5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

応用微生物学やるならどこ?

1 :農NAME:02/08/12 21:35
やりたいんですけど、どの大学がいいのか分かりません。教えて下さい。

176 :農NAME:05/01/08 22:27:32
Clever plants

Genetic engineering is not the only tool for creating novel plants with special traits.
Conventional breeding is still used for developing useful plants, and which can be done with fewer risks.

・By cross breeding, scientists are developing wheat plants to increase their salt tolerance so they can grow in areas of greater salinity.

・Eucalypts are also being cross-bred to introduce natural genes from other species to create plants that tolerate salinity
and dryland conditions.

遺伝子工学だけが特別な遺伝形質をもつ斬新な植物をつくりだすツールではない。
慣習的な交配もまだ有用な植物を開発するのに使われているし、そして、それはより少ないリスクで行うことができる。

・交雑育種により、科学者は塩分濃度がたかい地域でも育つことができるほどの塩耐性が大きくなった小麦を開発している。

・ユーカリも塩条件や乾燥地域に耐性をもつ植物をつくりだすために、他の生物から遺伝子を取り入れるように異種交配されている。


177 :農NAME:05/01/08 22:53:19
Genetic engineering for environmental solutions

Many of the biotechnology applications described above can be varied or refined using genetic engineering.

・CSIRO and Orica Australia Ltd are using gene technology to develop enzyme products that detoxify pesticide residues,
which in Australia would be of particular value to the cotton, horticultural and rice industries.

・In a variation on bioindicators, bacteria have been genetically modified as 'bioluminescors' that give off light
in response to several chemical pollutants. These are currently being used to measure
the presence of some hazardous chemicals in the environment.

・Other genetic sensors that can be used to detect various chemical contaminants are also being trialled.
Some can be used to track how pollutants are naturally degrading in ground water.

・Many genetically modified plants have environmental benefits such as reduced pesticide use.

上記に記述されている多くのバイオテクノロジーの利用はは多様、あるいは遺伝子工学を用いて洗練されうるものである。

・CSIROとオリカ オーストラリア有限会社は農薬残留物を解毒する酵素産物を開発するために
遺伝子テクノロジーをもちいている。
オーストラリアにおいて酵素産物は綿花・園芸・米産業にとって特に価値のあるものである。

・生物指標の多様性において、バクテリアはいくつかの化学汚染物に応答して光を放つバイオ発光体として
遺伝子組み換えされている。それらは現在環境中でいくつかの危険化学物質の存在を測定するのに使われている。

・さまざまな化学汚染物を検地するのに使われる他の遺伝子センサーも実地に試されている。
もういくうつかは汚染物が地下水で自然界において分解されているかを探知するために使われている。

・多くの遺伝子組み換え植物は農薬使用を減らすなど環境的利点をもっている。

178 :農NAME:05/02/13 03:24:01
知らん

179 :農NAME:05/02/20 23:07:06
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/phytorem/

180 :農NAME:05/02/20 23:18:20
Introduction

Phytoremediation is an innovative technology that utilizes the natural properties of plants in engineered systems
to remediate hazardous waste sites. This web page is a starting point for exploring the world wide web
for information related to research in this area. Erickson, et, al. provides a brief introduction to the technology. (TOC)

ファイトリメディエーションは危険な廃棄物処理場を浄化するためにエンジニアシステムにおいて植物の自然の特性を
利用する革新的なテクノロジーである。このウエブページはこの分野の研究に関連する情報に関する世界の
ウエブサイトを探検する開始点である。Erickson, et, alはそのテクノロジーの簡潔に紹介してくれる。



181 :農NAME:05/02/20 23:35:56
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/phytorem/vegenhance.html
USING VEGETATION TO ENHANCE IN SITU BIOREMEDIATION

ABSTRACT

Vegetation can enhance in situ bioremediation processes in many applications.
Microbial transformations occur in the soil external to the plant roots.
Organic contaminants also enter vegetation and are transformed within plants.
Research progress is reviewed with emphasis on recent experimental results and mathematical models of contaminant fate
in systems where vegetation is present. Evapotranspiration by plants provides a solar driven pump-and-treat system
which helps bring contaminants to the rhizosphere
and helps contain them on the site.

植物は多数の用途でそのままの生物浄化プロセスを促進できる。
微生物的な変化が植物の根の外部の土壌に生じる。有機汚染物質は植物に入り、植物内で変換される。
研究の進展は植物が存在する系における近年の実験結果や数学的な汚染の末路のモデルに重点をおいて再検討された。
植物による蒸発散は汚染物を根圏へ運び、その場所で封じ込めるのを助ける太陽エネルギーポンプ・処理システムをつくる。


182 :農NAME:05/02/20 23:53:11
INTRODUCTION
Vegetation is found in the presence of hazardous contaminants in soils at many locations.
A number of studies have been reported on the effects of vegetation on the transformation or stabilization of compounds (1-39).
These studies show that there are many reasons to investigate the interactions that occur among hazardous compounds,
microorganisms, plants, soil, air, and water.
The plant root zone (the rhizosphere) has significantly larger numbers of microorganisms than soils
which do not have plants growing in them (16); this appears to enhance the biodegradation of organic compounds.
Two professional societies have included relevant technical sessions at their recent national meetings.
The Air and Waste Management Association's symposium (1) was entitled
"Beneficial Effects of Vegetation in Waste Treatment, Soil Remediation and Stabilization"
while the American Chemical Society's three sessions (13) were entitled "Microbial Degradation of Organic Compounds
in the Rhizosphere: Implications for Bioremediation."

植生は多くの地域の土壌で危険な汚染物の存在下においても観られる。
数々の研究は汚染物の変換や固定における植物の効果について記している。
それらの研究は危険物質、微生物、植物、土壌、空気、水の間で起こる相互作用を詳しく調査するのに多くの理由がある。
植物の根圏は土壌よりもはるかに膨大な微生物を抱えている。
2つの専門の協会は近年の国際会議における関連技術のセッションに関与している。
The Air and Waste Management Association's シンポジウムは"Beneficial Effects of Vegetation in Waste Treatment, Soil Remediation and Stabilization"
という題名をつけ、一方でthe American Chemical Society'の3つのセッションは"Microbial Degradation of Organic Compounds
in the Rhizosphere: Implications for Bioremediation."という題名をつけた。

183 :農NAME:05/02/21 00:05:03
Beneficial effects of vegetation have been reported in soils contaminated with metals as well as organic compounds.
The application of vegetation to the stabilization, control, and remediation of soils contaminated with metals
has been reviewed recently by Pierzynski et al. (28).
The present review will be limited to organic compounds that may be transformed and inorganic compounds
that may be beneficial to plants and microorganisms.
The emphasis will be on recent developments that are not included in the reviews of Shimp et al. (30) and Anderson et al. (38).

植物の有益な効果は有機化学物質はもちろん、金属で汚染された土壌で報告されている。
金属で汚染された土壌の固定化、コントロール、浄化における植物の利用は近年 Pierzynski et alで再調査されている。
現代の再調査は変換される有機物質や植物や微生物に有益な無機物質に限られるだろう。
重点はShimp et al. (30) や Anderson et al. (38)の論評を含まない近年の発展におかれるだろう。



184 :農NAME:05/02/21 00:29:49
Vegetation has been used beneficially in the in situ bioremediation of contaminated soil,
as a biofilter to adsorb and biodegrade contaminants in air and water, and in buffer zones for control
and treatment of leachate and surface waters (10, 12, 18, 22, 27, 30).
Specific potential pollution prevention applications include the use of grasses and trees at the edges of fields
along the banks of streams to capture and transform pesticides and fertilizers, grass waterways below animal feedlots
to manage runoff associated with rainfall events, and vegetation at the edge of landfills to utilize and transform compounds
in landfill leachate. Wetlands biofilter wastewater treatment systems have been developed to biodegrade organic compounds (30).

植物は汚染土壌の生物浄化に有用に利用される。コントロールのための緩衝地帯や空気、水の汚染物を吸収したり、生分解したりする
や浸出液や地表水の処理のためのバイオフィルターとして。
特別な潜在的な汚染防止の利用は農薬や化学肥料、動物飼育場下の農場廃水を捕らえたり、分解したり
降雨事象に関わる流水を管理するための川の岸に沿っての視野周辺の穀物や木、また、埋立地の浸出液に含まれる物質を利用したり、
分解したりするための埋立地の端における植物の利用を含む。湿地バイオフィルター廃水システムは有機物質を分解するのに開発された。

185 :農NAME:05/02/21 16:13:14
ADVANTAGES OF VEGETATION

There are several reasons for the increasing level of research on the beneficial effects of vegetation in contaminated soil.
Plants use solar energy which is very inexpensive and widely available.
Evapotranspiration may be viewed as a solar driven pump-and-treat system that helps to bring contaminants to the rhizosphere
and contain them on the site. Plants can transform organic compounds that are assimilated
through their roots and the rhizosphere provides an excellent environment for the adsorption
and microbial transformation of organic compounds.
Vegetation is aesthetically pleasing; it can provide information on the health of the site and a desirable habitat for wildlife.
Plants can enhance oxygen transfer to microbial communities by transporting oxygen within the plant and
by lowering the water table so that gas phase diffusion can occur in soil.
Vegetation can be managed inexpensively and efficiently to produce biomass for chemical or energy applications.
Since plants are often present at contaminated sites, it is desirable to understand how they interact with the contaminants.



186 :農NAME:05/02/21 16:15:11
汚染土壌における植物の有用な効果における研究レベルが増加しているのにはいくつかの利用がある。
植物は費用がかからず、広く利用できる太陽エネルギーを使用する。
蒸発散は汚染物を根圏へ運び、その場所でそれらを収容するのを助ける太陽エネルギー可動ポンプ・処理システムとして考えられるだろう。
植物は根を通して吸収された有機物を分解し、根圏はその吸着や有機物の微生物による分解において、すぐれた
環境を提供する。
植物は美的に心地が良い。それはその地域の健康において情報を与え、野生生物について望ましい生息環境を与える。
植物は植物内での酸素の輸送やガスの位相拡散が土壌でも起こるように、地下水位を下げることにより、微生物層への
酸素の輸送(透過)を高めることができる。植物は安く、効果的に科学的な、あるいはエネルギーの利用のためのバイオマスをつくる
ように取り扱うことができる。植物はしばしば、汚染地域にも存在するので、どのように汚染物質と接触するのか理解するのが望ましい。

187 :農NAME:05/02/22 22:01:17
MAJOR FINDINGS

Consumption and biodegradation of organic compounds is a natural part of the soilmicrobial system.
If appropriate conditions are present for microbial transformation of the contaminants,
plants may not be needed for biodegradation to occur.
However, in many cases plants act to enrich the environment for microbial degradation.
For compounds that are readily degraded aerobically, plants may enhance oxygen transfer to the root zone, for example.
Efforts will be made to identify specific studies in which the beneficial effects of plants on degradation have been reported;
however, it should be realized that excellent conditions for microbial biodegradation may often be established in other ways as well.

有機化学物質の消費や生分解は土壌微生物システムで自然なことである。
もし汚染物の微生物的な分解において適切な状態が存在していれば、植物は生分解が生じるのには必要ではないだろう。
しかし、多くの場合植物は微生物分解における環境を豊かになるように働く。
急速に後期的に分解する物質に対して、例えば根圏への酸素の伝達を促進するだろう。
効果は分解過程ににおける植物の有益な効果が記された特別な研究によって確認されている。
しかしながら、当然のことながら微生物分解のすぐれた条件はしばしば他の方法によってもしばしばもたらされる。

188 :農NAME:05/02/22 22:43:28
Transformation of Soluble and Biodegradable Compounds

Recent results have been presented from an investigation in which water saturated with toluene at 26° C
and 0.5 ml/L of 93% phenol in water were fed into separate 1.8 m long and 35 cm deep laboratory chambers
containing soil with alfalfa growing at the surface (10, 12, 22).
The ground water was sampled at four sampling wells (ports 1-4) which were located along the flow path of each chamber.
Ports 1 and 2 were 33 cm and 66 cm from the inlet, respectively; ports 3 and 4 were 66 cm and 33 cm from the outlet, respectively.
The results presented in Tables 1-4 indicate that significant quantities of the toluene and phenol
which enter are not present in the effluent.
The results with toluene appear to indicate that microbial degradation occurs in the rhizosphere in the unsaturated zone.
Adequate quantities of nitrogen appear to have been provided by the alfalfa.
Gas phase measurements with FTIR show that the toluene is not present in the gas phase
above the soil based on a detection concentration of 250 ppb (v/v) (10).
Carbon dioxide is produced in the soil in sufficient quantities to account for the transformation of the toluene to carbon dioxide and water.
It appears that some of the toluene in the saturated zone is not biodegraded; this may be due to a shortage of oxygen in the saturated zone.

189 :農NAME:05/02/22 23:27:33
水溶性や生分解性物質の分解

近年の研究は26℃でトルエンと飽和した水や水に解けた93%フェノール0,5ml/Lは別個の1,8mの長さと、35cmの深さをもつ
表面で育った煙草が生えた土壌を含む実験用試験槽に流しこんだ実験からでている。
地下水は各々の実験槽の流路に沿って位置する4つのサンプリング層(ポート1-4)でサンプリングされた。
ポート1と2はそれぞれ入り口から33cmと66cm、ポート3と4は出口からそれぞれ66cmと33cmである。
Table1-4に提示された結果は入ったトルエンとフェノールの量は廃液において大きい量ではないことを示した。
トルエンにおける結果は不飽和ゾーンで根圏において微生物分解が生じたことを示しているようだ。
窒素の適切な量は煙草によって与えられているようだ。
FTIRでの気相の測定は250 ppb (v/v) の検知濃度に基づき、土壌上の気相にはトルエンは存在しないことを示した。
二酸化炭素はトルエンを二酸化炭素と水に分解するのに十分な量が土壌でつくられている。
飽和ゾーンにおけるトルエンの幾分かは生分解されていないようだ。これは飽和ゾーンにおける
酸素の欠乏のためであるようだ。

190 :農NAME:05/02/22 23:39:52
The results for phenol in Tables 2 and 4 indicate that most of the phenol disappeared;
the amount in the effluent was very small. Phenol was not found in the gas phase.
The experimental results which include measurements of carbon dioxide evolution suggest
that most of the phenol was transformed and biodegraded.
Anaerobic biodegradation of phenol in the saturated zone may have taken place, also.
Under conditions where all of the influent water is evapotranspired,
it appears that all of the contaminant can be transformed and remediated.

Table2と4におけるフェノールの結果はほとんどのフェノールが消滅したことを示した。
流出物の量がほとんどなかった。フェノールは気相には見られなかった。
二酸化炭素発生の測定も含む実験結果はほとんどのフェノールが分解・生分解したことを示唆した。
飽和ゾーンにおける嫌気的なフェノールの生分解も行なわれただろう。
流入水のすべてが蒸発散する状態のもと、その汚染物のすべてが分解され浄化されたようである。



191 :農NAME:05/02/23 00:08:08
A carbon mass balance on the two chambers together showed that about 50 mmoles/day of the inlet carbon appeared to be biodegraded.
The measured production of CO2 was about 70100 mmoles/day with plants and the contaminants and about 2/3 as much
when the contaminants were not being fed.
Thus, approximately 23-33 mmoles carbon/day appears to be associated with CO2 production due to biodegradation of contaminants.
This leaves 17-27 mmoles carbon/day associated with biomass formation and the incorporation of carbon into the soil.
In one year, the organic carbon content of the soil would increase by about 0.001 g/g of soil based on this level of carbon incorporation.
Because of root exudates and variations of soil organic carbon content with depth
from 0. 3 % at the bottom to 1. 8 % near the surface, the increase in soil organic carbon
due to biodegradation of the contaminants was not determined independently.

2つの実験槽における炭素の質量平衡はともに、流入炭素の約50mmoles/dayが生分解されたことを示した。
CO2の生成は植物や汚染物で約70100mmoles/dayであり、汚染物が流入しない場合は、約2/3になった。
このように、おおよそ23-30mmoles carbon/dayが汚染物の生分解によるCO2生成と関連づけられるようだ。
これはバイオマス形成や炭素の土壌への混入に関する17-23mmoles carbon/dayを見落としている。
一年で、土壌に含まれる有機炭素の量は炭素の混和のレベルに基づいて、土壌1gにつき約0.001g増加するだろう。
寝の浸出液や底で0.3%から表面近くで1.8%までの濃度での土壌の有機物質含有量の変化のため、
汚染物質の生分解のための土壌有機物質の増加は単独では決められなかった。

192 :農NAME:05/02/23 18:22:55
Root Exudates Provide Carbon and Energy for Microbial Growth

Contaminants that are not very soluble in water and those that require a source of carbon
and/or energy for their transformation may be biodegraded more rapidly in the presence of vegetation.
Polynuclear aromatic (PNA) compounds are not very soluble in water. April and Sims (6)
and Reilley (29, 36) have shown that the biodegradation of PNA compounds is enhanced by plants.
Table 5-7 contain results from the recent work of Reilley et al. (29, 36).
Their results are in general agreement with the earlier work of Aprill and Sims.
Disappearance (most likely due to biodegradation) of anthracene and pyrene is observed in experiments
without plants as well as when plants are present; however, less of the contaminant remains when plants are present.
Note that when vegetation is present (Tables 5 and 6), the contaminant concentration
after 24 weeks for the contaminated spiked soil is of the same order of magnitude as the original concentration in the contaminated soil.
In Table 7, it can be seen that the beneficial effect of root exudates is simulated by adding organic acids to the soil.
This enhances the microbial populations in the soil which leads to the evolution of greater amounts of carbon dioxide
from radiolabeled pyrene. Lee and Banks (16) have reported that microbial counts are significantly larger
when vegetation is present in soils contaminated with PNA compounds.
A mathematical model which predicts that root exudates will have a beneficial effect on the biodegradation of compounds
that are not very soluble in water has been proposed by Davis et al. (11).

193 :農NAME:05/02/23 18:26:07

水にほとんど溶けない物質や炭その分解に炭素原あるいは、エネルギーを必要とする物質は植物の存在下で急速に
生分解されるだろう。Polyunclear aromatic(PNA)物質は水にほとんど溶解しない。AprilとSims、ReilleyはPNA化合物の生分解は
植物によって促されることを示した。Tables5-7はReilley et alの近年の研究からの結果を含んでいる。それらの結果は一般として、
AprillとDimsの初期の仕事との取り決めである。おそらく生分解のためだろうが、anthraceneやpyreneの消失は実験で
植物が存在しているときはもちろん、植物がないときでも観察された。しかし、汚染物は植物が存在するほうがより少ない。
植物が存在するとき(Tables5と6)に留意すべきであり、汚染されたスパイク土壌の24時間後の汚染物質の濃度は
汚染土壌の最初の濃度と同じ数値である。Tabled7では、根の浸出液の有益な効果が有機酸を土壌に加えることによって促されるのを
みることができる。これは土壌において放射ラベルされたpyreneからの二酸化炭素のより膨大な量の発生へとつながる微生物の密度を高める。
LeeとBanksは微生物数はPNA化合物に汚染された土壌において植生が存在するときのほうが多いと記した。
根の浸出物が水に溶けない物質の生分解に果たす有益な効果をもつと予測した数学的なモデルはDavis et alで提案された。

194 :農NAME:05/02/23 19:17:46
The uptake of anthracene and pyrene by alfalfa and fescue plants has been investigated by Al-Assi (2).
He concludes that these compounds do not accumulate in these plants.

Anderson (3) has reported that the rhizosphere of growing plants has a beneficial effect on the transformation of trichloroethylene (TCE).
When growing plants were present, the microbial activity, biomass, and degradation of TCE in rhizosphere soils were found to be significantly
greater than corresponding nonvegetated soils (3,5,35). The presence of vegetation had a positive effect on the transformation of TCE to carbon dioxide.

Ferro et al . (37) has reported that mineralization rates of pentachlorophenol are 3 . 5 times greater in vegetated soil
where Hycrest crested wheatgrass (Agropyron desertorum) is growing compared to soil without vegetation.
Pentachlorophenol was also found in the plant roots and shoots. At an initial concentration of 100 mg/kg dry weight of soil,
the growth of the vegetation was affected by the pentachlorophenol.

煙草やウシノゲ草によるanthraceneやpyreneの摂取はAl-Assiによって調査された。
彼はそれらの物質が植物に蓄積しないと結論を下した。

Andersonは成長する植物の根圏はトリクロロエチレンの分解に有用な効果をもつと報告している。
成長する植物が存在するとき、対応する植物に覆われてない土壌に比べ根圏土壌における微生物活性バイオマスやTCEの分解は
顕著に大きくみられた。植物の存在はTCEを二酸化炭素に分解する上で、ポジティブな効果をもった。

Ferro et al.はpentachlorophenolの鉱化率はHycrest crested ウィートグラスが成長する植物に覆われた土壌で、植物に覆われてない
土壌に比べ、3.5倍だと記した。
Pentachlorophenolは植物の根や芽でも発見された。乾燥土壌に100mg/kgの初期の濃度で、
植物の成長はpentachlorophenolで影響された。




195 :農NAME:05/02/25 00:20:17
Mathematical Modeling

Mathematical models to describe water movement and contaminant fate in the rhizosphere of growing plants
have been reported by Davis et al. (11). Tracy et al. (33, 34) have presented simulation results for two different cases;
the beneficial effects of vegetation in the management of landfill leachates containing low levels
of an organic compound are presented in the earlier study (34). Rate limiting factors are investigated using sensitivity analysis in the most recent work.
The model is applicable to both unsaturated and saturated soil. Balances are included for water in the soil, water in the roots,
the contaminant, root exudates, microbial biomass, and oxygen. The kinetic model includes microbial growth on root exudates
as well as the contaminant.

成長する植物の根圏における水の動きや汚染物の運命を描写する数学的モデルはDavis et alによって報告されている。
Tracy et alは2つのケースにおける増強結果を提示している。
低レベルの有機物質を含む埋め立てゴミの管理における植生の有益な効果について、初期の研究で提示している。
律速因子はもっとも近年の研究では感受性分析を使用して調査されている。
モデルは不飽和土壌、飽和土壌の両方で利用できる。バランスは土壌における水、根における水、
汚染物、根の浸出液、微生物バイオマスや酸素を含む。物理運動に関するモデルは
汚染物だけでなく、根の浸出液における微生物の成長を含んでいる。

196 :農NAME:05/02/25 00:26:57
CONCLUDING REMARKS

Degradation of contaminants may occur in plants as well as in microorganisms. The rhizosphere is rich in microbial numbers and microbial diversity.
Contaminants may be degraded more rapidly when plants are present because of root exudates supplied by the plants;
contaminants may also be taken up into the plants and transformed. Recent results are very encouraging.
Additional research is needed to more fully understand the beneficial interactions which occur.

汚染物の分解は微生物だけではなく、植物においても生じるだろう。根圏は微生物数や微生物の多様性において豊かである。
汚染物は植物が存在するときのほうが、より急速に分解される。なぜならば、植物により供給される根の浸出液のためだ。
汚染物は植物内に入り、分解されるだろう。近年の結果は大変すばらしい。
更なる研究が生じる有益な相互作用をより理解するために必要である。

197 :農NAME:05/02/25 00:51:12
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/phytorem/


198 :農NAME:05/02/25 13:05:08
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/Abstracts/banks.html
ABSTRACT

A common environmental problem associated with the pumping and refining of crude oil is contamination of soil with petroleum products.
Vegetation may play an important role in the biodegradation of petroleum contaminants in soil.
The establishment of vegetation may be an economical, effective, low maintenance approach to remediation and stabilization.
The use of plants for remediation may be especially well-suited for soils contaminated to depths of less than 2 meters.

原油の産出と精錬に関する共通の環境問題は石油製品による土壌汚染である。
植物は土壌における石油の汚染の生分解に重要な役割を担うだろう。
植生の定着はリメディエーションや固定化に向けて経済的で効果的であり、低負担であろう。
リメディエーションにおける植物の使用は特に2メートル以下の深さで汚染された土壌によく適しているとされるだろう。



199 :農NAME:05/02/25 13:12:54
In this project, several petroleum contaminated field sites have been chosen in collaboration with industrial partners.
These sites have been thoroughly characterized for chemical properties, physical properties and initial TPH concentrations.
A variety of plant species have been established on two of the sites. Soil analyses for target compounds over time will be reported.
Results from this study will allow us to assess the efficiency and applicability of this remediation method.

このプロジェクトにおいて、いくつかの石油汚染地域が産業的パートナーと共同で選ばれた。
それらの地域は化学的特性、物理的特性や最初のTPH濃度が完全に判明している。
植物種の多様性はその地域の2つで定着している。長い時間をかけてのターゲット物質における土壌の分析が報告された。
この研究の結果によって、私たちはこのリメディエーション法の効果や適用性を評価できる。



200 :農NAME:05/02/25 13:26:03
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/Abstracts/schnoor.html
ABSTRACT

Phytoremediation is an emerging technology for contaminated sites that is attractive due to its low cost and versatility.
It is a form of ecological engineering that has proven effective in several full-scale applications of shallow contaminated sites.
Plants have the ability to withstand greater concentrations of organic pollutants than most microorganisms,
and they can take up chemicals quickly and convert them to less toxic metabolites.
In addition, they stimulate degradation of organic chemicals in the rhizosphere
by root exudates, enzymes, the build-up of organic carbon in the soil, and the enrichment of rhizosphere microbial communities.

ファイトリメディエーションは低コストであり、用途が幅広い汚染地域に対する新興技術である。
それはいくつかの全面的な物理的に浅い汚染地域おける応用で実効的な環境エンジニアリングの一つの形態である。
植物はほとんどの微生物よりもより高濃度の有機化合物に耐える能力をもち、それらは
化学物質をすばやく摂取し、毒性のない代謝物に変えることができる。
加えて、それらは根圏において根の浸出液や酵素、土壌における有機炭素の集積・増加、根圏微生物層を豊かにする
ことによって、有機化合物の分解を促進する。



201 :農NAME:05/02/25 15:35:23
In this paper, the direct uptake of organic chemicals by plants and enzyme activity, both within the plants and from exudates,
will be discussed. Nitroreductase, dehalogenase, laccase, peroxidase and nitrilase activity have been examined
for a number of plant species at the EPA Environmental Research Laboratory in Athens, Georgia.
Full scale applications of hybrid poplar trees have been used by investigators
at The University of Iowa to take up excess nutrients and atrazine in agricultural runoff, to close and cap landfills,
and to treat landfill leachate. Trinitrotoluene (TNT) and ammunition wastes are a candidate for remediation using this technology.

この記事では、植物による有機化学物質の直接の摂取や酵素活性(両方とも植物体内やその分泌液に起因する)が
論じられるだろう。ニトロレダクターゼ(ニトロ還元酵素)、ジハロゲンアーゼ、ラッカーゼ、ペロキシダーゼ、ニトリラーゼの
アテネのEPS環境研究所において、数々の植物種において各活性が測定された。
ハイブリッドポプラの全面的な利用がアイオワ大学において農業廃水における過剰の栄養物やアトラジンを摂取したり、
埋立地の閉鎖したり、覆ったり、埋め立てゴミを処理したりするために調査員によってなされた。
TNTや軍事兵器廃水はこのテクノロジーを使用するリメディエーションの候補である。



202 :農NAME:05/02/25 17:53:47
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/Abstracts/rooney.html
ABSTRACT

Recent studies have shown that phytoremediation is an effective means of reducing organic toxic compounds,
such as polynuclear aromatic hydrocarbons (PAHs).
However, little is known about the effect of specific plant traits on phytoremediation potential.
Our objectives are to evaluate the role of biological nitrogen fixation, fertilization and their interactions in alfalfa (Medicago Sativa L.)
on the phytoremediation of pyrene and benzo(a)pyrene in soil.

近年の研究により、ファイトリメディエーションは多環芳香族
炭化水素(PAHs)のような、有機的な毒性化合物を減少させる効果的な手段である。
しかし、ファイトリメディエーションの可能性における特別な植物的特性の効果についてほどんど知られていない。
私たちの方針は土壌におけるピレンやベンゾピレンのファイトリメディエーションにおける
煙草(アルファーファ)の生化学的な窒素固定、堆肥(ファータリザイゼーション)やそれらの相互作用の役割を評価することである。



203 :農NAME:05/02/25 19:17:15
http://www.anl.gov/LabDB/Current/Ext/H603-text.002.html
Description

While high-level, localized contamination may be cost-effectively cleaned up using available capital-intensive methods,
cases of more moderate contamination of extensive areas (such as fall-out areas) may rule out existing technologies
as too expensive and disruptive of the ecosystem.

高レベルの局在汚染は有効な資本集約的な方法を用いてコスト効果的に洗浄されるが、
(放射能汚染地域のような)より中程度の幅広いエリアの汚染の場合、存在するテクノロジーは
高価すぎて、かつ、生態系に破壊的すぎて有用ではないだろう。

204 :農NAME:05/02/25 19:38:24
Phytoremediation is an emerging cleanup technology based on the well-known ability of plants
to take up and concentrate contaminants in their tissues. Hyperaccumulator plants are grown to 'biomine' the contaminated soil,
and are harvested and treated to further concentrate the contaminants prior to final disposal.
Currently, the major drawback of phytoremediation is the slow rate of decontamination.
Argonne's innovative approach is in integrating the traditional phytoremediation
concept with other technologies to enhance the bioaccumulation by irrigation, fertilization,
alteration of the soil's chemical/physical conditions, and/or the use of nontoxic chelating agents.
To avoid the transport of contaminants deeper into the subsurface, to deliver the chelating agents throughout the soil,
and to control the transportation of the chelated metal from lower soil horizons into the root zone,
Argonne is further proposing to employ electrokinetics processing.

ファイトリメディエーションは植物のよく知られた能力を生かした新興浄化技術である。
植物組織で汚染物を摂取し、濃縮する。ハイパーアキュムレーター植物は汚染土壌をバイオマイン(バイオ採掘)して成長し、
刈り取られ、処分され、最終処分に先立って、汚染物をさらに濃縮する。
現代、ファイトリメディエーションの主要な障害は汚染浄化の遅さである。
Argonneの斬新なアプローチは灌漑や堆肥(ファータリゼーション)、土壌の化学的/物理的状態の改変、
あるいは非毒性のキレート剤の使用によりバイオアキュムレーション(生物濃縮)を促すために伝統的な
ファイトリメディエーションのコンセプト(概念)と他のテクノロジーを結びつけることにある。
汚染物の地表下へのさらに深くへの浸透を防いだり、土壌の至るところにキレート剤を送りこんだり、また、
キレートされた金属の低層土壌横断層から、根圏への輸送を制御したりするために、
Argonneはさらに動電学的過程を用いることを提案した。


205 :農NAME:05/02/25 19:44:54
Compared with alternative technologies, enhanced phytoremediation offers the advantages of being truly in situ,
lower capital and labor costs, retaining the functionality of the soil ecosystem, and minimal disturbance to the environment,
including a higher public acceptance.
In contrast, many alternative technologies currently being developed for soil remediation
destroy the natural biological component of the soil, rendering the soil unusable for years.

別のテクノロジーと比べて、機能強化されたファイトリメディエーションは実際に低資本・労働力コストとなり、
土壌生態系の機能性を保ち、環境に対する破壊は最小限であり、より高いパブリックアセスタンスを含んでいるという
利点を提供する。
対照的に、現代において、土壌リメディエーションにおいて開発されている多くの代わりのテクノロジーは
自然の生化学的な土壌の性質を破壊し、土壌を何年にもわたって使用できなくする。


206 :農NAME:05/02/27 00:29:24
http://www.engg.ksu.edu/HSRC/Abstracts/peterson.html
ABSTRACT

Incineration has been widely used to remediate munitions-contaminated soil; however,
rising costs and public concern mandate less expensive, more environmentally acceptable alternatives such as phytoremediation.
Grasses can be effective remediators because of their high water use, adventitious root systems and rapid establishment.

焼却は軍需物資汚染土壌の浄化(リメディエイト)に広くしようされる。
しかし、上昇するコストや公的な懸案はファイトリメディエーションのような低価格で、より環境的に受容される別の方法を
求めている。イネ科の植物は大きい水分使用量、不定根系、急速な定着のため、効果的な
李目ディエーターでありうる。


207 :農NAME:05/02/27 00:44:55
We determined the effects of TNT (2,4,6-trinitrotoluene) and its reduction product, 4-amino-2,6-dinitrotoluene (4ADNT),
on germination and early seedling development of tall fescue (Festuca arundinacea Schreb, cv. Rebel Jr.).
Tall fescue seeds were germinated in nutrient-free agar containing 0, 1.9, 3.75, 7.5, 15, 30, 45 and 60 mg TNT L-1
or 0, 1.9, 3.75, 7.5 and 15 mg 4ADNT L-1. Radicle emergence was observed within 4 d.
Number germinated, radicle length, secondary root length, shoot length, seedling dry weight and respiration were measured
for a 14-day period.

私たちはTNT(2.4.6-trinitrotoluen)やその還元物質4-amino-2,6-dinitrotoluene(4ADNT)の、
ヒロハノウシノゲグサ(Festuca arundinacea)における発芽や初期の苗の成長における影響を判定した。
ヒロハノウシノゲグサの苗は(0〜60mg)のTNT L-1あるいは、(0〜15mg)の4ADNT L-1を含む無栄養の培地で
発芽させた。幼根の発生は4日以内に観られた。
14日の期間で発芽した数や幼根の長さ、側根の長さ、新芽の長さ、苗の乾燥重量や呼吸が測定された。

208 :農NAME:05/02/27 01:07:21
Germination, radicle emergence and seedling development were not significantly different from the controls at 1.9 and 3.75 mg TNT L-1.
At low TNT concentrations, respiration rates tended to be greater than those of the controls.
With increasing TNT concentration, germination decreased, seedling development was delayed,
meristematic regions of the radicle were more disorganized, and secondary root and shoot development was reduced.
Respiration rate decreased exponentially at 7.5 mg TNT L-1 and greater.
Germination decreased to 53 and 38% at 45 and 60 mg TNT L-1, respectively.
At these high TNT concentrations radicles emerged without root hairs.
Cell proliferation occurred in the meristematic region; cells were circular and disorganized.
No secondary root development was observed and shoot growth was reduced.

発芽、幼根の出現、苗の発達は1.9 mgと3.7mgのNTL-1でのコントロールでは顕著な違いはなかった。
低いTNT濃度では、発芽は呼吸率がコントロールのそれらよりも大きくなる傾向があった。
TNT濃度が増加すると発芽は減少し、苗の成長は遅くなった。
幼根の分裂組織はより不規則化し、側根や新芽の発達は減少した。
呼吸率は7.5mg TNT L-1やそれ以上では指数関数的に減少した。
発芽はTNT L-1 45mgや60mgでそれぞれ、53%、38%にまで減少した。
それらの高いTNT濃度で、幼根は根毛なしで発生した。
細胞分裂は分裂組織で生じた。細胞は円形で不規則だった。
側根はみられず、新芽の成長は減退した。

209 :農NAME:05/02/27 01:13:05
Tall fescue germination was not greatly affected by 4ADNT.
Radicle emergence, root and shoot development were similar to the controls at 1.9 to 7.5 mg 4ADNT L-1.
However, root and shoot development was reduced, and respiration was depressed at 15 mg 4ADNT L-1.
Our observations indicate a potential use of tall fescue in remediation of soil marginally contaminated with munitions residues.

ヒロハノウシゲノグサは4A DNTによって大きくは影響されなかった。
幼根や根、新芽の成長は1.9mg〜7.5mgの4ADNT L-1のコントロールと同じだった。
しかし、15mgの4ADNT L-1で根と新芽の成長は減退し、呼吸率は減少した。
私たちの観察結果はヒロハノウシゲノグサは少しばかりの軍事残留物に汚染された土壌のリメディエーションに
使用できる可能性があることを示した。


210 :農NAME:05/02/27 23:37:30
http://ehp.niehs.nih.gov/docs/1995/103-12/innovations.html
Confronted with the task of decontaminating soil made radioactive by the 1986 Chernobyl nuclear accident,
American and Ukrainian scientists are field testing the ability of Indian mustard plants to clean the soil
in the region by absorbing radioactive metals such as cesium and strontium.
In Iowa, where soil and groundwater contamination by the pesticide atrazine is a concern, researchers are testing
how well poplar trees can remove the potentially cancer-causing chemical from the soil.

These are examples of phytoremediation--an approach to cleaning up contamination that is attracting
increasing attention from scientists and regulators because it appears to be cheaper than chemical and
engineering-oriented methods and may also offer immediate and long-term environmental benefits.

1986年のチェルノブイリ原発自己で放射能に汚染された土壌を浄化する仕事と向き合う上で、
アメリカ人とウクライナ人の科学者はセシウムやストロンチウムのような放射性金属を
吸収することによるこの地域で放射能金属インドカラシナで土壌を浄化する能力を現場で試験した。
アイオワでは、農薬であるアトラジンによる土壌や地下水汚染が問題であるが、研究者は
どれほどポプラが潜在的な発がん性物質を土壌から取り除けるかどうかを試験した。

それらはファイトリメディエーションの例である。科学者や調整者により注目を集めている汚染を浄化する
手段である。なぜならば、それは化学あるいは工学指向の方法よりも安く、当面の、長期間の環境的利点を
提供してくれるからである。



211 :農NAME:05/02/28 20:00:36
http://www.es.anl.gov/htmls/treat.html
Treating Produced Water by Imitating Natural Ecosystems
Problem/Opportunity

Produced water is salty wastewater that is brought to the surface during production of natural gas.
Although the wastewater's constituents occur naturally, they are considered contaminants and must be treated.
Varying widely in concentration, these constituents include salt, organic compounds, and,
in some cases, heavy metals and trace elements. A common disposal method is deep well injection;
its cost depends on the volume of wastewater injected. What is needed is a simple treatment technique
that reduces wastewater volume and removes contaminants.

噴出した水は天然ガスの生産と同時に地表へ送られる塩を含む廃棄水である。
廃水の構成成分は天然に生じたものであるが、それらは汚染物と考えられ、処理されなければならない。
濃度によって広く変わるものの、それらの構成成分は塩分、有機物、場合によっては重金属や微量元素を
含んでいる。共通な処理方法は深井戸注入であるが、そのコストは
注入される廃水の量による。何が必要かといえば、廃水の量と汚染物を取り除く単純な処理技術である。

212 :農NAME:05/02/28 22:20:36
Argonne scientists are investigating several plant-based approaches for treating the salty wastewater
that is brought to that surface along with natural gas from gas wells.

アルゴンヌの科学者たちはガス田から天然ガスとともにその地表にでてくる塩性の廃水を
処理するためのいいくつかの植物をベースにした方法について調べている。

Approach

Argonne has developed a low-cost, low-tech method for cleaning up wastewater
and reducing the volume of produced water. Based on phytoremediation, the method uses green plants
in an engineered plant ecosystem modeled on natural wetland ecosystems.
The "ideal" phytoremediation plant would be a large, vigorous, salt-tolerant grass or grasslike species
having a large area of aboveground leaves and stems and a dense, fibrous root system to act as a biological filter.

アルゴンヌは廃水を浄化し、噴出した水の体積を減らす低コスト、ローテクの方法を開発した。
ファイトリメディエーションに基づき、その方法は天然の湿地エコシステムをモデルとした人口の植物エコシステムに
おいて緑色植物を使用する。
その"理想的な"ファイトリメディエーション植物は大きく、丈夫で、塩分耐性で、かつ地上に大きな葉と茎とバイオフィルターとして
作用する密集した繊維状の根系をもつイネ科あるいはイネ科類似の種である。






213 :農NAME:05/02/28 22:29:27
Large, green plants can move copious amounts of water through their roots and into the plant body.
This water is evaporated from the leaves as pure water vapor - a process called transpiration.
When selected, adapted plants are grown in contaminated wastewater by hydroponic techniques,
and the root system functions as a biological filter. Contaminants taken up along with the water are degraded,
metabolized, and/or stored in the plant body. Transpiration is enhanced by maximizing the leaf/stem area of the plant.
Contaminant concentrations in plants can become thousands of times higher than those in the wastewater.
The contaminated plant biomass can be digested or burned to reduce its volume.
The residue can be processed to recover the contaminant, if valuable, or disposed of in environmentally appropriate ways.

大きな緑色植物はそれらの根を通して、植物体へ膨大な水を動かすことができる。
この水は純粋な素性気として、葉から蒸発する。その過程は蒸散と呼ばれる。
選択されて適合する植物は水耕技術によって汚染された廃水で育つ際に、根系は
バイオフィルターとして機能する。水とともに取られた汚染物は分解されるか、代謝され、あるいは
植物体に貯蓄されます。蒸散は植物の葉/茎の部分を最大にすることで高められます。
汚染された植物のバイオマスは体積を減らすために分解され、焼かれます。
その残りかすは価値のあるものであれば、汚染物を回収するために加工され、
あるいは環境的に適した方法で廃棄されます。


214 :農NAME:05/02/28 22:41:55
Phytoremediation offers several major advantages over competing physico-chemical technologies (e.g., ion exchange).
One advantage is the ability of selected plant species to adsorb contaminant ions
from an extremely broad range of concentrations.
Another advantage is selectivity. Selected plants have the ability to adsorb the target contaminant
while ignoring other ions in solution. Other important advantages of phytoremediation: It is low-cost and low-tech.

ファイトリメディエーションは競合する物理化学的なテクノロジー(例 イオン交換)に対していくつか主要な
利点をもつ。一つの利点は選択された植物種の極端に幅広い濃度幅から汚染イオンを吸着する能力である。
もう一つの利点は選択力である。選択された植物はターゲットの汚染物を吸着する能力をもつ。
一方溶液中のほかのイオンは無視する。ファイトリメディエーションの他の重要な利点は
低コストであり、ローテクだからである。

Status

Promising processes and plant species that were identified during the literature review and database development phases
have been evaluated in greenhouse experiments.
Over 80 species have been screened for salt tolerance and high evapotranspiration rates.
For six species, detailed experimental data have been generated on transpiration rates, salt tolerance, nutrient requirements,
and maximum salt concentration at which effective transpiration occurs.

文献のレビューやデーターベースの発展期の間に判明した前途有望なプロセスや植物種は温室実験によって
評価された。60種以上が塩体制や高い蒸発率で選ばれた。6つの種においては
詳細な実験データーが蒸散率、塩体制、栄養要求や効果的な蒸散が生じる最大塩濃度において生み出された。




215 :農NAME:05/03/04 22:41:39
平成16年度 科学研究補助金の配分状況
http://homepage3.nifty.com/katu-kobayashi/doppo/rankingu_4.htm

科学研究費補助金(科研費)は、
人文・社会科学から自然科学までの全ての分野にわたり基礎から応用まであらゆる「学術研究」
(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、
ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

国立大の圧勝
慶応は13位
早稲田は15位


H17年国立大学法人運営費交付金(原案)
http://homepage3.nifty.com/katu-kobayashi/doppo/uneihi.htm

1位 東京 955.5(億円)
2位 京都 628.8
3位 東北 545.0
4位 九州 511.9
5位 大阪 508.3
6位 北海道 432.0
7位 筑波 427.8
8位 名古屋 366.9
9位 広島 282.7  
10位 神戸 240.5

216 :農NAME:05/03/05 23:47:02
http://biocyc.org/ECOLI/new-image?type=ENZYME&object=ACRB-MONOMER

AcrAB and TolC make up a three-component multidrug efflux system which confers resistance to multiple antimicrobial agents.
The complex is the major contributor to the intrinsic resistance of E.Coli to solvents, dyes and detergents
as well as lipophilic antibiotics including novobiocin, erythromycin, fusidic acid and cloxacillin.
Overexpression of the complex components results in significant levels of resistance to other common antibiotics
such as tetracycline and chloramphenicol
AcrAB extrudes substrates from cells without their accumulation in the periplasm,
indicating that the complex probably recruits an outer membrane channel.
Genetic studies suggested that the TolC multifunctional outer membrane channel may associate with AcrAB
to form a tri-partite complex [ Fralick96 ] . The acrAB locus encodes for two of the complex proteins,
AcrA and AcrB. AcrA is a periplasmic lipoprotein component which is a member of the membrane fusion protein (MFP) family
and is anchored to the inner membrane's outer surface by its lipid moiety.
Cross-linking studies suggest that AcrA interacts with AcrB as an oligomeric trimer or
dimer and that AcrA oligomer /AcrB can exist in a stable complex associated with the inner membrane
independently of the TolC outer membrane channel. AcrB is an RND-type inner-membrane associated efflux pump.
Reconstitution studies suggest that AcrB is a proton-substrate antiporter.


AcrABとTolCは多くの抗生物質に対する耐性を与える三成分排出システムを作り出す。その複合体はノボビオシン、エリスロマイシン
フシジン酸、クロキサシリンを含む脂肪親和性抗生物質はもちろんのこと、溶剤、染料や洗剤に対するE.coliの内在的耐性の主要な
寄与因子である。そこ複合成分の過剰発現はテトラサイクリンやクロラムフェニコールなどの他の共通の抗生物質への著しい耐性化に
つながる。










217 :農NAME:05/03/06 00:01:01
AcrABはペリプラズムへの蓄積なく細胞から基質(薬剤)を排出する。その複合体はおそらく外膜チャンネルを補完していることを
示唆している。遺伝的研究はTolC多機能外膜チャンネルがAcrABと結びつき、三成分複合体を形成することを示唆した。
acrAB部位は複合タンパクの2つ AcrAとAcrBをコードする。
AcrAはペリプラズムリポタンパク成分で、膜融合タンパク(MFP)ファミリーに位置し、脂質部分で
内膜の外面に結合する。クロスリンクした研究はAcrAはオリゴマーのトリマー、あるいはダイマーとして
AcrBと相互に接触し、AcrA オリゴマー/AcrBはTolC外膜チャンネルと独立して、内膜と結合した
安定した複合体として存在することができることを示唆した。
AcrBはRNDタイプの内膜結合排出ポンプである。再構成研究は
AcrBはプロトン基質アンチポーターであることを示唆した。


218 :農NAME:05/03/09 18:17:56
プレジデント社発行の食品誌「dancyu」(2005年4月号)に本学、健康栄養学部食品健康学科 小川喜八郎教授(食材開発研究室)が
「今、そば焼酎が面白い!」と題したコーナーで紹介されています。
宮崎の焼酎メーカーが芋、麦、米に続く原料として30年以上も前にそばを用いた焼酎を世に送り出しました。そば焼酎は、原料がそばで
あるという健康的なイメージや、やさしい香り、飲み心地で人気が一気に高まりました。今回、新しい宮崎の焼酎を産学連携によって開発
すべく、小川教授と焼酎メーカーがプロジェクトチームを発足し、「海洋酵母」を用いてこれまでの陸上酵母での焼酎づくりの常識を覆し
た新たな焼酎づくりの成功を取り上げています。
酵母が母なる海で誕生したのは10億年も前のことで、4億年前には上陸しましたが、今も海にある酵母はオリジナルと言えるものです。
宮崎の沖合から沖縄の石垣島まで調査を続け、飛び抜けて醗酵能力に優れた「日向灘黒潮酵母」を発見。さらに幾度も研究を重ねた結果、
画期的な製品作りに成功したのです。
「dancyu」(ダンチュウ)には日向灘黒潮酵母の写真も掲載されています。是非、ご覧下さい。

219 :農NAME:05/03/09 18:20:09
↑218 南九州大学健康栄養学部

220 :農NAME:05/03/11 18:54:09
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4885916410.html

221 :農NAME:05/03/11 18:55:58
http://www.kokuminrengo.net/2000/cinema100man.htm

222 :農NAME:05/03/11 20:10:31
http://www2s.biglobe.ne.jp/~fdj/

223 :農NAME:2006/01/25(水) 04:32:19
age

224 :農NAME:2006/05/05(金) 20:21:25
そうか

225 :農NAME:2006/05/15(月) 16:34:57
そうかだいがく

172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)