5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

     砂漠化って防げないの?     

1 :同定不能さん:03/07/03 18:40
砂漠を鉄の壁で囲んで、周辺に砂が飛ばないように出来ない?

2 :よしくん:03/07/03 18:52
どんどんどぞーww

3 :moo:03/07/03 23:24
さらさらの砂を砂岩にすればいいじゃん。
そうすりゃいい感じになりそー。

4 :留年生:03/07/04 03:03
砂岩を脱塩してシリコンを抽出

高分子吸収体を砂漠に散布後、表土と混ぜ、散水する
芝生の種を蒔く 散水は継続
問題は見合うをどう確保するかと 塩分濃度上昇が心配

5 :同定不能さん:03/07/04 08:13
ぱいぱい(;´Д`)
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

6 :留年生:03/07/04 21:25
>>4訂正

問題は見合うをどう確保するかと →問題は水をどう確保するかと

とりあえず芝生を繁茂で植生を作り、相転移をまてばいいかと
10年以上のスケールだが


7 :同定不能さん:03/07/07 01:26
地道に植林しましょう。
道は長いが効果はあります。

8 :同定不能さん:03/07/09 08:56
とりあえず現状
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%A0%82%E6%BC%A0%E7%B7%91%E5%8C%96&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

9 :山崎 渉:03/07/12 11:23

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

10 :同定不能さん:03/07/12 23:57
10

11 :山崎 渉:03/07/15 11:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

12 :同定不能さん:03/07/23 07:01
毎日四国くらいの面積が砂漠化してるんだよね

13 :同定不能さん:03/07/23 15:07
砂漠化ってどうしていけないの?

14 :同定不能さん:03/07/24 23:36
>>13
偽善で言ってるんだよ,自分たちには致命的じゃないから
俺的には、空油田の空間に砂時計みたくスーって入らないものかと…
今、みんな一番言いたいのは半島の砂漠化(無人化)なんだよ

15 :かおりん祭 ◆VqKAORinK6 :03/07/25 13:53
          ∋oノハo∈
           ( ^▽^)<新スレおめでとうございまーす♪
            (=====)
           (⌒(⌒ )
  _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
 ゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ 
 T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
 ,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
 ,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
 _V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

16 :同定不能さん:03/07/25 14:01
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go!   急げ! 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

17 :同定不能さん:03/07/25 14:52
★クリックで救えるオマ○コがあるらしい★
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

18 :同定不能さん:03/07/29 01:18
TVで見たんだけど、尾瀬で実際にやってる手法で、
自然に分解する素材の網に苗を植え込んで成功してた。


19 :山崎 渉:03/08/02 01:02
(^^)

20 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 19:33
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

21 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 19:33
                     ■■■■■■■■
                  ■■■■■■■■■■■■
                 ■■■■■■■■■■■■■■
                ■■■■■■ 〜〜 ■■■■■■
              ■■■■■■〜〜〜〜〜〜■■■■■■
             ■■■■■ 〜〜〜〜〜〜〜〜 ■■■■■
             ■■■■■   ■■〜〜■■   ■■■■■
           ■■■■■  ■■■■〜〜■■■■  ■■■■■
           ■■■■         ||          ■■■■
          ■■■■■   〓〓〓〓||〓〓〓〓   ■■■■■
          ■■■■   〓〓     ||    〓〓   ■■■■
          ■■■■        //  \\       ■■■■
          ■■■■      //( ●● )\\     ■■■■
          ■■■■    // ■■■■■■ \\   ■■■■
          ■■■■■  / ■■■■■■■■ \  ■■■■■
          ■■■■■   ■/〓〓〓〓〓〓\■   ■■■■■
          ■■■■■■ ■ /▼▼▼▼▼▼\ ■ ■■■■■■
          ■■■■■■■■■ ▼▼▼▼▼▼ ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■   ■■   ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

22 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 19:34
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■□■■■□□□■■■■□□■■■■■□□□□□□
□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□□□
□□□■■■■□□■■■□□□■■■□□□□■■■■■■□□□□
□□□■■■□□■□□□□□□□□□■□□□□■■■■■□□□□
□□□■■■□■□□■■■■□□□□□■□□□■■■■■□□□□
□□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□■■■■□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■■■□□□□■■□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■□■■■■■□■■□□□□□■■■■■■□□
□■■■■□□□■■□■□□□□□□■■□□□□□■■■■■□□
□■■■■□□■■□□■■■□□□□■■□□□□■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■□□□□□□□■■□■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■■■■■□□□■■■■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

23 :山崎 渉:03/08/15 12:23
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

24 :同定不能さん:03/09/09 14:49
           

25 :同定不能さん:03/09/09 14:54
     。

26 :同定不能さん:03/09/09 21:09
砂漠に種「。」を蒔いたのかな。

27 :同定不能さん:03/09/09 23:49
>1 は、砂漠に砂が付き物だと思っているようだが、そんなものはいらない。
乾燥こそが、砂漠を砂漠たらしめる。もともと、砂漠は沙漠とかく。
サンズイは水だ。「莫」は、ない、むなしい、さびしいなどを表している。

28 :同定不能さん:03/09/10 13:00
どれぐらい水が少ないと沙漠と言うの。

29 :同定不能さん:03/09/10 21:39
UNEP(国連環境計画)の定義によれば、「砂漠」とは最大蒸発量が降水量の5倍以上の地域である。

?。

30 :同定不能さん:03/09/10 21:44
三省堂「大辞林 第二版」では
「熱帯・温帯の大陸で、年降雨量200ミリメートル以下の乾燥地帯にできる荒原。土壌が発達せず耐乾性の強いキク科植物や、サボテンなどが疎生する」 

31 :同定不能さん:03/09/11 14:52
なぜ、「熱帯・温帯の大陸で」と限定するの、なぜ年降雨量200ミリメートル以下?

32 :同定不能さん:03/09/11 21:46
、、、知らん。
植物が200ミリメートル以下の年降雨量では生育しないと聞いたことが有る。でも、生育期間に雨があれば120ミリメートルぐらいでも生育できる植物はあるらしい。

33 :同定不能さん:03/09/11 21:50
「乾燥気候のため、植物がほとんど生育せず、岩石や砂礫からなる広野」 としか言わない広辞苑。

34 :同定不能さん:03/09/11 23:17
雨がほとんど降らない土地の人が、ここは砂漠だといえば、もうそこは砂漠だろう。

35 :同定不能さん:03/09/12 13:58
なんか変なというか、それでも砂漠?っていうような砂漠ってあるの?

36 :同定不能さん:03/09/12 22:12
「緑の砂漠」ソノラデザート
ツーソンの砂漠は季節と共に刻々とその「緑」の様相を変えていく。その中で砂漠の動物や植物もその面白い特性を見せてくれる。春にはその「全ての緑」がいっせいに花を咲かせ、サボテンが林立する地面を覆いつくす。
1年の内、平均350日が「晴れの日」。   
ttp://www.jackrabbit.jp/tour_1c.html

37 :同定不能さん:03/09/12 22:16
「サンタフェは西部開拓史に名を残す街だけど、まわりは日本人が想像するいわゆるサボテンとかはなくて、ピニョンという名の背の低い松がはえた砂漠があるだけ。砂漠といっても砂漠っぽくない、緑の砂漠」
ttp://www.satonao.com/column/travel/santafe.html

38 :同定不能さん:03/09/13 13:26
( ・∀・)つ〃∩ヘェー ヘェー

39 :同定不能さん:03/09/13 21:59
熱帯雨林には温帯林の腐植土(ふしょくど)に相当する土壌がありません。薄い落ち葉の層のすぐ下は、固い土です。
木から落ち葉として土壌に供給された養分は、地面のすぐ下の浅い所をはっている根によって、すぐに木に再吸収されます。
このように森全体としてみたとき、栄養分がすぐに使える形ではなく木の幹や葉として蓄えられているため、熱帯雨林は『緑の砂漠』と呼ばれることがあるのです。
生産力は高いが、まさかのときのための蓄えがない。  
ttp://hitohaku.jp/news/docs/hm12-1.html

40 :同定不能さん:03/09/13 22:02
「あそこに見える竹林、緑がきれいでしょ。でも、一歩足を踏み入れれば生き物の多様性とはほど遠い森林です。放置されたスギ・ヒノキなどの人工林も同じ。単一の種のみが拡大した森林を私たちは『緑の砂漠』と呼んでいます」

ビデオ「緑の砂漠か緑の再生か:ブラジルのユーカリ植林と日本」
大量に水を摂取するユーカリのために変貌する地域住民の生活や、単一樹種植林がもたらす「緑の砂漠」化を、ブラジルのミナス州で稼働している日伯合弁パルプ会社・セニブラに焦点を当てて描きだしています。

41 :同定不能さん:03/09/14 15:34
単一樹種植林(・A・)イクナイ!!

42 :同定不能さん:03/09/14 22:18
「緑の砂漠と化した水田地帯が昔のように様々な小動物を育む生態系として生まれ変わらない限り、 ...」

これは農薬漬けの世界。

43 :同定不能さん:03/09/14 22:21
「巨大な油やしプランテーションやパルプ林の開発で、住民が先祖代々の土地から追われ、豊かな森が皆伐されて農薬付けの『緑の砂漠』に変えられようとしています ... 」

単一樹種と農薬の併せ技で、もう砂漠は死の世界の比喩でしかない。乾燥なんか何処へやら。

44 :同定不能さん:03/09/15 14:27
( ̄□ ̄;)!!

45 :同定不能さん:03/09/15 22:51
植生とは関係ない「緑の砂漠」もある。

「敦煌周辺には白い砂漠、黒い砂漠、青い砂漠の三つの砂漠があります」.
銅分が多いためグリーンの砂漠   
ttp://www.jititai.com/c/Tonko/keirin-1.htm

46 :同定不能さん:03/09/16 14:41
( ´_ゝ`)フーン

47 :同定不能さん:03/09/16 22:24
フーンは冷たく見下ろしているみたいで、好きじゃないな。

敦煌周辺の白い砂漠は何でできているか知らないが、エジプトの白砂漠は石灰岩でできていて、自然が作った奇岩が彫刻の森のような芸術的、幻想的な風景を見せてくれる。
ttp://www.worldtimes.co.jp/gallery/photo/desert/desert.html

48 :同定不能さん:03/09/17 22:43
>46 わ、悪かった。ゴメン  あやまるから、

( ´,_ゝ`)プッ でも (゚Д゚)ハァ? でもいいから反応してクレェ

49 :同定不能さん:03/09/17 22:47
カリフォルニア州 デスバレーのデビルス・ゴルフ・コース
地下300メートル以上まで食卓塩ほどの純度を誇る塩砂漠

ユタ州のグレート・ソルト・レーク・デザート
塩の砂漠と塩水湖を合わせると、縦200キロ、横150キロという、巨大な塩のかたまりだ。

ニューメキシコ州 ホワイトサンズ国定公園
とても簡略化して言うと「プランクトンが、化石化して石膏となり、それが少しずつ砕かれ、風に運ばれ、作られた砂丘」.      
詳しくは >49で

これら、アメリカの砂漠は下のサイトで見られる。
ttp://www.americanphoto.co.jp/pages/shasinshuchu/timeidesagasu.html

ホワイトサンズは、こちらのほうが白くて綺麗に撮れてる。 乾燥地形・砂丘のところ。
ttp://ogu.t.u-tokyo.ac.jp/ame/ame.html

50 :同定不能さん:03/09/17 22:57
>> 詳しくは >49で
なんて、レス番 間違ってる。>50が正しい。

ニューメキシコ州 ホワイトサンズ国定公園
この地域は、2億年以上前は浅い海で、そのときの生物が海底に堆積し固まって石膏となった。
約7千万年前に、ロッキー山脈の造山活動とともに海底も隆起して、大きなドーム型な石膏の山ができた。
しかし約1千万年前からは沈降が始まり、中心に盆地が形成され、現在のトゥラローサ・ベイスンが出来上がる。
周囲の山に降った雨が、石膏を溶かしてトゥラローサ・ベイスンに流れ込み、やがて湖を形成する。
現在のルセロ湖の元となるオテロ湖である。この湖はいわゆる石膏(硫酸塩カルシウム)の水溶液のような
ものとなり、それがやがて水分だけが蒸発し、石膏が結晶化していった。
この巨大な石膏の結晶が通常の砂漠ができあがる過程、つまり温度の寒暖差や湿度の差、さらには強い風
によって砕かれる過程を経て、細かい砂状になっていく。
こうして、ホワイトサンズの砂漠の源が現在のルセロ湖周辺に出来上がり、それがやがて北東に向って吹く
強い風に運ばれて、現在の大きさまで広がった。

51 :同定不能さん:03/09/18 14:46
>50 長いよ。20字以内にまとめよ、とか言うより先に >49 読点を除けば38文字
40字以内に、だったらなんとかなるもんなのネ

52 :同定不能さん:03/09/18 22:30
南極を白い砂漠というのは比喩だと思っていたが、ここの降水量はかなり少ないらしい。

「正確な降水量となると、それに答えるのはなかなか難しいのです。なぜなら、地面に落ちた雪のほとんどが風に吹き飛ばされてしまうからです。
長い年月をかけた研究によると、昭和基地があるような南極大陸の沿岸の一年間の降水量は三〇〇―五〇〇ミリといわれています。
しかも、南極大陸の内部はもっともっと降水量が少ないのです。沿岸から二百キロ余り入ったみずほ基地のようなところでは一年間に一五〇―二五〇ミリ、南極点のような大陸内部ではわずか五〇ミリほどなのです」
ttp://www.shinmai.co.jp/kids/20010916/0002.htm

たくさんの雪と氷に覆われて、みずみずしささえ感じられる南極大陸。でも、その本当の姿は「極寒の砂漠」

53 :同定不能さん:03/09/19 00:53
良スレな予感。

54 :同定不能さん:03/09/19 16:09
(^ヮ^)ノ

55 :同定不能さん:03/09/19 22:18
鳥取は砂丘だけれど、日本で砂漠を名乗っているところがある。しかも東京都。

そのうち白いのは、神津島・天上山。
山頂周辺に表砂漠・裏砂漠と呼ばれる所がある。
火山灰や火砕丘表層の軽石が風化・分解した砂が、強い季節風により移動を繰り返すために土壌の形成が悪く、植生がほとんど認められず、砂漠のように見える、らしい。

砂漠に見えるかなー?と疑いつつ…
ttp://www2h.biglobe.ne.jp/~katahira/tenjosan/view.htm  表と裏 
ttp://homepage2.nifty.com/ten-yasu/japan/koudu.htm  裏 写真小さい。でも砂漠っぽい。
ttp://www3.alpha-net.ne.jp/users/hiroshi3/tenj01.htm   表か裏か不明。両方かも。

56 :同定不能さん:03/09/20 14:34

〜〜〜。。。(((ヘ@_@)へ

57 :同定不能さん:03/09/20 22:15
東京都の黒い砂漠は、伊豆大島の三原山
外輪山と内輪山の間に広がる火口原は、表砂漠と裏砂漠とに分けられ、山頂口に近いところを表砂漠、火口東方の火口原を裏砂漠と呼んでいる。
表砂漠はそのほとんどが昭和25・26年の噴火で流出した溶岩群で覆われているのに対し、裏砂漠は火山灰と砂の平原が広がる。
二酸化硫黄などの火山ガスの影響や、地表のスコリアや火山灰が風で移動することで植物が定着しにくい。
しかし近年は草が生えて、 砂漠らしさがなくなってきているそうだ。

ttp://www.bh.wakwak.com/~izushitito/oshima/urawaza.htm  裏砂漠縦断
ttp://www.izu-oshima.info/oshima.php?b=photostudio&i=index  下のほうに裏砂漠

58 :同定不能さん:03/09/21 14:39
伊豆大島の、この前の噴火は1986年でしたよね。
草が戻ってきてるのですか。( ´_ゝ`)フーン

59 :同定不能さん:03/09/21 22:56
(′д`)ノ  風邪ひきかけ。 しばらく お休みします。

60 :同定不能さん:03/09/22 14:44
おだいじに。

61 :同定不能さん:03/10/15 22:43
突然ですが、赤い砂漠について。

オーストラリアは日本の約23倍。そのほとんどが赤い砂漠とユーカリのブッシュにおおわれた未使用の大陸。

ナミビア 赤い砂漠と青い空が美しいナミブ砂漠   
ttp://www1.kcn.ne.jp/~semaru/namibia.htm

ウズベキスタンの中央部にあるキジル・クム(赤い砂漠)
ttp://www.asahi-net.or.jp/~dd9k-tmgw/travel/c-asia/kizirukumu.htm

チュニジア サハラの赤い砂漠クサール・ギレン  
なだらかにカーブするデューン(砂丘)には夜風によって造られた風紋が遙か彼方まで広がり、その光景は
月の上か、どこかの惑星にでもいるような気分に浸らせてくれる。
ttp://www.cadena.co.jp/fivestar-club/Colam/Chuni_new.htm

62 :同定不能さん:03/10/15 22:46
サウジアラビアの首都リヤドから郊外へ70〜80km 突然”赤い砂漠”が現れる。 
この地域の砂漠は、酸化鉄を多く含んでいるため砂が赤い。
ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/tomo4/sa/01.html

ヨルダン 奇岩と赤い砂漠のワディ・ラム
美しい、というよりも異様な雰囲気。赤は鉄によるものでなく銅によるものだという。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~rx6y-nsht/tabi/siri/siri13.htm

アラブ首長国連邦 ルブ・アル・ハリ砂漠
赤いパウダー状の砂のハムシン(砂嵐)で、幹線道路を埋めてしまうことさえある。
ttp://village.infoweb.ne.jp/~irimall/petit/004/ga004.htm

USAでは
『グランドキャニオンからペイジへの道程は230kmくらいですが、ここの風景はひっじょうに素晴らしかったです。
一言でいうと、見えるのは赤い砂漠と、地平線と、そこへ真っ直ぐに向かう一本の道だけ ... 』

63 :同定不能さん:03/10/16 22:31
9月に、大島の裏砂漠のことなどを書いていたので、再開するときは日本で砂漠のようだと言われている所のこ
とか、世界の黒い色の砂漠のことを話題にしようと思っていた。

風邪が治って明晩には再開だと思って眠っていた午前4時、祖父が死んだという電話に起こされる。
急いで行ったが、坊さんの都合(法事の予約がぎっしり)で、通夜は2日後、葬儀はその翌日となる。
なんだかんだで、その後一週間、祖母の手伝いをさせられて、十日後に帰宅。
敷きっぱなしの蒲団にもぐりこんだら、十日分の埃を吸い込んだ。咳が止まらない。
幸いにも、二日間、咳止めの薬を飲むだけでおさまった。

しかし、黒い砂漠や日本のニセ砂漠について書こうとすると頭が働かなくなる。
今も何が言いたいのだかわからなくなってきた。
                                   _| ̄|○ 


わかるって、解ると分ると判るのどの漢字が良いんだろ。

64 :同定不能さん:03/10/17 23:41
赤いものを見てると元気が出るような気がして、赤い砂漠を並べてみたけれど、どれもたいして赤くない。
アプリコット色なんて記述もあり、脱力してしまう。
オーストラリアのエアーズロックも赤いと思っていたのだが、今まで朝日や夕日を浴びている写真ばかり見せら
れていたことが分かった。

ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~toshiz/homepage/ayersrock.htm
茶色だった岩肌が夕日を浴びて徐々にオレンジ・赤へと染まっていく。

65 :同定不能さん:03/10/18 22:29
( ´_ゝ`)フーン さんも来てくれないし、元気でないなぁ。

あっ、そうだ。忘れていた。
>60 ありがとう。

66 :同定不能さん:03/10/22 23:22
気を取り直して、青い砂漠、いきます。

TBSの『世界遺産』という番組を見た人が
「ちなみに今まで見た中で一番感動覚えたのは同じくオーストラリアのフレーザー島、です。あの青い砂漠にはしてヤラレマシタ」
と、書いていますが、その画像は見つかりませんでした。
たぶん、白っぽい砂漠を月明かりなどの薄明でみると、青く見えるのでしょう。

というわけで、世界最大の砂の島で世界遺産になっているフレーザー島の昼間です。
ttp://www4.gateway.ne.jp/~smile/smile/Tabi/FreserIsland.htm
リトルサハラと三日月の形をしている湖が隣り合っているウエビー湖、の写真が真ん中辺に。
ttp://www.eternalheart.com/au/frazer/ 
別の湖岸と、たぶん上の湖と同じ所の写真がありますが、上のより白く写ってます。

67 :同定不能さん:03/10/23 22:37
「その絵は 月夜の青い砂漠を 荷を積んだ駱駝が影を落としながら 隊を組んで歩いていくのだ」
ttp://www.gm2000.co.jp/hirayama/getumyounosabaku(B).html
平山郁夫画伯の『月明の砂漠』  リトグラフ 90万円。限定木版画. 130万円。

原画に値段は、付いているのだろうか。

68 :同定不能さん:03/10/23 22:42
あれ? リンクできてなかった。

69 :同定不能さん:03/10/23 23:15
別のブラウザだと、リンクできていた。

70 :同定不能さん:03/10/24 23:20
「マルサスを出すまでも無いけど、 豊かになりつつある中共の飽くなき淡白への貪欲な追求は年々高まるばかりです。
本当のこのままでは後20年もすれば日本海は青い砂漠ですよ。.2600年食べつづけた 魚が居なくなる日も在るでしょう。.」
ttp://skips_rabbit.tripod.co.jp/tree/6.html  

日本海の魚や海藻を全部とられてしまうと言いたいらしい。淡白は蛋白質のことでしょうか。

海水いっぱいなのに砂漠、生物が居ない世界の比喩としての砂漠、こんな青い砂漠の用例は、もう2件ありました。

71 :同定不能さん:03/10/25 23:58
『青い砂漠』という言葉は、非現実的なせいか、人気が有る。

絵画や音楽の題名、サイトのタイトルになっていたり、フィクションの文中に登場したり、ハンドルネームにしている人もいる。

赤い砂漠はフィクションとしては映画の題が有名。
映画に言及しているサイトのほうが、本物の砂漠を語っているサイトより多いかもしれない。

72 :同定不能さん:03/10/27 22:27
桃色砂漠です。

コーラル・ピンク砂丘州立公園 Coral Pink Sand Dunes
「ユタ州西南端のザイオン国立公園からアリゾナ州境にあるレイク・パウエルに向かう途中。89号線から枝道を
12マイル南に入った所にあります」

「写真ではやや茶色がかっていますが、実際には鮮やかなピンク色に見えます」
ttp://www.tokainavi.ne.jp/cgi-bin/column/column.cgi?BD=amerika&ND=114

73 :同定不能さん:03/10/28 22:33
ゴビ砂漠にも、ピンクの場所があります。「ゴビ」とは、小石ゴロゴロの礫砂漠を意味しています。

「場所によってはその石がピンク色をしている。ピンクの石が多いと淡いピンクの砂漠になる。左側の砂漠は夢
の様なピンクの砂漠が広がる」
ttp://www.synnet.or.jp/~loulan/diary5.html

残念ながら、上のウェブページの写真はピンクに見えません。

74 :同定不能さん:03/10/29 23:55
『写真では伝わりにくいのが残念だが、これがサハラに沈む美しい夕日である。モロッコ・アルジェリア・チュニジ
アの北西アフリカの3国を総称して「マグレブ」と呼ぶが、「マグレブ」とは「陽の沈むところ」という意味だそうだ』

『サンセットを迎えると、砂漠の砂はオレンジ色からピンク色に変わります』
ttp://homepage3.nifty.com/kuma-wonderland/morocco.5.htm

75 :同定不能さん:03/10/30 00:03
74のサンセットの写真、砂の部分は真っ黒でした。

76 :同定不能さん:03/10/30 22:17
『砂漠は、その日、異様に美しい顔を見せた。日が地平線へと消え、空がいちめんピンクに染まるのと時を同じく
して、海のような真平らの砂漠もまたいちめんピンクに染まった』
ttp://webmagazine.gentosha.co.jp/zitensha/ishidayusuke.html

ペルーで、この日、強盗に遭った人の記述です。カメラも盗られたので、写真無しです。

77 :同定不能さん:03/10/31 23:06
「磯やけ」になった海底を、ピンクの砂漠と表現している文も散見します。

『磯焼けとは、海岸に生えているコンブやワカメ、その他多くの種類の海藻が減少して不毛の状態となり、代わりに
サンゴモと呼ばれる、うすいピンク色をした硬い殻のような海藻が、海底の岩の表面を覆いつくす状態をいいます』
ttp://www.ies.or.jp/japanese/mini/mini_hyakka/24/mini24.htm

78 :同定不能さん:03/11/01 22:52
ピンク色と砂漠の、意外な関係。

『タミヤのカタログを見ていて思ったのですが、 ピンク色は砂漠では意外な迷彩効果があるそうで
(湾岸戦争の時イギリス空軍はピンクに近い砂色で航空機を塗装していました)
通称ピンクパンサーと呼ばれたピンク色の車輌がありました』
ttp://www10.plala.or.jp/BHHQ/ss/pink.html

『どうして戦車がピンク色なのかといえば、ゴラン高原の灰色の砂漠でも、シナイ半島のもっと黄色っぽい砂漠でも
どちらでも適応できるよう配慮された結果である。 しかしサンド色の方が順当であろう、との声もあった』
ttp://matte.where-i.net/Pantacon/Masao/Masao.htm

79 :同定不能さん:03/11/03 23:53
「紫の砂漠」でググッたら、198件中196件が松村栄子の小説についてのこと。

『紫の砂漠』松村栄子 ハルキ文庫   『僕はかぐや姫』でデビューし、『至高聖所(アバトーン)』で芥川賞を
受賞した作者のSFファンタジー作品。続編は『詩人の夢』

『真実の恋』をするまでは性別が決まらないという星を舞台に、まだ『真実の恋』を知らない主人公のシェプシ
が禁断の地とされている砂漠を冒険するお話 だとか。

80 :同定不能さん:03/11/04 23:45
「紫の砂漠」検索の177番目に本物の砂漠が出てくる。

ソノラ州とツサンにかけての一帯はソノラ砂漠で、その一部、ツサン・マウント公園内にアリゾナ・ソノラ砂漠博物館がある。
(中略)園内の丘から見渡すサグワロ・サボテンの林と、その背後、遠くに低く横たわる淡い灰青色の山並みとピンク紫の砂漠の色合いは、
ともすれば荒涼とした単色の無味乾燥な砂漠の印象をくつがえすに十分であった。
ttp://world99.com/amrica/route66/route66.html

遠くの山が青く見えるように、ピンクの砂漠が少し青み掛かったのかもしれない。
ツーソンの近くに紫色の石が有ったらしいが、紫の礫砂漠になるほど多くはなくて、翌年には無くなっていたという話を別のところで読んだ。

81 :同定不能さん:03/11/05 22:47
188番目

『寝室に籠もって「ハサミ男」を再読(2度目の方が面白い!)。ふと被害者の高校生が住んでいたとされる「デゼール碑文谷(ひもんや)」の“デゼール”の意味が気になる。
そもそもデゼールって何語だろう?
さて、とりあえずカタカナで検索すると、“紫の砂漠(デゼール・ヴィオレ)”や、食後のデザートと同じ意味らしきデザールがヒットする。desertでデゼールと発音するらしい。だがそれは住居の名前っぽくはない』
ttp://nisimura.cottage.jp/village/diary/d200301.html

この人が検索して出てきた物の一つは松村栄子作品の中の言葉だったようだ。
その後、この人は住居の名であっても可笑しくないと思うものを見つける。

『des ailesなる単語もひっかかる。altavistaのフランス語翻訳サイトによれば、“des ailes”とは“wings”という意味らしい。これはアリかも』

確かに、ウイング○○と言う建物は家の近くにもある。でも、、、  (つづく)

82 :同定不能さん:03/11/06 23:33
(つづき)
でも、アパートやマンションの名前って変なのが結構ありますよね。
そういうのって、V○Wによく載っていたと思って、数冊見てみましたがチョット違うな。

コーポKUIKE  朝日の当たる家  ヨシキ荘  アパート『ペリー上陸地』  APARUTMENT HOUSE青春時代 
コーポぐみ  おはらいハウス  第一希望荘  操マンション  ピムモンハイム  ミッキーハイム  がんこものの家 
ココアハイツ  王宮コーポ  かなりマンション  スペクトルマンション  ハイツシビア

[コーポやハイツといった建物を表している名] + [変なもの] が多い。

デゼール碑文谷のような [よくわからないもの] + [地名] はあまり無かった。
エスプリ日野  ビバリーヒルズ東京  シテール谷中 ぐらいだった。

現実には [よくわからないもの] + [地名] は、多い。 面白くはなくて高級そうに見せてるのが。
コンドミニアム  ヴィラ  メゾンは、ごもっともだし、 ヒルズ  ビレッジ  パークも、文句つけることはない。
パレス  レジデンスは、偉そすぎるだろと思うが まぁよろし。ベルヴェデーレやタウンコートジュネスも許しましょう。
下のウェヴページで意味がわかるから。

ttp://www.yugafuhouse.com/apert/ap.naming.htm
アパートやマンションのネーミングの意味がわかる一覧表


83 :同定不能さん:03/11/07 23:09
たまたま開いた不動産案内には、>82で書いたコンドミニアム以下の物の他に、なぜか『こ』で始まるのが多かったのだが

コンセール=協奏曲、器楽合奏    コントワール=売り台、カウンター   コロネット=花の冠、小さな王冠
コンフィール=漬け込む、(果実は砂糖に、野菜は酢に)つけること  アレグレット=やや速く
 
などがあって、カウンターやら漬け込みなんかに住みたくないし、もう少し速く、などと急かされる所もイヤ。
コンフィールは、たぶん confort を変形したつもりなのだろうが全く別のフランス語があったのだ。
いっそのこと、コルサムやアーネスのように意味不明のほうが良かったかも。 

>81にあるURLで出てくる日記では、もっと住みたくない名の建物の話が出てくる。
ファベーラ○○ …貧民窟という訳語は乱暴かもしれませんがそれにしたって、、、だそうです。

というわけで、長々と書いて何が言いたかったかというと、変なアパートの名はいくらでも有るのだから、

         『デゼールが翼でも砂漠でも、どちらでもアリ』   

84 :同定不能さん:03/11/08 23:19
「い じ め た ら
         心に砂漠が広がるよ」   武庫東中学校区児童生徒健全育成協議会

藤原 「そんなことないやろ。いじめられたやつはそうかもしれんけど」
水野 「いじめてるやつの心はオアシス広がってますよ。負のオアシスが」
吉村 「砂漠ってキレイいうイメージもありますしねぇ」

85 :同定不能さん:03/11/10 21:37
砂漠には、あるいは砂漠的な物には、いつもなにかしら言いしれぬ魅力があるものである。

                                              - 安部公房 『砂漠の思想』

86 :同定不能さん:03/11/10 21:42


                   ∧ ∧     )
                 ⊂(Д×,,⊂ ̄⌒つ
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                           また、しばらく休もう。


87 :同定不能さん:03/12/11 15:03
砂を集めて海溝を埋めてみたらいい。

88 :ria厨 ◆UpBT99hDb2 :03/12/19 18:03
砂がとけるほど地球が高温になれば砂漠化はしない

89 :同定不能さん:03/12/23 11:23
例えば、地球の全砂漠を緑地化するとしたらどれだけ水が要るのかな?
南極の氷全部とか。緑地化が進みすぎると気候も変わりそうな悪寒。

90 :同定不能さん:03/12/23 12:35
アフリカ人がみんな東京に移住すれば問題解決。

91 :同定不能さん:03/12/26 06:48
(サバンナの年間雨量−砂漠の年間雨量)×砂漠の面積
で出るんじゃないか?
もっとも気温により必要雨量が異なるが。

92 :同定不能さん:03/12/26 21:09
雨量として考えるのか、灌漑水量として考えるかによって
必要量は異なる。

93 :同定不能さん:03/12/26 23:35
http://www.dff.jp/
あなたのクリックで救える命があります。
クリック募金では「あなたのワンクリック」で、あなたの代わりに支援する企業がスポンサーとなってNPOへ寄付します。
NPOが、アジアの恵まれない子供たちや、盲導犬を必要としている人々に、あなたの優しさを贈ります。
1日1回毎日ワンクリックして下さい。(1日1回だけクリックできます)。
http://www.dff.jp/

94 :同定不能さん:03/12/27 13:58
糞スレ

95 :同定不能さん:03/12/27 22:26
砂漠化の研究者って、あんまり論文書かないね。
情報が伝わってこないよ。ヘンなのしか。

ちょこっとだけ植林して、一国一城の主みたいな顔してる偽善者は大嫌い。
実際の問題解決は、その地域の人たちが実行すること。
日本の研究者ができることは、正確な知識と情報の提供。
もっと論文書け。少なくとも、英文でな。

96 :同定不能さん:03/12/28 02:26
>>95 お前はちゃんと検索したことがあるのかと小一時間

阿呆な書込みばっか。このスレ素人しかいないのか?勉強汁!


97 :同定不能さん:03/12/28 05:40
砂を海に捨てたらいいんだYO!マジで。

98 :同定不能さん:03/12/28 08:46
>>96
IF<1のクソ雑誌に乱発する二流研究者ですか?
たまには、頭も使った方が良いですよ。

99 :同定不能さん:03/12/28 10:24
捨ててどうなる>>97

100 :100:03/12/28 11:33
岩盤がむき出しになる?

101 :同定不能さん:03/12/28 17:46
そしたらそれは岩石沙漠だ。>>100
砂漠は沙漠とも書くが本来水がない土地という意味で、
砂だらけの砂漠ってのはそんなにない。
石ころや岩だらけの沙漠の方がむしろ多かったりする。


102 :同定不能さん:03/12/29 01:15
論文論文言いながら、自分は論文読んでないことを
晒してしまった>>95が必死になるスレはここですか?


103 :同定不能さん:03/12/29 02:16
砂漠化関連の雑誌って、ちゃんとした査読のある国際誌が少ない。

104 ::03/12/30 21:55
94
と同じ糞スレ

105 :同定不能さん:03/12/31 06:05
>>103
砂漠化は複合領域だから、論文もそれぞれの分野の雑誌にばらけがち。
(地形地質土壌植生経済開発政治etcetc)
ばらけている論文の中にはいいものも沢山ある。

ただ、ばらけすぎで全体像に還元できていない感じ。


>>104
1が既にDQNだからしょーがない

106 :同定不能さん:03/12/31 14:30
同じ複合領域の環境系でも

Environmental Science & Technology
Journal of Environmental Quality
Environmental Pollution
The Science of the Total Environment
Journal of Arid Environments

とか、それなりの国際誌は沢山あるのにねぇ。

107 :同定不能さん:04/01/01 15:30
さばくが岩になれば北京は砂に埋もれないのでいいじゃないか。

108 :同定不能さん:04/01/01 16:30
砂回収業者 1キロ1000えんにまけとくよ。

109 :同定不能さん:04/01/01 16:43
砂漠化面積=3600万km^2

表層1mを剥ぎ取ると仮定して、50兆トンぐらい?

回収費用で5000京円か。ちょっと高いな。

110 : :04/01/04 11:58
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
       ./        /::::::::::::::::::::::!,,  \
      - i ,'        i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
     ( `|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
     `'' !       '、:::::::::::::::::::i
       !       '、:::::::::::::::::::i
       '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ 
        \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
 34歳                ``"      \>
 去年まで横綱だった
 オナニーは床派
 マジおすすめ


111 :同定不能さん:04/01/06 20:43
ちなみに氷河期が来る度に、つーか間氷期になる度に
砂漠って広がってるんですよ。
どうしようもありませんな。
人間の仕業なんてちっぽけな事。

112 :同定不能さん:04/01/06 20:44
おっと、猿人や原人や旧人が何かしてたかどうかは知りません。

113 :同定不能さん:04/01/13 09:40
5億年後に海がなるなるという説にも傍証があるってことか < 大雑把すぎ

114 :同定不能さん:04/04/30 02:27
防ごうゼ!

115 :同定不能さん:04/04/30 14:40
 砂漠化を直接防ぐことは不可能なので、取り合えず
周辺から攻略していけば良いんじゃないかな?
 マメ科の植物や芋、乾燥地帯に強い植物を育て、
出来るだけ天然のダムになるような木を植えて行けば
砂漠化を防げると思うのだが?

116 :同定不能さん:04/04/30 14:54
だれが人件費払うのよ?

117 :同定不能さん:04/05/01 13:22
砂漠周辺を削りに削って海から水を流し砂漠を島にしてしまう。
温暖化による海面上昇も防げて一石二鳥

118 :同定不能さん:04/05/01 13:46
>>116
 人件費なんぞ、現地政府のお金とODAで
現地の人間を使って、行えば良いだけのこと。


119 :同定不能さん:04/05/01 14:17
現状維持するだけでも、年間数十兆円の規模になるぞ。


120 :同定不能さん:04/05/01 16:09
>>119
 現状維持と言っても、最初に生態系が根付くまでです。
軌道に乗ったら、人の手を借りずとも自然は広がっていきますよ。

121 :同定不能さん:04/05/01 21:55
砂漠化は年間すごい勢いで広がってるんじゃなかったっけ。
農業・牧畜なんかで土地利用をする限り、砂漠化は広がっていくでしょう。

http://www.tottorisakyu.jp/kyou/real/


122 :同定不能さん:04/05/05 22:17
今後砂漠が緑化できたら万々歳なのか?
なんか逆に緑が増えて環境が悪くなることはないのかな?
人間の活動で砂漠化したところを緑にするのはいいけど
もとからかなり前からあった砂漠を緑化したらどうなるんでしょうか?


123 :同定不能さん:04/05/05 22:47
そんなこと考えなくても、現状回復すら無理。

124 :122:04/05/05 22:58
>>123
もしの場合です!まぁ無理とわかってますけど
どうなんでしょうか?

125 :同定不能さん:04/05/05 23:19
何をもって「環境が悪くなる」と定義しようとしているのかよく解らない。
家の前がジャングルになったら不便なのはわかるが。


126 :同定不能さん:04/05/05 23:45
地球って最終的に砂漠になるんだよね?

127 : :04/05/08 03:55
砂漠の砂を全部取り去ったあとを見てみたいなあ。すごい遺跡とか
出てくるんだろうなあ。吉村さんも喜ぶだろう。

128 : :04/05/08 03:56
いい方法を思いついた。
こういった作業は人海戦術に限る。
人海戦術といえば、そう、中国人!
中国人を全員砂漠に行かせて帰る時に持てるだけの砂を持たせて
海にでもすてさせる。
どうだ?

129 :同定不能さん:04/05/08 07:08
20kgを一度に運ばせても、1年に200回以上往復させないとダメだね。

ところで、砂がなくなったら砂漠化は解決するの?

130 :同定不能さん:04/05/08 12:14

砂を食べる生物はいないかな・・・。

131 :同定不能さん:04/05/08 12:22
水がなくても育つのは居ない。

132 :同定不能さん:04/05/13 12:25
クリックだけで救える緑地化がある。
ttp://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/charity/index.html


133 :同定不能さん:04/05/19 22:14
納豆から発見されたものがあるんじゃないでしたっけ。
砂漠を緑化に出来るかもしれない物質が。でもまだ開発段階?らしいですよね。

134 :同定不能さん:04/05/22 07:12
ちなみに2020年ごろにはオゾン層他の環境破壊も含め、
深刻な影響が先進国にも出始めるという予測があるらしい。

ソースは「地球環境報告2」という本。

135 :同定不能さん:04/05/24 00:02
砂漠から
砂を取ったら
ただの漠

136 :同定不能さん:04/05/25 19:09
大陸は砂漠化し易い環境。大陸は海からの影響が極端に少ないから水が枯渇
するには理想の環境。

137 :同定不能さん:04/05/30 02:24
素人ですが
テレビでマルチストーン農法っていうのを見ました。

沙漠(砂でなく岩とかの沙漠)では昼夜の温度差が激しいので、
岩の下は夜温度が下がったときに、空気中の水分が結露して湿り気を帯びる。
そこに草が生えやすいんだって。それを利用しての、農法。
農業だけでなく、緑化にも活用できそう。

138 :同定不能さん:04/05/30 09:47
小規模な農業に有効な方法と大規模な砂漠化防止法は、
全く性質が異なるもの。日本の砂地栽培のような感覚では
砂漠化の解決はありえないね。

139 :同定不能さん:04/05/30 16:13
まあ、批判はカンタンだけど
やって見なきゃわかんないじゃん。

140 :同定不能さん:04/05/30 17:23
やってもダメだって、実証されてるじゃん。
算数もできないのかよw

141 :同定不能さん:04/05/30 21:59
137は緑化に活用と言っただけで、
大規模な砂漠化の防止などとは言っていないと思うんだが。
>>140
>やってもダメ
緑化に活用できないと?

142 :同定不能さん:04/05/30 22:22
スレタイよく読め。

143 :同定不能さん:04/05/31 01:39
スレタイがどうした。
スレタイどおりの話以外厳禁かね?

144 :同定不能さん:04/05/31 01:41
>>143

あたりまえだ。アホ。

盗人猛々しいとはこのことだな。

キミは居直り強盗の素質あるぞ。

145 :同定不能さん:04/06/03 22:28
地球の雨はその80%が海洋で降っているから、そのうちの10%でも砂漠に
降ってもらえれば、一応砂漠の緑化に必要な水分は確保できる。サハラなんか
の欠点は近くに水蒸気豊富な暖流がないことが大きい。
中央アジアもまた海が異常に遠すぎるから、水分の供給に乏しい結果になる。
ジェット気流の流れが一時的にでも操作ができるものならば、雨の乏しい地域
にも雨雲を発生させて、水の供給ができそうかもしれない。

146 :同定不能さん:04/06/04 00:06
>>145

添削 (部分的だけど)

>水蒸気豊富な暖流

「水蒸気を豊富に供給する暖流」だね。
サハラが大陸の西側にある運命だわさ。


147 :同定不能さん:04/06/07 19:04
いっそのこと砂漠一面にソーラー発電パネルを敷き詰めて、近隣諸国の
電力供給を担うってのはどうかな?


148 :同定不能さん:04/06/08 11:44
要するに雨が降れば砂漠にはならないってことか

149 :同定不能さん:04/06/08 12:14
砂漠にひとたび雨が降ると数日のうちにお花畑になってそれはそれは美しいらしい。
カエルや小魚も出てきて水溜りで泳ぐらしい

150 :同定不能さん:04/06/12 12:22
砂漠というのは本当は農業には一番適した土地らしい。ただ水と栄養が不足して
いるだけのことであって、本当はそれさえなんとかできればかなりの高収穫を記
録したこともあるそうだ。日本の雑穀の5倍にも達したこともあったという。
ただ砂漠化の持つ一番大きな問題は地球の温暖化はさることながら、人間の増加
が影響としては深刻なことらしい。

151 :同定不能さん:04/06/12 13:59
メリット
 日射に恵まれている
 養分に恵まれている(NP以外)

デメリット
 水分が不足する →ダム・灌漑施設の造成
 侵食がおきやすい →防風林造成・法面保護工など

152 :同定不能さん:04/06/12 14:05
人間の増加 
→農業の機械化(労働量の削減)
→女性の化粧の禁止、ポルノの普及、オナニー奨励


153 :同定不能さん:04/06/13 17:47
砂漠の農業は結構成功例が多い。しかし難点は労働力だという。
砂漠の人間は勤労意欲が低い。
砂漠の緑化は大事だが、砂漠はあくまで砂漠でナイトいけない。
水の豊かな砂漠で十分だ。

154 :∀ベラ・ルーサ∀ ◆VENk53.DSQ :04/06/13 18:27
 

155 :同定不能さん:04/06/14 01:29
でもこれからも温暖化は進むという。
ということは世界で乾燥化と砂漠化がもっと進むわけだ。
裁くが砂漠のままは良いとして、砂漠でないサバンナや森林地帯が砂漠になってしまうのはまずい。

156 :同定不能さん:04/07/13 11:39
パイプラインを発達させて、砂漠に水を供給し、
農業を行う。のは如何だろう。
国家規模で、パイプラインを建設し、多くの町を造る。
もしくはロサンゼルスの様な大都市を造る。

157 :同定不能さん:04/07/21 03:11
草が生えないなら野菜を植えればいいじゃない。

158 :同定不能さん :04/09/23 11:50:19
あまりにDQNな極論を言えば・・・






人類を約半分以下にする

159 :同定不能さん:04/09/28 21:02:09
>>147
日当たり抜群だからな

160 :同定不能さん:04/09/29 01:01:12
砂漠を大々的に灌漑したら周辺気候が変わって別のトコで砂漠化発生!

161 :同定不能さん:04/10/09 03:22:26
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、 ここは俺の砂漠なんだ
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  お前はお前の砂漠化を防いでろ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ    
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /


162 :同定不能さん:04/10/31 00:14:03
遺伝子組み換え技術で、水が少なくても生きていける樹木を作るというのは?

163 :同定不能さん:04/10/31 10:06:10
サボテンがあるじゃん


164 :同定不能さん:04/11/10 15:03:51
>>163
いいこという

165 :同定不能さん:04/11/14 12:53:47
サボテンって、侵食防止効果なさそう。
草本の方がマシじゃないの。

166 :同定不能さん:04/11/15 12:45:09
たった今砂漠化を防いで来ました。
あ〜暑かった、麦茶。麦茶。

167 :同定不能さん:04/11/20 21:12:48
口ん中が砂だらけだから、麦茶を飲む前にまずうがい。
って、もう遅いか?


168 :同定不能さん:04/11/20 22:56:35
ビンラディンを名乗り鳥取大生が警視庁にタイーホ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041120-00000784-jij-soci

ビンラディン名で「タワー爆破」=ネットに予告、大学生逮捕−警視庁

 インターネットの掲示板に国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者を名乗り、「東京タワーなどを爆
破する」と書き込んだなどとして、警視庁愛宕署は20日、鳥取県倉吉市に住む鳥取大1年の男子学生(19)を威力業務
妨害の疑いで逮捕した。 


169 :同定不能さん:05/01/23 13:16:08
砂漠化カウンターetc
http://blog.livedoor.jp/stardom/archives/12626560.html

170 :同定不能さん:05/02/13 12:38:13
砂漠地帯ってなんで石油がとれるの?

171 :へたれ犬:05/02/14 06:07:08
>>170
確かで悪いんだが。
昔は砂漠にも植物があったわけで
石油とかは化石から出来ている。化石燃料とか言うだろ?
んで植物の化石から出来るのが化石燃料だった気がする。
だから埋まってるんじゃないか?

172 :テナー35 ◆qz5X8fS6nY :05/02/14 07:25:52
>>171
黙れ馬鹿。
いい加減なこと言うんじゃねーよ低脳。
てめーみてーなアフォが書き込むほど地球科学板は
落ちぶれちゃいねーんだよ。
わかったかキモヲタ。あ?

173 :同定不能さん:05/02/14 08:55:28
>170
石油地帯が偶然に砂漠化しただけでしょ・・・

174 :同定不能さん:05/02/14 08:58:51
本当に生物起源なのかなぁ・・・

175 :同定不能さん:05/02/14 09:10:15
始まりがあれば終わりもある。
砂漠って文明の終わりの象徴なんじゃないかな?

176 :同定不能さん:05/02/15 00:06:36
>>1
インドがアジア大陸に衝突して
ヒマラヤ山脈が形成される以前(何100万年前かは知らんけど)、
アラブやアフリカ地域はほとんど緑でおおわれていたらしいね



177 :同定不能さん:05/02/15 01:00:23
中東と同じくらいの緯度の日本になんで石油ないの?

178 :へたれ犬:05/02/15 01:00:32
>>171
確かだっつってんだろヴォけ。

179 :同定不能さん:05/02/15 01:00:59
石油って元はプランクトンじゃないの?

180 :同定不能さん:05/02/15 01:01:34
>>172
そんなことより答えてちょんまげ!

181 :同定不能さん:05/02/15 02:28:51
>>170
地表面の現環境が砂漠ってのと石油が出るのとは関連は無い。たまたま。
例えばベネズエラやテキサス・メキシコ湾周辺は砂漠じゃないが大油田がある。
イギリスの北海油田もそう。

182 :トラックバック ★:2005/08/08(月) 22:42:51
【トラックバック来たよ】 (ver. 0.11)
[タイトル] 砂漠化について議論しょぅょ☆
[発ブログ] ラウンジ@2ch掲示板
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1122271542/l50
[=要約=]
現在地球上では砂漠化が深刻な問題になっています。
1年間に四国分の面積の土地が砂漠化していると言われており早急な対策が求められています
今こそラウンジの皆さんが真剣に問題を考え、議論するべきではないでしょうか
この議論は湖面に投じた一つのつぶてでしかないかもしれませんが、それが大きな波紋となり国を動かすことになるかもしれません
砂漠を肥沃な大地戻すべく考えましょう。



183 :同定不能さん:2005/08/27(土) 21:46:51
正しくは、四国と九州をあわせた面積な。


184 :同定不能さん:2005/09/14(水) 22:21:09
今日、これからNHKでスペインの砂漠化特集やるらしい。
砂地のキレイな海岸、コスタ・デル・ソールが広がるのかな?

185 :同定不能さん:2005/09/15(木) 01:33:21
184見逃しちゃった、前にテレビで、地球が23.5度傾いている
から北回帰線の部分と南回帰線の部分が、偏西風が
どうのこうので砂漠化すると言っていた。見た人いるでしょ?

鳥取砂丘は縮まっているらしいね。何でだっけ。

186 :同定不能さん:2005/09/15(木) 18:09:20
PCやりながらだからあんまよく見てないけど
確かに旱魃激しいみたい。
川みたいのが干上がってたり
土中の水分逃さないように
農地にビニール覆ってあったりという光景。

鳥取砂丘、雑草とか生えて緑化?
砂丘維持のために引っこ抜く
みたいなことは聞いたことはあるけどこれとはちゃう罠。
近隣住民にしては緑化された方が
砂まみれにならなくて良さそうなもんだけど。
緑地回復の実験地にでもすれば...。

ヒマラヤの隆起の影響で湿った風がサハラに行かなくなって
サハラが砂漠化したみたいなことを聞いたことある。
サハラに近いイベリア、しょうがないといえばしょうがないけど。

187 :同定不能さん:2005/09/18(日) 07:19:38
鳥取砂丘は緑化されすぎて、ちっちゃな砂浜になった感じだね。
昔は、かなり広大だったらしい。

ところで、砂漠の緑化にユーカリが良いと聞いたけど、サハラじゃダメなのかね?

188 :同定不能さん:2005/09/18(日) 08:19:53
砂漠の周辺から緑化していけば?

189 :同定不能さん:2005/09/18(日) 10:46:45
>>188
まずは外堀を埋めるわけですな。
意外とソレが一番効果的だったりして。

190 :同定不能さん:2005/09/18(日) 19:58:15
なんというか、ここは本当に学問板なのか?
小学生の自由研究みたいな話題ばかりじゃないか。

191 :同定不能さん:2005/09/19(月) 00:38:55
地盤改良だ!
砂を退けて土を入れる!
1万年後くらいに完成するって。

192 :同定不能さん:2005/09/19(月) 00:59:23
地下何メートルまで砂なんだろう。
土を入れても気候が同じなら、また砂漠化するんだろうか。

この問題はプロの間でもいきずまっているから、素人からの
意見がかえって必要かも。
ageればレベル落ちそう。

193 :同定不能さん:2006/01/02(月) 17:45:41
砂と土の違いが解からない。

194 :同化は脳:2006/02/14(火) 09:40:18
無理じゃん〜〜〜〜〜〜〜〜〜

195 :同化は脳:2006/02/14(火) 09:42:11
まんこ

196 :同化は脳:2006/02/14(火) 09:42:58
sex

197 :同定不能さん:2006/02/14(火) 17:53:54
立ちションで乾いた土地を潤す

198 :同定不能さん:2006/02/14(火) 22:30:50
砂漠に人工の木(蒸散機能付き)を植えて 水蒸気を空中に還元し雨雲を作る
っていう 研究してた学者がいたよな

199 :同定不能さん:2006/02/14(火) 23:04:53
還元って・・・

外からの水蒸気を取り込まないと、砂漠はなくならないよ。


200 :アンチあーたそ:2006/02/15(水) 03:50:33
あーたそが身体中から出すアルカリイオン水があるばある程度雨は降らせられます。http://01.xmbs.jp/ayumibaka686/

201 :同定不能さん:2006/02/15(水) 11:06:09
中東の石油成金国は、海水を淡水化して人工的な森林を作り、砂漠を緑化することに成功している。

202 :同定不能さん:2006/03/06(月) 00:56:49
ポプラ植えろ

203 :同定不能さん:2006/03/11(土) 11:47:44
オメー等な、砂漠には砂漠の都合ってもんがあんだ、バカヤロ。
ほっとけ、かまうんじゃね−ぞ、バカヤロ。
バカヤロ

204 :同定不能さん:2006/03/11(土) 14:53:49
日本に限って見れば熱帯雨林化している希ガス。
田畑や山林は荒れ放題だ…。

205 :同定不能さん:2006/03/11(土) 18:08:14
古いタイプの林学屋は、森林が「荒れる」って表現を平気で使うことが多いな。
何をもって荒れているのかは、天然林を破壊しまくって拡大造林していた時代と
人工林が天然林に戻るのを待ってる時代では全くちがうのに。


206 :同定不能さん:2006/03/11(土) 18:10:01
手の入っていない人工林は天然林に戻ることはない。
むしろ植生が壊滅する方向へ事が進む。その意味で「荒れる」に意味がある。

207 :同定不能さん:2006/03/11(土) 20:51:30
>手の入っていない人工林は天然林に戻ることはない。

林学系のヒトって、論理的に考えられないのが多いんだね。
部分と全体の区別がついてないし、しかも同義語反復でトートロジーに陥ってるし。

208 :同定不能さん:2006/03/11(土) 23:10:08
>>207
はあ?読解力のない人がしゃしゃりでる場ではないと思うが

209 :同定不能さん:2006/03/20(月) 18:48:35
あのー、砂漠って地球が出来てからあるんですか?
それとも 環境破壊とかでできたんですか?

210 :同定不能さん:2006/03/25(土) 09:55:57
210ゲット

211 :同定不能さん:2006/03/26(日) 22:27:01
羊と言うのは実はものすごく悪い動物で、ほっといたら草を根っこまで食っちゃうわけですね。
そのあげくに表土が現れて砂漠になったところが地球にはひじょうに多い。  
たぶんサハラ砂漠はそうだし、メソポタミアもそうです。
 
ラディカリズムと言いますけど、ラディックスというのは根っこと言う意味です。
つまり根っこまでさかのぼって自己を純化し、私はか弱く正しいといって胸を張る。
このラディカリズムが、根源的な環境破壊とつながっているんですよ。

212 :同定不能さん:2006/03/26(日) 23:13:22
いま砂漠化に全力で対処したって中国の人口増加止んだとしてアフリカ諸国が超爆発的に増加するだけでしょ?
欧米主導の世の根は深い〜

213 :同定不能さん:2006/03/27(月) 00:13:31
>>212ほっとくともっとまずい気がするけど。

214 :同定不能さん:2006/03/27(月) 00:52:26
自分を他の世界と断絶された4LDKのあるじと思ってみて
住環境技術を磨く事は大切だけど順序間違うと全滅しますよ

215 :同定不能さん:2006/03/27(月) 19:36:58
砂漠の砂を海に捨てたら良くない?

216 :同定不能さん:2006/03/27(月) 19:57:06
逆だ。
海水を砂漠にまけばいい。

217 :同定不能さん:2006/03/27(月) 20:15:43
水分だけ蒸発して塩だらけになっちゃいますよ。植物が育たないし。

218 :同定不能さん:2006/03/27(月) 20:21:07
砂漠に人工の湖でも作ればいい。

219 :同定不能さん:2006/03/27(月) 20:33:12
サボテンを植えればいいんじゃない?

220 :同定不能さん:2006/03/27(月) 22:43:05
増えたシナ人を住まわせれば?自給自足で。

221 :同定不能さん:2006/03/27(月) 23:00:55
どんなスレにも鈍脳が粘着するんだな

222 :同定不能さん:2006/03/27(月) 23:17:51
>>1砂塵はかなり高くのぼる
大陸間移動もできる。

223 :同定不能さん:2006/03/27(月) 23:18:35
>>215-216珊瑚礁が駄目になってるのをしらないのか?

224 :同定不能さん:2006/03/28(火) 04:35:45
パキスタン


ヒマラヤ
気流

これで解決。
解る人は解る
焦るな

225 :同定不能さん:2006/03/28(火) 21:38:26
ヒマラヤをぶっ飛ばす?

226 :同定不能さん:2006/03/28(火) 23:21:31
>>224ヒラマヤを核でふっとばすとアフリカとかに流れている気流が止むということですか?

227 :同定不能さん:2006/03/28(火) 23:39:40
コビもアフリカ諸砂漠もモンスーン⇒ヒマラヤ⇒超乾燥空気⇒落ちるとこが上記砂漠。
もうじきUFOが山脈を切り取ってくれに現れる。
そしてピラミッドに雨が降りしきるようになればミイラ達が生き返る

228 :同定不能さん:2006/03/29(水) 00:18:56
うん、それはわかってる
だけれどヒラマヤがあの場所にあることでの役目もあって、それ1つを論じるのは考えものだよね

229 :同定不能さん:2006/03/29(水) 00:28:25
まぁ、でもね
砂漠は恐いんだよ。。。
砂塵は大陸間移動もできるし、それによってウイルスも運ぶからね

230 :同定不能さん:2006/03/30(木) 03:26:32
液体の球だから
ズルッと熟したイチジクの皮のように
地殻が超高速で動くらしい。アインシュタインも指摘してる
もしやマンモスも遭遇したかもしれん。。。

その時に舟で難を逃れたのがノア号かもしれん

その時に海流が変わるから偏西風も変わる心配はいらんよ

人間は知恵とキンタマと精神を鍛えていればいい。

231 :同定不能さん:2006/03/30(木) 04:15:16
近年の都ホテルリゾーツの食中毒事件

2004年3月 新都ホテル(京都)
2004年12月 都ホテル大阪(大阪)
2005年8月 志摩観光ホテル(三重)
2005年12月 天王寺都ホテル(大阪)
2006年1月 天王寺都ホテル(大阪)

今年ももう一回ぐらい起きそうだねw 次にHITするのはあなたかも?w


232 :同定不能さん:2006/03/30(木) 04:58:28
電界か?!

エキウエホテルばっかやないかい
生ものが煮えるんか!?

233 :同定不能さん:2006/03/32(土) 02:50:14
小さな家庭でも

潤いある人間の暮らす家屋には潤いがある


地上大多数の中華人民共和国があれでは
砂漠抑止事業もイタチごっこだね
米国がCO2議定に乗るのは敵国が失くなってからだろ

234 :同定不能さん:2006/03/32(土) 04:40:11
       | ̄P━━━━━━
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|
        ∴
        ∴
       ∴∴
       ∴∴
      ∴∴∴      .        _ ,.... -‐‐
      ∴∴∴∴       ,...- ' ゙゙
                 , '´ヽ ヽ    _/
              /   j´  `'ー、_ j
              /  /`´      !ノ
           /  '!.j
          ,!'


235 :同定不能さん:2006/04/07(金) 08:27:47
ヒマラヤを破壊するだけの核を使ったら
その時点でアウトだろ
砂漠化とかいう問題じゃなくなるって

236 :同定不能さん:2006/04/23(日) 04:03:02
ヒマラヤの話はNHKでやってたな。
土地が隆起して山になってから乾いた風がアフリカへ吹くようになった。
そういう自然的なものはともかくで

人工的に作られた砂漠は何とかなるかも。
>211のいう羊も糞を落とせばまた木や草の肥料になるが
人間が木を切って肥やしをまかないと自然に痩せた土になる。
水はけの良い痩せた土では砂漠になる。
要するに肥があれば良い。

237 :同定不能さん:2006/05/28(日) 09:04:56
海からゴムのパイプをつないで、ポンプで砂漠に海水を送り込んだらだめなの?

塩分がとかは解るが、まずは砂だけの乾燥と雨が降らない気候を変えるべきだろ
海水と同時に不純物、魚や海草なんかも送られる
砂漠に海水は染み込み、塩が砂に含まれ、地表でモノが腐る
いつか砂も目詰まりしヘドロな大地が水分を蓄えるようになり、
雨も降るようになるんじゃないかなあ

雨は塩分を次第に地表から地下へと流し込み、地表には緑が

238 :同定不能さん:2006/05/28(日) 10:41:54
ポンプで海水を引っ張って、巨大な塩田を作るのですね。

239 :同定不能さん:2006/05/28(日) 11:12:39
6万km2の土地の表面1mの水分を5%増加させるために必要な水の量は、30億トン
供給した水が平均5日で蒸発する仮定すると、1年間に73回分の水が必要なので
1年間に30億トン*73=2190億トン(ただし、塩分が760億トン含まれる)

砂漠化した土地の平均海抜高度が100mだと仮定すると、
2190億トンの水を揚水するときのエネルギーは、
摩擦損失などによるエネルギーロスがゼロだと仮定しても、
2190億*1000[kg]*100[m]*9.8[m/s2]=約20京[J]

石油1gが8kcal(約3万2千J)だとすると、625万トンの石油が必要になる。
だいたい3500億円ぐらい。

実際には、砂漠化した土地の海からの距離が1000kmぐらいあって
ゴム製のパイプで送水するときのエネルギー損失とかで
3500億円の何倍ものコストがかかるんじゃないのかな?
ゴムパイプのコストも馬鹿にならないだろうし。
結局、1兆円を超える砂漠化対策費が必要になる方法だろう。


240 :同定不能さん:2006/05/30(火) 21:36:21
端から植物で覆ってく作戦、どっかの黒人村が総出でやってるのテレビで見たよ。
15年くらいで黄土色のじめんが緑色になってた。
1兆もいらない。苗なんて安いもんだよ。

241 :同定不能さん:2006/06/01(木) 06:51:21
50cm間隔で、1本5円の苗を植えた場合

6万km2の緑化には、1000*1000*2*2*60000*5=1兆2000億円

242 :同定不能さん:2006/06/03(土) 09:11:43
オイルマネーがくさるほどあるのになんで緑化しないんだ?

243 :同定不能さん:2006/06/03(土) 12:25:23
オイルロードを緑化して黄砂を防止しよう?

244 :同定不能さん:2006/06/12(月) 22:42:05
カラッカラのところを無理に緑地化しようとしてもしょうがないんじゃ
雨が降らないんなら結局のところ大した変化なさそう

245 :あんこう:2006/07/16(日) 10:36:13
237 :同定不能さん 「海からゴムのパイプをつないで、ポンプで砂漠に海水
を送り込んだらだめなの? 」は大賛成です。海水パイプラインを砂漠に除々
に延長すれば良い。塩分の問題も自然蒸発を利用した塩田。池でも良いし、
海水蒸発塔(ビル空調などの水の冷却塔を改良して蒸発能力を高めたもの)
など経済性の高い方法を考える。海水の蒸発により昼間の空気中湿度は高まり
夜間や明け方の結露が結構あれば砂漠の緑化は容易となる。
金はオイルマネーでも寄付でも排出ガスの取引でもパイプラインの拡大に伴い
金は集まるでしょう。緑化方法について、もっと知恵を出しましょう

246 :同定不能さん:2006/07/16(日) 10:42:13
>ポンプで砂漠に海水を送り込んだら

近海の海上で海水を熱して雲にすればいい

247 :同定不能さん:2006/07/17(月) 03:39:26
砂漠に運河みたいな人工の川でも作ったらどう?


248 :同定不能さん:2006/07/17(月) 04:16:53
>>247干上がるか、砂で埋もれます。金がメチャクチャかかります。

249 :同定不能さん:2006/07/17(月) 10:09:33
ようするに保水性があるように変えればいいわけでしょ。
サボテンを植えまくるだけでもだいぶよくなるんじゃない?

250 :同定不能さん:2006/07/17(月) 23:22:28
砂漠化ってのは気流の問題なんだろ?
地軸をちょこっと傾ければいいじゃないか

251 :同定不能さん:2006/07/18(火) 13:20:43
>>249乾燥地帯に適応してるから水分を可能なかぎり吸い上げると思われ。地面の保水には向かないように思う。

252 :同定不能さん:2006/07/25(火) 07:19:54
少しでも食い止めたいなら毎日クリック募金とかしなよ

253 :同定不能さん:2006/07/25(火) 09:27:16
>>252どっかに横流しされて無駄になる

254 :同定不能さん:2006/08/05(土) 01:42:47
サハラの沙漠化の要因がヒマラヤの隆起にあるなら
中国の核全て使ってヒマラヤ爆破。
これぞ核の平和利用。

255 :同定不能さん:2006/08/05(土) 01:47:04
日本だと使われてない花壇とか
ほっとくとすぐ雑草だらけになるけど
そういう栄養状況のいい土壌を
海外に輸出するのとかどうなんだろう?
道路の中央分離帯とか草ぼうぼうとしててもウザイだけでしょ。

256 :同定不能さん:2006/08/05(土) 20:40:03
日本で農業する方がエネルギー効率的には良いのだけど。

257 :同定不能さん:2006/08/05(土) 20:41:33
鉄壁をつくるなら、巨石や砂利を運んできて山を造った方が砂の飛散を止められる上、
雨も降ってイイ。
サハラ砂漠の中西部に向いた仕事だろうな。
んで、エチオピア北西部に太陽熱パネルか太陽電池パネルを敷く、と。


258 :同定不能さん:2006/08/05(土) 21:54:32
このスレ三年前のか!

259 :同定不能さん:2006/08/05(土) 22:13:42
地球の歴史に比べれば3年なんて屁のような物だ。

260 :同定不能さん:2006/08/06(日) 11:14:00
砂漠化は、結局、森林破壊から起こる。
森林は十分な水分を保ち、その水分によって上空に雲ができ、またこれが
雨を降らせるなんてことから、湿潤な気候ができるわけだ。
土地のやせたところは森林がいったん破壊されたときに復活が無理だ。
日本は、火山国が多いこと、そして、中国大陸の黄砂などで非常に栄養分
の多い土があるので、よほどの乱開発をしないかぎりは森林破壊がおこら
ない。それでも、江戸時代の始まりのころは酷かったので、江戸幕府の
お達しで森林保護につとめ、現在では先進諸国の中ではもっとも森林が
豊富な国になった。
オーストラリアは大変で、火山が全くといってよいほどない。また西側
には大陸がないから海水が飛んでくる。これが塩害を引き起こす。
土地がやせている。いったん森林を伐採すると、復活には数百年かかる。
今後、まっさきに大変なのは中国とオーストラリアだという。

261 :同定不能さん:2006/08/06(日) 13:08:38
アフリカの方が現状は厳しいのでは。

262 :同定不能さん:2006/08/07(月) 18:47:09
>>260森林率世界一はフィンランドだから。それに日本の森林は形だけだしな。
>>261度合いでいけばアフリカが一番だけど、どこも深刻だよ。

263 :同定不能さん:2006/08/09(水) 12:41:47
砂漠化は、結局、気候変動から起こる。
森林は十分な水分を保ち、その水分によって上空に雲ができ、またこれが
雨を降らせるなんてことから、さらに気候を安定させる。
土地のやせたところは森林がいったん破壊されたときに、十分な水分補給が必要だ。
日本は、火山が多いこと、そして、中国大陸の黄砂などでミネラル成分の入れ替えが発生する。
よほどの乱開発をしないかぎりは森林破壊がおこらない上、荒地でも放置しておけば森林になる。
それでも、戦国時代のころは酷かったので、実務の徹底で森林保護につとめ、現在では地球上
もっとも森林・生態系が豊富な国と言える。 なぜなら、東南アジアやアマゾン・タイガの森は
乱開発傾向にあるからである。
オーストラリアは火山のせいにしてみるが、原住民の文化レベルと森林の豊かさは比例している。
生態系の破壊効果、自然理に背いた乱開発で、「西側には大陸がないから海水が飛んでくる。
これが塩害を引き起こす。」なんて話題まで浮上に至る。反捕鯨はともかく、決して環境主義を
誇る国ではないのだ。人間が住んでいるにもかかわらず、国の中央の土地がやせている。
いったん森林を伐採すると、復活しない状態も発生している。
今後、まっさきに大変なのは中国とオーストラリアだという。
物理的には原発・農薬の侵食が最後の引き金となる。


264 :263:2006/08/09(水) 12:44:35
>>よほどの乱開発をしないかぎりは森林破壊がおこらない上

>>よほどの乱開発をしないかぎりは森林破壊が目立たない上


265 :同定不能さん:2006/08/10(木) 19:44:14
鳥取砂丘、わざわざ生えてきた草木伐採して
保存する必要無いと思う。

266 :同定不能さん:2006/08/10(木) 19:50:58
温暖化で上昇してしまった海水を砂漠に運んだらいいんじゃね?

267 :同定不能さん:2006/08/10(木) 22:30:39
>>263
圧倒的な情報の追加もないのに、人の文章勝手に変更するのやめてくれないかな。

原住民のレベルってのは、実際に、森林資源が容易に枯渇するような地域において
は原住民はその価値を知っているが故に、森林資源にはあまり手をつけないように
しているってことなんだよ。
オーストラリアでは、現代農業以外の農業は成り立たない。現代農業っていうのは、
化学肥料と農薬をふんだんにつかった農業だ。だから、オーストラリアアボリジニ
は農業を始めることができなかった。中国でも同じだ。過去においては、農業発祥
の地の一つであるが、現代では、化学肥料を膨大に使わないと農業が成り立たない。

そこいくと、日本は現代の人口は多すぎるが、3千万人から4千万人程度の人口で
あれば、十分に自給自足で、持続的な形で十分な生活水準が維持できる。
今後人口が減って、その程度になるならば、そこで安定するだろう。
オーストラリアは、現在の2千万人の人口ですら、持続的な発展をすること
が不可能なほど大変な状態なのだ。ましてや、日本の十倍の人口のいる中国は
もう、ただ、土地を食い尽くす以外には方法はない。せいぜい1億の人口が
維持できるかどうかという程度の土地なのに。

268 :同定不能さん:2006/08/12(土) 22:33:36
要するに、日陰ができればいいわけなんだから、木の代わりに人工物でもいいんだよね。

269 :同定不能さん:2006/08/12(土) 23:16:07
麻は砂漠の緑化に最も適した植物のひとつだ。
痩せた土地でも育ち、まるで手間がかからない。
根は固い地面を耕し、枯れた麻自体が土壌を豊かに回復する。
また、安い。
ある程度まで緑化できたら肥えた土壌に樹木を植えていくのがよい。

麻は作物として種や繊維を収穫できる。最も優秀な天然素材のひとつである。
砂漠化した地域の経済、食料事情はおそらくよくはないだろう。
麻はそれをも回復させることになるだろう。

ただやればいいだけなのだ。やってみればいいだけなのだ。



270 :同定不能さん:2006/08/13(日) 15:59:37
ジャン・ジオノのクローンを千億人くらいつくればいい

271 :同定不能さん:2006/08/13(日) 17:13:36
俺の子供を千億人作る。やらせろ。

272 :お塩:2006/08/14(月) 02:25:52
スプリンクラーを設置すればいーじゃん

273 :同定不能さん:2006/08/14(月) 06:49:18
ココヤシは海水じゃ育てないマングローブも汽水域
海水しか水源がないときはどうしよう?

274 :同定不能さん:2006/08/14(月) 12:05:43
脱塩した越前海月を砂漠にばらまくと保水効果で砂漠が緑地になるとか
そういううまい話はないか、といつも思う。

275 :同定不能さん:2006/08/18(金) 20:27:27
砂漠化で日本が何か困るか?
人道的な支援は必要だけど日本を利用してやろうという企みも感じる。
まずは、自国で工夫してくれ。中国の砂漠化も河川の上流地域での農地開拓で
水を使い果たしてしまうのも一因。遊牧による荒廃もよく知られている。
現状で木を植えても緑化しても、燃料にされたり、餌にされてしまうよ。

276 :同定不能さん:2006/08/18(金) 21:43:44
日本の出生率は1.25。政府が対策をとっているのに、出生率は上がらない。
中国は一人っ子政策だから、理論上の出生率は1.00以下になるはず。
しかし、なぜか人口が増加することを前提に、食糧需給とかのシナリオが組まれている。

出生率は、世界の将来にとって非常に大きな影響を与える数字だ。
人口が10億人でも、出生率が1.25なら、45世代後には全滅する。
ちなみに出生率が2.25なら、45世代後の人口は1780億人。

日本人は子供ができないセックスに慣れてしまったから、出生率を上げられなくなった。
でも、いまの中国には、風俗と婚前交渉とコンドームが必要なんだと思う。
1780億人なんて食料を工場で生産するとかしない限り、絶対に養えない。

277 :同定不能さん:2006/08/18(金) 22:21:39
養えなければ勝手に減ってく

278 :同定不能さん:2006/08/18(金) 23:13:05
減る前に、侵略!

279 :同定不能さん:2006/08/19(土) 11:23:57
とりあえず、中国が大変な事になる前に、ニュージーランドに移住。
スペースからすれば、日本人が全員十分に住める。

280 :同定不能さん:2006/08/21(月) 01:40:07
>>263
圧倒的な情報の追加を見せつけられて、くやしかっただけでは?
怒らせるつもりはないけれど。

>>原住民のレベルってのは・・・
そんなことは、原住民でなくとも同じ。
文化レベル とは、虐殺されて共存状態になった後のことでなく、それ以前のことで、
さもなければ「文化」が存在しないだろ?

オーストラリアだから「現代農業」などというのも変。
化学肥料の限界が見えてきてるのが「現代の農業」だが。
君のいうのは、化学式培養であって、農業ではないだろ。

人工に留意するのは普通と思うが、中国12億でも、技術的には自給は可能だ。
ただ12億まで増えるその背景が、問題視されると思うね。

>>269
いいね。麻。
他にも砂漠・荒れ地用品目はたくさんある。
「やればいいだけ」だよな。

なお、黄河等上流部においては、食品の栽培でなく、自生の自然林の復活を目指してもいるようだ。
黄河が枯れて海へたどり着かない今となっては、「水資源の保護」が第一だからね。



281 :同定不能さん:2006/08/21(月) 01:42:33
人工→人口


282 :同定不能さん:2006/08/21(月) 22:03:30
やれば良いこと

やり切れそうなこと

やりたいこと

この3つをよく区別しよう。


283 :同定不能さん:2006/08/22(火) 23:33:26
鳥取砂丘でヤマイモ?作ってた日本人いる。
テレビでやってた。

肥料がそのまま影響するので、化学肥料は良くないけど、
収穫の時、水をかけながら引き抜くと砂地だから、一気に抜けて簡単なんだとか。


284 :同定不能さん:2006/08/23(水) 16:54:26
砂漠化が広がってるってのはよく聞くけど、
砂漠化が狭まってる所はないの?

285 :同定不能さん:2006/08/26(土) 18:24:09
砂漠化ってこのまま数100年くらい経つと陸上全てが砂漠になるの?
ある程度増えたたらまた減るんじゃないの?

286 :同定不能さん:2006/08/26(土) 19:54:40
陸上すべてが砂漠になることはありえない

287 :同定不能さん:2006/08/26(土) 20:01:40
化石燃料説は信じられない。本当はマントルから無尽蔵に湧き出ていたりして。
もしそうだとしたら現在のガソリン価格は半分未満が適正価格だろう

288 :同定不能さん:2006/08/26(土) 20:33:17
>>284
温暖化すると海水からの蒸発速度があがって、
サハラ砂漠とかの降水量が増えるらしいよ。

>>285-286
核戦争起きたら、陸上すべて砂漠になるんじゃない?

>>287
疑い深いわりに、変な妄想するんだね。



289 :同定不能さん:2006/08/27(日) 17:35:53
化石化ガス雲が来たら全て砂漠に。

290 :同定不能さん:2006/08/27(日) 20:09:11
>>286
だったら少しくらい増えても問題ないんじゃない?

291 :同定不能さん:2006/08/28(月) 02:12:56
砂って土に変わるの?

292 :同定不能さん:2006/08/28(月) 02:33:49
砂漠地帯が今以上増えたら、気候変動に加速度がつくでしょ。

いまは「急に大雨が」とか「海面上昇が」とか言う程度だけど、
次のパターンは「日本でも竜巻が頻発」とか「3ヶ月以上雨が降らない」
とか、「何日も曇りの日、雨はふらない」とか、「落雷が集中」とかね。

植生が代わったら犯罪が多くなるっていうし、もし地球上の陸地の半分が
砂漠化したら、原発とか戦争でほとんどの人類は激減するだろうし、
死ななくても原因不明の病気や虫、多発する災害におびえる暮らしが
待ってるだろうね。


293 :同定不能さん:2006/08/28(月) 03:11:35
ヒマラヤとアフリカの東の山脈を爆破して南極周極流を止められたら
地球は今より高緯度地域が暖かくて、アフリカ全土が熱帯雨林になるよ。

294 :同定不能さん:2006/08/28(月) 03:24:54
土が干からびると砂になりますよね?
では砂はどうすると土戻るのですか?教えてください

295 :同定不能さん:2006/08/31(木) 22:06:50
>土が干からびると砂になりますよね?
なりませんが?

296 :同定不能さん:2006/09/02(土) 13:05:34
>>285
全部砂漠にはならない。
昔から増減を繰り返したり場所が移ったりしている。

297 :同定不能さん:2006/09/02(土) 16:50:26
気温が100度以上になるか、気圧が劇的に低下すれば、
全部砂漠になるんじゃないの?

298 :同定不能さん:2006/09/02(土) 19:31:16
       | ̄P━━━━━━
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|
        ∴
        ∴
       ∴∴
       ∴∴
      ∴∴∴      .        _ ,.... -‐‐
      ∴∴∴∴       ,...- ' ゙゙
                 , '´ヽ ヽ    _/
              /   j´  `'ー、_ j
              /  /`´      !ノ
           /  '!.j
          ,!'


299 :同定不能さん:2006/09/14(木) 15:00:44
>>293
おまえの頭と足を爆破して正常な気の伝達を止められたら
おまえは今より体の下部が暖かくて、全身に菌が生えるよ。


300 :同定不能さん:2006/09/21(木) 01:46:11
太陽電池の情報はどこいった?


301 :同定不能さん:2006/09/21(木) 04:26:59
避妊法の普及−>人口削減−>資源枯渇防止

世界共通語の普及−>温暖湿潤地域への人口移動−>脆弱な土地の劣化防止

国連分担金を100倍に−>国家間の格差縮小−>国際紛争の防止

全部、いますでにある技術や知識を使うだけでできる。
新しい技術を研究したり、開発したりする必要は全くない。

302 :同定不能さん:2006/09/21(木) 14:56:41
捕鯨の禁止 → 文化の高揚 → 教育の充実 → 避妊法の普及

宗教?を名乗る「団体」の政治参加禁止 → 法律改善 → コミュニケーションの促進 →
ボランティアの普及 → 文化の高揚 → 世界共通語の普及

文化の高揚 → 改幣 → 行政のNPO化 → 環境主義文明 → 国連分担金を100倍に
 

303 :同定不能さん:2006/09/21(木) 15:45:51
■朝鮮半島を救った日韓併合  いつまで彼らは“被害者”を続けるのか
/徳間文庫/黄文雄/著  税込価格 580円

1章 事大主義の悲劇 なぜ近代化を理解できず、停滞社会をまねいたか
2章 李朝末期社会の腐臭 
3章 日韓併合と列強諸国 なぜ、米英露は日本の朝鮮半島政策を支持したか
4章 朝鮮半島開発計画
5章 朝鮮総督府の近代化政策 どのように農業社会から工業社会へ変革したか
6章 朝鮮人の近代化意識 朝鮮総督府が展開したハングル教育政策
7章 従軍慰安婦の歴史歪曲 

朝鮮人の民族性や属国の歴史が詳しく紹介されている、オススメ本です。
品川駅、秋葉原駅の書店で山積みにされてますよ。
安いし内容が濃いのでバンバン売れていると店員さんが言ってました。

304 :同定不能さん:2006/09/23(土) 00:40:33
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005EIUG/sr=1-6/qid=1158939507/ref=sr_1_6/503-7508651-2159113?ie=UTF8&s=music

305 :同定不能さん:2006/10/14(土) 16:24:25
世界最先端の廃棄物処理施設はどっかの砂漠に?



306 :同定不能さん:2006/10/19(木) 16:29:27
あ〜だこうだ言っても仕方あんめ、
何言っても無駄!
人間行き着くところまで行って始めて気がつくもの、
中、豪は滅べば良い。

307 :同定不能さん:2006/10/19(木) 19:59:13
エサがとれなくなってもエサを与えつづけられるなんて
とんでもなく素晴らしいじゃない。


308 ::2006/10/24(火) 08:02:03
 
TBSの夢の扉でイワダレソウという雑草を改良して砂漠緑化に取り組むのをしてた‥

309 :同定不能さん:2006/11/10(金) 14:43:35
11月になったので更新

310 :同定不能さん:2006/12/01(金) 22:48:55
12月age

311 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

312 ::2006/12/05(火) 11:15:37
 
NHKの番組で地球に生物が住めるのは後1000年だそうだ‥

これは複数の博士が分析してるそうだ

人類は自滅するのを止められないのかな

人類はあまり賢くなさそうだな。

313 :同定不能さん:2006/12/09(土) 12:34:46
地球の温度age

314 :同定不能さん:2006/12/19(火) 18:47:14
なんか、高温乾燥になる原因は下降気流によるという説があるよね。
サハラとか海に近いのに乾燥してるのは、下降気流にあたるかららしい。
乾燥した空気は、湿った空気よりも気温が変動しやすいという説もあるし、
砂漠化は止められないんじゃないかな?

315 ::2007/01/10(水) 12:23:31
>>314
サハラ砂漠を緑化するんであれば西側からやった方が効率いいんではないかな‥

316 :同定不能さん:2007/01/24(水) 13:10:56
 
8000年前のアフリカの地図を見ると西側に僅か砂漠があるくらいのものだった。

317 :同定不能さん:2007/01/24(水) 17:42:09
>>316
氷河期のすぐ後だから当然。

318 :同定不能さん:2007/01/24(水) 20:58:49
ttp://www1.odn.ne.jp/~cam39380/jpage/jpage119.htm

319 :同定不能さん:2007/01/25(木) 00:14:19
砂漠は氷河期がくると縮小されるが、間氷期に入ると前回の間氷期のときよりも
さらに広がってしまうのだ。

320 :同定不能さん:2007/01/30(火) 15:36:32
 
夢の扉でやってたスーパーイワダレソウと

中国で緑化事業をしているグループとが手を組めば最強じゃないか。

321 :同定不能さん:2007/02/03(土) 18:44:52
ナッパが「クンッ」をあちこちでやってんだろ

322 :同定不能さん:2007/02/05(月) 00:47:52
>>4

岩塩を脱塩してシリコンを抽出?
それで高分子吸収帯を撒く?

めんどくさい事をせずとも、使用済みナプキンでおk。

323 :同定不能さん:2007/02/05(月) 20:20:32
単に偏西風の流れが変わり雨が降れば、砂漠は緑地へもどる。
過去のサハラ砂漠が緑地だったように。
砂漠が広がればその他の地域に雨が降っていることになる。
温暖化が広がろうが地球全体の雨の降る量は1%も変更されない。



324 :同定不能さん:2007/02/11(日) 00:23:07
現在、世界中の経済格差と同様に降水量の格差も広がっている。降らない地域はより降らなくなり、降る地域はより降るようになる。そして人の住める場所は確実に減る。それが、地域間の歪みを生む。

325 :同定不能さん:2007/02/11(日) 02:07:46
そんなに単純な話なの?

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)