5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宇宙よ エーテルの風は吹いているか

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 04:05:08 ID:w6eHkzHf
現代ではマイケルソン・モーリーの実験でエーテルの風は否定されてしまった
はたして本当に正しいのだろうか?
いや違う、あんなものでエーテルの風は観測できないのだ
我々はもう一度原点に返る必要がある
重大な間違いを犯す前に・・・

2 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 04:08:04 ID:???
        _                 _
       i'===,`;               ;'、===ョ
       i;:;:;;i゙` !              ! '゙i;:;:;;!、
     , '   ゙⌒\            , '⌒゙   ヽ、
     |,,. 、  y |           / , 、,,   ,;. ,|
     |"i  ゛' |  |           |  |  '" i ゙| |
     !,!,   !  |           |  |,、   !, ! |
      f゙゙ ;'゙ ;;i ノ -_.=゜。  _.=゜。-.\f,   ,y !
     (  ;!;  ´\ ; ;゜、`; 。、`;゜/´  ,  ,)
    ,/   ,i´ `ヽ  ゙;  :_,,..,,,,_ ; ;; ;`;;  ,/ ,;-'" ヽ  ゙;
    /_ ノ     ir  i./ ,' 3  `ヽーっヽ  !  ヽ. ヽ
   / ,ノ      i  ノl   ⊃; ⌒_つ ヽ ヽ.  ヽ、_ヽ
  !,,_<       y |_。ー---‐'''''"  ;  | y′   ),;冫
"''""''~"'""~"'"""''~"'""~"""~↑""""""~"''"'"""''~"'""'"""'
                >>1

3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 05:08:11 ID:???
>マイケルソン・モーリーの実験でエーテルの風は否定

実験したのがモーリーの1回のみと思ってるのかw


4 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 09:15:32 ID:???
4げと

5 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 13:10:51 ID:???
>>3
ネタにマジレスカコ悪い

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/29(日) 16:15:07 ID:???
3-5
オメデタイふたり乙

前提が間違っていれば1回も2回も関係ない罠

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 02:48:51 ID:A0EQLNpc
>>6
その通り

そもそも地球で実験しようが何の意味も無い
実験の方法も間違っているし、実験の規模も非常に小さい
そして地球で起こった出来事を宇宙全体に広げるのは異常としかいえない
エーテルの風はそんな方法では観測できないからだ

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 07:49:12 ID:???
うわぁ>>6-7は真性でつか?
光速度不変を疑うならマクスウェル方程式を疑えば?
マクスウェル方程式はローレンツ共変、光速度不変はマクスウェル方程式の予言でもある。
自己導出できるスキルがあるならやってみそ。

エーテルの概念はガリレイ共変のニュートン力学からの要請であって、
マクスウェル電磁気学とニュートン力学の統合が特殊相対性理論だ。

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 13:37:52 ID:ceAb/f7m
エーテルが何の要請だろうと関係は無い
そして光速度不変とエーテルにも何の関係も無いんだよ
視野が狭すぎるな

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 14:12:48 ID:???
>>1
エーテルが否定されたんじゃなくて
観測できなかっただけだろw

11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 14:33:21 ID:fSBtjbwU
エーテル嗅がせて、漏れの女を寝取ったのは藻前か?

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 15:08:04 ID:???
>>8
ってことはエーテル理論から数式を導いたマクスウェルは真性第1号でつか?

媒質がニュートン力学の要請ならば、高いところから落としたティッシュペーパーの落下位置を正確に指定できるということでつか

天気予報や地震は確率の概念なしに予測できるということでつか
日食や月食の日時を予測するように

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 17:19:30 ID:???
新手の相間スレか・・・

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 20:49:56 ID:???
そもそも物質は真空からの励起状態だ。その真空構造が掴めてなくて、なんらかの
励起させるもとがあるとしか分かってない。光速度不変を壊さず存在できる
真空構造のことを仮に「エーテル」と呼ぶのなら、無いとは言いきれない。

15 :ご冗談でしょう?名無しさん :2005/05/30(月) 21:22:05 ID:NIXcac0G
エーテルの存在が確認されたら、どうなるんだろう…。
今まで俺が買ってきた本の代金はどうなるんだろうか。

16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 21:44:36 ID:???
>>14
>光速度不変を壊さず存在できる 
それは>>1のいうエーテルとは完全に別物だろう。

17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/30(月) 21:55:57 ID:???
>>15
本屋で本を見て買おうと思ったおまいの負け

太陽の光が地球に降り注ぐこの自然を目の当たりにして、光が相対性理論に従わないと主張するならすればいい


18 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 06:17:10 ID:ru4Szfgj
未来じゃ今で言うエーテルの存在は当たり前なんだけどな


19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 06:21:58 ID:???
未来人キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

誰か精神病院に連れてけ。

20 :エーテルです:2005/05/31(火) 09:57:18 ID:???
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : ..        .::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :.         .::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : .         .:::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: : .           .::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :...              .:::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :..              .:::::/
::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :. ー―--、、___    .::::::/
:::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :.       // Τ",ー、__/
:::::::::::::::::::::::: ::: :: :.      .//_,//,// ヽ
:::::::::::::::::::::::: :: :: :.      //‐'ー''  ̄ /   ヽ  
:::::::::::::::::::::: ::: :: :.     .//―┬―-彡/\ .|
:::::::::::::::::::: ::: :: :.   /~/  ̄`┴―'' ./彡  |
::::::::::::::::: ::: :: :.  /~/~          |  l |
::::::::::::::::: ::: :: :. / /            |  / /
::::::::::::::: ::: :: :.  |  |              |//
::::::::::::: ::: ::. :.  |  l    ,,=、、.      |/
:::::::::::::: ::: :: :.  ヽ ヽ  ((  .ヽヽ     |
::::::::::::: ::: :: :.  ヽ ヽ    / .|.     |
:::::::::::::: ::: :: :.    ヽ、__/ /.     _」
::::::::::::::::: ::: :: :.        /| ‐-/ ̄
::::::::::::::::: ::: :: :.       / / /
:::::::::::::::: ::: :: :. ヽ   _/  //
::::::::::::::: ::: :: :. ヽ  ̄  ./| |
::::::::::::::::: ::: :: :.    ̄ ̄ ミ | | 
:::::::::::::::::::::::: ::: :: :.    ミ   | |
:::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :.
>>18

21 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 11:28:31 ID:???
>>8にマジレスするとニュートン力学が要請しているのは無媒質の空間。
それゆえニュートン力学と相対論は古典力学のカテゴリーにくくられている。
 媒質を要請しているのは量子論。実際ディラックの負エネルギーの海から始まって、仮の電子・陽電子対といった空間性を付加してミクロの世界を説明している。
それゆえ重力の量子化がなされるためには媒質の力を借りなければならない。
相対論は空間の無限分割(時空連続体)を許し、量子化(最小単位)にはなじまない。
 つまり相対論に固執する限りわれわれは、量子重力(宇宙論)を目の当たりにすることはない。

22 :8:2005/05/31(火) 13:18:38 ID:???
マイケルソン・モーリーとエーテルの話に何で量子論が出てくるんだ。
それと媒質じゃなくて場だろ?

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 15:14:18 ID:???
場とは力が生じている空間のことだろ?
エーテル説の立場からはその力は媒質が担っているのだから場=媒質でいんじゃない。
 逆にエーテルが虚構ならば媒質の概念はないのだから場は場と呼ぶしかないが…
ところで「場」って何?

24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/05/31(火) 20:36:18 ID:???
エーテル イーサネット
http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%a5%a8%a1%bc%a5%c6%a5%eb+%a5%a4%a1%bc%a5%b5%a5%cd%a5%c3%a5%c8&fr=top

25 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 13:26:17 ID:???
21世紀の物理学はエーテルが中心テーマになる予感がする。
20世紀の物理学はエーテルを扱えなかった、ただそれだけのこと。

大体、宇宙は水のように相転移を起こす!って言ってんだから間接的な表現であれ実質エーテル(媒質)を使ってるんだし…

26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 16:32:11 ID:???
ヒッグス粒子のことをエーテルと呼びたいのか?

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 17:54:23 ID:???
いや 俺の頭の中にそのイメージはなかった

28 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/01(水) 19:45:00 ID:???
>大体、宇宙は水のように相転移を起こす!って言ってんだから間接的な表現であれ実質エーテル(媒質)を使ってるんだし… 
これだったら、ヒッグス粒子のことだよなぁ。
ハドロン相←→QGP相だったら、また違うが。

29 :さる ◆ikfwmCJVs6 :2005/06/03(金) 12:33:32 ID:M+d4HpE8
エーテルって神学的に解説してるものだと宇宙に充満してるエネルギーを伝える物としてあるが
はっきり言ってエネルギー伝達さえすれば宇宙にある事で何でもエーテルな訳だろ?

エーテルとは直接関係あると断言は出来ないがダークマターなんかも有るのは判ってるが
それがどういったものなのかハッキリとはしてないだろ
仮に半径100kmの渦が有ったとしてどの位置にある粒子も中心から見て全て同じ角度で運動するんだろ?
物理的に有り得ないと思えるんだが実際銀河はそういった動きをしているからな..
とりあえずクォンタム的に言えば全ての可能性(事象)を肯定出来る罠
どんなに天文学的に確率の低い事でも、天文学で運用すれば事例が出そうな悪寒がするわい

30 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/03(金) 15:26:03 ID:???
/マイケルソン・モーリー(M・M)の実験とその後の経緯に対する疑問?/

(1)いわゆるM・Mの実験により、光の速度は光源の進行方向とその直交方向での違いは見いだされず、エーテルの風は否定された。(光の速度は光源の運動に左右されないことを示唆)
(2)エーテルの存在を信じて疑わないローレンツは、物体は運動する進行方向に縮むとする短縮仮説を思いつき数式化した→ローレンツ変換(L)→エーテルの延命装置
※(L)によりM・Mの実験結果とエーテルの整合性は一応保たれている。
(3)光速度不変、あらゆる運動は相対的とする特殊相対論が登場。エーテルを否定。しかし(L)は使う。

さて皆さん、これから初級の論理学の問題を解いて下さい。

(1)からの帰結として(3)が導かれた。ならば(3)はなぜ(L)を使うのか?いらないだろう。なぜならば(3)は(2)からの帰結ではないからだ。

結局(3)が(L)というエーテルの延命装置を使っている以上、(3)はエーテルを否定しえたと言えるのか?否か?。

つまり(3)はエーテルは豊穣の海であった、ということを証明したに過ぎないのではないか?。
 ちなみに、(3)がおよそ100年間数々の検証に耐えてきたのも(L)というエーテルの延命装置を使っているからではないのか?。

これは一見逆説的である。
(2)と(3)はエーテルに対する解釈が180度違うため、同じ世界観を共有するものではないし様々な違いが派生する。
しかし、同じ数式(L)を使っている限り数学的にはエーテルが存在するとしてもしないとしても同じ結果しかでないのではなかろうか。

尚、私の疑問はあくまでもM・Mの実験の範囲の話である。なぜなら科学の書物には、エーテルはM・Mの実験により否定された、と記述されているからである。

31 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/03(金) 15:37:27 ID:???
>>30
アインシュタインはローレンツ変換の式を(確か人の手を借りているが)自己導出している。
発表後、外見上全く同じ式なので先に導出した敬意を表してローレンツの名前を関しているに過ぎない。

運動方向に縮むというローレンツの予測が真だとして、
何に対して運動しているのか?を考えれ。

特殊相対性理論は光速度不変と相対性原理から導かれる、というのはそういうことだ。

32 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/04(土) 09:16:12 ID:???
>>31は俺の疑問を理解していないようだね
ところで31に聞きたいんだが、相対論の言う伸び縮みする時空間て何処にあるの?
何も無いとこからオマイが創り出すことを自己導出って言うのかな?

だったらオカルトすれすれだなっ

33 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/08(水) 01:28:15 ID:???
要するに、エーテルはローレンツの変換式の中に封印されている

それゆえ、その封印を上手く解いた勇者が最終的な勝利者となり、歴史に名を刻む

さあ 者どもよ パズルゲームを始めようではないか

34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/09(木) 00:51:04 ID:???
俺31じゃないけど
>相対論の言う伸び縮みする時空間て何処にあるの?
そりゃあもうそこら中に。
>何も無いとこからオマイが創り出すことを自己導出って言うのかな?
良く読んだ?
>特殊相対性理論は光速度不変と相対性原理から導かれる、というのはそういうことだ。
この一行で全部なんだけど。

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/09(木) 01:07:03 ID:???
ちょっと補足しようか。
この場合の相対性原理とは特殊相対性原理ね。
平たく言うと特別な慣性系(静止系)は存在しないってこと。

静止系があるんだ!って思う人以外は論理的に特殊相対性理論は認めざるを得ないわけ本来ならね。
どうせ>>33は光速度不変の分しか考えてないんでしょ?

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/09(木) 20:58:12 ID:???
>>34
揚げ足取るようで悪いけど
>そりゃもうそこら中に
(あまねく存在)
それを科学者は科学の言葉でエーテルと呼ぶんだけど w
そろそろ自己矛盾に気づけよ


37 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 10:53:14 ID:???
>どうせ33は光速度不変の分しか考えてないんでしょ?

ちなみにオレの基本スタンスは光速度可変、非相対性なんだけど…

38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 18:12:52 ID:2t5D5y/j
じゃあ地球以外で、もっと言えば太陽系の外で、エーテルの観測実験をしたことがあるのかと・・・
これは風呂場でやった実験が、深海でも同じ事になると言ってるようなもの

39 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 19:02:50 ID:???
>それを科学者は科学の言葉でエーテルと呼ぶんだけど w

呼びませんよ。
つーか、言葉だけ同じものを使ったまま中身を入れ替えて
延命を図るって言うのは、概念的に有用なものの場合だけ通用することです

上っ面だけ見ると万能なエーテルという存在にはその価値はありません

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/11(土) 23:37:29 ID:???
何故から知らんが、大本系の宗教屋はエーテルが大好きな件について。

41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/12(日) 01:21:47 ID:???
>>37
ハイハイ、まずそれを証明できる実験データを出してくれ。話はそれからだ。

42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/13(月) 20:23:13 ID:???
>ハイハイ、まずそれを証明できる実験データを出してくれ。

答:そこら辺にゴロゴロ転がってるよw

ただ誤解されては困るが、オレの言う光速度可変は相対論関連の話ではない。
一言で光の速度といってもいろんなバリエーションがあるし、そもそも速度とは何か?という明確な定義づけなしではあらゆる議論は平行線をたどる。

例えばピラミッドを真横から見た者は三角形と認識するだろうし、真上から見た者は全財産を賭けても真四角と主張するだろう。(2次元しか認識できなければ)
あるいはピラミッドが地球の自転軸上にあったとして、宇宙から眺めた者は、否ピラミッドは円錐形だ!、などとトンデモないことを言いだすかもしれない。

43 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/13(月) 20:25:57 ID:???
続き
音速cはその数式の因子である弾性率や密度の値が変われば変化する。
しかし同じ議論をすれば、光の速度も透磁率や誘電率の値が絶対的でなければ変化する可能性がある。
数式自体が可変だ、と言っているのに光速度不変の原理があるのもおかしな話だ。
まあその議論はさておき

普通、定数としての音速cは波長×振動数によって保証されているのだからその意味では不変だ。
もし音速cが加減算されてc±vになるのなら、
自動車が動きだした瞬間そのエンジン音はc+vとなり、音速を超え衝撃波が発生し、ショーウインドーのガラスを割り、通行人の鼓膜にダメージを与える。
風が吹いてcが変化するものならば、扇風機を回した瞬間衝撃波が発生する。

相対論の立場からすれば、水の波や音の波の速度は観測者の運動に左右されるのだろう、しかし光の速度は何が何でも一定なのだろう。

まあどっちにしろオレの言う光速度可変とはその類いの話ではないし、いわゆる群速度が変化するという話でもない。

44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/13(月) 20:28:29 ID:???
>>42-43は馬鹿すぎるのでスルーな。
突っ込んでも検討違いなレス返されるのが目に見えてる。

45 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/15(水) 15:23:33 ID:???
>>ハイハイ、まずそれを証明できる実験データを出してくれ。

>答:そこら辺にゴロゴロ転がってるよw
じゃあそのデータ見せろよ。リンク貼れよ。

>>42-43を読んだらお前がどれだけ幼稚な発想かがよく分かった。
現象よりも先に理論はない。理論は現象の解釈だ。
お前の理論が成り立つように宇宙の法則を変えたいのなら神にでもなれ。

46 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 12:20:42 ID:HNiO1C47
馬鹿晒し上げ

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 13:56:17 ID:???
>>42-43
こりぁ酷いなw


48 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:19:32 ID:???
42-43は相対論を信じる人たちの独善的な世界観をパロったんだが

一例を挙げようか

例えば科学の書物には、加速器の中で光速近くまで加速されたパイ中間子や電子が発する光の速度はc+c=2cにならないで cであることが確認されている。
ゆえに光速度は不変である。と記述されている。

ならば音速近くで飛ぶジェット機の前方に発射された音の速度はc+c=2cになるのか?
あるいはもし cであるならば、音速は不変と結論してもいいのか

49 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:27:19 ID:???
>>48
いまさらエーテル仮説ですか?
まぁスレタイにもエーテルだか書いてあるからネタスレとしてOKなんだろうけど


50 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:39:27 ID:???
>>42-43
「優しく薫の首筋に口付けをし、微かに緊張し震える乳房へと」まで読んだ。感動した。

51 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 14:46:30 ID:???
藻麻衣はナニ読んでんだよ(ワラ

52 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 20:36:27 ID:???
入り口からまちがっとるわ。等温等圧なら音速は不変。

>>48は高校の物理からやり直そうね。

53 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/17(金) 22:10:03 ID:???
>等温等圧なら音速は不変。
じゃあ等温等圧の条件下ならば
等温等圧の下で48の指摘は成立するのかな
論点が違うと思うんだが

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 01:51:56 ID:???
一人の馬鹿が張り付いてるだけのスレのようだな。
音速は空気という媒質の密度変化という縦波の伝搬速度。
現実的ではないが、>>48の例で静止した空気の中をジェット機が進行すると
仮定すればジェット機の発する振動≒音は音速を超えない。

言い換えると音速は音源の速度によらない。

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 16:38:57 ID:???
>>52-54は天国にいるアインシュタイン先生に説法しようというのか?

相対論は媒質は可変の基に成立している理論だよ

ならば音速は不変の結論が導かれたらまずいだろ

オレはそれを言ってんだよ

56 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 17:02:35 ID:???
見事なまでに話がかみ合ってないが、
原因は全て>>55が自分が気付かないくらい馬鹿だからだな。

57 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/21(火) 23:08:21 ID:???
晒し上げたい欲求に駆られる。

58 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/22(水) 05:59:11 ID:???
>>55
小出しにされてもわかんないから一度考えてること整理して書き出してくれる?

 き っ と わ ら か し て く れ る は ず な ん だ が

59 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 06:28:43 ID:aG4X2zl/
晒し上げしとこ

60 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 13:18:00 ID:GQBhg42J
コペルニクスも、きっと笑われたはずだ
ダーウィンだって、きっと馬鹿にされただろう
時代の先を行くものは必ず馬鹿にされる


61 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 15:19:14 ID:???
>>60
教科書レベルが理解出来てない奴や、ポエムちっくな世界観を
惜しげもなく披露する奴とかが大半だけどな。

62 :age:2005/06/30(木) 18:40:11 ID:G2qCNwfR
諸兄!質問です!
真空中の高速をc(一定)とするのはいいのですが、
例えば空気中では遅くなります。
しか〜し!空気中の分子間は真空だと考えると、
光速が落ちる原因は分子に一度吸収された光子(波動でもいいが)
が再放出されていると考えられます。
とすると、MMの実験は再放出された光速を測っていることになり、
エーテルどうのとは(あろうがなかろうが)無関係のような
気がするのは、私が厨房だからでしょうか?よろしこ。

63 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/06/30(木) 18:44:38 ID:???
ヒント;屈折率

64 :age:2005/06/30(木) 18:50:57 ID:G2qCNwfR
兄貴!ありがとう!
しか〜し!屈折率の原因について質問しています。
愚弟としては、分子の間は真空であり、
物質による屈折率の違いは、分子に光子が一度吸収される
ためかなと考えました。まちがってます?よろしこ。

65 :63:2005/06/30(木) 19:07:00 ID:???
>>64
うすうす感ずいていたが、お前は俺と同等の知識を持っていて
わざと釣りレス書いてるだろ。

乗るかよ。だりぃ

66 :age:2005/07/02(土) 16:58:59 ID:ydAsFa+z
兄貴〜!
アゲちゃいます。
よろしこ。

67 :あお:2005/07/02(土) 18:09:43 ID:???
もしかしたらニュートリノがそれにあたる物だったりして

68 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/08(金) 22:45:39 ID:RG3YZCJK

アホ発見

69 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/09(土) 15:36:58 ID:???
音波を伝える媒質が単に音波を伝えるだけに在るわけでないことは明らかだ。
すなわち水や大気は温度や圧力等の様々な力をもっている。
では光を伝えるであろうと想定されたエーテルが、単に光を伝えるだけに在るわけでないとしたら物理学者の4つの力を統一したいという夢は虚しいものがある。

それはゴールポストのない競技場でサッカーの試合をやるようなものだ。
選手達は一体何処へ向かってポールを蹴ろうというのか。

70 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/10(日) 01:57:26 ID:???
>>69
おしいな、途中までかっこいいのにw

71 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/07/11(月) 15:30:07 ID:mLbjEUwi
だなw
ポール蹴りたいなら一人でどうぞだな

72 :69:2005/07/12(火) 13:35:21 ID:???
ポール蹴ったらレッドカードだなw

それより、他にツッコムとこはないのかね

73 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/06(土) 18:18:18 ID:B9UvK51W
夏だからこのスレで釣ろうと思う

74 :catastro:2005/08/12(金) 00:41:05 ID:ORhCBhkd ?
マイケロソン・モーリー実験、この実験結果の再解釈をしている論文がある。
実験のセッションの単純平均では出なかったのが、各セッションでは、8km/sec
でていて、これが空気の屈折率のなにかによって
地球の絶対速度が205km/sec 程度あることが出ているという。
おまえら、安心していられないぞ。

75 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/12(金) 01:00:43 ID:???
>>74
どの方向に?まさか公転の接線方向?

その考察だと太陽系はエーテルに対して静止していることになるな。

76 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/12(金) 01:20:53 ID:???
>>74
>マイケロソン・モーリー実験、この実験結果の再解釈をしている論文がある。 
どの論文なのかタイトル、著者、雑誌名を明記しろよ。この馬鹿+徒労。

77 :catastro:2005/08/14(日) 01:12:44 ID:UrhHZ4Pj ?
私が最初に気がついたのは、"From classical to modern ether-drift experiments:
the narrow window for a preffered frame" M. Consoli and E. Costanzo
(physics/0410245)だが、
その前に、あのホールトン・アープが、"IS PHYSICS SLOWLY CHANGING" で
その同じ著者達の1年前の論文に気がついていたようだ。
"The motion of the Solar System and the Michelson-Morley experiment"
(astro-ph/0311576)

78 :catastro:2005/08/14(日) 01:18:00 ID:UrhHZ4Pj ?
>>75
いやそうではなくて、204km +-36km となっていて、地球の太陽に対する
公転速度 30km/sec 程度の誤差を含んだ太陽系の絶対速度を示している
かに見える数字をだしているのだ。季節変化をも感じさせる数字をだす
のは、恐らくそれほど信用できるものではないと思うが、私の最初の印
象は、まだまだ特殊相対論否定論者はいるのだということだ。

79 :catastro:2005/08/14(日) 01:23:42 ID:UrhHZ4Pj ?
特殊相対論の95 年も前から地球の絶対速度を測定しようとした実験は
あったそうで、"Arago:(1810) the first experimental result against
the ether" Rafael Ferrano (physics/0412055) この実験にフィゾーが
影響を受け、アインシュタインの初期の考えは、フィゾー実験によるそ
うである。科学は文化であり、永い歴史である。

80 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/14(日) 01:26:51 ID:???
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/sci/1120320590/5-8n


81 :catastro:2005/08/14(日) 01:33:03 ID:UrhHZ4Pj ?
実験が結果を再吟味するだけで正反対の結論を導けるなら、それは
実験ではない。しかし、データは多く残されていて、Molley -Miller
等のその後の実験も言及されていて、再検討されているようだ。実験
は、恐いものだ。

しかし、LIGOやGEO600やTAMA300が、正しく機能しているなら、これら
の実験装置はマイケロソンモーリー実験を何万倍も精度よくしたもの
だから、重力波検出にはまだ到達してなくても、特殊相対論の否定論者
に納得できる結果は、十分すぎる結果を示すことができるだろう。


82 :catastro:2005/08/15(月) 00:15:32 ID:99xpUVMu ?
>>77
>ホールトン・アープが、"IS PHYSICS SLOWLY CHANGING"
は、http://www.holtonarp.com/

83 :73:2005/08/17(水) 02:04:45 ID:???
釣りネタの選択はよかったんだけどなぁ。
・・・かかった獲物にものすごく不満。

84 :catastro:2005/08/17(水) 16:03:14 ID:Wep9r3Kc ?
>>83
そうだな。こんなもの出したくもない重い話題だった。

85 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/17(水) 16:11:13 ID:???
>>83
まさに徒労だったな

86 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/08/19(金) 13:07:25 ID:g2+zH3ZX
銀河の暗黒物質の存在を明らかにするため、
太陽のまわりを地球が回転しながら、かつ、銀河系内で太陽系がある方向に
進んでいることを利用して、暗黒物質を観測するそうな。

その際、太陽系の銀河内での進行方向に対する地球の公転軌道の関係が重要らしい。
地球の公転面は、太陽系の進行方向の垂直な面から30度くらいずれているそうな。
このために、暗黒物質をより速い速度でよぎるときと、遅い速度でよぎるときが
1年間の中で周期的に訪れるのだろう。それを検出しようってわけかな。

新版のマイケルソン=モーレーの実験だよね。

87 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 15:28:42 ID:/jMVc1aD
ビッグバンが間違っているとしたら暗黒物質の必要性は無くなるわけだが

88 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 15:56:40 ID:???
銀河の回転速度から計算される銀河の質量が大き過ぎる
問題を解決するためにも、暗黒物質は必要だよ。


89 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 16:13:13 ID:???
>>87
なくなりませんけど。

90 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 17:32:01 ID:/jMVc1aD
準定常宇宙論には必要ないんだよ

91 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 18:03:48 ID:???
>>90
>>88嫁。

92 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 18:34:32 ID:gxxMGNvZ
準定常宇宙論を知らないようだな
それはいいとしても暗黒物質は非常に興味深い問題ではある

93 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 18:43:59 ID:???
>>92
説明できないなら失せろ。
ビッグバンスレで逃げ回ってるのもお前だろ。

94 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:03:11 ID:gxxMGNvZ
てか定常宇宙論ってビッグバンと対抗してた理論なのに知らないとか

95 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:14:25 ID:???
(準)定常宇宙論支持者って、過去のカビの生えたような観測結果程度の支持理由しか言えないのな。

96 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:28:21 ID:???
>>90>>92>>94
おまえいいかげん具体的なこと書けよ

97 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/05(月) 19:28:52 ID:???
定常宇宙論を知らない人が何をおっしゃる

98 : ◆/yq9NULLpo :2005/09/05(月) 23:21:11 ID:???
これだけ馬鹿が次から次へと湧いてくるという事は、この宇宙がいかに失敗作であったかを如実に物語っている

99 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/06(火) 22:10:58 ID:???
ジエチルエーテルの風で全員死亡または昏睡状態に

100 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/08(木) 12:52:42 ID:???
宇宙にエーテルが満たされているとしたら、空間の膨張は説明できますか?

101 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/09(金) 04:47:28 ID:uD/RnJ/o
むしろエーテルが宇宙の膨張を加速させてる

102 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 18:40:30 ID:m6n2VVqt

宇宙が膨張している場合、ハッブルの法則からすれば、彼方に、
私たちから光速で遠ざかる場所あり、さらに、光速以上で遠ざかる場所がある。
光速以上で遠ざかる星雲からの光は、我々に届かない。

19世紀末にエーテルが打破され、アインシュタインの特殊相対論が登場したとき、
どのような系から発生された光を、どのような系から見ても、光速で走っていることを
見ることができる、ということだった。



103 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 18:42:15 ID:m6n2VVqt
(つづき)
一般相対論の範疇である宇宙膨張を考えるとき、
何か、エーテル概念が戻ってきたような気がするのですが、
いかがでしょうか。

104 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 18:56:36 ID:???
>>103
時空多様体を比喩的にエーテルと呼ぶことは別に珍しいことじゃない。
アインシュタインだってやってる

105 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/14(水) 23:59:01 ID:hoMWV3Io
第五元素としてのエーテルを考えるべき
アリストテレスの言葉には必ず宇宙の謎を解くヒントがあるはずだ

106 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/15(木) 00:05:12 ID:???
地球と一緒にエーテルの層が回転しているからだろ。


107 ::2005/11/08(火) 21:17:58 ID:???
>>83釣られてやるよ!

ていうか現代科学がエーテル理論によって構築されていることを証明してやる。
現代科学は電磁場、重力場、ゲージ場というように空間に生じる力、物理量を場の概念で記述している。
ならば場を媒質に置き換えれば、科学は実質エーテル(媒質)を使っているではないか!。

そもそも媒質と場を区別できる科学者なんているのかな?。

108 ::2005/11/08(火) 21:23:43 ID:???
まあ俺なりに解釈すると
媒質は存在するモノであって非存在ではない。
それに対し場は、対生成(存在)と対消滅(非存在)の間を揺れ動く摩訶不思議な空間だ。(ある意味オカルトと紙一重)

しかし媒質も
例えば水分子を電荷レベルで見れば電離して水素イオン(+)と水酸イオン(−)が対生成し、そして結合してイオンは見かけ上対消滅(±0)する。

あるいは水を電気分解すると水素と酸素が対生成し、そして点火するとエネルギーを放出して爆発し、対消滅して生命にとっての空間となる。

ようするに媒質は場の性質(要素)を含む、より普遍的な高次の量なのだ。

109 ::2005/11/08(火) 21:29:19 ID:???
ところで、媒質が光速度不変に抵触するのなら、なんで場は引っかからないのか!
なんで議論の対象にならないのか!

もっともその理由は明らかである。
すなわち都合のいいときは場は大活躍し、都合の悪いときは場は忘却の彼方へ消し去ることができる。

それゆえ科学者は、「場」という用語を好むのである。

110 ::2005/11/08(火) 21:31:37 ID:/o/jCyu1
アインシュタインはライデン大学において
『一般相対論によれば空間は物理的性質を付与されている』
『一般相対論によればエーテルなしの空間は考えることもできない』
等と将来エーテル否定が覆ってもいいように保険をかけている。

エーテルはそれほどヤワな存在じゃないんだよ。

111 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/08(火) 21:38:23 ID:???
>>110
>>104

112 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/09(水) 14:10:23 ID:???
エーテル食べ放題。

113 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/17(木) 10:18:04 ID:???
俺73=83だけどさ、もう夏じゃないんだよ。

114 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/11/17(木) 11:17:20 ID:???
イタイやつだな。

115 :catastro:2006/01/13(金) 23:52:58 ID:L4QvqFhS
エーテルの風は確かではないようだ。CDM をそんな風に測定しようにも
物質が分かってなくてなにができよう。
膨張宇宙論では絶対静止系が存在するから、背景輻射の静止系も観測される。
始まりのある宇宙では時間経過の違いは明らかであるから、速度は絶対的だ。
我々は、相対論以前の状態に戻ったような気がするが、実はそうではない。
特殊相対論と,一般相対論の違いを求める実験が設定されているが、それは
マイケルソンモーリー実験よりもずっと精度の必要な実験という。


116 :catastro:2006/01/13(金) 23:56:53 ID:L4QvqFhS
>>110
保険をかけているわけではない。真空に特性を認めない立場の特殊相対論
と、そうでないその他の理論、一般相対論、量子力学があって、一般相対論
の計量は新たなエーテルだが、それに速度の特性を持たせてはいけないと
言っている。光の媒体のエーテルとは、区別すべきなんだ。

117 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 08:45:04 ID:tpWxG4fa
エーテルは3次元よりも次元の高いものかも?

118 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 11:19:16 ID:tpWxG4fa
つまり、エーテル風は別の次元で流れているので、
3次元の測定(マイケルソンモーリーの実験)では観測できなかったのでは?

119 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/09(日) 04:17:55 ID:???
観測にかからないものを考える必要があるのか。

120 :物理初心者:2006/07/13(木) 19:02:04 ID:???
>>119
なるほどそうですね。
ではエーテルを仮に「畳み込まれた多次元の、極微的にひも状の電磁的に振動しうる場」と仮定します。
エーテルは光の媒体でもあり、エーテル風は重力(加速度)として、宇宙と同化しているように思えます。
そのため等速運動でのマイケルソンモーリーの実験ではエーテル風を観測できなかった。
以上、素人の思いつきなので本気にしないでください。

121 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/14(金) 06:02:52 ID:???
>>120
素人の思いつきはチラシの裏にでも書いて満足しててください。

122 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/23(水) 01:39:14 ID:???
>>120
考えるのはいいとして、それは観測できるのかい?

123 :catastro:2006/09/07(木) 01:09:16 ID:3zm20r0g
最近のエーテルの流行は、(風邪ではないよ、)わけがあったようです。
ここ十年ばかり、相対論を検証する流れがあって、様々な実験が計画
され、実行されたようです。光速の等方性測定、マイケルソン・モーリー
実験結果の再吟味、これらは、怪しい科学の展覧会でしたが、いつも、
眉に唾をつけてきくこと。WMAPもやっぱり間違いを含んでいたように
思う。3年間の結果の分析からは、96でなく98%の謎のようだし、λ
はいらないらしい。なんと。

124 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 01:44:54 ID:???
馬鹿scatro晒しage

125 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 09:30:34 ID:+q57zryg
エーテルの風はあるとか言っている奴は馬鹿じゃないの?

エーテル風信じてる奴はなにもないのに「ここにはケーキがある!」っているジャンキー、痴呆の奴と同類

126 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 10:43:40 ID:???
痴呆は↑

ケーキ食っているのに食ってない、と言い張る。
空間は何も無いと考えている物理学者はいない。
いるとしたら無邪気なオマイだけ。

127 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 15:30:00 ID:uuDEW/lU
私は工学部なのでマイケルソン・モーリーの実験を教わったときレーザーも
ない当時の技術でよくこれができたと思いました。ねじで行路調整するくらいの
当時の機械精度でよく結果が出せたと感心しました。

128 :127:2006/09/08(金) 20:21:51 ID:lmQif/Vq
>>123 当時の再現技術で追試は行われたのですか? 光源はせいぜいナトリウムランプ
行路の機械精度は10μm くらいではないでしょうか?

エーテルが存在しない事実はかわらないけど科学史は書き換わるのではないでしょうか。


129 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 20:31:57 ID:4HGBulJj
空気があるのだからエーテルあってもおかしくないネ

130 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/08(金) 20:58:06 ID:r8BUVPxU
エーテルは鉄郎と旅をする

131 :127:2006/09/09(土) 08:49:04 ID:hE7G8aTo
物理やさん だれも答えてくれないね。もしかして俺 無意識に最大の
タブーに触れてしまった?

132 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 10:54:52 ID:N9RfdcWv
どこの馬鹿工学部?
レーザーでなくても金属のスペクトルが特有の波長を示す。
お前みたい低脳は工学部の恥。

133 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 11:48:55 ID:???
>>127

なんのために干渉縞使って影響を拡大し、さらに機械精度の誤差が問題にならないように
差分の変化を取ってると思ってんだ・・・

134 :127:2006/09/09(土) 12:10:41 ID:hE7G8aTo

光源 P から発せられた光は、ハーフミラー A で二つに分かれます。
A で反射されず右方向に進んだ光は鏡 C に反射され、
A に戻って来ます。A で反射されて上方向に進んだ光は鏡 B で反射され、
やはり A に戻って来ます。

教えていただきたいのはどうやって当時の技術で AC=ABを同じにできたかということです。


135 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 13:01:06 ID:???
徐々に動かして変化の様子を見ればいいわけだが

136 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/09(土) 23:23:30 ID:5+ig56mU
実験技術が発達してくると
工夫しない馬鹿が増えてくるんだなぁ。

137 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 00:12:23 ID:???
厳密に AC=AB にする必要もないが、MM実験では白色光を使って0次の干渉縞を探した、とある。
要するに両方の往復時間が等しくなるように調整したということだな。


…「往復時間が等しくなるように調整したなら時間差が出ないのは当たり前じゃないか!インチキだ!」

と吠えるかなw

138 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 01:35:30 ID:???
エーテルの風は吹かない

139 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 08:18:56 ID:jeDFo1vO
化学分野なら吹くねぇ

140 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 14:50:37 ID:???
>>137

等しくなくてもいいんじゃね?
波長の整数倍のズレならいいんだから、同じというか干渉する場所に
あわせてるだけだよね?

141 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/09/10(日) 17:24:00 ID:???
だから、等しくする必要はないと書いている。別に整数倍である必要もない。

単に、

  マイケルソンたちは白色光を使って0次の干渉縞が出るように (= 往復
  時間が等しくなるように) 装置を調整した

という史実を紹介しているだけ。

142 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/10/30(月) 00:38:11 ID:???
モーリーさんは晩年はレーザーで実験やってなかったっけ

143 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:18:10 ID:???
相対論関係の書物には、ローレンツ短縮が面白おかしく記述されている。
例えば電車などの物体の長さが半分になったり、せんべいのようにぺしゃんこになる図である。
しかし本来エーテル理論から導かれるローレンツ短縮はずっと穏やかなものだ。
ちなみに地球の公転運動によるローレンツ短縮はナノレベルの微々たるものであり、
ほとんど無視できる。
たとえ人類が光速の10%の速度を出せるロケットを開発したとしても、
全長100bのロケットが数十a短縮するに過ぎない。

144 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:20:05 ID:???
それに対し、あらゆる運動は相対的とする相対論によるローレンツ短縮は凄まじいものがある。
なぜならわれわれの身の回りには光速に近い電子や、ほとんど光速と言っていいような
ニュートリノが飛びかっているからだ。
すなわちそれらの素粒子から見れば、光速近くで走っているのはわれわれである。
それゆえわれわれは、まさにせんべいのようにぺしゃんこに潰れていることになる。
ただしわれわれ自身はそれを感じることはないらしい。
いずれにせよわれわれは、SF小説に登場する宇宙船に乗らずとも、
絶えず光速近くであちこち飛び回っていることになる。

145 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:21:26 ID:???
あらゆる運動は相対的とする相対論がどんなに奇妙奇天烈な理論だとしても、
実験(観測)結果が支持しているのだからという理由で正しいとされている。
では本当に、相対性理論の相対性を支持する観測事実はあるのだろうか?

146 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/28(火) 23:23:02 ID:???
例えばよく引き合いに出されるミュー粒子、すなわち光速近くで走るミュー粒子は、
寿命が延びた結果本来到達できないはずの地表近くへとワープする。
しかしそれはローレンツ変換の有効性が確認されただけであって、相対性が確認されたわけではない。
すなわち相対性が正しいというのならば、ミュー粒子の立場からの視点が必要である。
つまりそれは、光速近くで地球(というより、そのミュー粒子を除く全宇宙)が
どこかへワープした現象である。

果たしてそのような現象は確認されているのだろうか?

147 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 07:52:17 ID:???
ワープってなんだよw

148 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 09:00:40 ID:???
>>147
やっぱりそこを突っ込まれたかーw

別にSF用語でなく、単なる移動。

149 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 09:48:42 ID:???
143から146までだらだら書いて、けっきょく最後は
「ワープは確認されているかどうか」を人に尋ねているだけですか。
お答えします。「いや、聞いたこと無いですね。」

150 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 13:21:09 ID:???
>>149
>お答えします。「いや、聞いたこと無いですね。」
じゃあ、相対論における相対性は未だ仮説ってことですネ

151 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 18:02:50 ID:???
相対性とワープには、何の関係も無いのだが・・・

152 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 21:32:08 ID:???
何か誤解されてるみたいなのでワープという言葉を使わないで説明する。

大気圏外で生まれたミュー粒子は寿命が短い為、たとえ光速近くで走っても数百b?程度しか動けない。
ところがそのミュー粒子が地表近くで観測されるのは、光速近くで走ったために寿命が延び、
その分長い距離を走ったからだと説明されている。
しかしそれはローレンツ変換の有効性が証明されただけである。
なぜならそれはエーテル理論によるローレンツ変換でも説明可能だからだ。

153 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/29(水) 21:33:54 ID:???
つまり相対性が正しいとするならば、ミュー粒子からの視点が必要である。
その場合次のように説明される。
すなわちミュー粒子は空間に静止している。光速近くで動いているのは地球である。
それゆえ地球がローレンツ短縮し、大気の厚みが減り、寿命が短いミュー粒子も大気圏を貫通できた。
しかしそれは相対性が正しければそう解釈できるというだけではないのか。

ではそれが仮説でないとしたら、
光速近くで動いた地球(あるいはそのミュー粒子を除く全宇宙)は何処へ行ったの?
で、それは検証されてんの?というのが俺の問いなんだが。

154 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/30(木) 13:51:43 ID:???
>>153
何処へも行きませんから。
検証(何をどうやってするのか判らんがw)の必要もありませんのだ。

155 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/02(土) 19:15:15 ID:???
エーテル理論によるローレンツ変換てのは初めて聞いたな
そんなのあるのか。それは相対性理論のローレンツ変換とどかがちがうのかね。

156 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/02(土) 20:58:57 ID:???
>>155
光速不変と特殊相対性原理から導かれた数式が相対論の使うローレンツ変換。
それより以前エーテルが信じられていた時代、MM実験の結果を説明するために
物体は進行方向に縮む、としたのがエーテル説によるローレンツ変換。
ローレンツが先に提出したのでローレンツ変換の名で呼ばれる。
エーテルが有るとした理論と無いとした理論による数式は奇跡的な一致を見せている。
逆にちょっとでも違っていたならば、その時点で相対論の使う数式は
アインシュタイン変換と呼ばれていたはずだ。

157 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 00:48:20 ID:???
それってただの 「ローレンツ短縮」 のことじゃないの
エーテル説で相対性理論と同じローレンツ変換式が使えるとは思えませんが。

158 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 10:46:50 ID:???
ローレンツもポアンカレも「エーテル理論」に基づいてローレンツ変換 (ローレンツ収縮ではない) の式を
導いてますが何か?

電磁方程式がこの変換で形を変えないことも見出していますが (完全ではなかったらしいが)

ローレンツたちのローレンツ変換が相対論と違っていたのは、x', t' を「有効座標」「局所時間」と呼んで
「真の」空間・時間 x, t と区別していたこと。

要するに、

  エーテルに対して運動する結果、時計やものさしといった測定器や人間の感覚や認識まで
  影響を受け、「真の」空間・時間 x, t とは違う x', t' を空間・時間であると錯覚してしまう。その
  結果、エーテルに対する運動を見出すことが出来なくなる。当然、x', t' を「真の」空間・時間
  と識別することも不可能になる。

という考え方だったようだ。



159 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 18:22:45 ID:???
何言ってるんだか理解できません。どうぞお好きなように持論を展開してください。

160 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/03(日) 19:14:32 ID:???
たいして難しいことは書いていないと思うが。

俺の持論でもない。科学史上の事実を述べているだけだし。

161 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/06(水) 15:19:09 ID:???
>>154
それが常識的な答えだろうが、
それでは空間に静止しているミュー粒子は大気圏を貫通できない。

この矛盾を言葉だけでいいから、誰か解決してくれないか?

162 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 04:34:37 ID:???
「静止している」と「貫通する(運動している)」が両立出来ると!?

163 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 17:22:13 ID:???
光速近くで動いた地球は何処へ行った?
 ↓
何処へも行きません
 ↓
それでは空間に静止しているミュー粒子は大気圏を貫通できない


???まったく話が見えない

164 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/01(月) 17:06:07 ID:???
(ミュー粒子にとっては)光速近くで運動している地球は、
(ミュー粒子にとっては)すごく遠くにいっちゃいます。
我々にとってはいつもどおりですがね。



165 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/11(木) 11:58:50 ID:XlRjlBHx
あげ。

166 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 11:55:15 ID:isV4HCQI
エーテルの正体はベクトルポテンシャルっぽいな

167 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 18:11:15 ID:???
ウソはいかんよ

168 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 18:21:22 ID:dacNPwb+
こんなスレがあったのか
>1はそのうち出世できる。

169 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/14(日) 19:32:07 ID:???
風の息吹を感じるんだ

170 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/15(月) 08:28:31 ID:Eb/01ShN
エーテルは存在する!

171 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/26(金) 12:25:33 ID:8FLe9j53
真空は何もない空間ではない
エーテルは風ではなく宇宙そのものだ

と言っていたのは誰だったっけ?
何かで読んだよ


172 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 09:50:05 ID:tb6EPZam
アインシュタインも晩年はエーテルを肯定している論文があるようなことをコンノさんが紹介していた。
わたしは相正だが、光速度を変えないエーテルという仮定もありなんじゃあないかなあ、と。

たとえば自動車の運動量を量る時、座標原点を適宜に設定するけど、座標原点が現実に存在するわけじゃあない。
この意味で相対的だが、絶対座標がどこにも無いというのならばどこにも静止している何も無いということになる。
つまり全てが運動しているのならば、そのことを前提に非物理的な存在は考えられないのではないだろうか?

すべては運動するのだが、その運動を理解するには頭の中で静止する点を仮定して運動量として量る。
しかし光速度を変えるエーテルが存在しないことは、物理的存在を否定することにならない。
これは認識の在り方の問題に還元できないだろうか?

認識が現実には存在しない静止する点が必要であるというこの性格が問題なのではないのだろうか?

173 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 09:51:45 ID:???
>>172
>わたしは相正だが、
「相正」という単語を使うのは相間だけだろwww
そもそもコンノみたいな馬鹿を引用するのも相間だけだしな。

174 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 10:56:57 ID:???
  Λ_Λ    
 <=(´∀`) <わたしは相正だが〜
 (    つ.  
 | | |  
 〈_フ__フ  

175 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 12:45:23 ID:DXZDMHDt
エーテルが存在しないなどと本気で思ってるのか?

176 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 13:00:15 ID:GhYfOg/F
存在しない

177 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/17(土) 18:32:21 ID:???
>>164
何か苦しいねw
地球上の人間が観測する事象と、光速に近い素粒子の立場からの事象が
現実のものなら、相対性理論は多世界(解釈)の一種なのかな?
例えば、ほぼ光速度の素粒子から地球や太陽等の天体を見れば、それらは
質量あるいは運動エネルギーが無限大になってブラックホールになっているはずである。

178 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 15:42:19 ID:???
> アインシュタインも晩年はエーテルを肯定している論文があるようなことをコンノさんが紹介していた。
> わたしは相正だが、光速度を変えないエーテルという仮定もありなんじゃあないかなあ、と。

「エーテルを肯定している『論文』」なんてものは存在しない。

一部だけ抜き出すと「エーテルを肯定」しているように見える「講演」ならある。
その前後を読めばそういう意味でないことは明白だが。

コンノはアインシュタインの言葉の中から自分の都合が良いところだけ抜き出してきたか、前後を
読んでも「エーテルを肯定しているわけではない」ことが理解できなかったか、のいずれかという
ことになる。

前者なら大嘘つき、後者なら大馬鹿者。いずれにしてもカス。

相対論を理解して「物理理論として正しい」と認めている奴が、コンノがカスであることを見抜けない
ということはあり得ない。

結論:>>172は相間

179 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 15:46:47 ID:???
> 地球上の人間が観測する事象と、光速に近い素粒子の立場からの事象が
> 現実のものなら、相対性理論は多世界(解釈)の一種なのかな?

車に乗って、まっすぐな道をスロットル全開でひた走る。道端にヒッチハイカーがいたけど無視して通り過ぎた。

ヒッチハイカーから見たら車は遠くへ走り去ってしまったけど、車を運転している俺にとっては車はただ自分と同
じ位置にずっといるだけ。

どうやら相間の頭の中ではこれが「多世界解釈」らしいw


180 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 21:28:16 ID:???
>>179
スロットル全開って、時速何百`の世界を語られてもなーw

181 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/18(日) 22:00:55 ID:???
別に数百km/hどころか1mm/y でも同じことだけど。

相対論以前の問題なんで、相対論的な速度であるかどうかは全然関係ない。

182 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/19(月) 13:48:11 ID:???
>>181
何で?
俺が177で述べたのは、A,Bがすれ違った場合(等速直線とする)互いに相手の長さが縮む、
時間が遅れる、質量(エネルギー)が増大するといった現象が連続なものには言及していない。
俺が指摘したのは相手の様相が劇的に変化した場合だ。
つまり、光速近い素粒子から太陽を見れば光速近くで動いているのは太陽である。
ならば太陽は巨大な運動エネルギーをもっていることになり、
核反応の暴走を起こし、あるいはブラックホール化していることになる。

素粒子から見た太陽はブラックホール化している。
しかし太陽系の住人は何事もない普通どおりの生活を送っているとなれば、
2つの事象を両立させるには多世界を考えないと破綻するのではないか。
もっとも、光速近くで走る素粒子から見た太陽がブラックホール化しているという見方も、
あくまで仮想のシミュレーションであり、およそ信じがたいわけだがw

183 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/02/19(月) 15:34:45 ID:???
ありがちな誤解って奴だな。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)