5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クローン技術の未来性

1 :オーバーテクナナシー:04/09/05 22:08 ID:TUdsWVOW
ヒトゲノムの解読により
すっかり話題性を失ってしまった
クローン技術。
今ここでクローン技術の未来を考えてみましょう

2 :オーバーテクナナシー:04/09/05 23:27 ID:G0QhgPx7
2げと

3 :オーバーテクナナシー:04/09/06 19:40 ID:B8+wLMRh
宗教的制約が欧米に比べて少ないので、日本は積極的に育成するべき分野。

ヒトクローニングならば全身クローンではなく、臓器や血液だけ生産できれば
その恩恵は計り知れない。

食肉は感覚的・感情的な反応をもたらすので少し微妙だけど、食料生産の一手段
としては確保しておきたいところ。
といっても、それ以前にコストがネックになるだろうな。

まぁ遺伝子組み換え大豆であの騒ぎだから、楽観視しすぎかなぁ・・・

4 :オーバーテクナナシー:04/09/06 23:22 ID:fZp5BeIV
クローン兵士を大量生産。
自衛隊に大量配備

5 :名無しさんなの ◆NANOt.UrlA :04/09/06 23:43 ID:nI4bOpcW
そうね。
移植用の臓器とか血液とか、場合によっては欠損した手足等のパーツ作りとしてのクローニングが主体でしょうね。
また、インシュリン生産工場とかね。

食肉はヤミで作られて人肉マニアの間では取引されるかもしれないけれども
食べるのだったら素直に最高級黒毛和牛とかをクローニングしたほうが早いんじゃなくて。
その場合は、培養だから完全無菌、抗生物質不使用はもちろんのこと、機能性をもたせることも考えられるわね。
コラーゲンを大量に含んだお肉とか。必須アミノ酸を全部摂取できる肉とか、味とか歯ざわりはそのままで低カロリーの肉とかね。

なんかマッドサイエンティストが、人間の視覚処理を模したデジタルカメラとか、自然言語を完全に理解して翻訳できる翻訳機とか作って
ふたを開けてみたら、脳がごろりと入っていたとかね。


6 :名無しさんなの ◆NANOt.UrlA :04/09/06 23:50 ID:nI4bOpcW
連続書き込みごめんなさいね。
あ、もちろん、人工性器もありですね。

倫理面がクリアされれば、人間一人の丸ごとのクローンもありなんでしょうけどね。
裁判で認められた場合は事故死、あるいは殺人の犠牲になったした12歳以下の子供の細胞からクローンを作ってもいいとか。
肉体年齢が事故死した年までどうやって育成するか(あるいはあきらめて0歳児から育てるのか)
という問題はあるでしょうけどね。

ちなみに、その場合、病死はやっぱりだめでしょうね。きりがないですものね。
クローンできるくらいの技術があれば、病死も格段に減っているでしょうしね。
それでも死んでしまうくらいなら、もともと遺伝的に弱いのでしょうね。
選民主義ってわけじゃないけど・・・。
仮にクローンしても、クローン体も長くないんじゃないかしら。

7 :でゆん:04/09/07 17:21 ID:ARYheCAk
>>1
話題性は失っていないと思う。

>>3
>>ヒトクローニングならば全身クローンではなく、臓器や血液だけ生産できれば
そうなんだけど、それはむずかしいのな。最初に可能になるのは全体のクローン。
間髪入れずに臓器だけ作れるようになればいいのだけれど、おそらくかなり大きな
時間的ズレがあるはず。だからクローン人間の問題は避けて通れない。

>>まぁ遺伝子組み換え大豆であの騒ぎだから、楽観視しすぎかなぁ・・・
あれは外国産の技術を封じ込めるという意味合いが大きかったと思われ。
自国の産業と市場を守る為の手段だと漏れは理解している。もっとも、大騒ぎしたのは
日本よりも欧州だったらしいが(ソース失念)。


8 :でゆん:04/09/07 17:42 ID:ARYheCAk
>>6
>>倫理面がクリアされれば、人間一人の丸ごとのクローンもありなんでしょうけどね。
クローン技術の進展によって達成される出来事のうち、もっとも利用しがいがあって
技術的困難度の低いのが人間丸ごとのクローンである以上、倫理面のクリアは
絶対条件。法整備を急がねばならない理由はここにある。
双子が生まれた場合に片方を生かし、片方を予備臓器とする倫理的観念がない以上、
クローン人間も歳の離れた双子として人権を認めるしか現時点では方法はない。
(私がこれらの技術を決して否定しているわけではないことは理解してほしい)

9 :名無しさんなの ◆NANOt.UrlA :04/09/08 23:42 ID:Vx5kma/F
あら、でゆんさん。お名前はかねがね拝見しておりましたの。
レスいただいて光栄です。

そうね、全体のクローンが、先なのでしょうね。
それに、クローンを人間と認めるからには、完全なクローンでないとね。
羊さんとかのクローンでも早死にしたり、短命だったりしていますものね。
人間と認めたはいいけれども、クローンだったためにその人が短命だったり、生まれつき半身がなかったりしたらそれこそ問題です。

血液に関しては、骨髄の細胞を取り出して、培養して、うまくつくれないかしら。
臓器に関しては難しそうね。
「臓器の細胞」というものはできても、臓器の形になってちゃんと機能するものはむずかしいでしょうね。
細胞がそれぞれ必要な位置で、必要な機能の細胞に分化していく仕組みがわからないとね。

遺伝子組み替え食品は農薬に強いものや、農薬が少なくてすむものもありますよね。
農薬に強いものというのは、農薬を多く使ってもかれにくいということですよね。
(農薬とて無料ではありませんから、過剰には使わないでしょうが、)現状よりも多く使われないか心配です。
また、農薬が少なくてすむものとは、そもそも植物は害虫を農薬様成分をある程度持っているのですが、その量が多くなるとか、あるいは他の植物からその遺伝子を導入してくることがあります。
そうすると、可食部にそういった物質が含まれる可能性もありますし(実際含まれるのでしょう)、それが新たなアレルギーを起こすともいわれています。
そんなわけで、おっしゃるような政治的な理由で外国産の技術を・・ということもあるでしょうが、私はあまり食べたくないですね。
授乳中、妊娠中は気を使いますし、子供には食べさせたくありません。

10 :ままあとり:04/09/10 12:16 ID:M+TjQSu9
初めまして。クローン技術の未来性はきっとあると思います。しかし人間に
適応させることは倫理的に超えられない壁があると思います。でもクローン
人間は確実に私たちの知らないところで誕生しているでしょう。クローンの
良いところだけを取り入れることは不可能でしょうか?またこういう所には
賛成だ!ということがあればみなさんの意見を聞かせて下さい。

11 :オーバーテクナナシー:04/09/10 12:41 ID:vTqZ9Elc
やっぱり人間の部分的なクローンは研究が進みそう。

12 :でゆん:04/09/11 23:19:43 ID:4RvcVbL2
>>8
あのー、言っとくけど、俺たいしたやつじゃないからね。

13 :でゆん:04/09/11 23:21:03 ID:4RvcVbL2
レスアンカー間違えた。8じゃなくて9ね。
まあ、その程度の人です。

14 :オーバーテクナナシー:04/09/12 05:43:31 ID:lxPyxyr/
>>9
>生まれつき半身がなかったりしたらそれこそ問題です。

半身がないのは「完全なクローン」どころか「全体のクローン」ですらない気が。

>血液に関しては、骨髄の細胞を取り出して、培養して、うまくつくれないかしら。

成功率はともかく、造血細胞の移植で何とかなってるような気が。

>遺伝子組み替え食品は農薬に強いものや、農薬が少なくてすむものもありますよね。

クローンと関係ないのでパス。
ていうか、文章の半分がクローンと関係なさげ。

15 :オーバーテクナナシー:04/11/09 16:14:47 ID:RSoQn5ki
あげ

16 :オーバーテクナナシー:05/01/10 16:44:32 ID:UMyHkXlm
人間まるごとのクローンってただの双子じゃん。
記憶や人格がコピーされるならまだしも
皆大騒ぎしてるけど、俺には理解できない。


17 :オーバーテクナナシー:05/01/10 20:26:52 ID:7reho80D
臓器培養でネックになってるのがどうやって3次元構造を
持たせるかってことらしいけど、低軌道とかの無重量環境で
そのへんを上手くなんとかできないもんかね。

あと目が悪いんだけど目玉ごと代えたい。

18 :オーバーテクナナシー:05/01/13 09:49:44 ID:MyPNx4Cb
ちょいこの間までは、クローンなんて夢物語だったのに、今じゃ倫理が
おっつかなくてクローン技術開発は規制されてるんだよね・・・・
この規制も少しづつ解かれて、半世紀もすれば平均寿命100歳は軽く
超えそうですなー
そういえば、1950年ころの平均寿命が55歳位だって聞いたことある。
するとこの55年で30歳近く寿命が延びたのか。
これだけの実績が日本であるのだから、混乱がなければ確実ですね 半世紀後の平均100歳
悩むなー年金・・・・


19 :オーバーテクナナシー:05/01/13 11:04:58 ID:73iIrOIm
>>18
http://www.ipss.go.jp/pp-newest/j/newest02/3/t_4.html

平均年齢みると、年金なんてあてにならんと思うがなぁ。
寿命が延びるんだったら伸びた分働くことになると思うよ。

20 :オーバーテクナナシー:05/01/25 09:26:37 ID:zN7k8tcI
規制する前に研究汁

21 :オーバーテクナナシー:05/01/25 16:58:49 ID:/IsmvrBc
ES細胞を使っての再生医療へ転用をお願いしまつ。

22 :オーバーテクナナシー:05/03/07 17:29:46 ID:zhrPZie8
クローン培養で牛や豚や鳥の食肉そのものを生産する。
クローン培養で牛の乳をたくさん作り牛乳を工業生産する。
牧場や鶏舎は不要になる。

23 :名無しさんなの ◆NANOt.UrlA :05/03/20 13:55:22 ID:L/ti+JSL
>6でもちょっとかきましたけど、わたしね。ふと思うんですけど、亡くなった家族のかわりにクローンができたとして、その年齢まで育成するのってどうすればいいのかしら。
記憶もそうね。
所詮神経の接続ですから、全神経細胞の接続状態を死亡直後にスキャンして(どうやって?)、その配列になるように刺激を与えながら育成するとか?

24 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 15:02:17 ID:KEyfIxuB
全くの素人の俺は思うんだが、クローン作って 誰が食わすんだ?
それに、【言い方が悪いけど】何に使うんだ?


25 :オーバーテクナナシー:2005/06/20(月) 19:11:38 ID:AmyPGIrB
>24
性玩具
ショタ〜ロリまで幅広く

26 :24:2005/06/20(月) 20:30:58 ID:KEyfIxuB
》25
それなら、どこから人さらってきた方が速いと思う。
何よりも、0歳から育てなくてはいけないし。

私が思うに
クローン人間は 必要ないと思うのだけど
どうでしょうか?



27 :オーバーテクナナシー:2005/06/21(火) 18:55:30 ID:k6kQ2epi
不妊症の解決策として使う気らしい。
まあ、実用化されても、実際にクローンを育てる人は1%もいない計算になる。

28 :オーバーテクナナシー:2005/06/22(水) 08:46:29 ID:w3F8fhoX
ナリタブライアンのクローンを作ってディープインパクトと三冠馬対戦。
あとシンボリルドルフや兄弟対決でのビワハヤヒデやオグリや
サイレンススズカなど過去に歴史に残る名馬と言われた馬たちを集めて、
1600〜3200までで対戦させよう。
それとレースで散った名馬も種牡馬にできるし。

29 :オーバーテクナナシー:2005/06/25(土) 22:35:01 ID:oPWJUGQy
27
ありがとうございます

ついでに聞きますが その場合 誰のクローンを作るのですか?



30 :オーバーテクナナシー:2005/06/26(日) 10:58:50 ID:L+QiY3CH
もしある日、自分がクローンだって告白されたらびっくりするよな。

31 :オーバーテクナナシー:2005/06/26(日) 22:00:00 ID:W2bHgEhv
>>30
そうかな、年のはなれた双子?がいるってだけ。

というかクローンって言っても、人工子宮はまだないから代理母の腹を借りるしかないよね。
人工子宮って実際どうやるんだろう。人工子宮っていうか人工胎盤?人工子宮内膜?
胎盤は母体側と胎児側の細胞でできてるらしいけど、受精卵が着床したあと、
受精卵とお互いに誘導しあって胎盤を形成できる子宮内膜って、結局だれかの細胞から培養するしかないような。
胎盤に絶えず栄養と酸素を送って、胎児と胎盤を維持するための血液も必要だな。まあ血液も培養して増やせるかな?
以上高校生物レベルの人間の妄想だけど、これに対する問題点をだれか突っ込んでくれると嬉しい。
あと二人の人間の体細胞をどうにかして減数分裂させて、受精卵のような物を作るのは未来的に可能?

32 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 17:46:48 ID:Bampx2qZ
だれか豚を使って人間の臓器作るって話しどうなったかしりませんか?

33 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 18:19:17 ID:y0NuLcOF
>>28
育て方もまったく同じにしないとな。
あと母馬といる期間が極端に短かった馬は人間に懐きすぎて他馬を怖がるらしいぞ。

所詮クローンつっても一卵性の双子と変わらない。
死んだ奴の代わりにしようとすると余計に違いが際立って無理ぽ。
不妊治療や臓器移植ぐらいにしか使えないな。

34 :オーバーテクナナシー:2005/06/29(水) 19:24:40 ID:wz3Qnym1
クローンの実用化の可能性として
@病気や疾患対策の為の移植用。
A@を拡大解釈した、脳移植による究極の肉体若返り用
B戦争用やスパイ、工作員等、非日常や有事に使う肉親縁者の居ない
 純粋な兵士
C核戦争等によって億単位の生命が失われた後の社会復興や
 地球外の惑星の開拓等、自然繁殖では間に合わない程の人口を
 社会が必要とする時。
が考えられるな。
どれも上記を逸した代物だが

35 :オーバーテクナナシー:2005/07/10(日) 18:26:24 ID:R9dyo08m
D 科学の人体実験用
E金持ちの奴隷
親類が全く 誰にも生まれたことさえ 分からない これを満たせば
これも 追加しなきゃ

36 : ◆.GJ6/Yjwe. :2005/07/10(日) 23:16:57 ID:yyqcHjWv
32 韓国チームが10年後にはクローン(?)豚の心臓を人間に移植することが可能になると言ってるよといってたよ。

37 :オーバーテクナナシー:2005/07/16(土) 20:03:42 ID:sDrIkXs3
希望と挫折を繰り返して
http://blogs.yahoo.co.jp/peace12hope


38 :オーバーテクナナシー:2005/07/16(土) 20:14:46 ID:9WQBdOjK
>>36

それじゃあ、クローン豚の子宮に、人間のクローン胚を着床させて、
クローン豚を代理母として出産させることがてきる、ということではないか。


39 :オーバーテクナナシー:2005/07/21(木) 07:48:56 ID:D4b1Sqk6
この手の話は最近よくきくが、倫理とか言う前に人間の嫌悪感とでも言うべき
ものがあって、それが結構大きな問題となるらしい。ヒヒの肝臓を移植された
ある人は周りの人の態度が露骨に変わってしまったのを感じたとか。
この点を考えるとたとえ実用化できても果たして、という感はあるなあ。

40 :オーバーテクナナシー:2005/07/23(土) 15:25:31 ID:UtF+6Kil
肝臓がヒヒヒ

ヒヒにしか感染しない謎の病気とか寄生虫とかに感染したらやばいですよね。

41 :オーバーテクナナシー:2005/07/31(日) 14:09:14 ID:SM/zVzgl
>39
時代が変われば乗り越えられる問題だよ。

42 :ラエルもうすぐ来日!!:2005/07/31(日) 16:42:29 ID:h+w6yDDx
ラエル著「クローン人間にYES!」より抜粋。
E−BOOK無料ダウンロード出来ます!!
http://www.rael.org/

工場の組み立てラインで働く事や、役所でする行政の仕事などのように楽しみを与えて
くれない仕事は、全てコンピューターやロボットに任せておいて、好きな仕事だけを続
けることになるでしょう。生活費を稼ぐためにではなく、喜びのためにそうするのです。
未来のロボットは、人が今日想像するようなものとはかなり違ったものになります。
R2D2などの金属の缶でできたものは、あまり魅力的ではありません。
ロボット工学と生物学の融合が、私達に生物ロボットの創造を可能にしてくれるでしょう。
つまり、缶詰の缶のような物に入った金属製のロボットが、掃除機をかけたり食事を
運んだりするよりも、外見が若くて美しい完璧なプロポーションの少女や、彫刻の
ようにハンサムな若者のロボットの方がより快適です。
主人の快楽のために、もちろん生殖能力は持たせずに性器をつけることはできます。
もう一度強調しますが、それはどんな、膨らまして使う人形以上も感情を持たず、
精神的な苦しみも感じることはありません。


43 :ラエルもうすぐ来日!!:2005/07/31(日) 16:44:45 ID:h+w6yDDx
(中略)バカな保守主義者たちは、新たな奴隷に対して反対だと唱えながら、
家に帰れば良心の呵責なしに、金属と電子部品でできた食器洗い機などの、
非生物的な奴隷のボタンを押したりしているのです。
彼らには、生きた物質からできているという事実が違いをもたらすのです。
荷車を引く馬や牛、ロバ、水牛、ラクダ、ラバなど、この地球上には何百万もの動物が
奴隷として生きています。何百万もの羊、牛、鶏、豚、アヒルなどは、私たちに食べら
れるために毎日殺されています。これらは私たちの食欲を満たすための奴隷です。
反対する人は、生物ロボットは人間に似ているから受け入れ難いのだ、というかもしれ
ませんが、そういうことでしたら、空気で膨らます人形の方も禁止するべきでしょう。
(中略)同様に面白いのは、生物学的ロボットに反対の人に限って、何十億の人間が動物
と同じように彼らのため、または少ない賃金を得るために奴隷のように働くことに関し
ては、何の問題にもしないことです。本当の奴隷制度とは、食べていくための最低賃金
を稼ぐためにやりたくないことをする人々を、雇い続けることです。
これこそ本当の奴隷制度です。
http://www.maitreya.co.kr/eng/index.html

44 :オーバーテクナナシー:2005/08/01(月) 08:16:18 ID:w87AFUjX
クローン否定派って自分達人間が自然の法則から既に逸脱してる自覚ないよね
自然界の食物連鎖や生態系から完全に離れた存在なのだからクローンは可だと思うんだが…

45 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 03:31:21 ID:8YuG/gOF
いや、クローンも自然界における生態系の一部と見るべき。

46 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 06:57:32 ID:OtHcHOjo
>>26
子供なら何でも良いと言うわけじゃないだろ。

自然発生する<美>少女の絶対数はそれほど数が多くないので、
量産するためにクローニングと言うのは間違ってないぞ。

優秀な乳牛や肉牛の子孫をクローニングで量産するのと同じだな。

47 :オーバーテクナナシー:2005/08/02(火) 06:58:35 ID:OtHcHOjo
>>24
予備パーツ。


48 :オーバーテクナナシー:2005/08/03(水) 12:15:37 ID:28ZINncp
使えるのは医療分野だけだな

49 :オーバーテクナナシー:2005/08/06(土) 10:06:46 ID:F6mJ72Kt
韓国 世界で初めてクローン犬を誕生
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1123166302/

50 :オーバーテクナナシー:2005/11/10(木) 15:06:34 ID:BDb6gL7U
「クローン技術」や「クローン人間の誕生」で、賛否両論ありますが、本質は人類が、
「ここまできた」という事だ。いや、「ここまでこなくてはならない」 という
べきか。すなわち、性交以外での人類存続の術(すべ)が今後、「必要にな
る」のである。将来、クローン技術及びDNA技術無しに、子孫を残せなくなる時
代がくる。今はその入り口にいるのだ。


51 :オーバーテクナナシー:2005/11/10(木) 18:38:06 ID:tlY3OJQy
>性交以外での人類存続の術(すべ)が今後、「必要になる」のである。

人工子宮を発明しないと

52 :オーバーテクナナシー:2006/03/31(金) 22:58:18 ID:Mf3FOhSo
age

53 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 23:33:07 ID:WrrLIACO
ねぇねぇ。早くかわゆぅいクローン美少女と言われるのと乱れて交わりたいんだけどいつになったらできるのさー。

54 :オーバーテクナナシー:2006/09/14(木) 05:04:33 ID:Oc1CWhWk
臓器移植用になら使えるかもしれんけど
動物を増殖させてより多くの肉作るなら別にクローンじゃなくても
人工生殖できればクローンである必要はないよな

55 :オーバーテクナナシー:2006/10/18(水) 19:55:34 ID:7sLKM18D
ゲノムマザーの母体がホストマザーと同一でない限り、
ホストマザーと同じ遺伝子情報を持つミトコンドリアが含まれるせいで、
ゲノムマザーとクローンが同じ遺伝子情報を持つとは言えないというのは本当ですか?

じゃあ遺伝子情報が近いってだけで、そこら辺にはあんまり価値がないんですね、クローンの話題って。


56 :オーバーテクナナシー:2006/10/20(金) 01:05:52 ID:GBPVZQyN
さびしい


57 :オーバーテクナナシー:2006/10/31(火) 21:45:54 ID:xB9XA9kS
クローンを壊れたおもちゃのように捨てる人が増えています。
クローンでも大切な命。

AC 公共広告機構です。

58 :オーバーテクナナシー:2006/11/03(金) 12:31:48 ID:4j/mnzhL
クローンの反対意見ってないのかなぁ??

59 :オーバーテクナナシー:2006/12/29(金) 13:16:41 ID:jatW3yXT
ttp://today.reuters.co.jp/investing/financeArticle.aspx?type=marketsNews&storyID=2006-12-29T011607Z_01_TK3035417_RTRIDST_0_JAAESJEA512.XML&src=cms
米FDA、牛・豚・ヤギの肉やミルクなどクローン食品の安全を宣言
2006年 12月 29日 金曜日 10:16 JST

[ワシントン 28日 ロイター] 米食品医薬品局(FDA)は28日、クローン技術を使ってつくった
牛、豚、ヤギの肉やミルクは食用として安全との暫定報告書をまとめた。

最終報告で安全が宣言されれば、世界で初めてクローン動物が食品として販売されることになる。
羊については、十分な証拠がなく報告書の対象外となっている。

FDAは、クローン技術を使った食品であることを示すラベル表示の義務付けを勧告しない可能性が高いとしているが、
ラベル表示については、今後90日間パブリックコメントを募集した上で決定する。

パブリックコメントは来年4月2日まで受け付ける。最終報告書の発表日は未定。


60 :オーバーテクナナシー:2007/01/08(月) 16:49:17 ID:lGWCh135
■「クローン牛」来年食用認可も、米FDAが安全宣言
(US body backs sale of cloned food:12月30日英語版配信分)

米食品医薬品局(FDA)は28日、親と全く同じ遺伝情報を持つ「クローン」
牛などの肉や乳製品を食べても安全だとの報告書案を公表した。4月上旬ま
で幅広く意見を聴取したうえで、食品としての販売を認めるかどうかの結論
を出す。来年中の認可の可能性もある。実現すれば、クローン食肉や乳製品
の販売認可は世界初めてとなる。

安全宣言の対象は「体細胞クローン技術」を使って生産された大人の牛や豚、
ヤギの肉と乳製品。動物の身体から採取した体細胞をもとに同じ遺伝子の複
製動物を作る技術で、遺伝子の内容は組み換えない。1996年にはスコットラ
ンドで世界初のクローン羊「ドリー」が生まれた。

FDAはクローン技術で作った場合と通常の方法で産み育てた家畜の肉や乳
製品を比較。両者に差はないと判断した。FDAは食肉や製品に「クローン」
との表示を義務づけない方針。また、認可されれば、通常の食肉と同様に輸
出される可能性がある。

[日経新聞]
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2M2900B%2029122006&g=G1&d=20061229

61 :オーバーテクナナシー:2007/01/12(金) 00:05:29 ID:SU7kYXk8
ちょいと>>1よ。聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、近所の不二家行ったんです。不二家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、kigyo7@infoseek.jp、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、kigyo7@infoseek.jp如きで普段来てない不二家に来てんじゃねーよ、ボケが。
kigyo7@infoseek.jpだよ、kigyo7@infoseek.jp。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で不二家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、kigyo7@infoseek.jpやるからその席空けろと。
不二家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛つゆだくで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、つゆだくで、だ。
お前は本当につゆだくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、つゆだくって言いたいだけちゃうんかと。
不二家通の俺から言わせてもらえば今、不二家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これだね。
大盛りねぎだくギョク。これが通の頼み方。
ねぎだくってのはねぎが多めに入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前みたいな奴は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。


23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)