5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルミ赦熱断熱シ-トはほんまもんの断熱材か

1 :リ-フレット:2005/10/25(火) 13:32:41 ID:/uFU8QG+
最近よく見かけるアルミ赦熱断熱シ-トについて専門家のかたにお聞きしたい。
NASAで実績があると称して、住宅の断熱材として販売されている???についてはっきりした見解をお持ちの方、是非情報を
厚みは8ミリで輻射熱に対して97%カットでき、断熱効果もあるという。
何の試験デ-タ-もなく、実証デ-タ-もない謎だらけの断熱材がすごい勢いで市場に出回っています。
相手が住宅という面もあり、早く決着をつけたいのです。もし贋者なら欠陥住宅が善意の元にたくさんできます。

2 :名無し組:2005/10/25(火) 23:33:14 ID:r+GLqkAS
リフレテックスは紛い物。

3 :名無し組:2005/10/26(水) 10:00:29 ID:RfGNINf3
もし贋物なら大変な社会問題ですよ。皆さん一生に一度のマイホ-ムですから。
使っている工務店もほとんど善意ですから。だれがどう責任取るの。

4 :リ-フレット:2005/10/29(土) 09:32:55 ID:fgz0V3eu
どうも問題提起した場所が的外れだったのかなあ。反応がいまいちです。
誰かこんな問題を真剣に議論してくれる場所知りませんか。

5 :名無し組:2005/10/29(土) 10:47:20 ID:???
>>4
その質問も起した場所が的外れと思いますので、自分で探すのが一番です。

6 :名無し組:2005/10/29(土) 14:52:37 ID:???
まずは、感じの間違いを指摘してあげよう。

遮熱。

アルミは放射率が低いので、熱線は反射します。
遮熱性能は間違いなく高いです。

これを壁の中に入れた場合も、そこが空気層などの非接触空間であれば
放射熱伝達分がほぼカットされるので、その分の熱は伝わりません。

熱貫流率的にもあがります。

ただし、専門家は断熱材という言い方はしません。

金属ですから熱伝導率は高いです。

7 :6:2005/10/29(土) 14:56:28 ID:???
感じ→ 漢字。

実際に、どういう使い方をしているかわかりませんが、もし断熱材といっているのであれば大きな間違いです。

断熱材とは、JISで明確に定義されており、熱伝導率が***以下、かつ積算熱抵抗がいくつ以上といった感じの定義があり、
簡単に言えば、断熱性があり、かつちゃんとした厚さがあるものってことです。

アルミシートで結露が防止できるかといったら、できるわけがないです。

8 :リ-フレット:2005/10/29(土) 17:34:17 ID:fgz0V3eu
名無し組さん、いつもコメントありがとう。名無し組さんってグル-プですか。誤字で迷惑かけてます。誤字と判るくらいの人でなければ質問の答えも難しいでしょう。
で名無しさんの答えは聞きたいですね。

9 :名無し組:2005/10/29(土) 17:43:50 ID:???
サンプル貰って見てみりゃいいじゃん
自分で実験すりゃわかることだろ
そんなこともわからんのかい

10 :6:2005/10/29(土) 20:02:42 ID:???
>>8
名無しってのは、名前を入れなかった場合に表示されるものですよ。

遮熱シートとしてならOK
空気層に入れて断熱性能を少しよくするという意味ならOK
グラスウールやスタイロのように断熱材として使えるかといえば、ありえない。やれるものならやってみろ!!って感じです。

11 :名無し組:2005/10/29(土) 22:47:42 ID:???
私は営業と話ししていくつか突っ込みました。

まず、熱を遮断するのではなく、あくまでも熱源となる赤外線を遮断してますね。
中空層はたかが知れていますから、外気温が高い場合の断熱効果は薄いと言ってましたよ。

それはそのまま「断熱材ではない」と明言しているのではないかと思われますが。

個人的な印象ですが、あの材料は露出して使用するのが一番メリットがあるのではないかと。
例えば畜舎、市場の上屋、簡易な車庫など。

さきほど「たかが知れている」と言った中空層ですが、一応中空層があるということは
少なからず断熱効果もあるかと思いますが、やはり一番は「熱線遮断」でしょうね。
今までの断熱材と同じ使い方をしていると、予想外の結果が出る可能性が高いですね。
うまく使えば効果が高かろうとも思います。

しかしあれは木造の住宅とかに使うと、通常の断熱材、特にグラスウールとかと比較すると
遮音の面で著しく性能差が出ると思います。

12 :名無し組:2005/10/29(土) 23:04:46 ID:???
使い方ですが、遮断する必要がある熱源となる赤外線は、外気温より高いものが対象でしょうから
外気温が低い場合の外気温を遮断するかというとこれは気体出来なさそうです。
しかし外気温が低い場合は室内にある熱源からの赤外線を遮断・反射しますからその効果は期待できます。

また、夏場の屋根を想定してみますと、屋根材は日射で相当な高温になりますが、
これが発する赤外線は遮断・反射してくれると期待出来ますね。
しかしその場合でも件のシートと屋根材が接触している場合に断熱できるのはわずかな中空層だけですし、
アルミの熱伝導率は金属ですから相当に高いため、断熱効果がかなり低下すると思われます。

よって夏場の屋根では屋根材とシートの間に空気層を十分に確保し、かつその空気層の空気は強制的に
排気して空気層自体の温度が上昇することに対応する必要があると思われます。

やはり使い方を今までの断熱材と同じように考えていても、同じような効果は期待できないのではないかと。

そしてやはり音の問題が。

屋根を叩く雨の音。
家の前を通過する車の排気音。道路で立ち話をする声。

住宅を取り巻く環境は遮りたい音源だらけだと思います。

13 :6:2005/10/30(日) 00:05:16 ID:???
もっと突っ込んで専門的な話をしましょうか?
熱が伝わる伝熱の形態には3つがあります。
1.熱伝導 固体間を伝わる熱です
2.対流熱伝達 空気が動いて伝わる熱です
3.放射熱伝達 赤外線などの電磁波です。

アルミシートは1,2に対しては一切有効性はありません。
アルミの熱伝導率は、結構高いですし、対流への影響はありません。
3に対してのみ有効です。

放射熱伝達は、物体表面間の絶対温度の4乗差にそれぞれの長波長放射率を乗じ、
ステファンボルツマン係数を乗じた値の熱量の移動が発生します。

一般的な空間では放射熱伝達率は、5W/mkで、壁や屋根の中の空気層に
アルミシートを挿入した場合、その分の伝熱量が減ると考えてかまいません。


14 :6:2005/10/30(日) 00:14:44 ID:???
その分程度の断熱性の上昇はあります。
これは、外が暑かろうが、寒かろうが、確実に性能としての上昇があります。

先ほどまで書いていた内容の放射熱伝達は、厳密にいうと遠赤外線の話になります。

また、同様の考え方でいくと、真冬の窓にアルミシートを貼ると放射熱伝達が緩和されたりします。

次に、建物の外という話ですが、基本的には真夏の暑い時期の日射を遮蔽する話をされていると思います。
近年話題の遮熱塗料と同じ効果を期待して、外表面にシートを使った場合、酸化による
効果減が一番の問題でしょう。

さらに言えば、アルミの物性値で優れているのは、長波長放射率ですが、日射は短波長です。

日射の波長を大雑把に分けると紫外線、可視光線、近赤外線です。
専門的には、近赤外線と遠赤外線の違いがわかっていないと話になりません。

15 :名無し組:2005/10/30(日) 00:20:43 ID:???
実は、日射成分のうち、紫外線はわずか、半分は近赤外線、残りが可視光線ですが、
紫外線は少し。近赤外線が半分、残りが可視光線だということが重要です。

遮熱塗料ってものもありますが、(近赤外線の反射率が高い)、白い建物が一番遮熱性能が高いです。

とまあ、話がそれたんですけど、アルミシートの性能を一言で言うと
入ってきた熱がシート表面から伝わる際に、放射熱伝達分を減らすことが出来るというのが
一番的確な表現です。

入ってきた量が減るわけではないですし、劇的な効果もあるわけではないですが、プラスアルファとしての効果は確かにあります。

16 :6:2005/10/30(日) 00:24:34 ID:???
ただ、間違っても断熱材ではないということだけ追加。

17 :名無し組:2006/04/03(月) 00:38:21 ID:???


18 :名無し組:2006/06/02(金) 16:56:29 ID:MmL8mMt7
透湿防水シートを張る替わりにこれを張った場合、
一番問題なのは、通気が皆無って事だな。

壁の中を強制的に換気しないと、湿気が出て行く場所が無い。
土壁や木壁、吸湿放湿する断熱材を使っても、
湿度の高い夏には確実に湿気るだろう。

じゃどうるか?

サイディング+胴縁+アルミ+胴縁+タイベック+ダイライト+柱

こんな感じにすればどうだろう?
中のプチプチの断熱効果は期待できないが、
輻射熱を遮る事は出来ると思う。

まぁ熱線の反射率は落ちるが、タイベックシルバーを使うのが一番安上がりだろうね。

19 :名無し組:2006/06/03(土) 10:37:56 ID:moDGv4Wy
>>18
内壁に防湿シートの替わりに張るってのはどうよ?

20 :名無し組:2006/06/06(火) 18:23:41 ID:vIOo+8Bl
>>19
直接PBを張ると、不陸で施工し難くそう。
それに防湿シートだと断熱性能がほとんどないからいいが、
これだと夏にアルミのところで結露するかも。
PB張るまえに胴縁を打った方がいいでしょうね。

21 :名無し組:2006/06/07(水) 16:05:50 ID:gSvMTulx
展示会で、クボタ松下の屋根サンプルで、
野地の上にこれが張ってあった。
営業に聞くと、現在試験中との事。

22 :名無し組:2006/06/08(木) 01:12:46 ID:???
>>21
屋根の上??
長波長と短波長の意味がわかったないような。。。

23 :名無し組:2006/06/10(土) 12:05:25 ID:gqiAv2ZB
>>22
下に敷くから、屋根材から出る遠赤外線を反射してるんじゃないのかな。
塗料系なら直射日光を遮る方がいいけど、下に敷く場合はアルミでも十分な気もする。
ヒートアイランド現象を減らすには、エコクールみたいな遮熱塗料が有効でしょう。
でも室内の熱を反射するには、アルミが有効でしょう。

屋根・壁に遮熱塗料を塗って、気密と室内の遮熱を兼ねて、遮熱シートを使うってのが、
現在のところ一番効果的があるのかも知れないですね。

24 :名無し組:2006/06/10(土) 13:43:20 ID:???
効果って何の?

25 :名無し組:2006/06/10(土) 13:49:41 ID:gqiAv2ZB
輻射熱の反射

26 :名無し組:2006/06/11(日) 00:38:51 ID:???
>>23
遮熱塗料は、ねぇ。。。
住宅の外装は、白色系が多いから、特に遮熱塗料を使うメリットはあまりない。
まあ、屋根はメリットある。

一応、補足説明しとくと、遮熱塗料が反射するのは、近赤外線。

ヒートアイランドの現象には、遮熱塗料はそんなに有効でないと思う。都市圏における日射を吸収する面積として
屋根ってそんなに大きくないと思う。普通に考えて保水系のほうが環境にはやさしいと思う。

アルミは放射熱(遠赤外線)の反射をするので、最も効果が大きいのは内装仕上げ材。
でも、そんなのありえない。次に使えるとすると壁の中で空気層に面したとこ。

>>25
効果ってのは、省エネって意味だと思うけど。

27 :名無し組:2006/06/12(月) 10:43:59 ID:???
俺の友人で、これを貼っただけの家に住んでるけど、
冷房が異常に効くって言ってた。
冬は家に誰もいないと寒いらしい。

28 :名無し組:2006/06/14(水) 12:38:24 ID:???
高気密高断熱は、夏暑いからなぁ・・・。
夏が長い西日本や沖縄では、結構有効なのかも。

29 :名無し組:2006/06/15(木) 12:41:31 ID:???
これを使ってる家の持ち主の感想は無いのかな?

30 :名無し組:2006/06/21(水) 14:29:07 ID:???
まだ数千戸くらいしか建ってないだろ

31 :名無し組:2006/06/23(金) 14:42:54 ID:nUfBSgOi
よくわからないところがあるので質問です。
タイベック汁場ーは遮熱が売り物ですが、通気もできて遮熱もできるって、そんなこと可能なんでしょうか?
新商品開発にあたり、実はこれがけっこうええんとちゃうん?とかって思ってるのですが、いわゆる遮熱断熱プチプチ系の方が効果高そうだし・・・
取り組んでいるところもけっこうあるみたいですが、ほんまにアルミとしての効果あるんかどうか疑問です。
アルミは透湿抵抗100%のはず・・・通気できるっていうのは??
誰か教えて下さい<(_ _)>


32 :名無し組:2006/06/23(金) 17:08:50 ID:???
>>31
見本を取寄せれば分かると思いますが、
タイベックシルバーは、既存のタイベックにかなり薄くアルミを蒸着させています。
太陽にかざすと透けてます。隙間だらけだから、透湿作用が損なわれないのです。
遮熱という観点から見ますと、赤外線反射率は、カタログスペック上75%〜85%。
かなり中途半端です。

しかし透湿防水シートの種類を替えるだけである程度の効果が得られるので、
良品であるとは思います。営業活動では、売り文句のひとつとして効果があるかもしれません。

33 :31:2006/06/23(金) 17:58:44 ID:nUfBSgOi
>>32
ありがとうございます。
アルミ蒸着というのがどうしても剥がれてしまうのではないか?と考えてしまいます。
透けてしまうもので本当に効果があるのだろうか?と・・・
しかし透けるくらいでなければ当然透湿もしないのですから、それはそれでいいのかな。

HPのサーモグラフのを見ても、色的にはけっこう差があるなあ〜って感じですが、
温度差を見ると、そんなに驚くくらいの差なのだろうか?^^;
などと変な感覚になります。
ただ高気密とかとは違う次元の商品ですし、おっしゃるとおりシートを変えるだけである程度の効果が期待できそうな商品ですので、検討して採用するのもひとつの手ではないかと思いました。
しかしリフレというのはそんなに叩かれるほど悪いものなのでしょうか?
個人的にはすごく興味ありますし、いい評判もたくさん聞くんですけど、実際は断熱じゃないからやっぱり通用しないのですかね・・・
ここら辺についてもご意見ありましたら教えてもらえると勉強になります。

34 :名無し組:2006/06/23(金) 19:54:09 ID:???
>>33
リフレクティックスとその類似品で1戸づつ建てましたが、今のところクレームはないです。
去年の7月に竣工したのですが、クーラーも無いのに妙に涼しかった。
冬については「前の家より暖房費が安かった」という話しは聞きました。
これ以外の断熱材は使ってないので、リフレの効果だとは思います・・・半信半疑(w
営業する時には、効果が高いですよと言うのですがなかなか選んでくれない(問題点を強く言い過ぎなのかも)。
もっとこれで建てて実験したいのにヽ(`Д´)ノ ←鬼畜

でも私の所の場合、問題点はいくつかあります。
ひとつは音の問題。もうひとつは地震対策の問題。

既存の断熱材は、音をある程度吸収するので問題なのですが、
これは8mmしかなのでほぼ素通りします。
車の通りが多いところでは別の対策が必要になる。

地震対策については、私のところでは構造用合板、もしくはダイライトを張っている簡単なものですが、
これを使う場合、遮熱効果を高める為に壁が、

柱 リフレ 胴縁 合板 胴縁 サイディング

という妙な構造になる。
この場合、合板がリフレと胴縁の後に来る為、
地震対策上不安があります。壁倍率もありません。
私の場合、差し鴨居とDボルトを使って対策をしたが、
差し鴨居は法律上、構造材として認められていませんし、
Dボルトはあくまで補強のひとつですし・・・。
安くて法律上もクリアできる良い方法がないかと模索中である。

板倉で建てれば、何の問題もないのですが、
普通の家を建てるのには高すぎる。・゚・(ノД`)・゚・。

35 :31:2006/06/23(金) 20:19:28 ID:nUfBSgOi
>>33
レスありがとうございます。
そうですか、リフレ、とその類似品ですか。アストロホイルとかってものでしょうかね。よく似た感じのものが出回っていますよね。
そうですかー、妙に涼しいのですか。確かに『理屈じゃないんだ!』と強く言われましたw
しかし理屈でないものに納得して一生の買い物をできる人がどれだけいるのでしょう^^;。
おっしゃるような構造的な不安要素、さらに音の問題などいろいろあるのですね。いままでの断熱などの定義では推し量れないとは言うものの、何かそれを証明してくれるものがあればまだ考えられるのですがね。

しかし差し鴨居とは素晴らしいですね!確かにこれだと現代工法の壁量計算では確認申請が通りませんもんね^^;
限界耐力計算するしかねーかあーって感じになるのでしょうか?
とても大変ですよね、多分・・・

もうひとつお聞きしたいのは、

>もっとこれで建てて実験したいのにヽ(`Д´)ノ ←鬼畜
っていうところです。
もっとということはこれからもリフレなどを採用していくということなんでしょうか?
ある程度は自信につながるものはあたようですし、それなりに期待できるってことですよね。
んーますます難しくなってきた。誰かこの輻射理論で住宅の計画できる人いないでしょうかね^^;


36 :名無し組:2006/06/23(金) 22:15:22 ID:???
>>35
リフレの輸入元では、実験棟を建てると聞いてますが、
建ってから1年はデータ待ちでしょうね。
差し鴨居についてですが、当然筋交いも使ってますよ。
だから確認は簡単です。あと補強金物をいろいろと。

もうひとつ「実験」についてですが、温度変化のデータ取りです。
体感においては、直ぐにわかるのですが、数字的な裏付けがない。
だから他人の金で家を建てて(売上が一億程度の零細なのでモデルハウスなんて・・・)、
温湿計を設置してデータが欲しいのです。
以前建てた家は断られたので、今度こそはって感じです(w

今商談している若い夫婦は、旦那の勤めている会社の工場にこれを使ったので、
多分使ってくれるはず。あとは外に設置する百葉箱がカッコイイと思ってくれるかどうか・・・。
(百葉箱ではなく強制通風筒というものもあるが、高いしデータ取りが難しいので×)

まぁはっきり言って効果はあるし、今後も使っていきたいが、
自分を納得させる為に、確たるデータが欲しいのが本音かな。
まだまだ新しい構造なので、他人のデータより自分の建てた家のデータが欲しい。

あと、ある程度の効果を計算できるようになってるみたいですが、
私がみたところ、まだまだって気がしますね。公的な裏付けが欲しいのが正直な感想。

37 :31:2006/06/24(土) 07:41:55 ID:NuXBcsdI
実験棟を、ですかー、ってまだデータって揃わないんですかね。出回ってから時間もけっこう経ってるような気もしますが^^;
差し鴨居、通し貫となると大変ですもんね。当然筋交で計算というわけなのですね^^。

温度取りは当然ですよね。モデルハウス代わりでデータ取り、しかも実生活をしているところですからなおいいのかもしれないですね。
でも断る人っているんですねー。自分の家がどんな数値を表すか知りたくないんだろか?w

今からのその人は会社の工場に使ったのですか。ということは効果はばっちりだったってことなんでしょうね。夏と冬ともう経験済みの工場なんでしょうか?そのへんもお聞きしたいです<(_ _)>

ある程度の計算はできる、というのは抵抗値とかっていう考え方とはまた違う計算なんでしょうね^^;
まだまだとはおっしゃいますが、それでも何かをもとに計算してるのでしょうから、それはそれですごい進歩なのでは?って気がしますが、
どんな考え方んんでしょうか?まあどこかの先生にでもキチンと証明してもらって、それで今の断熱基準などに割り込めるようになれば、もう大手を振って使えるのでしょうけどね^^


38 :名無し組:2006/06/24(土) 12:39:22 ID:???
>>37
> そのへんもお聞きしたいです<(_ _)>

鍛造工場で、機械の点検にまわってる方の休憩室があるのですが、
機械の熱気が部屋の中まで結構入ってくる。だからガンガンにクーラーを効かせてる。
そこでうちが「これを張れば涼しくなりますよ」って言ったら、直ぐにしてくれと言われ、
部屋の内側に張ったら効果が抜群だった。これで熱いところで効果がある事わかった。
これは4月に施工した。

うちの売上げの半分は会社関係なので、定温・低温倉庫等で、
電気代がこれだけ安くなりますよって根拠の数字が欲しいが、
なかなか難しいみたい。冷凍庫メーカーや大手ゼネコンが営業始める前に、
入り込みたいんですがね・・・。

39 :名無し組:2006/06/24(土) 14:39:29 ID:???
>>38
簡単だろう。計算すれば、すぐでる。
負荷計算で、放射伝達率を変えればいいだけだろ。

40 :名無し組:2006/06/24(土) 14:42:14 ID:???
>>37
伝達抵抗。基本的には同じ計算。
熱貫流率計算の熱伝達率の値で放射伝達の緩和を考慮するだけ。

41 :名無し組:2006/06/24(土) 15:02:42 ID:???
>>39
>>40
その辺詳しくないから良く分からん。
昔、試験の為にやった記憶があるけど・・・('A`)

42 :31:2006/06/24(土) 15:53:59 ID:NuXBcsdI
かなり高度な内容になってきました(;-_-;)
間仕切りにしようされたということなのですね。なるほど、そういう空間絶縁能力には無茶苦茶長けていそうな感じがしますね。
ということは当然外部でやってもOKってことか。
ただどうしても 2の【紛い物】っていうのが気になるなあw
そんなん気にしなくてもいいんでしょうけどね。早く計算で根拠ある数字が出せるようになるといいですがね。。。。

43 :名無し組:2006/06/24(土) 17:18:57 ID:???
>>39-40
中空層の熱伝達率をどう評価するか、解析手段を持っていないと、
完全には解析できないだろ。
魔法瓶のように中空層が真空であれば、反射率の話だけになって簡単だけどね。

44 :名無し組:2006/06/24(土) 21:27:48 ID:???
>>43
どこまでの精度を求めてるのか知りませんが、単純には伝達率を対流と放射に分離して、やればいいでしょう。
通常の温度空間で自然対流の状態なら、対流と放射の割合はほぼ半々。
放射率が0.9から0.3くらいまで落ちたと仮定すれば、全体の伝達率は2/3にしてやればいい。

>42
計算ではまがい物とそうでないものの判断はできません。
計算時の数字が仮定値では意味ないからです。
計算上、その効果を示すことは簡単ですが、その製品が持つ物性値を
試験センターなどで実測しないことには評価できません。

45 :名無し組:2006/06/24(土) 22:33:29 ID:???
>>42
紛い物かどうか文章で評価するより、自分の体で確かめるのが一番だと思います。
アストロホイルなどの類似品は、アルミとポリの接着性能が悪く耐久性が劣りますが、
特性はほぼ同じ。まず自分の家や事務所、現場事務所などで実験されたらどうですかね。
丁度、暑い季節になる頃ですし、よく分かると思いますよ。

施工方法を間違えると、全然性能が出ないので、
くれぐれもご注意を。

46 :31:2006/06/26(月) 07:43:46 ID:tVGtVbsM
>>45
レスありがとございます。
紛い物かどうかはおっしゃるとおり“からだで”確かめるしかないと思います。
それとちょっと質問なのですが、リフレなどろ張ることによる効果はわかるのですが、
これは空調をしながら窓を閉めるときと、窓を開けて風を通したりするときでは違いははっきりするのでしょうか?
HPの説明読むと、木陰の話がでてきていましたが、木陰には間仕切りはないと思うのですが、
ただ張ってあるだけでもその感じ方というのはやはり違うものなのでしょうか?
まあ木陰が涼しいのは蒸発潜熱や蒸散の作用が大きく、それが自然のエアコン、という考えでいいのかな?
っと思っているのですが、その辺ってあってますかね^^;

47 :31:2006/06/26(月) 08:25:19 ID:tVGtVbsM
追加ですが、窓を開けて、閉めての話になりますが、実は窓を閉めて空調も何もしないのが一番いいとか、そんなことはないでしょうか?

48 :名無し組:2006/06/26(月) 10:51:51 ID:???
>>46-47
太陽の光に直接当らなかったら、涼しいでしょ。
ただそれだけの話し。あの例は木じゃなくてもいいし。
自然のエアコンが欲しければ、土壁にしろと。

49 :31:2006/06/26(月) 11:45:24 ID:tVGtVbsM
>>48
レスありがとうございます
自然のエアコン欲しいなら、確かに土壁の藁葺き屋根が一番なのでしょうね。
太陽の光(いまの場合は輻射熱??)を遮ればそれですむ、という考え方なんですかね^^;
その熱を反射するってことなら、まあ確かに木でなくてもいいのか・・・
で、しつこいようですが結果的に空調に関してはどのような考え方なんですかね^^;
いままでのような普通の建て方とは少ないでしょうし、高気密高断熱と同じスタンスで考えるのでしょうか?
施工はけっこう難しいのですかね・・・張るだけだから簡単そうですけど、ポイントはどこにあるのでしょうか?

50 :名無し組:2006/06/26(月) 13:05:32 ID:???
>>49
基本的には外断熱と同じ考え。
これひとつで気密と断熱(?)が出来るから施工は簡単。
ただ、壁はいいのですが、床と屋根は下が見えないので危ないです。
誰でも最初は足を突っ込みます(w

床に関しては、2×4なら問題ないのですが、
在来の場合、柱を建てる前に、大引・リフレ・根太を施工した方がいいと思う。
ネダレスにする場合は、捨て胴縁を施工しないと効果が薄いので面倒だと思います。
大引の下に張るとか、基礎断熱にするとかの方法もあるけどやった事ない。
屋根に関しては、足を突っ込んでも大丈夫なように、
小屋裏に合板を張った方がいいかも。金と手間がかかるけど・・・。
あと全ての部位に共通する事ですが、
先に寸法に合わせてテープ止めとカットをしておいた方がいいです。

屋根・壁・床のリフレが連続するように施工するのがポイントかな。
これで気密もとれちゃうし。

C値を気にするなら、入念にテープ止めすればいい。
でも純正アルミテープは結構高いので、外側だけを純正を使って、
内側は安物のアルミテープで代用すればいい。

51 :31:2006/06/26(月) 16:04:14 ID:tVGtVbsM
>>50
なるほどー、外断熱薄型バージョンってとこなんでしょうかね^^
それにしても危険が伴うっていうところは見えないからほんっとに気をつけないといけないですね^^;
アルミテープって伸縮しないと思うのですが、その辺は問題なしなんでしょうか?
なんかちょっと板違いなんでしょうかね・・・もしも移動した方がいいのなら誘導をお願いいたします<(_ _)>

52 :名無し組:2006/06/26(月) 19:01:11 ID:???
>>51
> アルミテープって伸縮しないと思うのですが、その辺は問題なしなんでしょうか?

気にした事なかった(w

53 :31:2006/06/26(月) 21:28:21 ID:tVGtVbsM
>>52
それは失礼しました<(_ _)>
いや、配管屋さんがそんなこと言っていたのを思い出したので^^;
問題ないのなら別にそれでいいですよね。
それにしても私たち以外では誰も寄ってこないですね〜
マイナーすぎるんだろうか?w

54 :名無し組:2006/06/26(月) 22:10:33 ID:???
>>49
太陽の光は、短波長です。
紫外線から、近赤外線です。

放射熱とは、長波長です。遠赤外線です。

よく混同される方がいますが、まったく別物ですので、
太陽を反射するものが熱を反射するとは限りませんし、逆もまた然りです。

アルミのような放射熱反射材料は、わかりやすく言うと熱を逃がさない作用を持ちます。
逆に遮熱塗料のような材料は、熱を吸収しない作用を持ちます。

55 :31:2006/06/27(火) 16:09:23 ID:oMemvI+e
>>54
ほほー!なるほど、そんな違いがあるのですね^^;
学問的には不勉強のため何もわからない馬鹿者です・・・(;-_-;)
逃がさないということと吸収しないっていうのが違いだとすると、
氷を包んでおくと冷気は逃げず、暑い外気も遮断する、って感じと思えばいいんかな?w
なんかありきたりの表現だっただろうか・・・
それと遮熱塗料もなるほど納得です^^
しかしコスト的に考えた場合、どれもけっこうしますよねえ^^;
そこでタイベックシルバーで!っていうのはナンセンス?(笑)
サンプルが届いたので、色々実験やってみようと思います!またここで報告します!(って言ってもむずかしいことはできないので・・・)

56 :54:2006/06/27(火) 22:27:17 ID:???
>>55
アルミは、放射熱を逃がさないのであって、熱伝導は金属並みにあります。
表現が難しいのですが、接触していたら、ばっちし熱を伝えるので意味がありません。

だから、施工箇所は室内の壁とか、中空層になります。

57 :31:2006/07/01(土) 08:26:31 ID:iE84Djsx
>>54
レスおくれたー^^;
伝導は確かに最強ですよねえw
中空っていうのは施工的にどうなんしょうか?難しくはないのでしょうか?
屋根なんかはけっこう収まりがいやらしそうな・・・
ちなみに参考になるようなHPってありますかね^^;
あ、でもここって学問スレだった・・・ちょっと場違いかな?


58 :名無し組:2006/07/01(土) 09:43:12 ID:???
>>57
アスト○ホ○ルのページに具体的な施工方法が描いてあるよ。
施工マニュアルまで売ってるし(w

アルミは直ぐに熱くなるが、冷めるのも早い。
裏への伝導はプチプチで遮ってるし、薄いから熱を溜め込まないので、
常に両面は、それぞれの空気の温度に近くなる。

59 :名無し組:2006/07/01(土) 11:15:19 ID:???
>>57
熱伝導のカットは、ちゃんと断熱材でやらないとダメです。
プチプチていどの薄さでは、気休め程度にしかならない・・・

屋根からの通過熱量をざっと計算してみるとこんな感じかな?
熱を逃がさないという方はどっちかというと冬の暖房のときの話なので効果の計算は
また別になるけど。。。暑さ改善だけを考えるならこういう計算になる。

真夏の日中
日射吸収率SAT[℃]熱貫流率熱量[W/m2]
普通(100mm)0.757 0.365 11.5
断熱200mm0.757 0.191 6.0 48%
遮熱塗料(色つき)0.550 0.365 8.9 22%
遮熱塗料(白)0.343 0.365 6.4 44%
室内アルミ 0.757 0.347 10.9 5%
中空アルミ       0.757 0.353 11.1 3%

60 :名無し組:2006/07/01(土) 11:18:19 ID:???
日射吸収率 SAT[℃] 熱貫流率[W/m2K] 熱量[W/m2]
普通(100mm) 0.7 57 0.365 11.5
断熱200mm 0.7 57 0.191 6.0 48%
遮熱塗料(色つき) 0.5 50 0.365 8.9 22%
遮熱塗料(白) 0.3 43 0.365 6.4 44%
室内アルミ 0.7 57 0.347 10.9 5%
中空アルミ 0.7 57 0.353 11.1 3%

61 :名無し組:2006/07/01(土) 11:20:09 ID:???
      日射吸収率  SAT[℃] 熱貫流率[W/m2K] 熱量[W/m2]
普通(100mm)   0.7  57   0.365      11.5  
断熱200mm     0.7  57   0.191      6.0   48%
遮熱塗料(色つき) 0.5  50   0.365      8.9   22%
遮熱塗料(白)   0.3  43   0.365      6.4   44%
室内アルミ     0.7  57   0.347      10.9  5%
中空アルミ     0.7  57   0.353      11.1  3%

見づらくてすまん

62 :31:2006/07/01(土) 22:02:23 ID:iE84Djsx
>>58
そ、そうなんっすか!?マニュアル売ってるのですか?
そんなんでええんかいな・・・(;-_-;)  一度のぞいてみます、アスト〜を^^

>>61
最初何かと思いましたが(笑)、なるほど、こういう数字・・・ん?
おれにはちょっと理解が・・・ORZ

えっと、どういうふうに解釈すればいいのでしょうか?
もしもこういうことに詳しい解説などあるHPあったら誘導してください。
お願いします<(_ _)>


63 :名無し組:2006/07/01(土) 22:45:55 ID:???
>>62
そんなページはない。
たいていのホームページの情報は適当すぎる。

戸建ては詳しくないのが。上から
グラスウールを100mmくらいを屋根に使用
グラスウールを200mmくらいを屋根に使用
グラスウールを100mmくらいで、普通の屋根の色っぽい遮熱塗料を使用
グラスウールを100mmくらいで真っ白な遮熱塗料もしくは普通の塗料を使用
グラスウールを100mmくらいで室内の内装にアルミ遮熱材を使用
グラスウールを100mmくらい屋根の中空層にアルミ遮熱材を使用

と言う条件で計算。まあ、右から2番目の数字だけ見てくれればいい。
夏場の屋根から入ってくる熱量を計算するとこうなる。

一番右は、100mmのグラスウールを基準にどれくらい減るかの割合。夏に関しては、アルミシートなんてあんまり効果なし。まあアルミシートの効果は、冬のほうに効くけど

64 :名無し組:2006/07/01(土) 23:32:08 ID:???
計算上は効果が薄いのに、
現実にはクーラーが良く効く・・・。
摩訶不思議だわ。

65 :名無し組:2006/07/02(日) 00:43:23 ID:???
>>64
断熱性能の悪い家は、計算上でももっと差がでるよなぁ。当たり前だけど。。。
ぜんぜん不思議じゃない。

66 :名無し組:2006/07/13(木) 15:24:13 ID:???
静かだなぁ

67 :31:2006/07/14(金) 08:09:40 ID:sOaiJZAE
みなさん、お久しぶりです<(_ _)>
>>63
なるほど、そういう風にみていくと確かに断熱材のほうがよいはずなんですよね^^
でもリフレさんは、そういう数字じゃあ測れない!理解できないが、なぜか涼しくて暖かい!って言うらしいです^^;
理解できない、っていうところがなんとも言えませんけどw
それとこれもよく言われることですが、一度熱が断熱材を貫流?してしまうと蓄熱材になって逆効果やで!っと・・・・
つまりこういう数字はますます意味がなくなるんやー、って・・・・
だから計算上はそういう数字は理論からいっても正解でしょうし、それがほんとだろうなあ〜と感じます。
その辺についてはどう考えることができますでしょうか?


68 :名無し組:2006/07/14(金) 09:20:31 ID:???
壁に入ってるスタイロなんて、
夏は滅茶苦茶熱くなってるな。
特に外側に合板張った家は、全然冷めないし。
外断熱なら大分改善されると思うけど。
断熱材メーカーさんって、夏の壁の中の温度って
計った事あるのかなぁ。

その点、土壁は凄いよな。
真夏でもひんやりしてるし。

69 :31:2006/07/14(金) 19:36:49 ID:sOaiJZAE
>>68
ほんっとそうですよね!度壁って最強かもしれないっすよね^^
でも現実、なかなか難しい問題がたくさんあって、簡単には実現できないし・・・
度壁のよさが感じられるような、疑似度壁みたいなのがあるといいかも・・
しかも乾式でw無理か・・・

70 :名無し組:2006/07/15(土) 01:42:43 ID:???
>>69
荒壁パネルって代物がある。
洒落にならないほど高いけど。

71 :31:2006/07/15(土) 19:38:14 ID:11YAPKvH
>>69
あー!こうのいけのですね^^;
そんなに高いのですかあー・・・これはいいですよ!ってかなり勧められたけど^^;
りふれ、ではそれと似た効果なんて望めないですよね^^;;w

72 :名無し組:2006/07/15(土) 20:47:17 ID:???
>>67
そのメーカーは、知識がないからはかれないだけ。
計算理論は、教科書レベルで載ってます。
放射伝熱は、一般的には簡略化されているので、たぶん知らないんでしょう。詳細に計算すれば、すぐわかります。

難しく考えるのがいやなら、壁の構成を再現して、熱貫流率を測定すればいいだけです。建材試験センターでもできます。
せいぜい、10万程度の試験費用をケチってるに過ぎません。

そういうメーカーが測定をする場合は、ほとんど断熱のない条件で測定・比較しますね。効果が大きく見えますから。

別に、否定はしません。使う場所をちゃんとすれば、効果が高いのは物理的に明白なので。単に適当なことをいうメーカーや代理店が嫌いなだけです。

73 :名無し組:2006/09/14(木) 08:59:33 ID:???
で、結局どうなのよ?

74 :名無し組:2006/09/25(月) 23:17:10 ID:???
>>73
遮熱材ということを理解して、使い方を間違えなければOK。効果は大きい。
断熱材として使うと、失敗する。

少なくとも断熱と遮熱の違いは理解してないとダメ

75 :名無し組:2006/09/26(火) 10:38:34 ID:???
普通に断熱材を使って、アルミが貼ってあるPBを内装に使うのはどうよ?

76 :名無し組:2006/10/15(日) 01:14:58 ID:???
>>75
室内側にはるんだよ?
かっこ悪すぎ

77 :名無し組:2006/12/07(木) 13:22:22 ID:zv1mJGYg
保守age

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)