5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

SOAについて

1 :非決定性名無しさん:05/01/02 18:03:51
SOAとは「サービス」の組み合わせによってアプリケーションを構成
するシステム構築の考え方。

dataのCRUDの単位くらいの粒度でサービスを構成しておいて
アプリケーションは複数のサービスを順番に呼び出して
処理を行っていくという形でシステム構築する考え方のようです。

構築経験、運用経験のある方も無い方もSOAのメリットデメリット等
について議論しましょう。


2 :非決定性名無しさん:05/01/02 18:59:11
2

そこまで粒度細かくないだろ

3 :非決定性名無しさん:05/01/02 19:05:41
「在庫引当」とか「顧客情報照会」
そういう業務機能単位で作るみたいね。

4 :非決定性名無しさん:05/01/04 10:11:39
age

5 :非決定性名無しさん:05/01/11 21:41:52
考え方としてはずっと昔から言われてる内容だよな。
ちょっとまえ流行ったEJBのコンポーネント化とかも同じような内容だし。
Webサービスを使えば疎結合になってちょっとはウマーとなるのかな。

6 ::05/01/12 16:01:57
確定て言うか、Commitはどうするつもりなんだろう?



7 ::05/01/12 16:11:59
Web上にサービスが散らばっているんですよね〜。

8 ::05/01/12 16:12:29
Web上にサービスが散らばっているんですよね〜。

9 :非決定性名無しさん:05/01/12 21:58:52
>>6
Commitって何?

10 :非決定性名無しさん:05/01/12 23:13:55
ものの本によれば
BPELでプロセス定義してそこからサービスを呼び出すとある。
transaction制御はサービス利用側のプロセス
(アプリケーション)に実装するんじゃね?
でも、複数サービスに跨るプロセスだと、
二重コミットどころか何十にも制御するから、難しそうね。


11 :非決定性名無しさん:05/01/13 01:37:48
サービス毎に異なるDBのようなイメージで2フェーズコミットをかけるような、と書けば
伝わるかな?WS-Transactionという標準(となりそうな)仕様はあるけれど、実装製品
が少なくて、実際に知ってる範囲の実運用前提のシステムで使っているという話は聞
いたことがない。



12 ::05/01/13 10:53:08
>>11
>>サービス毎に異なるDBのようなイメージで2フェーズコミット......

Web上にサービスが散らばっている,として
じゃ、必要なデータは、どこに、保存されていること
になるのでしょうか?
それは、サービスの設計しだい、ということでしょうか?


13 :10:05/01/13 23:06:46
transaction制御に必要なデータは利用側のプロセスで
業務データはサービスの方に持つんじゃないのかな。

14 :非決定性名無しさん:05/01/13 23:08:47
システムトランザクションとロングトランザクションの概念を分けれ

15 :10:05/01/13 23:57:18
ロングトランザクションって、人間系のワークフローのこと?

16 :非決定性名無しさん:05/01/14 02:04:50
ちゃう。まずは>>14氏の言葉をもう一度読み直して、自分で調べて。
でも、ロングトランザクション=人間ワークフローってのは目の付け所は悪くない。
実際はソフトウェアで実現するけど、共通点はあるよ。

17 ::05/01/15 15:31:11
ロングトランザクションでは、
ROLLBACKとかではなく、
固有のCANCELルーチンを手作りする。
だから、Webサービス側では、CANCEL要求された場合に
必要になる事柄を準備しておく。

てな、雰囲気かな。


18 :非決定性名無しさん:05/01/17 18:48:00
age

19 :非決定性名無しさん:05/02/05 01:09:16
age

20 :非決定性名無しさん:05/02/21 21:31:28
オライリー「エンタープライズサービスバス」age
ベンダーが書いたにしては意外にニュートラル (Java関連製品の中で)

21 :非決定性名無しさん:05/02/21 22:07:20
オブジェクト指向分析とは全く正反対の、機能ベースのアプローチが必要である

22 :非決定性名無しさん:05/02/21 23:02:53
「である」
「である」
「である」
「である」
「である」
「である」
「である」
「である」
「である」
「である」


23 :非決定性名無しさん:05/02/22 04:08:15
要するにレガシの大御所、愛ちゃんが、
自社のおまぬーなカスタマーに相応な技術を拾い上げて大宣伝してるっつうだけだろ。

あと国内某社でもとっくに、WebServiceにワークフローとルールエンジン入れて、アンチオブジェクト指向でSOAするつって息巻いてる罠。

24 :非決定性名無しさん:05/02/22 04:09:57
ビジネスモデリングとの対応関係をつけやすい、つのもキモかもな

25 :非決定性名無しさん:05/02/24 00:53:38
悪評高いEJBで、なぜStatelessSessionBeanによるSessionFacadeを使えといわれていたかを考えればいい。
SOAはSessionFacadeの粒度が大きくなっただけ。

26 :U ◆CZtFsGiu0c :05/02/24 21:34:35
>>17
ロングトランザクションの仕組みはBPELで用意されている。キャンセル用の
サービス実装は必要だが、呼び出すためのデータはプロセス側に保持しておける。

>>23
SOAという言葉自体はガートナーが10年位前に提唱した概念。
IBMが主導的な役割をしているのは確かだけど、もう既にIBM云々という段階では
ない。もちろん国内の主要ベンダも一年位前から対応を始めているけど、本当の
意味でSOAを実現できているところはおそらくない。

>>25
それは「サービス」にしか着目していない時点でSOAを理解していない、と思う。

27 :非決定性名無しさん :05/02/28 20:25:42
また素人をだまして金を巻き上げるんすか。

28 :非決定性名無しさん:05/03/03 17:16:29
>>27
じゃ今のままのガチガチのシステムでいいと?

29 :U ◆CZtFsGiu0c :05/03/04 15:04:08
>>28
まあまあ、>>27のような考え方をしているベンダやコンサルがいるのも事実。
ただしSOAを導入しようか、というような顧客はそれなりの規模であるのもあって、
そう簡単にだまされるようなシロートさんではないですよ。

30 :非決定性名無しさん:05/03/05 02:34:41
>>29
SOAでいうサービスはOOでいうコンポーネントをWSDLで記述してWEB対応したもの
と言えばわかってもらえないだろうか
OOのメリットを否定する人はいないだろう

31 :非決定性名無しさん:05/03/09 19:45:29
そんなわかりきったこといって面白い?

32 :非決定性名無しさん:05/03/09 20:37:46
まぁまぁ。そう気張らずに。生産的な議論をしましょうや。

33 :非決定性名無しさん:05/03/09 23:29:11
雑誌やサイトで騒がれてるほど流行らないと思うけどな。
そもそもSOAの定義があいまいすぎ。

34 :非決定性名無しさん:2005/03/26(土) 20:16:57
本が出た

35 :非決定性名無しさん:2005/04/06(水) 12:31:48
>>34
BEAのやつ?

36 :非決定性名無しさん:2005/04/06(水) 18:44:22
SOAっつのは、データ/サービスを
供給サイド中心に考えるのではなく、
利用サイド中心に考えた時に出てくるアーキテクチャっつうことだ。

ほら、ビッグ・ブルーが on demand business と囁いてるw


37 :非決定性名無しさん:2005/04/06(水) 18:59:10
>>27,>>29
まずは企業システムを EA (Enterprise Architecture)という大枠で考えましょう、
そしてその中で、アーキテクチャ的なターゲットとして SOAを選択する企業がある、
つうシナリオ。まぁ、組むのは楽だけど利用が面倒なシステムなんて、誰も欲しがらない罠

38 :非決定性名無しさん:2005/04/06(水) 23:32:23
>>35
yes.
なかなか面白かったが、具体的な話がないので入門編でしかないのは
しょうがないことなのだろう。

39 :35:2005/04/07(木) 10:12:58
>>38
入門編なんですか
面白そうだから買ってみようと思ってます

ちなみにコレ上手くいった実例が
@IT見てみると幾つか上がってたんだけど
具体的な実装についてあまりふれられてないんですが、
経験者っています?


40 :非決定性名無しさん:2005/04/07(木) 11:48:55
>>39
いないよ。それなりの規模があるところじゃないとSOA導入の必要性ないし。
それなりの規模だから試しに作るってのも大変だし。
なんか絵に描いた餅だよね。SOAって。

41 :非決定性名無しさん:2005/04/07(木) 17:17:58
すっばい葡萄

42 :非決定性名無しさん:2005/04/13(水) 11:32:01
ほしゅage


43 :非決定性名無しさん:2005/04/13(水) 23:44:48
Amazonあたりが始めにやるのか

44 :非決定性名無しさん:2005/04/14(木) 00:45:41
尼損は無理じゃね?
過剰投資で20年経たないとpayしないって
ヒーヒー言ってたのがつい数年前でそ

45 :非決定性名無しさん:2005/04/14(木) 19:00:10
BEAが自社のシステムをポータルサイトにまとめたものをSOAの例として
紹介しているが、それって単一のサイトにちらばっていた関連サイトの
リンクはっただけじゃないのか?

まさかな

46 :非決定性名無しさん:2005/04/14(木) 22:15:12
SOAを祭り上げて高い実行環境や開発環境を売ろうとしてるけど
結局初期のEJBと同じように使われない気がする。


47 :非決定性名無しさん:2005/04/14(木) 22:35:42
別にIBMの後追いしなくてもいいんじゃないの、きみの会社はw

48 :非決定性名無しさん:2005/04/14(木) 22:36:35
>>45
えぇーとぉ(笑

なにか勘違いしちゃったのでわ?キミが。

49 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 09:45:36
>>47
意味不明

50 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 18:30:10
意味不明、ということはIBM社員光臨か。めでてぇな

51 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 18:59:06
SOAって要するに昔かすかに流行った
RosettaNetやebXMLとかBiztalkを
また焼きなおしてるんだな。

2つ会社があって何か取り引きの通信をするときには
単純なXMLベースの電文にするだろう。
SOAを使うが故にトラブる原因になりそうなので
業務の設計者は直感的に敬遠するだろうな。

52 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 19:33:20
必死だな(藁

53 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 21:25:23
しかしSOAにするメリットを誰も書けないのはなぜ?

54 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 21:49:49
書けないんじゃなくて、
バカしかいない板に書いても徒労で終わるから。
あと、大抵のともな人間は情シス板なんて鼻糞には来ないから。

55 :非決定性名無しさん:2005/04/15(金) 21:51:01
僻地の人間が、東京の流行を聞いて
「信じらんねずら」と言ってるのと一緒。



56 :非決定性名無しさん:2005/04/16(土) 00:58:28
必死だな(藁

57 :非決定性名無しさん:2005/04/16(土) 02:52:15
屑が必死だな(ゲラ

58 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 01:34:51
ム板にこんなんあった
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1112008136/l50

59 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 02:12:32
>>54
無知な奴はそういって逃げるんだよなw

60 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 07:24:05
ここにも、やれやれおやじ。

61 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 07:27:52
まぁ、>>1-20みたいなタワケた事書いてる暇があったら、
まずはEDI関係の超泥臭い仕事やれって(爆笑
奇麗事で済まそうとする人間が多いのが問題だな(大爆笑

62 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 09:00:21
相手の会社のSOAシステムと自社のSOAが技術的にトラブったときに何のサポートもないからな。
EAIの話しはいつも誰が面倒見るかの話しになるぞ。

63 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 10:10:48
まずはEDI関係の超泥臭い仕事やれって(爆笑

64 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 10:15:14
EDIってフロッピーにCSVファイルを保存して
こっちに持っていって処理させることね。

65 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 10:22:05
昔やってたシステムで
チームで一番仕事出来ない奴が
EDI対応に回されてたな
なんかヒィヒィ言ってたの覚えてる

66 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 10:58:04
なんだ、EDIの基盤作るようなプロを期待したら、
末端で電話連絡するだけみたいな屑現場の話かw

67 :非決定性名無しさん:2005/04/19(火) 11:01:05
そりゃ、どんな新しい技術でも、
国内の研究開発者束ねて方向付けする人やら、
標準化案作って国際会議で提案する人やら、
はたまた基盤ミドルウェアを一から開発する人やら、
できあがった仕組みにのっかって「つまんねぇ仕事」とほざく屑やら
いろいろ居らぁ〜な

68 :非決定性名無しさん:2005/04/23(土) 00:43:27
BOAの妹 ハァハァ

69 :非決定性名無しさん:2005/04/24(日) 10:20:05
CORBAのような結果に終ってしまったな。
TomcatやStrutsのようなオープンソースな進め方でプロジェクトリスクを減らしてくれ。

70 :非決定性名無しさん:2005/04/25(月) 20:40:00
2000年問題煽ってERP売りまくった
Gartnerが、今度はESB(Enterprise Service Bus)を
売り出してるしw


71 :非決定性名無しさん:2005/04/25(月) 20:42:15
きっとまたガトーナが
美味しい仕事するんじゃねぇの?

72 :非決定性名無しさん:2005/05/16(月) 03:23:44
「部品組み合わせのお約束を決めておきましょう」
という解釈でよいの?
部品の粗さが今までと違うということ?

73 :非決定性名無しさん:2005/05/17(火) 13:48:11
部品の噛み合わせが悪い場合は
他社接続案件だった場合、最悪の状態になるな。

74 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 09:50:31
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050517/160993/index.shtml

「今年はSOAを具現化する年だ」、日本IBMのソフトウェア事業部長が語る

 「SOA(サービス指向アーキテクチャ)はあくまでもビジネスを情報システムで実現しやすくする方法論に過ぎない」。
日本IBMの三浦浩執行役員ソフトウェア事業部長は5月17日、同社のソフトウエア事業戦略説明会で、こうした認識を示した。
「(当社も)方法論を実現する具体的な製品は出してきた。 SOAを具現化するために、今年はそれぞれの製品と、製品同士の連携を強化していく」と意気込む。

 SOAは、業務の単位で複数のプログラムをまとめ、システム全体を「サービス」の集合体ととらえる考え方。
日本IBMではこれまで、“SOA実現機能”を搭載する製品を、Webアプリケーション・サーバー「WebSphere」中心に提供してきた。

 だが、実行環境だけではSOAを実現できないことはIBMも認識している。
「アプリケーションの開発手法やサービス同士が連携したときの運用のツールに課題があった」(三浦氏)。

 この課題を解決するための製品として、IBMは同日、運用管理ツール群「Tivoli」の新製品を発表した。
システムの構成や変更、アプリケーション・ライフサイクルの管理といった単位でサービスにまとめ、運用管理のプロセスを自動化する機能を提供する。

 新製品は、「IBM Tivoli Change and Configuration Management Database」と「IBM Tivoli Process Managers」の二つで、
運用業務のベスト・プラクティスであるITIL(ITインフラストラクチャ・ライブラリ)にも沿っている。
前者は、ITIL の核となる構成管理データベース(CMDB)を構築する。同社のデータベース・ソフト「DB2」を使う。
後者は、各システムから収集してきたCMDBの情報を使い、リリース管理という単位で運用管理のプロセスを実行する。いずれの製品も今年中に出荷を開始する予定である。

 このほか三浦氏は、今後も他のソフトウエア・ベンダーの買収を続け、製品群を拡充する方針を明らかにした。
「自社のツールを補完する製品があれば、これまでと同様に企業買収は続ける。おそらく買収のペースは衰えることはない」(三浦氏)する。



75 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 12:12:51
SOAのメリットってのはシステムの柔軟性なんだろ。
1年やそこらでその効果というかメリットが実感できるとは思えないんだが。

つーか、いくら柔軟になったからといってもテスト工程は減るわけではないだろうから
あんまりメリット大きくなさそうだな。



76 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 12:23:05
どうでもいい瑣末なテストと運用で食ってる底辺労働者、乙

77 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 12:37:05
IBM工作員乙

78 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 14:29:45
SOAってWebSphereがデファクトなの?
WebLogicはどうなっちゃったの?

79 :U ◆CZtFsGiu0c :2005/05/18(水) 18:39:10
>>75
>SOAのメリットってのはシステムの柔軟性なんだろ。
1年やそこらでその効果というかメリットが実感できるとは思えないんだが。

その通り。だから、SOAと言う言葉が流行りだしてから「成功」した例がある
わけない。海外の成功例はみなSOAなんていう言葉が流行る前からのもの。

>つーか、いくら柔軟になったからといってもテスト工程は減るわけではないだろうから
あんまりメリット大きくなさそうだな。

メリットがあるのはシステムを使う側だよ。だからテスト工程云々なんて
のはお門違いでしょ。もし開発期間の短縮のことをいっているのであれば、
SOAが実現されていれば機能追加に伴う開発範囲は限定されるので、テスト
工程も含めて開発期間は短縮されるはずだけど。
#ま、あくまで「実現されていれば」ね

>>78
このスレッド読むだけでもそんなことないとわかると思うけど。そもそも
SOAはコンセプトであって、実現方法はさまざまだよ。

80 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 21:24:17
>>78
WebSphereをデファクトにしようとIBMが必死にがんばってる。
メディアへの露出度(理想論を述べたもの)が高いだけで実例からするとどこもほとんど無いに等しいと思われ。

81 :非決定性名無しさん:2005/05/18(水) 21:43:52
ESBのパイオニア David A. Chappellが語る「エンタープライズ・サービス・バス」
 ttp://www.sonicsoftware.co.jp/products/sonic_esb/book.html
 インタビュー:  ttp://www.sonicsoftware.co.jp/products/sonic_esb/interview.html
 書籍:       ttp://www.oreilly.co.jp/books/4873112206/
                                                              
  「エンタープライズ・サービス・バス(ESB)」は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)によって、
  メッセージングやWebサービス、データ変換、インテリジェントなルーティング機能を高度に組み合わせた、
  標準ベースの統合プラットフォームです。今や、ESBは現実的なシステム統合の課題をその独創的な方法
  で解決しながら、急速に広くさまざまな業界のIT組織に採用が進んでいます。

  オライリー社より刊行された「ESB」は、特にエンタープライズ・メッセージングとWebサービス、
  SOAに関する標準技術の分野において、それを熟知する専門家の立場から
  ESBの概念とアーキテクチャの両面からのオーバービューを提供してくれます。
  この中で著者のDavid Chappellは、ESBを明確に定義し、ESB自体はもちろん、各種のアプリケーションを
  エンタープライズ規模で統合するというさまざまなアーキテクチャを実践的な方法により解説。
  業界のパイオニアそしてイノベーターとして活躍してきた経験を活かしながら、
  彼の持つ広範でユニークな知識を展開しています。
  さらにChappellは、標準のコンポーネントとインターフェイスを駆使し、
  いったいどのようにESBがさまざまなアプリケーション統合の課題を克服するのか、
  わかり易い“統合パターン”によって教示しています。

  この本は、エンタープライズ・アプリケーションの構築や統合、設計そして企画に携わり、
  そして、“次世代”統合のためのアーキテクチャのスキルと経験をお探しの皆様にとって
  必携の一冊となるでしょう。


82 :エンジニア向け入門書:2005/05/29(日) 17:13:58
「基礎からわかるSOA --サービス指向アーキテクチャ」米持幸寿、日経BP

83 :82:2005/05/29(日) 20:18:29
↑IBMテクノロジー・エバンジェリストの米持氏が出したSOA入門書です。
 エンジニア向けとしてはこれ以上ない位わかり易く、
 最新の話題を説明している本だと思た。

>>80
そのような意見を「酸っぱい葡萄」と言う。

メッセージ指向ミドルウェア(MOM)による企業システム統合というアイデアは
IBM MQシリーズや、そこから派生したCORBA系ソリューションやJ2EE JMSにも存在していた。

ESBは、SOAが提唱する企業システム構築モデル(複数視点の5W1H)と、
標準メッセージング・サービス(Webサービス)による疎結合で
企業システムを統合しようとする点が、MOMから見た大きな変更点。

まあ、元々MOM使った事ないなら、別に焦らなくてもいいんじゃない?

84 :82 一部訂正:2005/05/29(日) 20:20:33
ESBは、近年脚光を浴びている SOAとWebサービスを、
上記ソリューション(MOMによる企業統合)に取り入れたもの。

SOAが提唱する企業システム構築モデル(複数視点の5W1H)と、
標準メッセージング・サービス(Webサービス)による疎結合で
企業システムを統合しようとする点が新しい。

85 :82 一部訂正:2005/05/29(日) 20:20:41
ESBは、近年脚光を浴びている SOAとWebサービスを、
上記ソリューション(MOMによる企業統合)に取り入れたもの。

SOAが提唱する企業システム構築モデル(複数視点の5W1H)と、
標準メッセージング・サービス(Webサービス)による疎結合で
企業システムを統合しようとする点が新しい。

86 :82:2005/05/29(日) 20:21:11
げげげ。二度書きスマソ

87 :非決定性名無しさん:2005/05/29(日) 23:38:39
>>82-86
必死だな。>IBMの中の人

88 :非決定性名無しさん:2005/06/01(水) 14:56:33
いまいち売れないIBMのSOA。

89 :非決定性名無しさん:2005/06/17(金) 20:57:16
SOAも言葉が先行しすぎて技術が追いつく前にスポイルしそうだな。

90 :非決定性名無しさん:2005/06/18(土) 11:08:22
SOAって壮大な釣りだよな?

91 :非決定性名無しさん:2005/06/24(金) 23:03:50
釣れなかったら、箱崎ごとリストラだからな。

92 :非決定性名無しさん:2005/06/26(日) 15:38:43
SOAってBOAの親戚だよな。

93 :非決定性名無しさん:2005/07/01(金) 15:08:25
http://www.scio.co.jp/soasol.html

これってどうなん?

94 :非決定性名無しさん:2005/07/01(金) 21:32:40
>>93
当たり前のことしか書いていないが・・・

95 :非決定性名無しさん:2005/07/01(金) 23:24:31
クライアント側でSOAするって言うのは他にあるのでつか?

96 :非決定性名無しさん:2005/07/02(土) 01:03:42
EAIソリューションのしごく一般的なアプローチじゃない?
目新しいものは何もないように感じる

97 :非決定性名無しさん:2005/07/02(土) 01:30:38
なるほど!

EAIの切り口で言えば、そうかもしれないでつね。

じゃぁ、ただたんに安いってこと?
200万だし。

他のはウン千万円コースでしょ?
既に大きな投資をしているのに、
さらにSOAだからっていって、ウン千万は払わん!

ところでSOAといえば、どこのメーカーが一番なのでつか?

98 :非決定性名無しさん:2005/07/02(土) 11:43:56
SOAには、OO/CORBAの延長という路線と、EAIの延長という路線の2つがあるので、混在してはいけない
>>93は前者ではないか?
内容によって安いとも高いともわからんな

99 :非決定性名無しさん:2005/07/02(土) 12:14:05
>>98
両者はどう違うの?本質は変わらんように思えるが

100 :非決定性名無しさん:2005/07/02(土) 20:57:01
SOAといえばIBM
のような感じにもなりつつある

IBMが最終的に目指しているのはSOAじゃないかもしれんが

101 :非決定性名無しさん:2005/07/02(土) 21:45:09
所詮、大坂kittyの戯言スレ

102 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 01:57:12
>>99
ぜんぜん違うじゃん
前者はオンラインアプリ、後者はバッチのワークフローだよ

103 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 02:01:57
バッチのワークフローってどういう意味だ?

104 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 02:31:52
OO/CORBAとワークフロー系を分けるという必然性が不明。
要するにOOにトラウマ持ってる人が区別しているだけだろう。

バッチ・ワークフローとは、例えばJOBNETのような基幹向け分散ジョブ実行スケジューラ。
典型的には、
・各プラットフォーム/ミドルウェア向け制御サービス
・グラフィカルなジョブ設計環境
・グラフィカルな実行管理コンソール
等で構成される。
ベンダー毎統一された製品体系が出ている反面、
ベンダーを超えたジョブ制御の構築はなにかと手数がかかる事が多い。

ESB(エンタープライズ・サービス・バス)は、
Webサービス・ワークフロー標準(BPEL, BPMN)を使って、
これらの非互換な製品群を標準化し統一するものとして期待を集めている。

                                                   いじょ


105 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 03:55:33
ああ、なんとなくわかりました。素人な質問にどうもありがとう

106 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 03:59:23
>>105
判った?
おまえみたいなクズが、そんなことわかってどうしようと言うんだ?
またハッタリこいて糞スレたてまくるか、
はたまたまっとうな議論に殴り込んで、議論レベルを小学生レベルに貶めるのが関の山だろう。

おまえは誰にも必要とされていない人間だ。さっさと消滅しろ

107 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 05:59:45
SOAってインタフェースが標準化された部品を組み合わせて
PC自作するのと同じだろ?
あとからパフォーマンス上げたり機能追加したかったら、
メモリ増やしたりボード差し替えれば他に影響しない。

108 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 10:58:50
>>107
全然違う。
PCの場合、必要なのはマザーボート、メモリ、CPU、HDDと有限小数だが
SOAのサービスなんて無限に発生し得る。

EJBのときのコンポーネント化で再利用してウマー!って言ってた時の妄想と同じ。

107みたいな妄想を持った人が顧客側にいると大変だな。

109 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 11:42:01
>>107
だから、そのような発想の系統をOO/CORBAの延長って言ったんだよ

110 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 13:23:27
…………… ば か す れ ……………

111 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 20:32:45
結局システム屋の作業量や作業内容は変わらないんだろうな。

112 :非決定性名無しさん:2005/07/03(日) 21:54:54
…………… ば か れ す ……………

113 :非決定性名無しさん:2005/07/04(月) 01:59:09
こないだまでみんな「えすおーえー」って言ってたのに、
なぜか最近「そあ」って言う人が増えてきた。

114 :U ◆CZtFsGiu0c :2005/07/04(月) 12:15:41
>>93
詳細な情報がないから断言はできないけど、要するにバックエンドではなく
フロントエンドで統合しよう、っていうアプローチのようですね。とりあえず
つなぐ、ってだけなら成功しそうですが、長期的にはあまりすすめられない
アプローチのように思えます。

115 :非決定性名無しさん:2005/07/04(月) 12:50:29
>>114
とりあえずつないで業務をとめないようにしようってのがSOAの売りだよ。

勘違いしてる人が多いがSOAのメリットとしてあげられてる
「企業の合併に容易に対応できる」ってのはあくまでも継ぎはぎが簡単にできるっていうだけ。
後々ちゃんとしたシステム統合は必要。

116 :U ◆CZtFsGiu0c :2005/07/04(月) 18:11:47
>とりあえずつないで業務をとめないようにしようってのがSOAの売りだよ。

既存の資産は可能な限り活かそうってのはSOAの売りだけど、「とりあえずつなぐ」
ってのは今までのシステム連携の発想だと思うよ。それが限界だからトータルで
きちんと設計しよう、というのがSOAの発想だよね。もちろん、一部のシステム、
特にパッケージについては、スクリーン・スクレイピングのような手法をとるのも
有効な場合もあるだろうけど、はまる可能性も高い手法なので、個人的にはあまり
やりたくない。

でも、パッケージをどうするか、ってのは誰もいわないけど大きな課題ですね。

>勘違いしてる人が多いがSOAのメリットとしてあげられてる
「企業の合併に容易に対応できる」ってのはあくまでも継ぎはぎが簡単にできるっていうだけ。

「企業の合併に容易に対応できる」のレベルにいくまでは、かなり時間がかかる
でしょう。それだけできてたらすごいと思うけど:-)

>後々ちゃんとしたシステム統合は必要。

これはたとえば、アダプタを介していたのを、アダプタなしで動作するように
構築しなおすようなことを想定しているのでしょうか。「ちゃんとしたシステム
統合」したほうがメリットがあればの話ですよね。

117 :非決定性名無しさん:2005/07/04(月) 18:19:25
設計者のセンスがすべてということか

118 :非決定性名無しさん:2005/07/04(月) 23:22:54
>>117
その通り。サービスのインターフェースをいかに切るかがすべて。

119 :非決定性名無しさん:2005/07/05(火) 00:13:36
今までとあんまり変わんない気がするな。
無理にAll Replaceしようとする風潮が消えるのは喜ばしいことだけど

120 :非決定性名無しさん:2005/07/05(火) 20:55:33
既存の試算を活かし、サーバーには手を入れずに、
クライアントで安く統合するのはsmallスタートでよいのでは?

smallスタートだけど、どうせ3-5年も経てばサーバーもリプレイスするんでしょ。
samallスタートのままでも十分では?

121 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 00:31:48
>>118
それよりもデータ統合のほうが問題。

122 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 00:55:07
>>121
データ統合を後回しにしようってのがSOAでは?

123 :ががんぼ:2005/07/06(水) 01:21:02
>> 122

その通りだと思いマスタ。

SOAの明確な定義を記述しているHPに、
「各社によってまちまち」と書いてあった。

結局言ったもの勝ちかい!


124 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 03:09:57
>>123
だって所詮はセールストークだもの
実現できないのは技術者の責任w

125 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 10:10:38
>>124

ひょっとしたら、まだ創成期なので、定義が決まらないのかも。

そのうち誰かがシェアを取れば、定義も決まるでしょう。

シェアといっても社数では非常に狭い市場。


126 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 10:45:45
>>125

君、SOAについてちゃんと勉強したことある?

127 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 11:06:24
>>125
ひょっとしたらまだ決まってないのではなく、
決まってないのに言葉だけが独り歩きしてるのが現状。

まさに絵に描いた餅ですよ。
しかも各社微妙に違う餅を描いてる。
そして営業が「この餅はおいしいですよ!」と必死に売り込んでる。

128 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 12:14:53
2ちゃんねるは脳味噌からっぽの空間

129 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 18:20:50
>> 125

その通り!

130 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 18:22:36
ところで、結局SOAはんで売れないのでせうか

131 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 18:22:51
ところで、結局SOAはんで売れないのでせうか

132 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 18:42:13
違ってたらスマソ
sapでいうとbapiをいろんなシステムからコールしてユーザーが使いやすいフロントエンドを作ろうってこと?

133 :非決定性名無しさん:2005/07/06(水) 20:38:41
>>132
ヒント:Netweaver、XI、MDM

134 :非決定性名無しさん:2005/07/08(金) 00:50:16
のたうちまわってやる

135 :非決定性名無しさん:2005/07/08(金) 18:17:31
SOA、確かに面白そうだけど今までのEAの考え方と根本的に違うから、
移行プランが見えてこないよね。 パラダイム・シフトは時間がかかるものだし。

クライアント側のESBモドキらしいマイクロソフトのIndigo待ちな予感。
最初はクライアント側でコントロールして、
そのうちに少しずつサービスを増やしていきながら、
どっかのタイミングでESBで纏め上げる、
みたいな手順で移行が進むんじゃねえの?


136 :135:2005/07/08(金) 18:26:36
マイクロソフトが美味しいとこもってきそうなシナリオだなあ、自分の予想ながら...
IndogoとESB(マイクロソフト製)の間に独自プロトコルぶっこんどけば
今回もマイクロソフトの総取りだな。

137 :非決定性名無しさん:2005/07/08(金) 18:46:35
なんでこの人は、
もう市場に出ている元祖ESB製品には目もくれず、
M$のハッタリを最上のものとするの?

だからM$信者は頭が弱い

138 :非決定性名無しさん:2005/07/08(金) 18:47:31
きっとVBとかVBとかVBとか、あとASPとかやってて、
ファットクライアント以外できない人なんでしょ(呆

139 :非決定性名無しさん:2005/07/08(金) 18:57:06
>>今までのEA

EAって固有名詞か一般名詞か区別できていないヤシなんだから、
生暖かい目で見守ろうよw

140 :非決定性名無しさん:2005/07/08(金) 19:16:19
Indigoって何?

141 :非決定性名無しさん:2005/07/10(日) 00:25:14
ちっちゃなトピック
ActiveBPEL
http://www.openalexandria.com/archive_1_2005-5-17.html

142 :非決定性名無しさん:2005/07/10(日) 01:47:17
元祖ESB製品であるSo○icE○Bの説明を2年前に聞いてあまりにもしょぼかったのが
印象的だった。ほぼ同時期のSeeBeyondの製品はマシだったけどな。

M$もはったりかますけど、IB○に比べればはるかにマシ。
M$信者に頭が弱いのが多いのは事実だが、アンチM$信者にも多いのは事実。


143 :非決定性名無しさん:2005/07/10(日) 02:42:21
J2ee1.6でESBが標準になるので、
すっげー楽しみ。

144 :非決定性名無しさん:2005/07/10(日) 10:14:27
なんかJavaもどんどん明後日の方向に行ってるな

145 :非決定性名無しさん:2005/07/10(日) 19:55:58
SOAのカソスマ、出て来いや!


146 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 05:53:40
>>145
よんだ?

147 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 05:54:17
つーか、EAってなに?

148 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 08:34:17
147
えんはんすど・あなる
拡張された肛門の事
要は開発済みって事でつね

149 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 10:16:26
えんどれす・あなるふぁっく
じゃねぇのか、つまんね

150 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 13:39:49
MSのインディゴって、タダなんだろうか?

151 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 15:59:04
>>149
目的と手法をごっちゃにしてますね。
エンドレスでアナルファックを楽しむ為に肛門を拡張するのです。

152 :非決定性名無しさん:2005/07/11(月) 16:36:05
>>142
SeeBeyondってガートナーも押してるよね。
どこが良いの?

153 :非決定性名無しさん:2005/07/12(火) 20:43:59
今すぐSOAを経営に取り入れた企業と、そうでない企業の間には、5年後いえ3年後には埋めることのできない差が生まれるとさえいわれています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872805453/250-3859402-6081850

ほんとですか?

154 :非決定性名無しさん:2005/07/13(水) 01:36:41
なんか、いつも良く聞くようなフレーズのような。

そういう技術・アーキテクチャーって、
今までも結構あったようだけど、
本当にそれくらいの威力があったのでしょうか。

155 :非決定性名無しさん:2005/07/14(木) 00:13:28
>>153
ほんと。

今すぐSOAを経営に取り入れた企業と、そうでない企業の間には、5年後いえ3年後には(SOA失敗コストの増大によるマイナス損益拡大という)埋めることのできない差が生まれるとさえいわれています。

156 :非決定性名無しさん:2005/07/14(木) 11:13:36
>>155
著者自演乙

157 :非決定性名無しさん:2005/07/14(木) 16:35:18
>>156
内容良く読め、バカ

158 :非決定性名無しさん:2005/07/14(木) 17:44:01
SOAPのサービスの質が低下してる件に関して

159 :非決定性名無しさん:2005/07/14(木) 17:45:52
>>155
SOA → SOS

160 :非決定性名無しさん:2005/07/15(金) 02:07:45
こんなんあってん。
JBoss jBPM
http://www.jboss.org/products/jbpm

161 :非決定性名無しさん:2005/07/15(金) 15:55:13
SOAP − P = SOA


162 :非決定性名無しさん:2005/07/16(土) 17:42:59
SOAの事を詳しく書いてある本やサイトを知りたいのですが、
エロイヒト教えて下さい。

163 :非決定性名無しさん:2005/07/16(土) 19:09:10
SOAで釣りたいんだけどWebSphereの品質がボロボロになってきたからな。

164 :非決定性名無しさん:2005/07/17(日) 22:18:11
SOA入門
http://www-6.ibm.com/jp/software/websphere/developer/soa/index.html

165 :非決定性名無しさん:2005/07/17(日) 23:41:33
SOAP ってソープってよんでるけど…どうなの?

166 :非決定性名無しさん:2005/07/17(日) 23:57:55
利点はわかるけど、
まず 一回コミットの情報量が膨大だと処理がものすごくかかるかもしれないリスクがあるな。
これって、入力値のエラーがあった場合、何度もしないといけなくなる可能性があるから全体的に重くなる。
細かい業務処理にわけると、今度は改修や新規のシステムが入った場合に
全体に改修の重みがかかるリスクがある。
どっちにしても、一個アダプターを介して租結合を行う必要があるかな?

167 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 05:27:51
そーだよねー・・・。
やっぱ、レスポンスは無視できないよねー・・・。
ここにも似たような話がでてるけど。
http://blogs.itmedia.co.jp/snuga/2005/07/soa_74b2.html#comments

168 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 12:47:54
>>164
在庫モデルがあんなに簡単なわけないのに、IBMの例はしょぼすぎ。
結局Websphere売りたいだけだろう。
もっとSOAでなくてはならないようなモデルの例を出さなきゃ説得力ゼロ。

>>167
この議論はスループットとレイテンシの区別がついていない気がする。

169 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 12:55:38
>>165
それじゃ、まるで...あれだな

170 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 13:34:59
>もっとSOAでなくてはならないようなモデル

これが無いんじゃない?
だからM&Aなんかのときシステムの再構築が楽とかいってるわけで。

171 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 14:09:41
DB=SOAな罠?

172 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 15:57:18
SOAはオンラインでアクセスされるようなロジックに見えるけど
ひょっとしてバッチのような大量処理も
このSOAPベースでやろうとしてるのかしら?

173 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 16:03:13
>これが無いんじゃない?
>だからM&Aなんかのときシステムの再構築が楽とかいってるわけで。
全くその通り。
M&Aでシステム再構築が楽かどうかも、SOAとはあまり関係ないだろう。

>SeeBeyondってガートナーも押してるよね。
BPELじゃなくてBPMNを重視して、プロセスをユーザ視点で見やすいようにと
言うのが感じられる事と、EAIとしてのノウハウが豊富なので、つなぐ事は
得意なことあたりだろう。
それでも必要性は感じないけどね。


174 :非決定性名無しさん:2005/07/18(月) 16:04:06
SOAのインターフェイス越しに大量にデータ処理をしなければならないときに破綻するな。
テープに落としてバイク便で届けるか。

175 :非決定性名無しさん:2005/07/19(火) 01:41:44
確かに
ワンタイム処理のデータ転送なら、
テープのバイク便のほうがいいかもね。



176 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 02:26:11
まずは構造化手法からやり直せ。
「サービス」とか口にするのも恥ずかしい。。。

177 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 08:05:18
>>176
IBMやその他大勢のSOAベンダに言ってやれ。
モデルとして出している例をみれば、レベルの低さが分かるだろう。

178 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 09:58:00
SOA=DBじゃなくて
ESB=DBな罠?

179 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 10:36:40
この程度の仕様で他社接続案件にSOAを使った場合
どうなっちゃうのかなー。
自社の基幹系が他社のSOAを部品に使っていて
他社が原因で自社の基幹系が落ちたり大変だろうな。
リカバリーをあまり考えてないからデータの欠落が発生するだろうな。
うーむ、だんだん寒くなって夏向きだ。

180 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 12:52:45
>179
基本的に非同期で疎結合だから落ちるようなつくりにはならないと思われ。

181 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 13:12:28
SOAの欠点は、
・データの偏在と同期化
・パフォーマンス

その代償として
・プラグ・アンド・プレイ的な柔軟性
・開発工数の短縮
を獲得したってことでしょ。 

SOAが向かないケースも多々あるってことで

182 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 14:10:50
>・開発工数の短縮
・・・こんなのあるのか????????????????????
はっきりいってフロントとバックはEJBと思想は同じなんだが、
ダブルヴァリデェートチェックやら、ダブルビジネスチェックの
オンパレードかもな・・・
しかも今のWEBシステムって業務単位じゃなくて画面単位で
動かしてることが多々ありまくりんぐ
ただトランザクション対策として使っている状態だし…

183 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 14:58:53
EJBにこだわるのは、
アプリケーションサーバーも売りたいIBMとBEAだろ

184 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 18:07:53
IBMソフトウェアエバンジェリスト 長島さんSOAを語る
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/pdf/eva_nagasima01.pdf (169KB)


185 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 21:00:12
なつかしの通番管理復活!

186 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 23:24:24
>>184
抽象論はいらないから、SOAに適した例、粒度、SOAで無ければならない理由を
説明してくれ。それが無いならセールストークでしかない。

187 :非決定性名無しさん:2005/07/20(水) 23:56:08
あー、20年前IMSがLU6.2でIMSASYNCってゆーTP名で電文送ってもらったっけ、
EBCDICとIBM漢字コードをASCIIとSJISに変換したなぁ。
非同期通信なので障害回復時は何番から再送してもらったな。
電文がXMLになっただけでたいした進歩がないな。

188 :非決定性名無しさん:2005/07/21(木) 02:52:16
大規模基幹業務の後進性には、ときどき唖然とする。
というか、そもそも先進性など期待してはいけない分野なのだろうな。
カワウソ(藁

189 :非決定性名無しさん:2005/07/21(木) 03:09:00
>>187
LU6.2とは懐かしい、VTAM、...
あの頃の通信制御装置の型番は何だったけ?


190 :非決定性名無しさん:2005/07/22(金) 16:58:38
SAPのパラメタ屋やってますが、アホな私にも
ようやくESA(SAPのいうSOA)っていうのが理解できた。
ただ現実を考えるととんでもないな。

191 :非決定性名無しさん:2005/07/23(土) 01:35:24
要するに普段かったるい電話やFAXやメールでやってる他社との仕事を
SOAで代わりにできないかなと言ってるんだな。

もちろん大量トランザクションとか障害時のリカバリはあやしいけど
100件に95件うまくいくんだから5件はオマエが従来どおり
マニュアルで処理しろよオラー。っていうコンセプトだな。

EAIってそんなものだよ。

192 :非決定性名無しさん:2005/07/23(土) 03:49:10
>>191
電話やFAXやメールは要らなくなっちゃうんですか?

193 :非決定性名無しさん:2005/07/23(土) 08:44:54
>>192
要りません。捨ててください。

194 :非決定性名無しさん:2005/07/24(日) 00:29:23
>>192
失敗した5件のために必要だろうが。

195 :非決定性名無しさん:2005/07/25(月) 01:22:44
>>194
喪失して、そもそもなかったことになってるかも。
だから、いらない。

196 :非決定性名無しさん:2005/07/25(月) 03:49:12
>>195
キミ、頭悪いでしょ

197 :非決定性名無しさん:2005/07/25(月) 11:22:38
非同期処理で品質が悪いインフラをいったい何に使うのかってことだな。

198 :非決定性名無しさん:2005/07/25(月) 11:47:24
TCP/IP同様、信頼性の低さはエンド側で頑張ってカバーする、だろ。


199 :非決定性名無しさん:2005/07/25(月) 11:55:05
わはは、アプリにTCPを期待するのかね。
状態遷移だの有限状態マシンだの自動化はまったく無理そうだ。
オペレータがいるのかね。

200 :非決定性名無しさん:2005/07/25(月) 12:08:25
IP電話は信頼性が低いからイヤーンな奴だな、おまいは

201 :非決定性名無しさん:2005/07/28(木) 01:57:35
ソア、ですか?

202 :非決定性名無しさん:2005/07/29(金) 00:49:15
BOAですが、なにか?
(二回目)

203 :非決定性名無しさん:2005/07/29(金) 03:10:01
つまんね

204 :非決定性名無しさん:2005/07/29(金) 14:09:34
SOAよりSOBAの方がイイなあ

205 :非決定性名無しさん:2005/07/29(金) 16:46:17
SOAを導入して大成功してるユーザ企業ってあるのか?

206 :非決定性名無しさん:2005/07/29(金) 21:35:35
ないよ

207 :非決定性名無しさん:2005/07/30(土) 18:46:30
まず社内でSOAを適応してってなんてバブルの時の話だな。
今どきの半年や3か月のプロジェクトで絶対成功させるには
まだまだ機能が足りないよなー。

作りたいところだけSOAの仕様にしても実際には使えないって。

208 :非決定性名無しさん:2005/07/30(土) 22:48:45
機能が足りない、ってそれは昨日の話じゃ無いの?

209 :非決定性名無しさん:2005/08/02(火) 13:55:39
今日はソアが曇ってる

210 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 00:19:30
SunもESBをオープンソースにするらしいね。

211 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 00:21:44
【JavaOne05】SunがJBI準拠のESBをオープンソースに
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/JAV/USNEWS/20050628/163444/

212 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 12:37:54
印サティヤム社、業務システム束ねる効率利用を提案

 インドIT(情報技術)大手のサティヤムコンピュータサービスは、複数の既存システムを束ねて、業務の流れに合わせて効率よく利用できるようにするシステム構築事業を日本で始めた。
既存システムを変更しないで済むため、3カ月程度の短期間で導入できる。
コールセンターなどの業務を効率化するシステムとして、金融や通信業向けに売り込んでいく。

 米ペガシステム(マサチューセッツ州)のソフトを使ってシステムを構築する。
大型汎用機(メーンフレーム)や独SAPの統合基幹業務システム(ERP)などほとんどのシステムに対応しており、
それらの複数の既存システムを統合できる。

 価格は同時に250人で利用する場合で、5000万円程度。
今年度はまず1社での採用を見込んでいる。


213 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 12:42:34
ベガシステムのESB(BPM)をインド人が売ろうと頑張ってる



214 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 13:07:42
インドかウィプロは酷かったなー。
お互いたどたどしい英語でコミュニケーションして
あやしい会話はヒンズー語でやってたっけ。

215 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 18:26:58
ヒンズー語じゃなくてヒンディー語だよ。
インドの場合、地方によって英語の発音も異なるらしいよ

216 :非決定性名無しさん:2005/08/03(水) 23:02:32
SOAといえばインドなのか。

217 :非決定性名無しさん:2005/08/04(木) 15:18:02
SOAは間違いなく現実解に――米ベリングポイントCTO

SOAは、実装する上で現実的な状況になっているのか。
また、問題点はないか。コンサルティングファームの米BearingPointでCTOを務める
ボビー・ソニ氏に話を聞いた。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0508/03/news016.html

218 :非決定性名無しさん:2005/08/04(木) 15:23:09
ドイツポストのSOA導入のカギは?

Deutsche Postは2007年の完全民営化に向けてグローバルなロジスティック企業を目指し、
SOAによるシステムの再統合を図った。
物流のDHLを参加に置く大企業はSOAに何を求めたのか。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0507/27/news101.html

219 :非決定性名無しさん:2005/08/04(木) 17:51:32
ドイツポストって今や世界最大級の郵便会社(日本の郵政民営化の目標らしい)なんだよねえ。
海外で買い物(ネット・ショッピング)すると、大抵ドイツポストかその子会社のDHLで送られてくるよ。
日本の郵便局は勝負になるんかいのう?

220 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 01:49:14
ったくしょーがないなー。
統合が三ヶ月延期になったからSOAでもやるか。

221 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 02:01:17
SOAってどう読むんですか?

222 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 09:33:44
えすおーえー

223 :IBM's Multiplatform WebSphere Portal Targets SOAs:2005/08/05(金) 12:18:07

http://informationweek.com/story/showArticle.jhtml?articleID=167100727

IBM's Multiplatform WebSphere Portal Targets SOAs Aug. 3, 2005

IBM has released a multiplatform version of the WebSphere Portal
that's meant to add mainframe-level scalability.

TechWeb News

IBM on Wednesday said it has released a multiplatform version of
the WebSphere Portal that's meant to add mainframe-level scalability,
performance and security to service-oriented architectures, a form
of distributed computing gaining traction among enterprises.

The portal upgrade is available for the new IBM System z9, and
the eServer zSeries and iSeries platforms, the Armonk, N.Y., company said.

WebSphere Portal lets companies build a single user interface for employees
to access applications and content and communicate with others.
The software also provides workflow functions and acts as the
front-end of automated business processes.

A SOA is a framework for integrating business applications across
computer systems, whether inside or outside a corporation.
The new form of distributed computing leverages web services,
emerging standards for system integration using extensible markup language, or XML.

224 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 12:19:55
IBMでSOAって、あのコテコテなWebSphere Portalの話しになるんだ。

225 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 15:53:50
メインフレーム絡みのSOAはIBMの一人勝ちだろうなあ。

SOAを「ソア」って俺言ってるけどダメ?

226 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 21:13:18
>>224
PortalよりもWBISF(BPELエンジン実装)がSOAの代表とされてたっぽいけど
WAS6はESBが実装されてるって言うし、なんだかもうわけわかめ。

IBMも奔走してるかんじ。

227 :非決定性名無しさん:2005/08/05(金) 22:33:41
>>220
UFJ関係者ハケーソ


228 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 01:34:26
統合ってIBMと日立?
その組み合わせなら似てるから楽チンじゃないの

229 :U ◆CZtFsGiu0c :2005/08/06(土) 01:51:51
>>225
MSの人は「ソア」って言うね。

230 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 02:51:02
インターナショナル・ビジネス・マシーンの人は何て呼んでるの?

231 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 08:08:26
>>230
エスオーエーって言ってる。外人もエスオーエーって言ってた。

232 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 17:37:20
>>229

横浜 TechEDでも「そあそあ」いってたぞ。

233 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 18:54:48
そあそあそあそあ。「あっそ」にしよう。

234 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 23:17:47
今日はそあが晴れてた、気持ち良かった

235 :非決定性名無しさん:2005/08/06(土) 23:21:35
SOAの発音で出自(MS vs IBM)がバレルなんて、リトマス試験紙みたいだな

236 :非決定性名無しさん:2005/08/07(日) 11:00:49
MS: 会長からして大学中退、高卒ぷるぐらまのソウクツだから、厨房言葉が大好き。なんでも省略して「ソア」
IBM:一応、一流の人しか取らないから発言も慎重「えす・おぅ・えぃ」

237 :非決定性名無しさん:2005/08/07(日) 12:55:35
Indigoってできたの?
WindowsサーバーにSOAをやらせるには何を使うの?
それともIBMのWebSphere Portalでも導入するの?

238 :非決定性名無しさん:2005/08/08(月) 08:53:55
MSのやり方はお決まりのパターン
Windowsで動くSOAのベンチャーを買収して、その製品の頭にMSと付けて終わり

239 :非決定性名無しさん:2005/08/08(月) 13:07:51
結局WebSphere PortalとWindowsをつなげるだけの話かいな。


240 :非決定性名無しさん:2005/08/09(火) 15:31:32
これからはJBoss使うんでWebSphereはもうイラネ

241 :非決定性名無しさん:2005/08/09(火) 23:52:54
IBMはWebSphere Portalでボッタクルだろうなあ

242 :非決定性名無しさん:2005/08/10(水) 13:37:47
Javaは邪魔だなあ

243 :非決定性名無しさん:2005/08/11(木) 02:10:09
WebSphere PortalにSOAの機能はないよ

244 :非決定性名無しさん:2005/08/11(木) 02:42:13
CNNのサイトでビデオを見るといつもIBMのCMが流れる。
何百回も同じCM見せられるともう既に脳漿が汚染されてるかも...
仕事の現場でIBMかHPのどちらかを選択する時は根拠も無くIBM選んでるだろうなあ。
サブリミナル効果って訳じゃ無いけど、educationのCMは巧く出来てるよ。

245 :非決定性名無しさん:2005/08/11(木) 03:21:48
Implement a customizable ESB with Java
http://www.javaworld.com/javaworld/jw-08-2005/jw-0808-esb.html

246 :非決定性名無しさん:2005/08/17(水) 19:09:28


IBMはGeronimoの導入とサポートはじめます。
http://www.idevnews.com/IntegrationNews.asp?ID=179



247 :非決定性名無しさん:2005/08/17(水) 23:36:27
>>246
Geronimo vs JBoss の図式が鮮明に成りつつあるね。
取り敢えずオイラはJBossから手を付けるかな...

248 :非決定性名無しさん:2005/08/18(木) 02:06:26
JBossは既にJBoss+BPMが出てるし、
「JBoss、ESBのオープンソース化を検討」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0404/27/news024.html
っちゅう話もあるから、チョットおもしろそう。

249 :非決定性名無しさん:2005/08/18(木) 02:38:49
>>246
WebSphereMQの部分がPure Javaでないので「やりすぎ」なんだと。
IBMはWebSphereの顧客にGeronimoを勧めることもありうるそうだ。

250 :非決定性名無しさん:2005/08/18(木) 17:04:55
>>249
貧乏な客にはGeronimo
金満の客からはWebSphereでぼったくる

そんな感じ?

251 :非決定性名無しさん:2005/08/19(金) 00:35:31
>>250
製品の価格なんて安いもんだからね。
貧乏な客からも金満の客からも
高いサービス料金はいただきます。

252 :非決定性名無しさん:2005/08/24(水) 02:14:57
バスより速い「エンタープライズサービスフェラーリ」

253 :非決定性名無しさん:2005/08/24(水) 14:10:16
ふぇらちおさーびす?

254 :非決定性名無しさん:2005/08/24(水) 22:09:22
なにこの糞記事?というかこの本。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0508/10/news003.html

いかにも糞コンサルの記事って感じ。
全然具体性がない。そのくせ煽りまくり。


255 :非決定性名無しさん:2005/08/25(木) 07:08:00
>>254
日本BEAシステムズ著「ビジネスはSOAで変革する」からの抜粋です。
って書いてあったな。
ここはEAI関連のパッケージで懲りずに失敗を繰り返してるけど
このままじゃアクアロジックも失敗する予感。


256 :非決定性名無しさん:2005/08/25(木) 14:49:23
>>255
なしてそう思う?

257 :非決定性名無しさん:2005/08/25(木) 22:22:40
>>254
脳内妄想記事だな。

258 :非決定性名無しさん:2005/08/25(木) 22:48:40
精神論で営業してるときは
何かとんでもない欠陥があるときなんだよな。

259 :非決定性名無しさん:2005/09/02(金) 09:21:14
age

260 :非決定性名無しさん:2005/09/02(金) 11:30:19
SOAも売れそうにないねえ?
まだ早いのかなあ、兎に角時間がかかりそうだ...

261 :非決定性名無しさん:2005/09/03(土) 01:11:53
SOAの次は何がでてくるの?

262 :非決定性名無しさん:2005/09/03(土) 18:29:57
ASO

263 :非決定性名無しさん:2005/09/07(水) 05:29:15
あっそう

264 :非決定性名無しさん:2005/09/08(木) 02:45:47
age

265 :非決定性名無しさん:2005/09/09(金) 14:05:10
Buzzword認定済み

266 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 08:51:06
SOAだけのメリットってずばり何よ?

267 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:47:55
あまった予算消化。

268 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:55:13
エエー

269 :非決定性名無しさん:2005/09/12(月) 07:51:19
アプリケーションを実現するためのサービス間の疎結合が特徴で
この特徴によりメリット・デメリットが生まれる感じ?

今のところ最大の問題は速度?

270 :非決定性名無しさん:2005/09/13(火) 11:27:26
速度以前にまともな実例がない。

271 :非決定性名無しさん:2005/09/13(火) 11:43:30
つまり構築不可能ってこと?

272 :非決定性名無しさん:2005/09/13(火) 14:43:39
不可能じゃないけどまともなものが出来上がることは到底ありえない。

273 :非決定性名無しさん:2005/09/14(水) 05:41:43
http://www.beasys.co.jp/news_events/bea_seminar/soa.html

>多くの関心と注目を集めるSOAについては、現在、ITベンダー各社が、
>こぞってその考え方や手法の有効性を紹介し、解説しています。しかし、
>企業にとって一番重要なことは、理解することだけでなく、今すぐ実践することなのです。

煽りまくり

実践することなのです!、て言われてもw

274 :非決定性名無しさん:2005/09/14(水) 21:54:16
先ず生贄のスケープゴートが必要だよね
でないと、祭りは始まらない

275 :非決定性名無しさん:2005/09/15(木) 02:19:03
EAIのときはBEAでスケープゴートにされて
辞めるはめになったよ。

276 :U ◆CZtFsGiu0c :2005/09/15(木) 21:49:32
>>270
ドイツポストとかクレディスイスとか。


277 :非決定性名無しさん:2005/09/15(木) 22:15:05
この事例ってどうなの?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/as/soa/case/case.html

単にWebサービス化しただけじゃん。
それなのに「SOAを全面採用」って
はずかしくないのかね?

278 :非決定性名無しさん:2005/09/15(木) 23:46:33
>>277

SOAってExcelのシートを共有することだったのか。

279 :非決定性名無しさん:2005/09/16(金) 06:42:22
excelて元々そこそこ強力な共有機能がついてんじゃんw

280 :非決定性名無しさん:2005/09/16(金) 10:00:45
SOAは夢の仕組み by IBM

http://www.atmarkit.co.jp/news/200509/15/websphere.html

281 :非決定性名無しさん:2005/09/16(金) 20:34:41
俺は夢を見ただけだったのか....

282 :非決定性名無しさん:2005/09/16(金) 22:06:40
人の夢と書いて儚い

283 :非決定性名無しさん:2005/09/21(水) 18:03:30
ベンダーグループがSOAの「成熟モデル」を作成
Sonic Software、AmberPoint、Systinet、BearingPointは今週、SOAの価値を顧客に伝えるべく、「SOA Maturity Model」と題されたホワイトペーパーを作成する計画を発表する。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0509/20/news014.html

284 :非決定性名無しさん:2005/09/21(水) 20:53:45
SOAとかESBとかBPMとかBAMとかGartnerが提唱する中身があいまいな技術が氾濫していてうんざり。
もっと地に足のついた技術をやりたいんだが、Gartner信者の上からの命令で、
以下を担当する事になり憂鬱。
 「SOAのコンセプト作り〜開発〜製品化」


285 :非決定性名無しさん:2005/09/21(水) 21:09:38
コンポーネント化すれば再利用が可能っていう触れ込みの技術が結構あるけど
実際に再利用して開発期間が短縮したとか品質が向上したっていう例がないよね

286 :非決定性名無しさん:2005/09/21(水) 21:18:23
最後にPをつける

287 :非決定性名無しさん:2005/09/21(水) 22:32:23
GartnerってBuzzワードだらけだよな。
踊らされてる客、カワイソス。

288 :非決定性名無しさん:2005/09/22(木) 00:27:38
http://servicemix.org/
ServiceMix is an open source Enterprise Service Bus (ESB) and SOA toolkit built from the ground up on the semantics and APIs of the Java Business Integration (JBI) specification JSR 208 and released under the Apache license.

289 :非決定性名無しさん:2005/09/22(木) 00:43:22
んー。人がダブついてきたからな。
混乱するパッケージを売り込んで
人海戦術で儲けるチャンスじゃな。
どこぞにカモはいないかなー?

290 :非決定性名無しさん:2005/09/27(火) 12:29:44
10月にBEAのSOAセミナーがあるよ
みんな集まれ

291 :非決定性名無しさん:2005/09/27(火) 12:32:56
http://www.geocities.jp/kazato0826/
↑こんなのどうよ?

292 :非決定性名無しさん:2005/09/28(水) 11:50:25
レガシーなIBMのホストのIBMJavaでWebLogicを動作させて
まずはWebSphereと競合できる状況にならないとな。
多くの場合無責任なBEAの営業がインセンティブのためだけに
売り切るだけになるよ。
こうなると3270より劣るSOAができてしまうだろうな。

293 :非決定性名無しさん:2005/09/28(水) 14:23:01

BEAのいうSOAほど胡散臭いものはない。

あの本を見て思った。


294 :非決定性名無しさん:2005/09/28(水) 19:25:42
あと5年もしたらSOAは失敗だった、とか言いそう

295 :非決定性名無しさん:2005/09/28(水) 21:07:43

失敗とか言う以前に忘れ去られる予感。

296 :非決定性名無しさん:2005/09/29(木) 00:02:18
>>295
確かに...

導入して大成功した企業が出てこないと厳しいかもね

297 :非決定性名無しさん:2005/09/29(木) 02:26:35
幾つかのシステムがあって、個々のアーキテクチャは分断されています。
各々webアプリだったり、C/Sだったりしますがmodel部はインターフェイスが定められています。
各々webサービスの口(soap?)をつくってmodelを登録します。
各々呼び側のクライアントを実装しますが、同期処理にしてトランザクションを制御します。
つまり、、ビジネスロジックをシステム間で互いに呼び合うようにします

↑SOAってこんなイメージだけど間違ってる?
素人すぎてゴメン、、














298 :非決定性名無しさん:2005/09/29(木) 14:53:05
言葉の使い方があやしい。

299 :非決定性名無しさん:2005/09/29(木) 15:41:22
>>297

#各々呼び側のクライアントを実装しますが、
#同期処理にしてトランザクションを制御します。

たとえば君のしょぼいシステムを基幹系につないで
同期トランザクションにするとだね、
君のシステムの障害が原因で基幹系に障害を起こすことになるよね。

"Think Liquid."って、手のひらで水をすくうようなもんだ。
処理がいくつかこぼれ落ちても知らないよん。


300 :非決定性名無しさん:2005/09/29(木) 20:28:06
>>297-298
んー、なんかすごく危なっかしいな

信頼性なさそう

301 :非決定性名無しさん:2005/09/29(木) 21:53:43

信頼性がないというか使えるレベルのものが存在しない。

302 :非決定性名無しさん:2005/09/30(金) 00:00:51
どっかの銀行が
SOAで勘定系も情報系も刷新しました、
ミッションクリティカルにも安心です、
業績もウナギのぼりです
ってな風にいかないとSOAブームは来ないな

303 :非決定性名無しさん:2005/09/30(金) 02:22:59
What is JBI
http://servicemix.org/What+is+JBI

304 :非決定性名無しさん:2005/09/30(金) 09:26:35
>>302
SOAにしたところで、いままでできなかったことができるようになるわけじゃないから
業績がウナギのぼりになることはまずありえん。

その程度のものなのになぜ世間(ベンダとベンダから広告料をもらってるメディア)が
大騒ぎしてるかわからん。ほとんどあれじゃほとんど詐欺やん。

305 :非決定性名無しさん:2005/10/01(土) 02:34:34
SOAの実体がつかめない。

方法論なのか、ソフトウェアそのものなのか、どこまでがSOAなのか。
ある人は、コンピュータのプロでなくても、業務さえわかれば、情報システムを自由に変更できるようなる夢の技術と言ったり。
またある人は、単なるSOAPを使ったWebサービスの事をSOAと言ったり。
ワークフローやBPMをSOAと言ったり。
ERPのカスタマイズが簡単にできるようにする事をSOAと言ったり。
グラフィカルなツールで、業務の流れを明らかにすることがSOAと言ったり。
政府の進めるEAがSOAと言ったり。
ESBを使って開発できるアプリケーションの事を言ったり。
「SOAは製品でも方法論でもありません、建築の工法のようなものなのです。」という人がいたり。

正確な定義と範囲を知りたい。
トランザクションのACID特性みたいなわかりやすく厳密な定義はないのか。

SOAで開発コストを減らす方法を考えろといかいわれているのだが、全然わからん。


306 :非決定性名無しさん:2005/10/01(土) 03:46:31
心の眼で見なされ
さすればSOAを感じることができる

307 :非決定性名無しさん:2005/10/01(土) 12:49:12
SOA≒亀井静香

308 :非決定性名無しさん:2005/10/01(土) 23:18:08
>>305
言葉の定義が曖昧すぎるので実体なぞつかみようがない。

Martin Fowlerによる「サービス指向のあいまいさ」
ttp://capsctrl.que.jp/kdmsnr/wiki/bliki/?ServiceOrientedAmbiguity


309 :非決定性名無しさん:2005/10/04(火) 06:01:41
期待してたけどやっぱダメだったね、SOAは

310 :非決定性名無しさん:2005/10/06(木) 09:33:21
もしかしたらajaxのあとにsoaが来るんじゃないかと、
2%くらい思っているんだけど

311 :非決定性名無しさん:2005/10/06(木) 14:04:02
全然別物だし。
メッセージングを使うシステムなんてそんなに多く無いし。
ajaxみたいに仕様が明確なものじゃないし。
つーか、単なるバズワードだし。

0.02%位じゃない?


312 :非決定性名無しさん:2005/10/11(火) 17:25:56
SOAの仕事ないかなー。やったげるよん。

313 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 07:06:12
社内でもあんまり良く分からないくせに語りたがりの人が
SOAって言葉を出して使うよね

314 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 08:29:55
あまりにも怪しいので
だんだんやってみたくなりますた。

315 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 09:14:55
正直使いどころが無い。

316 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 12:14:08
無難な情報系から導入が始まるんじゃないの
落ちてもたいして影響無いし

317 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 12:53:49
無難な情報系ってなんだよ?

318 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 13:16:56
勘定系以外、あるいは業務以外の
ミッションクリティカルで無いシステムかな


319 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 20:52:32
勤怠管理とか?

320 :非決定性名無しさん:2005/10/12(水) 21:53:08
勤怠管理でメッセージング使う理由なんてないだろ。


321 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 09:31:48
とりあえず自動販売機メーカーに提案するか。

322 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 11:53:21
自販機が在庫通知するのか。面白いな。でもそれは単なるWebサービスじゃないのか?

323 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 12:45:35
Edy自販機の前を通ると
過去に買った購買記録とカロリー計算にもとずいて
ケータイがSOA連携して勝手に買っちゃうのだよ。

324 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 20:12:47
逆に現在のSOAを取り巻く不安を解消するには
どうなればいいんだろう

325 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 20:22:40
基幹系のホストとWindowsのシステムを等価に
連携するのは非常に危険なシステムになってしまうよね。

ミッションクリティカルなサーバの方に影響がない
接続方式というかフレームワークが欲しいな。
明確にリスクを定義できればSOAで連携するユーザも増えるのでは
と思ってるんだけど。


326 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 20:48:28
マネジメントの機能が強化されないと不安だわな
必要なのは
@パフォーマンス管理
A障害監視
B障害時の自動化機能(縮退・代替切り替え・バックアップなど)
くらいかな

327 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 21:14:45
>>323
それじゃあSOAじゃないだろ?

328 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 21:18:05
SOAがわかってないやつらばっかりだな。
Win系との連携が危険?はぁ?
SOAが解って無いというか根本的に無知だな。

329 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 21:29:14
↑でたでた。

330 :非決定性名無しさん:2005/10/13(木) 21:31:42
業務では使いものにならないからゲームで使えないかな。


331 :ビル:2005/10/13(木) 22:12:34
>>325
なぜ危険なのかを具体的に述べてもらいたい。

332 :非決定性名無しさん:2005/10/16(日) 05:37:39
おおー。
SOAを定義してる勇者がいたぞ。
http://e-words.jp/w/SOA.html

333 :非決定性名無しさん:2005/10/16(日) 06:38:37
http://beehive.apache.org/

そいえばビィハイブってどうよ。
何か意味あるのだろうか?

334 :非決定性名無しさん:2005/10/16(日) 07:02:52
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050630/163680/

日本IBM製のスルガ銀行向けのNEFSSってどうなったの?

スルガ銀行の「新経営システム」で使用するNEFSSの特長
1) J2EE(Java2 Platform, Enterprise Edition)の採用
2) 金融商品・サービス機能の部品化・パラメータ化
3) 顧客中心のデータ・モデルの採用
4) Fidelity Information Servicesのアプリケーション・パッケージ
「Corebank」の採用(EJBベースの各種業務コンポーネントを含む)

これのどこがSOA指向なの?


335 :非決定性名無しさん:2005/10/16(日) 09:16:03
>>333
システムをサービス化するためのフロントエンド側のライブラリィ(フレームワーク)だよ
BEAがオープンソースに提供した

336 :非決定性名無しさん:2005/10/16(日) 09:22:23
>>334
この記事だけからはアーキテクチャーの仕組みは判んないね
でも機能に関する記述の部分からSOAの臭いがプンプンしてくる。

日本IBMのNEFSSは、
これまでの勘定系システムのように口座単位で預金の残高を管理するのでなく、
顧客単位で普通預金や定期預金、投資信託商品など複数の口座の残高を、
まとめて管理できるのが特徴だ。これにより、
例えば「普通預金と投資信託商品の残高が100万円以上の顧客には、
外貨預金の金利を0.1%上乗せするといった優遇サービスをきめ細かく設定できる」

337 :非決定性名無しさん:2005/10/16(日) 10:29:18
>>336
# これまでの勘定系システムのように口座単位で預金の残高を管理するのでなく、
#顧客単位で普通預金や定期預金、投資信託商品など複数の口座の残高を、
#まとめて管理できるのが特徴だ。

ただのポータルに思えるんだけど。

338 :非決定性名無しさん:2005/10/17(月) 13:04:59
>>336
SOAの臭いするか?
単にデータモデルをキチンと整理しただけに見えるが?

>これにより、例えば「普通預金と投資信託商品の残高が100万円以上の顧客には、外貨預金の金利を0.1%上乗せするといった優遇サービスをきめ細かく設定できる」

メッセージングを使ってる雰囲気すら感じ取られないのだが?

339 :非決定性名無しさん:2005/10/18(火) 13:05:47
そわそわ

340 :非決定性名無しさん:2005/10/18(火) 13:23:57
なんだ。スルガはSOA実装に結局失敗したのか。

341 :非決定性名無しさん:2005/10/18(火) 19:29:22
どっかの田舎みたいにオープン系でSOAをじつげんすればいいんじゃね?w

342 :非決定性名無しさん:2005/10/18(火) 19:53:47
提案。
あーきてくちゃ っていまいち分かりにくいから、
Service Oriented Archtecture
→Service Oriented Software
に変えねーか?


343 :非決定性名無しさん:2005/10/18(火) 20:28:38
アーキテクチャって響きがそれっぽくていいんじゃん

344 :非決定性名無しさん:2005/10/18(火) 23:10:26
秋って食っちゃうだよ

345 :非決定性名無しさん:2005/10/22(土) 09:06:03
m9(^Д^)プギャー

346 :非決定性名無しさん:2005/10/22(土) 11:07:56
笑った、タモリの空耳アワー的な傑作かも

347 :非決定性名無しさん:2005/10/23(日) 23:53:40
http://www.atmarkit.co.jp/news/200510/20/soa01.jpg
http://www.atmarkit.co.jp/news/200510/20/soa.html

348 :非決定性名無しさん:2005/10/23(日) 23:54:22
↑ヒロシです。

349 :非決定性名無しさん:2005/10/23(日) 23:55:10
http://www.atmarkit.co.jp/news/200510/21/ibm.html
SOA化は簡単? IBMらが既存ソフトのSOA化作業を検証

350 :非決定性名無しさん:2005/10/23(日) 23:56:21
イーマニファクチャリング、
イーシー・ワン、
フェアウェイ ソリューションズ、
日本IBMの4社で共同で開発した「SOAソリューションモデル」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051020/223192/

351 :非決定性名無しさん:2005/10/24(月) 00:25:16
なんか大手ベンダー必死だな。
よほどネタが無いんだな。

352 :非決定性名無しさん:2005/10/24(月) 16:16:17
IBM's big deal
http://news.com.com/2061-11203_3-5906850.html

Pervasive Network Application Processing (PNAP) ?

353 :非決定性名無しさん:2005/10/25(火) 14:36:38
SOAってベンダにとって美味しいよね、手離れが良いし
逆に、SIerは用無しな感じかも、まあ、多少は食えるんだろうけど...

SOAのより実践的な取り組みを紹介--日本IBMとISVがセミナーを開催
http://japan.zdnet.com/news/software/story/0,2000052520,20089520,00.htm

354 :非決定性名無しさん:2005/10/25(火) 22:29:31
>>353
全然そうは思わない。

355 :非決定性名無しさん:2005/10/25(火) 23:05:26
とほほな実績しかないからなー。


356 :非決定性名無しさん:2005/10/31(月) 02:26:35
クライアント型SOAでは実績あるって書いてあるけど、
これって実際に使えんのかいな?

http://www.thinkit.co.jp/free/project/8/3/1.html
http://www.scio.co.jp/soasol.html



357 :非決定性名無しさん:2005/10/31(月) 05:30:09
パートナーでなくても参加できるみたいだから、
参加してみたら?

SOAで実績あるって書いてあるよ。

http://www.scio.co.jp/partnerforum200511.html

358 :非決定性名無しさん:2005/11/07(月) 13:27:55
プリセールスの甘言より
ポストセールスの言葉を知りたいな。

359 :非決定性名無しさん:2005/11/08(火) 23:25:08
どーやら、バカッ速いネットワークありきみたいだよ。
Gbpsじゃなくて、Pbpsくらいのネットワークでつなぐんだって。
で、そのころにはハードの内部速度は限界にきてるから、
ネットワーク越しの処理でも内部処理同様にすぐ終わるんだって。

360 :非決定性名無しさん:2005/11/09(水) 00:44:57
ソフトウェアの品質の悪さを
ハードウェアでカバーしないといけない訳だな。

361 :非決定性名無しさん:2005/11/09(水) 01:43:09
>>359
通信装置のように専用のハードで箱物として売るのが主流になるってことかな?
ルータとかのネットワーク機器も最初はUNIXワークステーションで動かしてたけど
その内専用の箱物になっていったよね


362 :非決定性名無しさん:2005/11/09(水) 03:22:33
ORマッピングがバカで常に全件転送してりゃ
いくらネットワークが速くても解決しないわな。


363 :非決定性名無しさん:2005/11/09(水) 14:34:20
ここら辺は矛盾がイッパイあるよね、
それが次のビジネスチャンスに繋がって行く
ってことなんだろうけど

364 :非決定性名無しさん:2005/11/09(水) 22:06:02
http://home.businesswire.com/portal/site/google/index.jsp?ndmViewId=news_view&newsId=20051107006351&newsLang=en

Merrill Lynch Partners with IBM Global Services
and SOA Software Service Manager
to Build Service Oriented Architecture

メリルがカモになるよん。

365 :非決定性名無しさん:2005/11/11(金) 13:16:23
もともとメリルはIBMに投資しているのでは?
自作自演の予感

366 :非決定性名無しさん:2005/11/11(金) 15:16:35
なんだ自作自演なのか。

367 :非決定性名無しさん:2005/11/11(金) 22:00:11
業界あげての大規模な釣りだからね。

368 :非決定性名無しさん:2005/11/11(金) 23:32:03
確かに、話は大風呂敷だよね

369 :非決定性名無しさん:2005/11/12(土) 05:04:37
だったら、実装から始めればいいじゃん。

370 :非決定性名無しさん:2005/11/12(土) 11:49:33
>>369
やってんだろ
WebサービスとかESB

371 :非決定性名無しさん:2005/11/13(日) 01:49:37
>369
なにを実装するの?


372 :非決定性名無しさん:2005/11/13(日) 20:35:32
コンセプトはシッカリしてるんだから、次は人柱の企業をドンドン作ることが肝要
実装なんてどうでもいいんだよ、と営業は考えてるだろうなあ
実際、そんなもん


373 :非決定性名無しさん:2005/11/14(月) 00:57:31
日経コンピューターよんでたらSOAのページが多くてびっくりしたよ。
みんな広告ページだったけどね。


374 :非決定性名無しさん:2005/11/14(月) 01:58:42
いい商材になりそうだから、業界あげてSOAをべたぼめなのさ


375 :非決定性名無しさん:2005/11/19(土) 01:06:23
SOAを語りたがる奴はバカだと思うし
話していて実際バカだなーと思う

376 :非決定性名無しさん:2005/11/19(土) 01:47:52
ワロタ

377 :非決定性名無しさん:2005/11/19(土) 02:53:19
賢いか、馬鹿かはどうでもよくて
どうやって儲けるか、ビジネスにするか、だよな
SOAから金を汲み出すことに成功した奴は大きな成功を掴む可能性が高い、ってことでしょ。
避けたり、見切ったりするのが賢いかどうかは不明、成功にはリスクは憑き物

378 :非決定性名無しさん:2005/11/19(土) 10:08:34
それはSOAに限る話じゃないんだが

379 :非決定性名無しさん:2005/11/23(水) 04:05:25
http://e-words.jp/w/SOA.html
サービスとは、外部から標準化された手順によって呼び出すことができる一まとまりのソフトウェア
だと。
設計のときに標準化を意識すんじゃなく、標準化されたものを選べとさ。
恥かしげもなく、よくかけるなと思う。
俺には書けない。
あそこまで、自分のバカを晒せる勇気はない。

380 :非決定性名無しさん:2005/11/23(水) 09:25:08
>設計のときに標準化を意識すんじゃなく、標準化されたものを選べとさ。

これのどこに問題があるの?
というか設計のときに標準化を意識するというのがなんなのかわからん。

そもそもこれどこにも書いて無いじゃん。w

381 :非決定性名無しさん:2005/11/23(水) 10:04:32
誤読でしょ

382 :非決定性名無しさん:2005/11/23(水) 12:13:51
日本人は低能知能なのには呆れますね。
私達中華人民はあなたたちの掲示板を拝見して笑ってみてますよ。ではありがとうございました。


383 :非決定性名無しさん:2005/11/23(水) 22:34:20
↑それは永宗のことだろ

384 :非決定性名無しさん:2005/12/06(火) 20:54:04
SOAが流行るのは1・2年後らしいね

385 :非決定性名無しさん:2005/12/06(火) 22:54:28
もう流行らないと思う。
必要性ないじゃん。

386 :非決定性名無しさん:2005/12/07(水) 18:56:37
サービス指向のサービスちゅうのはWebサービスだけじゃないよ

EJBみたいなローカルなビジネスロジック呼び出しやDBアクセス、外部システム連携などの機能呼び出しを
システムがない場合に人が手で行なう作業単位で区切ってインターフェースを統一してパーツ化する。

そして書類の代わりとして各作業のインターフェースでXMLを使う。

そうすればパーツを取捨選択して業務フローを実現させれるし業務フロー変わっても一部のパーツを交換するだけで済むというもの。
たとえば給与システムなら
・給与計算
・税金計算
・税務署に所得申告
・給与明細発行
・銀行振込

みたいにね。
それぞれやり方変わっても他に影響しないしある程度なら順序も入れ替えれる。

387 :非決定性名無しさん:2005/12/07(水) 19:28:03
>>386
>そして書類の代わりとして各作業のインターフェースでXMLを使う。
それがWEBサービスじゃねえの?

388 :非決定性名無しさん:2005/12/07(水) 22:32:27
外部連携をWebサービスで構築するのはかまわんと思うが全部をWebサービスで構築するのは間違い。

ローカルのビジネスロジック呼び出しにまでWebサービス使った場合、呼び出しのオーバーヘッドが大きすぎて性能が糞だろ?
だからローカル呼び出しもWebサービスも同一インターフェースで呼べるフレームワークが必要になる。

またSOAなら今後他システムから呼び出されることもあるかもしれないから自システムのローカル呼び出しもWebサービスで公開する必要がある。

その辺やってるのがIBMとかBEAって認識だが間違ってる?

389 :非決定性名無しさん:2005/12/13(火) 19:38:13
SOAてやり方もありだと思うけど
SOAじゃなきゃできない仕事って特に無いよね

それに今の段階じゃまだまだ未成熟な感じ

390 :非決定性名無しさん:2005/12/13(火) 19:41:29
楽しくなるわ だってだって
楽しくなるわ だってだって
楽しくなるわ だってだって
楽しくなるわ だってだって


391 :非決定性名無しさん:2005/12/14(水) 16:23:41
SOAもシステム構築に使う部品の1つなんだろうけど
大量の誤発注の取消でバグがあったり
プログラムを登録しまちがえて起動に失敗したりするものを
機械的に連携するのは危険を感じるよな。

392 :非決定性名無しさん:2005/12/15(木) 09:41:35
昨今の東証不祥事を見てると
つくづくそう思うな

393 :非決定性名無しさん:2005/12/15(木) 21:49:27
富士通が糞なだけでしょ

東証は日立で失敗、富士通で地獄に突き落とされた、次はNECに賭けるか?

394 :非決定性名無しさん:2005/12/16(金) 08:55:01
東証が糞なんだと思うよ。金ケチりすぎなんだと思う。

395 :違和感ないお:2005/12/18(日) 18:39:50
運用SEもシステム構築に使う部品の1つなんだろうけど
大量の誤発注の取消でバグがあったり
プログラムを登録しまちがえて起動に失敗したりするものを
人間的に連携するのは危険を感じるよな。

396 :非決定性名無しさん:2005/12/19(月) 00:45:30
↑ワロタ

397 :非決定性名無しさん:2006/01/18(水) 22:46:33
早くもスレが過疎化してるな。

398 :非決定性名無しさん:2006/01/25(水) 01:58:25
一応保守

399 :非決定性名無しさん:2006/02/03(金) 22:03:48
露口+中川=床井 と 谷垣 


400 :非決定性名無しさん:2006/02/03(金) 22:10:08
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、
ユニチカ情報システムと全く関係ない事を付け加えておく、



401 :非決定性名無しさん:2006/02/03(金) 22:37:27
自演乙 永宗

402 :非決定性名無しさん:2006/02/03(金) 23:38:12
やめとけよ 板主@どうやら管理人に対して
やめとけよ 板主@どうやら管理人に対して
やめとけよ 板主@どうやら管理人に対して
やめとけよ 板主@どうやら管理人に対して
やめとけよ 板主@どうやら管理人に対して
やめとけよ 板主@どうやら管理人に対して


403 :非決定性名無しさん:2006/02/05(日) 11:09:02
SOAなASPってどうやればいいの?

404 :非決定性名無しさん:2006/02/06(月) 00:15:50
so-daね〜

405 :非決定性名無しさん:2006/02/18(土) 18:07:57
IBMやユニシスは啓蒙活動で忙しそうだな

406 :非決定性名無しさん:2006/02/18(土) 19:08:37
考え方的にはSOAはいいんじゃないかと思うけどね。
あくまでもEAの実現手段(EAの下位アーキテクチャ)と考えれば。

システム全体の構成を考えるときだけ必要なものなので、
どうやって実装とか考えるもんでもない気がするが。

商業的に危機感をあおるようなやり方で浸透して
陳腐化されると悲しいけどね。

407 :非決定性名無しさん:2006/02/19(日) 09:04:55
社内システムのEA化ってのは
無駄に高速なネットワークインフラと無駄に高いサーバを売りつけるためのソリューションベンダーの方便に過ぎないだろ?

408 :非決定性名無しさん:2006/02/19(日) 21:06:07
現実的にそうなってしまった感は否めないですね。

おそらくそれぞれの立場や、これまでの経緯はあるのですが、
今、使っているシステムが本当に顧客業務に合わせて
作られているのか考えてみると、全体最適されていないと
思われるシステムってけっこうあると思うんですよね。

システム担当者の括りで作られたシステム、
構築時の業務担当者のみフローに特化して、
今の役割分担にそぐわないシステムって、
結構ある気がします。

最近のスペシャリスト志向のため、社内でも社員の専門性が高くなってきて、
全社の業務を見渡せるようなゼネラリストが少なくなってきている
影響もあるかもしれません。
(もちろんスペシャリストも必要ですが。)
でも、こういうのはシステムから離れて、本当に
EAな視点で考えないとダメですが。

まあただ、SOAがベンダーがシステムを売るための
方便になってしまうのは悲しいですね。

409 :非決定性名無しさん:2006/02/19(日) 23:22:17
本気でEAするなら
社内業務も整理しないといけない
すると今までの会社組織の構造だのワークフローだのを全部見直さないといけない
それでやっと全体最適が出来る

でもそんなの無理w

410 :非決定性名無しさん:2006/02/20(月) 00:46:39
来月になれば、上場企業はある程度、
考えるようになるのかな。
期間は1年間。

411 :非決定性名無しさん:2006/02/22(水) 08:15:08
SOX法とSOAて関係あるの?

412 :非決定性名無しさん:2006/02/22(水) 20:13:22
関係ないよ。


413 :410:2006/02/22(水) 20:54:26
>411
直接は関係ないですね。

ただ、>409の
>社内業務も整理しないといけない
>すると今までの会社組織の構造だのワークフローだのを全部見直さないといけない
に対して、ワークフローの面で考える機会にはなるかなと。

414 :非決定性名無しさん:2006/02/23(木) 01:00:45
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!
毎日人の悪口を書きまくっている粘着バカ永宗はここにもいるのか!



415 :非決定性名無しさん:2006/02/26(日) 11:14:28
SOAはOOとどういう関係になる?
SOAするためにはビジネスロジックをデジタルで表現せざるを得ず
そのためにはOOが都合がよい?

416 :非決定性名無しさん:2006/03/05(日) 16:25:30
サービスとよばれるオブジェクトだと考えればいい。

417 :非決定性名無しさん:2006/03/11(土) 23:17:09
>>416
禿同、概念解説を同読んでも、OOの拡大解釈にしか読めない…
私がDQNだからですか?

418 :非決定性名無しさん:2006/03/17(金) 14:53:37
なんか最近また流行ってきてね?

419 :非決定性名無しさん:2006/03/18(土) 00:33:07
SOA耳でしょ

420 :非決定性名無しさん:2006/03/26(日) 05:27:51
流行らないね。

421 :非決定性名無しさん:2006/05/05(金) 05:06:10
このスレ、過疎ってるのに中々落ちないね


422 :非決定性名無しさん:2006/06/26(月) 22:36:53



423 :非決定性名無しさん:2006/07/27(木) 01:26:12
SOA2.0
http://blog.japan.zdnet.com/soa/a/000443.html
怪しすぎる。


424 :非決定性名無しさん:2006/08/09(水) 01:01:21
可愛そうなくらい過疎スレだね。情シス板ってほんらいこういうテーマを議論する場じゃないの?
ま、buzz wordだししかたないか。あげ。

425 :非決定性名無しさん:2006/08/12(土) 17:11:06
要はね各システムが受身になれるってことだよ。
システム屋から魅力的に見える根源はコレ。

426 :非決定性名無しさん:2006/10/24(火) 00:56:10
ぜんぜん流行らないな。

427 :非決定性名無しさん:2006/10/24(火) 01:05:38
もはや死語か。

428 :非決定性名無しさん:2006/11/07(火) 23:43:38
The Dark Side Of SOA
http://www.informationweek.com/software/showArticle.jhtml?articleID=192501102

429 :非決定性名無しさん:2006/11/10(金) 20:20:17
Analysts see Java EE dying in an SOA world
http://searchwebservices.techtarget.com/originalContent/0,289142,sid26_gci1198211_tax305379,00.html?track=NL-603&ad=571295&Offer=WSaoigtssjava118&asrc=EM_NLS_720851&uid=5209338

JEE5はJavaEEの終わりの始まりである。
JavaEEプラットフォームは開発者にとって複雑になりすぎた。
Ruby-on-Railsのような代価案を模索する開発者が増加している。

5年以内にJava EEは21世紀のCORBAのような道をたどるだろう。
存在するが複雑すぎて誰も使わなくなるのだ。

Java言語が脅かされている訳ではない。
Java言語はもっと繁栄しエンタープライズ開発の主流であり続けるだろう。

SOAはJavaEEプラットフォームを死滅させる原因の1つである。
SOAとWebサービスの専門家は
サービス指向の時代になるとJavaEEは致命的な欠陥があることに気付いた。

JavaEEのオブジェクト指向の実装はSOAの心臓である
サービス指向とうまくマッチしないのだ。


430 :非決定性名無しさん:2006/11/10(金) 20:20:54
仮想マシンの目的はコードのポータビリティである。
分散環境での仮想マシンのアプローチはオブジェクトをシリアライズして
リモートのメソッドを起動することであるが、
SOAでは契約したインターフェイスに基づいてメッセージを交換する。

SOAでは共通のプログラミングモデルを作らない。
なぜならコミュニケーションをサービスする以外は重要でないからだ。
データ交換するメソッドが重要なのであって
データの背後にあるプログラミングモデルは重要でないのだ。

JavaEEの第一のメリットは共通のデータモデルであるが
SOAの開発では重要なことではない。

EJB/Servlet/JspのフレームワークはSOAと噛みあわない。

JavaEEはスケーラブルなn層のトランザクション指向のWebサイトに注目している。
SOAのフレームワークではサービス抽象化レイヤを
いかに実行可能にし、維持していくかに注目しなければならない。

JavaEEはプラットフォームに依存したサービスに最適化されていて
SOAのためには作られていないのだ。


431 :非決定性名無しさん:2006/11/11(土) 01:36:48
密結合と疎結合は合わないさ、そんなの判り切ってる

432 :非決定性名無しさん:2006/11/21(火) 23:14:49
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!
永宗〜〜 現場の皆に嫌われてるクセに今日も出勤。プ)バカ。これで一ヶ月 150万円!!

433 :非決定性名無しさん:2006/11/21(火) 23:17:02
「作られた耐震偽装(1)公平な法適用を〜藤田東吾氏語る」
http://www.janjan.jp/living/0611/0611140679/1.php

耐震偽装〜ライブドア事件に関連して安倍晋三の後援会『アン晋会』、創価学会系の企業が頻出する。
以下、耐震偽装〜ライブドア事件に関連する死者。
1.斎賀孝司・朝日新聞社会部デスク(耐震偽装事件に積極的に取り組んでいた最中だった。/朝日新聞社は、当初、電話取材に自殺と答えた。後、病死に変化。)
2.森田設計士(耐震偽装関連/自殺?)
3.大西社長(ライブドア投資組合社長/行方不明)
4.古川社長(平成設計の元社長/大阪空港で変死体)
5.森田信秀(姉歯建築設計事務所に構造計算を発注/鎌倉で全裸の水死体として発見)
6.草苅逸男(岡山・新勝央中核工業団地/一級建築士/津山市で設計事務所が爆発し焼死)
7.野口英昭エイチエス証券副社長(LDのグループ会社の元社長。アン晋会理事/他殺)
8.東江組員(沖縄旭流会幹事/惨死)
9.姉歯建築士の妻(創価学会員/飛び降り自殺)

エイチエス証券、親会社のHIS(旅行代理店)は、創価学会系。
『アン晋会』幹事はライブドア事件の濁中にあるコンサルティング会社、杉山敏隆『ゴールネット』社長。
杉山社長は、占い・手かざし・悪霊払いでコンサルティングを行うカルト集団『慧光塾(えこうじゅく)』のメンバーでもある。同団体は、コンサルティング会社として上場予定。
『慧光塾』の信者にも金銭トラブルによる死者が多発している。また、同団体の前代表は変死している、、、
つづきは、
『安倍晋三・『アン晋会』・創価学会と、耐震偽装・野口氏殺害・ライブドア』
http://asyura2.com/0610/senkyo28/msg/254.html
『安倍晋三とカルト教団「トーイツ教会」、親子3代の深い関係』
http://asyura2.com/0601/cult3/msg/528.html
『「新潟・救う会」と右翼団体「日本青年社」(=暴力団「住吉会」)の関係、電話で確認しました』
http://asyura2.com/0610/senkyo28/msg/390.html
『サイバーファームの沖縄開発と、ライブドアの野口氏殺害、創価学会、自民党のつながり』
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/286.html
『「救う会」「つくる会」の実体は、極右派改憲団体「日本会議」』
http://asyura2.com/0610/senkyo28/msg/392.html

434 :非決定性名無しさん:2007/02/07(水) 21:14:52
これから一色になるでしょうね

435 :非決定性名無しさん:2007/02/08(木) 00:03:19
なにが?

436 :非決定性名無しさん:2007/02/08(木) 07:38:39
花見?桜?

437 :非決定性名無しさん:2007/02/09(金) 01:16:32
.NETに

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)