5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

任期無し教員になって燃え尽きた人

1 :Nanashi_et_al.:2006/05/31(水) 18:31:28
苦労に苦労を重ね、任期無し教員になって、燃え尽きた人はいませんか?
僕は、燃え尽きました。

今は授業の時間以外、家で寝ています。

任期無しの大学教員になるまで激鬱でしたが、
リタリンという処方覚醒剤を飲んで猛烈に研究し、
公募に出しまくりました。

今は、授業以外何もしていません。
僕みたいな人はいませんか?

2 :Nanashi_et_al.:2006/05/31(水) 19:24:29
2

3 :Nanashi_et_al.:2006/05/31(水) 19:41:04
>>1
いいね。
早く任期なしになりたいよ。

4 :Nanashi_et_al.:2006/05/31(水) 20:05:04
で、一生助手で終わるの?

5 :Nanashi_et_al.:2006/05/31(水) 21:44:05
いや、任期なし教授になりたい

6 :Nanashi_et_al.:2006/05/31(水) 21:54:34
むり。

7 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 00:21:30
>>4 助手は授業はできなくて学生実験か演習だけだから(少なくとも
旧国立大はそう。)1は助凶寿か子牛のどちらかになったと思われ。

8 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 00:26:34
教授になってくだらんことやっている連中はいっぱいいるね
欧米でやったことの後追いなのに,世界初とか嘘並べて
文部科学省から予算とってこようとしたりね
そんなのに比べたら,授業だけやっている方がましだよ

9 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 00:27:21
>>1は女子学生にも人気無し

10 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 00:31:28
任期なし 嗚呼任期なし 人気無し

11 :1:2006/06/01(木) 03:50:44
私大の専任講師です。
今は週3コマの授業と卒研だけ
せめて授業だけは力を入れてやっていますが、
会議はさぼりまくりです。
鬱病であることをカミングアウトしているので周りの先生は
優しく見守って下さっています。

今年から科研費にも落ちたし、5月のゴールデンウイークを境に
全く研究しなくなりました。

週に270分しか働いていないのに結構良い給料をもらっていることに対して
罪悪感すら感じます。

12 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 03:54:26
>>11
何でやる気なくなったの?

13 :1:2006/06/01(木) 08:19:06
多分鬱病とリタリンを止めたせいだと思いますが、
もはや、やりたいことも、欲しい物も、成りたいものも
何もありません。
走っていないと倒れてしまう自転車のように
何かをやっていないと生きていけないかと思うと苦痛で仕方がありません。
ずっと眠っていたい。

14 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 08:38:01
リタリンていいの?ところで。

15 :1:2006/06/01(木) 08:40:44
リタリンを飲めば無敵の男になれます。
是非、リタリンを飲んで日本の科学技術に貢献して下さい。

16 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 08:54:59
>>14
リタリンは人により常用性があり、化学構造が覚せい剤と似ているので危険性が指摘されてる。
飲めば無敵なのはそうなんでしょうね。>>1

俺も専任講師で軽度の鬱病もちだけど
任期付きだし次の事就職先考えるととてもカミングアウトできない。
周りが温かく見守ってくれるのならしばらく穏やかにして再起すればいいじゃない。
あせる必要もないし、正直うらやましい。

17 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 08:56:24
欲しい物もないとわ。折れに奢ってくれなさい。

18 :1:2006/06/01(木) 09:35:52
>>16
リタリンは3時間だけ無敵になれて、猛烈に研究したり論文書けたりした。
でも、3時間後のリタリンの切れた時が地獄だった。
だから飲む時はよほどの覚悟がいった。
そのせいで依存はしなかった。

リタリンのお陰でここまで来れたと言うのが正直なところ。
リタリン無しで再起できるかどうかとても心配。

授業に逝ってきます。

19 :Nanashi_et_al.:2006/06/01(木) 13:43:51
今は激走して疲れてしまったのではないですか?
しばらくは今までの骨休めと思って、授業以外は寝ていてもいいのではないですか?
(授業をちゃんとやるだけましですし、授業をやるのが仕事なのでしょうから、それ以外は寝ていても問題ないでしょう)
16さんの意見ももっともです。あせることないですよ。
任期が切れたら先がないので欝でも病気を隠して仕事していつまで経ってもよくならないままぼろぼろになっている人が沢山います。

全然関係ないですけど、3時間後に切れたときの地獄って、どういう状態になっちゃうんでしょう?

20 :1:2006/06/01(木) 14:01:23
>>19
優しいお言葉ありがとうございます。
研究者として腐っていっているような感じがして、
常に焦燥感がありますが、落ち着いて、もう少し休ませてもらいます。

ちなみにリタリンが切れた時の反動はものすごいものがあります。
コテンパンに疲れ果てて、極端にイライラします。
時には激鬱になります。
それらを抑えるためにマイナーの安定剤を飲むのですが、
それでも破壊的な発言や行動をしてしまいます。

リタリンを飲んだときの爽快感と高揚感はとても良いものです。
人によっては3時間おきにリタリンを飲んで高揚感を持続させるそうです。


21 :16:2006/06/01(木) 14:48:34
>>1
リタリンの常用性と私が言ったのはそういう意味なんです。
切れるとあまりにきついので短時間で飲む。→時間が段々短くなる。
との事ですね。
でも貴方はそれを乗りきったのだから少し身体を休めるのがいいでしょう。
そして再起を図れば十分です。
私は任期付きとはいえ長期の任期だったのに甘えてしまい怠けすぎてしまいました。
もうじき任期が切れてしまうのでどうしようか思案中。


22 :Nanashi_et_al.:2006/06/02(金) 15:48:00
19です。大学にいても、研究どころか教育しないで学生に暴言を吐いている教授も沢山いますし、
そういう人に比べたら、苦しんでいる1さんのほうがよっぽど教育者になれるのではないでしょうか?
研究をすごい勢いで続けていくことだけが大学教員の使命ではないでしょう。
今までしばらく頑張りすぎて、その分今休んだっていいと思ったほうが精神安定上良いと思います。
まずは薬を絶てるところからはじめるといいと思います。

23 :1:2006/06/02(金) 19:44:48
>>22
19さんありがとうございます。

今日も病院に行った後、午後から寝込んでしまいました。
今から授業の用意をします。
夜は睡眠薬を使って眠ります。

任期無しのポジションと言っても、いわゆるEランク私大なので
10年後は大学そのものが無くなると思っています。
そろそろできることから始めていかないとヤバそうです。
世知辛い時代に研究者になってしまったものです。

24 :Nanashi_et_al.:2006/06/02(金) 20:18:50
このまま1氏が講義オンリーの人になれば
いわゆるドクターストップということやね
端から見ると博士論文のあとネタ切れみたいな
一昔前まではそんな教員も少なくなかったけど、
今はたしかに大変な時代ですね
でも本当に研究者としての適性があれば、そのうち
講義だけじゃ我慢できなくなりますよ。それまで
休んでみても良いのでは?任期無しの特権ですよw

25 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 01:16:16
鬱が酷いみたいですが、一年ぐらい続けて抗うつ剤を服用してみると殆ど治るよ。
ただしパキシル以外で。パキシルはやめにくいのでね。


26 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 01:18:21
【医学】抗うつ薬・Paxil(パキシル、パロキセチン)は、30歳未満の成人の自殺リスクを上昇させる-GlaxoSmithKline社
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1147534500/

27 :1:2006/06/03(土) 01:31:52
>>24さん。
ありがとうございます。
論文は、論文は既に2本書き上げているのがあるのですが、投稿するのが怖くて。
これまでに4本の論文が条件付き採録になり、結局レジェクトされてしまった
という苦い経験がありまして、投稿するのが怖くて出来ていません。

>>25さん
今トレドミンを1日に125mg,アモキサンを75mg,ドグマチールを300mg
飲んでいます。酷い鬱の精神症状にはならなくなりましたが、
とにかくからだが怠くて,同時に鬱の身体症状が出てきて生活に支障が
出ています。主治医は後一踏ん張りだと言います。
あまり寝込まなくて、なるべく外出をして目先のできることから
やっていきましょうと言われています。

早く完治させて、昔のように朝8時から夜の23時まで研究室に
籠もりっきりの研究をしたいです.
もちろんそれが原因で重症の鬱病になったのですが.

研究者って本当に過酷な仕事だと思います.

28 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 01:42:40
趣味とか楽しみとか出来るといいね。

29 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 05:01:50
1さん偉いなぁ。。。。
私は、リタリン飲むのが怖くて・・・来年も助手のままです。
この4年、COE他の巨大プロジェクトに飲み込まれて、
AM9:00〜AM5:00生活。去年の夏にパニック起こして、うつ病と診断されました。
他の研究室の助手があれよあれよと辞めてゆき、
自分の研究なんて、エフォート5%以下。
機械の管理やら、他学部の学生の指導やら・・・
ファースト1報。あとは学生をファーストにしてるから、評価されませんでした。
もう、こんな世界にしがみついてなくてもいいかなって・・・最近思います。
ただ、巨額の血税分の成果はまとめないと・・・どこにも自分の名前は無いですが。
今も、教授のゴーストで再来週〆切の執筆依頼原稿を書いていました。
学生もゴーストで来週〆切の新聞の原稿書かされてて、そっちをこれからチェックしないと・・・
もーつかれちゃったなぁ・・・でも、編集の方々に迷惑かけるわけにはいきませんよね。
リタリン・・・持ってはいるんですよ。でもやっぱり飲めません。

すみません、理系板で愚痴っちゃって・・・メンヘル板行きます。

30 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 08:52:41
不正アフィリエイトなどニャー速の黒い部分が明らかになってきました
現在進行形で祭り中

資料9(最新版) http://myon.blog.shinobi.jp/Entry/9/

31 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 10:04:48
>>27 そんな、せっかく書いた論文あるのに投稿しないなんて、もったいない。
落ちるのは怖いったって、落ちても書き直すとか、他の雑誌に投稿し直すとか
色々手だてはあるでしょ? 自分が投稿しないうちに、同じ成果が他の
人の論文になってしまうことの方がよっぽど悔しくないですか?

32 :1:2006/06/03(土) 13:46:44
>>29

頑張られている29さんの方がずっと偉いと思います。
僕の場合はリタリンで今の身分まで来ただけですから。
リタリンタを使わない今となっては廃人と同じです。

>>31

僕は病気なので健常の人に理解してもらえるか分かりませんが、
もはや自分の栄達なんてどうでも良いのです。
起きている間に、何かするのも、何もしないのも苦痛です。
だから授業と授業の用意以外はずっと眠っています。

正直死にたいです。でも死ぬと家族に迷惑をかけてしまうので
嫌々生きています。

唯一授業だけは真面目にやっています。
僕はよく学生に「今後も生きたいか?」と尋ねるのですが、
みんな「生きたい」と言います。
生きたいと思っている人達の人生をサポートするのが
せめてもの自分の役割であり存在意義であると思っています。


33 :19:2006/06/03(土) 14:03:15
1さん、なにかやりたいことないですか?
あれを食べたいとか、どこか見てみたいものがあるとか
何かないですか?あったらやってみてください。

34 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 14:07:25
>>1
薬の量があまり多くありませんし大丈夫ですよ。
そんなに重度ではないはずです。
(もちろんご本人がつらいのは重々分かっていっていますし、
自殺衝動だけは抑えなければなりませんが)
どれだけの期間薬の服用が必要かは人によりけりですが大体の人は一年くらいで
おおよそもとの生活に戻れることが多いです(薬込みでですが。。。)
その後また頑張ればいいですよ。

あと一番大事なことはご家族がおられるなら大事にされることかと。

35 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 14:09:50
>>19さん
実はそれは鬱病患者には禁句な問いかけなんです。
もし>>1さんが何とも思われなければ問題ないのですが、
なにか楽しみを見つけた方が良いと言うのは実は症状が思わしくないときには
言わない方がいいことなんですね。
よけいに悩んでしまうことが多いです。

本当に余計なお世話ですがご参考までに。

36 :19:2006/06/03(土) 14:52:03
35さん、そうなんですか。。
すいません、良くないことを言ってしまったとしたら、ごめんなさい。

37 :35:2006/06/03(土) 15:07:32
>>19さん
大学の教員をされているかただと思いますし、学生さんの事もあると思いますので
あくまで「一般論として」言っておきますね。
(本当は個別のケースで違います。)
鬱病の方は何もする気にならないことが多いです。
ですので何か楽しいことを見つけろと言われるとそれがまたプレッシャーになることが多いのです。
何もしたくないなら他人が楽しそうと思われるということでもそっとしておいてあげることが良いことが多いです。
励ますために飲み会に誘うとかはしない方がいいのですが、よくある事例です。
(私も病気持ちですが調子が悪いときにボスに一緒にジョギングをしようといわれて本当に閉口しました。)

勿論、本人が進んで何かしたいことがあればそれは問題なくすればよろしいことです。
ただ、これまた鬱病の一種の感情障害の場合には
遊びの時には元気なのに仕事はしないと勘違いされる方も多いようです。
これも「しない」のではなく、「できない」のですが周りには理解がされにくく
お互いが不幸せになってしまいます。

もし>>19さんが大学の教員をされているのでしたら精神的に不安定な学生さんや部下の方がいる場合は
それだけでも知識として持っておられるといいと思います。
最近は軽い病気持ちの方は見えないところで山のようにおられますし、
カミングアウトできないで困っている人も多いと思います。

板違い、長文、失礼です。

38 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 15:18:06
>>1
2年目ですが、13コマある授業(+ゼミ)の準備と
授業の時間以外は家で寝てます。
委員会も4つ入ってるけど、授業時間と重なって出席できません。

39 :1:2006/06/03(土) 15:33:04
眠ってました。トイレに行きたくなったので起きました。
みなさんの優しいお言葉に感謝します。
世に優しい人がいるという事実だけでも生きていく希望につながります。

>>33

それが全くないんです。
食欲も、性欲も、金銭欲も、名誉欲も、物欲も全く何もないです。命もいりません。
僕の場合、唯一昼間の睡眠欲だけが強いです、夜は眠れません。

>>34

実は他にもカリクレン3錠、ハンゲコウボクトウ75mg、
マグラックス660mg、サイレース、アモバン、カフェイン、ビタメジン3錠を
処方してもらっています。これでも相当減った方で、
去年の10月頃は3時間おきにレキソタン5mgとメイラックス1mgを飲んでいました。
身体症状はまだ続いていますが、最近になってようやく鬱病の強い精神症状が無くなってきました。

初めて鬱病の症状が出たのは8年前でした。
当時マスター1年で、なんとか自力でテーマを考えて研究していたのですが(ボスが無能だったので)
初めての学会で、とある有名な研究者に自分の研究をコテンパンに否定され、鬱になってしまいました。
その後、(やはり自力で)研究テーマを変更したのですが、
論文の査読に落ちてしまい、就職はもちろん、博士も取れるかどうかも分からなくなり鬱が酷くなりました。
それでも何とか博士をとり、ドカ雪の降るド僻地の任期無し助手の公募に受かったのですが、
妻を東京に残しての単身赴任だったので、鬱の悪循環に陥りました。
それからリタリン漬けの研究生活が始まりました。

リタリンを止めた今、何もやる気がしませんし、何をやっても喜べません。
主治医は時間が解決してくれると言いますが、いつまでかかるのか心配です。


40 :34:2006/06/03(土) 15:42:21
>>1さん
ひょっとして大きな企業の東京の病院に行ってます?
どちらにせよ、ツムラの薬は漢方ですし、マグラックスは下剤だし(知ってるでしょうけど)
レキソタンは精神安定剤なので直接鬱に働きかけるものではありませんよね。
昼眠くて夜眠れないので睡眠導入剤が多いのでしょう。(薬の副作用もあるでしょうし)

自分がいつ直るのだろうかと不安な気持ちをもたれるのはとてもよく分かります。
でも、とにかく休養です。
授業をされているのならそれで十分、人生がここで終わったわけではないという気持ちですよ。
そのうち一時的に失われた感情の一部が戻ってくると思います。

41 :1:2006/06/03(土) 15:48:57
>>38

もしかして高専の助手さんですか?
だとしたら本当に大変だと思います。

>>40

いいえ、NTT病院ではないですよ。
今は西日本の私大で講師をしています。

休養できるのは再来年の3月ぐらいまでです。
再来年の4月からは結構重い役割が回ってきます。
それまでに今の大学を脱出するか、受けて立つだけの元気を回復するかの
どちらかしかないのでしょうね。

優しいお気遣い重ね重ねありがとうございます。

42 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 15:57:52
>>1,>>34
どうして貴方たちはその暗号のような薬の羅列で病院がどこかという話まで進むのでしょう?
でも>>1も苦労してるでしょうお大事に下さいと思います。

>>34もレスの最初の方で薬のことを書いていた人と同一人ですね、多分。
とてつもない苦労してます?ひょっとして。

43 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 17:39:02
任期無し教員って、研究者としてようやく始まったばかりじゃないか。
他のポスドクに申し訳ないと思わないのか?

まぁ俺は、ポスドク途中で基礎研究から逃げたチキンだがw

44 :34:2006/06/03(土) 17:55:05
>>42
苦労はしていますが、皆さんすることですから。
薬は見ると漢方が入っていましたし、
東京で企業付きの大病院といえばNTTしかないのです。

>>43
人に申し訳ないという気持ちを強要する人は住む世界が違うと思っています。
こういう考え方が社会の生産性を下げていることに気づいて欲しいと思います。

45 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 18:26:45
社会の生産性?

46 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 19:21:25
>>43
ポスドク辞めて仕事ってあるの?
マジな話、ポスドクの後ってみんなどうしているのだろうか?

47 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 19:35:41
運送業やってます。夜は警備員です。

48 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 19:58:23
>>47
そこまでして生きたい?

49 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 20:08:09
>>48
生きちゃ駄目なの?

50 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 20:14:46
>>44
>東京で企業付きの大病院といえばNTTしかないのです。
東芝病院とかJR東京総合病院とかは?

51 :34:2006/06/03(土) 20:29:30
>>50
精神科で有名なところね

52 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 20:41:26
>>49
生きても良いけど、死ぬのは嫌なの?いずれ死ぬのに。

53 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 20:43:49
そうですか。精神病床27床のJR東京総合病院は駄目ですか。。。

54 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 20:46:06
NTTは精神病棟50床。

55 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 20:50:18
>>52
嫌。

56 :43:2006/06/03(土) 22:29:46
>>44=34
別に申し訳ないという気持ちを強要するつもりはねえけど、
一言いわせて貰う。

大学という機関は、国から補助を貰って運営している公的機関。
そこで働くというのは、一定の使命を負っている。
鬱とか、そう言う理由なら仕方ない面もあるとは思うが、
やる気がないと言うならとっとと教員やめちまえ。
お前の他にも教員はいくらでもいる。お前がポストを埋めてると思うと、
反吐が出る。

57 :1:2006/06/03(土) 22:40:18
>>56

時には辞めてしまいたいと思う時もあるが、他にスキルが無い。
奨学金もあるし、ニートになる訳にもいかない。
できれば、死にたい。
でも家族が悲しむので死ねない。
苦しい。

運送業をがんばりながら生きていっている人はすごく偉いと思う。

58 :34:2006/06/03(土) 22:42:43
>>56
よく精神疾患を持ってしまった人間に対してそういう発言をする人いますね。

>他のポスドクに申し訳ないと思わないのか?
とか
>別に申し訳ないという気持ちを強要するつもりはねえけど

十分強要していますよ。
お前というのが>>1さんをさすのか私をさすのか分かりませんが、
私は鬱を抱えて苦労はしましたがその後立ち直って仕事をしていますよ。
鬱という病気とただやる気がない怠け者的なものを同一視してしまう人が多い。

病気であれば鬱病であろうと内臓疾患であろうと交通事故による怪我であろうとまったく同じことです。
むしろ鬱病というのは仕事をしたいのにどうしても出来ないという病気ということは理解できないのでしょう。
そのこと自体が苦しいのですがね。

貴方のような短絡的な思考の人が多いことこそが日本の社会の稚拙さだと思っています。
まあ反吐でも出してください。

59 :43:2006/06/03(土) 22:44:59
>>57
あんたのスキルとか、家族がどうこうとか知ったことではない。
ただ、鬱病なら病気を治すよう努力すればいい。時間をかけてもな。
治すつもりもないなら、潔く身を引け。

60 :43:2006/06/03(土) 22:49:34
>>58
リロードし忘れたので、いまさらだが、
精神疾患だとか、そう言うのは確かに仕方がない。
しっかり治すべき。ただし、志も失ってしまった奴は、
とっとと身を引くべき。

俺も以前鬱病だったが、いずれ治ったらと言う気持ちだけは
忘れなかった。まあ、なんだかんだで、基礎研究からは身を引いたが。

61 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:19:24
>>60
まあ、要するに、>>43とか>>1の図々しさにうらやましいものが
あるんだろ。

カミングアウトして開き直って図々しく生きるのはある意味
楽だわな。本人どもは苦労してるとか言うわけだが、お互い様
だろみたいなw今の世の中は自分の弱いところを利権にできた
やつが勝ちだよ。格差社会がはやりだけど、あれもすぐに
ニートの利権になるだろうw

62 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:24:42
>>58
疾病で職務を遂行できない場合、
雇用側には疾病者を雇用し続ける義務は無いんだけどな。

63 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:27:30
>>61
まともにやってる奴の税金がまた浪費されていくのかね。
同和利権、在日利権だけでも勘弁して欲しいのに。

64 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:27:38
そこで客船クルーズ助手ですよ

65 :34:2006/06/03(土) 23:29:48
何か勘違いしてるようだが私は職場でカミングアウトしてません。
それがどれだけつらいことか分からないでしょう。
世の中にはあなたのように精神疾患を持つ人間に悪意を持つ人が多いですね。
何故ニートの話がでるのか、意味不明です。

66 :1:2006/06/03(土) 23:33:00
>>60

治したいです。

今日は昼間に結構寝てしまったので、明日は朝からずっと授業の用意です。
去年と受け持ち科目が全く違うのでかなりキツイです。

今から睡眠薬飲んでまた眠ります。
できれば眠っている間にテポドンでも落ちてきて、
永遠の眠りにつければどれだけ楽か。

67 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:34:34
>>62
>>1は講義をちゃんとやっているので、解雇する事無いわな。
年取ってからまともな研究成果出してない方々の
権力と給与を削減したのが1人いるってだけだ。

68 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:38:52
急にネット右翼がw
1は大学の講義という任務を果たしているので解雇は出来ないよ。

69 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:42:08
最近やたらと納税者意識を妙な方向に持ち出す奴が多くて閉口するね。

70 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:46:44
社会保険庁とか国交省の税金無駄遣いの余波だろうな。

71 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:49:50
病気になってまでアカポスって就きたい職業かね?正直わからん。

72 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:54:31
はからずも病気になってしまい最低限の仕事になった人たちの件と
社保庁のようなほぼ犯罪好意は違うのにね。
同和やら在日なんかもまるで無関係。やれやれ。

73 :Nanashi_et_al.:2006/06/03(土) 23:58:09
>>72
どのレスがどのレスに対してなのかきちんと分けないで
全部ごちゃ混ぜにしておかしくなってるぞw

74 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:04:20
自分の行為を正当化して、それを生きる糧にしている
という点でまったく同類だよな。

働けないのは、差別があるから、病気があるから、あと
なんだっけ?

とりあえず、崩れニートとうつ病教員あつめて、門下の役人
を血祭りに上げる方向で検討よろしく>プロ市民の方々

けっこういけると思うんだけどねえ。門下なんて3流の
へたれ官庁だし。

75 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:05:41
>>73
別に分からないこともないからいいんじゃない?

76 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:09:26
>>74
感情だけで書き込みしてる人間のクズ。
とにかく人の弱い部分を見つけると叩きたくて仕方ない。

77 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:10:30
効率化推進派の暗躍がこのスレに!!

78 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:14:39
>>76は心にやましいものを持つたかり
武器は弱さを利用したたかり行為
世間知らずの気のいい日本人には効果的

79 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:25:21
もまいらもちつけ。燃え尽きた人がいるんだから。

80 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 00:39:55
燃え尽きた人はこんなことは気にしない。ほんとに限界
超えるとぷっつんくるからな、どうでもよくなる。>>1
がひたすら眠りたい気分がよくわかる。

むしろ過剰に反応するのはさぼっている言い訳に燃え尽
きたと言ってるやつだろう。
おまえのは単なる怠慢ですよw開き直って怠慢を極めると
下級公務員になれる。いわゆるクルーズ助手。アカハラを
訴えるのも一興だろう。

81 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 03:55:40
いつの間にかケンカスレ

82 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 07:42:53
>>80まで来るともはや妄想だね

83 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 09:52:31
働きながら治そうとする考えが甘い.
1年間休職しろ.そして共済から給付をもらえ.
話はそれからだ.

84 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 10:21:13
1年間、論文が出ないのは大目にみてもらえたけど次の年から辛かった、、いまNOTEでいいから、とでっちあげてまつ

85 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 10:44:42
分野によりけりだけど一年くらいは別に論文でなくても普通。
投稿からパブリッシュまででも何ヶ月もかかるんだし。
そのあとコンスタントに出せるように軌道に乗せられるかだね。

>>83はある種の正論でその方が結局早く直ってお互いの幸せなんだが
大学の教員が鬱で休むと次に移動が出来なくなるからなあ。

86 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 18:22:38
任期無しで寝ていられるなんて良いなぁ
俺なんて来年で任期が切れるのに鬱病で業績も無いよ
俺の人生どうなるんだろ?

87 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 19:09:00
>>1よ、市ね。
お前の代わりの人材は腐るほどいる。


88 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 19:46:21
いろんな意味でやんでいる奴が多いなw

89 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 20:10:52
大学教員で病んでいる者等いくらでもいるっ

ところで正直な話
>>86のような方はその後どうされるご予定なんでしょう?
あまり人事でもないんですよね、私も

90 :Nanashi_et_al.:2006/06/04(日) 20:16:05
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=kkkkkkkkkk&id=1

91 :19:2006/06/05(月) 20:18:29
35,37さん
書き込みありがとうございました。
そのような場合、教員としてはどのように対処すればよいのでしょうか?
ただ黙ってみているしかないのでしょうか?
学校の場合、何年間で何単位とってという課せられた課題があるので、
なんとか改善させる手立てはないのでしょうかと考えてしまうのですが。。。

92 :35:2006/06/05(月) 20:54:37
>>19
なんだか即レスですけど。(この時間見てることが多いと言い訳しておきます)

鬱状態の場合、大切なのはとにかく病院に行くように仕向けることなのです。
鬱病の治療には休息と投薬治療が欠かせません。それも初期であればあるほうが良いです。
ただ精神科や心療内科に行くことを嫌がる場合が多いので病院に行くことは
恥ずかしいことではないと思ってもらわなければいけません。
(親御さんの力を借りることも有りですが理解がない親御さんだと余計に厄介になることもあります)
ただ、「よくあることだ」と言ってしまうと自分の苦しみが分かってもらえないと思われることも多いですので要注意です。
こういう方々は人々の言葉に非常に過敏になっています。
私が所属する大学ですと学生や職員向けの保健センターがありますので私も付き添って行った事もあります。
(自分も軽いメンヘラーなのでなんだかとは思いますが)

あとは学生さんはおっしゃるとおり時限が切られていますのでその範囲で何とかしないといけないのですが。。。。。
留年しないで済む程度であれば多少軽減させて勉強してもらうかもう一年かということになります。

これは本当に非情なことでとても悩むことになりますが
(私の学生は幸いそこまで行きませんでしたが大学院時代の後輩は2留しました)
本人の本当の将来を考えるとどちらがいいのかということなんでしょう。
その判断まではその場になってみないと私も分かりません。
大してお役に立てませんですみません。

93 :Nanashi_et_al.:2006/06/06(火) 01:31:15
本当に鬱で悩んでいる方は、大変だろうなぁと思います。

でも、その一方で、すごくかる〜い感じで、「オレって鬱なんだよねぇ」
みたいな感じで(実際には、もっと鬱っぽく、沈痛な面持ちではあるが)、
そのことを隠すどころか、むしろ積極的にカミングアウトすることで、
やらなければならない様々なことを免除してもらう免罪符的な使い方を
していた学生がいました。こちらは、鬱の人とどう接するかを真面目に
勉強(といっても、そういう関連の本を、ひたすら読みまくるだけですが)
していたのに、本人はお気楽に日々を過ごしていたという現実と、本来
やらなければいけないことを、単にやりたくないためのexcuseとして、
鬱という病名を使った(詐病かどうかは分かりませんが)と聞かされて、
すごく腹立たしい気持ちになったことがあります。
まじで潰してやろうか!!と思ったりもしましたよ。

でも、こういう奴がいるから、本当に鬱で悩んでいる人たちと、単なる
怠け病との境目が周囲にはハッキリせず、誤解を産むんだと思います。


94 :29:2006/06/06(火) 02:48:22
自分も含めて、教員も学生も、周囲から見てちょっとヘンだなって思った時には、
意外と進行しちゃってる場合が多いですよね。
憂鬱とうつ病は、全く違います。カミングアウトなんて・・・ヒトそれぞれなんでしょうか。
自分は、自分が病気だなんて考えもしませんでした。
先日、休学していた学生が復学の手続きに来て話をしたのですが、
やはり、人ごみでパニックを起こしてもなお、自分が病気だと認めなかったと言っていました。
私は今は治療中で病気を認めていますが、それでも所属長や親しい教員・受け持ちの学生にしか話していません。
自分の主任にさえ、治療を続けていることを話していません。まぁ、彼が原因ですからねぇ・・・
私のいる大学院は、創立後15年なんですが、在学中・修了後に自殺した学生が結構いるんですよ。
どうも、>>93さんの言うように境目がわからない・・・いやわかろうともせずに成果を求める主任ばかりで、
治療を受けていても、受けている学生ほど追い詰められるのが日常茶飯事なんです。
どこでも・・・と言ってしまえば所詮は縦社会なのでそうなんでしょうけど。
現在は、私が治療していることを一部学生が知っているので、危ないなって学生の情報は入ってきます。
相談しに来たり、こちらからの問いかけに答える学生は良いのですが・・・突然登校しなくなる学生も正直後を絶ちません。
そうなる前に、>>92さんのおっしゃるように、できるだけ親御さんに話をして、医者に見てもらうよう話をします。
私自身が病気なので、ショックも少ないようです。今年度もすでに数名・・・うち一人はウチの主任付きのM1です。



95 :19:2006/06/06(火) 12:18:42
決められた年限で単位を取ることが本分の学生もそうですが、任期付き研究員も同じですよね。
プロジェクトなどで雇われているポスドクは、成果が出てなんぼになってしまうので、
ボスからのプレッシャーも大きいでしょうし。
私が困ったなあと思うのは、それで病気になってしまう人たちは、休もうと思えないというか、
体調がおかしくても、成果を出したり仕事をしたりしてないと気が済まないというか、
(でも仕事は思うようにはかどらないのでますます気落ちする)
だから休学や休職なんてしたくないということになってしまい、周りとしても何もいえなくなる状況のまま
病気は治らずに過ぎていくことです。
周りが、本人の将来のためには今は休んで治療したほうが、、、といくら思っても
本人がその気がなかったらどうしようもないですよね。。。
それがもどかしいです。

あと、ふと思うのは、厳しい言い方かもしれませんが、
その環境ではプレッシャーなどでやってけなくて病気になるというのは
そこでやっていくだけの能力がないということになってしまうのでしょうか?

96 :Nanashi_et_al.:2006/06/06(火) 12:47:55
ポスドクのプレッシャーで病気になるなら、専任になったらあっというまに発病する。

97 :Nanashi_et_al.:2006/06/06(火) 13:22:26
基本的に強者の論理で持ってる世界ではありますね。
特に法人化後はそうした傾向が強まってるような・・・

98 :Nanashi_et_al.:2006/06/06(火) 14:58:31
>>95
単にそこの環境に向いていないだけの場合があるので一概には言えないんでしょうね。
実際大学を移っただけでよみがえる人もいますし。
大人の場合自己責任もありますが上司のさじ加減一つで結構変わるかも。
私の知り合いで学生には非常に厳しいのにPDには当たりが柔らかい人がいます。
実は冷静に見ているのですが、うまいな、と思いました。

>>96
何をプレッシャーと思うか人によって違うので何とも。。。

>>97
法人化とは競争に生き残った強者だけでやってくれということですから。
でも非常に近視眼的になりつつありますね。
教育なんかは成果にならないというのはおかしくて修士や博士をどれだけ指導したかの評価がないのはなぜ?
と思います。
教授になると上がりなわけでそこで何もしなくなる人がいるのもおかしいですしね。
昔の人は居座っていますし矛盾ばかりです。
どうなってんの文科省といいたくなります。
ただ、制度は制度として自分たちが生き残っていくために頑張るしかないのでしょうね。

99 :Nanashi_et_al.:2006/06/09(金) 00:52:56
>>1
寝ていたら鬱は必ず治る
そして治ったら研究を始める

結局の所>>1は勝ち組
どんな手を使おうがアカポスとった奴の勝ち

100 :Nanashi_et_al.:2006/06/09(金) 01:02:13
100

101 :Nanashi_et_al.:2006/11/11(土) 09:58:50
睡眠をとると気分がすっきりするのは本当
任期なしのポジションがゲットできて、よかったですね

今のこの業界はどんどん悪い方向に向かっているよ

102 :Nanashi_et_al.:2006/11/11(土) 11:14:51
もともと学生指導の義務がない研究所にも
学生を入れちゃうのは、教員が自分で実験する気がないからなの?
実験データがアマチュアクオリティだと、安心して論文を投稿できないよ。
そもそも学生に研究テーマを考えさせるのが、一番重要なことじゃないの?

103 :Nanashi_et_al.:2006/11/11(土) 14:06:50
学振●大学院博士課程単位取得●土木作業員
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1160976749/l50

新スレ


104 :Nanashi_et_al.:2006/11/12(日) 02:56:26
>>102
いや、学生が多すぎて指導しきれず、研究所に里子に出すんだろうと思う。

105 :本当に燃え尽きた、、:2006/11/12(日) 19:50:01
関学大の研究室が全焼 9月30日にもぼや Name としあき 06/11/12(日)11:07 No.636895 [返信]

12日午前2時20分ごろ、兵庫県三田市学園、関西学院大神戸三田キャンパス4号館1階の
理工学部の研究室(勝村成雄教授)から出火、約120平方メートルを全焼した。けが人はなかった。
三田署の調べでは、中央付近の実験台の下がよく燃えていた。
同日午前1時半ごろまで大学院生が残っていたといい、同署は教授や学生から事情を聴き原因を調べる。
同キャンパスでは、9月30日にも同じ建物の2階研究室でぼやがあったばかり。
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006111201000022.html
何かもの凄いモノを作ってた希ガスw

無念 Name としあき 06/11/12(日)11:18 No.636904

修士論文が書けなくなった院生かノイローゼ気味の院生が放火したんだと思う。
捕まえたら「論文書かなくても良くなると思って火を付けた」とか供述するに1ウォン。

基礎化学実験 II, 勝村 成雄ほか, 「新版 続 実験を安全に行うために」/化学同人,

106 :Nanashi_et_al.:2006/11/12(日) 20:18:45
>>105
燃え尽き症候群ですかw
でも、昔阪大で爆発事故が起こったときの知り合いや(こっちは本当の事故)
阪神大震災の時の神戸大の友人なんかは
卒論やら修論やら本当に大変そうでしたね。

107 :Nanashi_et_al.:2006/11/12(日) 20:43:01
>>105やはりこの研究室からは留年が続出するのかな?

これで器具はすべて新品になるが・・なんせ、この大学、買った時の
値段を全額保障する保険に入ってるらしい。

108 :Nanashi_et_al.:2006/11/15(水) 02:15:36
>>105
俺の卒業した大学ですね。ぼやか。。。。。。。。。。。。。
放火だったらマジすごい。

109 :Nanashi_et_al.:2006/11/22(水) 14:36:02
保守

110 :Nanashi_et_al.:2006/12/08(金) 14:43:43
大学教員って、研究しないとこんなに楽な仕事はないな。

111 :1:2006/12/11(月) 20:42:47
>>1です.
結局,またリタリンを飲み始めてしまいました.
いま条件付き採録になった論文を書き直しています.
リタリン以外にも,買いだめしたモダフィニルを毎日服用しています.
これがないと授業中でも眠ってしまうので..

112 :Nanashi_et_al.:2006/12/11(月) 21:18:26
頼むから俺と代わってくれ、>>1よ…

113 :Nanashi_et_al.:2006/12/11(月) 22:05:22
>>112 欝病になるか、ノイローゼで自殺寸前になるまで
自分を追い込んで研究に打ち込むこと。話はそれからだ。
(ただし、本当に自殺しないように。)
あと、個人的な意見としてはアカポスなんて
そこまでしてゲットする価値があるとは収入、社会的地位、
仕事内容(実際は高校の先生とたいして変わらん)
どれとってもないと思うので、若者には他の道も
視野にいれることをお勧めする。
もうあともどりできない高齢な方は、、、
やっぱりうつ病寸前になるまでがんばるしかないか。。。


114 :Nanashi_et_al.:2006/12/22(金) 01:07:04
あぁ、ホント大学教員って研究する時間がないなぁ。
それなりに業績を積んでいるが、大きな花火を打ち上げるほど、
本腰入れて研究に取り組む時間が確保できない。
もうダメポ。

115 :1:2007/01/02(火) 17:16:03
今日もリタリン飲んで論文を書き直している.
3錠目に手を出すべきか迷い中.

116 :1:2007/01/02(火) 21:44:16
結局リタ3錠飲んでしまった.
査読の返事の〆切まであと七日.
ここまでして,論文を書いて何か意味があるのだろうか.

117 :Nanashi_et_al. :2007/01/02(火) 21:59:22
教授といえど、所詮は強いラットに過ぎません。
ラットレースから抜け出すことを考えるべきです。


118 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 05:55:23
博士取得、ポス毒、助手、助教授となって感じること


自分にとってこの実験ができなければドロップアウト、このデータが出なければセミナーで袋叩き、学位が取れなければのたれ死に、
とかプレッシャーを感じてスキルを磨いてきたのに
いまどきの学生どもは簡単な実験ができなくても恥と思わないし、失敗は何でも人のせいにしやがる

119 :1:2007/01/03(水) 06:15:59
リタ3錠が効いて2時間しか眠れなかった.
そしてモダフィニル200mgを飲む.
今日もまたリタリンを飲んで論文を書く.
後何年体が持つだろうか..

120 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 08:35:34
>>118
研究そのものが価値が無いとされる時代だからしょうがない。
あなたのとこの学生も、別に研究で生きようなんて思ってないよ。

121 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 10:39:39
>>120
そうだよな、学位とった方が野垂れ死にする確率高いだろう。
中途退学してどっかの企業に潜り込めた方が、再起出来る確率高くないか?

122 :Nanashi_et_al.:2007/01/05(金) 22:14:12
人気無し教員を繰り返すのってつらいよね。

123 :1:2007/02/02(金) 20:55:55
リタリンを飲んで書いた論文が採録決定になった。
これでしばらく休める。
2月、3月は毎日寝込むつもり。

124 :Nanashi_et_al.:2007/02/02(金) 22:10:11
やはり鬱病にはリタリンを処方しちゃいかんな。

125 :Nanashi_et_al.:2007/02/02(金) 23:10:22
リタリンを飲もうが,業績出せる奴が結局勝ちだと思うよ.
それで本人が幸せかどうかは分からないけども.

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)