5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今回の事件を機会に構造計算を習得したい

1 :名無し組:2005/12/02(金) 20:57:06 ID:XwaS0UCL
色々と調べた結果「INDI建築構造学スクール」にたどり着きました
が、実際のところどうなんでしょう?情報を下さい。
又、独学で良い参考書があれば御教授願います。

2 :名無し組:2005/12/02(金) 21:00:41 ID:Py/InvN0
昼のTV朝日で報道していたけど、10階建てで 基礎地中梁の鉄筋が
姉はでは 上筋5本D25 下筋D25 それぞれ5本ずつ 信じられん
いー法務図かあほか知らんが、 此れ見て 私施工やでも 
考えれません。一応一級ですが これを見たとたん 本とかよ
と考えねか 建築士として 大体0.8%に感し゛が無いか
指定検査機関の連中に試験しろ。


3 :名無し組:2005/12/02(金) 21:02:11 ID:???
勃起?

4 :名無し組:2005/12/02(金) 21:07:58 ID:???
基礎学力としてどうなんだ?
最低建築学科卒業だろうな?

5 :名無し組:2005/12/02(金) 21:17:30 ID:???
>>3,>>4
怒張L=150mm

OK

6 :名無し組:2005/12/02(金) 22:45:46 ID:prGjtDKc
水平応力を8割減にすれば素人でもなんとかできますよ

7 :名無し組:2005/12/02(金) 22:55:40 ID:???
本屋の建築・土木コーナーに行き・・・・
RCの本で設計方法の書いてるのが
たくさんあるので、簡単そうなのを
買って読む



8 :名無し組:2005/12/02(金) 23:36:55 ID:7WIOjC3w
勉強も必要だが、7,8割は経験がものをいう世界
実務で鍛えるしかない

9 :名無し組:2005/12/03(土) 01:18:58 ID:???
>>
そうやってだんだんと削っていった結果、
80%削減というところまで行ったのではないか?

「この程度でも大丈夫だった。無問題」
って案件は、実はずっとたくさんあるのではないか?

時速40km制限のところをくそ真面目に本当に時速40kmで
走るバカがいるのか?
 そういうことをいってるのかね? あんたは?

10 :名無し組:2005/12/05(月) 21:41:31 ID:Q9u47mDy
「INDI建築構造学スクール」の情報下さい。

11 :名無し組:2005/12/05(月) 22:14:36 ID:???
なんでもそうだが学校の知識と実務の知識は別物
そこで学べる知識とてたかがしれてるでしょう
結局構造事務所に数年在籍する必要があるのでは?


12 :名無し組:2005/12/05(月) 22:49:10 ID:???
同意!
本気でやる気があるのなら、まずは構造設計事務所にアルバイトからでも入って、
少しずつ学んでいった方が良いと思う。
実務的な本が多いけど、そこで聞けば入門書のお古も貸して貰えるから、断然お得!

13 :名無し組:2005/12/05(月) 23:19:28 ID:???
構造知る必要なし
デベに入って下請け構造をいびってやれ

おれも、その道に変更する気だ

14 :名無し組:2005/12/05(月) 23:44:42 ID:f9vqcjGu
そういえば、今回の事件を機会に構造計算を習得したい ってのが
阪神大震災後にもよくいたな。
習得してどうすんの?



15 :名無し組:2005/12/06(火) 10:02:06 ID:gdVM18B+
構造屋が本気だして法規勉強して施主から直接仕事取り出したら、意匠だけの
設計士は、余程デザイン力がなければ淘汰されるぞ。実際、構造、意匠両方勉強
して感じるのだが、構造力学、構造振動学にくらべ、建築法規、材料学はなんとか
なる。力学がわかるだけに、説明に説得力が増す。理解しようとして、手元の
構造計算書を嘗め尽くせ!建主はそういう建築士を求めるはず。その気のある
意匠屋は、ガンバレ!その気のない者は御自由に。

16 :構造や:2005/12/07(水) 09:59:02 ID:???
まずは積み木遊びを3年はやる必要がある。
それだけの覚悟はあるのか?

17 :名無し組:2005/12/08(木) 02:23:49 ID:???
文系の人間で、diyで家を建てようと思って最近、構造計算の勉強をはじめたもの
です。1さん、ご存知でしょうが、HPでも勉強できますよ。経験を積んだから
できるようになるものではないですよ、構造計算は。きちんと、勉強しなくては、
無理です。入門のとっつきに居て、言うのもなんですが、数学と力学について、
知識はさほどいらないのですが、深い思考力を要求されます。これは、経験で
得られるようなものではないです。

18 :名無し組:2005/12/08(木) 02:32:50 ID:???
>>17
何的外れな事言ってんだ。
HPなどで学べるか。

19 :名無し組:2005/12/08(木) 19:15:57 ID:/tTHkYE1
>>17
どのHP か教えてくだされ。

20 :名無し組:2005/12/08(木) 19:24:15 ID:???
>>15
構造やの妄想

21 :名無し組:2005/12/08(木) 19:45:25 ID:???
部外者なのでよくわからないんですが、
現行耐震基準の2,3割の強度しかなくて風荷重に耐えられるの?

どうも耐震設計以前の問題だと思うんですが……。

22 :名無し組:2005/12/09(金) 00:45:08 ID:Rkct6YmP
そうですね。おもしろい所に気が着かれました。実際検証はしたことは
ありませんが問題になっているマンション・ホテルでは、確かに現行基準
の風加重ではやばそうですね。ただ、風によってコンクリートの建物が
崩壊するイメージは想像しずらいのですが。


23 :名無し組:2005/12/09(金) 02:40:40 ID:???
>>19
http://kozo.milkcafe.to/joshou/joshou1.html
ここです。しかし、ここでは、梁のたわみの微分方程式の導入など省略されて
いるところが結構あるので、その点は他のHPをあたってください。自分が
利用したところは、今利用できなくなっているので、残念ながらほかを探して
ください。それと、当然のことですが、問題も解かないと力はつきませんよ。

24 :名無し組:2005/12/09(金) 18:03:44 ID:???
>>23
ここで書かれていることは、構造設計に於いて流れ作業式に出きる最初の基礎で、
>数学と力学について、 知識はさほどいらない
等と簡単によく言えますねw

>経験で 得られるようなものではないです。
これについても、感覚的に捉えられるところまで行くには経験が必要です。
簡単なところで言えば、ピン、ローラーの支持状態が言葉で分かっていても実務で
どう捉えるべきか納得するのは結構時間が掛かるものです。
確かに構造計算だけは、全ての条件が与えられればそれなりに出来るかもしれませんが、
それでは意味のない物となるでしょう。
材料の特性や荷重の支持条件、剛床仮定の捉え方、まだまだ計算するだけでも必要なことは
たくさんあります。
これらの事を押さえながら構造設計に移ることを顧みると、この様なことを公然と言い切る
行為は、全国の構造設計技術者を冒涜している。

但し、こんな感じの計算をしているのかと、だいたいの感覚を認識して貰うには、
参考になるとは思います。

25 :名無し組:2005/12/09(金) 19:52:19 ID:???
>>23
このHPは単なる建築士試験の基礎内容だが・・・

実務を学ばなければ構造計算など出来ませんぜ。

26 :名無し組:2005/12/10(土) 02:59:06 ID:???
>>24 >>25
まず、基礎が大事だ、といいたかったわけですよ。理論的な思考というのは、
経験と独立して存在しているわけで、そこをきちんとやらなければ、応用も
きかんでしょ。数学と力学については、いくらでも高級な理論はあるでしょうが、
基本的な構造力学的思考力を身につけるときには、かえって邪魔じゃないですか。
そういう意味で、たいして知識はいらないと書いたわけです。ただ、皆さん
テンソル解析とか、あるいは、もっと高度な数学など、みな精通なさっている
のですか?そうではない人も結構いるのでは。

27 :名無し組:2005/12/10(土) 03:35:42 ID:???
>>26
基礎が大事なのは当然の話です。

>>17
>経験を積んだからできるようになるものではないですよ、構造計算は。
>これは、経験で得られるようなものではないです。

これはアンタでしょう。
実務レベルで学ばないと構造計算など不可能。
机上の力学だけ学んでも仕方ない。
そんな単純なものではない。

28 :構造や:2005/12/10(土) 10:05:41 ID:???
だから先ず、積み木つめっていうの!
冗談ぬきにモノとしてのバランス感覚つかんでからだ、頭でっかちどもが。

29 :名無し組:2005/12/10(土) 23:46:40 ID:tv+/c0jh
まず建物の構造架構を考え、鉛直荷重(常時、雪)、水平荷重(地震、風)等
が加わった時、その架構がどのように変形するかイメージできる力を着ける
ことかな?積み木つむって・・・

30 :名無し組:2005/12/11(日) 00:11:00 ID:???
構造関連の本がバカ売れ中。理工学社他もここに来て教科書以外にここまで売れるとは思わなかっただろな

31 :名無し組:2005/12/11(日) 02:33:36 ID:???
>>27
理論の代表として、ユークリッド幾何学をあげてみます。幾何学の定理は現実や
実務と関係なしに発展したものです。幾何学の定理を、実務で使おうと思ったとき
まあ、ある程度の調整といったものが必要になるのはわかります。構造計算も
理論の一部として見たばあい、現実や実務とは無縁なのです。いいたいことは、
基礎となる力をつけるには、理論としての構造計算がまず重要だといいたかった
わけです。

32 :名無し組:2005/12/11(日) 03:22:27 ID:???
>>1
勉強は、つらいこともあるとおもいますが、楽しいこともあるという実例を
初心者ですが、ちょっとあげてみます。それで、励みにしてもらいたいと。
まず、構造力学をはじめて数時間以内に、ふつうの橋(桁橋)のスパンが2倍に
なると、曲げモーメントが4倍になるということがわかります。ひらたく言えば
強度が4倍必要ということです。単純梁に等分布荷重がかかったばあいです。
さらに、先へすすむと、トラス屋根の分析がでてきますが、これはおもしろい。
日本の小屋組より、はるかにスマート。実際に小屋でもつくるときにも、役に
たちますが、小物をつくるときに細い部材しかない、といったときにも役に
たちます。ここで、想像したのですが、最初屋根は斜めの板を2本柱の上に
たてかけて、棟のところでむすんだのではないか。そして、それだと柱に外に
向かう力がかかる。そこで引っ張りを負担する3角形の底辺にあたる部材を
とりつける。ところで、屋根の斜めの辺の中点付近の荷重が気になる。そこで
底辺の中点にむけて圧縮力を負担する材を取り付ける。でも、底辺が、その材
によって押されるので棟から、引張り材を下に向かって取り付けたというわけ
です。じつにスマートなんですね。ここまでは、中学の数学の力でOKです。
さらに、すすむと微積分が必要になりますが、xの2乗とか3乗とかの微積分です
から、高校の基本レベルといったところです。で、そこで、梁の背の高さが、
2倍になると、たわみは8分の1になるということがわかります。木材と金属では
同じ形状なら、たわみは金属が木材の20〜30分の1ということもわかります。
そのつぎのたわみ角法へすすむと、開口部の広い、内部に壁がない、ガレージ
のようなものが、鉄骨をつかって設計できますよ。むろん建築基準法の規定の
知識が多少必要になりますが。1次の連立方程式ですから、中学でおなじみの
ものです。ただ、計算は面倒なので、フリーの計算ソフトをつかいましょう。

33 :名無し組:2005/12/11(日) 16:55:25 ID:TCC4q1Ol
マトリクス変位法を理解するにはのけぞって弾丸をよける訓練からだ!!!

34 :名無し組:2005/12/11(日) 17:18:21 ID:???
>>32
梁のたわみを検討する時、梁の自重も考慮しますか?

35 :名無し組:2005/12/11(日) 23:16:19 ID:oBR4sINh
アインシュタインの空間の歪みを理解してから構造計算に挑め。

36 :名無し組:2005/12/12(月) 00:02:18 ID:QsjquNhd
>マトリクス変位法を理解するにはのけぞって弾丸をよける訓練からだ!!!

行列に並んでんのに皆のけぞる気か!


37 :名無し組:2005/12/12(月) 03:18:21 ID:???
>>32
梁の自重が0になる場合もありますよ。(w)
さて、もう1つだけ。1さんの励みになるような話です。
先々週だかに、劇的ビフォーアフターというリフォーム番組を見ていたのですが、
1階がガレージで2階が住まいという木造住宅がでていました。構造計算を
しらずとも、ヤバイと感じる家です。実際、壁をはがしてみると、土台が4cmも
基礎の上でずれていて、倒壊の危機にありました。ガレージのスパンはかなり
あるので、梁は木材を鉄板ではさんだ頑丈なものです。さらに腕木もついていま
した。で、初心者ながらピンときました。土台がずれた原因です。まず、梁は
柱にピンで接合されていないので、とうぜん両端にモーメントが発生します。
このモーメントの反力が、柱に発生し、土台を動かすもとになる原因の1つに
なったわけです。土台じたいは、普段は基礎との摩擦力で静止していたのでしょう
が、何かの振動などで摩擦力が変化し移動したと思われます。
さらに、腕木の影響です。腕木自体は、梁のモーメントを減らすよい手段なの
ですが、腕木に生じた圧縮力が柱にかかります。ひとこと言っておきますが、
あくまで簡易な分析をおこなっております。この力も土台を外に動かすもとと
なります。水平荷重の分析はおこなっておりませんが、地震などおきたらこわい
なとおもいました。10日も構造力学を勉強すれば、このくらいのことは誰でも
わかります。プロからみたら、あまりに初歩的なはなしとおもわれるでしょうが、
十分、家族、自分の命を守れる知識なのです。改修をするさいは、構造設計を
自分でやればよいわけです。

38 :名無し組:2005/12/12(月) 05:54:32 ID:???
このスレに何か的外れな気持ち悪い奴が居座っているぞ

39 :名無し組:2005/12/12(月) 11:02:32 ID:???
>>32
あからさまに本質が分かっていないなw
普通は理論からはいるとしたら、応用力学から入って構造力学、構造計算、構造設計と
続くのが当たり前。専門学校などでは取り敢えず、計算だけ出来ればいいからと言うように
構造力学から始める所が多い。では、それで例えば今回の事件の基礎梁断面図をみて、
どこがどう間違っているのか分かるのかというと、そうはいかない。
渡辺氏が最初の物件の時の説明で、「これもありかな?」と思ったという偽造の場合は
特にそうだろう。
>>28氏の言う積み木の意味にも通じるが、果たして君はモーメント一つ取っても、本当に
意味が分かっているのか?知っているのと理解しているのとは、全く違うこと。

>>37
座屈他、現場での捉え方一つで意味のない机上の空論になる顕著な例でもあるな・・・

40 :名無し組:2005/12/12(月) 17:38:42 ID:QsjquNhd
>>39先生に質問!!
>普通は理論からはいるとしたら、応用力学から入って構造力学、構造計算、構造設計と
続くのが当たり前。・・・・

そんなモン本当に理解してはるんですか???

すごっ〜イ!!!

ドコの大学教授か教えて下さい〜。。。


41 :名無し組:2005/12/12(月) 18:36:09 ID:???
>>40
そんなことどうでも良いんじゃない?
>>39が言おうとしているのは普通に学問として基礎から学ぶならって事でしょ?
何もそうしなさいと言っているようには受け取れないけど・・・

自分は専門学校から構造事務所に入ったけど、やはり構造力学からだけで、実務に
就いたとき、途中の応力計算で間違えて出てくる断面計算結果の間違いが、どこで
間違えたのかが気がつかないことがあったとき(手計算で)、上司から諭された理由が
理解できず、応用力学から勉強し直した経験がある。
だから言いたいことは少し分かる。

ただ、個人的には感覚的に理解する事が大事と言っているように受け取れるが、
それには賛成!やはり頭でっかちは良くない。

42 :名無し組:2005/12/12(月) 19:05:00 ID:???
小規模万村の専有住戸のど真ん中に柱を建ててみますた。
どうですかい?

43 :名無し組:2005/12/12(月) 19:18:57 ID:???
何が聞きたい・・・・?

44 :名無し組:2005/12/12(月) 20:41:33 ID:???
>>41
実務でやってる君が一番正しい事言ってると思うよ。

机上の空論、数学ヲタが妄言吐いてるが。

45 :名無し組:2005/12/12(月) 23:41:23 ID:???
感覚は大事だよ。
感覚=センス
といっても良いのだが、
感覚があれば力学の理解もし易いしね

感覚と理論が同居することだ
感覚を理論で裏付け
理論を納得するのに感覚的に理解する


酢を飲む



46 :32:2005/12/13(火) 05:09:31 ID:???
>>39
わたしは、文系で、まだ構造力学を勉強しはじめて日が浅いものです。だから、
数学、物理とは無縁のもんだったのですが、DIYをちゃんとやるには基準法と
構造計算が必要と知ってホームページで勉強をしているのです。で、やってみる
と、物理の知識はいらないし、数学も基礎的なもののみですので、これは楽しい
、いや難しい点も多々あるのですが、それをほかの初心者のかたに伝えたいと
思ったわけです。
>>34
理論、理論といっていたので、厳しい質問をされてしまった。たしかに入門編の
構造力学は、梁に自重はないです。こちらは、馬鹿ですので、そんなものだと
納得していて、なんにも不思議でなかったです。でも、そのおかげもあって
あの簡明な方程式ができているのではないですか?微分方程式と聞くとびびっちゃう
けど、あの方程式の美しいと言っていいほどの簡素さは、ちょっとないでしょ。
構造やさんというかたが、積み木感覚といっておられますが、あの方程式を
いじっているとそういう感覚が湧いてきそうです。理論の価値は簡明さとかにも
あるのであって、適用条件を注意しさえすればいいのではないでしょうか。
たとえ話です。
ある日、上のほうから、ニュートン力学は古くなたので、これからは、量子
力学を使った、構造計算にきりかえるという話がきます。しょうがないので、
寝ずに勉強してなんとかこなして、構造計算書をもっていくと、
「これね、相対性理論の検討が甘いね」
とか、言ってつっかえされる。
これでは、建つべき家も建たんでしょう。
まあ、いいたいことは、適材適所の理論でと、いうことです。

47 :構造や:2005/12/13(火) 05:53:16 ID:???
ずいぶんズレタやつだな。
>32=46の頭の中身がまったくわからん????ネタか?
まあ、解ったつもりでDIYで家たてて、それでつぶれても自己責任ということで。
ただ、近所を巻き込むなよ。


大工の田中文夫さんの言葉

「大工には、バカでなれず、利口でなれず、中途半端じゃなおなれず。」

当然、一定のおつむと技量がなければ、仕事は覚えられないし、こなせない。
銭勘定が先に立つほどのお利口さんじゃ、やってられないだろう、儲からないから。
「道」と定めたら、それこそ地道にやっていく、強い意志がなければいけない。

48 :32:2005/12/13(火) 06:45:30 ID:???
>>39
やはり、すこしは反論をとおもって、連続かきこします。
応用力学はざんねんながら、べんきょうしたことはないのですが、初歩の構造
力学より、より正しい理論などとおもわれているのではないですか。
量子力学や相対性理論をニュートン力学より良い理論と思うのと同じく間違い
ですよ。だいたい、微分の考え方の基礎には、ミクロな微小域でも、マクロな
法則が成り立つという考え方をしていますね。これは、量子力学の考え方と
あきらかに矛盾していますね。でも、その微分を使って応用力学をやってらっし
ゃるのでしょう。おかしいとおもいませんか。とりあえず、役にたてば、
それで、より真理に近いとおもっておられるのなら、理論に対する理解が
浅いのではと思いますね。それと、勉強は馬鹿でもできますね。
オルテガ・イ・がセットが「すすんだ技術は馬鹿も使いようを可能にした」
といったのは、応用物理をやる人間を対象にしたものです。すぐれた、空間
デザイナーでも、構造の初歩は学んで欲しいとおもいますが、応用力学までは
必要ないし、想像力がかえって枯れてしまうでしょう。
それと、37での幼稚な分析に酷評されましたが、そもそも木材の柱と言う点
に難点があったので、座屈にはふれなかったのです。

49 :名無し組:2005/12/13(火) 07:51:05 ID:???
>>48
悪い、>>39ではないんだけど、なら引っ込めとかは無しにしてねw

>応用力学はざんねんながら、べんきょうしたことはないのですが
勉強したこと無いなら、反論する意味もないように思うよ?(先ずはやってみたら)
>>39は別に間違ったことを言っているようには思えんが・・・(言葉尻は強いけどねw)
座屈についてはね、
>梁は木材を鉄板ではさんだ頑丈なものです
の施工状況について、どの程度解っているのかと思われたんじゃないの?

50 :名無し組:2005/12/13(火) 08:21:37 ID:???
>>48
最も重要な事は、あんた自身が結局何をやりたいかだ。
理論もいいが、経験・体験・実務も忘れずに。

51 :32:2005/12/14(水) 05:51:44 ID:???
>>49
わたしは、とうしろうですから。でも、ちょっとの知識でも、それなりに役に
たつのですと、おなじ初心者のひとにいいたかっただけで。
>>50
直感というか、勘が働かなくては、実際の場では役にたたないということは、
すこしはわかってきたのですけどね。
さて、数学が苦手なための妄想ととられてけっこうなのですが、初心者の方に
微積分についてすこしだけ。おめざわりなかたは、スルーしてくださいね。
まず、推論について。
たとえば、「山田は12時に上野にいた」
「殺人事件は大阪で同時刻に起きた」
「したがって容疑者山田は、犯人ではない」
などという推論(論証)があります。ここで
「いや、山田は、トランスポートして瞬間移動してきた可能性がある」
などといってはいけないわけです。現実にありえないことを論証に使っては
いけないわけです。ところで、極限という言葉があります。これで、微分、積分
が可能になるわけです。この極限はかぎりなくという言葉が元になっているそうです。
たしかに言葉には「かぎりなく」はあります。しかし、現実には、限りなくと
いうことはありません。そこで、現実について論証するときに限りなくを使っては
いけないことになります。それでは、微積分が使えなくなってしまいます。
微積分は、歴史的に大成功をしてきたわけですから、もちろんつかっていいのですが、
正しい論証をしているという保証はどこにもないわけです。ですから、悩まないで
(ーー>自分)気楽に使ってください。あ、構造屋さん、良い話、どうも。

52 :構造や:2005/12/14(水) 07:36:17 ID:???
変位差と時間の「極限」をとった瞬間速度。
自動車のスピードメーターが刻一刻ピクピクと動く、あれは幻かい?

自分の思いこみだけで書かないように。他の初心者に害だよ。

53 :名無し組:2005/12/14(水) 08:20:04 ID:???
>>51
文系は変な考え方をするなw
数学と物理を一緒に考えるからおかしいんだよw
抽象化する数学と多要素を含む物理(量子力学含む)を同等に考えようとすると
おかしな事になるのは当たり前!
構造計算でも同じだけど、要素を明確に分けて、それぞれを抽象化して、その上で
数式に置き換えて計算を行う。これは、建築に限らず、物理に於いて皆同じ事!
要素の不足が有れば、実際の現象で計算と合わなくなるでしょ?
また、要素を扱う次元(レベル)で無視できることまで考えても、実際の現象に於いて
僅かな誤差程度の結果しか得られなくなる。ここの「無視できる要素」まで考えだすと
意味のないことに拘りすぎると思うよ。

そんなことを気にしながら勉強するなら、やはりきちんと基礎から勉強したら?

54 :名無し組:2005/12/15(木) 01:14:08 ID:???
みんな
文が長いよ

チmポたつか?
どこに力入れるんだよ?
これが力学
finish


55 :32:2005/12/15(木) 04:08:23 ID:???
>>54
ごめんなさいね。しかもスレ違いかもしれない。今日でおわりにしますから、
我慢してください。
>>52 >>53
これは、アキレスが亀に追いつけないという話と同じことなんです。
数学では、簡単に追いつけるし、またその距離も出せます。でも、無限回の
繰り返しをしているのですよね。これは、矛盾なんです。数学の偉大さは、わかる
のですが、言葉が矛盾を示している以上、すこしは考えて見ないととおもった
わけです。

56 :32:2005/12/15(木) 04:49:31 ID:???
>>54
これで、本当におわりにします。スルーしてくださいね。
すこしは、役にたつ、初心者向けのはなしです。理工系の人は常識でしょうから
読んでも意味ないです。
たわみの微分方程式の導入のところを読んでいて、ふと思い出した話があります。
それは、数には0でもなく、また普通の数のどれよりも小さい数があるという
話です。ニュートンや昔の物理学者は、そう信じていたようです。dxとかdΘ
とかを考えるとき、そういう数、変数だと考えるわけです。こう考えると、dx
とかdΘに実体が、与えられるわけですから、思考が楽になります。で、その
イメージですが、次の式を見てください。
   1 ― 0.99999・・・・= 0
わかりづらい人は、右辺に何か小さい数、0.0001とか入れて見てください。
たしかに0になります。でも、0よりちょっと大きいのではという気もします。
この感じが、微小数(勝手に名づけます)のイメージです。次の数列をみてくだ
さい。
0.1 0.01 0.001 ・・・・・・
0.3 0.03 0.003 ・・・・・・
どちらも、0に収束します。が、下の数列の方が大きく見えますね。
極限をだすときには、数列をつくりますが、じつはあの数列自身を数とみなさいと
無理数は理解できないのです。そこで、上の数列を数とみなすとどちらも0ですが
大きさがあることになります。このイメージがdx、dyとかあつかうとき
便利になるのです。微分はそのものずばり、分数、割り算として理解できます。
積分も微小数にかけざん、足し算をしたものとして理解できます。たとえば、
微分積分法の基本公式は、

∫y’dx = ∫dy/dx・dx =∫dy = ∫1dy = y + c

として、かんたんにわかります。
で、ぐぐってみたのですが、とうぜん同じ考え方が、ありまして、無限小解析
とか超準解析とかいうもので数学的に定式化されているようで、安心して
使えるのではとおもいます。

57 :32:2005/12/15(木) 06:04:56 ID:???
>>52
一般向けの解説書で読んだのですが、自動車のスピードメーターでは、正しい
力学的挙動においつけないので、ニュートン力学的状態が出るそうです。

58 :名無し組:2005/12/15(木) 10:42:18 ID:???
>>32=56
そんなに理解に苦しむ(矛盾ではないんだけどな・・・)なら

「物理数学の直感的方法」 長沼真一郎著 通商産業研究社刊

これでも読んでみな!(ちょっと古いけどねw)
悪いけど、君の偏った理解・解説よりは一般的に勧められるから。

59 :名無し組:2005/12/15(木) 19:32:57 ID:???
age

60 :34:2005/12/15(木) 20:00:46 ID:???
基礎に生じる応力検討に基礎の自重は考慮しますか?

61 :名無し組:2005/12/15(木) 20:08:06 ID:???
>>60
考慮しても良いけど、地反力に対する曲げの検討だから考慮しなくても
一般的には安全側に出るのでO.Kじゃなかったっけ?
(ゴメン、構造設計事務所辞めてから結構たつので虚覚え・・・orz)

62 :名無し組:2005/12/15(木) 20:20:03 ID:ScGMG1Kg
>60
この時の基礎って杭基礎?直接基礎?地中梁?場合によって
違います。


63 :名無し組:2005/12/15(木) 20:45:24 ID:2xbjDws3
>>60
考慮しますよ。
62さんの言うように、杭基礎では、
「基礎の自重」を基礎で支持するとは考えませんが。


64 :名無し組:2005/12/15(木) 22:18:06 ID:???
間違っても
ゼネ・デベの下請けに入るな!
こんな目にあうぞ。
いつまでも
プライドを持て。




なんか虚しい〜
旧低大院卒の藻のより。


65 :32:2005/12/16(金) 05:45:57 ID:???
>>58
56は、まえの話の矛盾とは何の関係もない話です。本のご紹介は、感謝しますが、
考えているのは、単に直感的方法ではなく、ちゃんと、整合性を持った数学の理論
です。もっとも、自分で考える必要はないようです。

66 :58:2005/12/16(金) 13:11:29 ID:???
>>65
分かっているって、微分の話のことでしょ?>>55
矛盾ではないと書いたのは、話の内容が「アキレスと亀」を持ち出したこと。
あの話は純粋に話の始点が間違っているんだよ。
只、感覚的に説明しやすいので便宜的に使っているんだ。
だから、そんな便宜的なことをまともに捉えても仕方がないんだが、そんなことに拘ると
先に進まないだろ?有る意味、便宜的は便宜的で、そこを理解するという事は別物。
そんなことを考えているんなら、もっと直感的に理解しやすい物として紹介したんだが・・・

君の論調は全てに於いて変な要素が入っており、客観的に捉えることになっていないんだ。
「感覚」と言うのは「如何に物を客観的に捉えることが出来るか?」に近いことなんだよ。
あまり文章だけで哲学的に理解しようとすると、とかく客観的な捉え方が出来なくなるので
抽象化し、数式を便宜的に用いるわけだ。

君のやっていることは、要は抽象化した数式を追っているだけで、力学の本質を捉えて
いるわけではない。構造計算も力学の一つ。もう少し単純に捉えた方が良いと思うが?



   ・・・悪いね、別に責めるつもりではないんだけど、これから勉強する人にはもっと
     感覚的に理解した方が良いと思ってね。君が個人で思うのは良いんだけどさw

67 :名無し組:2005/12/17(土) 02:16:43 ID:???
外国語を習得するには日本語に置き換えず外国語のまま思考する。
数学も同じ。数式のまま思考できるようになれ。

68 :32:2005/12/17(土) 06:23:32 ID:???
>>56
言われることはわかります。数式を感覚的に理解したいとおもって昔の人の考え
かたを、とりいれたいとおもったわけです。で、調べて見ると、すでに超順解析
とかいうのがあって、定式化されているわけです。
で、はなしが、とびますが、前から思っていたのですが、なぜ数学では無限大を1つ
の数としてとりいれないのかと。0と無限大はあらゆる点において、同じ本質を
もっているわけです。1〜∞と1〜0は、すべての点を1対1に対応できますし、
とうぜんすべての関数をたがいの領域に置き換えることができるわけです。無限大
の傾きを考えると、1点で垂直になる曲線もとりあつかえるわけです。さらに、
0での除算の禁止にまつわるいろいろな面倒がすべてなくなります。
たとえば、
  dy    dy  dt
  ―― = ――  ――
  dx    dt  dx
の証明も面倒な問題がなくなるわけです。じつは、極限が導入された瞬間から
すでに微小数とか無限大数とかいった数が、本質的には、導入されていると言って
よいわけです。それを、どういうわけか、みない振りをしてΔxとか書いて
何か違うもののふりをしているようにみえます(極限移行のはなしは別ですが)。
もっとも、この格別大きな数についても、超順解析では導入されているようです。
勉強はしたことはないし、どうせ難しくて歯がたたないとおもうし、自分で粗雑
にかんがえたほうが速いとおもいますので。

69 :名無し組:2005/12/18(日) 09:40:35 ID:rFv21lB4
アトラスの渡辺さんてどこの大学だったんですかね?

70 :32:2005/12/20(火) 07:45:29 ID:???
最後にすこしだけ、微小数の導入により計算がどれほど楽になるかをご覧にいれます。
∫d sin x = sin x + c
これは、定義よりあきらかですが、ここで ∫d = 1 と考えることができます。
さて、d∫ = 1 はいえるでしょうか。
d∫ sin x のしきをみると、∫ sin xのところが、無意味になっています。
ところが、微小数とついになる巨大数をかんがえると、d∫ sin x = sin x
は成り立つのです。さて、
d
―-― ∫log x dx
dx
を、考えて見ます。これは、積分して微分ですから、答えはわかっていますが、
複雑な式でその構造が見えなかったとします。さらに、log x の積分もわからな
かったとします。そこで、以下のように計算します。
分母 = d∫ log x dx = (d∫) log x dx = 1 log x dx = log x dx
となります。分子のdxと約分して正しい答えが得られます。巨大数を考える
ことにより、積分記号はdxまで支配しないと考えられるからです。

71 :名無し組:2005/12/20(火) 09:39:05 ID:???
実受験者数 a 49,976人
合格者数  b 5,548人
合格率 b/a 11.1%


72 :名無し組:2005/12/20(火) 11:07:38 ID:???
>>68,70
そこまで来ると激しくスレ違い!ここは土建板!数学のスレでやってくれ!

つっこみを入れておくと、定義と定理とごっちゃにしているとおかしくなるぞw
それとそんな考え方は、逆に>>58の「物理数学の直感的方法」に近い考え方だから
そんな、はっきり言ってしょうもない事を一々考えるなら、先ずは読んでみろよw

構造を考えるにあたり、数学と物理で別な学問として存在する理由そのものが分かって
いないと、本質が見えなくなる。君のやっていることは、便宜的に使う数学に重きを置く話
ばっかりで、そんなことはそれぞれ構造を勉強しようとする本人が勉強していく中で
疑問に思えば立ち返って数学を勉強し直せばいいこと。

力の釣り合いを考える構造に於いて、君の過去のレスを見て思うところだが、辻褄が
合わなくなると、数学的便宜がおかしいように思う性癖を感じる。
出来上がった公式だけを追っていると、特にそうなると思われる。

もっと、>>28氏のいう意味も考えてみたらどうだろう?

73 :名無し組:2005/12/20(火) 11:16:20 ID:???
先ず、実際の建築現場を見ろって>>70


74 :32:2005/12/21(水) 05:23:05 ID:???
>>72 >>73
スレ違い、ごめんなさい
うーん、たしかに安易に流れていたかもしれないです。力のつりあいを考える
大変さや、実務の難しさから逃避していたかもしれない。気づかせていただいて
ありがとうございます。私事ですが、ちょっと物理に逃避したくなったの
で、物理板を覗いてみることにします。それでは。

75 :名無し組:2006/02/12(日) 03:20:40 ID:???
>>1
>色々と調べた結果「INDI建築構造学スクール」にたどり着きました
お金かかるだろう、それよりもっと簡単でお金の入るかもしれない
方法が有る。
大きい役所に行って建築指導の構造課で役人と対応する人間を見て
誠実で力の有りそうな人に弟子にして貰えば良いのでは。

76 :名無し組:2006/03/19(日) 14:40:25 ID:???
age

77 :名無し組:2006/06/25(日) 19:22:12 ID:mb9NS9tQ
木3の高倍率耐力壁って今でも確認で使える?

78 :名無し組:2006/12/14(木) 21:56:39 ID:???
初心者です。質問させて下さい。
構造計算で版計算とか、任意フレームとかってどういうことなんでしょう?
解き方が違うだけなのでしょうか?
それとも同じ構造物でも断面が変わってくるのですか?

79 :名無し組:2006/12/15(金) 17:42:07 ID:71Qtq/hk
FEMの事。コンクリートも弾性体、細分化された有限要素の挙動は通常の
フレーム計算とは全然違う。杭の偏芯も一生懸命補強してる低俗な設計屋が
いるが、実際FEMで解析してみると殆ど曲げは発生していない。また、パ
ネルゾーンにしてもしかり・・・。一番顕著なのは有開口耐震壁、学会の理
論値とは全く違う挙動を示す。

80 :名無し組:2006/12/15(金) 23:27:37 ID:???
う〜ん、もうちょっと詳しく教えてもらえませんか?


81 :名無し組:2006/12/18(月) 00:54:47 ID:???
意匠屋さんと想定して。

版解析とは、一般的に床スラブは周辺固定条件が明快であれば理論式が導き出されているが、
部分的にスラブ厚や加重が偏っているとこれらの式が通用しないので精密に条件を設定して
専用プログラムで解析します。また、薄肉ラーメンなどもこの方法を使います。

任意フレームとは、軸組などの構造架構を抜き出してワイヤーフレームのように
モデル化し、専用プログラムで解析します。いわゆる一貫計算プログラムでは
整形な建物しか解析できないので、イレギュラーな形の建物はこの手法をとります。

言葉の本質的な意味よりあなたの状況を想定した回答をしてみました。
ただし、どちらも設計の自由度が広がる代わりに手間隙がかかるので、
構造設計料も上がるし、結果的に躯体コストも上がるのでその辺を読み取って
対応してほしい。


82 :名無し組:2007/01/25(木) 14:41:23 ID:u6GR0qxv
藤田東吾「月に響く笛 耐震偽装」に耐震偽装事件の全貌が!
http://www.imairu.com/books.html

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)