5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【自然災害】世界中から

341 :名無しさんダーバード:2006/07/28(金) 00:59:03 ID:QcKsAWoV
イグアスの滝、干ばつで水量激減・観光客がっかり

 【リオデジャネイロ26日共同】ブラジル南部で干ばつが続いたため、同国とアルゼンチン国境にある世界3大滝の1つ、イグアスの滝で、流れ落ちる水が年間平均の2割以下に激減、観光シーズンで世界から訪れた人々をがっかりさせている。
 イグアスの滝は高いところで落差が100メートルを超え、滝全体の幅は4キロ。年間平均で毎秒約1500トンの水がごう音とともに流れ落ちる。ユネスコの世界遺産にも登録され、昨年は100万人以上が訪れた。 
しかし今年は上流で少雨が続き、現在の流量はわずか250トンと1988年以来の少なさ。
河川管理当局者によると、平均流量に戻るのは早くても8月末とみられる。
 南半球のブラジルは冬だが、24日に南部サンパウロで気温が30.2度に達して7月としては観測史上最高を記録するなど、異常な少雨と熱波が続いている。 (09:51)


世界最大のイグアスの滝、大渇水で岩だらけに

 ブラジルとアルゼンチンの2国にまたがる落差80メートル以上、滝幅3キロの世界最大の滝「イグアスの滝」が70年ぶりの渇水に見舞われ、所々で川底の岩肌をさらしている。
 普段は毎秒120万リットルの水量が一気に流れ落ちるが、現在はわずか25万リットルのみ。地元の気象研究所は、ペルー沖の海水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」により、アマゾン地域の降水量が極端に低下したことが原因だと指摘している。
 世界遺産に登録されている滝は年間100万人以上の観光客が訪れるが、すでにツアーの延期やホテルのキャンセルが相次いでいる。
滝つぼを航行する名物の遊覧船も2週間ほど前から大半が運航を見合わせるなど、本格的な観光シーズンを迎え、地元観光業への深刻な影響が心配されている。(サンパウロ=岩城聡) (14:02)

349 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)