5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

データ捏造でマターリと Part2

1 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 04:24:44
データ捏造で論文は書けるのか?
魔が差してつい書いてしまった、そんなおまいの運命は如何に!?
かつて2chを潰しかけた伝説のスレの続編だ!

前スレ データ捏造でマターリと
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1002363788/

2 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 04:27:33
てな感じで立ててみた。
でも「ねつ造」にし忘れた!

皆さんごめんなさい。。。良かったら使ってね。

3 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 05:18:54
後続が地獄をみるからやめれ。

捏造被害者に救済が全く無いのもきっついね。
教授に報告も出来ないし、だからといって方針変更認めてもらえないし。
このまま進めても成果上がらないのは目に見えてるし。

捏造データの投稿論文が引用されでもしたら、その研究に使われた
金、人材とその人の研究時間の損失は計り知れない。

4 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 05:55:56
NEDOも来たのかよ

5 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 07:34:00
松本和子の足元にも及ばない無能教授が、今回の不祥事暴露をきっかけに
「ほら見たことか!」と偉そうに騒ぎまくる姿を見ていると、情けないというか、
こんな無能に馬鹿にされるような失態をしでかした松本和子に腹が立つ。

6 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 08:11:09
前スレ埋められたな。

データねつ造でマターリと
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1002363788/998

> 998 名前:あるケミストさん[] 投稿日:2006/07/07(金) 07:45:14
> 特別扱いはいけない。
> はかなく消えゆく、匿名掲示板だから書けることもあるんだ

馬鹿じゃないの?

問題の告発が書かれたときなんて、スレ落ちは考えられもしてなかったし、
事実、それから4年も続いていた。アーカイブされて公開もされるだろう。
前スレを落としても、単に一般の人がアクセスしづらくなる以外の意味は無い。

捏造関係者の工作員でないとしても、本気で上のように考えているとしたら、
自分の偏狭な理屈が正当だと思い込み、ある面、自分は特別だから他人は
自分に合わせるべきだ、と考えている点で捏造研究者や予算流用者と類似の
思考形態に見える。

7 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 08:17:14
http://www.asahi.com/national/update/0707/TKY200607060588.html

早大・松本教授「捏造ではない」と反論
2006年07月07日08時05分
 国の研究費を不正受給した早稲田大学・松本和子教授が論文のデータ捏造(ねつぞう)疑惑も指摘された問題で、
松本教授が大学に当時の実験の生データを提出して「捏造ではない」と反論していることが6日、わかった。
大学は今後、外部の専門家も交えて検討する方針だ。
 論文は、当時早大にいた中国人研究者らとの連名で、米専門誌に01年に掲載された。
紫外線を当てると蛍光を発する有機金属化合物に関する内容。化合物は、
生体分子の高感度分析に使えることから注目された。しかし、別の研究者の実験では、
蛍光の明るさを示す測定値(量子収率)が、論文の半分前後の値しかでなかったという。
 松本教授は朝日新聞の取材に対し、研究室内でも値が高すぎるという指摘があった、と明らかにした上で
「通常の実験方法で測定したら、そのような値が得られた。実験データは残っている。
これを高すぎるからといって変更はできない」といっている。
 なぜ高い値を示したかの調査は、「研究の主目的から外れるのでやらなかった」という。
中国人研究者は帰国している。
 この論文は、国の研究費を使って書かれ、05年度の日本分析化学会賞受賞の支えの一つになった。


8 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 08:22:07
>これを高すぎるからといって変更はできない
何を言っているのかよく分からない・・・ 
「変更」ってなんだよ。

9 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 08:30:14
早大不正:松本教授、2300万円の架空取引か
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060707k0000m040189000c.html

早大不正:NEDOが立ち入り調査
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060707k0000m040191000c.html

どちらも毎日新聞 2006年7月7日 3時00分【元村有希子】

10 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 08:45:04
松本和子は、教授国の総合科学技術会議のメンバーw

2005年11月時点のメンバーは・・・

* 安倍晋三 内閣官房長官
* 松田岩夫 科学技術政策担当大臣
* 竹中平蔵 総務大臣
* 谷垣禎一 財務大臣
* 小坂憲次 文部科学大臣
* 二階俊博 経済産業大臣
* 阿部博之 東北大学名誉教授
* 薬師寺泰蔵 慶應義塾大学客員教授
* 岸本忠三 大阪大学客員教授(前総長)
* 柘植綾夫 元三菱重工業代表取締役・常務取締役
* 黒田玲子(非) 東京大学教授
●松本和子(非) 早稲田大学理工学部教授● ←←←←
* 吉野浩行(非) 本田技研工業取締役相談役(元社長)
* 黒川清(非) 日本学術会議会長

http://www.nanonet.go.jp/japanese/mailmag/2003/files/021a0.jpg
http://www.sci-news.co.jp/news/200102/0223matumoto.jpg

11 ::2006/07/07(金) 10:34:37
110 :あるケミストさん :02/04/21 17:10
こんな調子だから、
4年生が大学院入学をボイコットして卒業、失踪。
ポスドクが教授から誹謗中傷を受けて退職。
一年後、4年生が卒業直前に大学院進学をボイコットして卒業せず退学。
その一年後、D3が就職直前に失踪。学位取らず。
さらにその一年後、研究員が3人そろって退職。
みんないなくなって行く

12 ::2006/07/07(金) 10:38:59
そして2006年、卒業生や元研究員がマスコミに真実を語りはじめた。
整合性の高い証言内容、マスコミは報道に踏み切った。
反撃する女教授。
しかしそれが自分のクビを締める結果を招くことに、
女教授はまだ気づいていない・・・


13 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 11:25:37
>>10
「元」だ。
その仲間だった小坂大臣に「国民感情を考えたら申請停止(5年じゃなく)資格剥奪で
良い位だ」って言われた訳だろ?
前スレ参照・・・て結局埋め立てられたなー。

今この関連スレは「パワポの使い方に不安がある」ような人も覗いてる可能性大だった
から、あげといたままの方が良いと思ってたんだけどな。

話が逸れたが、彼女はさらに文科省不正防止委員もやってたんだろ?
今回の文科省・経産省の徹底ぶり(106億円配給遅延)は、まさにこのせいだ。
総合科学技術議員からも、「総獲得予算まるわかりデータベース」案だ出てたし。

どこも、「彼女以外はちゃんと働いている」所を見せたいんじゃないか?

14 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 12:16:05
>>8 「変更」がきくデータもあるってこったろww

15 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 14:07:49
>>7
>研究の主目的から外れるのでやらなかった

研究目標達成にご熱心で素晴らしいことです。賞讃にあたいします。感動した。
ちょっと泣いた。


16 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 14:07:51
>>7
>>研究室内でも値が高すぎるという指摘があった、と明らかにした

松本教授本人も認めたんだ。
指摘があったのに今日に至った場合はなかった場合より研究室のトップの罪は重い。
指摘があったのになかったと嘘をつくことはありえるが、なかったのにあったと嘘をつくことはありえない。
だから、本当なんだろう。
前スレの981、指摘したなんてありえないとエラソウに宣っていたが。

17 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 14:48:06
>>16

>> 前スレの981、指摘したなんてありえないとエラソウに宣っていたが。

学級会の議長きどりなんだよW

18 ::2006/07/07(金) 15:49:52
>>15

>>研究の主目的から外れるのでやらなかった

投資信託は研究の主目的だからやったのでしょうか
むずかしくてわからないなあ
しめしめ

19 ::2006/07/07(金) 15:52:45
僕の記憶が正しければ、M研ネタの最初のカキコは、これだぞ。
しめしめ。

36 名前:あるケミストさん 投稿日:01/12/06 22:59
ねつ造して論文にして出ていったポスドクのおかげで
その系をやるためにあとから入ったポスドクは人生真っ暗。
教授からは腕が悪いだけだと言われる毎日。
あの野郎ぶっ殺してやる。

20 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 16:16:07
猿とか犬とかの記事があって、何かと思ったが

希土類蛍光錯体を含むナノパーティクルの合成と生体分子分析への応用
(早大理工総研・早大理工)○西岡琢哉・袁 景利・中井 謙・橋野仁一・伊藤雅浩・松本和子

漢字で書いたら一目瞭然

21 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 17:15:41
二人目の人物が話題のAnalyticalChemistry論文で第一著者となっているYuan博士ですバンザーイ!


ttp://www.asahi.com/national/update/0707/TKY200607060588.html
>>論文は、当時早大にいた中国人研究者らとの連名で、米専門誌に01年に掲載された。


Anal. Chem. 2001, 73, 1869-1876
Jingli Yuan, Guilan Wang, Keisuke Majima, and Kazuko Matsumoto

第一著者、第一著者の嫁、学生(無実)、話題の早大教授
の順ですバンザーイ!

22 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 19:58:24
“Synthesis of a Terbium Fluorescent Chelate and Its Application to Time-Resolved Fluoroimmunoassay”,
Jingli Yuan, Guilan Wang, Keisuke Majima and Kazuko Matsumoto, Anal. Chem.73, 1869-1876 (2001).

23 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 20:45:37
>>16
微妙に違うぜ。論文になったあとで、研究室のメンバーが、
>「論文のデータは大きな誤差を含んだ値で、間違いだ」
は、あり得ないと思う。

「追試したら、掲載データは高すぎる。何かおかしい」という指摘はあっても
おかしくない。だけどそれが「間違いだ」なんて、誰にも言えないと思う。


24 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 21:23:01
>>23
>「間違いだ」なんて、誰にも言えないと思う。

何言ってるのか、意味が分からないんですが・・・
何かおかしい→追試→やっぱり変→追試→どうもおかしい→追試→間違いかも→追試→間違いだ
というのは、ごく普通の流れだが。ただし、論文出すまえにやっておくべきプロセスだけどね

25 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 21:39:45
>>23
どういう言い方で指摘したかが話題になったのではない。
そもそも教授に指摘できるような度胸のあるメンバーなんていないって
決めつけたのを忘れたのか?

松本研究室には約1名トンデモポスドクが在籍していたことがあったようだが
それ以外の研究員達はまっとうだったようだ。

26 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 21:49:34
このヒト1人のために、どれほどの損失が今後あるのか
一番大きいのは、管理の強化だろうな
いままでは、事務方もある程度お目こぼししてくれていたけど、これからはガチガチになる予感

例↓
文科省研究費など370万円、留学生生活費に…立命大
 立命館大学(京都市北区)理工学部の教員が文部科学省の科学研究費補助金などを留学生の
生活費に流用していたことがわかった。
 同大学が7日、記者会見を開いて明らかにした。不正受給額は約370万円に上り、教員は
「留学生らが経済的に困窮しているので援助した」と流用を認めているという。学内の調査委
員会は7月末をめどに同省に最終報告する。
 同大学によると、教員が不正受給したのは2002〜04年度の科学研究補助金など。6月
23日に卒業生から情報提供があり、教員の不正がわかったという。
 川村貞夫・副学長は「目的外使用という不誠実な事実が起きたことを心からおわびしたい。
事実関係をさらに調査するとともに、再発防止に努める」と述べた。
(2006年7月7日14時33分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060707i408.htm

これと、松本和子事件を同列にあつかうのか・・・ 暗澹

27 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 21:52:41
ここは元村有希子ちゃんを弁護するスレですか?

28 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 21:58:11
>>26
>卒業生から情報提供

いやだねえ、密告社会だよ。

29 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 22:08:22
松本教授は国の研究費をどういう手段でしたのか詳しくしりませんが、学生アシスタントの賃銀をピンハネして、自分名義の投資信託かなにかでお金を貯めていたとか。その金額は1千万円近いとか。
このような不正はわたくしは研究者がやったものとしてかつて聞いたことがありません。公金横領ではないのでしょうか。とうの昔に告発、逮捕されてしかるべきではないかと思います。ただ、
なにかそのお金を今後研究費で困った時に使うべく将来のためにとっておいたと本人は言ってるそうです。研究費があまって「もったいない」と思ったのかもしれません。たぶんご本人に会って
話しを聞いたらいろいろ言い分があるのでしょう。
問題は、それだけではないのです。松本教授を国際的に著名にした5年前に発表した論文のデータそのものに捏造の疑惑が指摘されているとのことです。中国人研究者との共同論文だそうで、
これが問題になってるとの読売新聞の記事です。
松本教授には研究費がこの7年間で合計で8億円出されているのだそうですが、研究評価はCクラスの低いものだったのに、いつのまにか巨額の研究支援がなされていたとの事です。しかし、
これだけの研究費をコンスタントに取っているというのは、日本を代表する化学者と認識されていたのでしょう。
わたくしは松本教授がどのようなかたかまったく知りませんが、首相が主宰する科学技術総合会議のメンバーであり、国際化学連合(IUPAC)の副会長でもあった、さらにはもうすぐこの歴史ある
国際連合の会長になることが約束されていた、ということですから、大変な影響力のある、要職に就いていたわけです。




30 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 22:09:17
そのような指導者が、研究データ偽造、経理不正、国の研究費の私的蓄財(流用)をやっていて、報道によると研究面での不正について科学技術総合会議で提言をしていたと聞くと、心の底から
あきれてしまいます。怒るよりも、ブラックユーモアを感じてしまいます。つまり盗人が盗人をつくらないための方策を首相に提言したようなものでしょうから。いったい誰がこの人をこのような
重要なポジションに推薦したのでしょうか。たぶん関係者は絶対に何も言わないでしょうが。阪大の場合でも東大の場合でも、組織防衛で見事なほどにまずいことは言わないのが通例です。早稲田大学
ではいち早く処分までしてしまいましたが、これで火は消えるのでしょうか。

31 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 22:11:06
密告されるような性格的な欠陥が教授にあったんでないの?

32 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 22:11:56
このスケールの非常に大きな不正がどう行われていたのか、だれも気がつかなかったのか、それともうすうすは周囲が気がついていたのか、それとも見え見えの不正行為が白昼堂々まかり通って
いたのか、たいへん気になります。私学は国の研究費を使うのに慣れていなくて、ルーズになりがちな一方で不必要に窮屈にしか使えない点も多々あるとか、聞いたことがあります。

わたくしが思うところ、本来の器でないところに、居てまった人物が生みだす一つの典型例ではないでしょうか。
本来の研究能力にふさわしくない、巨額の研究費をとることを画策して、手にした研究者がどのようになっていくか、一つの例ではないでしょうか。

33 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 22:13:22
わたくしにはよく分かります。背伸びをすればかならず無理が生じます。これは断言してもいいと思います。無理な研究環境では、研究という純粋な行為とは無関係な恣意的な、おかしな事が起こり
やすいのです。人為的な方向に無理が向かうと直下型地震ように大きな被害が周辺に起こります。このあいだある先生に聞いた話しでは、ある有名大学のあるキャンパスはお金と名声を求めてはしり
まわる数人のボス教授が研究環境を台無しにしている、国が投入している研究費の大半がボス教授の私利的なプロジェクトのために利用されている、と憤慨していました。特許優先の研究指向の一つの
帰結です。国はそうならないように、最大の注意を払う必要があります。

能力のないもの、成果のない研究者が巨額な研究費を手にすること自体が「不正」であると、国や公共機関は、つまり納税者は認識する必要があります。

この際、研究能力や成果に見合わない巨額の研究費を公的機関から受け取っているところを徹底的に探しだし、調べ上げる必要があるのではないでしょうか。
ttp://mitsuhiro.exblog.jp/

34 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 22:57:42
>>33
みんなそう思っているわけで、柳田充弘だかに別に演説してもらわなければならない理由はない。


35 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 23:03:03
柳田充弘氏は貼られただけでトバッチリ
貼ったヒトご苦労さん。記録にはなるね。

36 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 23:53:49
>>28
正当な調査や告発を「密告」と呼ぶことで負のレッテルを貼ってどうすんだ?
調べられるとマズイのか?


37 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 01:19:15
>>33
研究者としては一流なんだろうけど。
このブログ当たり前のことしか書いてなくてちっともおもしろくない。

38 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 01:29:01
>>36
あんな少額だったら(最近はともかく)昔は幾らでもあっただろう。
学生やスタッフに嫌われてる教授は、この体制にガクブルだよwww
「厳しい指導」と「意味の無い暴言・暴力(今で言うアカハラ)」の違いが分からない教授は
多いからね。特に有機系。

研究室に入ってくる学生もボチボチゆとり世代になるから、即訴えられる時代が来るのかな。

松本和子はまだまだ色々出てくるから、こういう小さな事件と一緒に扱っちゃ駄目ですよ。

39 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 02:25:12
もう反論とかやめればいいのに。この人の味方なんて誰もいないんだから。恥の上塗りだよ。

40 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 04:24:16
>>39
FANクラブはついに解散したの?

41 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 06:18:25
>>36
密告の例。確かに違法だが、これと松本和子を十把一絡げの同レベルで議論できるかねえ。

文科省研究費など370万円、留学生生活費に…立命大
 立命館大学(京都市北区)理工学部の教員が文部科学省の科学研究費補助金などを留学生の生活費に流用していた
ことがわかった。
 同大学が7日、記者会見を開いて明らかにした。不正受給額は約370万円に上り、教員は「留学生らが経済的に
困窮しているので援助した」と流用を認めているという。学内の調査委員会は7月末をめどに同省に最終報告する。
 同大学によると、教員が不正受給したのは2002〜04年度の科学研究補助金など。6月23日に卒業生から情
報提供があり、教員の不正がわかったという。
 川村貞夫・副学長は「目的外使用という不誠実な事実が起きたことを心からおわびしたい。事実関係をさらに調査
するとともに、再発防止に努める」と述べた。(2006年7月7日14時33分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060707i408.htm


42 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 07:49:22
個人的には、松本さん話はもう飽きたから、他の悪人が次々と暴かれる
ことを願っています。

43 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 10:51:18
いやいや、まだまだ興味は尽きない
「不正経理は私だけではない」という発言が出てきたところで更なる展開有り
「私は留学生にだまされた」という発言が出てきたところで更なる展開有り

44 :FANクラブ:2006/07/08(土) 11:03:39
今、FANクラブが分裂しつつあります。
1.私はFANなどではない。前からおかしいと思っていたんだよ。(自分の判断)
2.私はFANなどではない。悪い噂が前からあったんだよ。(他人の判断)
3.私はFANなどではない。薦める人を信じて薦めただけよ。(責任転嫁)
4.私はFANなどではない。どういう人かよく知らなかった。(逃避)
5.私は昔はFANだったが、ここ4,5年は意識的に避けていた。(自主的ごまかし)
6.私は昔からFANだが、最近はあまり会っていない。(曖昧ごまかし)
(つづく)

45 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 20:16:50
バカ女のせいですげえとばっちりだ.
研究者背番号制とかまじむかつく

46 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 21:32:04
外部資金をもらうには仕方ないのでは?

47 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 22:15:26
研究者背番号制って、昔からあったもんじゃないんか?
てかそんなの金貰うから当然だろ。


48 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 22:41:26
科研費はとっくに番号制
資金の集中が防げるから、分け前は増えるよ。

49 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 22:47:59
調べて驚いたよ。
問題の論文の引用を調べたら50回の内、45回ちかく中国人研究者(?)の引用だよ!
欧米からは相手にされていない。よくぞ何億も予算が取れたものだ!

50 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:21:26
欧米か

51 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:24:26
中国人の文献読むときはフィルターかけないとな

52 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:36:24
まねごとが多いしね。特に追試が難しそうな研究は
胡散臭くて読む気が全然、起きない。

53 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:39:08
欧米だったらいいとも、引用回数が多ければいいとも思わないが、
結局その程度のもんか、という落胆がある。

54 :中国人研究者:2006/07/08(土) 23:48:26
ワタシノキンゾクサクタイハセイカイイチアルヨ、
>>49、オウベイトヒククシナイデクダサイ!センセイシンジテクダサイ.

55 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 03:06:19
>>51

中国から投稿された論文、最近結構査読しろって結構回ってくるけど、笑える
(というか怒りがわいてくる)ようなの多いよね。
欧米に出て行って研究している人の論文はしっかりしてるんだけど、本土から
投稿されるやつは(大御所除いて)酷いレベルな率が非常に高い気がする。

56 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 06:50:09
>>55
まず、英語が分からない。くどいが、肝心のところは書いてない。
まあ、日本人も似たようなもんかな
日本人英語だと、不思議とよく分かるんだよねw

57 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 07:42:50
>>48

分母が数人減っても分子が億円単位で小さくなるから

58 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 09:51:12
>>43
時限爆弾はまだ爆発していないよ
今週はマスコミ報道に注目だ

59 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 13:45:55
荒らしの前の静けさ・・・

60 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 07:25:27
その時限爆弾は、他の研究者の暴露も含まれている?

61 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 10:09:50
>>57
億単位で済めば万々歳っ
まあ、今度のことで研究費の風通しが良くなれば良いのだが
と、がんばって希望的に考えてみるか

62 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 14:28:42
科学新聞の一面に詳細が載っているね。

63 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 22:11:27
>>62
新しい情報あった?

64 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 07:09:49
こっちは、そんなに悪質ではないとおもうがの。「神頼み」、気持ちは分かる。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060711i201.htm?from=main2

【国立天文台教授が科研費で「神頼み」、お札購入に流用】
国立天文台教授が科研費で「神頼み」、お札購入に流用
 太陽観測の権威として知られる国立天文台(東京都三鷹市)の男性教授(51)が、
1998年から4年間に文部科学省から受けた科学研究費補助金(科研費)のうち、
研究を手伝う大学院生に支払う「謝金」と報告していた計185万円を不正流用して
いたことが10日、わかった。
 教授はこの補助金を、今年9月に打ち上げられる予定の太陽観測衛星での実験成功
を祈る祈願料などに充てていた。今月7日、同天文台から流用の中間報告を受けた
文部科学省は、「神頼みなどに科研費は使えない」として、今後、返還請求や教授の
処分を検討する。

65 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 07:10:58
(続き)
 教授に対する科研費は、太陽観測衛星「ソーラーB」に搭載する望遠鏡の開発のため、
4年間に支給された3440万円のうち、185万円は、研究を手伝った大学院生の
日当として払う「謝金」として報告していた。
 しかし実際には教授はこの「謝金」を、会議の際の飲食代やタクシー代、研究メンバー
の結婚式の際の祝電代などに使っていた。また太陽観測衛星に積み込む望遠鏡での
観測実験成功を祈るため、秩父神社(埼玉県秩父市)のお札を8000円で購入した。
 「科研費を流用している」と外部の指摘を受け、同天文台は6月13日に調査委を
設置。科研費の使途を文科省に報告する書類に不自然な点があったことから、
不正流用が確認された。同天文台の調査で、教授は、いったん「謝金」として大学院生の
銀行口座に振り込まれた金を、自分自身に返金させるなどしていたことも分かった。
不正流用を裏付ける教授のメールも残されていた。
 教授は10日、読売新聞の取材に対し、「研究の一環として認められると思っていたが、
目的外使用と指摘されればその通り」と流用の事実を認めた。
 またお札の購入については「望遠鏡の開発実験のためだけで1、2年費やしており、
何としても成功したかったので買った」と釈明している。
 これに対し、文科省は「科研費の目的外使用については周知徹底を図っていたつもりだが、
残念」としたうえで、「研究に付随するものは申請すれば認められるが、(お札などは)
常識で判断してもらわないと……」と話している。

66 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 07:12:42
(さらに続き)
 教授は東大卒。第2号太陽観測衛星「ようこう」(91年打ち上げ)の軟エックス線
望遠鏡の開発の中心メンバーとなった。96年に同天文台の教授に着任し、現在、
「ソーラーB推進室長」を務めている。国立天文台は、東京都三鷹市にある国内最大の
宇宙観測拠点。約260人の研究スタッフを抱え、国内のほかハワイにも観測所を持ち、
海外との共同研究も多数手掛けている。
 教授がお札を買っていた秩父神社は、「星の神様」とされる「妙見様」という女神を
まつっている。
 小暮智一・京都大名誉教授(天文学)は「今回のケースは明らかに『研究目的』から
外れており、少額といっても許されるものではない。だが、研究者は長い時間をかけて
一つの実験に没頭することが多く、神頼みしたくなる気持ちは理解できる」と話している。
(2006年7月11日3時2分読売新聞)

67 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 08:04:10
「噂になるずっと前からおかしいと思っていました」佐藤藍子

68 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 10:11:49
>秩父神社(埼玉県秩父市)のお札を8000円で購入
>秩父神社は、「星の神様」とされる「妙見様」という女神をまつっている。

妙見様のお札、高いね。霊験あらたかと察せらるる

69 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 11:13:11
政治家 役人 癒着 → 巨額予算獲得
こういうケースはまだ公にされていませんね

70 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 11:29:29
>>69
オレの分野で一つ知っている。それに大企業が加わるんだけどね。内部告発した瞬間にオレが消されそう。

71 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 13:51:24

ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/sci/20060711/ftu_____sci_____000.shtml
「研究費不正受給 論文ねつ造疑惑 早大、文科省に激震」


72 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 15:25:31
研究メンバーの結婚式の際の祝電代だけではなくお祝いも包んだと思われ

73 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 16:36:46
科学研究費185万円を不正使用 国立天文台教授
2006年07月11日13時57分
http://www.asahi.com/national/update/0711/TKY200607110366.html
前略
 天文台の調査によると、研究を手伝った大学院生の口座に振り込まれた謝金185万円
を自分の銀行口座に返金させ、うち176万円を大学院生の旅費にあてたほか、
研究の成功祈願のお札代(8000円)、研究メンバーの結婚式の祝電代(約1000円)
など、研究業務とは無関係の支出にもあてていたという。
後略

研究メンバーの結婚式の祝電代(約1000円)、まあカワイイ

74 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 17:14:44
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060711/eve_____sya_____007.shtml
なーんだ。たった9万円の不正なのか。人騒がせな。
学生の旅費をアルバイト代で処理したのであれば大きな問題ではない。

75 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 18:48:27
>>74
この手の小さいのがドンドン出てきて、本丸はいつの間にかウヤムヤに


76 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 23:09:23
各組織、自己防衛のために、どうでもよいようなものでも
次々自己申告し始めるのかなあ? マスコミもいちいち
取り上げなくてよいものを。

77 :69:2006/07/11(火) 23:36:52
>>70
へぇ、他にも同じような人がやはりいますか。今後は消されるとか心配せずに、
とりあえず文科省の窓口に匿名で報告するほうがいいかもね。世のため。

有名政治家まで巻き込んでの不正審査となると、マスコミ受けは間違いないね。
額もすさまじいしね。それ以上に本人の研究能力のなさが最悪。

ああ、でも文科相内部の人間との癒着となれば、もみ消されるか…

78 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 00:21:25
コピペfrom生物板
65 :名無しゲノムのクローンさん :2006/07/11(火) 02:35:10
アメリカではついにねつ造データでグラントを取って実刑1年という判決がでたぞ。

http://www.burlingtonfreepress.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20060629/NEWS01/606290315/1009

<Former UVM professor sentenced to jail for fraud>
Former University of Vermont professor Eric Poehlman on Wednesday became
the first academic researcher in the country to be sentenced to prison time
for fabricating data in scientific studies.

In spring 2005 Poehlman pleaded guilty to one count of making false statements
in a successful 1999 application to the National Institutes of Health for
a $542,000 grant, but he also admitted faking results in numerous studies and
proposals for a decade beginning in 1992.

Poehlman, 50, who now lives in Montreal, stood expressionless in federal court
in Burlington as Judge William Sessions III chastised him for violating
the public's trust and ordered him to spend a year and a day in custody.

79 :元学生:2006/07/12(水) 00:24:25
おのおの方、本当に悪いやつは早稲田にあり、いざ討ち入り!投資信託、捏造、くそ食らえと言ってますぞ!

80 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 00:35:03
>>77 毎日の元村さんに伝えるのがよいのでは。

81 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 00:42:22
トンネル会社の売り上げの5%をうちへの政治献金にまわせと
政治家のあ
sjぢあじゃsぎdjgかdsjkl;gdhjhぐhじこ
なにをすろいおpjjkじゃklgjヵ

82 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 01:16:27
>>81

ふじこならわかるが
どうやったらそんなタイプができるんだ?

83 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 02:34:01
>>70
M本さんの件も、本当は色んな超大手企業が絡んでますよ。
ちなみに彼女は総合科学技術議員だったので、K泉さんとも”ワインを貰う仲”でした。

早稲田は駄目なので、JST・NEDO・文科省が詳しく調べてる様です。
今新聞に出ているのは尻尾部分で、本丸についてはまだ報道されていません。
が、確実に調査は進んでいそうです。

貴方が81と同じ方なら、確かに政治家が絡んでいるのは厄介ですが、マスコミは必ず
というかむしろ頑張ってくれますね。
なので、その政治家の政党を見て(これは重要!)その政党に肩入れしてなさそうな
新聞社を選ぶのが正解ではないでしょうか?

84 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 04:22:20
山形大教授を病院機器入札の談合関与で書類送検へ

 山形県立新庄病院に納入された麻酔器の入札を巡る談合事件で、同県警は12日、山形大
医学部の男性教授(49)を競売入札妨害(談合)容疑で山形地検へ書類送検する。
 調べによると、教授は2004年12月に新庄病院で行われた麻酔器の指名競争入札で、
医療機器販売業「シバタインテック」(仙台市)が落札できるよう同病院手術部長(52)
(競売入札妨害罪で略式命令)らに、ほかの指名業者らに談合を働きかけるよう指示した疑い
が持たれている。教授は、関与を認めているという。
 手術部長は04年4月に新庄病院に赴任するまで、教授の下で助教授を務めていた。この
教授は、山形大麻酔科学分野の研究チームが論文をねつ造していた問題にも関与、医学部
調査委員会の調査にデータねつ造を指示したことを認めている。
(2006年7月12日3時0分 読売新聞)
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060712i201.htm?from=main2

85 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 07:34:45
X省のX億円規模のプロジェクトの予備調査委員会の時に、額が大きすぎて使い切れないとX大学のA教授(委員長)がクレームをつけた。
そのときのX省の役人の言った言葉が思い出される。「金額は大きいほど通りやすいんですよ。対抗プロジェクトはXだが、なーに、X党のXに言えば通りますよ。あとでX円ほど渡せば良いんです」
役人にとっては、内容は無関係。どれだけ大きな額を動かせたかで評価が決まる。
この場合、A教授の見識というか、常識が勝って、結局そのプロジェクトは潰れた。
役人の提示した金額の大きさに仰天して、私はしばらく夢見ごごちだったが、もし予算化されていたらと今冷静に考えると恐ろしい。
当人の性格のにもよるが、私は捏造はしなかったと思う。しかし、金額のプレッシャーと見合う成果が出なかったら、自殺ぐらいはしていたかもしれない。
実際、額は二桁も低いが、特別推進研究の初期(文部省時代)には途中で自殺した先生が居たはずだ。はたから見ると、そこそこの成果が出ていたと思う。
以上、老人の繰り言。

86 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 07:59:23
>>80
心配すんな、彼女はこのスレを毎日チェックしている。
そのうちに掲載されるよ。
ちなみに朝日の記者も愛読している模様。
「蛍光の明るさを示す測定値(量子収率)」という慎重な表現、ご苦労さんです。

87 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 14:22:16
>>83
じゃ、自民党系はだめだねw

88 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 17:01:55
大学研究費不正受給、申告すれば罰則軽減…文科省検討 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060712i307.htm

 大学教官らによる研究費の不正使用が相次ぐ中、文部科学省は、不正を自主申告し
て流用分を返還した研究者に対し、罰則を軽減する措置の検討を始めた。

 実効性を見きわめたうえで、12月にまとめる不正対策指針に盛り込む。

 検討しているのは、研究費の応募資格停止期間の短縮。例えば、業者と結託して研
究費をプールしたり、架空のアルバイト賃金を請求して目的外使用した場合は、通常
4年間資格が停止されるが、自主申告した場合は、もっと短くする。

 過去の不正の“自首”を促すことで、告発の乱発で調査が混乱するのを防ぐとともに、
監査の労力を減らすのが狙い。

措置の対象をすべての研究費とするか、一定額以上にするか、罰則をどの程度まで軽
減するかなど詳細については、8月に同省が設置する外部有識者会議の議論に委ねる。

 同省は松本和子・早大教授による科学技術振興調整費の私的流用を受け、先月から
対策を検討していた。

大学に対しては、内部通報制度の確立や監査体制の充実を求めていく。

89 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 18:23:02
自首される前に、内部告発しようかなー?
オレの知っているのはNEDOの不正なんだけどね。
研究従事者を水増しして架空請求していたの。
もちろんオレもまったく関係ないけど、勤務表に付けていたよ。
さてどうするか?

90 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 21:03:17
>>89
直ちにメールで告発すべき。
メールの最後には「調査しないとマスコミに情報を流す」と付け加えること。
役人は結局マスコミが怖いんだよな。

91 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 23:18:13
>>89
架空請求のあとの使い道が問題だ
だれかが個人的に利益を得ていたのなら告発も良いだろう
しかし、現行制度で支払えないような研究に必要経費なら思いとどまれ
実は、君も知らず知らずに恩恵を受けていたかもしれん(恩恵といっても、個人的な利益ではない。研究上、絶対必要な経費だけれど今の制度では出せない経費なんかいっぱいある)
真の敵が、今の上司なのか、現行制度なのか、見極めなきゃならんよ
現行制度がアホなので仕方なしに(税金の有効活用のために)、水増し請求で資金をプールしているってことはあり得る。
性悪説にとらわれすぎて、青臭い正義感に流されないように。
でも、変な場合は断固としてやるべし。変な上司もいっぱい居る。
どう判断するかはあんた次第だよ。告発の結果の影響は大きいと思うが、そのときに後悔しないようによく考えてね

92 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 23:31:33
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060712i513.htm

早大・松本教授、バイオ企業と2484万架空取引疑い(2006年7月12日21時54分読売新聞)
 早稲田大学の松本和子教授による研究費不正受給問題を調べてきた早大の調査委員会
(委員長=田山輝明・副総長)は12日、不正受給についての最終報告を発表した。

 その中で、調査委は、松本教授が非常勤取締役を務めていたバイオ関連企業との間で、
2484万円に及ぶ架空の取引があった疑いが高いと結論づけた。
 これを受けて早大は、すでに不正受給が確認されている架空のアルバイト料1472万円を含め、
計約4000万円を国に返還する考えを明らかにした。
 調査委の調べによると、2001〜03年度の間、このバイオ関連企業と早大との間で
交わされた取引の総額は、実験に使う試薬などの購入を中心に7391万円。
 その大半が文部科学省の科学技術振興調整費などの国費で賄われた。
 このうち、約5000万円分についての取引は問題がなかったものの、
疑惑がもたれてきた2484万円については、早大に処理伝票が残されていただけで、
バイオ関連企業の発注に基づいて納品の実務を担当した業者の手元に納入伝票さえ
存在しなかったという。
 また、このバイオ関連企業が01年度から2年間、寄付講座を開設するために行った
同大への寄付金の総額は2250万円で、架空請求の疑いありと今回認定された2484万円
と極めて近い金額であることから、調査委は、不正受給した資金の大半が寄付講座として還流された
可能性があると指摘した。
 松本教授は02年6月から04年2月までこの企業の取締役を務めていた。
 早大側の事情聴取に対し、松本教授は、架空取引を否定しているという。
 委員長の田山副総長の話「今後も、松本教授が関連する研究費の使用状況を調査し、
警察からの捜査協力依頼があれば、応じたい」


93 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 00:35:07
不正の“自首”、告発の乱発、内部通報、監査体制など、どこかよその国のことだと
思っていたよ。日本も生きづらい世の中になったものだ。情けなし。

94 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:05:57
>>93
昭和一桁世代には良かれ悪しかれ戦前の「日本式美徳」や「恥」の精神文化が染み込んでいた。
告発も監査も要らないような自浄作用がソコソコあったのではないか。
一方、今問題になっている団塊の世代は過競争で勝てば官軍的エゲツナイ行動が身に付いている。
それを見てきた次の世代は、それを見習うしかない。ライブドア事件が良い例。
日本人のメンタリティが大転換してしまったのではないか。

まあ、比較の問題だがね。昭和一桁や大正世代にもエゲツナイのはいるからなあ、まだ現役で・・・

95 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:27:09
早大不正:「約2480万円の架空取引があった可能性」
毎日新聞 2006年7月12日 23時08分 (最終更新時間 7月13日 5時37分)

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060713k0000m040139000c.html

公的研究費不正使用問題で調査結果と対策を説明する早大の白井克彦総長(中央)と副総長たち=東京都新宿
区で12日午後4時2分、尾籠章裕写す
 早稲田大理工学部の松本和子教授による公的研究費の不正使用問題で、早大は12日、松本教授とバイオ
関連ベンチャー企業との間で約2480万円の架空取引があった可能性が高いとする調査結果を発表した。
判明している架空アルバイト代約1470万円と合わせ、同教授による公的研究費不正は約4000万円に
上る。松本教授は架空取引を否定しているが、早大は全額を国に返還した上で、松本教授と支払い責任につ
いて協議する。
 早大によると、松本教授は02年6月〜04年2月までこの企業の非常勤取締役で、薬品などを同社に発
注していた。7000万円余の取引のうち38件約2480万円分の納品が確認できなかった。
 一方、ベンチャー企業は01年9月に早大大学院に寄付講座を開設。架空取引額とほぼ同額の2250万
円を01〜02年度分の寄付金として早大に支払った。講座は04年度までの予定だったが、その後は寄付
がなく、04年3月で閉鎖された。
 企業は早大の調査依頼に応じていないが、疑惑が浮上した04年7月、理工学部関係者に「早大に架空請
求した」と話していたという。これらから早大は、寄付金は架空取引でねん出された可能性が高いと結論付
けた。
 松本教授の論文不正疑惑については、学外の機関に検証を依頼する。
 これまでの調査で、松本教授は1470万円を不正受給し、うち900万円を投資信託で運用したことが
判明。教授は不正受給額の返還と辞職を早大に申し出たが、処分を検討中の早大は辞表を受理していない。

 また、早大は再発防止策を発表した。研究推進部職員を6人増の30人にし、公的研究費が年間1000
万円以上の研究は、経理状況を毎月確認する。研究室に任せてきた納品のチェックも学内に設置する「検収

ンター」で実施する。【須田桃子、山田大輔】

96 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:27:53
続き
 ◇文科省が防止策
 文部科学省は12日、早稲田大理工学部の松本和子教授が不正使用していた科学技術振興調整費について、
不正防止策を財務省に提出した。内部告発窓口の整備や文科省による抜き打ち監査などを挙げている。今後、
この防止策を基本に、総合的な研究費の不正防止策を年内に策定する。【下桐実雅子】
 ◇「背景」研究費 不正使用の連鎖は断ち切れるのか
早稲田大理工学部の松本和子教授が不正受給した公的研究費は総額4000万円に上った。早大が12日公
表した公的研究費の不正使用問題に対する調査結果。背景には、生命科学研究分野で利害を共有する松本教
授と、ベンチャー企業との「癒着の構図」があった。見せ掛けの「将来性」につぎ込まれた公的研究費が、
結果的に不正の温床になった。研究費の不正使用の連鎖は断ち切れるのか。
【石丸整、三木陽介、元村有希子、下桐実雅子】


97 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:28:38
続き
 松本教授と問題のベンチャー企業との関係は、01年に始まったとされる。社長(67)が松本教授を訪
ねたことがきっかけだった。
 当時、松本教授は、自ら開発した金属化合物をDNA解析などの試薬として使う技術の確立を目指してい
た。関係者は「教授は社長の知識を高く評価したようだ。最初から意気投合した」と振り返る。教授は同年
3月、同社の取締役に就任。3カ月後にいったん退任したが、その後株主になった。
 01年の同社の資本金は2000万円。社長と家族で経営し、事務所は東京都内の企業に「間借り」して
いた。バイオ関連製品の販売などを続けていたが、松本教授との出会いを機に急成長する。
 01年3月期に450万円の売上高は、02年3月期に1500万円。02年6月、松本教授が再び非常
勤取締役に就任すると、03年3月期の売上高は1億1600万円にはね上がった。
 関係者は「松本教授は無報酬だったが、社には大きなメリットがあった」と語る。教授の「信用力」で大
手繊維メーカーの出資も取り付け、資本金は1億5600万に増えた。
 02年9月には、免疫機能の測定に関する基礎技術で特許を共同出願。「松本先生の技術を使えば、わず
かな細胞で病気が診断できるようになる」「腫瘍(しゅよう)の悪性、良性が瞬時に判断できる」。社長は
周囲にそう語っていた。
 一方、同社は01年9月、早大に自社の寄付金で「寄付講座」を開設した。松本教授が「右腕」と信頼す
る中国人研究者を客員助教授として招き、報酬計約1400万円を支払った。この研究者は、01年の松本
教授の論文の共同研究者で、データに不正の疑いが持たれている。
 寄付講座は3年半の予定だったが、2年半で中断した。早大に支払われた寄付金は2年分で計2250万
円。早大は12日の会見で、松本教授と同社との架空取引で支給された2484万円が寄付に転用された可
能性が高いとした。事実なら、公的研究費が一企業の宣伝に使われ、松本教授の影響力が及ぶ範囲に「還流」
されたことになる。

98 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:29:19
続き
 松本教授は早大の調査委員会に対し、架空取引額について「(同社から)納品があったと理解している。
大変驚いている」と答えたとされる。一方、早大が04年、寄付講座中断の事情を聴いた際、社長は「松本
教授からもらった金で寄付していたが、金がもらえないから寄付できない」と説明している。
 松本教授は寄付講座中断直前の04年2月、取締役を辞任。「共存共栄」の関係は、この時完全に途絶し
たと言えそうだ。
 早大によると、松本教授は早大助教授に就任した84年以降、計33件約7億1500万円に上る公的研
究費を代表者として受けた。多くは、松本教授が研究領域を化学から生命科学に広げ始めた90年代後半に
集中しており、過度な集中が不正を誘発したと言えそうだ。
 「研究費をたくさんもらうので、年度末に余ってしまう。架空バイト料請求は、余った予算を次の年度に
繰り越すためだった」。研究室の関係者は振り返る。
 研究室では使い切れなかった人件費を「アルバイト謝金」として架空請求し、銀行口座にプールして予備
費として使うことが常態化。研究費が増えるにつれて、他学科や学外の知人にまで頼んで名義を借りるなど
エスカレートした。
 ある元研究員は02年、架空請求のために名前を貸した。「お世話になった義理もあり、断れなかった」
と振り返る。その結果、300万円近い「所得外収入」が出て、翌年に特別地方税を課税された。松本教授
に補償を迫ったが、「堤(治・東京大医学部教授)さんの不正受給問題で、研究費の使い方が厳しくなって
る」と断られたという。


99 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:29:58
続き
 バイト料の架空請求が650万円に達した00年度、松本教授は文部科学省の科学技術振興調整費など少
なくとも4件の公的研究費を獲得し、年間1億円以上使える状況にあった。
 05年夏の調査では、公的研究費を獲得した研究者の89%は「1件」だけで、平均受給額は478万円。
一方、5件以上を同時に受けている研究者が0・1%おり、彼らが受け取った平均は8100万円。多くの
公的研究費を獲得した研究者に、より多くの研究費が集まる傾向は、これまでも度々指摘されてきた。
 不正に使われたのは、文部科学省が配分する「科学技術振興調整費」だった。今回の不正発覚で、約50
機関に配分予定の今年度新規採択分106億円は凍結されたまま。文科省は早期の支給を財務省に求めると
ともに、不正防止策を12日、打ち出した。
 文科省幹部は「ウミを出し切りたい」と話し、抜本的な対策も年内にまとめる考えだ。過去の不正を
「自白」した研究者には、研究費の申請資格停止期間を短縮するなど、制裁減免も検討するほか、研究機関
に内部監査の強化を求めた。
 科学技術・学術審議会研究費部会委員の家泰弘・東京大物性研究所教授は「付け焼き刃に見えるかもしれ
ないが、(研究者は不正をしないという)性善説に立ってきた研究費助成システムにとって一罰百戒の意味
がある」と評価。そのうえで、「ここ10年ほど、研究資金が大幅に増えたが、それに見合う行動規範がな
かった。生命科学などの重点分野では、使い切れないほどの予算が集中した。最近は研究者の評価が資金量
で決められる風潮もあった」と指摘する。
 一方、三菱総研の高橋寿夫・主席研究員(科学技術政策)は「著名な研究者に研究費が集まりがちだが、
研究内容をしっかり評価し、可能性のある研究者に広く行き渡る仕組みをつくることも重要だ」と注文をつ
けた。

100 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 06:33:33
>>95
毎日のながーい記事だ。一応の決着ということで貼っておきます。

文頭の
>公的研究費不正使用問題で調査結果と対策を説明する早大の白井克彦総長(中央)と副総長たち=東京都新宿
区で12日午後4時2分、尾籠章裕写す
は写真のキャプション

136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)