であると自覚できない奴らがいること。
「相対論がわかる本」みたいなの一冊読んだくらいで全ての論文を読んだかのような錯覚をしてるようなのがネット上にはゴロゴロいる。

24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 22:11:44 ID:???
>>22
歴史的経緯から入ってる相対論本もあるし、いきなり本題から入る
量子論本もあるよ。

>>17の主張とは正反対に、素人向けの解説本があふれているからこそ
中途半端に理解できた気になってしまった連中が増えているんだと思う。
あと、内容が素人にもとっつきやすいってのもあるかも。逆に言えば
量間が少ないのは相対論ほどには解説本があふれてないのと、素人には
とっつきにくい内容だからかも

25 :24:2005/09/18(日) 22:13:08 ID:???
うう。ほとんど同じ主張だ。ケコーン>>23

26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 22:31:35 ID:???
>>23
> 「相対論がわかる本」みたいなの一冊読んだくらいで全ての論文を読んだか
> のような錯覚をしてるようなのがネット上にはゴロゴロいる。
そうなんだよね〜。
だからこそ、電磁気学との関わりを解説すべきだと思うんだよ・・・って、
>>24のカキコからするとそう言う解説本もあるのかしらん?

なんか普通に考えて、森野みたく“感性で”(w おかしいって言うのなら、
量子論の方が遙かに非常識で受け入れ難いんじゃね?と思うんだけどねー。

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 22:41:17 ID:???
> 「相対論がわかる本」みたいなの一冊読んだくらいで全ての論文を読んだか
> のような錯覚をしてるようなのがネット上にはゴロゴロいる。

高校生ならいいんじゃね?
俺も読んだし、それの説明だと三平方の定理とドップラー効果が分かってればあとはE=mc^2まで導けていた


28 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 23:44:49 ID:???
> 量子論の方が遙かに非常識で受け入れ難いんじゃね?と思うんだけどねー。

量子論は

 ・超光速を肯定している (量子テレポートとかEPRを誤解している)
 ・人間の精神が物質に影響することを証明した (観測問題を誤解)
 ・波動の存在を証明した (その「波動」とは違う)

などの理由で、UFO・オカルト信者には受けがいい。

逆に相対論は超光速を否定していたりするので特に UFO 信者からは毛嫌いされる。


29 :十二使鳥:2005/09/19(月) 00:47:47 ID:???
▲▲▲ 整数と分数 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 速度というのは時間や長さ重さといったものと比べると人的要素の強い
量といえます。計算をしなければ値がでなかったり、ものさしとスピードガン
とを比べても分かると思います。
 さて、光速(熱速)ですが。【実は光速には速度はありません】
   光速=無
   音波=振動
   水波=上下動
 上記を見れば分かると思いますが波(光も波とされている)には速度の
値に相当する空間位置の移動というものが無いのです。例えば音速が
秒速350mとすると、何が秒速350mもの速さで移動するのか考えてみれ
ばわかると思います。音を伝えるのは空気ですが、空気が秒速350mで
移動してるのではないのです。ましてや光となると、媒体するものすら無
いのですから速度の概念がまったく当てはまらないのです。

30 :十二使鳥:2005/09/19(月) 00:48:26 ID:???
次に【光速というものには相対性がありません】光速=約30万q/sという
値ですが、これは分数のプロセスを持った部分的な値なのです。値という
ものは一点(個体)基準の整数と、全体(気)基準の分数があるのですが、
光速の場合は全体基準の値より成り立っているのです。
 光(熱)は水面にできる波紋と似たようなものです。波紋というものは全
体に広がります。一昔前、地球の裏側のチリで起きた津波が日本にきた
こともあります。TVで糸電話はどこまできこえるのか?という疑問に答え
るべく実験をやったのを見ましたが、それに対し専門家は「せいぜい2、30
m位だろう」と答えましたが確か7/800までいって糸が切れこれが記録と
なりました。気の遠くなるような何万光年という所からでも光は届くのです
が、もともと伝達というものは全体に広がるものなのです。光の速さを測
る実験ではよくもこんな方法を考えたものだと関心しましたが、この実験
ではレーザーが使われています。一見、レーザーは集中的なもので全体
とは無縁に感じますが、垂直方向からも線状に見えます。しかしその見え
ること自体が垂直方向への広がりをも示しているのです。

31 :十二使鳥:2005/09/19(月) 00:49:04 ID:PJiJ0i2E
変化(光)ははるか遠くの物にも変化(光)をもたらします。さて光速=約30万
q/sという値ですが、これは全体に広がる伝達時間(分母の数値は不確
定)を1秒で区切ったというもので、簡単にいってしまえば先程も述べまし
たが全体基準の分数です。速度も分数の数式で表せますが、その値は一
点(0)基準の整数になります。時間は時間で等分できても、距離は時間で
は等分できないのです。一個のリンゴは5秒という単位で区切ることはでき
ません。
 速度(整数)でしたら確かに相対性はありますが分数には相対性はありま
せん。しいていえば分数の性質は一定(等分)です。ものさしの目盛りが一
定でなかったら困ります。
 相対性理論というのは光速を速度だとし、一定の値を示す光速に対し、
速度は相対的であるはずだとして理論を展開していったものなのです。
つまり観測結果(一定)を捻じ曲げ、空間を捻じ曲げ、帳尻を合わせたもの
といえます。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

32 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 00:50:53 ID:???
>メコスジ
まで読んだ

33 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 01:03:07 ID:???
阿呆鳥きたー

34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 02:03:44 ID:???
波動の概念が理解できないのはわかった。鳥を名乗るのは鳥に失礼だからやめろ。

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 04:02:23 ID:???
光速=30万km/s 
物理をかじった奴なら普通こんな書き方しないだろ。

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 04:05:12 ID:???
なんか変なカルト宗教が流行ってませんか?
物理学者に対してヤキモチやいてるような、頭の弱そうな、たどたどしい
論文もどきをほざくカルト宗教が。

37 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 08:02:28 ID:???
なんか余りにもヴァカなボケが多すぎて、森野がマシな椰子に思えてきた(w
人間の愚かさに下限という物は無いのだな・・・あ、人間じゃなくて
鳥だったか(w

38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 11:49:19 ID:???
だから鳥に失礼だって(w

39 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 12:19:28 ID:???
「相対性理論の大嘘」っていうタイトルは、
「相対性理論は大嘘」じゃない。つまり、
単に本の内容の方が「大嘘」って事で…

このタイトルは正しい!

「頭を叩くとよくなる」みないなレベル?

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 12:37:54 ID:WDvosaPv
時間が遅れるのは時計が故障したからです。
 って、10余年前に書いていた人だね、この人。


41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 12:41:19 ID:???
>>38
こりゃ失礼しますた(w
では、これから「十二ゾウリムシ」と呼ぶことにしませう

42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 12:41:58 ID:???
ミトコンドリアクラスかと思ってた

43 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 12:53:12 ID:p9l3Htzq
10年ほど前まで数学の世界では
x^n+y^n=z^n
が とんでも理論(とんでも 自称学者)のねらい目だった。
今は前にもまして とんでも学者が UFO・相対論に 向かっているのだろうか?


44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 13:12:49 ID:???
>>41-42
ゾウリムシとミトコンドリアに(ry

45 :十二使鳥:2005/09/19(月) 14:41:00 ID:???
▲▲▲ 足し算 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
人体を小宇宙と表現している人を見たことがありますが、宇宙も人体も変
わりありません。一つの時間(全体、人体)は個々の時間(個、細胞)からな
り、個々の時間(個、細胞)は一つの時間(全体、人体)を成り立たせます。
 Y              
光h     /        
のh    /         
伝h   /           
達h  /           
時h /           
間h/           
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
    距離    X 
 X軸をみればわかると思いますが何万光年離れていても0時間、
つまり現在というもので宇宙も繋がれています。
同時性を示すのはこのグラフだけで十分ですが・・・・・

46 :十二使鳥:2005/09/19(月) 14:41:58 ID:QBFKa+gt
時速100q(V)のボールを時速50q(υ)で走ってる車から進行方向に向か
いボールを投げるとV+υで時速150qとなります。しかしその時速50qで
走っている車のヘッドライトの光(c)の速さは【+υ】とはならず【c】となりま
す。なぜ+υにならないのでしょうか?このことを言い換えれば【自然はυ
を受け付けない】といえます。
υ、つまり速度とは[ある物体について、その質点の単位時間内に移動する
距離と、向きとを同時に示す物理量]ですがネックは単位時間にあります。
宇宙時間には現在しか存在しませんが、人間の考える時計時間というの
は存在しない過去や未来もいれて【量化】していることです。この人間が
作り出す存在しない時間量を自然は受け付けないのです。
グラフで示すとおり光速とは、物体の空間位置関係(距離)を現在という宇
宙時間で結び(X軸)その上に反応時間(伝達時間)が乗っかただけのもの
なのです。つまり【瞬間瞬間の現在における距離に相応する反応時間が
加わったもの】である為、時計時間を有する速度υは加算されないのです。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 14:47:57 ID:???
で、十二ゾウリムシのカキコをちゃんと読む香具師っているのかな?

48 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 16:26:05 ID:???
>>1の買った本はこれ↓か。漏れも淳久堂逝ったときに見つけた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/419862013X/qid=1127114408/sr=1-74/ref=sr_1_2_74/250-7608490-3708255
アマゾンのレビューがまた笑えるなw
「シャレにもならない妄想老人のマスターベーション」とか書いてあるし


49 :48:2005/09/19(月) 16:28:24 ID:???
それとこんなHPも見つけた
http://home9.highway.ne.jp/cym10262/fenomina.html

50 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 16:37:31 ID:???
>>49
そのページのヤツはこの板にも出没するときがあるよ。
相間系スレでは「民」と呼ばれている。

51 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 21:39:56 ID:???
二ヶ月ぐらい前、トンデモスレでまたちょっと話題になってたな >民
ネットで何度も出てくる相間と言えば、杉岡、真理の会、それと民だね。
もう一人、惨多と呼ばれる人もいるが、今はYahoo専従(w

52 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 22:25:59 ID:???
でも森野は尼のレビュー見てもわかるとおり、よほど馬鹿な読者で無い限り
出鱈目であることが明白だからあまり害は無いといえるよな。

53 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 22:35:41 ID:???
大体馬鹿な奴しか買わないと思うぞ

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/19(月) 22:43:08 ID:???
「東洋経済」にまで好意的な書評が載っちゃうような相間本とか

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 01:24:01 ID:???
■[量子力学的テレポーテーション]
現在、量子暗号通信に使用する粒子は、他の系の影響を受け易い電子より、独立性が
強い光子がベストだと考えられている。この一個の光子を使ってパラメトリック・ダウン
コンバージョン(Parametric Down Conversion)という作業を経て光子の対を作る。
この作業では、光学的に非線形性質を持つホウ酸バリウム((BaB2O4))の結晶にUV
(紫外線)レーザー光を照射し偏光させると光子は分裂し一対の光子が出来、この一対
の光子は一方の偏光方向が垂直なら片方は必ず水平となる。重要なのは観測するまで
は、どちらが垂直か水平か偏光方向が確定していない事である。
そして、この光子対(双子の光子又はEPRペアとも言う)は、運命をともにし分かち合う
不思議で神秘的な性質を持つ事となる。量子力学では、この光子対の状態を「絡み合い」
(エンタングルド)と呼んでいる。エンタングルド状態にある光子対を観測する前にAという
箱とBという箱にそれぞれ収めてBの箱を地球から1億光年離れた惑星に持って行って
から地球にあるAという箱を観測する思考実験を行う。Aという箱の光子を観測し偏光方向
垂直と観測したとたんに、地球から1億光年離れた惑星に持って行ったBという箱の偏光
方向は水平と確定した。一方の量子的な状態が確定すると、瞬時にもう一方の量子的な
状態も確定する性質がある。アインシュタインの相対性理論では、光(情報)が光速度を
超えない光速度不変の原理(*2)が存在し、観測した瞬間に天文学的距離を離れたBの箱
の中の光子にAの箱の中の光子の情報が瞬時に伝達される事は有り得ないとされていた
が各種実験において、このテレパシーの様な交信が行われている事が証明されると、
エンタングルド状態の光子対の摩訶不思議な空間と時間を超越したテレパシーを「量子
相関」と呼ばれ、特に天文学的距離において瞬時に交信(テレパシー)する事を量子力学
では「非局所的長距離相関」と呼ばれる。量子暗号通信では、この「絡み合い」を利用して
あたかも情報を瞬時にテレポーテーションさせる手法が使用される。



56 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 02:24:34 ID:???
どこから引用したのか知らないが、めちゃくちゃな解説だな。

57 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 02:33:27 ID:???
>>56
すげえ。読んだんだ

58 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 07:54:51 ID:???
日経サイエンスに量子暗号のなんとかかんとかの似たような記事があった気が。

59 :十二使鳥:2005/09/20(火) 14:10:46 ID:???
▲▲▲ 統一理論(重力、光熱、電磁。そして万物)▲▲▲▲
小物のボーア君も東洋哲学をしてたそうで・・・・・老子を引用します。
  ★老子 第40章    (中国の古典2 麦谷邦夫訳 学習研究社)
根源に立ち返るのが道の動きで:、柔弱なのが道の働きだ。
この世界の万物は有から生じるが、その【有は無から生じる】のだ。

よく問題にされる[有は無から生じる]を解りやすく現しているのが交流発
電機で、磁石【SN、NS】をくるくる回すだけでコイルに電子が発生します。
磁気というものには実体といえるものはありません。その実体のない磁気
【無】が実像的な電子【有】を生み出します。ビックバン説などのように何も
ないところから物体が生まれるというのとは違います・・・の訳がない。
重力にしても熱気にしても同様でこの実体のないものの働きにより実像的
な現象を生み出すのです。
軽軽熱熱S S (波動の正体)  
↑↓↑↓↑↓
重重冷冷N N

60 :十二使鳥:2005/09/20(火) 14:11:42 ID:???
     ★老子 第42章        
道が一気【↑】を生じ、一気が陰陽二気【↑↓】を生じ、
陰陽二気が交わって陰陽冲和の三気【=】が万物を生み出す。
万物は陰気を背負い陽気を抱き、冲和の気によって調和を保っているのだ。

一気というのは【一つの方向性、時間(生命)】のことでですが時間には実
体はありません。その実体のない時間が実像的な【運動】を起こします。

一気を宿したものはやがて陰陽二気、つまり実体のない二つのベクトルを
生み出します。つまり物理的には【陰気を有した雌】と【陽気を有した雄】
との間で【融合と分裂】という【変化】を起こします。変化は全体に対する個
というものを決定づけるものであり、それは全体の時間(ひとつの時間)に
対して固有の時間というものを決定付けるものでもあります。

重くなれば(↓)大地に融合され、軽くなれば(↑)大地から分裂し、冷たくな
れば(気体→液体→固体)融合され、熱くなれば(固体→液体→気体)分裂。

61 :十二使鳥:2005/09/20(火) 14:12:53 ID:???
さて、同極は引き合い、異極は反発するという現象こそは見ることができ
ますが、磁気でも↑↓で融合と分裂が本当に起こるのでしょうか?
これは極微の世界で認識することができます。対消滅と対発生です。
二つのベクトルは、分裂する時、融合する時に、起こります。しかし分裂し
た後、融合した後、は【気の変動はなくなり冲和(=)】されます。
観測というのは観測対象となるものの磁気変動をとらえ、その磁気変動が
観測者側に実像を生み出すのです。よって磁気変動がなくては観測でき
ません。それがあたかも物体が真空に対消滅したり、真空から対発生して
見えるのですが、これはただの融合と分裂なのです。
何もないところから物体が発生したり、消滅するわけがない。

自然界に存在する4っつの力?熱はどうする?生命は?生命だって自然
界に存在するもの。物理学の統一理論はまるでダメ。未だ電磁と重力すら
まとめれない始末。つまり理がないからいつまでもまとめれないのである。
人も時間(魂)を宿し変化を成します。【この世は有と無からなる】のです。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

62 :十二使鳥:2005/09/20(火) 14:15:22 ID:vWB+cGwP
>>1
相対性理論が大嘘どころか
現在の【理論物理が大嘘】なんだよ。

63 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 15:02:50 ID:???
全くその通りですね
早いところ公式に論文として発表して
ノーベル賞でももらってください

64 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 18:30:22 ID:???
>>十二使鳥
はいはいワロスワロスw

65 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 23:22:01 ID:???
知恵遅れ以下の「物体」を相手にいぢっても面白く無いよ。
ヴァカならまだしも、ミトコンドリア以下じゃね。
人間じゃないんだよ、何が面白いの?

66 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/20(火) 23:34:26 ID:???
十二指腸は「物体」じゃないよ。スクリプト。

67 :1:2005/09/20(火) 23:43:08 ID:LcwqpfDA
貼ってもらったAmazonのリンクとか見るとやっぱり電波な本だったようだなw
本の最後に作者の森野氏のプロフィールが載ってるのに気づいたんだが、すごい経歴だ。

1928年生→日本軍陸軍士官学校→早稲田大学理工学部→企業勤務
1970年代から30年以上相対性理論について研究

こんなに長い間物理を研究してる割には馬ry
あんまり勉強しすぎて哲学や宗教の境地に達したのかもしれないね。

68 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 00:29:09 ID:???
30年もやるんなら対案をきっちり示さないと意味ないよなwwww
衆院選の野党と一緒か

69 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 01:14:17 ID:???
T理論の常泉の経歴も結構笑える

70 :十二使鳥:2005/09/21(水) 02:36:13 ID:5PVaBuBb
>>63
ノーベル賞って、
今回はだれに渡そうかなぁ、だれにしたらいいんだろう?
っていった具合で、えい!こうなったら・・・
ってことでサイコロで決めてるって聞いたけどな。
いや、あみだくじだったか。

ま、それでも金をくれるのならありがたくもらうけどな。



71 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 02:52:08 ID:???
凄い高性能なスクリプトだな

72 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 03:56:39 ID:???
「相対論」はやはり間違っていたはやはり間違っていた

この『たちどころに』という部分が問題であり、この点を突いて著者はアインシ ュタイン
の特殊相対性理論は間違っているとする訳です。 著者の誤解は、一方の粒子の性質が
決まった瞬間に『何かその情報を伝える伝令 粒子が他方へ飛んでいる』というような

73 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 03:58:27 ID:???
ローレンツ変換とガリレー変換 窪田登司 ローレンツ変換とガリレー変換 ...

最後の質疑応答で、ある大学の方が「アインシュタインの相対性理論は間違っている
という“疑似科学”云々」という質問をされました。 司会の竹内氏が、「自分は相対論は
正しいと思っている。相対論が間違っているというのは、小学生が大学院生に向かって

74 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 03:59:44 ID:???
どうしてこれがウチに(相対論は間違っている)

まあ,言論の自由が保障されているから,柳氏にも「相対性理論は間違っている」と
言いまくる自由はあるわけだし。そう言ったことで,差別的待遇を受けたり弾圧されたり
するわけでもないし。 柳氏は「大学が不当な圧力(あるいは支配)を受けたことで(柳

75 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 04:00:38 ID:???
図解入門よくわかる相対性理論の基本

では、棒が氷のように固い棒だったら果たしてどうなるのでしょうか。 観測者によって、
ふたつに折れるか折れないかが変わってしまうのでしょうか。 (相対性理論は間違って
いると言っているのではないので。念のため。)

76 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 04:01:44 ID:???
Untitled Document

相対性理論は間違っているといった疑似科学的言説が横行している。相対性理論の基本
原理である光速度一定の原理は、GPS衛星が働くための基本的な原理である。GPS衛星は
身近なところではカーナビや、巡航ミサイルの位置決めにも利用されている。

77 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 04:02:22 ID:???
相対性理論は間違ってると思う人へ2

そういった実験結果があるとすると僕の「相対性理論は間違っているのではない
だろうか」という予想は見事に外れたことになりそうです。 [112]ゆうひろ 04/03/25
19:41 *x1ziI/kkNqT*TXD2UZqDyLu: >92 さぼってるのと、仕事に疲れてるのと、考え中

78 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 04:03:25 ID:???
相対論の最新トピックス その1

ら、相対性理論は間違っているのではないか?と疑いがもたれ、それを検証するため
に宇宙望遠鏡「EUSO」を日本、米国、. 欧州が共同で開発しているという内容です。
2008年にEUSOが国際宇宙ステーションに取り付けられ、検証がスタートします。

79 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 04:04:00 ID:???
相対性理論は間違っている

世界ひしゃげ発見 「相対性理論は間違っている」「(孤立系において)エントロピー
は減少する」などのいわゆる「超科学」 ... あそこはアウトサイダーゾーンですから、
まあ「相対性理論は間違っている」や「月には 人類は行ったことはない」などと同様な

80 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:45:57 ID:???
それでも相対性理論は間違っている

21世紀物理学の新しい公理の提案, 「相対性理論は間違っている!」という主張が展開
されています。まだあまり読んでいませんが、 ... アインシュタインの一般相対性理論
は間違っているのではないかと思います。 僕は、それは無理だと思います。

81 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:46:53 ID:???
What is pseudoscience?/ 疑似科学ってなに?

従って、 特殊相対性理論は間違っている。」ということを主張 する人がいます、これ
はMichelson-Morleyの実験以 後も特殊相対性理論の検証実験は行われていて、特殊 相対
性理論に反する実験結果は得られていないこと を、 (意図的かどうかは別として)

82 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:47:40 ID:???
熱力学第二法則は進化を否定する?

アインシュタインの相対性理論は間違っている」というのは有名なトンデモ説ですが、彼ら
も. ・科学者は相対性理論の間違いに気づかない間抜けである ・科学者はアインシュタイン
を信仰しているから、誰も間違いを指摘できない

83 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:48:19 ID:???
hoshikuzu | star_dust の書斎

特殊相対性理論は間違っている」などとおっしゃる人たちの中ではよく取り上げられる
題材ですね。 相対性理論を全然理解しようとせずに相対論=偽、といった自説(SF?
耄説?)を唱えるアマチュアの方々や、一部には物理で教鞭に立つことがある人、が

84 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:48:56 ID:???
アインシュタインと相対論物理学者に捧ぐ その2

反相対論派は、上の論点は正しいと言い、よって相対性理論は間違っていると主張します(
もし<論点>が正しければ. 結果的にこのようになります)。 しかし、相対論派は上の
主張に対してまず真っ先に相対性理論をもち出し、つぎのように反論します。

85 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:50:20 ID:???
疑似科学

その一つの代表に、アインシュタインの相対性理論は間違っているという主張があります。
相対論は間違っているとする疑似科学的主張. この種の主張は今に始まったことではない
し、日本に限った話でもありません。定説とか権威に反抗してみたいという

86 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:51:08 ID:???
T理論 付録1-1 双子のパラドックス

従って、相対性理論は間違っている。 T理論では時間が普遍なので、このような矛盾が
生じることはない。 (2) 相対性理論の異常性は、23年間の間妹が少しの時間も進まないM
と生活を共同できるということを考えても明らかである。時間の進みの異なる物質が

87 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/21(水) 07:52:02 ID:???
M教授vs.窪田登司 K大学のM物理学教授は、現在なお、最も執拗に ...

私は「運動物体は縮む」というローレンツ収縮なるアインシュタインの特殊相対性理論は間違って
いるとしています。 (4)ページの http://www.d1.dion.ne.jp/~kubota_t/situmon.html
ご参照ください。

88 :伊佐久21 ◆Vk7dUdReoU :2005/09/21(水) 11:22:40 ID:sVLbndbV
             鳥
         鳥  さ
         つ  ん
         け  は
       鳥  な
       で  い
       す  で
       ね  も
    圖 


  ∩_∩
 ( ´∀`)
 (    )

89 :十二使鳥:2005/09/22(木) 02:41:47 ID:???
▲▲▲ 光熱 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
★熱力学第二法則・熱は自発的に冷たい物から熱い物に流れることはない。
 |―――― │───
 |高|低| │ │ │ 
 | →  | │同 温│ 
 |温|温| │ │ │
 ――――| ────
物理では熱力学第二をいろいろな形で説明していますが、その内の一つ。
A:高温の物体と低温の物体を接触させると高温から低温に熱は流れるが
低温から高温に熱は流れることはないと物理では説明しています。
確かにサーモ何とかというやつで赤い部分(高温部)の流れを見ると青
(低温部)に流れ込みます。しかしこれは【熱を熱いもの】であるとした場合
であって、【熱を冷たいもの】と仮定すると青が高温部に流れ込みます。
実は熱というのは【熱い、冷たい、をひっくるめて熱】なのです。
よって【熱の流れは熱くもなり↑寒くもなる↓】ということがいえます。
夏になれば・・・冬になれば・・・・・・当たり前のことです。

90 :十二使鳥:2005/09/22(木) 02:43:16 ID:pnxaRmGG
B:次に高温と低温の二つの物体を接触させておくと同温になり、高温と
低温に分かれることはないと物理では説明しています。
確かに常温の実験室で考えるとその通りです。しかし夜一定の温度を持っ
た岩が朝日を浴びると境界線こそはできませんが高温部と低温部になり
ます。宇宙空間においてはもっと温度差が出るそうです。自然現象というの
はあいにく実験室みたいな常温ではないのです。
熱力学第2はすべて人間の勝手な基準設定により成り立っています。
これに関連するものにエントロピーがありますがこれも【閉鎖系】が前提
になっていますが本当に熱を閉じ込めれるものなのでしょうか?南極に
魔法瓶にお湯でも入れて持っていけば解るでしょう。
★熱力学第一法則・熱は運動エネルギーである。
これも糞にあたります。仮にこの世に熱が無いにしても磁気や重力で運
動は起こります。それに対し、時間が無ければ運動は起こり得ません。
運動に直接結びつくのは時間なのです。そして熱は光なのです。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 02:51:16 ID:???
物理板2大馬鹿の凶演で砂

92 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:33:15 ID:???
珠算 算盤 相対性理論 ピタゴラスの定理 3平方の定理 三平方の定理 非 ...

6, 「 相対性理論は間違っている 」 とする説は、間違っている, 松田卓也,
科学朝日1994年4月. 7, アインシュタインの相対性理論は間違っていたは間違っていた
http://www.tenchi.ne.jp/~rszk/FAQ/Sci/Axion1.txt ; Axion2.txt

93 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:34:16 ID:???
D正しい理論式と間違っている理論式の比較

ローレンツ変換は間違っており、ガリレイ変換が正しい。 BCAPSの相対性理論が正しく
て、アインシュタインの相対性理論は間違っている。 C宇宙空間には一応絶対静止とみ
なしても差し支えないエーテルが存在する。*2

94 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:35:12 ID:???
egoism::blog : テクノロジー

最近、物理学者の間では相対性理論は間違っているのではないか? と、議論されています。
本当に間違っていたらどうなるのでしょう。 私たちの生活には支障は無いと思われます
が、非常に興味深いこと です。 ここで相対性理論の光速度不変の法則について話

95 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:36:03 ID:???
物理のかぎしっぽ掲示板 利用規約 [物理のかぎしっぽ]

... に適したものかどうかを確認して下さい. 当掲示板では現代物理学を基礎として(
つまり正しいものとみなして),その上で議論をしております. したがって以下に類する
書き込みはご遠慮願います. 現代物理学は間違っている; 相対性理論は間違っている

96 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:36:43 ID:???
[parity] 2005.03 contents

ニュースダイジェスト PF シューウィ,BP スタイン 準結晶の示す奇妙な摩擦 / 軟らかい
金属のホイスカー / 特殊相対性理論は間違っている? ほか. [理科教育] 弦に生じる横波
の式 弦を伝わる横波の位置エネルギーはどのような種類のエネルギーか?

97 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:37:43 ID:???
湯川薫&竹内薫オフィシャルサイト掲示板

現代では、さらに量子力学の 理解も有用のようである(しかし、「相対性理論は間違って
いる」といった人たちは、 たいがい、ニュートン力学の知識や理解力も、怪しい人たち
が多いことがわかる。 ましてや、マクスウェル電磁気学などについては、ほとんど

98 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:38:34 ID:???
TPS/Jメール ...

角運動量保存則はおかしい、相対性理論は間違っている、夕方見 えたのは金星だと説明
しても、UFOと信じ込んでいる人も多いと 述べる。 「天文台の質問電話を通じて透けて
見えるものは(略)天文学より も星占いを好み、オカルト的なノストラダムスの

99 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 07:39:20 ID:???
以下の3つの文章は、天文月報に出た記事に"処女彗星"を使ったものがあ ...

私も数年前に天文月報の編集委員をしましたが、天文月報の性格上、 たとえば、「
アインシュタインの相対性理論は間違っている」というような 原著論文を解説ぬきでの
せるべきではないと思いますし、「処女彗星」も 載せなかったことでしょう。

100 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 08:39:06 ID:???
ギョウチュウがここにも押し寄せてきたか。

101 :十二使鳥:2005/09/22(木) 12:59:44 ID:???
▲▲▲ 重力(プラスとマイナス)▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
時(運動)は流れて変化(分裂、融合)を生じます。
質量。つまり重力ですが、これも電磁、光熱などと同様に【宇宙の変化
の一環】に他なりません。宇宙ではこの重力という実体の無いものの働
きにより分裂と融合が行なわれます。
 【重力といのは対天体に働く二つのベクトル↓↑です】 
現在物理学では重力には引力しかなく、反重力はないとされていますが
これは誤りです。
A水蒸気 B熱気球 Cロケット
a地球
一般にはABCの動きを反重力とはいいません。例えばBとCではまるで
別物の力の働きだとしてみてしまいますが・・・確かにその通りです。
しかし別物と認識するにはB対C、C対Bであり、対aつまり対地球的な視
点ではないのです。重力の考え方は対地球的でなければなりません。

102 :十二使鳥:2005/09/22(木) 13:00:16 ID:FnA96Uuf
人はロケットをロケットとして認識しますが、そのような認識を必要とす
るのは人位なものです。宇宙の原理を知るにはそのような認識は必要
ではありません。対地球的な視点に立てばロケットも単なる物体(個体・
有)でしかないのです。そしてその物体と地球の関係は二つのベクトルに
よって成り立つのです。
 引力が発生するには必ずその反発力(反重力)が存在します。雨が降る
には水蒸気となって上がった過程があります。リンゴが落ちるのはリンゴ
の木が引力に逆らい成長し、地中の水分を吸い上げた結果なのです。
熱気球だから、ロケットだからといって地球との関係に特別な数式は必要
ないのです。現在の物理はこれらの考え方を無視していますが果たして
無視していいことなのでしょうか。物理では電磁と重力はまったく別物でま
るで統一できないというようなことを聞いたことがありますが・・・どちらもこ
の宇宙の変化の一環なのです。数値にしてもプラスとマイナス。マイナス
は【プラスの反】なのです。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

103 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 13:51:48 ID:???
十二指腸じゃなくて盲腸だな、こいつ


104 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 14:34:20 ID:???
盲腸に失礼だろ

105 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 14:55:22 ID:???
>>88
目糞、鼻糞を笑う
とはまさにこういうのを指すんだろうなあ。

106 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/22(木) 20:59:58 ID:???
>>69
遅レスでスマソが、東京大学教養学部基礎科学科って、どういう事をやるの?
もしちゃんと物理を勉強した人だったら、ああなったのが不思議でしょうが
ないんだが。

107 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 02:36:33 ID:???
とり扱う範囲がやたらと広いから、
本当に一線を張れる人からトンデモもどきまでいろいろいる学科だよ。
基礎科学科いったからといって、物理をちゃんとやっている必要はなかった気が。
要は教養学部だもん。

108 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 08:58:24 ID:???
そうか、ありがとう。>>107
いや、天下の灯台でちゃんと勉強してあれじゃ、いくらなんでも、と思ってたのよ。
でも、全く勉強せずにも書けない内容だから、ありゃ多分、独学って事でFA?

109 :十二使鳥:2005/09/23(金) 13:30:24 ID:???
▲▲▲ 力 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
【力】とは何なのでしょうか。講談社日本語大辞典で〔力〕を調べると

1:自分や他を動かす、動物の筋肉のはたらきや作用。〜が強い。〜を出す。
2:物理学で運動を起こし、変え、止める作用。
3:感じたり考えたりする働き・能力。
4:根気。気力。精力。生きる〜を失う。
5:ききめ。効力。薬の〜を借りて治す。
6:おかげ。助け。頼り。神の〜にすがる。
7:権力。暴力。軍隊の〜でおさえつける。
となっています。

ようするに、力とは【(相互間に働く)気の変動】のことです。
[力]という物体を見たという人はいません。実体無き【気】、つまり空間概念
でありこの変動を意味します。

110 :十二使鳥:2005/09/23(金) 13:31:52 ID:7CELXg/E
1:気の変動→自分を動かし他を動かし、
2:気の変動→運動を起こし、変え、止め、
3:気の変動→が感じたり考えたりする働きを与え、
4:気の変動→時に、生きる〜を失い、
5:気の変動→ききめ、効力をもたらし、
7:気の変動→権力や暴力を発生させ、
6:その気の変動という実体無き力に人々はすがるのです。
★ 空間 ★⇒⇒⇒★  空           間  ★
世の中には力という物体は存在せず、物体の移動は空間変動であり
物体そのものは変わりません。手足の動きも同様です。細胞から
粒子になるまで拡大して考えることです。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

111 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 13:40:12 ID:???
トンデモって、どうして物理の話しに国語辞典をひくかね・・・。

112 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 13:51:08 ID:???
>>108
東大に入ってもバカはバカだよ。
教養のテストなんて、試験対策委員がしっかりしてばそれに頼りっきりでも
「C」以上はとれるし、いざとなればカンニングだって事実上やりたい放題。
専攻に進めば、選択科目によっては授業への参加賞も同然で「優」が取れる。

113 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 14:00:43 ID:???
>>112
まぁ実際はそんなもんかもしれんがねw
でも一応、T氏は勉強した陰があるじゃない。鳥とかとの違いは
そこだと思うのよ。

114 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 14:18:21 ID:???
十二使鳥って掲示板でしか相手にされないんだろうな

115 :十二使鳥:2005/09/23(金) 14:18:52 ID:pH2fGTQL
>>113
十二使鳥 豆エピソード

俺様は小さい頃から勉強が嫌いだった。
小学校の時
「何で勉強なんかやらなきゃいけないんだ」というような内容の
作文を書いてお母さんに怒られたことがある(威張る)

116 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 14:36:52 ID:???
こういうことが自慢になると本気で思ってるんだろうな。

117 :十二使鳥:2005/09/23(金) 14:38:47 ID:pH2fGTQL
>>116
そのとおり。

118 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 14:57:21 ID:???
カスだな

119 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/23(金) 15:29:14 ID:???
ていうか、いじって遊んでだけなんだが、相手して貰ってると思える
鳥の知能の低さが素敵w

120 :十二使鳥:2005/09/24(土) 03:41:46 ID:???
▲▲▲言語 エネルギー▲▲▲▲▲▲▲▲▲
エネルギーとは何でしょうか? エネルギーとは【力】のことです。
 つまり【気の変動】となり、空間概念のことです。 参考>>109-110
熱力学に熱エネルギー、このことからも同じであるといえます。
★空★間★空★間★⇒★空  間★空  間★空  間★空  間★
エネルギーも力もほとんど変わらないといってもいいものですが、しいて
いえば傾向として、エネルギーという言葉は【個体が多数系、もしくは
個体認識の困難なもの】に使われます。

たとえば相撲の場合は「力と力のぶつかりあい」といったように[力]が使
われますが、多人数の祭の場合、力よりもどちらかといえばエネルギー
を使ったほうがなじみます。
また、エンジンという個体がはっきりしたものは馬【力】を使い、今度は
そのエンジンの燃焼室の方に視点を向けると、個体は霧状のガソリンで
あり、個体としての認識が困難になり、熱【エネルギー】が使われます。

121 :十二使鳥:2005/09/24(土) 03:43:01 ID:oGmk5xjp
ちなみに【エネルギー保存の法則】というのがありますが、エネルギーは
変動そのものなので保存というのは変動ではなく、エネルギーではない
ので、ちとマズイ。物理屋さんは知っていそうで実はだれも知らないという
ことをいいことに、この[エネルギー]という単語使いながら訳の解らぬ論理
をするのです。

ついでに「時間と空間」という言葉もやっておきますか。
略して時空。音の響きもよく、よく使われる言葉ですが、これは頭痛が痛い、
一人オニャニー、ゲリの糞を脱糞して漏らした。に近いものがあります。
時間も空間もどちらも無の概念で、言葉としては「時間と運動」[空間と物
体」とする方が望ましいのですが・・・ま、[時間【と】空間]を[時空間]という
一つの単語とした場合は問題なしともいえますが・・・
新しい言葉が次から次へと生まれてきますが、枝分かれした言葉も元を
たどっていけばだいたい同じような所にたどり着くものなのです。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

122 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 04:35:33 ID:???



鳥って、本当は頭いいんだよ、十二死鳥以外は。

123 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 09:49:27 ID:???
>>121(十二指腸)
もういいだろ?ほんとはあんたはマトモな人なんだよな?

124 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 10:16:09 ID:???
>>十二使鳥
動物園の飼育係の人が心配してましたよ

125 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 10:24:39 ID:???
動物園にいるような生き物ならもっとマシなはずじゃないか?
脊椎動物には見えない。脳どころか神経節すらない、クラゲレベルの生き物じゃ無かろうか。

126 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 13:24:44 ID:???
>>125
謝れ!クラゲに謝れ!(AA略

127 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 13:28:43 ID:???
このさい無機物でいいんじゃないか?

128 :ご冗談です?名無しさん:2005/09/24(土) 14:45:49 ID:XgMvqYPe

認識力の限界をバカの壁という

今の物理学には限界がある

OOの壁が・・・・・・




129 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 18:08:51 ID:???
相対論はまだまだ洗練されてない。     ・・・と言ってみる。

130 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 18:16:39 ID:???
130

131 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 19:18:38 ID:???
真空中の光速は、299,792,458m/s ぴったり!
定義だから誤差はない。
円周率を10桁以上覚えた人は、光速も覚えてみよう。
光速は、9桁で全て覚えたことになる。

132 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 19:23:13 ID:???
肉食うな苦痛死ごめんや、だっけ

133 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 19:41:33 ID:???
それもあり。
その他も覚え方いろいろ。
ttp://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro/teisuu.html

134 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/24(土) 21:02:07 ID:???
光速の定義が、1メートルまでの単位で止まったのは、
それ以下の桁は自信がなかったのかな〜
精度にすごい自信があれば12桁くらい出したいと思った奴も
いたと思うのだが

135 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 09:17:29 ID:???
9桁あれば、充分なんじゃない。
2桁とかだと、アバウトすぎるが。

136 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 10:56:54 ID:???
【ザ】☆アインシュタインについて

[16]MVP 05/02/03 23:48 pxHaKbj4RB: アインシュタインの相対性理論は間違っているが
あっている。 [17]炎球 05/02/04 17:17 I0BiYqHFCr: 0さん アインシュタインは 1度
大学に失敗して その後 チューリッヒに入ったんじゃないんですか?

137 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 10:57:41 ID:???
タイトル「Q」

相対性理論は間違っている」. 「ニュートリノに重さが観測されている。宇宙は収縮に
向かう」. 「宇宙の背景放射。宇宙の膨張は加速している。定常宇宙の存在の証拠だ」.
電話。明滅するボタン。 午後6時。秋葉原の雑踏。秋葉原で買ってきたジャンクから

138 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 10:58:31 ID:???
Amazon.co.jp:本: 奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究ハヤカワ文庫NF

さすがに地球空洞説を信じている人はもういないだろうが、聖書を信じている人は
いくらでもいるし、相対性理論は間違っていると主張する人、健康食品に踊らされる人も
後を絶たない。SF作家は相変わらず超能力者の物語を書き続ける。

139 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 10:59:32 ID:???
科学的世界観のblog

相対性理論は間違っている。なぜなら素朴直感に反するから。弟が兄より年寄りになる
なんてことが、あるはずがないじゃないか。量子論は受け容れられない。なぜなら、粒子
が波だなんて素朴直感に矛盾している。粒子と波がゼンゼン違うものだなんてことは

140 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 11:00:28 ID:???
科学的世界観のblog

それをもって、アインシュタインの相対性理論は間違っている、というような議論が、
あちこちの掲示板で行われているようです。しかし、間違っているのは、人間の日常の
経験に基づく直感のほうです。人間のそういう直感は、地球上で生活していく分には

141 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 11:01:06 ID:???
はむはむの煩悩 | 匿名へ

例えば、おれが「アインシュタインの相対性理論は間違っている。あいつはあほだ」とか
物理学者に言ったら、笑われるのがおちだろ? よく南北朝時代を専門にしているおれに
こんな口がきけるな?厚かましい。世界で自分がいちばんえらいと思っている

142 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 11:01:47 ID:???
What's Old?-03/01/01-10

そんなことで進化論が間違っているといわれても、双子のパラドックスを生み出すという
ことは相対性理論は間違っているのだ、と言われるようなもので、もう一度基本的な科学
啓蒙書を読み直しては、としか言いようがありません。

143 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/25(日) 11:02:29 ID:???
魅惑の似非科学

そして、それが実際に正しい仮定だったということが実験で証明された(50万Hit記念
原稿 相対性理論は間違っている。。のか?の似非科学(前編)参照)。 ということで、「
オフサイド」という特殊ルールを消化するには、何か突飛な考えが必要だ。

144 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/26(月) 18:39:11 ID:TFmh0djx
>>十二使鳥
あと一息でノーベル賞ですよ

145 :十二使鳥:2005/10/09(日) 01:51:39 ID:???
▲▲▲ 冷たい太陽 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
「ところでさー、太陽が冷たいって知ってた?」
「は?銀河の果ての太陽か?」
「いや、ここの太陽」
「はぁAH!またバカなことを言い出す」
「だって核融合なんでしょ。だったら冷たいよ。氷だって冷たいし」
「その通り。太陽は核融合だっていわれているよ。だけど熱いじゃん。しっ
かり熱いじゃん」
「そりゃあ外部の話でしょ、俺ぁ内部の話を言ってんの。普通融合っての
は冷たいよ」
「でもバンバン燃えてんじゃん。爆発もしてるし」
「爆発が融合だと思うか?普通分裂でしょ」
「あっ・・・」

146 :十二使鳥:2005/10/09(日) 01:52:36 ID:3fs2SY9z
「太陽はね、外部は核分裂、内部は核融合、両方やってんの。核分裂
だけだったら一瞬だし、仮に核融合だけで燃えてたとしてもそれほど長く
はないと思うね。冷蔵庫に水を入れてもなかなか凍らないけど0度にさえ
なっちまえば凍るのって結構早いもんだぜ」
「・・・・・・」
「自動車のエンジンだって大きなパワーを得るには冷却が必要になってく
るだろ。それと同じさ。どうせ解かりっこないんだからそういうことにしなさ
い。それの方がロマンチックだし」
「ハイハイハイ」
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


147 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:15:59 ID:???
太陽では分裂反応はしてませんよ。

148 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:17:17 ID:???
>>147
書き込みスクリプトに反応しちゃいけません

149 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:31:30 ID:???
アインシュタインと相対論物理学者に捧ぐ その2

反相対論派は、上の論点は正しいと言い、よって相対性理論は間違っていると主張します(
もし<論点>が正しければ. 結果的にこのようになります)。 しかし、相対論派は上の
主張に対してまず真っ先に相対性理論をもち出し、つぎのように反論します。

150 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:32:34 ID:???
相対性理論は言い方がまずい

高校数学も理解せずに「相対性理論は間違っている」とか主張するトンデモさんと同じ
論理ですな。 ... 理解できなくて相対性理論は間違っているという人がたくさんいる
こととは対照的な気が する。 そもそも,法学の基本書というのは,法学の中でも

151 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:33:07 ID:???
疑似科学

その一つの代表に、アインシュタインの相対性理論は間違っているという主張があります。
相対論は間違っているとする疑似科学的主張. この種の主張は今に始まったことではない
し、日本に限った話でもありません。定説とか権威に反抗してみたいという

152 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:34:26 ID:???
T理論 付録1-1 双子のパラドックス

従って、相対性理論は間違っている。 T理論では時間が普遍なので、このような矛盾が
生じることはない。 (2) 相対性理論の異常性は、23年間の間妹が少しの時間も進まないM
と生活を共同できるということを考えても明らかである。時間の進みの異なる物質が

153 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:35:24 ID:???
M教授vs.窪田登司 K大学のM物理学教授は、現在なお、最も執拗に ...

私は「運動物体は縮む」というローレンツ収縮なるアインシュタインの特殊相対性理論は間違って
いるとしています。 (4)ページの http://www.d1.dion.ne.jp/~kubota_t/situmon.html
ご参照ください。

154 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:36:13 ID:???
魅惑の似非科学

・50万Hit記念原稿 相対性理論は間違っている。。のか?の似非科学(前編).
ホームページにメールアドレスをさらしている以上、山のようなSPAMメールとウィルス
メールがやってくるのは仕方がない。だが最近は、例の「未承諾広告」の法律とオート

155 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 02:37:23 ID:???
小説・和尚と私

我々技術部の者はかねがねから、アインシュタインの相対性理論は間違っていると主張
してきました。そのことを和尚にも何度も話しました。ある時和尚は決意されて、霊体を
飛ばし、先に亡くなられていた技術部の先輩達の霊体も呼ばれて、アインシュタインの

156 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 03:58:25 ID:???
安陪内科医院:院長の不定期エッセー

だから「特殊相対性理論は難しい」「(レベルの低い反論の元での)特殊相対性理論は
間違っている」という意見が未だに出てくるのだろう。 さてそういうアインシュタイン
も「パイプを吹かすことは、人事百般の問題において、とくに冷静で客観的な判断をく

157 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 03:59:22 ID:???
お返事ありがとうござました

相対性理論は正しいという仮定を有する背理法の中においては、「相対性理論は正しい」
と「相対性理論は間違っている」は両者ともに真になる、ということを私たちは忘れては
なりません。 視点を変えるならば、共に正しい論理を展開して水掛け論が生じた

158 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/09(日) 04:00:05 ID:???
日本機能性イオン協会の山田氏投稿に関するコメント

注:「相対性理論は間違っている」系の人が多用する論理展開でもある). さらに山田
氏は,安井氏が「・・・解明されていないんです」と書いたことに対して,解明されて
いない理由を具体的に示せと主張し,山田氏自身が以下のように説明を書いている。

159 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/10(月) 15:41:13 ID:???
馬鹿馬鹿しい、所詮は、実験的事実を無視した何ら実用性がある訳でもない言葉遊び、哲学的にも出来そこない。

160 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/10(月) 19:47:05 ID:???
三行厨のグーグルコピペにレス付けるなよw

161 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/12(水) 22:49:52 ID:uNDin9fO
>宇宙誕生から9億年で散った星、東大など観測に成功

宇宙誕生から9億年で星があるわけないだろうが

ビッグバンはなかった

相対性理論はまちがっている証拠がまた出た


162 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/12(水) 22:52:22 ID:???
>宇宙誕生から9億年で星があるわけないだろうが

現在の宇宙論が相対論より信用できると本気で思ってるの?w

163 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/12(水) 23:42:43 ID:???
それ以前になぜ9億年で星があるわけないと断言できるのか不明

164 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/13(木) 23:57:45 ID:???
馬鹿に論理的な話をしても無駄だって。
相間ってのは大馬鹿だけが信じられる特殊な宗教なんだからさw

165 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/29(土) 18:28:41 ID:KEttnbfw
たしかに。
ご冗談ばかりだから。あまり 論理的な話は無駄かも知れん。


166 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/29(土) 20:41:46 ID:???
>>47
amazonのレビューに、星0を指定する機能が欲しいとオモタ。
それはともかくレビューに、
>徳間書店という由緒ある出版社から出ている。
とあるが、徳 間 書 店 だ か ら こんな本出したんジャマイカ

167 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/30(日) 11:10:24 ID:s6YmAM7H
>>166

 それは「由緒ある」に、さりげないイヤミが込められていると
読むこともできる。

168 :マダンテ:2005/10/30(日) 13:50:02 ID:mcSUt1Xf
宇宙って膨張してんでしょ、てことは今宇宙は爆発中でその瞬間を俺らは生きてんのかな?俺らも、てゆうか、原子も膨張してんのかな?


169 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/30(日) 21:48:54 ID:???
相対論は実は簡単だった!とか吹かす佐藤某みたいな秀才が
「わかりやすい(佐藤某自身にとっては死ぬほどわかりやすいことは確かな)」本を出版すればするほど、
相間はより意固地になって、相対論そのものを攻撃するようになる悪循環。
佐藤某は、「相対論は誰でも理解できる簡単な理論」と主張するのなら、相間の連中をまず納得させてから
一般の読者向けに相対論を解説してみても遅くはないと思うがどうか。

170 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/30(日) 21:52:49 ID:???
ちなみに相間ではない凡人の俺から言わせてもらえば、
(特殊に限定しても)相対論は決して簡単ではない。
特殊相対論に至る電磁気・実験物理の結果を正しく吟味するには、古典物理学一般の(膨大な)基礎知識が
あって初めて可能になる境地だと思う。
そういう視点を欠いて、誰でも理解できるはずという幻想を素人に植え付ける専門家が、
相間を生み出していることにそろそろ気づいてほしい。

171 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/31(月) 01:35:27 ID:???
>>170
この板に出没する相間のレス見てる?
それ以前の奴等ばっかりだぞ。

172 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/10/31(月) 19:53:35 ID:???
この話題って循環しつづけてて、人は変われどいつしかまた同じ話に戻ってくるんですよね。

173 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/01(火) 19:20:16 ID:???
>>172
激しく同意
って俺も永く2chやってるわけじゃないが

174 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/01(火) 20:31:45 ID:???
>>169
「文科系の人でもすぐ理解できる!」とかの謳い文句が原因だよな、きっと



175 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/14(月) 01:16:36 ID:???
>>172
つーか、もう15年以上前のパソコン通信時代から・・・・・・・・

176 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/20(火) 17:51:00 ID:hvLXm619
だけどどんな理論でも疑ってかかるのは大事だよ。じゃないと学問は発展しない。
アインシュタインだってニュートン物理学に疑いを持って相対性理論を完成させたんだから

177 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/20(火) 19:24:06 ID:???
>>176
相間どもは観測事実を疑ってかかる。論外



178 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/20(火) 20:36:32 ID:???
スレタイなんて読むの?めのすぐらんで?

179 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/21(水) 00:03:32 ID:???
遺作ならこんなレベルの本を書きそうだなw

180 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/21(水) 00:13:46 ID:???
本当にそうだという噂もあるが

181 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/21(水) 05:51:17 ID:???
>>177
観測事実を疑うことは悪いことではない
自分で何も確かめずに実験を否定するだけなのは悪だ

182 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/22(木) 05:21:58 ID:???
>>134
各実験での測定値が一致したのが9桁までだから。
その誤差は各国に配られたメートル原器そのものの長さの差によるもの。

183 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/12/23(金) 00:18:18 ID:???
>>181
でも遺作のバヤイ、妄想で実験事実が否定できると思ってるからなw

184 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/02/17(金) 17:28:23 ID:???
そろそろ店じまいしようよ
誰も理解できないのなら、やってもしかたない
理論自体が真実を隠す構造だったら、受け入れるしかないわな。

185 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 02:50:51 ID:WWSOVEta
この本のamazonのレビュー読んでたら、、、















シャレにもならない妄想老人のマスターベーション


ペタワロスwwwwwwwwwww

186 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 03:21:52 ID:???
そりゃ、「星の光が過去の光だというのは子供の夢を壊す」とか言われても「はぁ?」だよな。

子供の夢を壊さないためにサンタやドラえもんの実在を認めない科学も修正されるべきだなw

187 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 15:51:49 ID:???
無限てぶっちゃけ0みたいなもん思うんだが

188 :訂正:2006/03/01(水) 15:53:38 ID:???
無限てぶっちゃけ0みたいなもんだと思うんだが

189 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/01(水) 19:32:08 ID:???
この世界は事実上、今しか存在していないので、光速を無限大
としても問題ない。
ただ経済的に問題があるだけ?。

190 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 00:52:47 ID:???
移動の最大値に経済は無関係だろ。単なる実験事実。

誰も理解できないと理論と信じてるのは真理学会とかぐらいじゃね?
物理学んだ事のある人には、いないと思うがw

191 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 01:17:12 ID:???
光速が無限大となると、なぜ光の30万キロ/sが無限大と同じなのか?
と考える馬鹿が出てくるわな

  第二のアインシュタイン出現の悪寒

192 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 13:46:25 ID:???
相対性に対する疑問。

今2006年に製造されたロケットが地球をかすめ、200万光年先のアンドロメダ星雲に速度vで向かっているとする。

この場合ロケットはA星雲に対しローレンツ収縮をおこすんだよな。
しかしあらゆる運動が相対的だとすると、ロケットが空間に静止していてA星雲がロケットに対し速度vで向かっているとしても無問題だ。
そしてA星雲はロケットに対しローレンツ収縮をおこす。

ならばA星雲はどうやって2006年製のロケットの存在を認識するのか?

その場合ロケットとA星雲の間で、200万光年の時空を超えた瞬間的な情報のやりとりが必要なはず(互いに互いを認識する)。

だとしたらそれは「この世に光の速度を超えるモノはない」とする相対論の前提に反するのでは?
もっともその状況は100b先の物体に対しても同じこと。

結局、逆説的であるが、あらゆる運動が相対的であるためには瞬間的な情報のやりとりと、相手を認識する能力が必要だってこった。

193 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 14:04:10 ID:???
>>192
つ視点

194 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 14:24:58 ID:???
>>192
ローレンツ収縮はロケットからの事のみである。
他へは関係しない。

195 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 15:46:32 ID:???
>192
相対論を論じるより前に、君の頭の中に次のような疑問は湧いてこないのか?

今2006年に製造されたロケットが地球をかすめ、200万光年先のアンドロメダ星雲に速度vで向かっているとする。

しかしあらゆる運動が相対的だとすると、ロケットが空間に静止しているとしても無問題だ。
そしてA星雲はロケットに対して速度vで向かってくる。

ならばA星雲はどうやって2006年製のロケットの存在を認識するのか?

196 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 18:00:39 ID:???
ロケット側はローレンツ収縮させて通信すればアンドロメダ星雲へも
電波は届くであろう、しかし同時にアンドロメダ星雲の200万年の時間
経過も確認することになる。

197 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/02(木) 18:52:28 ID:???
アンドロメダ側も同様の手段で通信し地球側にも電波は届くであろう、
しかし同時に200万年の時間 経過も確認することになる。

これはいったいどうゆう意味なのか? まったくトホホである。

198 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/03(金) 13:59:02 ID:???
>>945
疑問をもって書いてる文に対し、
疑問が湧いてこないのか?と言われてもねぇ

199 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/03(金) 14:05:58 ID:???
>>195へのレスだった

200 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/03(金) 14:32:12 ID:???
>198
なるほどね。
それなら君に指摘できることはひとつ、その疑問に相対性理論は関係ないということだ。

疑問を構成している必要最低限の要素は何か、その見極めが甘いな。

201 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/03(金) 19:42:54 ID:???
>>192
君の理屈を認めると、以下の議論も成立することになってしまう。

今、地球から君は、200万光年先のアンドロメダ星雲を正面から見ているとする。
この場合はA星雲は君に対し前方に存在するんだよな。
しかし、ここで君が回れ右をすると、A星雲は君に対し後方に存在することになる。
しかしあらゆる運動が相対的だと、君の回れ右に合わせて、前方200万光年先の位置から、
後方200万光年先の位置へ、A星雲が移動としても無問題だ。
ならばA星雲はどうやって君が回れ右をしたことを認識するのか?
その場合君とA星雲の間で、200万光年の時空を超えた瞬間的な情報のやりとりが必要なはず(互いに互いを認識する)。

さて、君は本気で、A星雲が200万光年の彼方から君の回れ右を瞬時に認識し、
大急ぎで君の前方200万光年の位置から後方200万光年の位置へ移動した、と考えるのかね?

202 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/03(金) 23:15:26 ID:???
>>201
オイオイちょっとまってくれよ
俺は相対性によって生じるであろう矛盾を提示しただけであって、オマイはそれを増幅しただけだろーが
それによって得られる怪しい帰結に対し、釈明を求めるのは俺ではないだろうに。

ついでながら言っておくと、
オマイは俺の文をパロディ化したつもりかもしれないが微妙に違う。
例えば
(しかしあらゆる運動が相対的だと、君の回れ右に合わせて、前方200万光年先の位置から、
後方200万光年先の位置へ、A星雲が移動したとしても無問題だ。
ならばA星雲はどうやって君が回れ右をしたことを認識するのか?)
ではなく

しかしあらゆる運動が相対的だと、君が回れ右をしないにもかかわらず、・・・A星雲が移動したとしても無問題だ。
ならばA星雲はどうやって君が回れ右をすると予測したのか?以下同文

だ。

203 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/03(金) 23:31:44 ID:???
はあ?w 脳が足りないと大変なんだなw

204 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 00:43:00 ID:???
なんだ遺作かw

205 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 11:05:41 ID:oG4PHSVX
こんなページがあるんだけど。
俺は全然薄学で何を信じればいいのかわからんのだが・・・
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page001.htm

206 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 11:09:36 ID:???
杉岡宣伝乙

207 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 11:10:30 ID:???
それを見て間違いだとわからないなら、確かに薄学と言うほかない。

208 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 11:22:59 ID:oG4PHSVX
いっこだけ何が間違いか教えてもらえません???

209 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 11:37:39 ID:???
その中でどのページがが正しいって言うんだ?w
おまいさんが、何処を読んで「もっともだ」と思ったのかを教えれ。

210 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 11:44:58 ID:oG4PHSVX
いやもっともだっていうか全部ホントか?って思ってるんだけど、
こういう理由でちがうだろ!
っていう風に指摘できなくて。。。
↓下とか

相対性理論では、光時計が遅れればその系全体の普遍的な時間まで遅れると主張します。光時計が遅れると、その

系内の光時計のみならず、ぜんまい時計などの機械式時計や振り子時計、結晶の振動を利用するクオーツ時計、はた

また砂時計までも遅れ、さらに生き物の心臓の鼓動も成長の度合いまでもなにもかも遅れると説明します。


 しかし、そんなことはありません。
 光時計の進行がおくれたら、なぜ力学的に動く機械式時計まで遅れはじめなければならないのか?遅れる理由がまっ

たくないのです。
 それはただ光時計が遅れているだけであり、それ以上の意味はありません。光時計が遅れた状態というのは、光

(電磁波)が余計な距離をすすむためにより多くの時間がかかった状態をいうのですが、そんなふうに光の運動が変化

したら、なぜ系の普遍的時間まで遅れることになるのか、じつはその根拠がなにもないのです。


211 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 12:42:10 ID:???
光時計が遅れるから時間が遅れるわけじゃない
そもそも相対論自体の中に光時計なんて出てこない

以上

212 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 12:49:53 ID:oG4PHSVX
ってことは仮に実験したらクオーツの時計も遅れるのかな??

213 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 13:00:54 ID:???
水晶の振動は弾性によるもので、弾性とは物質を構成する分子・原子間に働く電磁力に拠っている。
電磁場を支配する法則がローレンツ変換について不変だ。

つまり水晶時計が計る時間は、相対論の時間だ。

214 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 13:04:16 ID:urTY3Qv+
ジャーナリスト宣言した朝日新聞がマンガ嫌韓流2の1位を逃げずに報道
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1141442636/


215 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 13:10:23 ID:???
それから、>>211で述べたように、

 「光時計が遅れるから時間が遅れる」

なんてことを相対論では述べていないし、そもそも光時計自体が出てこない。だから、

> 相対性理論では、光時計が遅れればその系全体の普遍的な時間まで遅れると主張します(以下略

なんて説明をしている奴は、現実を認識する能力に重大な欠陥があるということだよ。

>>212みたいな疑問を持ってそれを調べたり考えたりするのはいいが、そういう奴の文章を参考にするの
はやめたほうがいい。


216 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 13:37:18 ID:???
>>202
ヒント1 つ【ロケットが回れ右をしたとき、ロケットには加速度が加わってる。つまり慣性系を乗り換えている】
ヒント2 つ【200万光年離れたA星雲がロケットの回転を認識するのは少なくとも200万年後】

217 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/04(土) 13:46:21 ID:oG4PHSVX
なるほど!
参考にします。
ここの人々やっぱ賢い人多いなぁ。

218 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 10:34:34 ID:???
>>202
喪前、頭が悪いな。結局、相対性理論は関係ないじゃないか。
ガリレイの相対性原理でも生じる問題だ。

結局、「相対的」という言葉の意味を曲解した言葉遊びに過ぎない。
座標変換による位置の変化を「移動」にすり替えた詭弁でしかない。

219 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 20:07:23 ID:???
相対的を語る時、大事なのは原点である。

何故 光の30万キロ/sが無限大なのか?
何故 高速の宇宙船での時間は普通に感じられるか?
何故 自分を中心に語るのか?
何故 原点がなければ、話がおかしくなるのはなぜか?
 原点とは感性であり、観測事実であり、予測であり、予想である。
   
  以上まとめたけれど、間違いかもしれないです。

220 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 21:42:53 ID:???
日本語で書け

221 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 21:44:51 ID:???
>>219 大間違いです。原点なんぞ必要ありません。「動き」が必要なのです。
で、動きを指定する為にはその動きを観測出来る為の標識となる点は必要ですが、
それは原点ではありません。同等の働きをする点は無数にあります。要するに特殊相対論の
範囲では問題になるのは「運動」であって、時空間の「位置」は問題になりません。

222 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 21:46:52 ID:???
>>220お前も日本語で(ry

223 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 21:57:28 ID:???
>>219
またまた失敗しました、でなおします。

224 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 22:13:36 ID:???
ついでにアンカーも失敗してるようだがw

225 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/05(日) 23:59:23 ID:???
どうやら>>221は理解していないようである。
>>221の意味は
 原点とは感性であり、観測事実であり、予測であり、予想である。
と言っただけです。

226 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/06(月) 21:46:14 ID:???
またアンカーも日本語も滅茶苦茶でサパーリ(ry

227 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/07(火) 01:54:41 ID:???
>192は
>しかしあらゆる運動が相対的だとすると、ロケットが空間に静止していてA星雲がロケットに対し速度vで向かっているとしても無問題だ。

と書いているが、

本来明らかに動いていると思われるロケット等の物体を、空間に静止させるという状況設定は相対性理論の常套手段とするのは思い込みなのか?

そもそも相対性理論ではそのような状況設定はしないのか?

228 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/07(火) 08:43:23 ID:???
「相対論」の常套手段ではない。以上。

229 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/07(火) 10:36:57 ID:???
むしろニュートン力学の常套手段だな>動いているものを静止させて考える

230 :221:2006/03/07(火) 20:23:24 ID:???
>>225=219? 意味分かりました。ただ、「原点」に「感性」を入れてはいけない。
大抵のとんでもさん達はこの点が非常に傲慢で、己の貧弱な感性の方が、実験事実や
何十年にわたる、様々な人々の「感性」や「思考」より優れている、と根拠無く思い
こんでいるのだから・・・。
 
 

231 :225:2006/03/07(火) 23:17:46 ID:???
>>230
ありがと
自分にとっては感性が原点です、ここから間違いを探している次第です。
確かに感性はいい加減で融通がききません。

232 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/07(火) 23:45:25 ID:???
> 何故 光の30万キロ/sが無限大なのか?

30万km/s は有限の速度であって無限大ではない。

> 何故 高速の宇宙船での時間は普通に感じられるか?

「時間の遅れ」が感じられるわけがないだろう。時間感覚も一緒に遅れるんだから。

> 何故 自分を中心に語るのか?

「自分が中心」なんて決まってない。なにを基準にしてもいいから、自分を基準 (中心) にしてもいい。

> 何故 原点がなければ、話がおかしくなるのはなぜか?

「何故〜なのはなぜか?」はもはや日本語じゃないし、「原点がなければ、話がおかしくなる」も何を指しているのか不明だ。

以上の通り、こんなお粗末極まりない「感性」で何を語るつもりか?

233 :225:2006/03/08(水) 00:30:05 ID:???
すみません
ご丁寧にありがとございました。

234 :225:2006/03/08(水) 13:36:20 ID:???
疑問です
光速の宇宙船があったとします、そこからアンドロメダへ通信しました。
この時、光速は無限大だとすれば通信は可能です。
しかしアンドロメダ側は200万年時が経過してしまっているといわれている。
それとそのまま宇宙船がアンドロメダへ到着しても200万年経過後ですが
宇宙船にとっては瞬時に到着する訳です。
で、よく思考すると通信自体は200万年後に届くのではなくリアルタイムで可能
のような気がします、このよりどころは 光速度不変 だけです。
何故かと言うと、宇宙船と電波通信の到着が同じ訳はない という理由です。

235 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/08(水) 14:30:22 ID:???
>>234
主語述語,観測の基準,時間経過の基準を明確に。

236 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/08(水) 23:07:00 ID:???
> 光速の宇宙船があったとします、そこからアンドロメダへ通信しました。

宇宙船は光速で動けない。以上。


237 :225:2006/03/08(水) 23:47:11 ID:???
>>236
光速ではなく、30万キロ/sとしたら?
これもだめですか?

238 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/09(木) 00:57:04 ID:???
は? 30万km/s > 光速だからますますありえん。

239 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/09(木) 01:02:20 ID:???
>>238
こらこら。c = 299792458 m/s < 300000000 m/s と言いたいんだろうが、揚げ足取りにしかなってないよ。

>>237
「光速」という単語を具体的な数字に置き換えたことで何か変わったのか?何も変わってないぞ。

240 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/09(木) 01:52:05 ID:???
>>239
どこが揚げ足取りなのかわからん。
「光速では駄目」なのになぜ「30万km/sならいい」と思うのか、説明すべきは>>237 だろ。

241 :237:2006/03/09(木) 21:43:01 ID:???
すまん、止まってる
あのー、それよりアインシュタインの手鏡、説明してよ?
  そっちの方が近道。

242 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/09(木) 21:51:05 ID:???
アインシュタインの手鏡ってあれか? 光速で動きながら鏡を見ると顔が映るか否かって話?


243 :237:2006/03/09(木) 21:54:16 ID:???
そうなんです、みんなあれの責任です。

244 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/09(木) 21:58:35 ID:???
人が「光速では動けないよ」と言ってるのを何だと思ってるのだ? お前は。
三歩歩いたら何もかも忘れる鳥頭か?

245 :237:2006/03/09(木) 22:20:42 ID:???
・・・・・
すみませんでした。

246 :237:2006/03/09(木) 23:07:26 ID:???
誰も助けてくれない、助けてくれるのはアインシュタインだけか?

247 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/09(木) 23:31:03 ID:???
何をどう助けるというのだ?

 「光速で動きながら鏡を見ると顔が映るか否か?」

に対する答えはもう出てるだろ。

 「光速で動くことは出来ない」

が答えだ。

248 :237:2006/03/10(金) 00:10:48 ID:???
>>247
大変、手間とらせて御免なさい、了解しました。

249 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 06:40:55 ID:???
光速=時間

250 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 13:46:05 ID:Y3Qhw9jl
>>234
光速で移動している宇宙船があって、
電波を使って通信するわけ?
電波の速度は光速なのかな?
光速が無限大?
で、宇宙船と電波のどちらが先にアンドロメダに着くかと言う話か?

251 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 15:20:58 ID:XwYdF/rE
ビッグバンで宇宙が広がっているんだろ
銀河と銀河の間も拡がっていると観測されてんだろ
ひとつの銀河でも10万光年の直径があるんだろ
光速を越えた運動はないのなら
銀河自身の運動も光速を越えることない
まあ殆ど宇宙は広がっていないというこっちゃ
よってビッグバンなどないと言える

252 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 15:27:29 ID:???
何がどうなって
>まあ殆ど宇宙は広がっていないというこっちゃ
>よってビッグバンなどないと言える
こうなったのかサパーリ

253 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 15:49:29 ID:XwYdF/rE
銀河と銀河の間の距離はせいぜい1000万光年ぐらいか
銀河同士の衝突も多いからな
よく銀河がビッグバンによって動いているマンガ的な記述があるが
それは大嘘


254 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 16:19:08 ID:???
で、何がどうなって
>まあ殆ど宇宙は広がっていないというこっちゃ
>よってビッグバンなどないと言える
こうなったの?>ID:XwYdF/rE

255 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/10(金) 18:17:33 ID:???
そっとしておいてやれ

256 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/11(土) 06:22:43 ID:3I+Rl301
>>251
>光速を越えた運動はないのなら
>銀河自身の運動も光速を越えることない

同じ地点ですれ違う訳ではないので、相対論には矛盾しない。

257 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/11(土) 08:35:55 ID:Q6O20Rom
銀河と銀河が衝突する映像を良く見よう
あれは数十億年の経過を超々スローモーションで見ているわけだ
160億年が宇宙の年齢だと
笑わせるな
この衝突を見ても少なくとも160億年ではないと断言できる

258 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/11(土) 11:05:09 ID:???
>>257
数十億年で衝突するなら、160億年の間に数回は衝突できるね。
それに、宇宙には沢山の銀河があるのだから、常にどっかしらで
銀河の衝突が起きていることになる。

259 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/11(土) 17:33:37 ID:???
237のアインシュタインの手鏡の問題を精一杯好意的に解釈すると
タキオンを含む理論において
光子がタキオンと相互作用して、
さらに他の物質と相互作用するようなダイアグラムは全て相殺されるか?

ってことか?これは相殺されなそうだな。

260 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/11(土) 21:02:48 ID:???
何故、100億光年の距離からでも光が届く光があるの?
   
    やっぱり光速って無限大なんだよね。

261 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/11(土) 21:09:58 ID:varf2/Ll
>>259
要するに、237はどう好意的に解釈しても、滅茶苦茶だってことだ。

>>260
100億年が経ったからだろ。
どこをどう考察したら「光速って無限大なんだ」ってことになるんだよ?
池沼は消えてくれ。

262 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/12(日) 02:06:19 ID:???
261は池沼を相手にしているように見えるが実際、自作自演だろw


263 :237.260:2006/03/12(日) 06:44:52 ID:???
>>262
ちがいます
僕は、消えます

264 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/03/12(日) 16:32:10 ID:P5QqhNbZ

 この徳間書店のShocking scienceってシリーズ、本当にShockingな電波本だらけだな。

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-5190972-5009950

 ↑目次見ただけで眩暈がする。


265 :264:2006/03/12(日) 16:35:53 ID:P5QqhNbZ
リンクがつながらないな。アマゾンで「Shocking science」で検索してくれ。

266 :名前::2006/05/08(月) 21:10:21 ID:???
この本の137位に書いてある奴、光速がc-v,c+vになってるっていうやつ、一度だまされたけど、
よく考えてみたらわかった。
この筆者、本当にまじめに書いてるんだろうか

267 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/08(月) 21:31:43 ID:???
c-v,c+v って光速の事じゃん、光速を語る時、特に相対性の話の時
出てくるやつです、・・普通の事でしょ?


268 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/08(月) 22:15:43 ID:???
移動する本人観測の場合  音速の場合、秒速2mで移動した時の音速は(音速−2m)です。
   :         光速の場合、秒速2mで移動した時の光速は (光速)   です。

                これが光速度不変です。
 
音速の変化は空気が原因です。
光速度不変はエーテルが存在しないからです。

これをまとめると
音速は空気に対して音速です。
光速はどんな場合でも光速です、結局、無限大ではないが速度が無い様です。
だから光速は c-v,c+v です。

269 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/09(火) 00:27:49 ID:???
なんのこちゃ

270 :267,268:2006/05/09(火) 00:37:58 ID:???
まじめに書いたんですけど

271 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/09(火) 14:08:49 ID:???
>光速はどんな場合でも光速です
>だから光速は c-v,c+v です。

まじめだね

272 :270:2006/05/09(火) 15:00:13 ID:???
このへんで、是非、ゆるしてください。

273 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/11(木) 02:22:01 ID:???
で、結局、相対性理論が間違いなのか?
     相対性理論の解釈が間違いだったのか?
     スレ主様の意見は如何なの?

274 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/11(木) 09:17:57 ID:???
>>273
最初から結論は出てるだろ。

 筆 者 が 既 知 外 な だ け 。

275 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/11(木) 21:38:10 ID:???
そうなら、タイトルを 相対性理論の真実 とすればよかったね。

  間違いだったら 筆者に帰る わけだから・・・

276 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/14(日) 03:20:55 ID:???
ローレンツ収縮を考慮するとv+cの場合vはそのままc自体は可変
となるが、これは単なる計算上のことで事実は可変でなく変わらない
のでv+cのcを不変であるとするには、vを縮小しなければならない。
例えば10万キロ/sの時これを7万/キロsとかに速度を変換せよということかな?
  さっぱり わからない。




277 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/14(日) 03:47:38 ID:???
解読が難しい文章を書くね。

>さっぱり わからない。

オレガナー

278 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/14(日) 10:01:10 ID:???
特殊相対性理論では物体の移動速度につれて物体と空間(物質空間)が縮小(進行方向に対して)
すると言われています、仮に光を光空間とすると光空間はそのままです。
だとすると、縮小した物差しで光速を測ることになります、これでは本当の
光速になりません、光速は決まっているのですから。
だから、正確なv+cはvに縮小分を換算し変化させなければならない。
たとえて言うと物体の移動速度30万キロ/sは15万キロ/sとかになる。
こうすると光空間から見た速度と同じになる、これで移動する物質空間からは30万キロ/s
として観測され、光からは15万キロ/sとなって調和が成る。
ちなみに変換させない場合は、とんでもなく多い数値になり光速が不変にならない。

279 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/14(日) 13:47:10 ID:???
>278
「光空間」の意味の説明をお願いします。

280 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/14(日) 14:05:27 ID:???
要するにガリレイ変換にローレンツ収縮を組み合わせて

  x' = (x - vt)/γ

さらに時間の遅れを入れて

  t' = t / γ

とかやって、でもこれじゃ当然光速不変にならないので、更に変な仮定を入れたり、
光だけは別の変換をする (つまり、別の空間=光空間みたいなのを導入する) ようにして、

…という複雑怪奇なもの (当然意味のある計算はできない) を「これが相対性理論だ」と
思い込んでいる (あるいは「これが相対論にかわる新理論だ」かも) のだろう。


281 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/14(日) 15:21:27 ID:???
ローレンツ収縮+時間の遅れ+同時刻の相対性、で、なんとか光速不変にたどり着けるよね。
最初からローレンツ変換しろよと言いたくもなるけど。

282 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/18(木) 10:59:27 ID:???
>>279
物質空間と対に使います。

283 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/18(木) 11:03:01 ID:???
これで説明したつもりになってるのが素晴らしい。

284 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/18(木) 22:41:21 ID:???
まあ、場 と言うと運動場を連想します、エーテルと言うと液体を連想します。
そこで、空間と言うと なんか広大で宇宙を連想し、すっきりした感じです。
だから、何に対しての空間なのか? と言う事になる・・・
ただ時空間は、むずくて分かりません。

285 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/22(月) 02:41:18 ID:???
よそのスレで光ジャイロの問題がでていますが
慣性系の宇宙船内で中央から光を発射して前後の到着が同じであるのに
地球規模のリングでは到達に差が出るといっているが本とだろうか?
これはリングを切って直線にする事と同じであり慣性系と同じだと思う。
確かに特殊相対論は慣性系であるが、一般はこれを含んでいると思います
そうでなきゃ一般という意味が無くなります、なぜ別にする必要があるのだろうか
で、別だとする人の考えは光速不変でなく、絶対速度を持ち出し計算して反論するのです、
大体このパターンです。


286 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/22(月) 04:17:30 ID:???
> よそのスレで光ジャイロの問題がでていますが

そこの当事者 (の一人) だが、よくこれだけ嘘がつけるものだ。

> これはリングを切って直線にする事と同じであり慣性系と同じだと思う。

切ることで、リング上の一つの点 P が、直線の両端 A、B という二つの点になる。
その「直線」に沿ったA、B の「同時」と、元の P の「同時」は違う。

つまり、P から「同時」に右回り、左回りに発した光と、直線の両端 A、B から「同時」に発した光とは違う。
後者は同時に直線の中央に着くが、前者はPの反対側の点には同時にはつかない。

回転とは場所によって異なる方向に運動している、ということなのだから、各場所の「同時」をつなげながら
リングを一周した「同時」と、元の点での局所的な「同時」が一致しないのは当然だ。

こういうことも議論されて、ある程度の合意が生じていたのは無視か?

> 絶対速度を持ち出し計算して反論するのです、

そんなことをしている奴はいない。嘘つくな。死ねカス。

287 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/25(木) 23:08:13 ID:???
E=mc^2 って何故2回、掛けるのかなあ?
物質の30万キロ/sは実質、光速の半分だからだろうか?

288 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/25(木) 23:09:51 ID:???
光速あげ

289 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/25(木) 23:30:45 ID:JOYUudOh
相対論?同時性?の疑問。
っていうか単に私がバカなだけなのか、今風呂に入っていた最中考えていてわからなくなったので、誰か教えて下さい。

例えば、地球から1光年離れた星(惑星ベジータとする)に親(ベジータ)と子(地球)が離れて住んでいました。
ベジータに住んでいた親が亡くなりました。
親が亡くなったという情報が電報で地球の子に伝わりました。
電報を受け取った子は1光年離れているので、「ああ1年前に亡くなったんだ」と考えます。
ベジータでは親の知り合いが亡くなった次の日に遺体を地球の子に向けて光速の宇宙船で送りました。
地球の子のもとに電報の次の日に遺体が届きました。
さてその遺体は死後1年たっているかというと、光速で進んでいる宇宙船の中では一瞬で地球に着くので(以前そんな話を聞きました・・)
遺体は死後1日しかたってません。
と考えると、1光年離れたベジータと地球で感じる同時性とは電報が届いた時点の事をいうのであって、
つまり、例えば百万光年離れた星の光を「百万年前に放たれた光」という考えは間違いで、百万後年だろうが、1億光年だろうが、
常に同時に輝いているというのが正しいのではないでしょうか?

バカでごめんなさい。

290 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/25(木) 23:43:41 ID:???
正しいとか間違っているという問題ではなくて、
離れたところの時刻なんてどうとでも定義できるということ。


291 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/25(木) 23:47:41 ID:???
それはただ遺体の時間が遅れてるだけじゃね?

292 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 00:01:30 ID:b2Pm2VIk
質問です。 
なんでジェットコースターは後ろのほうが速いのですか?

293 :289:2006/05/26(金) 00:16:17 ID:cMVsq5pv
何ていうのか、数光年はなれたところから光速で来る情報をわざわざ数年前の情報と考える必要はなく、
光速で来た情報は常に現在と考えて差し支えがないのではないかと思ったのです。
べジータの親子の話でいうと、「親が亡くなった次の日に光速で送られた遺体が一瞬で届いた」
と考えてはいけないのでしょうか。

やっぱいけませんよねー。

294 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 00:26:30 ID:???
光は物質ではない。
物質の30万キロ/sと光の光速は別の速度です。

仮に遺体(物質)の速度が光速だったとすると電報の一日遅れで
到着します。
時間経過は0だから一日前の遺体です。

仮に物質の30万/s速度だったとしても電報の一日遅れで到着します。
しかし物質だから経過時間が発生すると思います。
遺体(船内)の場合7ヶ月ぐらいかけて到着するのです、たぶん。

でも到着側では電報と、たった一日遅れで到着するのですが7ヶ月前の遺体です。

で、光は物質でないから経過時間が無いとしても一億光年の距離を
光速で進むわけだから、一億年前です。

で、一億年かけて光が届いた事は事実です、だから同時では無い。


295 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 01:05:34 ID:???
>>293
>光速で来た情報は常に現在と考えて差し支えがないのではないかと思ったのです。

地球の人にとっての現在とベジータの人にとっての現在が食い違いを見せるので、具合が悪いだろうね。


296 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 07:28:03 ID:???
>>294
頼むからポエム披露は物理板以外でやって

297 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 09:47:37 ID:???
相対性理論は誰にも分からない
もともとポエムである。
先生本人も説明できなかった。

298 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 10:35:14 ID:???
>>285
>これはリングを切って直線にする事と同じであり慣性系と同じだと思う。
回転系を慣性系と同一視するなんて、ニュートンも真っ青だね。

>確かに特殊相対論は慣性系であるが、一般はこれを含んでいると思います
>そうでなきゃ一般という意味が無くなります、なぜ別にする必要があるのだろうか
「特殊」と「一般」の違いだよ。ぶっちゃけ、一般相対論は一般的に成り立つが、
特殊相対論は特殊な場合(例えば大局慣性系)でしか成り立たない。
従って、特殊相対論で扱える問題は全て一般相対論でも扱えるが、逆は真ではない。
おそらく、君はその逆をやってしまってる。

>で、別だとする人の考えは光速不変でなく、絶対速度を持ち出し計算して反論するのです、
>大体このパターンです。
違うだろう。多分、君の考えの方が逆なので、そういうおかしな解釈になってる。
一般相対論でなければ扱えないリング(回転系)をぶった切ってw無理矢理に
慣性系ということにして特殊相対論で扱おうとしてる。だから、おかしくなる。

299 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 10:38:56 ID:???
>>287
そもそも、2回掛けなきゃ、次元が合わないよ。

それに、物理学は「何故」には答えない。あくまで自然現象をモデル化するだけ。
ローレンツ変換を力学に適用するとE=mc^2が導かれ、実験や観測がそれを証明した。
事実はそれだけ。

300 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 10:49:19 ID:???
>>289
疑問も何も、その通りです、としか答えようが無かったりする。
運動物体の時間の遅れは、上層大気で発生したμ粒子の寿命の
延びとして、実際に確認されている。

>>293
その考え方は明らかに誤っている。
「1日」しか経ってないのは、あくまで親の遺体にとっての時間。
子にとっては間違いなく1年が経っている。
子にとっての時間と親の遺体にとっての時間を一緒くたにしてはいけない。

>>294
親切なのはよいことだが、出鱈目を教えてはいけないよ。

301 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 13:23:30 ID:???
>>300
>子にとっての時間と親の遺体にとっての時間を一緒くたにしてはいけない

一緒くたにしているのは>>300
別々にすれば良いんじゃないでしょうかね?

302 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/26(金) 13:35:08 ID:???
>> 293
二つの時計を合わせないと同時の概念の意味がないよね。
この場合は親が死んだという電報が届いたらすぐに
ベジータに電報を送りかえすと、ベジータでは
最初の電報を送ってから2年後にその電報が
届くわけで、その時間を2/1して惑星ベジータの人は1年前に
電報が届いたんだなということが分かる。

この光速で情報を往復させる作業をしてはじめて、
二箇所にある時計の比較をすることができる。
>> 293のように同時性を定義すると、
地球からベジータに情報が行ったときに
"同時"がうまく定義できなくなる
情報が往来するだけで時間が遅れるのは変でしょ?

303 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 01:40:43 ID:???
>>298
ご説明ありがとうございます。
しかし、まだ不可解です、特殊相対論は加速系とか重力とかに未対応で
あるので、新たに一般相対論で統合したと理解しています。
要するに特殊相対論から見れば、制約が払われたものと思います。
だから何処でも使えるのです。 と 思っています。
たしかに逆では問題が起きますが加速系と重力の件だけだと思いますが?

304 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 02:14:57 ID:???
> しかし、まだ不可解です、特殊相対論は加速系とか重力とかに未対応で
> あるので、新たに一般相対論で統合したと理解しています。
> 要するに特殊相対論から見れば、制約が払われたものと思います。
> だから何処でも使えるのです。 と 思っています。

特殊相対論が慣性系しか扱えない、というのは異論があるが、ここではその議論はしない。

お前が言いたいことは、

 「一般相対論なら回転系も慣性系と対等なのだから、一般相対論で考えれば時間差は出ないはず」

ということか? なら話は簡単だ。一般相対論でも慣性系と非慣性系は、対等ではない。


305 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 19:44:30 ID:???
非慣性系って具体的に何だろう?・・・ひとり言

306 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 19:52:42 ID:???
回転系、加速系、重力のある系

307 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 20:04:03 ID:???
これに対しても光の相対性を説いたのがアインシュタインの相対論
じゃなかったなあ?・・・ひとり言

308 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 20:15:08 ID:???
違う。というか「光の相対性」ってなんだ?

309 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 20:20:24 ID:???
ガリレイの相対性理論には光が抜けていたので光を入れました。

310 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 20:30:59 ID:???
回転系などの非慣性系を含めて全ての座標系で物理法則は同じである…というのが「一般相対性原理」だ
当然「光」も含まれているぞ。

だがそれは、レーザージャイロが回転しているときでも時間差が出ない、ということは意味しないのだよ。

311 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 20:35:21 ID:???
ネタが尽きましたので失礼させていただきます。
いろいろありがとうございました。

あとの論議は誰かエキスパートにおねがいします。

312 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 20:38:31 ID:???
あとの議論も何も、他のスレの議論を持ち込んで、しかも嘘までついて (だれが絶対速度つかってるって?) おいて、なに言ってやがる。
そのスレでの議論はもう終わってるっての。

313 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 22:01:45 ID:???
>>308
光の相対性とは、例えて言うと、どんな速度で光速を測っても光速である。
リングの経路は両方向とも距離は同じであることから到着は同じになる。
だから地球の自転速度を考慮し計算することは絶対速度であり、間違いである。

314 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/27(土) 22:05:08 ID:???
> 光の相対性とは、例えて言うと、どんな速度で光速を測っても光速である。
> リングの経路は両方向とも距離は同じであることから到着は同じになる。

違う。一般相対性原理は

  「(回転系などの非慣性系を含めて) どんな座標系でも物理法則は同じ」

と言ってるだけで、「回転系でも光速はかわらない」とは言ってない。


315 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/28(日) 23:03:27 ID:???
>>314 様へ
実際は絶対速度を使っているのに、使ってないと言うし?
回転系では光速は変わる と言っている。

だからどっち?はっきりしてください、そうしたら引き下がります。
     ここが山ですから

316 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/28(日) 23:39:47 ID:???
> だからどっち?はっきりしてください、そうしたら引き下がります。

意味がわからない。

> 実際は絶対速度を使っているのに、使ってないと言うし?
> 回転系では光速は変わる と言っている。

絶対速度など使っていないし、回転系で「光速不変」は成り立たない。

なぜ「どっち」かにしなければならないのだ? まさか両立しないとでも思ってるのか?

317 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/29(月) 00:05:28 ID:???
>>316
>絶対速度など使っていないし回転系で「光速不変」は成り立たない。

これが貴方の回答ですね
これを持って逝きます。

318 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/05/29(月) 00:07:40 ID:???
逝ってらっしゃい。もう来るなよ。

319 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/04(日) 03:20:47 ID:568qQxV3
あのー。けんか腰のお二人さまよろしいですか?
光ジャイロはちゃんと実用化しているのですが。
原理が違っているとしたら、どの程度の差がでるのでしょう?
答えられるクールな頭脳はおありでしょうか?

320 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/04(日) 03:58:00 ID:cGHlbL/h
ttp://www.hitachi-cable.co.jp/products/optical/gyro/index.html


321 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/04(日) 10:35:20 ID:???
光ジャイロは、実は、光速が不変な慣性系が『少なくとも1つ』あれば正常に動作する。
即ち、現実の特殊相対性理論の世界でもエーテル(絶対静止系)論の世界でも、同じように
動作するので、両者を区別できない。原理が違っているとしても、差はでない。

322 :318:2006/06/04(日) 12:42:43 ID:???
>>319
> 光ジャイロはちゃんと実用化しているのですが。

そんなことは知っている。だからどうしたというのだ?

> 原理が違っているとしたら、どの程度の差がでるのでしょう?

原理が違っているとは? サニャック効果以外の「原理」があるのか?

サニャック効果により、どれだけの時間差が出るかは知っている。光ジャイロがそれに合致することも。
「それ以外の原理」でどれだけの時間差が出ることになるかなんてことは知らない。

>>317 がどのような「原理」を考えているのかも、それと現実の光ジャイロが合致するのかどうかも、俺
の知ったことではない。

だから「どの程度の差」と聞かれても、比較対照がわからないので答えようがない。

けんか腰、と言われても

 「光速不変でなく、絶対速度を持ち出し計算して反論する」

なんていう大嘘をついて一方的に言いがかりをつけてくる相手に友好的になる理由はない。


323 :318:2006/06/04(日) 12:44:21 ID:???
サニャック効果に基づく時間差の計算は

光路の半径をr、角速度をω (左回りを正とする)、ファイバーの屈折率を n とすると、

 左回りの光の速度 c1 = (c/n + rω)/(1 + rω/cn)
 右回りの光の速度 c2 = (- c/n + rω)/(1 - rω/cn)

角速度にすると

 左回りの光の角速度 ω1 = c1/r = (c/rn + ω)/(1 + rω/cn)
 右回りの光の角速度 ω2 = c2/r = (- c/rn + ω)/(1 - rω/cn)

それぞれの光が光路を一周する時間は

 左回りの光の周回時間 T1 = 2π/(ω1-ω) = 2πr(cn + rω)/(c^2 - r^2ω^2)
 右回りの光の周回時間 T2 = -2π/(ω2-ω) = 2πr(cn - rω)/(c^2 - r^2ω^2)

時間差は

 儺 = T1 - T2 = 4πr^2ω/(c^2-r^2ω^2)
    = γ^2・4πr^2ω/c^2
 
   (γ = 1/√(1 - v^2/c^2) = 1/√(1 - r^2ω^2/c^2) )

受光部の固有時間での時間差は

 冲 = 儺/γ = γ・4πr^2ω/c^2


324 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/08(木) 00:41:41 ID:T5MZlTSB
>>1
間違っていることの実証を
他人任せにしているのが
そもそものマチガイ。
以降のスレの何と不毛なこと。

325 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/24(日) 01:34:27 ID:aWtzi0Kn
なんかアマゾンの書評見てたら怖いもの見たさというか実際手にとって見たくなった。
でも金出して買うのもバカらしいしなぁ。

326 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/24(日) 01:34:53 ID:???
図書館行けば?

327 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/21(土) 22:01:44 ID:YhNe9tDk
導線中の電子の速度は10^6m/秒ぐらいで、光速の約0.1〜1パーセントで走っている
これなら、特殊相対論が使えて、電場と磁場の関係も説明できる
だが、実際は原子との衝突を繰り返し、かなり遅くなり500m/秒ぐらい、
これはジェット機や音速に近い速度になっている
こんな値では、ローレンツ変換は無視されて意味ないはずだ

特殊相対論から、ファラデーの法則やアンペールの法則が説明できるはずがない
電磁気の中で出てくる特殊相対論の説明は大嘘


328 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/21(土) 22:13:43 ID:???
>>1
そんな本読んでるヒマがあったら普通の相対論の教科書でも読め。

329 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/21(土) 22:45:41 ID:r9K1f+qH
>1
さんあなたは将来有望です。
ここにいる相正の正体は以下に列記
1 偏微分を理解していない
2妄想はいいが、前提が狂っている
3ジャイロの理解があやしい
簡単にいえば丸暗記

330 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 02:23:42 ID:???
簡単に言えば、>>329はもの凄い知恵遅れで工業高校中退の馬鹿です。
ところが、あまりにも馬鹿であるから、自分が馬鹿だと分からないのです。
精神に障害があるのです。偏微分みたいな初等数学すらこの馬鹿にして
みれば高等数学です。

自分に理解できない事を他人が理解しているのを信じられないから、丸暗記
しているだけだと信じているのです。
つまり、馬鹿と言うだけではなく、人間としてクズ以下の存在です。

通称 くうき と呼ばれる、猿以下の存在は、2chの物理板史上最強の馬鹿
と言えます。普通の相間はここまで腐ってはいません。

331 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 02:29:14 ID:???
てか、一年も前の 1 にレス付けてもなw
それに、1 は明らかに相間本をバカにしてるわけだが、329はそれすら読みとれない
らしい。算数だけじゃなくて小学校レベルの国語の理解に問題があるな。

332 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 17:35:03 ID:???
相間って案外紳士な人が多かったりするんだよね.
それにひきかえくうきって人は...

333 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 19:05:03 ID:???
惨多,ド爺,民,乱。どれが紳士だと?

334 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 22:20:19 ID:???
>>327
> こんな値では、ローレンツ変換は無視されて意味ないはずだ

実際に計算して確かめてから言え。

とりあえず、ごく簡単な例を書いとくよ。

ある慣性系 S で静止している、細く非常に長い導線に電流 I が流れているとする。
この導線から距離 r 離れた位置の磁束密度B は、ビオ・サバールの式を積分する
ことで

  B = μ0・H = μ0・I/(2πr)

となる。この導線から距離 r だけ離れた位置を、電荷 q が電流と同じ向きに速
度 v で動いているとする (下図)

             q ○ → v
               |
               | r
               |
-----------------------------------------------
             電流→I
-----------------------------------------------

電荷 q に働くローレンツ力 F は

    F = qv×B = q・μ0・vI/(2πr)

となる (導線に向かう方向を正とする)。

(続く)

335 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 22:23:29 ID:???
>>334の続き

電流の担い手となる自由電子の電荷密度 (線密度) ρ、自由電子の平均移動速度 u
と、電流 I の間には

    I = ρu

という関係がある。導線全体の電荷密度は 0 であるから、導線から自由電子を除いた
残りの陽イオンの電荷密度 (線密度) は -ρとなる。

S に対して、電流と同じ方向に速度 v で運動する座標系 S' を考える。要するに電荷 q が
静止している座標系である。

S' で見ると、ローレンツ変換の効果により、導線の自由電子の電荷密度、陽イオンの電
荷密度はそれぞれ

   自由電子の密度  ρ・γ(1-uv/c^2)
   正イオンの密度   - ρ・γ

となる (計算は省略)。したがって、S' での導線全体の電荷密度 ρ' は

    ρ' = ρ・γ(1-uv/c^2) - ρ・γ = -γρuv/c^2 = -γIv/c^2

(さらに続く)

336 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 22:24:57 ID:???
>>335の続き
電荷 q は、S' においては導線から r だけ離れた位置に静止している (下図) 。

             q ○ 静止
               |
               | r
               |
-----------------------------------------------
     電荷密度(線密度) ρ'
-----------------------------------------------

電荷密度ρ' の非常に長い導線が q に及ぼす力 F' (導線に向かう方向を正とする) は、

    F' = -ρ'q/(2πε0・r)
      = -(-γIv/c^2)q/(2πε0・r)
      = γI vμ0 q/(2πr)
      = γF

F' は S' における力なので、相対論における力の変換則により、S における力 Fs は

    Fs = F' / γ = F

で、F と完全に一致する。

337 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/22(日) 22:29:18 ID:???
>>327 の間違いは、電子の移動速度 u が小さいことだけを問題にして、電子の密度ρが
非常に大きいことを無視したことにある。>>335 の最後の式を見れば、S' で導線に現れる
電荷密度ρ' は、ρと u の積 I で決まることがわかる。ρとuの積で決まるものを、u だけを
見て、「効果は非常に小さいから無視できる」と決め付けることは出来ない。

338 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 19:39:12 ID:cTD5Q8Ly
>実際に計算して確かめてから言え。

キッテル丸写し?

移動速度 u
速度 v で運動する座標系 S'

この速度の違いは?相対論的には

移動速度 u で運動する座標系 S'

として計算するのじゃないのか?

339 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 19:45:32 ID:???
コンノケンイチまんせー

340 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 19:56:48 ID:???
>>327
> 導線中の電子の速度は10^6m/秒ぐらいで、光速の約0.1〜1パーセントで走っている

はあああああああ??????wwwwww
高校の物理すらまともに習ってないのが丸見えだなwwwwwww

341 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 20:03:44 ID:cTD5Q8Ly
何で?
10^6m/秒ぐらいだろ




342 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 20:09:59 ID:???
高校では I = envS っていう第一近似て「普通の導体内での電子の速さ」vがどの程度かを必ず学習する。
そのあまりのvの遅さに必ず驚くわけだが、中卒程度の教養だとv〜10^6m/sとか恥ずかしげも無く言えちゃうのがあわれ。

343 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 20:29:42 ID:???
つまり高卒程度の>>342は電子の速度と平均速度の区別がついていない訳か。

344 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 20:58:16 ID:f8Yaq453
徳間書店は相対論に恨みでもあるんか?

345 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 21:33:18 ID:???
> 移動速度 u
> 速度 v で運動する座標系 S'

導体中で電流を担う自由電子の平均移動速度 u
電流の作る磁場によりローレンツ力を受ける荷電粒子の速度 v

どちらも説明してあるぞ。読み取れないのか?

> この速度の違いは?相対論的には
> 移動速度 u で運動する座標系 S'
> として計算するのじゃないのか?

荷電粒子は常に導体内の電子の平均移動速度でしか運動しない
という、そんなお前の「相対論」が間違ってるのはよくわかった。

346 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/26(木) 23:51:21 ID:???
> つまり高卒程度の>>342は電子の速度と平均速度の区別がついていない訳か。
折れは342では無いが、そもそもフェルミ速度をローレンツ力で持ち出す方がおかしいと思うが。

347 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/28(土) 15:26:53 ID:???
ちなみに導体を流れる電流の電子の平均移動速度は 500m/s どころか mm/s のオーダーだ。

348 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/28(土) 20:35:38 ID:???
アボガドロ数ってすごく大きな数なんだぞ

349 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/28(土) 20:40:25 ID:???
うんうん。だから mm/s のオーダーでも相対論的効果は無視できないということ。

350 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/31(火) 20:11:42 ID:Fs1zl09E
相正信者の典型、公式当てはめだけ

>電荷qに働くローレンツ力 F は F = qv×B
>電流と同じ方向に速度 v で運動する座標系 S' を考える。要するに電荷 q が静止している座標系である。

どの方向に電荷は進んでいるのだ?

あとこれはどうやって計算して出したんで?
>自由電子の密度  ρ・γ(1-uv/c^2)
>正イオンの密度   - ρ・γ

351 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/31(火) 20:23:43 ID:???
>>350
速度も磁束密度も力もベクトル量。向きまで込めた関係式だ。
中学辺りで習わなかったか?

352 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/31(火) 20:34:43 ID:Fs1zl09E
>>351
右手の法則とか左手の法則とか習わなかったか?
力がかかると加速度あるとか方向が変わるとか 中学辺りで習わなかったか?


353 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/31(火) 21:24:27 ID:???
>>352
加速度などその時点の速度には影響しないし、
左手の法則は外積として取り込まれている。
履修逃れで物理を習わなかった人?

354 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 02:20:15 ID:???
>>350
> 相正信者の典型、公式当てはめだけ

どうしようもなく脳が腐っているな。ごく初歩的な既知の事柄を説明しているだけな
のだから、公式そのままになるのは当たり前ではないか。

> どの方向に電荷は進んでいるのだ?

>>334 > となる。この導線から距離 r だけ離れた位置を、電荷 q が電流と同じ向きに速
>>334 > 度 v で動いているとする (下図)

と書いてあるのが読めなかったようだ。信じがたい池沼ぶりだな。

355 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 02:25:29 ID:???
> あとこれはどうやって計算して出したんで?

この式がどこから来たのかわからないのに、なんで

   「公式に当てはめているだけ」

だなんて言えるのかな? 実に不思議だ。

ローレンツ収縮 (の一般化) だよ。

系 S で長さ L の物体が速度 u で進んでいるとする。この物体の S' での長さ L' は

   L' = L / γ(1 - uv/c^2)

ローレンツ収縮がローレンツ変換からどのように導かれるのか理解しているなら、この式を
導出するのは容易い。

電荷は座標系によって変化したりしないから、S、S' における電荷の線密度をρ、ρ'
とすれば、

   ρL = ρ'L'
   ∴ ρ' = ρ・L/L' = ρ・γ(1 - uv/c^2)

正イオンの密度の場合は、u = 0 の場合に相当するから、S' での正イオンの電荷密度は

   - ρ・γ・(1 - 0・v/c^2) = -ρ・γ

になる。

356 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 02:42:30 ID:???
>>352
> 右手の法則とか左手の法則とか習わなかったか?

 ローレンツ力 F は F = qv×B

と書いてあるだろう。

             q ○ → v
               |
               | r
               |
-----------------------------------------------
             電流→I
-----------------------------------------------

この図で、電流の向きから、q の位置での B の向きは図の向こう側から手前へ
の向きとなる。当然

  v×B

は導線へと向かう向きとなる。したがって、q が正なら F は導線の方向を向くし、
q が負なら逆になる。

まさか

   「×」 の 意 味 が わ か ら な い

なんて、そ ん な わ け な い よ な ぁ ?

357 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 03:01:54 ID:???
> 力がかかると加速度あるとか方向が変わるとか 中学辺りで習わなかったか?

それがどうかしたのか?

荷電粒子の速度はもちろん変化するが、ある時点においてその速度が (電流の方向と同じ)
v になるなら、その時点において>>334-336 で説明したことは全て成り立つぞ。

もちろん、その時点以外ではもっと一般的な説明をしなければならないが、そんな説明をする
必要などない。

 >>327 の「電流を担う電子の実際の速度は遅すぎて相対論の効果なんてでるわけない」

という主張に対して、電子の運動が遅くても相対論の効果が出ることを、簡単な例で示している
だけなのだからな (最初にそう述べている)。

358 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 19:28:59 ID:t6IliSKJ
>>354
>相正信者の典型、公式当てはめだけ
これはちがった 。本当はこうだ →  相正信者の典型、とにかくこじつけ

どうすれば、qが電流と平行な速度になるかの一例

銅線方向へ加速                       飛んでいく
○                              ○ 

   ○                     ○

         ○         ○       
             q ○ → v
               |
               | r
               |
-----------------------------------------------
             電流→I
-----------------------------------------------

>電子の運動が遅くても相対論の効果が出ることを、簡単な例で示している
出るわけない。まずこれが成り立つかどうかI = ρu

>電流 I が作る磁界が B = μ0・H = μ0・I/(2πr)
>この磁界が電荷 q に働くローレンツ力 F は F = qv×B = q・μ0・vI/(2πr)

>電荷密度ρ' の非常に長い導線が q に及ぼす力 F' (導線に向かう方向を正とする) は、
    
電流 I と電荷密度ρ' の非常に長い導線は同じだろ、それで力はちがうのか?


359 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 21:52:06 ID:???
>とにかくこじつけ
相間の自己紹介、乙
相間って、こんな狸論が通ると思ってるんだな
ある意味で感心した
ニュートン力学からして、全く駄目じゃん

それ以前に、相正ってのも見たこと無いけどw

360 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/01(水) 23:16:00 ID:???
>>358
とりあえず、一言だけ言っておく。

その図は


  導線と 反 対 方 向 に 加速している



361 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/02(木) 01:52:12 ID:???
> 出るわけない。まずこれが成り立つかどうかI = ρu

まさか、成り立たないとでも?

まず、導線中の自由電子の電荷の線密度がρ、ということは、
長さあたりの自由電子の数をN が、

  N = {ρL/(-e)} / L = ρ/(-e)     (-e:電子の電荷)

ということだ。

自由電子の移動速度 U の分布を f(U) とすると、U と U + dU の間の速度
で移動している自由電子の長さあたりの個数は

  N・f(U)・du

ということになる。したがって、導線上のある一点をこのような自由電子が通過する
頻度 (単位時間当たりに通過する個数) は、

  U・N・f(U)・du   (通る方向により符号が変わる)

したがって、この点を単位時間当たりに通過する電荷、すなわち電流 I は


  I = -e・N・∫U・f(U)dU = ρ∫U・f(U)dU

  (積分区間は -∞〜+∞、「~」は平均の意とする)

∫U・f(U)dU は U の平均 u に他ならないから、

  I = ρ∫U・f(U)dU = ρu

362 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/02(木) 01:59:11 ID:???
> >電荷密度ρ' の非常に長い導線が q に及ぼす力 F' (導線に向かう方向を正とする) は、
>
> 電流 I と電荷密度ρ' の非常に長い導線は同じだろ、

  S における

    電流 I が流れていて電荷密度が 0 の 導線

  は、S' における、

    電流 I' が流れていて電荷密度が ρ' の 導線

  である (S' での電流 I' については不要なので触れていないが)

というだけのことだが。

> それで力はちがうのか?

  S における
    
    速度 v で運動する電荷 q に働く力 F
  
   は、S' における

    静止した電荷 q に働く力 F'

  である、というだけのことだな。

363 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/02(木) 21:05:05 ID:EPmZSOQe
>S における電流 I が流れていて電荷密度が 0 の 導線

>電流の担い手となる自由電子の電荷密度 (線密度) ρ、自由電子の平均移動速度 u と、電流 I の間には
>    I = ρu
>という関係がある。導線全体の電荷密度は 0 であるから、導線から自由電子を除いた残りの陽イオンの電荷密度 (線密度) は -ρとなる。

なので I = 0 


○                              ○ 

   ○                     ○

         ○         ○       
             q ○ ←この一瞬だけしか意味がないすごいモデル
               |
               | r
               |
-----------------------------------------------
             電流→I
-----------------------------------------------



364 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/02(木) 23:34:45 ID:ZOXx34fO
相間君、無駄な抵抗はやめろw
叩けば叩くほどボロがでるぞw

365 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/03(金) 01:34:20 ID:???
> なので I = 0 

そうか… 導線の中を電子がどんなに動いても電流は 0 なのか…

> この一瞬だけしか意味がないすごいモデル

高校程度の知識でも理解できるように一番簡単なモデルを選んだからな。すごいのはそれすら理解
できないで物理について語ろうとする君の頭だと思うぞ。

366 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/03(金) 20:47:49 ID:vdEutbMe
傍観者だが
ずいぶん相正の池沼ぶりが
露呈したようだな!
こんなもんだ相正の丸暗記、公式当てはめはww

367 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/03(金) 20:57:54 ID:???
> 傍観者だが
プゲラwww おーいタミがきたぞwww 

おまい、相変わらずサルだなwww

368 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/03(金) 21:43:29 ID:vdEutbMe
↑論破された相正
晒し上げ

369 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/03(金) 22:21:38 ID:???
相対論以前に電流の存在そのものを否定してしまって、それで論破か。おめでたいな

370 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/04(土) 01:18:34 ID:???
>>368
論破ってのは、「論理的に追いつめる事」を指すんだよ。
「晒し上げ」って、オマイ、第三者がオマイの書いたのを見て、
「論破された」ように見えるとでも思うのか?
もし、そう思うのなら、オマイみたいな頭の悪いアフォは他に存在しないわw

普通の人間は、「また馬鹿タミが、悔しくて眠れないから書いたんだな」
ぐらいしか思わないぞ? オマイがもの凄い馬鹿なのは分かるけど、
せめて、多少は第三者がどう思うのか、考えて書いたらどうだ?

371 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/05(日) 14:42:29 ID:iKsNgFYl
まとめ
            S               S'
電荷密度       0            ρ ' = -γIv/c^2

qの速度        v               0 

平均移動速度    u             u'=u-v/(1-uv/c^2)

電流         I = ρu            I '= ρ'u'
          
電場          0             E ' = -ρ'/(2πε0・r)

磁場        B = μ0・I/(2πr)        0
 
ローレンツ力   F = q・μ0・vI/(2πr)     F' = γF

不思議な疑問
Sから見てρ=0なのに、電流はI = ρu≠0 になっていること
S'から見て自由電子は速度u'で動いているので、電流が作る磁場があるはずなのに0になっている
電場と磁場のローレンツ対称性の破れが起きている
>> この一瞬だけしか意味がないすごいモデル
>高校程度の知識でも理解できるように一番簡単なモデルを選んだからな。
といっているがこれ以外の場合でvとIが同じ方向になることはない、つまり一般性はまったくない
高校生がこれを信じてしまったら可哀想

372 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/05(日) 15:38:59 ID:???
>335の
>導線全体の電荷密度は 0 である

これを自由電子の電荷密度ρと勘違いしてるだけ

373 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/05(日) 16:36:19 ID:???
なぜSでは自由電子の電荷密度ρでS' では導線全体の電荷密度 ρ' ?


374 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/05(日) 21:18:43 ID:???
> 電流         I = ρu            I '= ρ'u'

間違い。

  I' = (電子の運動による電流) + (正イオンの動きによる電流)
   = u'・ρ・γ(1-uv/c^2) + (- ρ・γ)・(-v)
   = (u-v)/(1-uv/c^2)・ρ・γ(1-uv/c^2) + (- ρ・γ)・(-v)
   = (u - v)・ρ・γ+ v・ρ・γ
   = γuρ = γI

> 磁場        B = μ0・I/(2πr)        0

間違い。電流が I' = γI だから

  B' = μ0・I'/(2πr) = γB

375 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/05(日) 22:16:47 ID:???
> Sから見てρ=0なのに、電流はI = ρu≠0 になっていること

ρ=0 ではないのだから、当然だ。

> S'から見て自由電子は速度u'で動いているので、電流が作る磁場が
> あるはずなのに0になっている

お前が勝手に 0 だと決め付けているだけで、俺は S' での磁場については
(>>374 より前には) 何も述べていない。

> といっているがこれ以外の場合でvとIが同じ方向になることはない、

荷電粒子が受ける力が導線からの電磁力だけである場合はな。それ以外の拘束力を受
けている場合とかには思い至らなかったか?

例えば、荷電粒子のかわりに、もう一本、平行に走る導線 (元の導線を導線1、新たに加えた
導線を導線2としよう) を考えて、v は導線 2 の自由電子の平均移動速度とする。

すると、S' での導線2の自由電子の平均移動速度は 0 となる。すると、個々の電子の速度
v'_n は 0 ではないが、v'_n の平均は 0 なので、個々の電子が磁場から受けるローレンツ力


   (v_n'×B')~ = (v_n'~×B) = (0×B) = 0     (「~」 は平均を取るの意)

と、平均すれば 0 になる。つまり、電場によるローレンツ力だけを考えればよいことになり、
>>334-336 の考え方はそのまま通用することになる。

376 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/06(月) 21:22:57 ID:???
>例えば、荷電粒子のかわりに、もう一本、平行に走る導線 (元の導線を導線1、新たに加えた
>導線を導線2としよう) を考えて、v は導線 2 の自由電子の平均移動速度とする。

はじまったな議論のすり替え
キワモノのたとえ>>334を作り出すだけでも物理センスぜろ




377 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/06(月) 22:18:18 ID:KX5UGy8m
まとめ(修正)
                S               S'
電荷密度  正イオン  -ρ          -ρ・γ
        自由電子  ρ         ρ・γ(1-uv/c^2)
        全体     0          ρ ' = -γIv/c^2

正イオンの速度      0             
qの速度           v             0 
平均移動速度       u           u'=u-v/(1-uv/c^2)

電流            I = ρu          I'=γI
電場             0            E ' = -ρ'/(2πε0・r)
磁場           B = μ0・I/(2πr)     B' = γB
 
ローレンツ力      F = q・μ0・vI/(2πr)   F' = γF 

> B' = μ0・I'/(2πr) = γB
F' = γF= γqv×B =  qv×γB =  qv× B'
ここでS’ではv=0なので代入するとF'=0だよ、オイ


378 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/06(月) 22:35:25 ID:???
>>364
ボロがでまくりなのはおまえ


379 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/06(月) 23:10:15 ID:???
> ここでS’ではv=0なので代入するとF'=0だよ、オイ

素晴らしいな。相間の面目躍如と言えよう w

S (x, t) で

  x = 0 という運動をしている (要は、静止している) 物体 A
  x = vt という運動をしている (速度 v で運動している) 物体 B

がある。これを、B を基準とする系 S' (x', t') でみると、

  Aの運動 : x' = -vt'
  Bの運動 : x' = 0

となる。だがお前によると S' では v は 0 なのでw、

  Aの運動 : x' = -vt' = 0

つまり、A は S' でも静止していることになる。これは相対論ではなく、ニュートン力学 (ガリレイ変換) でも
成り立つことだな。

相間力学では、

  ある慣性系で静止している物体は、全ての慣性系で静止している

と言うことになるらしい。

380 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/07(火) 20:34:30 ID:5EBvtEwT
相正のボロがだはじめたぞ!
まー一般人の思考はそんなもんだろ
根本を追求した形跡が見受けられない。

381 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/07(火) 20:38:05 ID:???
>相正のボロがだはじめたぞ!
詭弁の特徴5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる

>根本を追求した形跡が見受けられない
                 _,,,.. --- ..,,,__
              ,, r''"        `ヽ、
            /     , .∧     `'、
            //  , i  / ,/ 'i i,  ,   'i
           ',i' ,  /フ'メi_/   '、i_i,_L,, i  ',
       _,,_   ,/ ,,i / ,,r==、,,''  _,,,ニ,,i 'i,i i i,
      ./  'i ./ i. レ'i             `' i/レ'! ',    自己紹介乙!
      |.  i i  '、 i    r─---┐    i  i ',
     _,,L,,_ i, i   `'i,.   i      i   ,' /  ',
   ,r''"    `'i'、!    /ヽ,   '、    ノ  ./''"    i
 / -─'''''''‐く ト-、,/   フ-、`ー‐ '",,_-''" ',      i
 i   _,,,,,__ノ ,i.i.  `'ヽー" 'ヽ,  ̄ ̄''ー0'i   ヽ    i
 'i        )i i     `ヽ  `ヽ,,`>、,,,,,,L_  \,,,j
  '、   ─--r' i i          i       ヽ,
   \,,__,,ノ-,i,i           i   0 i ',
    i,    //      ,, -'   i 0    ', i
     \,__//   _,, -ァ'''"       i   0 ', i
        ゙゙゙̄ ̄  i           i 0     ', ',

382 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/07(火) 21:23:11 ID:???
>詭弁の特徴5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
資料を示してやるよ

>がある。これを、B を基準とする系 S' (x', t') でみると、
>  Aの運動 : x' = -vt'
>  Bの運動 : x' = 0

このときにuはどうなっているのでしょう?

それから相正信者はおそらく最初の設定はこうしたんだろう
             S            S'
正イオンの速度      0            -v
qの速度           v             0 
平均移動速度       u             u'

しかし頭の中ではuとvの区別がついていないから、計算しているうちに

正イオンの速度      0            脳細胞から消滅
qの速度           v             -v 
平均移動速度       u             -v

になってしまった

ローレンツ力がF' = qv’× B' で、どこから見てqがv'で動いているんだ?)
>>335
>S に対して、電流と同じ方向に速度 v で運動する座標系 S' を考える。要するに電荷 q が静止している座標系である。

としているはずだったが、・・・ここで気づいた
電流と同じ方向に速度 v で運動する座標系 S' と電荷 q が静止している座標系はまったくちがうものだ
信者の頭の中でこれが同じものになっている。だから、uとvの区別がつかない。
こいつら物理現象を考えずただ式いじくりましているだけだから

383 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 00:04:43 ID:???
なんかもう、滅茶苦茶だなwww 相間信者の主張が、相対論の主張にすり替えてるしw
「相正信者」なんて存在を見たことが無いから、知らないけどw

S' で v = 0 だと主張してるのは相間信者じゃねーかwww
脳内から消滅してるのも、相間の377じゃんwww

つーか、誰から見た話か明確にしないと、何を言いたいのかも解らないなwww
観測者はどっちの系で、どちらの話を書いてるの?www

384 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 00:06:14 ID:???
> このときにuはどうなっているのでしょう?

この話に u なんて出てこないが。お前が

  S' では v = 0 だ

と狂ったことを言うから、それによってどれほど狂った結果が得られるかを
例を挙げて説明しただけだ。

> 正イオンの速度      0            脳細胞から消滅
> qの速度           v             -v 
> 平均移動速度       u             -v
>
> になってしまった

それはお前が勝手に妄想しているだけだなw。もちろん、

> 正イオンの速度      0             -v
> qの速度           v            v' = 0
> 平均移動速度       u            u' = (u - v)/(1 - uv/c^2)

で何の問題もない。

> ローレンツ力がF' = qv’× B' で、どこから見てqがv'で動いているんだ?)

S' から見て、q は v' = 0 で運動している (= 止まっている) ぞw。したがって、ローレンツ力 F' は

   F' = q(E' + v’× B')
     = qE'
     = -qρ'/(2πε0・r) = γI vμ0 q/(2πr)
     = γF

385 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 00:15:12 ID:???
> 電流と同じ方向に速度 v で運動する座標系 S' と電荷 q が静止している座標系は
> まったくちがうものだ

  ・電荷 q は S において電流と同じ方向に速度 v で運動している。
  ・ S' は S に対して電流と同じ方向に速度 v で運動する座標系である。

なのに、相間力学では

  ・S' は q が静止している座標系ではない

のか。

> 信者の頭の中でこれが同じものになっている。だから、uとvの区別がつかない。

>>338 (=>>382) 自己紹介乙
338> 移動速度 u
338> 速度 v で運動する座標系 S'
338>
338> この速度の違いは?相対論的には
338>
338> 移動速度 u で運動する座標系 S'
338>
338> として計算するのじゃないのか?

386 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 00:16:03 ID:???
ちなみに、

ローレンツ力
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%84%E5%8A%9B

387 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 00:58:23 ID:LsTfFnQ9
光速不変というのがそもそも間違い
動いてる慣性系から光は30000km/sで移動してるように
見えるかもしれないがそれは錯覚
光に依存しない絶対的な時計で計れば光速は一定でないはず
とうちのじいちゃんが言ってた

388 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 01:42:00 ID:???
> 動いてる慣性系から光は30000km/sで移動してるように
> 見えるかもしれないがそれは錯覚

確かにそれは錯覚だな。

> 光に依存しない絶対的な時計で計れば光速は一定でないはず
> とうちのじいちゃんが言ってた

つまり電磁場を全く使わない時計か。そんな架空の時計ではなく、現実の物理現象を
扱うのが物理学。


389 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 21:06:39 ID:???
こいつら頭の中が知りたい

>>384
>S' から見て、q は v' = 0 で運動している (= 止まっている) ぞw。したがって、ローレンツ力 F' は

   F' = q(E' + v’× B')
     = qE'
     = -qρ'/(2πε0・r) = γI vμ0 q/(2πr)
     = γF

この力はどこにかかってるんだぁぁ???
この力が働いているのにqとIが平行に動くはずがない


>>385
>  ・電荷 q は S において電流と同じ方向に速度 v で運動している。

動くわけない
>>358のようになる、螺旋運動をする、などだ





390 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/08(水) 23:40:49 ID:???
また>>387みたいなサルが「私はサルです」って書いてるなwww

391 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/09(木) 06:53:37 ID:U2Z08PfY
理解力に欠ける=相正

第三者より

392 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/09(木) 06:59:21 ID:jHOg5Zfo
こんなかんがえわーーーヤフー検索:c点による時空論ーー
参考まで

393 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/09(木) 08:01:07 ID:???
> 第三者より
でた、理解力のかけらもないタミの自演www

おまいさ、どうしてこんなのがばれないと思えるの?www
あ、凄い馬鹿だからでしたねwww

394 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/09(木) 08:57:03 ID:???
理解力に欠けるというのは

>>374
374> I' = (電子の運動による電流) + (正イオンの動きによる電流)
374>    = u'・ρ・γ(1-uv/c^2) + (- ρ・γ)・(-v)
374>    = (u-v)/(1-uv/c^2)・ρ・γ(1-uv/c^2) + (- ρ・γ)・(-v)

と、S'系での

  電子の平均移動速度 u' = (u-v)/(1-uv/c^2)
  正イオンの移動速度 -v

が明示されているにもかかわらず、
  
> 正イオンの速度      0            脳細胞から消滅
> qの速度           v             -v 
> 平均移動速度       u             -v

などと書いてしまう >>382=391 のような奴のことを言う


395 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 18:52:52 ID:bmrHBk2v
間違ってるという反証を示せ

396 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 22:24:57 ID:2pRp1jhc
ニュートリノ、ミュー粒子、円型加速器実験、数多くある人工衛星では出てこなくて
GPS人工衛星だけ、なぜか一般相対論効果と特殊相対論効果という用語が出てくる。

アインシュタイの論文ではドップラー効果や光行差は近似式と書いてあるのに
相正たちは厳密な式とうそをいっている。

この光行差の式からE=mc^2をアインシュタインは出している
つまり、この式は近似式ということだ。
近似式から原爆や原発は成り立っているということ。
だから、原発で長年発電していると誤差が出てきて
設計どおりの耐用年数は持たないから必ず故障してくる。

光速近くで相対運動している実験を一回もしたことがない。
すべて計算上の話。

光の速さが不変のはずないだろ、ばか!

397 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 22:44:59 ID:???
またお猿さんの独り言かよwww

GPSで一般相対論の効果を問題にするのは、GPSだからでは無く、移動衛星で
かつ(複数の)衛星と地上との時計の相互補正を必要とするからに過ぎない。

アインシュタイなんて人間は知らないがw、アインシュタイさんはどんな論文
を書いてるのかね? ついでに示してみてはくれないかね?www

E=Mc^2の導出なんて光行差なんか無関係に導出できる。
ドップラー効果にしても然り。実際に近似無しで解けるのは、工業高校中退の
おまい以外の人間には明らかだよ、教科書に書いてある通りで。
せめて教科書ぐらい読め・・・あ、馬鹿だから無理か?www

さて、以下の何処に近似があるのか、式の番号で示してみてはくれないかね?w
ttp://pubweb.cc.u-tokai.ac.jp/mhayashi/latexsprelver3.pdf
勿論、証明は付けろよ。オマイの得意の妄想は駄目だぜw

> 光の速さが不変のはずないだろ、ばか!
こういう、証明無しの思いこみを、人は妄想と呼ぶってのも知らないかな?www

398 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 22:47:24 ID:???
>>396
工学的に使われてる中では、一般相対論の効果が
無視できないほど出てくるのはGPSくらいなもの。それがどうかしたのか?

物理では観測値はすべて近似値。
計算誤差が観測誤差より小さくなる限り、
近似しても問題ないと以前にも指摘したが反論は無かったな。

特殊相対論がどんな仮定から導かれたのか知らないのか?
光行差はどんな仮定をすればいいかを決めるためのヒントになっただけ。

399 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 23:13:27 ID:???
> アインシュタイの論文ではドップラー効果や光行差は近似式と書いてあるのに
> 相正たちは厳密な式とうそをいっている。

具体的に例を示せ。できるのならw

> この光行差の式からE=mc^2をアインシュタインは出している

それはずっと後の「初等的証明」の話で、それだけが E=mc^2 の導出ではない。
さらに言えば「初等的証明」は近似ではない。


400 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 18:46:15 ID:???
教祖アインシュタイン選集1より

ドップラーの原理と光行差の理論から
“それは座標の原点を含む空間の部分では、十分な度合いの近似で次のような方程式で表わされるとしてよい。”(近似1回め)

“もし観測者が、振動数νの無限に遠い光源に相対速度vで、”(無限に遠い光源???近似2回め)

V=−Cのとき、V’=∞であることがわかる。(V’=∞ ???)

初等的証明から
光行差の法則によれば第1近似でα=v/cである。(近似3回め)

“古典力学のよれば”(相対論の近似が古典論なので近似4回め)

2次の微小量を無視すれば同一である。(近似5回め)



401 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 18:54:59 ID:???
相対性理論が嘘か本当かなんて意味がない。
科学はあくまで第一原理の仮説を立てて実際の現象が説明できるか
どうかでその正当性が立証されるだけで、嘘とか本当とかいうものではない。

402 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 19:01:51 ID:???
>>400
物理の前に国語と数学から勉強しような

403 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 20:25:08 ID:???
ドップラー効果・光行差については、平面波を前提としているというだけのこと。
非相対論的なドップラー効果や光行差でも同じだから、別に改めて言うほどのことでもない。

平面波を前提としない厳密な計算がしたいなら、相対論はそちらも用意している (電磁場の
変換公式) から、それを使えばいい。

「初等的証明」については v はいくら小さくてもかまわないのだから、二次以降の項を無視するのは
「近似」ではない。

はい、おしまい。

404 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 21:45:44 ID:???
>>403
よく>>400の文章から、何が言いたいのか分かったな。エロイ。

ただどっちにしろ、別に光行差なんか使わなくて証明可能なんだから、
最初から論点ずれてるのは、相間のいつものパターンだがw

405 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 21:46:43 ID:???
論点ずれない奴は相対論が間違ってるなんて言い出さないからなw

406 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 19:18:27 ID:KJdNAqu4
原点にコイルをおいて電流を流すと磁場ができる
30万キロメートル離れたコイルにこの磁場によって発生する誘導起電力はV=Φ/t

これを動いている信者が見ると磁束線の数は変わらないからΦ’=Φ
時間がt’=γ(t-v/c^2x)と変わるから誘導起電力はV’=Φ/t’
また、磁場のローレンツ変換はB’=γ(B-vE)となり、コイルの位置での磁束は
Φ’=B’Sとなるので誘導起電力はV’’=Φ’/t’
V’ ≠V’’だからこの現象を相対論では説明できない、よって相対論はマチガイ



407 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 19:42:51 ID:???
>>406
>30万キロメートル離れたコイル
わざわざそんなに離す意味がわからない

>動いている信者が見ると磁束線の数は変わらない
>...
>磁場のローレンツ変換はB’=γ(B-vE)
矛盾したこと書いてるのわかってる?


408 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 19:46:02 ID:KJdNAqu4
アハラノフボーム効果は物質波の位相差がπのときに干渉パターンが観測される
Δθ=(e/h)∫Ads=(e/h)・Φ=π

一方これを動いている信者が見るとベクトルポテンシャルがA’=γ(A-v/c^2φ)で
位相差は Δθ’=(e/h)∫A’ds’=(e/h)∫γ(A-v/c^2φ)ds’ ≠πとなって、
干渉パターンができない
2つの系で同じ現象が起こらないから相対性原理が成り立たないので相対論はウソ

電磁波のローレンツ変換はあっても物質波のローレンツ変換はないので
AB効果を特殊相対論から説明できない、よって特殊相対論は大嘘

409 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 20:01:16 ID:???
>電磁波のローレンツ変換はあっても物質波のローレンツ変換はないので

もはや日本語になっていない。

410 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 20:12:03 ID:???
>>406>>408
それは、相対性理論の問題ではなくて、マクスウェル電磁気学の問題だな。
マクスウェル電磁気学が完成した頃から指摘されている古い矛盾だ。

実は元々のマクスウェル方程式は厳密にはローレンツ共変ではなかった。
相対性理論を適用してマクスウェル方程式を修正し、厳密にローレンツ共変と
なるようにした「相対論的電磁気学」の成立により、この矛盾は解消された。

詳しいことは「相対論的電磁気学」でググるといいだろう。

411 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 21:04:25 ID:???
無駄だよ。
相対論が間違いなんだという信仰を持った相間に何を言っても、相対論が
間違いだという自分の信仰に合うようにしか見えないだろうよw

学問体系としての電磁気学の未解決問題も確かにある。例えば、点電荷に
Maxwellの理論を適用すると、自分自身の電磁界で独りでに暴走するという
解が得られる。だからといって、電磁気学が大嘘と言い出すバカはいない。
・・・相間以外にはw

412 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 22:48:39 ID:KJdNAqu4
>矛盾したこと書いてるのわかってる?
矛盾しているからいってるんだ

>もはや日本語になっていない。
物質波は相対運動でどうなるんだ?

>電磁気学が大嘘と言い出すバカはいない。
【アンタ】【バカぁ?】
相対論は相対性原理や光速不変の原理からできているから
その原理に反することがあれば間違っているといっていいんだよ
それに対してMaxwellの理論は現象を説明するための式だから
Maxwellの理論に反することがあってもいいんだよ




413 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:25:24 ID:???
>>412
結果の方に矛盾が出てくる、という話ならともかく、
前提の方に矛盾を入れてるのが問題。
一方で「磁束線の数は変わらない」と言いつつ
一方で「磁場のローレンツ変換はB’=γ(B-vE)となり」としてる。

414 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:26:14 ID:???
ここの人たちに物理を位置から教えて欲しい。
いつもどのスレにいるんですか?

415 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:34:45 ID:???
>>410
>実は元々のマクスウェル方程式は厳密にはローレンツ共変ではなかった。
え? 単に共変形で書かれていなかったと言いたいだけならわかるけど...
相対論を適用するときMaxwell方程式は全く修正していないよ


416 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:39:55 ID:???
>>415
元のにはローレンツ因子が入ってなかった。
項が新たに出てきたわけじゃないから修正は小さいけど。

417 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:58:35 ID:???
>>408
>アハラノフボーム効果は物質波の位相差がπのときに干渉パターンが観測される
何で位相差がπ限定なんだよ。位相差がいくつだろうが干渉パターンは出る。
磁場を変化させたとき位相差が変化して干渉パターンが動く。これがAB効果。



418 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 00:05:34 ID:???
>>416
ローレンツ因子って?
普通はγ=1/√(1-(v/c)^2)をさすけど、ここでは関係ないし


419 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 01:27:47 ID:???
>>418
ん?座標変換に対する変換性は理論には含めない立場?

電荷密度と電流密度がガリレイ変換に従って変換されると考えて
マクスウェル方程式の変換性を導くと、
ローレンツ変換から>>418のγを省いた式が出てくるはず。

420 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 01:59:18 ID:???
>>412
>物質波は相対運動でどうなるんだ?
前期量子力学は非相対論的だから、相対論とは齟齬を生じる。
ディラックの相対論的量子力学で解決する。

>相対論は相対性原理や光速不変の原理からできているから
>その原理に反することがあれば間違っているといっていいんだよ
>それに対してMaxwellの理論は現象を説明するための式だから
>Maxwellの理論に反することがあってもいいんだよ
まあ、概ねその通りだな。
で、結局、光速不変の原理に反することは存在せず、
Maxwell方程式に僅かな修正を行うことによって、
問題は解決したわけだが、何か?
まさか、「反することがあってもいい」筈のMaxwell方程式を
絶対視して、光速不変の原理を否定しようなんていう間抜けな
ことを言い出すんじゃなかろうね?

421 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 03:02:08 ID:???
>>419
あのーたとえばディラック方程式のどこにローレンツ因子が?

422 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 03:04:49 ID:???
ああっ、ごめん
421は取り消す

423 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 06:28:13 ID:???
>>419
>電荷密度と電流密度がガリレイ変換に従って変換されると考えて
>マクスウェル方程式の変換性を導くと、
>ローレンツ変換から>>418のγを省いた式が出てくるはず。
それは単にMaxwell方程式はガリレイ共変ではない、と表現するのでは?
>>410のように「ローレンツ共変ではない」と表現しちゃ変だよ


424 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 06:30:22 ID:???
>>420
>Maxwell方程式に僅かな修正を行うことによって
だからMaxwell方程式はミジンコも修正してないってば

425 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 12:15:35 ID:???
>>424
Maxwell方程式の相対論的書き換えのことを言ってるんジャマイカ?

 E’=γE+(1−γ)v(v・E)/|v|^2+γ(v×B)
 B’=γB+(1−γ)v(v・B)/|v|^2−γ(v×E)/c^2

426 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 12:33:18 ID:???
>>425
それは書き換えじゃないってこと

427 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 13:17:36 ID:???
>【アンタ】【バカぁ?】
人の話の前提を勝手に書き換えて、自分の都合の良いように変えてしまう
のが相間クオリティって事でFA

428 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 13:27:03 ID:???
静磁場のベクトルポテンシャルは
Q(t)を演算子としてA(x,t)=Q(t)・e^-ikx
この式に座標変換の式を代入すると
A(x,t)=Q(γ(t'-v/c・x')・e^-ikγ(x'-ct')
Q(t)は演算子だから この式が
A(x',t')=Q'(t')・e^-ik'x'の形になるとは限らない
よって2つの系で同じ形式にあらわせないので
相対性原理は成り立っていない



429 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 13:46:33 ID:???
>>420
>ディラックの相対論的量子力学で解決する。

ディラック方程式の最も簡単な解を平面波として
ψ(x,t)=e^-i(kx-ωt)
この式に座標変換すると
ψ(x',t')=e^-i(k'x'-ω't')
この時のスピンは変換前とは同じように説明できない

エネルギーはE^2=(cp)^2+m^2c^4
どちらかの座標系は静止系になるからエネルギーはE^2=m^2c^4
この式からディラック方程式はできない

よって
ディラックの相対論的量子力学で解決しません。



430 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 15:32:34 ID:???
>>428 >>429
実に浅薄な間違いだ。

431 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 21:50:47 ID:???
>>425
>>426だな。>>425はMaxwell方程式でさえない。ただのE,Bの座標変換の式


432 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/11(月) 20:24:03 ID:???
>>430
と言いつつテキストに答えがのってないので間違いが指摘できない相正

433 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/11(月) 23:14:09 ID:???
>間違いが指摘できない
そりゃそうだ。間違い云々以前の問題だもんな
出発点から明後日の方向を向いていて訂正のしようがない


434 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/11(月) 23:34:18 ID:???
明後日の方向ならまだしも、池沼としか感じられないw
428-429はマジで書いてるの? 実は、相間の側に立ったかのように見せかけて、
相間をたぶらかす為に、洒落で書いたんじゃ無いかと思えてきたんだが。
・・・要するに、釣りでは?

435 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/12(火) 01:57:40 ID:???
>>431
だから、当初のMaxwell方程式では、E,Bについて>>425
ような座標変換をしてなかった、ということジャマイカ?
ほら、当初のMaxwell方程式では、観測者の速度によって
ローレンツ力が静電気力になったりなんてしなかった訳で。
で、長らくMaxwell電磁気学のパラドックスだったじゃん。
それを解決したのが特殊相対性理論でしょ。

436 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/12(火) 07:00:24 ID:???
>>435
だからそれはE,Bに対する座標変換の修正であって
Maxwell方程式の修正ではないってば



437 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/12(火) 07:19:23 ID:???
>>435
>ローレンツ力が静電気力になったりなんてしなかった訳で
ん? 当初の座標変換がどういう形で書かれてたか知らないけど、
少なくとも>>425の非相対論近似では磁場が電場に変わるよ?

それはともかく、
>Maxwell電磁気学のパラドックス
(Maxwell方程式)+(E,Bのガリレイ変換)=(Maxwell電磁気学)
とするなら、Maxwell電磁気学がパラドックスを抱えていたことは同意するし、
特殊相対論による修正で解決したという主張も正しい。

しかし特殊相対論による修正とはガリレイ変換をローレンツ変換に
置き換えることであってMaxwell方程式は何も修正していない。

しかし繰り返し、Maxwell方程式が修正された、だの、Maxwell方程式は
ローレンツ共変でなかった、だのと主張するので、それは違うだろ、と
言っている

438 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 19:43:47 ID:???
ベクトルポテンシャルをAx=sin(kx-ωt),Ay=0,Az=0
スカラーポテンシャルをφ=sin(kx-ωt)とおくと
電磁波はローレンツ共変形になるがこの波は横波とは違う.
横波でなくてもローレンツ共変になり、
時間の遅れも、長さの伸び縮みもドップラー効果も説明できる

だから光速不変の原理からなんて大嘘

439 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 20:26:07 ID:???
おまい何をトチ狂ってるんだw
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1166689959/l50
こっちで虐められたから、違うスレで同じ事やろうってのか?w

440 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 21:17:38 ID:???
どこで虐められたのだろう
反証なんていくらでもあるし
A、φをかってにつくれば横波でなくても
ローレンツ変換ができるから大嘘ってこと

>>437
>とするなら、Maxwell電磁気学がパラドックスを抱えていたことは同意するし、
>特殊相対論による修正で解決したという主張も正しい。

解決方法がローレンツ条件とゲージ変換で
これは好き変えられるから、ここを無視すればうそがばれる









441 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 23:14:28 ID:???
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1166689959/l50
においてなされた指摘を転載します。

233 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 15:34:08 ID:???
  >>203
  >今、話題にしてる知識で『相対論が間違いだ』と言ってる。
  おまいさんはある系で適当なゲージをとればその系でAが横波になる、
  としか言ってないと思うのだが、どのあたりが『相対論が間違いだ』と
  言ってるの?

253 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 20:56:01 ID:???
  >>252
  何をどうするために必要ないと言うんだ?
  省略しすぎで伝わってない。

254 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 21:00:10 ID:???
  >>252
  ある系だけでの話であれば、ローレンツ変換がいらないのはあたりまえ。
  ガリレイ変換もいらない。それが何か? それのどこが
  >今、話題にしてる知識で『相対論が間違いだ』と言ってる。
  ことになるわけ?

  ついでに言えば、ゲージをどうとろうが真空中の光は横波。
  ゲージ変換さえ不要。おまいが何を示したいのかさっぱりわからん。

442 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 23:15:02 ID:???
>>438
電磁波が横波かどうかはE,Bとkの垂直性で定義されるもので
Aが横波かどうかで判断されるものではないと
何度ループさせれば気が済むのか

443 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 23:16:03 ID:???
259 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 21:17:56 ID:???
  >>257
  ある系だけでの話であれば、と断ってるのに何で座標変換の話が出るのか
  さっぱりわからん。

  逆に、ある系から別の系に移ったらどうなるかを論じたいのであれば
  ローレンツ変換は必須であって、おまいの主張と整合しない。

  よーするにおまいが何を前提に何を主張したいのかさっぱりわからん、
  と言いたい。

  >オレが前に挙げた式が座標変換すると成立しないって言いたいのか?
  前に挙げた式がどれを指すのかよくわからんが、
  正しく座標変換してるなら成立するだろうな。

260 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 21:22:19 ID:???
  >>258
  >なんでガリレイ変換でダメと思ってる?
  >クーロンゲージの時の話に限定してだぞ?
  ゲージが自由に取れるからといって、ある系でゲージを固定してしまったら、
  別の系に移すときは(φ,A)も座標変換しないとダメだろ。で、そのとき
  ガリレイ変換してたら当然成り立つものも成り立たなくなる。

  別の系に移ってまたゲージを取り直すなどというトンチンカンなことをするなよ

444 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/06(土) 09:11:12 ID:8Jtk3tgy
研究してると、光は遅すぎる、いらいらしてくる。
待ち合わせに遅れてきて、私なりに急いだんだけどって言い訳する女のようだ。

445 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/10(水) 00:07:47 ID:???
科学は反証と再試で発展する

446 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/13(土) 21:29:47 ID:???
S系でA1=sin(kx-ωt), A2=sin(kx+ωt)の波の合成波はA=2sin(kx)cos(ωt)
S’系ではA1’=sin(k1’x’-ω1’t’), A2’=sin(k2’x’+ω2’t’)の波の合成波は
A’=2sin(k’x’)cos(ω’t’)=2 sin(γkx’)cos(γω’t’)

振幅ゼロで
sin(kx)=0   からkx=2nπ  ∴ x=nλ
sin(γkx’)=0 からγkx’=2nπ ∴ x=vt+nλ/γ^2

よって相対性原理というのは大嘘


447 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/13(土) 22:02:35 ID:???
S'系で光をx'方向に発してP '(x',y',z')=(cT',0,0)  |O'P'|=cT'
     z'方向に発してR '(x',y',z')=(0,0,cT')  |O'R'|=cT'

この光がS系ではP (x,y,z)=(cT,0,0)=(γ(c+v)T',0,0)  |OP|=cT=γ(c+v)T'
        R (x,y,z)=(vT,0,cT') =(γT',0,cT')  |OR|=cT=cγT'

S'ではvT'進む間に光の進む距離は|O'P'|=cT',|O'R'|=cT' なので |O'P'|=|O'R'|
Sでは vT進む間に光の進む距離は|OP|=cT,|OR|=cT    なのに |OP|>|OR|

よって相対性理論はインチキ大嘘























448 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/13(土) 22:08:57 ID:???
>>446
>2sin(k’x’)cos(ω’t’)=2 sin(γkx’)cos(γω’t’)
これは何を使った?

449 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/13(土) 22:20:25 ID:???
>>448
>>446にとって、結論を導くためには過程なんてどうでもいいんだろ。

450 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 12:46:19 ID:???
> S’系ではA1’=sin(k1’x’-ω1’t’), A2’=sin(k2’x’+ω2’t’)の波の合成波は
> A’=2sin(k’x’)cos(ω’t’)=2 sin(γkx’)cos(γω’t’)

この時点ですでに大間違い。馬鹿ですか? (愚問)

451 :450:2007/01/14(日) 12:59:16 ID:???
「この時点で既に間違い」とは、2行目の最初の式

  A’=2sin(k’x’)cos(ω’t’)

が既に間違ってるということ。k1' = k2'、ω1'=ω2' の時以外ではこのような形にはならない。

452 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 13:17:23 ID:???
> S'系で光をx'方向に発してP '(x',y',z')=(cT',0,0)  |O'P'|=cT'
>      z'方向に発してR '(x',y',z')=(0,0,cT')  |O'R'|=cT'

このときの

   |O'P'|=cT'  の T'   …(1)
   |O'R'|=cT'  の T'   …(2)

が同じなら

> この光がS系ではP (x,y,z)=(cT,0,0)=(γ(c+v)T',0,0)  |OP|=cT=γ(c+v)T'
>         R (x,y,z)=(vT,0,cT') =(γT',0,cT')  |OR|=cT=cγT'

このときの

   |OP|=cT=γ(c+v)T'  の T   …(3)
   |OR|=cT=cγT'     の T   …(4)

は同じではない。つまり S' での同時 ((1) の T' と (2) の T' が同じ) は S での
同時 ((3) の T と(4) の T が同じ) ではない。

ただそれだけのことが理解できない。馬鹿ですか? (愚問)



453 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/17(水) 01:05:24 ID:???
自分でそれと気付かないインチキ計算は、お杉の得意技だったなwww

454 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/17(水) 01:11:14 ID:???
お杉の「私の書棚」は笑えるぞ。

455 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 22:07:46 ID:???
>>450
どんな計算したか示してみろよ

456 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 23:41:28 ID:???
446> S系でA1=sin(kx-ωt), A2=sin(kx+ωt)の波の合成波はA=2sin(kx)cos(ωt)

これが言えるのは、三角関数の加法公式により

   sin(a - b) + sin(a + b) = 2sin(a)・cos(b)

なので、

   a - b = kx - ωt
   a + b = kx + ωt

と置けば

   a = kx、b = ωt

となるってことだ。だから、

446> S’系ではA1’=sin(k1’x’-ω1’t’), A2’=sin(k2’x’+ω2’t’)の波の合成波は
446> A’=2sin(k’x’)cos(ω’t’)

これが言える、と>>446が言い張るってことは

   a - b = k1' x' - ω1't'
   a + b = k2' x' + ω2't'

と置いたら

   a = k' x'
   b = ω' t'

が出てくる、と言い張ってるのと同じってことになるわけだ。そうなるのは k1' = k2'、ω1' = ω2' のときだけなのは明らかだ。


457 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 23:44:34 ID:???
実際には

   a - b = k1' x' - ω1't'
   a + b = k2' x' + ω2't'

と置けば

   a = {(k1' + k2') x' - (ω1' - ω2') t'} /2
   b = {(k1' - k2') x' - (ω1' + ω2') t'} /2

で、これに相対論でのドップラー効果の式

  k1' = √{ (1 - v/c) / (1 + v/c) }・k  ω1' = √{ (1 - v/c) / (1 + v/c) }・ω
  k2' = √{ (1 + v/c) / (1 - v/c) }・k  ω2' = √{ (1 + v/c) / (1 - v/c) }・ω

を適用すれば

   a = γ(k・x' +ω・t'・v/c)
   b = -γ(k・x'・v/c + ωt')

つまり、

   A' = sin{γ(k・x' +ω・t'・v/c)}・cos{γ(k・x'・v/c + ωt')}

になる。

458 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/18(木) 23:52:41 ID:???
A = 0 となるのは、

   kx = 2nπ       のとき   …(条件1)
   ωt = (2n + 1)π   のとき   …(条件2)

のいずれかが成り立つ場合だが、A' = 0 となるのは

   γ(k・x' +ω・t'・v/c) = 2nπ      のとき   …(条件1')

が成り立つ場合と、

   γ(k・x'・v/c + ωt') = (2n + 1)π   のとき   …(条件2')

が成り立つ場合のいずれかだ。そして、ω = ck より

    γ(k・x' +ω・t'・v/c) = γk(x' + vt')     = kx
    γ(k・x'・v/c + ωt' ) = γω(x'・v/c^2 + t') = ωx

つまり、

  (条件1') が成り立つ (x', t') : (条件1) が成り立つ (x, t) をローレンツ変換したもの
  (条件2') が成り立つ (x', t') : (条件2) が成り立つ (x, t) をローレンツ変換したもの

というわけだ。つまり、

    A' = 0 となる (x', t') は、A = 0 となる (x, t) をローレンツ変換したものに他ならない。

ということだな。当然なのだが。


459 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/22(月) 13:28:32 ID:Cg+UptDl
あげ。

460 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/22(月) 13:52:07 ID:r3OMTMl3
w(rt+tt)=kx

461 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/22(月) 19:06:20 ID:???
>>446は詰めが甘いな。
ω/k=u≠cとして

任意の時刻で振幅0となる位置は、
S系で、kx=2nπ
ところが
S'系では、kx'=2nπγ(1-v/u)
となり、波の速度uに依存するので間違い。

つまり、異なる媒質を用意して、同一波長の定在波の節の位置を観測するとき
S系では一致しているが、S'系では一致しないという矛盾が発生する。


462 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 02:32:22 ID:???
>>461
> >>446は詰めが甘いな。

全くだ。>>461くらい徹底して自分の馬鹿を晒すべきだったな。

  A1 = sin(kx - ωt)、 A2 = sin(kx + ωt)   ω/k = u

をローレンツ変換すれば

  A1' = sin(k1' x' - ω1' t')、  A2' = sin(k2' x' 2 ω2' t')

    ただし   k1' = γ(1 - vu/c^2)k   ω1' = γ(1 - v/u)ω
          k2' = γ(1 + vu/c^2)k   ω2' = γ(1 + v/u)ω

したがって、>>456-457 で示したように、

  A' = A1' + A2' = 2 sin(a)・cos(b)
    ただし、a = {(k1' + k2') x' - (ω1' - ω2') t'} /2
          b = {(k1' - k2') x' - (ω1' + ω2') t'} /2

   (k1' + k2') / 2 = γk        (ω1' - ω2')/2 = -v/u・γω
   (k1' - k2') / 2 = -vu/c^2・γk  (ω1' + ω2')/2 = γω
  
  ∴ a = γ(kx' + v/u・ω t') = γ(kx' + vk t') = kγ(x' + vt')
    b = γ(-vu/c^2・k x' - ωt') = -γ(ωt' + ωvx'/c^2) = -ωγ(t' + vx'/c^2)

つまり、

  A' = 2 sin(kγ(x' + vt') )・cos(ωγ(t' + vx'/c^2) )


463 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 02:44:06 ID:???
S系で、波長は同じだが速度の異なる (=振動数が異なる) 二種類の波動の定在波

  A = 2sin(kx)・cos(ω1 t)
  B = 2sin(kx)・cos(ω2 t)

A, B それぞれの振幅が 0 となるのは

  A : kx = 2nπ のとき      …(1A)
     ω1 t = (2n+1)πのとき   …(2A)
  B : kx = 2nπ のとき      …(1B)
     ω2 t = (2n+1)πのとき   …(2B)

振動数が異なることにより、2Aと2B は異なるが、1A と 1B は共通の条件になる。


464 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 02:52:43 ID:???
これを S' で見れば、>>462 で示したように、

  A' = 2 sin(kγ(x' + vt') )・cos(ω1 γ(t' + vx'/c^2) )
  B' = 2 sin(kγ(x' + vt') )・cos(ω2 γ(t' + vx'/c^2) )

A, B それぞれの振幅が 0 となるのは

  A' : k γ(x' + vt') = 2nπ のとき         …(1A')
     ω1 γ(t' + vx'/c^2) = (2n+1)πのとき   …(2A')
  B' : k γ(x' + vt') = 2nπ のとき         …(1B')
     ω2 γ(t' + vx'/c^2) = (2n+1)πのとき   …(2B')

当然のことながら、1A' と 1B' は同じになり、>>461

> S'系では、kx'=2nπγ(1-v/u)
> となり、波の速度uに依存するので間違い。

が大間違いであることがわかる。2A' と 2B' は異なるが、それは S でも 2A と 2B が
異なっていることに対応しているのだから当然であり、矛盾ではない。


465 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 02:55:12 ID:???
そもそも、>>446>>461 のような「矛盾」が生じることなどあり得ない。

S から S' への変換をローレンツ変換に限定せず、任意の全単射 F

   F:S→S' : (x, t) → (x', t') = L(x, t) = (x'(x, t), t'(x, t))

とし、その逆変換 G を

   G:S'→S : (x', t') → (x, t) = G(x', t') = (x(x', t'), t(x', t'))

とする。また A1, A2 を正弦波に限定せず、一般の関数

  A1(x, t)、A2(x, t)

とし、その和を A(x, t) とする。A1, A2 を F で変換したものは

  A1'(x', t') = A1(x(x', t'), t(x', t'))
  A2'(x', t') = A2(x(x', t'), t(x', t'))

だ。その和 A' は

  A'(x', t') = A1'(x', t') + A2'(x', t')
       = A1(x(x', t'), t(x', t')) + A2(x(x', t'), t(x', t'))
       = A(x(x', t'), t(x', t'))

つまり、A をFで変換したものに他ならない。


466 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 03:07:26 ID:???
A(x, t) が 0 となる座標の集合を X

   X = {(x, t) | A(x, t) = 0}

とすると、A'(x', t') が 0 となる座標の集合 X' は

  X' = {(x', t') | A'(x', t') = 0} = {(x', t') | A(x(x', t'), t(x', t')) = 0}
    = {(x', t') | (x(x', t'), t(x', t')) ∈ X}
    = {(x'(x, t), t'(x, t)) | (x, t) ∈ X}
    = F(X)

となる。A にパラメータ u を加え A(u, x, t) として、ある u について、A(u, x, t) = 0 となる
(x, t) の集合を X(u) とする。

    X(u) = {(x, t) | A(u, x, t) = 0}

すると、A(u, x, t) を F で変換した A'(u, x', t')

    A'(u, x', t') = A(u, x(x', t'), t(x', t') )

を (ある u について) 0 とする (x', t') の集合 X'(u) は当然

    X'(u) = F(X(u))

となるので、X(u) が u に依存しないならば X'(u) も u に依存しない。


467 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 20:25:59 ID:???
>>464
>A' = 2 sin(kγ(x' + vt') )・cos(ωγ(t' + vx'/c^2) )  …(A)
>ω1 γ(t' + vx'/c^2) = (2n+1)πのとき   …(2A')
>ω2 γ(t' + vx'/c^2) = (2n+1)πのとき   …(2B')
>2A' と 2B' は異なるが、それは S でも 2A と 2B が
>異なっていることに対応しているのだから当然であり、矛盾ではない。

ある時刻t'=0における振幅0(A'=0,B'=0)の数がt=0における振幅0(A=0,B=0)の数と異なることは矛盾でないのか?
矛盾でないことの物理的説明を求む。
また、振幅がALLの0となる時刻が存在しなくなることについても物理的説明を求む。

波のエネルギーは(∂ψ/∂t)^2に比例するので、エネルギーが変化しているよう思えるが、これは矛盾ではないのか?


468 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/23(火) 20:29:30 ID:???
>>465,466
 矛盾が存在しないことの証明になってないぞ。
465は単純に考えればよいことを示しているに過ぎない。

466での Xって、空間オンリーじゃないな。
 空間に時間成分が混じると物理的におかしくなる例を示しているから、
 時間成分加えた座標で数学的に示されても意味ないよ。


1つの定在波での問題点を示す。
太陽系の円周にチューブを設け媒質を満たすとする。
そのチューブの中に定在波を起こす。
A= 2 sin(kx)・cos(ωt);xは円周方向に沿っている
太陽系の直径はRとし、定在波モードは2πR=λである。

 太陽を原点として、チューブを局所慣性系とみてローレンツ変換すると
式(A)を得るわけだが、v=RΩ,Ω:角速度
cos(ωγ(t' + vx'/c^2) )
が存在するため、おかしくなる。
 これの物理的解釈がきちんとできるかい?
(ちなみにガリレイ変換ならcosパートはcos(ωt')なので問題は生じない)

あと、cosパートの位相速度はc^2/vであるが、これが実際観測できるものと考えているのか?

 物理で矛盾が生じないことを証明するには、物理量についての適切な解釈が必要だということを忘れているようだね。


469 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 02:14:52 ID:???
> ある時刻t'=0における振幅0(A'=0,B'=0)の数がt=0における振幅0(A=0,B=0)の数と異なることは矛盾でないのか?
> 矛盾でないことの物理的説明を求む。
> また、振幅がALLの0となる時刻が存在しなくなることについても物理的説明を求む。

両方とも、系によって「同時刻」が異なることの反映でしかないね。
S系での「同時刻」に場が一斉に 0 になるのだから、S' 系では一斉には 0 にならないのは当然ではないか。

> 矛盾が存在しないことの証明になってないぞ。

「矛盾が存在しないこと」が証明できてしまったら、その体系は矛盾しているはずだなw
>>446>>461では矛盾が存在することを示せていないことを示したに過ぎないよ。

> 466での Xって、空間オンリーじゃないな。

はじめから座標 (x, t) の集合と言ってるのだから、何を今更?

>  空間に時間成分が混じると物理的におかしくなる例を示しているから、

いつ示したの? そんな例はどこにも示されていないよ。
三角関数の初歩的な計算を間違えて「矛盾だ矛盾だ」と騒いでいる馬鹿が二人ほど(?)居るだけじゃないか。

> 太陽を原点として、チューブを局所慣性系とみてローレンツ変換すると
> 式(A)を得るわけだが、v=RΩ,Ω:角速度

チューブが局所慣性系?
太陽を原点として? 太陽を中心とした円周上に x をとってるのに、なんで原点が太陽なの?

> cos(ωγ(t' + vx'/c^2) )
> が存在するため、おかしくなる。

何がどうおかしくなるの? 物理的説明とやらを求める前に、自分がちゃんと説明するべきじゃないの?


470 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 02:43:07 ID:???
君が言っているのは、要するに、まず、

  (1) ある慣性系で静止した半径 R の円周上に沿って、x座標を取り(円周上の適当な点を x = 0 とし
    x = 2nπが x = 0 と同じ点になる)
  (2) 慣性系の時間を t とする。

ことで、円周上で起きる事象をあらわす座標系 (x, t) を定める。次に、

  (3) 円周に沿って、(x, t) に対して速度 v で運動している座標系 (x', t') をとる。つまり、Ω = v/R で
    回転する円周の座標系である
  (4) すると、円周は局所的には直線とみなせるから、(x, t) と (x', t') の間には局所的にはローレンツ
    変換が成り立っているはずだ。そして、その係数は結局どの座標でも同じだから、全体の変換も
    ローレンツ変換と同じ式で表されるはずだ (この、局所的にローレンツ変換できるというのを「局所
    慣性系」と呼んでるのだろうけど、残念ながらそれは誤用だ)。

ということだな。すると、

  (5) (x, t) から (x', t') への変換はローレンツ変換と同じ式で表されるから、(x, t) で
       A = sin(kx)・cos(ωt)
         ただし、波長λ = 2πR、つまり k = 1/R
         またω = ck = c/R (波動の速度が c である必要はないけど、とりあえず簡単のため)
    は、(x', t') では

       A' = 2 sin(kγ(x' + vt') )・cos(ωγ(t' + vx'/c^2) )
         = 2 sin(γ(x' + vt') / R)・cos(cγ(t' + vx'/c^2)/R)

となる、ということだろう?


471 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 02:48:10 ID:???
そうすると、例えば t' = 0 の時点では

      A'(x', 0) = 2 sin(γx'/ R)・cos(γx'/R・v/c)

となる。円周を一回りすれば元の位置に戻るのだから、(x', t') での円周の長さを L' とすれば、

      A'(x' + L', 0) = A'(x', 0)

となるはずだ。だが、v/c は (|v/c| < 1 の範囲で) 任意に取れるから、

      sin(γx'/ R) の (x' についての) 周期  2πR/γ
      cos(γx'/R・v/c) の周期         2πR/γ・c/v

の比は任意にとることが出来る。比を無理数に取れば、A'(x', 0) は周期関数ではなくなってしまう。
これは明らかな矛盾だ。

君がここまで明確に考えているとはとても思えないが、君が言いたいことは、こんなところではないかな?


472 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 08:12:43 ID:???
>>471
 1つの定在波での1つの問題提起としては、君の捕らえ方は正確でない。
 速度はuでcと限定していない。
 定在波モードは2πR=λと具体例を挙げたように、 
 ある特定のモードを考えると、時間パートの変換(t'=0)がcos(ωγ(  vx'/c^2) )が
 空間での周期性を破壊するということ。

 これに対する説明は?

 あと、節の数(=波数)やエネルギーに対する問題提起もあることを無視しないでくれよ。
 >>波のエネルギーは(∂ψ/∂t)^2に比例するので、エネルギーが変化しているよう思えるが、これは矛盾ではないのか?

 以前示した波数との関係式
 >> kx'=2nπγ(1-v/u)
  光の場合u=cなら
 γ(1-v/u)がドップラー因子となって説明がつくが
一般の波動では説明がつかない。

 それに位相速度c^2/vに対する見解も問うていることを忘れないでくれ。


473 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 08:53:35 ID:???
> ある特定のモードを考えると、時間パートの変換(t'=0)がcos(ωγ(  vx'/c^2) )が
>  空間での周期性を破壊するということ。

君が何一つまともに説明しないから、「こういう意味か?」と聞いてやってるんだよ。

> これに対する説明は?

まず、自分がちゃんと説明しなよ。

「局所慣性系」だの「太陽を原点としてローレンツ変換 (太陽は x 座標に入らないはずな
のに原点? 慣性系じゃないのにローレンツ変換?)」とかいう出鱈目な説明で君が言いた
かったのは、俺が逆に説明してやったような話でいいのか?

  「周期性を破壊する」

なんて君はそんなこと全然書いてないじゃないか。t' = 0 での周期性が破壊されること
を示したのは俺のほうで、「問題にしているのはこういうことでいいのか?」と聞いてやって
るのだ。

自分が説明すべきことを説明しないで、なぜ人にばかり説明を要求する?

> あと、節の数(=波数)やエネルギーに対する問題提起もあることを無視しないでくれよ。

節の数というのが、振幅が0になる点の数が変化することについて言ってるのならそれは
説明したし、それは波数ではない。エネルギーについては何を問題にしているのかすら
わからん。まさかエネルギー保存則に抵触するなんてトンデモなことを言うわけじゃない
だろうな。

> それに位相速度c^2/vに対する見解も問うていることを忘れないでくれ。

それの何が問題だというのだ? まさか光速を超えるからおかしいなんて馬鹿なことは言わ
ないでくれよ。

474 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 17:20:03 ID:???
>>473
>> これに対する説明は?
>まず、自分がちゃんと説明しなよ。
で問題点は理解できたの?cに限った話でない。

>自分が説明すべきことを説明しないで、なぜ人にばかり説明を要求する?
>>464でさ、cos(ωγ(t' + vx'/c^2) ) が対応するので矛盾しないと言っているから、
このcosパートの物理的意味をある特定ケースで説明できるかを聞いている。
数学的にマッピングできても物理的に説明ができなければだめ。
マッピングできるだけでOKとするなら、別にローレンツ変換でなくても良いことになる。

>節の数というのが、振幅が0になる点の数が変化することについて言ってるのならそれは
説明したし、
 どこで?物理的説明はない。

>それは波数ではない。
 ふむ。そういう見解ね。で波数はどうなるの?

>エネルギーについては何を問題にしているのかすら
わからん。まさかエネルギー保存則に抵触するなんて
 それ。 cosパートが振幅を制限しているし、
 その中で座標x'に対してωγv/c^2というファクタがあり、
 それが時刻に対する影響を与え、結果としてエネルギーに影響している点。
 エネルギー保存則に抵触していないということを示せるか?

> まさか光速を超えるからおかしいなんて馬鹿なことは言わ
ないでくれよ。
 これは観測される量と考えているのかを問うている。


475 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 22:34:53 ID:???
> で問題点は理解できたの?cに限った話でない。

「理解できたの」も何も、相変わらず何が問題なのか何も説明してないという自覚はあるの?

波動の速度が c かどうかが重要かね? 君のいう問題点が「非周期性」ならそれは c でも
生じるのだが。それでは駄目なのかい?

> >>464でさ、cos(ωγ(t' + vx'/c^2) ) が対応するので矛盾しないと言っているから、
> このcosパートの物理的意味をある特定ケースで説明できるかを聞いている。

物理的意味って何を指しているの?

> 数学的にマッピングできても物理的に説明ができなければだめ。

  「ある慣性系で A の形で表される波動は、それに対して
   動いている慣性系では A' の形で表される波動である」

という以上の何の説明が必要なのかな。君は未だに、

   A が A' になると何がどう問題なのか

を何一つ説明していないぞ。

> どこで?物理的説明はない。

469> > ある時刻t'=0における振幅0(A'=0,B'=0)の数がt=0における振幅0(A=0,B=0)の数と異なることは矛盾でないのか?
469> > 矛盾でないことの物理的説明を求む。
469> > また、振幅がALLの0となる時刻が存在しなくなることについても物理的説明を求む。
469>
469> 両方とも、系によって「同時刻」が異なることの反映でしかないね。


476 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/24(水) 22:36:59 ID:???
> >それは波数ではない。
>  ふむ。そういう見解ね。で波数はどうなるの?

  k1' と k2' に決まってるじゃないか。

> それ。 cosパートが振幅を制限しているし、
> その中で座標x'に対してωγv/c^2というファクタがあり、
> それが時刻に対する影響を与え、結果としてエネルギーに影響している点。
> エネルギー保存則に抵触していないということを示せるか?

  「君が」
  「エネルギー保存則に抵触していることを示す」

のが先だと思うけど。

念のために言っておくけど、君は

  sin(k1'x' - ω1't') という波動と sin(k2'x' + ω2't') という波動を重ねると
  エネルギー保存則が成り立たなくなる

と主張しているの?

なら、それは相対論の問題じゃなくて、その波動の理論 (電磁波なら電磁気学) の問題だと思うね。

> これは観測される量と考えているのかを問うている。

波動の量が観測可能な量なら (原理的には) 観測できるに決まってるではないか。


477 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/25(木) 11:23:45 ID:???
>>475-476
>波動の速度が c かどうかが重要かね? 君のいう問題点が「非周期性」ならそれは c でも
生じるのだが。それでは駄目なのかい?
 問題を理解できないらしいので、この問題はあと回し。

>物理的意味って何を指しているの?
 振幅が減ることになるだろ。これと波のエネルギーとの関係。
 物理が対象とする波なんだから、エネルギーや運動量を問題にするのが当然だろうに。
 運動量についても述べてくれてもいいよ。

>k1' と k2' に決まってるじゃないか。
>>k1' = γ(1 - vu/c^2)k   ω1' = γ(1 - v/u)ω
>>k2' = γ(1 + vu/c^2)k   ω2' = γ(1 + v/u)ω
これね。 要するにuに依存することを容認するわけだな。

>sin(k1'x' - ω1't') という波動と sin(k2'x' + ω2't') という波動を重ねると
  エネルギー保存則が成り立たなくなる

違う。全く理解力がお粗末だな。

461>異なる媒質を用意して、同一波長の定在波の節の位置を観測するとき
S系では一致しているが、S'系では一致しないという矛盾が発生する。
467> ある時刻t'=0における振幅0(A'=0,B'=0)の数がt=0における振幅0(A=0,B=0)の数と異なることは矛盾でないのか?
矛盾でないことの物理的説明を求む。

 定在波のエネルギーは節の数nの2乗に比例つまりE∝k^2だから波数がuに依存すると矛盾。
 ある系で速度の違う2つの波が同じエネルギーであっても、
 違う系で観測すると異なるエネルギーをもつことになるのでおかしい。

478 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/25(木) 11:28:00 ID:???
>>475-476
467>また、振幅がALLの0となる時刻が存在しなくなることについても物理的説明を求む。
この問いも無視しないでくれよ。

>その波動の理論 (電磁波なら電磁気学) の問題だと思うね。
 古典的波動力学にどんな問題があるというのかね?
 根拠もなしに思い込んでいる信者さんですか?

君は1+1=2で矛盾なしと主張しているに過ぎないのだよな。
水1リットルとアルコール1リットルを加えるとどうなる。
物理的状況を正確に理解できる能力があるか疑問だし、
なにより数学と物理の区別ができない様に思えるな。

>波動の量が観測可能な量なら (原理的には) 観測できるに決まってるではないか。
 ふむ。これが観測されないとしたら相対論が間違っているということでよろしいか?


479 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/25(木) 22:52:50 ID:???
> 問題を理解できないらしいので、この問題はあと回し。

何が問題なのか君が未だに示さないからね。ちゃんと示せるようになってからの
ほうがいいだろうね。この問題に限ったことじゃないけど。

> 振幅が減ることになるだろ。これと波のエネルギーとの関係。

何の振幅が何に対して減ると言ってるのかな? そしてそれがエネルギー保存則と
どう関係があるというのかな。

> 物理が対象とする波なんだから、エネルギーや運動量を問題にするのが当然だろうに。

何を言ってるかな。困った人だね、君は。
どのような変換性を持ち、エネルギーがどのように定義される量の波動なのかが何も指定
されていないのに、どうしろというのかね。

> 違う。全く理解力がお粗末だな。

お粗末なのは、何が問題なのか説明できない君の頭の中身だろう。

> 461>異なる媒質を用意して、同一波長の定在波の節の位置を観測するとき
> S系では一致しているが、S'系では一致しないという矛盾が発生する。
> 467> ある時刻t'=0における振幅0(A'=0,B'=0)の数がt=0における振幅0(A=0,B=0)の数と異なることは矛盾でないのか?
> 矛盾でないことの物理的説明を求む。

それらが矛盾であることの「物理的説明」をするのが先だと思うけどね。
節の位置が一致しないとか、数が一致しないとかで、どのような問題が生じるのかね?
君は単に「一致しないから矛盾だ」と言ってるだけだぞ。


480 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/25(木) 22:55:44 ID:???
> 定在波のエネルギーは節の数nの2乗に比例つまりE∝k^2だから

これも意味不明だな。どのようにエネルギーが定義される量なのか、座標変換に対して
どのように変換される量なのかがまったく不明なのに、なんでそんなことがいえるのかな。

> ある系で速度の違う2つの波が同じエネルギーであっても、
> 違う系で観測すると異なるエネルギーをもつことになるのでおかしい。

  「ある系でエネルギーが同じだけど、別の系では異なる」

なんて別に不思議なことでもなんでもないだろう。なんでそれが「おかしい」のだ?

> 467>また、振幅がALLの0となる時刻が存在しなくなることについても物理的説明を求む。
> この問いも無視しないでくれよ。

既に>>469で返答している (その部分は>>475にも引用している)。

> >その波動の理論 (電磁波なら電磁気学) の問題だと思うね。
>  古典的波動力学にどんな問題があるというのかね?

はぁ? そんなこと俺の知ったことじゃないよw。何を言ってるのかねキミは。


481 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/25(木) 22:56:48 ID:???
> 君は1+1=2で矛盾なしと主張しているに過ぎないのだよな。

そうだよ。

計算間違いをして 1 + 1 = 3 だと言い張ってた人に、「正しく計算すると 1 + 1 = 2 だよ」
と教えてやっただけだよ。

> 水1リットルとアルコール1リットルを加えるとどうなる。

物質の体積は足し算できない、というだけのことで、1 + 1 = 2 が正しいかどうかとは何の関係
もない話だな。

仮に

   水1リットルとアルコール1リットルを加えると3リットルになる

としても、1 + 1 = 3 という計算間違いが正当化されることはないぞw

> なにより数学と物理の区別ができない様に思えるな。

君は物理とおとぎ話の区別が出来ないようだね

  「矛盾だ矛盾だ」

と喚いているだけで、何がどう矛盾なのか何も説明していないものね。


482 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 09:00:59 ID:???
> ふむ。これが観測されないとしたら相対論が間違っているということでよろしいか?

「違う結果が観測されたとしたら」だろう


483 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/30(火) 22:14:30 ID:???
>>480
やはり、信者では説明が無理なようだ。

>> ある系で速度の違う2つの波が同じエネルギーであっても、
>> 違う系で観測すると異なるエネルギーをもつことになるのでおかしい。

>「ある系でエネルギーが同じだけど、別の系では異なる」
>なんて別に不思議なことでもなんでもないだろう。なんでそれが「おかしい」のだ?

 おかしいよ。同じエネルギーを持つものが異なる系で違うエネルギーをもつなら、
明らかにエネルギー保存則に反してるよ。
 こんな単純なことがわからないの?

 というか、これの何が矛盾か理解できないらしい。

 媒質の粗密波で定在波がたっているなら、
閉領域中のエネルギーが振幅と波数の2乗に比例するというのは物理の基本的知識だよ。
 このような基礎知識すら欠けているように思える。

 これは、波動力学と相対論との相性の悪さを示す典型例。
 物質波だと、ユニタリ性を満たさないことにつながる。
 速度がcの波なら、説明が可能だけど、速度がcでない波だと
一般に説明ができなくなる。



484 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/30(火) 23:44:39 ID:???
>  おかしいよ。同じエネルギーを持つものが異なる系で違うエネルギーをもつなら、
> 明らかにエネルギー保存則に反してるよ。

全然「明らか」じゃないので、説明してくれ。

>  こんな単純なことがわからないの?

ふ〜ん。

ある系 S で速度 v で運動する質量 m の物体と、速度 -v で運動する質量 m の物体は同じエネルギーを
持つから、当然、これを S に対して速度 v で運動する S


485 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/30(火) 23:50:16 ID:???
間違えた…

ある系 S で速度 v で運動する質量 m の物体と、速度 -v で運動する質量 m の物体は同じエネルギーを
持つから、当然、これを S に対して速度 v で運動する S' 系で見ても、両者のエネルギーは同じなんだね?



486 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 00:05:36 ID:???
とても信じがたいことなんだけど、君の主張を聞いていると、

   エネルギー保存則とは、物質の系 (Aとする) のエネルギーが慣性系によらないこと、すなわち

     A のエネルギーが、ある慣性系 S で見て E ならば、任意のほかの慣性系
     S' でも A のエネルギーは E である。

   ということである

と思ってるんじゃないか、と危惧してしまうんだが、さすがにそれはないよね?


487 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 01:16:31 ID:???
一般的な意味の「エネルギー保存則」の意味に従えば、君の主張は、

  S系における定在波 A(x, t) を S'系にローレンツ変換した

    A'(x', t') = A(x(x', t'), t(x', t'))

  はエネルギー保存則を満たさない。つまり、

    A' のエネルギーは S' において一定ではない (t' に依存する)

という意味になるはずだけど、それはどこに示されているのかな?


488 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 19:21:39 ID:???
常泉降臨?

489 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/31(水) 23:34:44 ID:???
常泉とか某理事長とか

490 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 08:41:28 ID:???
>>485
間抜けだな。
定在波が前提であることを忘れてる。
質点ならば、閉領域内部の話だから、境界で反射して-vがvになるだけ、
閉領域に閉じこめられたエネルギーの総量は変わらない。

 こんな簡単なことがわからないのだからあきれる。

>485のおまぬけ理論だと座標変換すると変わってもよいそうだが、
それを示してくれないか?


>>487
 波動方程式 ∂t^2x=k∂x^2
 がローレンツ共変でないので自明。

 逆に矛盾しないというなら、
 ローレンツ共変形でない式とその解によって定義されるエネルギーなり仕事量が、
ローレンツ変換後、任意の式で等しくなることを示さなければならない。

 物理的に矛盾しないというなら、それを示す必要がある。


491 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 09:22:29 ID:???
> こんな簡単なことがわからないのだからあきれる。

単に

>  おかしいよ。同じエネルギーを持つものが異なる系で違うエネルギーをもつなら、
> 明らかにエネルギー保存則に反してるよ。

これがおかしいといってるだけだが。

> >485のおまぬけ理論だと座標変換すると変わってもよいそうだが、
> それを示してくれないか?

そんなことは一言も言ってないのだが?
そもそも k が違うからエネルギーが変わる、なんてことに同意していないわけだからね。

> 波動方程式 ∂t^2x=k∂x^2
> がローレンツ共変でないので自明。

全然自明じゃないな。

媒質のある波動の場合、S系とS'系では媒質の運動が異なっているのだから波動だけを
見たとき共変性が成り立たないのは当たり前だ。

媒質中の電磁波であれ、媒質の弾性波であれ、電磁場と荷電粒子の集団の相互作用とみなすことが
できるのだから、系全体のエネルギー・運動量の保存は

   ∂_μ T^μ_ν = j^λ f_λν

と共変な形になるはずだね。


492 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 09:30:02 ID:???
> 逆に矛盾しないというなら、
>  ローレンツ共変形でない式とその解によって定義されるエネルギーなり仕事量が、
> ローレンツ変換後、任意の式で等しくなることを示さなければならない。
>
>  物理的に矛盾しないというなら、それを示す必要がある。

相変わらずすごい勘違いをしているね。

「矛盾がある」と主張しているのは君。俺は君が矛盾を示していないと言ってるだけ。

だから、
>  ローレンツ共変形でない式とその解によって定義されるエネルギーなり仕事量が、
> ローレンツ変換後、任意の式で等しくなることを示さなければならない。

俺がこんなことをする必要はない。だいたい、全ての場合でそれを示すなんて不可能だしね。
「君が」「等しくならない場合があること」を示す必要がある。

493 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 14:06:06 ID:???
ageます

494 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 16:21:00 ID:???
何の話してるんだこいつら

495 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 16:26:05 ID:???
一匹のくるくるぱーが垂れ流す妄想の話

496 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/02(金) 17:01:27 ID:???
>>491
>>  おかしいよ。同じエネルギーを持つものが異なる系で違うエネルギーをもつなら、
>> 明らかにエネルギー保存則に反してるよ。
>これがおかしいといってるだけだが
文脈を踏まえればおかしくない。おかしいのは定在波という前提条件を忘れたお前の方。
文脈を読めない頭らしいな。

>そもそも k が違うからエネルギーが変わる、なんてことに同意していないわけだからね。
 なら、エネルギーはどう定義できるとと考えているの?

>共変性が成り立たないのは当たり前だ。
ふむ。

>電磁場と荷電粒子の集団の相互作用とみなすことが
できるのだから
まちがいだろ、潰れないための力としてパウリ排他力等があり、
波動関数の重なりに依存するような、これらの力が4元形式に落とし込めるか不明。

>∂_μ T^μ_ν = j^λ f_λν
>と共変な形になるはずだね。
論理矛盾してないか?
共変性が成り立たたたなくても、共変形式が成立するとはこれ如何に?
共変でない今のケースで∂_μ T^μ_ν = j^λ f_λνが成立することを示してくれよ。

>「君が」「等しくならない場合があること」を示す必要がある。
 すでに述べているのだが。
 静止系で一定区間内の定在波のエネルギーは波数kに依存。

 運動系でもk'に依存するなら、k'は媒質速度uに依存するので矛盾。
 おわかりかな?


497 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 05:27:11 ID:K6o0rgZi
>「この100年の間、誰も相対論を理解できなかったのだ」

アインシュタインさえも。
でも展開した理論は間違ってはいない。

この意味、わかんねえだろうな。

498 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 11:55:42 ID:???
ガードナー「奇妙な論理」:疑似科学者の傾向。
 (1)自分を天才と考える。
 (2)自分のなかまたちを、例外なしに無学な愚か者とみなす。
 (3)自分が不当に迫害され、差別待遇を受けているとみなす。
 (4)最も偉大な科学者や最もよく確立された理論に攻撃を集中する強い衝動をもつ。
 (5)しばしば複雑な特殊用語を使って書く傾向がある。

馬鹿ってのは、何時の日も変わらないものなのだなw

499 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 21:00:34 ID:h0/c+miS
>>497
日本語わからない日本人なんているのか?

500 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 21:02:57 ID:4kI08+Vu
相対論を実用していると
勘違いしているのでは?

501 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 21:20:41 ID:???
工学的実用にされてる分野もあるが、相間は宗教的信念でそれを否定するw

>>499
沢山いるだろ、特にこの相間スレにはw 

502 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 21:41:30 ID:???
電流に伴う磁場は相対論的効果
電磁石はありとあらゆるところに実用されてま砂

503 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/08(木) 22:29:08 ID:???
相対論と矛盾するような実験データが出てきたわけではないみたいね。

504 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/09(金) 04:08:09 ID:???
>>503
でてきたんだが、全部頭から否定しているので出てきていないと
なっているだけ。
否定的なデータは反証性が曖昧で、誤差が多く示唆されるだけだから
100%間違っているという根拠なだけ。

505 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/09(金) 10:27:27 ID:???
という、信仰を相間は抱いていて、それがどの論文でどこがどうというのを
示す事はできないわけだ。

ฺ 4:主観で決め付ける
ฺ 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
ฺ 7:陰謀であると力説する

所詮、相間だからなw

506 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/09(金) 14:10:49 ID:???
ソースがあっても激しく否定されるだけ。終

507 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/09(金) 15:03:03 ID:???
またしてもこれか
ฺ 4:主観で決め付ける
おまい、さっさと病院行けよ、サル。
おまいみたいな統合失調症患者を見てるとこっちまでおかしくなるわw

本当に相対論が根本から覆れば、量子力学は勿論、ほぼ全ての現在の物理学
はひっくり返る。
勿論、これは観測事実からしてあり得ない訳だが、もしもそういう発見があれ
ば、ノーベル賞は確実だな。百年も前の香具師に義理立てする理由なんかある
筈も無いが、サルの知能では理解できまいな。まして、糖質ではねw

197 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)