5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

製薬会社の有機化学

1 : :2005/12/11(日) 21:53:09
製薬会社の有機化学のレベルってどんなものですか?
素人なのでよろしくお願いします。

2 :あるケミストさん:2005/12/11(日) 22:02:52
素人は質問スレに行っとけよ。削除依頼出せ

3 : :2005/12/11(日) 23:43:30
製薬と化学企業、大学との違いとはどうなんだろう

4 :あるケミストさん:2005/12/11(日) 23:44:39
該当者による意見の出し合いしたらどうだろう

5 :あるケミストさん:2005/12/12(月) 20:50:42
1よりはレベル高いと思いました


6 :あるケミストさん:2005/12/12(月) 22:18:19
製薬はかなりのベテランって気がする

7 :あるケミストさん:2005/12/12(月) 22:27:50
会社で作る化合物はシンプルで安定なのが多い(というかそれが求められる)けど、
量やスピードを求められるので、大学の化学とはまた違った難しさがある。
やってる人たちも10年、15年実験でメシを食ってるベテランだから、
やっぱり凄腕の人はいて、感心させられることも多い。

大学は知識で勝負だけど、会社は経験で勝負する場面が多い、ってとこだろうか。

8 :あるケミストさん:2005/12/12(月) 22:54:43
薬の構造ってシンプルじゃないの沢山ないか?
それなのにシンプルなのを合成するのか?

9 :3のつくひと ◆XX.dqnMOLw :2005/12/13(火) 00:39:14
構造はシンプルに限る

薬は目的の酵素にだけ働き、その他の酵素に作用しないのが望ましい。
だからその他大勢と区別されるための、独特の構造を有する

しかしその一方、不要な置換基は目的の酵素とのバインディングを妨げる
だからこそ薬の構造に余計な置換基は存在しない
すべてが設計されつくしたシングル・パーパス・ストラクチュアなのだ。

10 :あるケミストさん:2005/12/13(火) 12:02:23
>>9
カッコつけないでいいから日本語で書け.

11 :あるケミストさん:2005/12/13(火) 22:03:07
製薬業界目指しているB3です
たとえばウォーレンに書いてある程度の知識は
当たり前なのですか?

12 :あるケミストさん:2005/12/13(火) 22:08:33
>>11

マクマリーで十二分

13 :あるケミストさん:2005/12/13(火) 22:11:55
探索とプロセスの業務上の違いは?

14 :あるケミストさん:2005/12/13(火) 22:29:26
警察庁-北朝鮮ホロン部の活動活発化を指摘
1 :依頼@みなみ記者ψ ★ :2005/12/13(火) 13:51:10 ID:???0

警察庁は12日、過激派やテロ情勢を分析した2005年版「治安の回顧と展望」を公表し、
北朝鮮が自国に有利な世論作りのため、対日工作を活発化していると指摘した。

tp://www.vipper.org/vip157491.jpg
※webソースがないので13日付読売朝刊より抜粋。

tp://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2005121301000083_National.html
関連記事:中国新聞 2005/12/13 06:53


15 :3のつくひと ◆XX.dqnMOLw :2005/12/13(火) 22:32:39
>>13
プロセスは特定の化合物の合成に特化して
トータルコストの極小を目指す。
同時に不純物プロファイルを確定し安定した品質を作りこむ

探索は作るのが目的
手間を省いて作る(コストミニマムよりは人件費を気にしている?)
不純物があればカラムかけろ、蒸留しろ
キラルアミンで再結晶だ

16 :13:2005/12/13(火) 22:53:46
>>15
解答ありがとうございます。

15さんはどっちが好きですか?

17 :3のつくひと ◆XX.dqnMOLw :2005/12/13(火) 23:52:47
プロセス大好きなんだけど
最近は探索屋さんになってるな

合成ルートは自由
経費は1日10万円(注意:人件費)と原料費→ユーザーに請求
分液、吸着、カラム、蒸留、再結晶を組み合わせ
いかにすばやく目的物(高純度、たいていは99.5%以上)を合成するか

キャノンボールみたい。

18 :あるケミストさん:2005/12/14(水) 00:12:50
>>17
いかにもプロセス出身らしい感じですねw

俺が探索で驚いたのは、反応液(10mlくらい)をクエンチもせずにそのままカラムに
乗っけちゃう人。

ええ〜?!あり得ない!と驚いていたら、

「そのためにたくさんシリカゲル使ってるし。モノが取れればいいわけだから。
 先ずは取ってみて、収率は活性みてから考えればいいんじゃない?」

とのこと。
しかもカラムも早くて、意外にきれい。その分、ノートはとても汚い。
反応式とモノが取れたこと(10%か50%か80%か)くらいしか、アテにならない。
(入れている量も、かなり適当だから)

反応もディスポの試験管や大きめのHPLCバイアルなので、そのまま使い捨て。
後処理せずカラムに乗せるだけだから、器具洗浄もあまりなし。

ちょっとカルチャーショックを感じた。

19 :あるケミストさん:2005/12/14(水) 01:40:50
ぶっちゃけありえなーい。

ってやつか

20 :あるケミストさん:2005/12/14(水) 22:24:58
今某化学企業に勤めてるが、転職で製薬の合成できるかな?
大学での研究は生理活性物質の合成ですた

21 :11:2005/12/15(木) 23:01:05
>>12
マクマリーで十分とは信じられないのですが・・・

22 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 23:17:52
普通大学の研究室では合成したらカラムするが、
大量生産ではカラムで精製ってわけには行かないでしょう。
できれば蒸留や再結晶となると思いますが、
それが難しいときはやっぱりカラムで精製するのかな?

23 : ◆4AZXvtG0Zg :2005/12/23(金) 23:25:03
>22
光学活性体の分離や醗酵生産物の精製にカラムを使うことはあるかもしれないが…。
バッチ処理で工業的にカラムを使うとコストが掛かりすぎる。
それにバリデーションの手間も考えると…。
カラム精製に行き着くようなら、合成ルートを1から作り直すよ。

24 :22:2005/12/23(金) 23:32:47
>23
バリデーション製造でカラムがあると厄介ののですか?

25 : ◆x1fR7mS0VY :2005/12/23(金) 23:33:30
薬理に関しては全くの素人だが…。
最近の種はな〜んにも溶けない(溶けにくい)モノが多すぎる。
ほんとに吸収されるのかね??
おかげで安定生産しにくいことこの上ない。
等電点通過した瞬間ドサーって析出。晶形むちゃくちゃ…。
ってなルートを作る奴もいる…。尻拭いの身にもなれ…orz

26 : ◆oHB/noUJW2 :2005/12/23(金) 23:37:34
文字列が上手く出ないや…。
>23
再現性をどのようにして担保するかが難しい。
保持時間や移動層カラム温度の管理のみならず、
カラムの性質はロットによって微妙に異なるし…。
分析用HPLCのようにシステム適合性を生産の度に検証するわけにも行かないしね。
不可能ではないが、検証項目が爆発的に増えてコストが掛かりすぎる。

27 :3のつくひと ◆XX.dqnMOLw :2005/12/24(土) 03:04:58
>>22
バリデーションがない製品でカラム処理つきってのはある。
吸着剤は4種類くらい、カラムは600Lとかだし… コワイヨー

>>23
カラムはそれほど製品コストを上げたりしない。
濃縮や晶析の方が時間が必要だったりするし

28 :大和路新快速 ◆x1fR7mS0VY :2005/12/24(土) 09:39:45
>>27
600Lのカラムって…直径どれくらいですか(スゴイデスネ)?
確かに恒常的にその化合物を生産するのなら、設備も整えられるんだが…。
カラム分取って品質にクリティカルだろうから、インプロセスコントロールは必要ですよね。
工程のGO or NOTを決定する人員を3交替で準備するのはちょっと…笑)。
NON-GMPなら良いのですけどね〜

29 :24:2005/12/25(日) 02:10:04
なんかすごいですね。
大学の合成しかしたことのない自分には
思いもよらないことがたくさんありそう

30 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 09:44:15
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200512020043.html

31 :あるケミストさん:2006/04/04(火) 13:37:52
セクハラ・パワハラ・アカハラを撲滅しよう。


32 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 00:52:56
製薬会社で有機合成系のことするなら、生物系の知識は薬学部並みくらいじゃなきゃ駄目なの?
工学部からだったら厳しいの?

33 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 01:02:24
カラムじゃなく、超臨界分離ではダメ?

34 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 15:03:18
>>32
プロセス合成ならほとんどいらないんじゃないか?
せいぜい再結晶溶媒どれが認可されてるかとかかな。

探索は当然生物・薬理学の基礎的な知識は要求される。

でもやっぱ合成能力がモノをいうから在学中は幅広い合成知識を身につけたまえ。
会社はいって初めて複素環やるってひとのなんと多いことか。

まんこ

35 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 12:02:44
>>32・34

まあ、実務の面で合成は、大學だと限られちゃうのが普通だよね。

まあ、頭でっかちといわれても、せめて知識だけはたくさん入れておいても問題なし。
ただし、大學の教科書でも分かりやすく説明するために嘘の反応機構を書いてあるのが多いから。
すべてを鵜呑みにしないで、最新の合成論文にも目を通すことも忘れずに!

自分も会社に入って論文とか先輩方のアドバイスで
知識の修正がたくさんあったので、
教科書にも間違いがたくさんあるんだと認識しました。
とともに、日々地味に真理の追究が続いていることに頭が下がります。


36 :あるケミストさん:2006/06/02(金) 22:49:20
製薬会社は、理学(有機化学)/薬学(有機化学)/工学(有機化学)では、
どれが「好み」とかあったりするのでしょうか。コネや紹介というのは大切
ですか。また、製薬はベテランばかりなのかもしれないが、その経験値はど
う稼げばいいのでしょう。

37 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 03:06:36
いみわかめ

38 :あるケミストさん:2006/09/22(金) 00:33:24
製薬の考える合成ルートは作れればいいというものが多い。
塩化メチレンなんか使えねえんだよ。ボケ!
あたりまえと言えばあたりまえ。そこが中間体製造会社の飯の種になるw

>>36
ヒント 教授

39 :あるケミストさん:2006/09/30(土) 03:14:58
交通違反の取り締まり担当の警察官が飲酒運転で逮捕


交通違反の取り締まりを担当している警視庁の現職警察官が、酒気帯び運転で現行犯逮捕されました。

捕まったのは、警視庁交通執行課の巡査部長・藤崎信一容疑者(47)です。藤崎容疑者は28日午後11時過ぎ、
千葉県大網白里町で、千葉県警の検問に止められ、酒気帯び運転が発覚しました。藤崎容疑者は28日、勤務
を終えた後、同僚らと銀座で3時間あまり酒を飲み、自宅近くの駅から車で帰宅していました。藤崎容疑者は、
交通違反の取り締まりを担当する部署で、飲酒運転やスピード違反など違反行為をした人に出頭を促す係り
をしていました。警視庁は「飲酒運転の撲滅に取り組んでいるなか、職員がこのような事案を起こしたこと
は、誠に遺憾。再発防止に努めたい」とコメントしています。


飲酒運転、分かった時点で免職!
飲酒運転で捕まらなくても免職!
自主退職でも、飲酒運転が分かれば退職金を支払うな!!

当たり前!!

40 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 21:50:01
>>17
これを見てみろ。日本の実態が分かるから。世界を救う事が出来るのは日本人なんだ!宗教がある国はダメ。沢山の人が事情を知る事によって日本だけじゃなく世界が変わる!真面目な人間ほど馬鹿を見る国ではなくなるんだよ!
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/news/2092/1165625449/1

41 :あるケミストさん:2006/12/24(日) 00:20:42
プロセス屋さんと話をしていて驚いたこと。
水素化ナトリウムで酸素アニオン出しといてアルキル化する反応で、
実験室ではもちろんDMFを使って反応させていた。
そうしたらそのプロセス屋さん(中年のオッサン。駅弁学卒)が「DMF、
イヤだよなあ、トルエンにならねーかな」と言った。
俺は「この人、非プロトン性極性溶媒ってものを理解しているのかな」と
冷ややかな目で見ていた。
そうしたら翌日(本当に翌日だった)、その人が実験室に来て
「トルエンでやってみたよ。DMFより収率よかった」って教えてくれた。
それも淡々と。

俺の大学で覚えた知識が崩壊した瞬間だったな。

42 :あるケミストさん:2006/12/24(日) 12:39:37
>>41
NaHとDMFの組み合わせはスケールアップで反応の暴走事故が
しばしば起きると報告されています。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsse3/old/moyousimono/Gijyutu/3SafetyExp.html


自分もプロセスだけど「DMFでNaH」と聞いた瞬間、
「あ、それはヤバイな」
と思ったよ。

つまりあなたの知識は、まだまだ「生兵法」の域だったということ。
化学のプロフェッショナルの知識、経験を舐めたらアカンよ。w

43 :あるケミストさん:2007/01/04(木) 10:30:52
そそ、俺もまだ5年目だけど、
院卒でも学校で習った有機化学が
基本だけで、場合によっては間違っていたこともしばしば、
せめて教える時点で、理解するために多少嘘もありますとか
言っておいてほしかったわな・・


44 :あるケミストさん:2007/01/08(月) 21:29:27
>>43
嘘だと分かったら覚える気しないじゃんw
少なくとも俺はそう

45 :あるケミストさん:2007/01/14(日) 01:34:44
うちなんて1年のときはハート基礎有機化学だぜ。
ただ教授は、”わかりやすくするために若干間違えた記述を
しています。” とコラム的に紹介してくれたけど。
いきなり、細かいことを教えると大筋を見失うからとのことだった。
確かLAHの反応機構のところだったはず。

入社当時は、SN2とかの反応形式から溶媒候補を
考えていたけど、コストや安全性を入れたプロセスケミストにおいては、
別の結論が正しいってのは、多分多くの方が実体験すると思う。

46 :あるケミストさん:2007/01/26(金) 00:25:07
>>45
ウチもハートだったよ
まあ、分かりやすいんだけどね・・・

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)