5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

せーめーの複雑系的理解に向けて

1 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 17:38:59
金子&池上&四方

2 :マサキ:05/03/03 17:56:47
2げと

3 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 18:32:12
3げと

4 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 18:42:55
金子&池上の授業を受けたが、両者ともに自分の得意分野を生物と関係づけて述べるだけで、生命の理論にはまだまだほど遠いと感じた。

5 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/03 19:07:50
>>4
確かにそうだね。

6 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/05 01:43:57
K子さんの講演時間を無視して良く分からん話をまくしたてるスタイル
は健在なのだろうか?あれは自らカオスを体現しているのだろうか?

7 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/05 01:54:19
近藤さんは?

8 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/05 15:42:51
金子さんが浅島実験への理論からのアプローチとか言って話てるの聞いたが、
全然アプローチできていない印象だった。

9 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/06 10:05:18
この分野って、どんなことが発見されたら生命を複雑系的に理解できたとか、
生命の理論がわかったってことになるのかなあ?
ゴールはなんなの?ゴールが無いのわかってて遊びでやってるの?

10 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/06 12:09:47
>>9
ゴールのある学問分野ってあるのか。

11 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/06 12:24:12
>>10
医学(ただしウィルス除く)

12 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/06 20:40:48
>10
それはもっともだけど、この分野にはマイルストーンさえもないように思える。

13 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/08 21:00:57
せーめーって池上さんみたいな書き方だ

14 :名無しゲノムのクローンさん:05/03/12 14:43:08
せーめーの複雑系って何?

15 :名無しゲノムのクローンさん:2005/07/25(月) 14:37:19
せーめーの定義は
@外部との境界を持つ
A自己再生する
B自己複製する
というような条件をすべて満たすものの集合ともいえるが、
ウィルスを出されると境界がはっきりしなくなる。
複雑系は、簡単なルールから複雑な挙動が生まれるというものだが、
これも基準がはっきりしない。
よって、このスレタイは

「xのx的理解に向けて」

といっているようなものなのか?

16 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/30(月) 20:48:22
>>9
この分野、命を複雑系的に理解するというより、複雑系という考え方で生命とは何かっていうテーマを追求すると言った方が近いと思う。
生命とは何か、という問題から出発しているわけだけど、それじゃあテーマとして大きすぎる。生命とは何か?を生命とはどのように説明されるのか?という問題に置き換えて、説明できる限り説明してみる。
実は、生命とはどのように説明されるのか?という問いは、生命の説明できない部分を示すための仮のテーマなんじゃないかな。だから、ゴールがないっていう言い方は正しいんだろうけど、遊びではないと思うよ。

17 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/31(火) 08:40:40
>>1
四方
勿論在った事も在るし論文も著作も読んでる。
感じる事は、本当は単純な事までいたずらに複雑化している感じ。
簡単なことを難しげに語ると素人はわけがわからなくなり同意するというのはいいだが。
いい感じは受けない。
ストーリーテラーという印象なんだよな。
一歩間違うと危ない。

18 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/31(火) 08:48:42
>>16
共に生物物理学会の主要面だけど、四方と伏見のアプローチの仕方は好対照ではないか。
伏見は極限まで単純化する事で生物とは、と言う事を理解しようとしている。
四方は正反対という印象だな。
伏見と四方の対談で、
伏見は、ニュートンは一見面白くないリンゴの落下に注目したから
万有引力の法則を発見できた、もし現象としてはより面白い、落ち葉がひらひら落ちる
ひらひらの部分に注目していたら落下の本質である万有引力を発見できなかっただろう、
という様な話を書いている。
記憶モードなのと、伏見とわたしの考えは同じではないので誤解はあるかも知れないことは断っておく。
しかし、ひらひらする方が現象としては確かに面白い。
ひらひらに注目している四方の方がIFの高いジャーナルに多く乗ってるのは事実だ。

19 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/31(火) 08:55:43
>>16
伏見は極限まで単純化した生命の再構築という手法で生命とは何か、にアプローチしようとしている。
人工ウイルス、いんびとろういるすというやつだ。ほぼ認知されていないが。
http://lovamimi.flowerbed.org/?eid=84799
この本のII章の3項に詳しい。

20 :名無しゲノムのクローンさん:2006/01/31(火) 10:21:38
カウフマンやバックのスレかと思ったけど違ったのね。

21 :16:2006/01/31(火) 19:54:33
>>18
ニュートンでいう所の”ひらひら”の属する(たとえば生物学、物理学)層がわかりませんよね。
その辺を探ろうっていうのが複雑系の基礎だと私は認識しています。
興味深い情報をありがとうございました、調べてみます。

>>19
生命を作る(真似)で生命の仕組みを探るというアプローチですね。
ウイルス自体が生命として認識されているのか?という問題がありますが、気になるアプローチですね。
本の紹介ありがとうございます。

22 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/08(月) 13:09:29
あげ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)