5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スペースコロニーのこと考えてみない? 5

1 :でゆん:2007/02/13(火) 22:45:35 ID:wfmI6hR8
■前スレ スペースコロニーのこと考えてみない? 4 http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1149522993/

2 :でゆん:2007/02/13(火) 23:30:10 ID:wfmI6hR8
■歴代スレ

スペースコロニーのこと考えてみない?
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/973581413/
スペースコロニーのこと考えてみない? 2
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1097971862/
スペースコロニーのこと考えてみない? 3
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1131144634/

■関連スレ
こんなスペースコロニーはいやだ! 第4居住区
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1170506271/
【火星】テラフォーミング Part 3【金星】
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1171270479/
軌道エレベーター4号塔
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1128304878/
巨大隕石がまた衝突してきます。2ndインパクト
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1082389214/
月面開拓を考える
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1124370951/


3 :でゆん:2007/02/13(火) 23:31:12 ID:wfmI6hR8
■参考書籍など
・宇宙植民島
 ジラード・オニール著、木村絹子訳
 プレジデント社刊
 入手困難。
・スペース・コロニー2081
 ジェラード・K.オニール著、小尾信彌訳
入手困難。
・スペースシャトルの科学 スペース・コロニー時代の幕開け
 新田慶治 著
 講談社ブルーバックス
・宇宙移民計画
 A.T.ウルベコフ著、木下高一郎訳
 講談社ブルーバックス
 ISBN 4-06-132641-4
・スペースコロニーの世界
 福江純著
 恒星社刊

■参考URI
・ttp://www.nasa.gov/
 NASAです。
・ttp://www.jaxa.jp/
 JAXAです。
・ttp://lifesci3.arc.nasa.gov/SpaceSettlement/index.html
 NASAサイトのSpaceSettlementページトップ。
 この中でオニール氏のHighFrontierの一部が読めます。


4 :でゆん:2007/02/13(火) 23:32:01 ID:wfmI6hR8
■FAQ
Q1. 穴があいたら空気がなくなったりしないのですか?
A. 島3号型コロニー(直径6km長さ30km)に直径100mの穴が開いたとして次の
  ような計算結果が示されている。
 ・(パート3スレ139-140より)
  ttp://www.sff.net/people/Geoffrey.Landis/vacuum.html
  による計算ではと1日で0.787気圧に、1週間で0.187気圧。
 ・(初代スレ589より)
  気圧が1%下がるのに1週間(ベルヌーイの定理による計算結果だと思われる)。
 また、パート3スレの145では次の参考URIが紹介されている。
  ttp://www.nas.nasa.gov/About/Education/SpaceSettlement/75SummerStudy/2appendA.html
Q2. 直径6kmのコロニーなど作ったら、自重で壊れたりしませんか?
A.(初代スレ54より)鋼鉄が自分を支えられる限界は25kmくらいなので、 構造重量以外の土壌や
  水や建築物が重量の半分を占めるとして、 限界は円周12kmくらい、安全係数二倍としたら
  限界は6kmくらい。 同様の計算で、炭素繊維なら300kmが上限。
Q3. いくらかかるのですか?
A. 1万人収容型、重量50万トンのもので10兆円程度という試算がなされたことがある。


5 :でゆん:2007/02/13(火) 23:32:34 ID:wfmI6hR8
■FAQ(続き)
Q4. 宇宙線や太陽フレアで健康に問題起きないの?
A. 通常時の宇宙線ならば土砂を数メートル敷くことで遮蔽できる。しかし、宇宙線問題は
  まだよく分からないことが多いようで、今後の観測結果が待たれるようです。
Q5. なぜスペースコロニーが必要なのですか?
A. 地球外活動の拠点として、また地球に人が住めなくなった場合のためにも
  必要だと思いますけど・・・
Q6. テラフォーミング(他の惑星を住めるように改造する)の方が現実的では?
A. 関連スレ紹介で該当スレッドを紹介していますのでそちらをご覧ください。
  なお、テラフォーミングを行うにはスペースコロニー建造よりもお金と時間がかかります。
Q7. コリオリの力は問題になりませんか?
A. 計算結果より、地球上とは大きく違った問題の起きることがわかっています。
Q8. 増えすぎた人口をスペースコロニーに収容させることは可能ですか?
A. そのためには1日に数十万人を宇宙に送り出す必要がありますが、
  ロケットに替わる高効率な輸送手段が開発されない限りは難しいと思います
Q9. 人工重力は不要だと思いますが?
A. 人工重力がないと、固定していないものが全て空中に浮いてしまって
  収拾がつきません。骨密度や筋力の低下など、人体への悪影響もあります。


6 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 01:01:09 ID:owx0ALFr
乙!

7 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 06:49:16 ID:m8tEhqd9
人工重力はゼロではないとしても、0.01Gとかでもよいという意味になるぞ。立ち泳ぎと心得て空気を蹴り続けると落下しない。重力弱すぎ
島一号で1時間1回転くらい。ドッキングの難易度やドッキング部の強度を考えると、これくらいにしたくなる

8 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 07:16:39 ID:m8tEhqd9
>>7
勘違い。0.01Gでも5分に1回転くらいだ
これでも、ドッキングは限界に近い

9 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 12:40:57 ID:hRoda8+W
ドッキング部だけを分離できる構造にできればいいんだろうけどね。

10 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 17:58:37 ID:ymir/ABz
ドッキングポートは回転しないようにすればいいじゃない。
コロニーとの接続部の中心軸に通路があり、そこを通って荷物は行き来します。
まあ、真空コンテナごと荷捌き用の小型ランチにのせかえて
行き来してもいいけど。

11 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 20:08:43 ID:m8tEhqd9
平凡な宇宙ステーションの絵では大抵逆回転機構があるが、
逆回転機構が常時電力を消費するし、可動部分が磨耗するし、
軸のブレを完全になくすこと・空気漏れを防ぐことが困難で、
新しいうちは良くても古くなってくるとバテで固めざるを得なくなってしまうことが予想できる。
それでもドッキング部分には鉄道の連結器と五十歩百歩くらいの隙間が出来て、乗り移るには船内宇宙服がいるという事態になりそう。

12 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 20:29:52 ID:ckneqiwC
>>11
電力の消費なんてそれほど多くないし、稼働した状態でも修理は可能だし
完全に空気が漏れないのは難しいかもしれないが最小限に押さえれば
いいことだし、パテで固める必要もないな。
別に宇宙服なんか着なくても密閉できるボックスで十分じゃん。

13 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 21:02:09 ID:m8tEhqd9
>稼働した状態でも修理は可能だし
リアルに想像すると、とても難しそう

>パテで固める必要もないな。
新しいうちは・・・

14 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 21:13:46 ID:ymir/ABz
地球から来た人って、必ずこういう質問するよねー。
接続部が故障したらコロニー全体を止めて修理するの?
その間無重力じゃん、って。んなアホなw

マジレスすると、シーリング接続部分は軸上に2箇所以上作り
そのうち1箇所だけ回転しているようにする。

[コロニー]-+-+-[港]
       A B

通常はBで回転・静止が切り替わっているが、
点検、修理中はAで切り替わるようにして
Bは固定状態にして作業をやりやすくする。

15 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 21:53:23 ID:B8CQWEj9
ベイエリアを無回転にする必要は無い。
一緒に回転させておけば良い。
例えば島3号は、2分で一周する設計だ。時計の秒針の半分の回転スピード。
それくらい、シャトルだかの乗り物側が調整すれば良い。
それくらいの回転はシャトル軌道の微調整のレベルだ。
無理にコロニーに機構を設ける必要な無い。故障の原因を増やす必要は無い。


16 :オーバーテクナナシー:2007/02/14(水) 22:43:51 ID:5LGUKmeY
俺は14氏の案を支持かな。

港が無回転だと、1軸で2点しかシャトル等の出入り口が確保出来ない。
何かのトラブルでシャトルがぶつかっちゃたとか、港が壊れた場合の安全性や、
物資・人員の搬入・搬出の手間を考えると、軸線上の港を回転させて、
外界との接点を複数確保した方が良いかと

港とコロニーの接合部の設計がすごく面倒そうだけど

17 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 07:18:55 ID:6doTMhap
>それくらいの回転はシャトル軌道の微調整のレベルだ。
回転軸がブレていないことが大前提になってきます

18 :15:2007/02/15(木) 12:25:37 ID:DLMEdrfz
>>17
そうだね。
考え直そう。


19 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 12:33:40 ID:GhsHll/1
>>11
>空気漏れを防ぐことが困難で、

稼動部分(与圧)と静止部分(真空)だけで考えると困難そうな気がするけど、
>14の案じゃないけど、
稼動部分(与圧)→稼動部分(真空)→静止部分(真空)
の3段階(真ん中は静止部分(与圧)でも可)にすれば大して問題ないと思うぞ。
これなら、気密状態の異なるそれぞれのブロックに対しては相対的に静止している
ことになるから、普通の宇宙ステーションなりと同レベルの密閉対策で
対応できると思う。駄目かな?

20 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 18:31:38 ID:9g3BwoUG
荷物や乗客は、気密コンテナ(ゴンドラ)に入れて運べば
途中の気密部分は省略できるよ。宇宙服も必要ない。
(コロニー地表から乗りっぱなしでもいい。)

21 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 19:01:08 ID:muA3tp5K
なにも中心に出入り口がなくてもいいじゃん。
円周速度にあわせて外周部に接岸(?)。そこから中に入る。
とりついた瞬間いきなり1Gだから乗り心地は悪だろうが。
実際、コロニー間移動ではこの方法がエネルギーロスが少なくていいだろう。

22 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 19:28:46 ID:nFa9e58r
ランデブーが大変なのはいうまでもないが
宇宙船とドッキングベイに1Gに耐える構造強度を持たせにゃならんわけだが

23 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 19:31:22 ID:K+Yjv7fs
コロニーtoコロニーならドーナッツ型にして回したまま移動の方がいいんじゃね?

24 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 20:44:15 ID:Wf2FDa4x
>>22
今現在地球上にある陸上移動、船舶、航空機すべて1Gに耐えている
わけだが。コロニーもそれくらいの強度ないと自然崩壊してしまうよ。
ランデブーもそれほど大変ではないよ。着陸にミスッた時の対策は
必要だが、現在の航空機でも着陸できないなんてことはきわめて希だし。

25 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 21:09:51 ID:nFa9e58r
>>24
コロニーは1Gに耐えなきゃ回り始めた時点でぶっ壊れるだろ('A`)
宇宙船の話だ

26 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 21:30:44 ID:BQnNYGYa
>>25
おまえが何を言いたいのかわからん

27 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 21:34:49 ID:6doTMhap
ドッキング部に宇宙船の重さが全部かかるので強度的に大変。火星並低重力としても、重さは五十歩百歩。
電磁石で吸い付くという仕様にするか?ドッキング中電磁石が電力を消費し続ける。

28 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 23:21:28 ID:snVI/veY
1Gコロニー実現ですら大変なのに、さらにでかい宇宙船が付けたらエライことになる、という話だろ?

外壁に宇宙船を固定すると、遠心力がかかる。宇宙船の重さもコロニーが吊る必要がある
極端な話百トン〜千トンとかになるとコロニーは分解する

29 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 23:23:21 ID:39WENXyq
ドッキング後は、フックか何かで機械的に固定して、電磁石の電流をきればいいじゃまいか。

30 :オーバーテクナナシー:2007/02/15(木) 23:45:31 ID:naVRJNpH
物資や人員等の輸送用宇宙船がコロニーに取り着くとしたら、
やはり、コロニーの回転と同期していないで固定された港に着くのが良いかな。
コロニーの円周上で宇宙船と物資をやり取りすると、色々とリスクがありそうだけど・・・

回転軸上で物体をコロニーに合わせた円運動させて、円周へ運ぶのが良いのか、
円周の接線で物体をコロニーの回転に合わせ、直接円周に運ぶのが良いのか

何かブレイクスルーが必要だね・・・

31 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 07:22:19 ID:kB5L2fTR
>>28
こいつの思考停止はほっといて
>>30
全部を外周港にする必要はないでしょ。中心港と同時に存在しても問題ない。
荷物のやりとりで何が問題あるの?1Gの地球上でも何ら問題ないのに。
外周港は巨大な回転ブロックを作る必要がないから、簡素な装置ですむし、
何カ所にも作れる。隣接したコロニーなら加速のためのエネルギーが必要ない。
メリットがたくさんあるんだけど、何か作れない理由とかある?

32 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 12:17:41 ID:BifyGbnV
>>31
>荷物のやりとりで何が問題あるの?1Gの地球上でも何ら問題ないのに。
荷物や宇宙船の運動を、瞬間的に短時間で、
回転しているコロニーの接線の等速円運動に変えなければいけない大問題がある。

>外周港は巨大な回転ブロックを作る必要がないから、簡素な装置ですむし、
コロニーの回転運動の速度や、宇宙船や受け渡す荷物の質量に応じた装置が必要になるので、
簡素な設備になるとはかぎらない。

>何カ所にも作れる。隣接したコロニーなら加速のためのエネルギーが必要ない。
宇宙船の運動が円運動に変わるのでエネルギーが不要な訳は無い。

外周部に港というアイディアは面白いが、
物の運動を考えると、解決しなければならない問題は多い。

33 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 12:22:55 ID:GgbxtNX5
外周部に港ってことは、宇宙船から荷物を「上げる」わけだろ?
なんか、それを考えただけでも面倒くさい予感・・・。

34 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 13:37:12 ID:xWeh3Us4
軸線上ではなく外周部に回転する港をつけるというのはどうだろう

35 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 14:07:17 ID:yGBkM843
>>32
>>31は外周港は出港用、内周港を入港用って話だろ。

36 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 14:32:51 ID:BifyGbnV
>>35
外周港を出港用とするのもありだが、
そうすると、宇宙船が、等速円運動から突然等速直線運動になるので、
逆に、それに耐える宇宙船の方の構造強度や、
コロニーからいかに正確に切り離すかのタイミングの精度が問題になってくる。
入港した宇宙船をどうやって外周部まで運ぶのかとい問題や、
荷物の荷積載をどこでやるのかなどのシステムを考えなければいけない。

それと、遠心力を利用して宇宙船を打ち出すとほんの少しづつだが、自転が遅くなるのか・・・

回転の中心軸に港を造るにしても、外周に造るにしても、技術的な課題は多いかと・・・

37 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 14:57:02 ID:KT32tjp0
まるで奇抜さだけを狙った芸術家の案のようだ。
素直に軸に作れよ。

38 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 16:01:12 ID:MrVaKluB
>>33
逆だろ。無重力の方が面倒。あらゆる方向に流れてしまう
荷物を一定方向に動かすのは大変。
重力があれば横移動ならレールだけで、縦移動ならワイヤーだけでいい。

39 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 18:55:25 ID:8Iuc7nxU
>それと、遠心力を利用して宇宙船を打ち出すとほんの少しづつだが、自転が遅くなるのか・・・
質問:地磁気による渦電流と、どちらが影響が大きいですか?

40 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 19:20:17 ID:bM7uLbKR

宇宙輸送船の規模は航空機よりもタンカーに近くなると思う。
地球上の航空機も離着陸がなければもっと大型化できるし、寿命も延びる。
わざわざ"離着陸プロセス"を加えるにはそれなりの利点がないとな。

実際、外周から打ち出すのはコロニー間バスとしてオリジナルの設定にもあるが、
(発進は遠心力で射出するらしいが、接岸の仕方については?)
物資のおもな輸送経路は月面または小惑星から無重量工業ブロックへの移動なので、
とくに無理して居住区に運び込む必要はないと思うよ。

41 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 19:50:13 ID:t1T/w4fs
スペースコロニー作るのにいくらくらいかかるの?あまりにも高すぎたら実現しないんじゃない?

42 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 21:43:58 ID:LlTgqFhC
>>41
このスレで話題になった乙部綾子さんの計算だと、100兆円もかからないみたいだよ。
くわしくは過去スレを参考にしてみてください。

43 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 21:59:23 ID:t1T/w4fs
100兆もかかっては今の人間が生きてる間に実現は無理なんでは?

44 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 22:16:53 ID:bM7uLbKR
アポロ計画程度の予算で実行可能というのが
もともとのスペースコロニー計画だよ。
発電衛星を作って原価償却。

あと、今の人間が生きてる間に実現不可能とか言ったら
テラフォーミングとかダイソン球はどうなるんだw

45 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 22:23:49 ID:xWeh3Us4
ダイソン球を本気で実現させようとしてる奴はいねーだろw

46 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 22:29:20 ID:t1T/w4fs
今の人間が生きてる間に実現しようと考えないでただ妄想してるだけなんてちょっと残念だな

47 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 22:38:59 ID:DUVUJaql
今日生まれた子が生きている間に… って感じで十分じゃ?

48 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 23:33:57 ID:bM7uLbKR
>>46
というか、アポロ計画程度の金で(一応)実現可能って言ってるのだが…

あと、自分が死んだあとの世界なんて興味ないよ
という考えのほうが一般的にはスケールが小さくて残念だと思うよ。w

49 :オーバーテクナナシー:2007/02/16(金) 23:36:24 ID:xWeh3Us4
ぶっちゃけ宇宙時代はもう終わったらしいから…

50 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 00:07:05 ID:i1OWhYqq
アポロ計画程度で実現できるならいいな。スペースコロニーのこと考えるのは趣味であって自分が生きていなかったら意味がないんだよ。スケールが小さいとか言ってるがもしかして自分が人類の救世主だとか考えてるとか?

51 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 00:12:17 ID:VzD33Ddj
「考えてみない?」ってスレで生きている間に実現とか言われてもな

52 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 00:13:18 ID:lbZ5EP5b
正直世界中で軍備に使われている資源と人材を投入すれば大抵のSFは実現できるよ

53 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 00:14:47 ID:hVpl/Czf
>>50
どうして趣味だと自分が生きていないと意味が無いの?
自作小説に必ず自分を主人公として登場させるタイプの人?
まあ、どっちにしろそういう人ばかりじゃないんで。前にも来ただろあんた。

54 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 00:20:58 ID:EGJyGXmU
オレの趣味だから自分が主人公になるわな。なかなか立派な考え持って人がいるようでぜひとも人類の未来のためにもがんばってくれ

55 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 11:41:57 ID:WOzGaS7X
>>40
>わざわざ"離着陸プロセス"を加えるにはそれなりの利点がないとな。
近距離旅客便なら、空港の数が増やせるので便数を多く出来る・空港が近くて乗降が便利、というようなサービス向上が大きい

サービス向上と経費が見合うか否かが問題


56 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 12:52:31 ID:CM7gGrRG
>>36
ねえ、君大丈夫?
>宇宙船が、等速円運動から突然等速直線運動になるので、
1Gだったものが0Gになるのになんで強度が必要なの?
>コロニーからいかに正確に切り離すかのタイミングの精度が問題になってくる。
なんの動力もないカプセルならいざ知らず、普通に考えてエンジン積むだろ。
>入港した宇宙船をどうやって外周部まで運ぶのかとい問題や、
>35の話を受け手だろうけど、運ぶ必要ない。入ったところからでればいいだけ。
>荷物の荷積載をどこでやるのかなどのシステムを考えなければいけない。
かんがえればいいじゃん。なんか問題でもあるのか?
>それと、遠心力を利用して宇宙船を打ち出すとほんの少しづつだが、自転が遅くなるのか・・・
は?なんで遅くなるの?たとえ1万dのものを遠心力で射出しても変わらないが。
ひょっとして運動量保存の法則を知らないとか。
>回転の中心軸に港を造るにしても、外周に造るにしても、技術的な課題は多いかと・・・
多いかできないかは別問題。それに外周に作る方がシンプルにできるし何カ所にもできる。
両方作るのが当たり前だと思うが。

57 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 12:53:08 ID:CM7gGrRG
>>40
輸送船が大きい方がいいからと言って小型船がなくなる訳ないよね。
何がわざわざなのかよくわからんのだが。どこに港を作ろうが
"離着陸プロセス"は必要なんだけど。

58 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 13:21:23 ID:DwTH2J8V
>>56
>36じゃないが、
>は?なんで遅くなるの?たとえ1万dのものを遠心力で射出しても変わらないが。
>ひょっとして運動量保存の法則を知らないとか。
宇宙船を内周港から外周港に運ぶ過程で自転速度は下がる。
宇宙船を打ち出してしまうと運動エネルギーを持って行かれるので自転速度は下がったまま。
ただ、コロニーなら自転速度調整用に何らかの仕組みはあるはずでたいした問題ではないだろう。
(ソーラーセール使って自転速度の調整ってできそう)

59 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 13:51:43 ID:H40s2gEy
>それに外周に作る方がシンプルにできるし何カ所にもできる。

ここでの議論を見ている限り、俺にはとてもシンプルには思えないのだけどさ・・・。
素直に中心に作ればいいじゃん?中心だって、軸方向に無重力ブロック
を伸ばしていけば、何箇所だって作れるよ?
↓こんなイメージ。

        −−−−−−−
 港港港  |         | 港港港
港−−−−○  居住区   ○−−−−港
 港港港  |         | 港港港
        −−−−−−−

60 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 14:03:36 ID:+PkB3Lp6
>>58
宇宙船を打ち出した時に、宇宙船の質量と速度の積の運動量だけ、
コロニーの角運動量が取られると思うけどどうなんだろう。
コロニーの自転はコロニー側で制御するから良いのだろうけど・・・

61 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 14:17:37 ID:DwTH2J8V
>>60
運動エネルギーとしては、宇宙船を切り離した瞬間に減る。
ただし、自転速度は切り離した前後で変わらない。

62 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 14:17:43 ID:3M30/HwC
>>60
そりゃ角運動量は減るだろうが、
慣性モーメントも減るから
角速度は変わらない。

63 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 14:21:37 ID:WOzGaS7X
>>59
これの難点は、島1号ならまだしも島3号ならずいぶん空港が遠い。
回転部分が常に電力を消費するし、新しいうちは良くても古くなってくると、空気漏れが酷くなったり軸がぶれてきたりする。
日本に千歳しか空港がないようなものである。青函トンネルが古くなると・・・

64 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 14:25:45 ID:+PkB3Lp6
>>59
シンプルというのは、いきなり1G状態にするという事のみで、
過程を考えていないから、シンプルと思い込んで言っているだけみたいなんだよね。

俺も、軸部でコロニーの運動に宇宙船の運動を合わせて、
運搬物資をコロニーに運び込んで、コロニーと同期する回転運動を与えて、
それを外周部に運んで1G状態にする方が、機構的がシンプルだと思うけど・・・

>>61
>>62
ありがとう

65 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 15:11:27 ID:H40s2gEy
>>63
空気漏れについては、このスレの頭の方に出てた話題でなんとか
なるんじゃないのかなぁとか思ってる。んで、他の奴なんだけど、

>回転部分が常に電力を消費するし、
ごめん、いまいちイメージがわかないんだが、普通に回っている以上
の膨大な電力が必要になるということ?

>日本に千歳しか空港がないようなものである。
コロニーのサイズを考えると、大阪に三つも空港が必要ですか?
の方が近くない?

66 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 15:30:24 ID:+PkB3Lp6
>>65
今の都市の通勤圏や物資の輸送距離の方が、
港とコロニー内の方より、問題にならないくらい長いと思う。

67 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 16:19:01 ID:FoMCx5K9
>>63
>回転部分が常に電力を消費するし、
たぶん空港部分は回転しないことを想定していると思うが、
回転しててもいいんじゃない?

中心軸からの距離が短ければ、宇宙船にかかる力もかなり小さいものになるし
ランデブー時の相対速度も相対回転も小さい。
なんならフレキシブルなドッキング機構でつないだ後ワイヤーでたぐり寄せて
ゆっくり相対運動をへらしつつ船に回転を与えてからやんわりとロックしてもいい。


68 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 16:22:04 ID:FoMCx5K9
>>67
ドッキング時だけ回転して(外から見れば回転をしてない)、
船がドッキングしてから回転を止める(外から見れば回転を始める)
という手もあるかな。( □部分だけ一時的に回転させ外部に対し回転を止める)

       船  船
軸軸軸軸■■■□■■

69 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 16:43:33 ID:+PkB3Lp6
>>68
緊急時の作業用、救難用、連絡用の宇宙船も常備しておかないといけないし、
コロニーに住む人や荷物の受け渡しもそれなりに時間が掛かるから、
中心軸の港は、大小何隻も宇宙船が出入りできるような仕組みにしておかないといけないと思う。
なので、外から見て回転していない固定式が良さそうだと思う

70 :オーバーテクナナシー:2007/02/17(土) 22:57:17 ID:78qovcFK
>>63
漏れることが判ってると言うか恒常的に漏れてて対策をし続けなければならないが、
コロニー全体からすれば小さな一部分でしかない港の真空漏れ対策に較べれば
広くて何処から漏れるか判らない窓硝子の接合部や本体そのものの方が漏れ対策
としては厄介な気がする。

71 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 00:08:53 ID:+AaIdqeD
>>70
昔、仕事で文献調査だけした事があるけど、こういう接合方法もある。
http://staff.aist.go.jp/takagi.hideki/surfaceactivation.html
元々は、『宇宙空間の人工衛星で、作動する筈の部品がなぜか動かないことがある』という現象を、
調べていって得られた知見の応用で、
高真空を得られる大きな真空チャンバーが地上に存在していないから、
構造部材に応用する実験はしていないみたいだけどね。

宇宙空間は真空度が高いから、高張力鋼の普通の溶接も水素が無いから楽になるかな。

72 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 07:16:10 ID:2a7EtMur
>>70
部分としては小さいが、漏れの量としては必ずしも小さいとは限らない。
窓の接合部や本体の漏れは原理的に隙間をなくすことが出来るが、
港の回転部分は原理的に隙間をなくすことが出来ない。
隙間を極小にして漏れが無視できるようにするしかないが、古くなってくる/磨耗してくるとどうなるかわからない。平凡に考えれば、古くなってくると漏れが酷くなる。

二重構造にしても、空気が段々中間部分に漏れて、中間部分に溜まった空気が徐々に宇宙空間に漏れるのは当然。中間部分に溜まった空気をポンプでくみ出して屋内に戻し続けるしかなく、電力消費は目に余る。
回転部分を真空にしてコンテナ搬送では、貨物船ならよいとしても旅客船なら著しいサービス低下。スムーズに乗降できる外周部空港の需要が高まる。

73 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 10:01:21 ID:sXXAlGPJ
>>72
おまえ自分に都合のいいように解釈しすぎ。前スレにもおまえの疑問に対する
答えがでている。まず、前スレ読め。同じこと何度も書くのはこっちもめんどくさい。

74 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 10:01:54 ID:R5MBICku
>1万人収容型、重量50万トンのもので10兆円程度という試算がなされたことがある

移住させるのには金が掛かりすぎるな。

75 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 11:01:52 ID:+AaIdqeD
>>72
>貨物船ならよいとしても旅客船なら著しいサービス低下。
>スムーズに乗降できる外周部空港の需要が高まる。

入港出港する度に、0Gと1Gとを突然変化する。
飛行機がエアポケットに入ったり出たりするようなものだな・・・
乗客や荷物に対する影響は外周部の港の方が酷いだろうな。

76 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 11:20:45 ID:2a7EtMur
>>75
港と空港は別個に設けるべし・・・かな
空港は急ぐ人用

77 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 11:29:12 ID:ELf7TnO9
輸送船は巨大になるとあったが、それが中心港に入る方が不合理ではないかな。
大きな質量の運動量を相対的にわざわざ0にしてさらに地上におろすために
またエネルギーを使うことになる。
で、こうすればいいんと違う。
輸送船はコロニーの側面から近づき、接線速度より少し遅くする。荷物は小分けにして
コロニーに向かって接線速度で射出。それにより輸送船は減速。荷物は外周港でキャッチ。
荷物をすべて渡し終わる頃に輸送船の相対速度がちょうど0になるようにする。今度は空の
コンテナや輸送船に積み込む荷物を外周港から射出してそれをキャッチする事で輸送船を
加速していく。
これで大幅にエネルギー節約できる。


78 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 11:34:19 ID:ELf7TnO9
>>75
>乗客や荷物に対する影響は外周部の港の方が酷いだろうな。
1Gの変化で壊れるような荷物はないよ。
1mの高さから飛び降りるときに瞬間10Gほどかかるらしい。その10分の1で
酷いとかいうならそいつは走ることさえできない重病人だな。

79 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 13:03:59 ID:mx4F60HG
>>75 レールやワイヤなんかを付けて
Gが連続的に変化する様には出来ないかな?
どうせ接岸時には何かで止めておかなければ
ならないし。

80 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 13:36:36 ID:IauFNU2F
>>75
酷いもなにも、シャトルの打ち上げの衝撃が3Gじゃなかったっけ。
1Gの変化に耐えられないようなやつが宇宙にどうやってでるんだ?

81 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 13:48:22 ID:Muo1aVQ1
>>79
連続的に運動を変化させるとなると、
中心軸から物資の搬入・搬出と同じことになるからね
接線方向からになるか軸方向になるかの違い

接岸して止めるのも、コロニー内に収容して内壁に置けると良いが、
コロニーにくっ付いたまま回転させるとなると、
コロニーと宇宙船の双方ので、ハードポイント部の構造設計や強度が面倒になるなと

82 :でゆん:2007/02/18(日) 13:50:11 ID:jvTEKH+j
ロケット建造は地球以外でも行われることになると思うが

83 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 13:53:41 ID:Ol0mhv/k
ヒント:相対速度

84 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 14:02:50 ID:znnvVQf7
現実的に考えてスペースコロニーの意義って??
費用はかかるし。
資源の問題もあるし。
一万人をどうやって宇宙に運ぶの?
どういう人が宇宙に住むの?
安全性の問題もあるし。
一万人が全滅するような事故でも起これば保険会社も全滅。
建設に携わった企業の信用も堕ちて世界的不況(というより経済崩壊)になる可能性も考えられる。
宇宙って人類にとって最も住むのに適さないところだよね?
経済的な問題がクリアで来たとしても、
重力、酸素、水、食料、資源、放射線、アクセス、どれをとっても難問だらけ。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極より条件悪いよね?


85 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 14:03:28 ID:Muo1aVQ1
>>80
シャトルの打ち上げとの違いは、Gの変化が連続的ではなく瞬間的に来ること。

86 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 15:33:11 ID:Cy995hpO
>>84
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極より条件悪いよね?

アラスカ、シベリア、砂漠、南極より資源・エネルギーが豊富。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極には不可能な独自の産業を興せる。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極は地球規模の災害から逃れられない。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極と違って、「その先」への前進基地になる。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極と違って、どこの国も領有権を主張していない。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極よりも広い。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極だって、一万人が全滅するような安全性の問題はある。

これぐらいでOK?

87 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 15:34:26 ID:K/By07Zg
>>85
あの、発射と同時に急激にGがかかるんですが。

88 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 15:35:35 ID:K/By07Zg
書いてから思ったけど85は速度と加速度の違いわかってるよね。

89 :でゆん:2007/02/18(日) 15:51:03 ID:jvTEKH+j
82の発言は80に対して。 >>83 相対速度にしろ質量にしろ、コロニーへの入港の制限考えなきゃね・・・ 宇宙港の問題は、先にコロニーの維持・経済活動のためにどの程度の 規模の輸送量が必要なのか考えるべきじゃないかな。

90 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 16:23:22 ID:Kipvjs9Y
砂漠や南極とは違ったメリットはあるが火星にコロニー作るんじゃいかんのか?

91 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 18:28:33 ID:mx4F60HG
>>89
水・食料・酸素とそのゴミをどの程度
リサイクル出来るかで相当変わってきそう。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~zq9j-hys/Data1.htm

その次に建材や燃料(推進材)の問題が出てくると思う。
娯楽品なんかはその次かなぁ。

92 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 18:33:26 ID:2a7EtMur
>>80
打ち上げ時の加速度を緩和するとエネルギー損失が増加して燃料が無駄になる。が、金に糸目をつけなければ加速度は緩和できる。
飛行機に乗れるのなら、
・離陸時は飛行機で空港から出発
・上昇とともに加速
・上昇とともに空気が薄くなって失速速度が超音速になると、音速突破
・更に上昇すると失速速度がどんどん高くなるので、どんどん加速
・マッハ30にもなったときは、軌道に乗っている
加速度は緩い。飛行機としての加速度しかかからない。
飛行機として離着陸できる性能を有し、かつ超超音速でも十分な揚抗比を持つ機体が必要。エンジンのほうの開発も簡単ではない。
ジャンボジェット機に小型機を搭載したような二段ロケット方式とならざるを得ないかもしれない(ペイロード比率は非常に低い

93 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 18:43:43 ID:mx4F60HG
>>81 ごめん書いてあることが良く分からない。
例えばレールとかじゃ無くて、
出港時に上(コロニー中心)向きに1G推進して
徐々に加速を緩めていけば急な衝撃も無いし、
推進材も稼げるよね(中心軸からの出港に比べて)。
それをレールでやるのは無理かな。

構造の問題で大型船が中心軸で出入港するってのは同意。

94 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 19:00:53 ID:5jKiWD3Q
大型船はいろいろ面倒なんでタグボート方式になるんじゃないかなぁ。

95 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:11:25 ID:znnvVQf7
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極より資源・エネルギーが豊富。
エネルギーって太陽光のこと?
資源って? 絶対的に生存に必要な資源は不足してるよね?
地球人並にケツ拭くのに紙を使うとすれば輸送も大変。
宇宙でケツ拭くのに紙なんてつかうんじゃねー!となればちょっとやだなぁ。
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極には不可能な独自の産業を興せる。
その産業が採算的などうなのか..
まぁ、マイクロ波で電力を地上に。工場で作った作物を地上に。とかかな?
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極は地球規模の災害から逃れられない。
そうだねぇ。「きたるべく地球規模の災害から人類を守る」という点では有効かもしれないが、
地球に依存しない形で存在できなければ難しいね。
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極と違って、「その先」への前進基地になる。
基地は基地でいいんじゃない?
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極と違って、どこの国も領有権を主張していない。
これは言えてるけど、政治的な事を考えていけばいろいろ難しい問題も多いと思う。
アラスカ、シベリア、砂漠、南極よりも広い。
一万人収容の施設を作るとして、時間、コストともに地上のほうが有利だよね。
ただ広いだけで過酷な環境に人を住まわせるわけだから。
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極だって、一万人が全滅するような安全性の問題はある。
しかしまぁ、安全性に関して言えば明らかに地上が有利でしょう。

96 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:16:02 ID:HMRpAy9U
>>92
それはちょっと苦しいな。
・上昇とともに加速
・上昇とともに空気が薄くなって失速速度が超音速になると、音速突破
・更に上昇すると失速速度がどんどん高くなるので、どんどん加速
・マッハ30にもなったときは、軌道に乗っている
この行程に無理がある。結局は飛行機並の加速度で宇宙にまででるのは
反重力装置でもないとできないよ。

97 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:24:50 ID:znnvVQf7
さて、否定的な意見をいろいろ書きましたが、今度は逆にスペースコロニー擁護派でいきます。
しかし....条件として
○軌道エレベーターの完成。
資材、人材の移動にはシャトルじゃ無理でしょう。
まぁ、逆に軌道エレベーターの必然性はコロニーというふうになるかもしれない。
○移民の必然性がある。
これが一番の問題...
人類が宇宙に進出!って夢ではあるが必要性があまり,,,正直、「基地」十分では?
基地なら一万年住んでいようが任務が終われば交代.帰還すればいいわけだけど、「移民」となると何代も住むような
感覚だよね?
○地上と隔絶しても自立して維持できる。
地上に依存するようなら時間とコストをかけてまで建造,維持するメリットが薄いような。

98 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:26:22 ID:znnvVQf7
>基地なら一万年住んでいようが
すんません「一万人住んでいようが」
の間違いです。

99 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:28:00 ID:HMRpAy9U
>>95
オレは86じゃないが、
開拓精神がなければ、新大陸も発見できなかったし、飛行機も飛ばなかっただろう。
価値があるかどうかは、「今必要かどうか」と同義ではないのですよ。

100 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:34:53 ID:znnvVQf7
未来の人類の存続のことまで考えられるほど経済に余裕がある国があればいいんだけど、
アメリカでもそこまでは無理だよね?

複数の国が参加して国連的組織なら,,,
そんな金あったら今現在困ってる地域の支援に使ったほうが..ってことに。なりそうでは
あるが、まぁこの際、国連的組織によるコロニー建設ってのもアリかも。
あと、ちょっと強引だがアメリカと中国の宇宙開発競争。

101 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:46:01 ID:znnvVQf7
>開拓精神がなければ、新大陸も発見できなかったし、飛行機も飛ばなかっただろう。
>価値があるかどうかは、「今必要かどうか」と同義ではないのですよ。
おっしゃる事はわかるうですが、ちょっとズレてますよ。
公的な歴史上での新大陸発見はコロンブスによるものですが、開拓精神だけではないです。
インドを目指して出航したわけですし、インドは地続きですでに知られた存在。
そのインドと貿易(経済的活動)が目的で渡ったのでは?
飛行機の発明と「開拓」は次元が違いすぎます。
自転車やの兄弟が自力で資金を集めて発明した物と途方も無い資金を必要として、数万人
が携わるプロジェクトでは比べるのに無理が有ります。
もちろん私もスペースコロニーには夢があり、人類の可能性を追求するという点や、
起こりうる地球規模の災害、地球環境の変化から人類存続の為に,,という考えは理解
できます。
が、動機より問題のほうが遥かに大きいのが現実ではないでしょうか?


102 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 20:51:22 ID:HMRpAy9U
>>101
わかってくれたのならいいんだけど、
>が、動機より問題のほうが遥かに大きいのが現実ではないでしょうか?
昔の航海は命がけだったし、飛行機飛ばすのも命がけだった。
命を代償に夢を追いかける人たちの前に、「大きな問題がある」ということは
断念する理由にはならないってことが言いたいのよ。

103 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 21:00:25 ID:mx4F60HG
>>97
○軌道エレベーターの完成。
合成できるCNTの繊維長がじりじり伸びてきているので、
材質的な問題は将来解決出来そうだけど、
デブリ問題が絶望的だと思う。
それよりも月面開発の中継として役割が最初に来るような気がする。
○移民の必然性がある。
長期滞在・常駐が必要になるなら、それらの任に付く人の
家族などが住むことになると思う。
例えば播磨なんかそれで一つ町が出来てる。
まぁ環境改変の労力によりけりだと思うが。
○地上と隔絶しても自立して維持できる。
これについては全く同意。
バイオスフェアみたいなのをもっとやって
データを取らないといけないと思う。

104 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 21:06:36 ID:mx4F60HG
あと移民の必然性にも関係してくるけど
産業としては、エネルギーだけでなく
無重力下の材料合成ってのも大きなビジネスになる。

105 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 21:39:14 ID:znnvVQf7
>無重力下の材料合成ってのも大きなビジネスになる。
一万人を移民させる必要性があるビジネス?
ビジネスのことを考えればコロニーの必然性は無いと思う。
1万人が長期間滞在できる程度で良いと思うけど。
家族が住むというのはありだが、いずれ地球に帰ると考えるほうが自然だと思う。
町はできるかもしれんが人は交代していくのでは?


106 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 21:50:29 ID:znnvVQf7
>無重力下の材料合成ってのも大きなビジネスになる。
ならばコロニーというか家族を含めた長期滞在型コロニー型の基地を
企業が作るということも考えられる。
そのビジネスの採算が合うのなら。

>昔の航海は命がけだったし、飛行機飛ばすのも命がけだった。
夢も名誉もあっただろうが、「金」になる夢でもあったと思う。
大航海時代だと貿易で儲かってる国が更なる儲けを求めて資金提供してたわけだが。
>命を代償に夢を追いかける人たちの前に、「大きな問題がある」ということは
>断念する理由にはならないってことが言いたいのよ。
馬鹿の一つ覚えみたいに「夢」とか言ってないで、君自身の考えで経済的、技術的、
に可能性を論じてみたら?
俺は否定的なことを書いてきてるが可能性も論じてるつもりだが。




107 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 22:05:59 ID:znnvVQf7
ところで、無重力が人体に与える悪影響は想像できるが、
月面の1/6重力はどうなんだろう?
漫画でもあるが月で生まれ育った人間は地球環境に適応できないという可能性はあるが。
科学の発達の度合いにもよるが、人口重力による基地とかコロニーを作るなら月軌道上のほうが
事故がおきた時の地球環境への影響は少ないから良いような。
月面基地と月軌道上の基地・コロニーと連携させる。1/6ながら重力があり、軌道上より
生存環境が低コストでできる月面。農場を作り食料生産。繁殖や低重力による身体への悪影響をさける
為に定期的に月軌道上コロニーと月面基地とを往復。
月での軌道エレベーター建設。
産業的目的での一時的移住も時間がたっていけば少しずつ代をかさねて住み続ける人も増えていく可能性
がある。

お、いいかも。こんな感じでどう?

108 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 22:16:30 ID:znnvVQf7
ttp://www.chemenv.titech.ac.jp/watanabe/Pages/lunar.html
月の可能性の参考なった。
月と月軌道を利用して自立させるというのが今の時分的に一番なっとくできる方向性かも。
資源はあるが重力が足りない月とコストがかかり資源を浪費するが人体に優しい?
遠心力を用いて人工的に疑似重力を備えた月軌道上コロニー。

何百年かかかって自立できたら「地球イラネ」ってなるかもね。

109 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 22:37:06 ID:Cy995hpO
>お、いいかも。こんな感じでどう?

も何も、君以外みんなそういうのも前提にした上で話してるんだけど。

110 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 22:40:36 ID:Kipvjs9Y
コロニーは1Gじゃなく2Gじゃいかんのか?

111 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:00:02 ID:HW7M6Pi/
>アラスカ、シベリア、砂漠、南極より資源・エネルギーが豊富。

宇宙のソーラーパネルよりも、
コビ砂漠でソーラー発電して電線をシベリアに引いたり、
極地の暴風を発電に使った、
そんなコロニードームを作ったほうが安上がりになるだろう。


だた、そんな事はどうでも良いんだよ。

このスレの存在意義は、スペースコロニーの存在意義を語るためではない。
作るとしたら科学的に可能かどうかを、検証、仮想実験するためにある。


112 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:12:21 ID:6dtohTsu
>>72
旅客は1Gの地表から気密ゴンドラ(水平方向にも動くエレベーターのようなもの)に乗って上昇
中心軸の真空中を通り抜けて港に到着、そのまま旅客船に接岸。
今の地方空港よりよっぽど便利だよ
というか、港の気密ブロックとコロニー内の気密は、ダイレクトにつながないほうが
安全面でいいと思うけど…

港しか頭に無いんだろうけど、コロニーの無重力部分には太陽電池とか天文台とか貯蔵所とか造船所とか
かなりの機械部分が置かれることになる。港はそれにオマケでついている感じ。

113 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:18:20 ID:6dtohTsu
>>84
アラスカ、シベリア、南極を人間が住めるように温暖化したら海面はどうなる?
砂漠を緑化したら、地球のエネルギー収支は?

これに比べたら月面やラグランジェポイントは
安心して乱開発できるわけだw

114 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:29:17 ID:znnvVQf7
>このスレの存在意義は、スペースコロニーの存在意義を語るためではない。
>作るとしたら科学的に可能かどうかを、検証、仮想実験するためにある。

スレ主さんなんですかぁ?
ま、いいけど。

「科学的」って解釈が難しいねぇ。
まだ「技術的」のほうが解り易い。
多分「可能」なような気もするが、妄想レベルでは。
意義.必然性がある事を前提に、現実的に考えて大量の物質の運搬には現状の使い捨て
ロケットやシャトルでは難しい。コストもあるが多量の物質を運ぶとなると環境問題もある。
事故が一度もなく、環境なんてどうでもいい!っていうなら千年計画くらいなら可能かもしれんが。
じゃぁ軌道エレベーター。宇宙のネックレス、スカイフック、テザー衛星、極超音速スカイフック
ORSこれらはコロニーよりも現実的に研究はされているが政治的課題、材質問題、デブリ、地球環境に致命的なダメージ
を与えかねない事故、等かなり厳しい。
これらをクリアすればもう少し可能性は出てくる。
まぁ自分は月面連携論者なんで資材は月を利用するべきと思う。

が、必然性がなく、採算が合わないものの可能性を論じるなんて、美少女型ロボットを
論じるのと変わらない。



115 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:32:44 ID:znnvVQf7
>も何も、君以外みんなそういうのも前提にした上で話してるんだけど。
へーみんなが月面と月軌道上の基地の話をしてたんだぁ。
どこで???どのみんなが前提にしてたの?


116 :でゆん:2007/02/18(日) 23:39:33 ID:jvTEKH+j
>>90
そういった話題は次のスレで。
【火星】テラフォーミング Part 3【金星】
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/future/1171270479/

>>91
基本的に全てリサイクルですよ。
不足する分は外部から補充しなきゃならないけど。
それを実現するための方策として管理型生態系にするか
遷移型生態系にするかの議論をどこかでしたいと思ってるんだけど、
このペースでは次のスレあたりかも。
(とはいえ、議論の流れを想像すると管理型生態系を採用することに
なるんだろうと思う。折衷案に)

>>105
>> 人は交代していくのでは?
当初はそうなるだろうね。
しかし、宇宙での活動拠点を恒久的に築く時代になれば、宇宙で
骨をうずめることも普通の状態になるだろうと思う。このスレは
その時代に必要な技術を論じるのが主な趣旨。

117 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:42:17 ID:6dtohTsu
>>114
>が、必然性がなく、採算が合わないものの可能性を論じるなんて、美少女型ロボットを
>論じるのと変わらない。

なぜ「美少女型ロボットを論じるのと変わらない」のがいけないのかを
まず論理的に説明してくれないと、誰も従わないと思うよw
君がやろうとしてるのは議論じゃなくて価値観の押し付けなので、
2chでも現実世界でも相手にされるとは思えないな。

118 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:51:12 ID:Cy995hpO
>へーみんなが月面と月軌道上の基地の話をしてたんだぁ。

違う。みんなが月面と月軌道上の話をしているわけではなく、
みんなが月面と月軌道上のことも「考えた上で」話をしている
と言っているわけだ。
具体的な例ということなら、前スレでは延々、コロニー・月面基地の往来
も想定した重力の話題が出ている。

119 :オーバーテクナナシー:2007/02/18(日) 23:53:12 ID:znnvVQf7
いけないとは言ってないが。
飲みやで繰り広げられる「ドラえもん話」と同次元だとは思うが。
俺もそういうの嫌いじゃないし。
まぁ正直、現実的な問題を一切無視して構造とか論じるってのはちょっとくだらないなぁとは
思う。
が、この板ってそういう傾向あるよね。
しかし、現実的な問題を一切無視しての議論なんて現実世界では希なこと。
現実世界での議論には大概目的があるから。
目的の無い議論は昼休みとか居酒屋で繰り広げられるドラえもん話みたいなもの。
たんなる暇つぶし。
ま、それが悪いとは思わない。くだらないだけ。そういうの嫌いじゃないし(w

120 :でゆん:2007/02/19(月) 00:04:58 ID:96rBooUs
いかん、書きかけの文章を送ってしまった。
生態系の話はなかったことにしてください(って遅いか)。

121 :でゆん:2007/02/19(月) 00:09:38 ID:96rBooUs
>>110
必然性があるならそれでもいいけど、どうですか?

>>111
スペースコロニーの存在意義を語ってくれる人も募集中です。
科学的・技術的に可能かどうか検証、仮想実験する人も募集中です。


122 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 00:17:21 ID:0XEGFV7N
>>119
>ちょっとくだらないなぁとは思う。
>ま、それが悪いとは思わない。くだらないだけ。そういうの嫌いじゃないし(w

だから、根拠が君個人の価値観でしかないんだよね。
個人の価値観にもとづいた議論には結論は出ない。時間の無駄

現実にある数字だけをベースに議論したいなら、
君自身がもうちょっと情報を収集してから書き込むべきだな。
少なくともみんなが知らないネタを持ってこないと相手にされない。

123 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 00:44:33 ID:+2cQ2xHo
いろんな現実的な問題を無視してる時点で低次元だと思う。
それを個人の価値観と思い込むのもいいが(w
>個人の価値観にもとづいた議論には結論は出ない。時間の無駄
自分のやってるドラえもん論争には結論がでるとでも?
時間の無駄ではないと???

もっと客観的に考えてみては?
お、スれ主さんから存在意義を語るお許しがでたようですな。

124 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 00:58:03 ID:0XEGFV7N
>>123
>いろんな現実的な問題を無視してる時点で低次元だと思う。

それはもう宗教だからw
科学的とか言って神学論争を始める輩には関わりたくないんだよみんな。

スレ主とか言ってる時点で素人丸出しだが、w
君が好きなタイトルのスレッドを建てれば?

125 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:03:21 ID:+2cQ2xHo
>個人の価値観にもとづいた議論には結論は出ない
それも君個人の価値観のおしつけなわけ。
「様々な情報をもとに構築された個人の価値観をぶつけ合うのも議論の形態の一つである」
という考え方は理解できない??
個人的には「スペースコロニーの存在意義」
これはかなり重要。これによって成り立ち方がかなり変わってくると思うし。
まぁ俺だけが考えてることを書き込んでるとは思ってないよ。
スペースコロニーの成り立ちの仮説
○プラネテス的に地球にとってとても重要な資源の採掘が採算てきに見合うので。
先進国が共同で行う。
○中国人頑張る。理由は色々あるが。中国人にとって宇宙に人間を長期滞在させることにはかなり
意義があると考えていても不思議は無い。
○学術的なプロジェクトの延長。
経済的な面でかなり無理はあるが。
○軍事目的、そしてそれを誤摩化すため。
○企業、もしくは官民共同で。


126 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:06:19 ID:tAitrjrX
>>123
つーかさ、科学的に可能かってことなら、提唱された当初から可能だろう
って言われるわけでさ。
存在意義についても、(人類を滅亡させない限り)長々期的な視点でみたら、
これでもかというぐらい必要性を語れるわけでさ。

今後x十年以内に可能か?とか、近い将来に作るとして、どうやったらコスト的
にペイするか?とかいう話ならともかく、

127 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:08:42 ID:+2cQ2xHo
>それはもう宗教だからw
はぁ?
すみません。中卒のオイラには理解できません。
>科学的とか言って神学論争を始める輩には関わりたくないんだよみんな。
すみません。現役厨房のあちきには意味不明です。
まともなこといえない奴にかぎって「みんな」って言葉多用するよな。
>スレ主とか言ってる時点で素人丸出しだが、w
これもよくあるね。論点とズレたところで相手を素人呼ばわり。

とにかく、宗教とか神学論争とか見当違いも甚だしいかな。


128 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:09:07 ID:tAitrjrX
ミスった。肝心なこと書いてない(--;

そういう話の振り方をしてるわけでもないのに、現実的ってどういうことよ?

129 :でゆん:2007/02/19(月) 01:09:37 ID:96rBooUs
>>123
>> いろんな現実的な問題を無視してる時点で低次元だと思う。
このスレももうPart5だからね。どうしても議論の枝葉末節にはまりこむ
傾向が強くなってきているのはあると思う。問題のメインストリームに
真向から切り込むというのは少なくなっちゃったかも。
月基地ありきも当り前みたいなことなんで、「月基地を先に作るべきだ」
みたいな議論も、よっぽど最初のころを探さない限り出てこない。

130 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:11:24 ID:tAitrjrX
>>129
いや、
>「月基地を先に作るべきだ」
という結論が最初の頃にでたから、
>月基地ありきも当り前
になったんじゃないの?

131 :でゆん:2007/02/19(月) 01:16:56 ID:96rBooUs
>>130
オニールのスペースコロニーが月基地ありきだから、Part1スレ自体が
月基地ありきで始まってたね。
ただ、それを追認する形の発言は誰かがしていたと思う。


132 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:18:05 ID:+2cQ2xHo
>今後x十年以内に可能か?
軌道エレベータの試作品みたいなのの実験が2018年目標だしなぁ。
必要性はあるね。
>つーかさ、科学的に可能かってことなら、提唱された当初から可能だろう
>って言われるわけでさ。
いや、そうじゃないんじゃない?
科学的に可能っていうより理論的に可能って言ったほうが近いんじゃない?
ただ、技術的に不可能。
なのでどうやったら技術的に可能になるかって考えてるわけだが。
だが実際のところ技術的に可能でも経済的に不可能だったり政治的に問題が多かったり..
それを「宗教」とか「神学論争」とか言いたいのかな?
自分に興味の無い事書かれて腹立ててるだけなんじゃない?
どんなに合理的で経済的で安全なベイの構造がこの議論の中から産まれても、
技術、経済、とかを無視してれば全く無意味なことでは?
ま、この板は経済アレルギー的なところが有るから俺も抑えはするが。


133 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:20:26 ID:JrmfTbMW
>>129
一度過去スレを整理してみる事も必要かもしれないね。
最近は枝葉末節というかカオス状態に陥ることが多くて、
メインが何か見えないんだよね・・・

134 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:24:39 ID:+2cQ2xHo
まずはお詫び。
過去スレを隅々まで見ないで発言したことは反省しとります。
で、このスレの住人は「月面基地を前提に月に軌道エレベータを作り月軌道場にコロニーを
建設する」ってのを共通認識として議論をしてると考えてよいのでしょうか?


135 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:28:54 ID:+2cQ2xHo
ちなみに自分的な考え方のベースとしては
○科学的
どんなエネルギーを用いるか、どういう構造で、どういう理論で、とか。
○技術的
どういう手順で、どういう技法で、どういったインフラで、とか。
で、これを書けば反論必至だけど一番重要なのは
○必然性。(必要性とは微妙に異なる)
○経済性。

特に必然性があればいろんなことは加速度的にクリアしていくと思われる。

136 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:37:27 ID:tAitrjrX
>>134
>で、このスレの住人は「月面基地を前提に月に軌道エレベータを作り月軌道場にコロニーを
>建設する」ってのを共通認識として議論をしてると考えてよいのでしょうか?

そこまでピンポイントな奴を持ってるわけじゃないだろ。
月面基地を前提に、月や小惑星の資源をマスドライバーなりで持ってきて、
ラグランジュポイントあたりに建設・・・という、それとほとんど変わらない
基礎知識は持ってると思うが。

137 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:40:47 ID:JrmfTbMW
>>134
>月面基地
というのは技術の前提として完全ではないが共通認識になっているように思うが、

>月に軌道エレベータを作り
というのは、ここでの共通認識というには弱いな。
議論の余地が有る様に思うな

138 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 01:41:59 ID:tAitrjrX
>科学的に可能っていうより理論的に可能って言ったほうが近いんじゃない?
>ただ、技術的に不可能。

技術的に不可能だっけ?いまだってコストや安全性なりを気にしなければ、
技術的に可能じゃないの?
別に、原子力ロケットとか持ち出せば、資材だってばんばん打ち出せるんだし。

まぁ、研究すれば実現可能だと予測される技術だけど、今持ってないから
現時点では技術的に不可能、って主張なら確かにそうだけど。

139 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 02:02:54 ID:+2cQ2xHo
>原子力ロケットとか持ち出せば、資材だってばんばん打ち出せるんだし
これこそ「理論的に可能」でしかない のでは?
たしかに少量のウランで軽量ながら推進力は大きく効率は良いが。
コストはともかくとして安全性の面で課題は多い。
軌道上から月への運搬には有効だと思うが。



140 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 02:15:52 ID:+2cQ2xHo
コストや安全性を無視するなら化学ロケットで充分でしょう。
毎日一万発打ち上げるとか(W

で、もう一度提唱したいのが月面基地&月軌道エレベータ&月軌道上コロニー
もしかしたら過去に誰かが言ってたかもしれないけど。
この組み合わせの相乗効果に意義があると思う。
○月面
建築資材、鉱物、食料、水を作る事もできる。1/6ではあるが重力が存在し、無重力空間よりはあ
人体の影響は少ないと思われる。
○月軌道エレベータ
大部分を月資源により作る事ができれば地球に作るよりたぶん楽。
事故っても地球環境への影響は少ない。
ただし1/6重力下ではわざわざエレベータを建設しなくてもマスドライバーや化学、原子力
ロケットで事足りるかも。
○月軌道コロニー
月面基地の人間の繁殖の場として、居住空間として。
1/6重力での長期滞在が人体にどの程度の影響を与えるかにもよるが。
また、月軌道上にコロニーを作る利点は地球軌道上より低コストでできる可能性(月資源を
使う。インフラが低コスト。)があることと地球に対しての安全性。






141 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 02:22:37 ID:+2cQ2xHo
と、一応経済性と安全性も考慮はしてみました。
あとはどれだけ月面と月軌道上で自立して建設していけるか。
1Gの地球から資材を運ぶのはコスト、安全性の面で辛い。
必然性に関しては実は今でも石油はあるし、当分なんとかできそうだし、原発でなんとかなるかも?
っていうことで宇宙にエネルギーを求める必然性は薄い。
有名な古典SFみたいに月で小麦の栽培でもして地球に落とすとかで経済的に意義があれば
な。地上が毎年異常気象なんで安定した食料供給の場としての月利用とか。
ま、地上にドームでも作って生産するほうが...ってのもあるが。

142 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 07:11:48 ID:VIlQDj3+
>>96
>結局は飛行機並の加速度で宇宙にまででるのは
>反重力装置でもないとできないよ。
どんなに小さい加速度でも、時間を掛ければ軌道速度になる。
どんなに小さい上昇率でも、時間を掛ければ宇宙に出る。
という理屈。

飛行機並という議論は、機体重量を翼で支えることを前提とした話だから、加速度0.1Gでも機内の人間は重力との合力1.005Gを受けている。
スペースシャトルの打ち上げではこの翼がないから、3Gのうち1Gが重力に逆らうためにムダになっている。

143 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 08:45:25 ID:hvlvlnfI
>>142
翼で上昇できるのは高度10kmあたりが限界な罠。

144 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 08:48:03 ID:7JD//18j
月面の軌道エレベータは、自転が遅すぎて無理
ってか途中で地球にぶつかる。

145 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 09:45:38 ID:9BP555iz
1Gじゃなくて2Gがいい必然性はないがスポーツ選手とかが使えそうだし付加価値がつけれそうだからあえて1Gにしなくてもいいのでは?

146 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 09:49:27 ID:OqPNa4dT
>>75
ドッキング機構をフレキシブルなものにして、等速運動から徐々に円運動に移行するようにしたら
突然1Gは避けられるよ。


147 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 10:02:32 ID:OqPNa4dT
>>142
揚力の問題があるんだよな。
揚力を得るには大気圏内にとどまる必要がある。
速度が軌道速度の7割程度でも、高度を維持するには揚力は地上の半分程度はいる。これがないと高度失い濃密な大気で失速

そこで問題は、軌道速度の7割(5km/s、マッハ17くらい)で自重の1/2くらいの揚力が得られる機体があるのか、
その条件で推力はどれくらいいるのか
ということ。
現在のSTSがまともに空力飛行できるようになるのはマッハ7程度からだったと思う。
それも滑空降下。

揚力を稼ぐには低め高度が望ましいが、そうなると抗力は激増。それ以前に熱で死ぬ。
仮に抗力増強でどうにかなったとしても、その抗力が、現在のとっとと大気圏外に出てから加速する
ロケットの推力といい勝負するレベルなら、意味無し・・・・

それに、抗力に逆らいつつ高速飛行すると、必然的に要するエネルギーは激増。
少なくとも今の化学燃料ロケットでは必要量が莫大になるだけだと思われ。
エアブリージングエンジンがあればどうにかなるかもしれんけど、あれはあれで抗力さらに増やすし。



148 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 10:09:50 ID:OqPNa4dT
>>142
もうひとつ。
>スペースシャトルの打ち上げではこの翼がないから、3Gのうち1Gが重力に逆らうためにムダになっている。

重力損失の話だと思うが、シャトル+ロケット・燃料を400kmまで持ち上げることに使われているわけだから、
まるっきり無駄というわけでもないよ。加速度が低いほど無駄部分は確かに多くなるけど。
飛行機の場合は水平方向0.1G加速の場合、無駄がない代わりに高度が上がらない。
それと、飛行機なら重力損失がないわけじゃないよ。
水平等速飛行する飛行機は、たんなる空気抵抗だけではなく、揚力を稼ぐための翼による抵抗もうける。
これが重力損失と同等。



149 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 10:11:50 ID:OqPNa4dT
一番の理想は真空チューブ内で浮上走行かな。軌道速度に達したら離陸。
エネルギーも地上から供給できてウマー。
大気のない天体ならそこそこ楽勝なんだろうけど・・・・


150 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 13:05:21 ID:0XEGFV7N
月軌道エレベーターってのは斬新だな。
さすがは中卒ってところだな。いやはや。
(月の自転速度では既存のどんな強度の物質でも軌道エレベーターを作れない。)

月とL2を結ぶラグランジェタワーは理論上可能だったかな?
どっちにしろマスドライバーの物量にはかなわない。(設置場所が自由に選べるので)

なんで30年も前にマスドライバーっていう結論が出てるのに蒸し返すのだ?

151 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 14:51:57 ID:UT5HjbT2
逆に、月基地を作らずにコロニーを建設する方法を考えるほうが、
議論としては面白い気がする。
難度高すぎかw

152 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 17:08:54 ID:uiNuV/W+
なんか、スレが進んでいると思ったら、盛大な中二病の長文だったかw
自分の思いつきをこうも自画自賛できるとはさすが中卒です。
そんなもの、とっくの昔に他のもっと頭のいいやつが考えついている、という
発想はないのだろうか?

153 :665:2007/02/19(月) 17:11:13 ID:uiNuV/W+
>>147
ちょwww もっともらしいこという前にまともに用語を理解してよ。
文章が支離滅裂なんだよ。もしかして、「俺の書き込みにどれだけ間違いがあるでしょう」っていう
釣りがしたいのか?
失速の意味がまるで違う。
>高度を維持するには揚力は地上の半分程度はいる
地上を移動する乗り物は普通自動車。どうせ書くならなら自重の半分だろ。
>(5km/s、マッハ17くらい)で自重の1/2くらいの揚力が得られる機体があるのか、
まず、対地速度なのか対気速度なのか、軌道速度なのか、ごちゃ混ぜだろ。1/2くらいの揚力の
意味するところは何?早く飛べば揚力分担が減るっていいたいだけか?
>少なくとも今の化学燃料ロケットでは必要量が莫大になるだけだと思われ。
大気中の飛行の話してたんじゃないのか?素直にジェットで飛べよ。
>持ち上げることに使われているわけだから、
>まるっきり無駄というわけでもないよ
「3Gのうち1Gが」っておまえが引用したところに書いてあるが?
>飛行機の場合は水平方向0.1G加速の場合、無駄がない代わりに高度が上がらない。
無駄?その無駄ってなんのこと?水平加速しているんだから高度が上がらなくて当然なのでは?
>水平等速飛行する飛行機は、たんなる空気抵抗だけではなく、揚力を稼ぐための翼による抵抗もうける。
>これが重力損失と同等。
揚抗比1なんてすでに飛行機ではないんだが。
単なる空気抵抗っていうのがなんなのかわからん。有害抵抗のことか?誘導抵抗も単なる空気抵抗なんだが。
>一番の理想は真空チューブ内で浮上走行かな。軌道速度に達したら離陸。
なにいきなり超科学w。今まで現実論で話していて突然真空チューブといわれても・・・
ゆっくり加速して宇宙に飛び出すよりも非現実的だろ。
大気圏外まで真空の巨大チューブをのばせるのなら、
素直に軌道エレベーターつくれよ。それこそ0.1G加速で十分宇宙にいけるから。

って、こいつ昨日の中2の人か。中途半端な知識でチラシの裏書いたところで恥かくだけだよ。

154 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 17:51:55 ID:OqPNa4dT
>>153
よくわからん・・・・とりあえず自重の半分ってとこはあなたの指摘通り。失礼した。
ここに書くのはこのスレになってからはたぶん初めてだよ。


155 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 20:03:45 ID:jk8D7qhV
>>154
とりあえず、失速は速度を失うという意味ではない。

156 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 20:27:22 ID:0XEGFV7N
話を中二以前に戻すと、
とりあえず回転層の外側に固定防護壁があるようなコロニーでは
外周部分に港は作れないよね。

島3号みたいな解放デザインはいろいろ検討して無理があったんだと思うが。
(太陽嵐のときとか)
古典的な遠心力コロニー間バスも、接岸に失敗したらどうするか考えてない気がするんだw
空母艦載機のようにゴーアラウンドするわけにもいかないでしょう。
コロニー間バスに反転して戻ってくるほどのデルタVがあるとは思えない
(それだったら遠心力利用なんてセコイ手は考えないだろう)

157 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 21:01:20 ID:VIlQDj3+
>古典的な遠心力コロニー間バスも、接岸に失敗したらどうするか考えてない気がするんだw
飛行機の着陸に失敗したときと同じというのが凡人の意見です。
予備の燃料を積んでいれば着陸復航できるが、燃料を運ぶために燃料がいるので常時燃料消費が増えて不経済である。
ケチって予備燃料を積んでいなければ、着陸失敗は直ちに死を意味する(そんな飛行機には乗りたくない・・・旅客はまず第一に安全を望んでいます

158 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 21:29:04 ID:ccoVvte2
>>92
ジェットエンジンとラムジェットとスクラムジェットを積めばいいじゃまいか。

>>138
放射能を帯びたプロペラント。

159 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 21:52:31 ID:h7D4ZLMK
>>157
おまえ、何いっているかわかんないよ。

>古典的な遠心力コロニー間バスも、接岸に失敗したらどうするか考えてない気がするんだw
普通に考えればコロニーとの相対速度を0にできるだけの燃料を積んでいれば
後はタグボートにでも引っ張ってもらえばいいのでは?

160 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 21:55:21 ID:p6QK17p8
>>156
外周部に取り付くのって、
新幹線やレーシングカーにカーブで飛び乗るような感じになるしねえ
相対速度を合わせても、点でしか捕まえられないし難易度が高いよね
工夫次第で点が少しの距離を持つ線になるのだろうけど、一瞬の勝負になるか

161 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 22:00:31 ID:h7D4ZLMK
>>160
そりゃ工夫次第。
実際、戦闘機が空母に着艦できてるし。

162 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 22:04:40 ID:lR0T2p2Y
上(コロニーの中心軸)に加速し続ければ、
一緒に回るよ〜

163 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 22:04:52 ID:p6QK17p8
>>159
>後はタグボートにでも引っ張ってもらえばいいのでは?

アレ?タグボートはどうやってコロニーに取り付くんだ?

164 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 22:15:19 ID:0XEGFV7N
調べたら、月着陸船のΔVが4,690 m/sで、時速16884kmか。
これだけあれば時速数百kmで打ち出されても余裕で戻って来れるが、
推進剤と本体の質量比がどのくらいかわからなかった。
10数人乗りのコロニーバスは生命維持装置もかなり重くなりそうだが。

>>163
タグボートを出さなくても、
ロケットアンカー、つまり小型の飛翔体にワイヤーをつけたものを打ち込めば
戻ることはできそう。(減速のショックをやわらげる工夫が必要だが)

165 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 22:28:01 ID:h7D4ZLMK
>>163
タグボートは中心港から入ればいいのでは?

166 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 22:30:49 ID:p6QK17p8
>>164
ワイヤーとは言うけど、そのワイヤーを掴むor打ち込むところの構造設計が難しい
宇宙船の重さをコロニー内に収容するまでワイヤーで支えければいけないし、
宇宙船の構造も、それに適した強度と剛性を持たせた構造にしないといけない。
中に収容するまで、コロニーがワイヤーで宇宙船を振り回すことになるからねえ・・・

167 :オーバーテクナナシー:2007/02/19(月) 23:13:46 ID:tAitrjrX
>>150
あれ、でも月の軌道エレベータって何かで見たことあったような・・・
と思って、少しはフォローしてあげようかと探してみたが、
http://en.wikipedia.org/wiki/Lunar_space_elevator

あぁ、そうか。結局、ラグランジュポイントまで伸ばせば可能、
ってことなのか。月なら軌道エレベータ以外の方法でも十分な
打ち上げ手段を確保できそうだから、確かに使い勝手が微妙だな。

168 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 00:10:13 ID:6IMtUvxu
今月のNewtonで、ラグランジュ氏の事が数ページに渡って書いてあった。
凄い数学の天才だったんだね。

>人物科学史
> 「三体問題」をとき明かした数学者─ジョセフ・ラグランジュ


169 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 06:53:14 ID:vqetcwHI
>>159
航空史上、着陸をやり直したら燃料が足りなくなって空港近傍に墜落、という事故も多い

170 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 07:10:04 ID:ublztlgP
>>169
?コロニーバスの話だろ?なんで隣のコロニーに向かうのに
燃料使うの?使わないのに減るわけないよ。
それに着陸やり直すには燃料いるけど、宇宙で止まるのにやり直すなんて
ことない。確実に1回で止まる。
おまえの指摘は的はずれ。

171 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 07:50:50 ID:zgJIk2Yn
>>169
それでも、航空機が発達したのは利便性があるから。
>>160
着岸時にコロニー軸方向に1G推進し続ければ、
相対速度が0になるから、その間に取り付けばいい。
その推進量によって得られる仮想的な速度が、
コロニー外周速度より小さければ、利便性がある。
仮りに直径6kmのコロニーで計算すると、
17.5秒以内の推進で取り付ければ、外周港の方が有利。

172 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 08:09:46 ID:zgJIk2Yn
>>171
因みに相対速度ってのは、
コロニー本体との、ではなくて
コロニー外周部との相対速度。

173 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 11:18:56 ID:RvEEGzer
>>171
>着岸時にコロニー軸方向に1G推進し続ければ、
>相対速度が0になるから、その間に取り付けばいい。

コロニー軸方向に1G推進しても、外壁との相対速度は0にならない
宇宙船に、コロニー外壁に沿って円運動させる高機動性が求められるねえ
小型の作業艇なら緊急用に外周はメリットが出てくるかもしれないが、
外周で大きな荷物の搬入搬出には、コロニー・宇宙船とも”無駄”な部分が多すぎ

174 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 13:03:17 ID:BTZKPaQ2
>>173
何が無駄なのか説明は?
極端にでかかったり長かったりは無理だが、逆にそれ以外ならOK

>コロニー軸方向に1G推進しても、外壁との相対速度は0にならない
なるよ。推進かけても元々の慣性はなくならない。そもそもそんなことしなければ
ならないのはとりつくための一瞬。現在の技術でも地球上でロケット推進だけで一点に
静止できる技術があるのに、未来にできないなんてことはないでしょ。

175 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 13:52:16 ID:ZDDYGRf8
>>173
まあそうだけど、コロニー回転速度と同じ速度で自転すれば(コロニーに同じ面を向けるだけ)
すむからそれほど複雑なことでもないと思うよ。

外壁にとりつくよりこんなのが楽かも。感覚としては1G環境で滑走路に着艦する感じ。
滑走路を柔構造にして着艦ショックを柔らかく受け止めるとか。

   ↑コロニー中心方向
==================コロニー外壁
 ̄ ̄−−_
         ̄−−__      
         滑走路   ̄−−−−________←宇宙船


176 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 14:23:19 ID:RvEEGzer
>>174
宇宙船の元々の慣性が無くならないから問題のだがね

>一点に静止できる技術があるのに、未来にできないなんてことはないでしょ。

コロニー外壁に取り付くのは一点に静止するのではない。
コロニー外壁の回転運動に宇宙船が同じ回転運動になるということ。全く違う。

コロニーと宇宙船に同時に数百トン(スペースシャトルやB747で数百トン)以上の衝撃荷重が掛かり、
それを支持した構造が双方に必要になってくる。
中に入れても外に出したままでも、接岸して回転中には宇宙船の自重をコロニー外壁で支える構造が必要。
軸中心式に比べて構造難しく強固(即ち重くなる)な物が必要になってくる。
それらは普段はデッドウエイトになる。

177 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 14:35:28 ID:RvEEGzer
>>175
>コロニー回転速度と同じ速度で自転すれば

自転運動とは違うから難しい。
宇宙船の外側の点(コロニーの回転軸なのだけど)を中心にして
宇宙船を円運動させないといけない。

178 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 19:22:19 ID:vqetcwHI
>>170
>?コロニーバスの話だろ?なんで隣のコロニーに向かうのに
>燃料使うの?使わないのに減るわけないよ。
そう思って、最初から燃料を積まないから、事故がおきる。
いらないはずの予備の燃料を積んでおくべし。

179 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 19:43:44 ID:ljZqRk/x
>>178
最初に止まるだけの燃料を積む、って書いてるんだけど?

おまえみたいに人の話を聞かないやつが事故を起こすのとちがう?

180 :171:2007/02/20(火) 19:47:38 ID:ah4ig5Om
>>177 何やら誤解があるように思う。
以下の考え方で何か間違いがあるようなら指摘してくれ。

1)慣性系において、以下の加速度を持つ物体は等速円運動を行う。
・大きさ一定
・向きは進行方向に対して垂直

2)慣性系において、相対速度が0の2つの物体に対して
同時刻に等しい加速度を加えても相対速度は0のままである。

3)コロニーの外壁は等速円運動を行っており、
その加速度の大きさは一定(1G)であり、
向きはコロニー中心軸(進行方向に対して垂直)である。

4)コロニー周辺は近似的に慣性系とみなせる。

5) 2)より相対速度が0のコロニー外壁と宇宙船に対して
同時刻に等しい加速度を加えても相対速度は0のままである。

6)宇宙船にコロニー外壁と等しい加速を加えるためには、
コロニー中心軸に向けて1Gの推進を行えばよい。

7) 6)の条件を満たせばコロニー外壁と宇宙船の相対速度を0に出来る。

181 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 20:08:11 ID:vqetcwHI
>>180
つまり、最初は相対速度0が前提。
それなら、推進なんかせず電磁石で吸い付いてしまうほうが良いではないか。
そうできない理由は何?電池がすぐなくなる?


182 :171:2007/02/20(火) 20:27:20 ID:ah4ig5Om
>>181
加速のやり方はなんでもいいよ。
推進じゃなくてワイヤーでもレールでも。
単に外壁港にも有利な点があって、そんなに複雑な機構がなくても、
急加速の困難は避ける事が出来るよ、と言いたかっただけ。

183 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 20:39:25 ID:ZDDYGRf8
コロニー重心との相対速度は島三号で170m/secと見積もられるので、最悪1回の試行で
340m/sec×再試行だけの加速能力があればランデブー燃料の心配もないとか。
って書いてみたが、この能力ってロケットでは結構大変だな・・・・・
アポロ着陸船のΔVの1/10とはいえ、あっちは機体重量の半分くらいは燃料だし。
コロニーから出発加速して、減速する分も要るからあまり無駄遣いもしづらい。

ジャンボジェットクラスのシャトルで1G加速をドッキング時間だけ維持ってのも意外と大変な予感。
化学ロケットで考える限りは。不可能じゃないけど。

と思い、突然中心軸タイプ港の提案だけど、
中心軸に巨大エアロック付き宇宙港ってのはどうかな?ガイシュツだったらすまん。
中心軸に直径200m、長さは数百mの筒状構造にして、外に面する50mだけエアロック構造。
島三号外周1Gならこの筒内面と外部との相対速度は6m/sec程度なので、
筒内で内壁に近付き横向きに走れる車輪を出して着地ブレーキングするだけで
回転を合わせて静止できる。
その後外扉を閉じ復圧して内扉をあけ前進車輪を出し横車輪を収納し、中心部へ移動、駐機場へ。
0.03Gの微少重力で取り扱いも楽でウマー とか。
中心軸にミニコロニーを作ってその外壁に接岸するイメージ。

184 :オーバーテクナナシー:2007/02/20(火) 23:20:38 ID:BDprxxGe
>>181
”相対速度ほぼゼロ”と読み替えるべきだろ。
ほんとにゼロにできるなら電磁石も要らん。いきなりドッキングすればいい。


185 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 00:26:55 ID:NeLYCJZH
コロニーの回転部分にドッキングする構造にすると、
コロニー自体の強度計算が複雑になるような。

中心軸型も大して変わらない?

186 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 01:29:02 ID:jjpC9lb6
>>180
回転運度では、向心力の方向が角速度とともに変化することが考慮されていない

見かけ上の相対速度をゼロにして、コロニーに接触した時点で、
>コロニー中心軸に向けて1Gの推進
を行っても、7)の結論にはならず宇宙船は等速円運度にはならない。
宇宙船とコロニーを一体に接続するには、、
コロニーの角速度合わせてGを掛ける方向も変えるように宇宙船の運動をコントロールしないといけない。
そうしないと宇宙船が弾き飛ばされるかコロニーを破壊するかどちらか。

コロニーの中心と同じ角速度を持つ円運動機動をして外壁に接近するような、
機動性の優れた宇宙船は難しい。

187 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 01:37:32 ID:jjpC9lb6
>>185
外周に何か重いものがくっ付いて円運動を行うと、軸がぶれたり、
構造部材に負荷される強度が変わってくるので、材料的に不安材料が増える。
構造の剛性を高めれば良いが、それなら、普通に中心軸に固定させた方が良い。

188 :171:2007/02/21(水) 08:26:17 ID:AFj2hhkU
>>186
すいません。書いてある事が今一よく分からんのですが、
>>180の1)〜6)までは、認めてもらえるのですか?

189 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 08:44:41 ID:ewM/h3t4
>>186
>コロニー中心軸に向けて1Gの推進

→「常時」コロニー中心軸に向けて1Gの推進
これでどうだ?結局
>コロニーの角速度合わせてGを掛ける方向も変える
と同じなんだが、噴射がちゃんと重心を貫いていれば>>175ですむ問題だ。




190 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 09:00:17 ID:ewM/h3t4
ただ、簡単に1G加速と言うが、1G加速が可能な推力がきれいに一定の推力になるかは疑問である。
スラスタの推力がでかくなるぶん推力変動も大きくなるので、ランデブーのような繊細な動作に
使うにはハードルは大きそうだ。
自身の加速度をフィードバックして小さいスラスタで変動を抑えるようなことが必要かも知れない。
これに操船微調整による推力も加えて・・・・

中心軸の方が面倒が無くていいというのには同意。



191 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 09:42:41 ID:mvxe8YgN
>>183
中心軸付近に設置した(コロニーから見ると)回転する台車にドッキングしてから、徐々にシャトルを回転して
回転が同期(コロニーから見ると停止)したらコロニー付近まで移動させた方が楽じゃね?
コロニーに接続する為のレールを少し斜めにして、シャトルの重心をあわせるようにすればコロニーの回転への
影響も少なそうだし。
出港する時は逆に台車を(コロニーから見て)回転させて放り出すw

192 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 10:56:05 ID:jjpC9lb6
>>188
4)〜7)が角速度を考えていないから違う

>>190
色々考えてはみたけれど、何もない宇宙空間で宇宙船の力だけで、
きれいに円運動できるような高機動性を持つような宇宙船はかなり難しいと思う。
しかも、それに重い物資を持たせるようになると・・・



193 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 11:56:27 ID:MmHY36Ht
>>186
>コロニーの角速度合わせてGを掛ける方向も変えるように宇宙船の運動をコントロールしないといけない。
はい?常に地球に1面を向けている付きは何かにコントロールされているとでも?
ほとんどすべての人工衛星もちゃんといつも地球を向いているが?
>>187
象に小鳥がとまると象がふらつくか?

おまえは簡単なことを難しく考えすぎ。

194 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 13:31:58 ID:cY4f7Gxe
>>193
月は潮汐力にコントロールされた結果、常に地球に一面を向けていますよ。
人工衛星も何らかの姿勢制御は必要。でかければ潮汐力だけでコントロールできるかもしれないが。

>>192
>>180は角速度に関しては無問題だと思うが。6)があるから。
それが簡単なのか簡単でないのかで水掛け論をやってるだけだろ。


195 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 13:33:19 ID:3j4xGC7J
技術的に可能か?といえば可能だろうけど、
民生用に普及するか?と言えば疑問だな。
F-35のVTOL技術は成功したが、旅客機に使われるとは思えない。
(費用や整備の問題で)

196 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 14:18:35 ID:jjpC9lb6
>>194
というより、>>180氏は、
角速度に応じて向心力の向きが変化する回転運動を考えず、
ある瞬間での局所的近似だけをみている。

>>195
可能かどうかを考えると、俺も可能性はあるが、実用性は極めて低いと思う。

197 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 14:26:29 ID:3j4xGC7J
ラル「正確な射撃だ!しかし!当てる度胸もないだろ…
アムロ「予測さえしないのかー!

198 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 14:35:14 ID:d6wkauYc
>>194
だ〜か〜ら〜、複雑なコントロールは要らないってことだよ。

199 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 14:36:09 ID:d6wkauYc
>>176
>コロニー外壁に取り付くのは一点に静止するのではない。
>コロニー外壁の回転運動に宇宙船が同じ回転運動になるということ。全く違う。
まったく同じだけど?地球も回っているよ。球体だし。コロニーと違うのは
力が内向きか外向きかだけ。

>コロニーと宇宙船に同時に数百トン(スペースシャトルやB747で数百トン)以上の衝撃荷重が掛かり、
>それを支持した構造が双方に必要になってくる。
自分で書いてておかしいと思わなかった?飛行機の降着装置にもショックアブソーバーがついているぞ。
滑走路にそれが付いているか?なくてもちゃんと降りられる。どっちか一方にあれば十分。
宇宙船がコロニーにとりついたときの1G程度の衝撃で壊れるなら、発進とどうじにバラバラになるだろ。
ジャンボもシャトルも静止している地面に200km/h以上で着陸(穏やかな墜落)しても壊れないのに、
相対速度が0に近いものが接触するだけでそれ以上の衝撃がかかるわけないのだが。
しかもコロニーなんて強固で巨大なものがたかだか100トン程度のものがゆっくりぶつかって壊れるか?
壊れるような薄い外壁だと宇宙放射線で中の人間は焼かれてしまうな。

まず、否定ありきでそれに理屈をすりあわせるのは思考停止だろ。

>>177
>自転運動とは違うから難しい。
>宇宙船の外側の点(コロニーの回転軸なのだけど)を中心にして
>宇宙船を円運動させないといけない。
なんか、ものの見事に慣性が解ってないのが笑える。

200 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 15:38:41 ID:cY4f7Gxe
>>199
>>宇宙船の外側の点(コロニーの回転軸なのだけど)を中心にして
>>宇宙船を円運動させないといけない。
>なんか、ものの見事に慣性が解ってないのが笑える。

単純なコントロールで「円運動しちゃう」んだもんね。
まー、あなたの言ってることはおそらく一人を除いて正しいと思ってるんじゃないかな。
でも>>195ってこともあるし、この辺で終わりにしてもいいかなと思う。





201 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 16:18:32 ID:yIUNofmM
>>194
>人工衛星も何らかの姿勢制御は必要。
話をすり替えるのうまいな。
接岸の一瞬の制御と何年も回り続けるものを一緒にして「制御が必要」って・・・
それとも人工衛星は常に姿勢制御のためにエンジンうごかしているのか?違うだろ?たまにちょっと
スラスターが働くだけできちんと地球に向いている。
>月は潮汐力にコントロールされた結果
そんな珍説初めてみた。コントロールされる以前に勝手に月の自転が変化することなんかないよ。
お前はコントロールが難しいと言っていたのにその難しさを説明してない。つまり、お前の説明の
ほとんどが反証になってないのよね。
自分に都合の悪い質問にはいっさい答えないし。

>>200
とりあえず言っておきたかったので、あしからずです。

202 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 16:36:36 ID:cY4f7Gxe
>>201
俺は基本的にあんたに賛成だよ。
ただ>>193は勇み足だと思ったから書いただけ。


203 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 16:55:55 ID:cY4f7Gxe
>>201
念のため。潮汐力で月の公転は少しずつ変化しています。自転も変化しているので同じ面を向いている。
たまたま自転と公転が同期していて、それがずっと維持されている訳じゃない。
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~mosir/work/2002/kamokata/lecture/moon/moon_html/moon_study/moon_earth/moon-forces.html

人工衛星にしてもスラスターだけで姿勢を一定にするのは困難だよ。
スピン安定か三軸制御がないとスラスタ燃料なんてあっという間になくなる。
さらに、単に姿勢を一定にするだけでは衛星の公転や地球の自転や公転によりあらぬ方向を向くので、
必要があって地球に向けたい衛星はそのように制御を続けないといけないし、
衛星によっては太陽に向けたり(太陽電池がらみなど)観測対象に向けたり(HSTなど)いろいろ。
>ほとんどすべての人工衛星もちゃんといつも地球を向いているが?
ってのはどうかいな?アンテナだけ向けてるとか、データ通信時だけむけてるものもあったと思うが。
地球に向けるにしても、静止衛星を除き交信相手(地上局)は地球自転で場所がどんどん変わるので、
一定の場所に向けていればいいってもんじゃない。

激しくスレ違いなので俺も退散する。


204 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 18:59:28 ID:tYpmBNCm
>>195
それ「正確な射撃だ。それ故に予測しやすい」じゃなかったか?

205 :171=180:2007/02/21(水) 21:08:36 ID:p3fDXagt
先刻帰ってきました。
なんか話がえらく進んでますが一つだけ。
>>192
4)は書き方がまずかったかも知れませんが、
コロニー全体を近似的に慣性系として見ることが出来る系が存在する。
と言う意味で書きました。
5)以降はこの慣性系を前提として話を進めました。

角速度の事は常に考えてますが、違いますかね〜

206 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 21:27:28 ID:XnaxhT9I
>>205
いや、別に君は間違ってないと思うよ。

207 :オーバーテクナナシー:2007/02/21(水) 21:48:27 ID:hm76V2ev
銀河鉄道のイメージで、到着する列車は駅の手前からレールに乗り0G-->1Gに急激に遷移せずレール上で徐々にGを変化させるという考え方はある意味正しい。
発車する列車も、1G-->0Gに徐々に変化する。
回転式人工重力では外側のほうがポテンシャルが低いので、勾配を上りきった山頂の駅に停車して、発車後勾配を下る形となる。
変化時間10秒としても、線路の長さは駅の前後数百メートルは必要で、大掛かりなものになる。

208 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 07:06:39 ID:kUpt7DG2
>>207
なんでたった1Gの変化にびびるかな?
おまえら一般加速時計持ってそこら辺歩いて見ろよ。数十pの緩衝装置で
なんの問題もなく受け止められる程度だって気づくからw

209 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 08:53:14 ID:RLSQoUog
>>208
地上の乗り物なら当然1G±0.5Gくらいの緩衝ができてるわけだが、宇宙船だとどうかな。
着艦だけのために緩衝装置に相当な無駄重量を強いることになる。
他に方法がなければ仕方ないが、この場合はある(中心軸ドッキング)からなあ。

数十センチで1Gを受け止めればいいというのも問題。実際にはわずかに残った相対速度も殺さなければならない。
3m/sの相対速度が残っていれば、緩衝50cmで+1G、全部で2Gかかる。
まあ飛行機の着陸並みと言ってしまえばそれまでなんだけど、着陸装置重量が気になるな。
何らかの事情で中心軸ドッキングが無理なら仕方ないけど。





210 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 15:56:55 ID:hADpj+uA
>>209
>着艦だけのために緩衝装置に相当な無駄重量を強いることになる。
飛行機の全体重量に対する降着装置の重量比ってそんなにすごいの?それに、コロニー側に
緩衝の大部分を分担させればいいのでは?
>数十センチで1Gを受け止めればいいというのも問題。
あなたも2本の足で1Gを受け止めてますが、何メールもの長さがあるわけでは
ないでしょ。実際問題になるのはそのわずかな相対速度分だけ。
>実際にはわずかに残った相対速度も殺さなければならない。
それは中心でも同じ。
 ちょっと考えて欲しいのは、豆腐はちゃんと1Gに耐えている(自重で潰れない)が、
箸でつついただけで壊れる。宇宙船がそんなんでは使えない。自機の加速や応力に対して
壊れない強度はどうしても必要でありわざわざ1G環境を考えるまでもなくそれに耐えられるように
できている。予圧のかかった壁をけ飛ばしただけで穴があく船に乗れますか?

 万が一コロニーで事故が発生した場合、両端からしか脱出できない状況では、何万人の犠牲者が
でることやら。非常口のない高層ビルよりも危険なのでは?

どうも、コロニーに接岸した時にかかる0→1Gと、急に何かにぶつかったときの
衝撃とをごっちゃにしてしまっている人がいるけど、似ているようで違うよ。
先の豆腐で例えると、机に固定した豆腐を0→1Gにしても、絶対豆腐は壊れない。
1Gで1mの高さから落とせば豆腐は壊れる。この違いを理解しないと。

211 :209:2007/02/22(木) 16:44:33 ID:RLSQoUog
>>210
>どうも、コロニーに接岸した時にかかる0→1Gと、急に何かにぶつかったときの
>衝撃とをごっちゃにしてしまっている人がいるけど、似ているようで違うよ。
これがごっちゃっぽい人はいるね。これについては自分は無問題だと思ってます。
接岸部に多少の緩衝機構が着いていれば無問題。

>>実際にはわずかに残った相対速度も殺さなければならない。
>それは中心でも同じ。
1G±接岸時ショックと、0G±接岸時ショックでは相当な差がある。
地上では1G対応するものばかりなのでたいしたこと無いと思うでしょうけど、
宇宙空間では自己の加速減速だけに耐えればいいので、かなり構造を合理化できる。
その利点を捨てて地上相当にしてしまうのが無駄じゃねえの?ってことっす。
車なら加速減速すると言ってもたかだか30m/sec程度だから重くても燃費悪いとぶーたれる程度ですむが、
たとえコロニー間シャトルでも、ロケット推進で軌道コントロールする宇宙船だとどうかな?
どれくらいの距離を飛ぶかわからんけど、km/sのオーダーの速度を出し、減速にも燃料が要ることを
考えると、やっぱり軽量化したくなるんじゃなかろうか?
そんな心配ない夢のような推進機構のある世界ならいいんだけど。

・・・・なんでコロニーで苦労して軟着陸せんといかんの??という疑問なんですよ。
できるのはわかってる。しかしハードルが高いのは事実じゃないか?と
それってまさに地上など重力環境下での軟着陸の難易度であり、人類は今の時点で
軟着陸を容易にこなしているのですが、必要のないものには不要にしたいと。

 万が一コロニーで事故が発生した場合、両端からしか脱出できない状況では、何万人の犠牲者が
でることやら。非常口のない高層ビルよりも危険なのでは?


212 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 17:02:21 ID:RLSQoUog

理想的に接岸するなら1G環境でも飛行機のソフトランディングと同じくたいしたショックはないが、
そうでない場合が有るから航空機でもかなりの余裕をもたせた着陸装置を備える。
航空機と違ってコロニー外では乱気流はないので、エンジンの信頼性さえ上げればいいという考え方もあるが、
無重量下ランデブー+中心軸からのエレベーターという楽な手段があるのになぜ???という思いがある。

・・・・あれ?
乱気流もない1G着陸なら接岸ショックも最低限にできるのだからたいしたことないなと
思い始めた俺。

うーむ、辺縁ドッキングもありかな、と宗旨替えします。(w


213 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 17:50:01 ID:pVOGiVUh

コロニー間バスなら燃料は非常用以外使わないからいいけど、
普通の長距離フェリーは質量比がシビアになるので、1G推進機構はぜいたくだと思うな。

まあ、個人的にはコロニー間バス自体が、過去のアイデアだと思うので
(宇宙線対策で外壁は二重構造が必須なので、島三号自体が実現困難)
外壁港は無理っぽい気がする。

内壁と外壁をリニアでつなぐというのも思いついたが…
(リニアモーターで内壁の外側を数週回って減速し、外壁の内側にとりつく)
これなら外壁に港作り放題w

214 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 18:36:24 ID:RLSQoUog
>>213
内壁と外壁があるなら、
外壁は回転しないってだめ?(w
外壁の内側で走って速度合わせてケーブルでつり上げればok。

回転しない中心軸より無茶ですね。失礼しました(w


215 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 19:31:02 ID:pVOGiVUh
>>214
外壁は回転しないのがデフォルト(重量がありすぎるので)
リニアが云々…というのが、「ケーブルでつりあげる」と同じアイデアだと思う。
外壁と内壁のすき間は真空なので、リニアで速度出しても平気なんじゃないかと
飛び移るときがちょっと工夫がいるけど。

216 :オーバーテクナナシー:2007/02/22(木) 21:14:13 ID:cU+gm4ay
>飛び移るときがちょっと工夫がいるけど。
JR方式非接触磁気浮上リニアモーターカーなら以外に簡単かも


217 :でゆん:2007/02/22(木) 23:44:26 ID:spoUQ7iJ
>>151
それはそれでいいんですけど。
考えてみればそういう積み重ねってあまりないんですな。Part5まできてるのに。

>>168
>人物科学史
> 「三体問題」をとき明かした数学者─ジョセフ・ラグランジュ
Newton読んでないんでこのレスで評価しますが、間違いです。
三体問題の特殊解を解いた人物です・・・
特殊な状況を除いて、三体問題は解けていません。


218 :オーバーテクナナシー:2007/02/23(金) 00:12:12 ID:8gp+0bTS
ガンダム厨がぶち切れるだろうけど、1Gコロニーは当分先
下手したら実現しないかもね
まず無重力でもなんでもいいから巨大な宇宙居住施設を作るのが先決だ。
宇宙コロニーをつくるときは、さきに実現しやすいものがつくられる。

大きなストレスのかかる遠心タイプは大型化やメンテが困難であるから実現しない。
ジェット旅客機の与圧式の耐圧構造胴体でさえ寿命がある。
何重にも安全構造があるけどね。

219 :オーバーテクナナシー:2007/02/23(金) 00:55:30 ID:3jQ8swS8
>>218
逆に、寿命のない建造物なんてないんだけど…

>まず無重力でもなんでもいいから巨大な宇宙居住施設を作るのが先決だ。

無重力では恒久的宇宙居住施設は作れない、(宇宙ステーションは一時的滞在場所)
という結論が出ています。

220 :でゆん:2007/02/23(金) 01:02:16 ID:I/6lT0K2
外周港はコロニーバス以上の船は考慮しているの?

221 :オーバーテクナナシー:2007/02/23(金) 02:38:31 ID:A+4HJ/Xh
>>220
していないと思う・・・

222 :オーバーテクナナシー:2007/02/23(金) 07:11:13 ID:n4OfH/Kg
>>220
コロニーバスのみってことはないだろうが、ほとんどはそうなるだろうね。

223 :オーバーテクナナシー:2007/02/23(金) 07:22:29 ID:80QRKR6G
地球との往還はどうするんだっけ?

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)