5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

HPLCスレッド

1 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 17:50:57
HPLCについて語りましょう。

私はこれから研究室でHPLCを使わねばなりません。
専門は有機合成です。
基礎知識としては学部で昔やったかなというぐらいです。
何かお勧めの本はありませんか?



2 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 18:29:19
TLCやGCからやって体で理解しろや。
合成なんて職人と同じなんだから本なんかで理解するなや

3 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 18:29:54
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1090758397/

類似スレたてるなガキ

4 :1:2005/07/31(日) 19:00:15
>>2

TLCやGCは既に使ってる。

科学者と職人との違いは自分がやる前に理論を
理解しようとするところではないのかね?


5 :1:2005/07/31(日) 19:02:12
>>3

がきじゃねーよ。
地方の貧乏研究室なんでやっとHPLC使えるようになったんだよ。
もう30なのに一度も使ったことないのははずかしいかもしれんが。

6 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:02:15
LC屋が科学者気取るな
職人と呼ばれるだけでもありがたいと思え

7 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:04:52
30にもなって2chなんてやってる方がはずかしいよ。
お前の周りのまっとうな同僚は、この瞬間も専門書を読んでスキルを蓄えている。

8 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:06:13
2chに理論を求める時点でおまえは科学者かと問いたい。
HPLCなんざ分析化学の教科書に書いてないわけないだろう。
カラムメーカーサイト見たってアプリケーション集があるし
分析化学会の分科会とかいくらでも考えつくだろう。
30にもなって、使ったことがないのが恥ずかしい以前の問題だ。

9 :1:2005/07/31(日) 19:10:25
>>7,8

至極もっともだ。

だが今東南アジアにいるんで本屋行って見てみるわけにも
いかんのよ。
そこでお前らお勧めの良書を教えてくれんか?

10 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:11:39
普通は海外のことを「地方」とは言わない。

11 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:12:51
ちょっと待て。
有機合成専門でTLCやらシリカゲルカラム精製とかもやったことないのか?
悪いこと言わない。
研究現場から出て行け。

12 :1:2005/07/31(日) 19:17:56
>>11

もちろんあるさ。
というかそりゃルーチン的にやることだろ。
でもそれらとは違うだろ。
専門の本も大量に出てるし。



13 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:19:15
地方→東南アジアとなにか不可解だけど,マジレスすると
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4924753475/249-8944253-3832361
このシリーズ。
「虎の巻」「彪の巻」「犬の巻」
とあるが,別にどれから読んだって構わない。

て言うかHPLCなんてアンタが生まれるよりもずっとずっと昔からある技術だし
どの本読んだっていっしょ。

14 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:21:45
>>12
とことんバカなんだな。それで理論の理解だなんてどのクチが言ったもんだか。
シリカゲルクロマトグラフィーの理論理解できてる?
ルーチンだからって別物だと考えてるとは失笑だな。

15 :1:2005/07/31(日) 19:24:27
>>13
ありがとう。
それって三冊とも全然別物なのかな?
それならとりあえず全部買うけど。

>>
そうかも。

16 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:24:29
その通りだな。カラムクロマトで苦労してこそHPLCの偉大さが理解できるってもんだ

17 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:28:21
>>15
あなたのレベルから察するにまずは1冊読んでおけばいい。
とりあえず虎で。
HPLCは職人技的な部分もあるから習うより慣れろ。
分離分析の理論に精通するよりもトラブルシューティングできるようになるほうが先。
使う機器のマニュアルを熟読すること。

18 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:36:54
>>17

重ね重ねすまん。
虎と彪注文するよ。

マニュアルが現地語訳しかなくて困ってたんだ。
ありがとう。
クソすれ立ててすまんかった。

19 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:47:04
>>18
煽り入れて悪かった。
HPLC「技術者」としてがんがってください。(HPLCを科学としてやる人なんて,今やいないから)

注文するんなら止めはしないけど,無料で入手できるweb情報として
GLサイエンスの
ttp://www.gls.co.jp/tech/index.html
とか,島津のLC Talkバックナンバーとかで十分参考になる。
使ってるメーカーがどこかは知らないけど,Watersなら島津やGLサイエンス以上に
情報豊富。
日本語でwebできる環境にあるみたいだから活用してください。
・・・って,今後LC/MSとかやることになったとしても2chに頼る癖は改めたほうがいいと思います。

20 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:53:07
東南アジアだとカラムから消耗部品まで苦労するだろうに…

21 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 19:55:09
amazonで日本語の本買ってから東南アジアまで届くまでなにもせんつもりか?
つーかネタだろ東南アジアって。

22 :あるケミストさん:2005/07/31(日) 20:03:24
HPLCでググっただけで初心者に優しい情報が山ほど出てきた。
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=HPLC&lr=lang_ja

23 :あるケミストさん:2005/08/01(月) 21:48:27
>>1
どこのメーカー使ってる? それと検出器は何が
付いている? なお、教科書として(個人的に)
"高速液体クロマトグラフィーの実際" L.R. Snyder (著)
をすすめる。

24 :あるケミストさん:2005/08/01(月) 23:59:05
>>23
その本は結構レベル高い

25 :あるケミストさん:2005/08/02(火) 11:20:59
>>24
以前、>1と同じ状態に置かれたことがあったのだが、
装置をいじるのが恐ろしく、まずは基礎をと思い
読んだ本です。>1が勉強熱心なようなので勧めた次第。
なお、実際使い始めると、誰かがあげいているヒョウとか虎とかの
本の方が役に立つことがわかった(立ち読みだけど)。この手の
本では、
「液クロを上手に使うこつ」(丸善)
を持っています。

26 :あるケミストさん:2005/08/02(火) 16:57:19
装置のマニュアル
   ↓
虎とか彪のノウハウもの
   ↓
理論系の教科書

が、未経験にはお勧めではないかと

27 :あるケミストさん:2005/08/03(水) 13:13:33
1はどこ行った? ああいう胡散臭いやつは
まともな研究などできないと思われる。

28 :あるケミストさん:2005/08/05(金) 09:43:27
学生じゃあるまいし、わからないことを2chで聞くこと自体ずれているな
まして自分の事を科学者と称するなら自分で調べろ。
東南アジアとか言っているがそれなら英語の参考書を買え。
マニュアルが現地語訳しかないとか言っているがあり得ない。
無いならメーカから取り寄せろ。英語のマニュアルなら必ずある。
つーか、マニュアルと参考書は違うぞ。
参考書読んで原理が理解できてもマニュアル読めなければ調整どうするんだ?
まさか海外に出ていて英語が分からんとかみっともない状態じゃねーだろーな

29 :あるケミストさん:2005/08/05(金) 12:44:48
学部時代に留学生いたんだ、研究室に。
中国人でさ、北京語がダメで前の年からいた中国人博士課程留学生ともコミュニケーションできない。
博士課程留学生は日本語はややあやしいものの英語はペラペラだからこっちもカタコトの英語で
コミュニケーションできてた。
ところが新しく来た中国人は、北京語ダメ日本語もちろんダメ英語もできず。
寂しいのかオレの向かいの席でこれ見よがしにすすり泣いてたこともあったけど
教授がとうとう長期休暇を言い渡した。日本語か英語勉強して来いって。
戻ってくる前にオレは他大学の院に行ったけど、その後の彼の話は聞いていない。
>>1の書き込みを見て彼を思いだした。

30 :あるケミストさん:2005/08/06(土) 03:13:20
すいません、質問いいですか?
初めて液クロを使って分析したのですが、ピークの読み方がわかりません。
逆相カラムで、Trpを見ています。
条件
A:0.1%酢酸
B:メタノール
メタ20%〜100%,60分,280nm
時間が長いせいか、沢山ピークがピークが出てきて何がなんだかわからない状態です。
HPLCのメーカーサイトなんかで、「お役立ち情報」みたいなのも検索しました。
ピークの計算方法は載ってましたが、どれが何のピークであるかというのを知る方法は載ってませんでした。
(調べたりないだけか?)
基本的な質問ですみませんが、教えてください。


31 :あるケミストさん:2005/08/06(土) 03:32:21
HPLCは基本的に単独での定性分析はできない。
Pureな標準物質のピークのリテンションタイムだけを手がかりに同定するので、
対象物を分析する条件と全く同一の条件で標準物質をまず測定するのが基本。
まさか標準プロトコルのリテンションタイムと比べたりしてないよね?
機器によってデッドボリュームや遅延時間、カラムの特性やコンディションが違うし
水質一つで結果が変わる。
あとTrpって不安定なんでしょ。
オレはアミノ酸扱わないからそこらへんよく分からないけど、0.1%酢酸でTrpがちゃんと
安定に分子型になってる?イオン型になってたら逆相カラムには引っかからないよ。
移動相条件は標準プロトコルに従っていてちゃんとピークが出ることが分かってるのなら
標準物質で同定するだけです。

32 :あるケミストさん:2005/08/06(土) 08:27:52
なるほど!
ありがとうございます、早速今から試します。
あと、やっぱり空打ちも重要なのでしょうか?


33 :あるケミストさん:2005/08/06(土) 13:44:09
グラジエントメソッドならやっておくべし>空打ち

34 :あるケミストさん:2005/08/06(土) 20:36:12
>>30
いま、>>33が良い事言った!

ちなみに逆相で0.1%酢酸から100%メタノール(100%有機溶媒)って、
なかなか厳しい条件だな。
カラム痛めやすいぞ。

35 :あるケミストさん:2005/08/06(土) 21:02:52
>>30 持っていないとは思いますが、LC-MSがありますよ。
LC-TOFMS 精密質量で分子式はかなり分かりやすくなった。
でも構造までは分かりません。周辺情報とあわせて構造を考えます。
分州取してNMR、そのままLC-NMRって手もあるけど、LC-NMRって
実用的にどうなのかな。持ってないから分かりません。

>>1 クロマトグラフィーを応用に使う人は理論は勉強しなくていいと思います。
知ってて損は無いかもしれないけど、ほとんど役に立たない。
でも、クロマトグラフィーの理論て何なん?保持の理論のところ?
これもいまいち分からん。しらなくても分離さえできればOK 。

今では完全にクロマトグラフィーは学問でなく技術ですね。
ですから理論書を読むより技術書(虎とか犬とかは技術書)を
読むべきでしょうね。

http://www.lcgcmag.com/lcgc/
このページに結構いろんな情報がありますよ。
初心者には無理かもしれないけど、なれてきたら参考になると
思います。科学者向けでなく現場の技術者向きで、極論すれば
ミーチャンハーチャンでも分かるレベルで書いてあるんだと思います。


36 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 11:01:14
いつの間にかまともなスレになっている・・・

37 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 18:14:48
>>33
空打ちの時間がマンドクセなオレは、B液で平衡化→A液で平衡化して分析とりかかる。
馴染ませるという意味では無意味だけど、洗浄するだけが目的なら十分。

38 :あるケミストさん:2005/08/08(月) 19:36:38
>>37
ベースラインを引かなくて良いのか?

39 :あるケミストさん:2005/08/09(火) 19:23:40
>>38
ベースラインセパレーション出来る程度のものしか測らないから

40 :あるケミストさん :2005/08/09(火) 20:02:55
>>35
そーだねHPLCからLCMSが標準になっていくんだろうね
LCTOFMSはまだ高い希ガス

41 :あるケミストさん:2005/08/10(水) 21:24:48
>>40 3000満ぐらいじゃないかな。結構使えるよ。

42 :あるケミストさん:2005/08/10(水) 21:34:34
LC・LC/MSに関するエトセトラ

ttp://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1090758397/



43 :あるケミストさん:2005/08/15(月) 18:24:10
入門クロマトグラフィーでもかって、勉強し直せ!


44 :あるケミストさん:2005/08/17(水) 11:29:31
>30
Trpは打ったこと無いから分かんないけど、だいたいアミノ酸はODS引っかからないじょ。
多分MeOH20%-なら素通る。

標品打ってみ。

亀レスか?

45 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 09:42:18
>30
Valの分析になっちゃうけど、MP:0.1%TFAで分析したことある。
初めにValのピークがでてきて、あとにいろんなアミノ酸
がポロポロと出てきた記憶があります。
(ValはVal標準品つかてRT確認済)
カラムをかなり痛めやすいけど、水100%OKなカラムつかってやってみては?


46 :あるケミストさん:2005/08/20(土) 14:14:08
HILICってどのくらい使えるのかね?

47 :あるケミストさん:2005/09/21(水) 14:31:04
解析ソフトのほうもここでいいのかな?
なぁおまいら、GLサイエンスのEZChromってどう思うよ?

48 :あるケミストさん:2005/09/21(水) 15:02:52
>>47
Win2k以降で使えるVstationだろ
嫌いじゃないが…

ClassVPよりはずいぶんマシ!

49 :あるケミストさん:2005/09/23(金) 19:39:34
>>48
レスthx
ラボのパソにEZ入ってて、有効活用したいんだが、ライセンス値段高くね?
ソフトのことメーカーに聞いたら対応微妙だたし。

ClassVP…シ○ズか…

50 :ユズラナイ:2005/10/01(土) 18:11:07
WatersからXBridgeという逆相カラム出たんですが、すごいですよ。
pH11の移動相で分析しても全然劣化しないのですよ。シリカでここまで
もつカラムは初めてです。ショーデックスに近い耐久性です。で、ピーク形状も
良くて、Watersさんにしては久々のシロモノですよ。皆さん、一度使ってみて
はどうですか? WatersさんのWeb覗き込んだら、30%OFFでおまけに景品もプレゼント
しておりびっくりです。
(この景品でもらったボールペンが豪華品でした。)


51 :白石:2005/10/01(土) 18:53:10
ユズラナイさん

そうなんですか??
いつも出入りしている業者からカタログもらったのですが、そのまま見ていなかったのですが、
ですが、確かXBridge?!とか書いていました。
私は、以前、エクステラというカラムを使ったことがあるんですが、あんまり性能が良くなかった
ので、今はLカラムを使っていますが、耐久性に問題を感じていたところです。
情報ありがとうございました。


52 :あるケミストさん:2005/10/08(土) 11:02:24
耐久性「だけ」ならInertsil最高。
さすが工業用試験に使われるだけある。
小手先の小細工で高pH耐性考えるより、低いpHで前処理してガンガン使えるほうが俺は安心。

53 :白石:2005/10/18(火) 22:21:10
久々にメールします。中近東に出張して帰還しました。うちは石油関係の仕事なので、
HPLCはくわしくありません。化学品検査協会(今、化学物質研究機構でした)
に先輩がいてLカラムを使い始めたので、あまり検討したことがありません。
で、他部門が医薬品工場建設の仕事としており、
その部署の友人に聞きましたが、WatersやXBridge知っていました。うちは、ゼネコンなので、
建屋を売っていますが、売り先が製薬会社なので、そのとき同時にHPLCやMSやNMR
をいっしょに納品していることを知りました。
同じ会社なのに、全然知りませんでした。
で、最近、Watersとウチが付き合い多いのも判明しました。
Inertsilはわかりません。

?????


54 :あるケミストさん:2005/11/14(月) 20:13:07
>>53
まずは正しい日本語思い出せw

内面逆相カラムっていつ頃できたもん?最近?

55 :あるケミストさん:2005/11/14(月) 23:55:11
>54
「内面逆相充てん剤」なら,
15年くらい前から存在していたはず。


56 :あるケミストさん:2005/11/15(火) 00:09:39
>>55
d楠
いやね、ウチの教授がウチの部屋で開発しただのなんだか眠いこと逝ってたから。
調べてみたら20年前のD論で開発のことが書いてあったから、それ以前にあったのでは?
と疑ったので。
あ、20年前ならもしかしたら本当かもな。

57 :あるケミストさん:2005/11/23(水) 23:01:15
imtaktって結構値段の割りに良いかな?島津OEMなの?

58 :ユズラナイ:2005/11/28(月) 12:43:42
久々にメールします。内面逆相は随分前からあります。一時流ったのが、
除たんぱく用の前処理カラムとして内面逆相タイプが各社から出て、血中分析
のカラムスイッチングで使われていましたね。
インタクトは京都の会社ですね。シマズとは関係ないと思うのですが、・・・・
社長は有名人なので、知っている人が多いかもしれません。

59 :あるケミストさん:2005/11/28(月) 13:05:40
結局Sep-pakとか使ったほうが手軽で確実なんだよね、内面逆相と比べて。

60 :あるケミストさん:2005/12/06(火) 12:15:02
そうですね。カラムで前処理は邪道ですね。クリーンナップされたようで、MSで
みますと、モリモリ残っているのが分かりますよ。
セプパックより、ポリマー系のオアシス等のほうがいいですね。乾燥しないし
PHが1〜14とひろいですので・・・・・・

61 :ユズラナイ:2005/12/08(木) 22:10:26
MSのイオンサプレッション回避には前処理が重要ですね。
シマズさんや昭和電工さんは、未だにカラムスイッチングと言ってますのが??です。
前処理でモリキュラインプリンティングが出てきたら、怖いものなしですね。

62 :あるケミストさん:2005/12/09(金) 00:52:17
うちのロートル教授はオンライン至上主義で困る

63 :あるケミストさん:2005/12/12(月) 00:27:53
前処理ネタか。
共沈の恐れがなければエタ沈がファーストチョイスだろ。
低分子だったら液-液。
SPEは金にもの言わせる手段。
オンライン精製?邪道極まりない。

64 :ユズラナイ:2005/12/15(木) 12:50:03
オンラインは邪道に賛成ですね。でも、オフラインの前処理は、個人的にはいいですね。
金にものを言わすといわれればそうですが、液ー液に比べて、生産性はあがるし、
人的バラツキは少ないので、いいと思いますよ。
高いのが難点ですが・・・・・
HPLCへの汚染も少ないですし・・・・・

65 :あるケミストさん:2005/12/18(日) 02:41:13
スループットが少なくて良い所、乙!

66 :あるケミストさん:2005/12/18(日) 16:09:00
オンラインカラムスイッチング法がハイスループッドとも思えんのだがなあ

67 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 22:07:31
少なくともローにはならんだろうよ

68 :ユズラナイ:2005/12/22(木) 00:40:50
液々は自動化難しいですが、今、固相前処理はロボット駆使すれば完全自動化
可能な時代になりました。
もちろん、金がかかりますが・・・・
あと、知っているかどうか、除たんぱくプレートなんても出て、これも自動化
可能な時代になりました。

私は、どんな方法が普及してもいいと思っていますが、自分でFocusしているの
は、イオンサプレッションですね。前処理法で感度が一ケタ二ケタ違うので、
高感度化にはイオンサプレッションはポイントですね。

69 :あるケミストさん:2005/12/22(木) 00:59:29
今の除タンパクはディスポフィルターでしょ
ちょっと前でも遠心機フィルター処理

液液だって疎水膜があるし、出来ないことは無い

70 :ユズラナイ:2006/01/12(木) 09:02:03
まだ、正月気分が抜けません。
以前お話しましたXBridgeカラムですが、イオンサプレッションが少ない
ことを記載したパンフレットをもらいました。
質量分析装置の感度がアップすればするほど、カラムとか前処理やバイヤル
等で、イオンサプレッションがクローズアップされそうですね。


71 :あるケミストさん:2006/01/12(木) 23:49:20
>ユズラナイ さん
初めまして。XBridgeカラムの書いてあるページが見つからないのですが良かったらURLを貼っていただけませんでしょうか?

72 :ユズラナイ:2006/01/14(土) 22:07:49
やー参りました。
今日は、二日酔いで一日つぶしてしまいました。
URLは以下になります。
http://www.waters.co.jp/product/column/xbridge/

入力しなくても、GoogleでXBrdigeで出てきます。

73 :ユズラナイ:2006/01/25(水) 12:47:37
XBridgeがLC/MSにおいてイオンサプレッション少ないのは、どうも、充てん剤とカラム洗浄に理由
があるそうです。充てん剤はエチレン架橋という新規合成法になっており理解できましたが、
洗浄については教えてもらえませんでした。だれかこの謎を教えてください???

74 :ユズラナイ:2006/01/25(水) 23:17:46
私の経験では、イオンサプレッションはエンドキャッピングの切れやすいカラム
で起きやすいと考えています。ポリメデックのカラムは個人的に使いやすいと
実感しています。XBridgeは使ったことがありませんが、一度検討したいと思います。


75 :ユズラナイ:2006/01/25(水) 23:29:22
今日3回も登場します。だれか、教えてください・・・・・
私の仮説と私が持つメーカー情報以外で、なにかあれば知らせてください。
インタクトのカテンザやカプセルパックやLカラムの使ったことありますが、
使いやすいカラムと思っています。

76 :U:2006/01/27(金) 09:08:49
私もイオンサプレッションで悩んでします。一度、XBridgeを試してみたいと思
います。

77 :goya:2006/02/02(木) 00:16:09
ここでいう「イオンサプレッション」とは?
カラム由来のブリードが大きいため、他のカラムあるいはカラムなしに比べて感度が低下すること?
それとも先端付近の夾雑物ピークのテーリングが著しく、目的成分のピークにかかってしまうこと?
実はカラムの比較評価をいろいろしてみて、XBridgeも試したけど、確かに後者に対しては有効かもしれない。
前者に関しては・・・ある酸化分解しやすい化合物がありまして、カラムによってピーク強度が結構違う。
XBridgeは必ずしもよくなかったです。カデンツァ、Lカラム、XBridgeはいずれも3官能のリガンドなので、
一般論として切れにくい、耐酸性が高いとはいえます。

78 :ユズラナイ:2006/02/03(金) 12:54:25
まずは、分離や保持させることがイオンサプレッション的にはポイントと思います。
今まで、あまり気にしていなかったのですが、条件を同じにして、分離や保持も同様に
得られても、カラムによる感度差があるのに気がついてきました。
これは、今までの情報収集だと、カラムから出てくるイオン化阻害成分では
ないということです。
たしかに、官能基やエンドキャピングが切れにくいカラムを使うことが
いいのではないかと思います。
モノメディックは要注意と感じています。保持時間も感度も変わったという
経験はありました。


79 :ユズラナイ:2006/02/03(金) 15:06:17
すいませんです。まちがい表現ありました。たいへんすいません。
■これは、今までの情報収集だと、カラムから出てくるイオン化阻害成分では
ないということです。                             
→                    
■これは、今までの情報収集だと、カラムから出てくるイオン化阻害成分だと
思っています。

80 :あるケミストさん:2006/02/07(火) 01:22:05
UPLCまで行かないけれど、1.9μm粒径の
充填剤が入っているカラムはなんだっけか?

81 :T:2006/02/07(火) 22:21:48
UPLCじゃない2μmの充填剤ってあった気がする
それに耐える(圧力)機構の本体があるかはしらないけど

それとイオンサプレッションってただのイオン化阻害じゃないんすか?
一般的な会社の言ってるイオンサプレッションを抑制するのはクロマト分離のみじゃないんすか?
なんか結構簡単にできる前処理システムも出てるみたいだし

82 :ユズラナイ:2006/02/07(火) 23:12:03
私も前処理でずいぶん経験していますが、イオンサプレッションの影響はこの
操作が最もポイントであると思います。
単純な除たんぱく、疎水性相互作用のみの前処理、疎水性相互作用とイオン交換
の両モードをもった前処理では、化合物のMS強度が違う経験はしています。
カラムから出てくるものも影響するのではないか?と最近は疑っています。
この部分が未だ解決されず、情報収集しています。
バイヤルも疑っていますし、常にイオンサプレッションを抑えることができ
ればいいと考えています。イオン化阻害と同じ意味でイオンサプレッションと
いう言葉と使用していますが、まちがっていますか?

83 :T:2006/02/07(火) 23:29:45
自分もいまいちわかってないんだろうけど、前処理器具(バイアル含む)を本番溶出溶媒+それ以上に
溶出力のある溶媒で処理したら大丈夫じゃないかなあ、って勝手に思ってました
それ以上出るはずないだろうし

多分各社も基本的にはモードの違う処理を組み合わせてるんじゃないっすか?

除タンパクは当然として(液液分配)、順相、ゲル濾過、逆相すれば問題ないんでないかなあ?
基本、ケースバイケースだというのはわかってますが・・・

84 :T:2006/02/07(火) 23:31:29
>83
自己レス
一段落めは前処理としてです(平衡化含む)

85 :ユズラナイ:2006/02/09(木) 10:37:42
液々抽出法は、夾雑を十分に取り除きイオンサプレッションを回避できると
思いますが、如何せん、処理が面倒です。ですので、私は固相抽出をよく
使用しています。確かにモードを組み合わせて行なうタンデム法は有効と
思います。(固相抽出においてもです)


86 :T:2006/02/11(土) 18:10:53
基本的にモードの違う分離を使えば、イオンサプレッションに関わらず、いらないもの除去できますからね

87 :あるケミストさん:2006/02/14(火) 01:34:57
>>81
ImtaktのPrestoなんかは2μだったが・・。

88 :ユズラナイ:2006/02/16(木) 22:07:24
>>87
W社UPLCカラムは1.7umで、A社カラムは1.8umでしたか?
モノリスもメルク以外でフェノメも出したし、今後どうなるのでしょうか?



89 :Dr:2006/02/17(金) 23:49:29
東ソーのスーパーODS(2μm)をお忘れなく!
UPLCの登場で何もしなくても勝手に脚光を浴びていますよ。
アジが1.8だね.

90 :T:2006/02/17(金) 23:54:23
Wはラインナップ増やすっていってるし、本体の耐圧が一番高いから流速挙げて使うには
UPLCがいいと思われ
逆逆相出すっていってたよ
逆相の保持強いの早く出してほしいねえ>UPLC用

>87
それ知らなかったっす
スマソ
Imtaktってどこのメーカーですか?

91 :T:2006/02/17(金) 23:57:56
ちなみに漏れのお気に入りはdevelosilのC30でつ
個人的にはUPLC用に野村がC30出してくれればなあ
WはC30には手出さなさそう(出せない?)だし

資生堂もきれいに分かれるしねえ
残留(?)金属が少ないとか聞いた覚えが

92 :あるケミストさん:2006/02/18(土) 00:20:37
HPLCってなんですか?

93 :Dr:2006/02/18(土) 06:57:58
>>92
High Price Liquid Chromatographyの略です。(^^)v

94 :ユズラナイ:2006/02/18(土) 07:55:13
>>91
確かにいいですね。
でも、金属の少なさはカテンザ(インタクト)やSunFire(ウォーターズ)も
いいと感じています。
資生堂はキラルのカラムがいいと最近聞いたことがあります。

95 :あるケミストさん:2006/02/18(土) 09:06:24
>>91
野村は高い。
他社はカタログ上は同じ値段だけど、値引きしてくれる。

96 :T:2006/02/18(土) 11:49:12
>94
SunFire、Wがシャープシャープと言うだけあって、かなり綺麗なピーク形状作りますね
金属が少ないからなのか、理由までは知りませんが・・・
分取カラムでも理論的にRT推定できるのはちょっとびびった・・・
推定できるのはいいとして、ちゃんと同じ時間に出てくるカラム知らないし

キラルカラムは数回しか使ったことないけど、キラル分離はできるけど、ピーク形状は各社の
最新ODS系カラムにはかてないですねえ
キラルカラムの名前忘れちゃった・・・
最新ODSカラムでこの前キラル分離できたのあったりしたし、この辺は微妙だな

>95
値段知らずに使ってたけど、ここ一番は野村にして、その他はcapcelpakかSunFireかXBridgeかなあ
この辺は値段同じかな?

97 :あるケミストさん:2006/02/18(土) 12:57:04
ところで野村のN氏退職の噂は本当?

98 :Dr:2006/02/18(土) 15:03:04
本当みたいですね。
そのためかどうか知りませんが、サイトも昨年11月から更新されていませんし。

99 :あるケミストさん:2006/02/18(土) 15:06:49
去年の5月に会ったのが最後だ

100 :ユズラナイ:2006/02/18(土) 15:43:16
実は、この前、Nさんとは会いました。
いろいろと話しました。Nさんは今大阪にいるそうです。
野村はやばいと思います。ZICHILICもNさんのところで
扱うそうです。


101 :あるケミストさん:2006/02/18(土) 20:07:17

LCの水にカビはえてた。orz


102 :Dr:2006/02/18(土) 20:16:30
>>101
ラインフィルターが根津真理して、カラム圧が高い!とカラムメーカーに
クレームを出さないようにネ

103 :あるケミストさん:2006/02/19(日) 09:46:46
ちょっと事情あって機器分析方面から分子生物学のほうに移ったんだが
改めて「化学的清浄」と「生物学的清浄」の違いに驚いた。
「カビはえないようにヒビテン入れといて」
「そのmilli-Q、オートクレーブかけといて」
なんか信じられない話が飛び交ってます…

104 :ユズラナイ:2006/02/19(日) 18:20:26
>>103
私は学生時代は微生物関連の研究をしていて、今はLCやMSの関連に従事して
いますが、洗浄という観点では、確かに気の使い方が違いますね。
学生時代はオートクレーブとクリーンベンチを使っていて、常に雑菌の混入
に気を使っていました。LCやMSをやるようになってから、オートサンプラーの
キャリーオーバーやMSのイオンサプレッション等に気を使っています。
学生時代の思い出ですが、水虫の後輩が、なんと靴をオートクレーブかけて
いたので、あきれました。


105 :あるケミストさん:2006/02/19(日) 20:42:55
milli-Qをオートクレーブかけるとただの滅菌水になると思うんだけど
そこらへんは生物屋さんスルーですね。

106 :あるケミストさん:2006/02/20(月) 20:21:50
>>100
いまさらながら詳しく

107 :T:2006/02/20(月) 23:28:10
>103
ヒビテン入れるのは分析化学的にアウトという感覚は自分もあるけど、オートクレーブは普通に
使ったりしてた覚えが・・・
バイオアッセイする時は必須だったので

108 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 01:48:55
>>105
意味がわかりませんがどういうことですか?
オートクレーブかければ、すべての雑菌は死滅しますが????



109 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 01:53:14
>>107
ヒビテンとオートクレーブを同次元で扱うのはどうでしょうか?
ヒビテンはあくまでも抗菌ですね。オートクレーブは滅菌ですよ。
バイオアッセイで、クリーンベンチでヒビテンやアルコールをコンタミ
除去で使いますが・・・
それだけですね

110 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 02:21:51
>>108
そのオートクレーブはキレイなのかい?

111 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 02:46:16
>>108
化学的にキレイなのと生物学的にキレイなのは全く別物だからね。
なんの蒸気が溶け込んだか分かったもんじゃないオートクレーブ済みmilli Qなんて
怖くてHPLCにぶち込めません。

112 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 12:37:38
逆に、HPLC用の水は微生物的には十分な洗浄がされていませんね。
分析上は問題ありませんが。たとえば、医薬品を分取する時には、エンドトキシン
が高い水やカラムを使っていたら問題になりますね。


113 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 12:39:44
逆に、HPLC用の水は微生物的には十分な洗浄がされていませんね。
分析上は問題ありませんが。たとえば、医薬品を分取する時には、エンドトキシン
が高い水やカラムを使っていたら問題になりますね。


114 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 13:01:36
>>112
そうだよ、HPLCの水は何故か有機物が混入している。
だから蒸留後密栓して放置していてもなぜか微生物が増殖していることがある。
(浄水器の中が汚いことはもう当然わかっている)

でも化学的にはあまり重要な汚れではなくて、念のためメンブレンを通すくらいで使用する

115 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 16:03:47
ちょっとマテ
エンドトキシンはオートクレーブじゃ無毒化せんだろう

116 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 16:35:48
ルーチンで大量に水使う時は防カビも兼ねてオートクレーブで脱気するけど
滅菌用オートクレーブとは分けてる。
オートクレーブは有機酸なんかが溶け込んでHPLCにはあんまりよろしくないと思うよ。

117 :T:2006/02/21(火) 20:56:00
>109
いや、だから別に扱ってるじゃないですか・・・

もちろん、オートクレーブ済の溶媒をHPLCなんかには恐くて打てないですよw

118 :103:2006/02/21(火) 21:19:30
なんか話がずれてるような気がするけど
もともと分析系化学屋さんの私には、再蒸留してイオン交換してミリポアフィルター通して
化学的に極めてニュートラルになった水を安全に使いたい化学屋の意識と
オートクレーブしてとにかく生物の痕跡を残さない水が最上級の生物屋さんの意識って
ずいぶん違うもんだなあと思ったわけです。
HPLC屋的には、せっかく逆浸透膜通してイオン交換してニュートラルにしても
オートクレーブかけたら水道水を滅菌したのと同じようなもんじゃないのかと思ってしまって。
別に生物屋さんが悪いって言ってるんじゃないです。

119 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 23:53:59
>>118
話がずれていると私も思います。というか、この話題にこだわるメリットが
まったくないですね。そもそも、化学と生物の論議なんか出さないでほしい
ですね。この場はHPLCなんだから化学だよ。
すごーーーく、つまんねーーーー話題ですよ。



120 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 00:14:05
miriQをオートクレーブすると、蒸気がミリQ容器に入り
純水としてのグレード(A4→A3 A2?)が落ちるということでしょうか

121 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 00:14:20
あと、LC屋とMS屋でも議論が出るかもしれない。
私の勝手な主観・・、MS屋から入った人間は、クロマト分離のテクノロジー
を理論的に知らなくても、定量メソッドを組めるから、細かい分析条件検討なんか
できないと思う。(言いすぎ・・・・9
ジェネリックメソッドなるものも、人間の思考能力を落とすテクニックと、
私は、確認します。

122 :Dr:2006/02/22(水) 00:23:19
>>121
私も同じような現場に最近出くわしました。
ほんまLCを知らないのに、MSを使えるからと言って
上段から語りかけてくるんだよな・・・
やたらと1mm内径カラムを使いたがるけど、LCの最適化(配管やセル等)が
できてなかったりとかね。これはほんの1例ですけど。

123 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 11:51:07
順当にLCからLC/MSに入った俺は、LCのピーク分離のほうが気になって気になってしかたがない。


124 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 12:01:43
Tagなしで物取りに使ってる人居る?

125 :goya:2006/02/22(水) 21:31:51
確かにLC/MSでは、検出器に選択性があるから、微妙なものを分離するという、
クロマト屋としての醍醐味には欠けるかもしれないけど、
例えば親水性の高い化合物に対して、塩析、イオン交換は使いづらいし、
イオンペアもシステム内に残留しやすいからちょっと。
LC/MSでは従来のHPLCとは、また違ったLCのテクニックが必要だと思う。
結構、カラムの二次的相互作用が頼りだったりするが、教科書にも虎の巻
シリーズにもそんなことは書いてない。

126 :T:2006/02/22(水) 22:32:25
自分もLCから入ったので、LC分離しないとMS分離とか言われても信用できない・・・

LCMSは触った時間がそのままその人の能力の気がする・・・

127 :ユズラナイ:2006/02/23(木) 09:10:01
>>125
そうですね。私の感覚では、機器メーカー(特にA社)の感度向上によって、
UV等で気にならなかったことがMSで問題になってきたと感じてします。
今後、さらに感度アップすると、さらに違った問題出てくるかもしれません。


128 :あるケミストさん:2006/02/23(木) 11:03:50
>>124
居ますよ。
今は分析屋やってるけど、HPLCをはじめて触ったのは精製で、しばらくは物取り屋やってました。
Tagなしで多段イオン交換で精製することでLCの基本が身に付いたと思ってます。
スケールが桁違いだし、ピーク見たらあとは捨てってわけにはいかないし、物性変化させたくないし。
当時はTagアフィニティで楽々やらせてくれないことに憤慨しましたが(笑

129 :あるケミストさん:2006/02/23(木) 11:14:53
>>125
代謝物成分一斉分析するのに、疎水性から親水性まで幅広いものを逆相一本で
どうしろっちゅうねんという分析では結局検出部でMSに頼りました。
けど、MSに入れるからってことでイオンペアは選択肢から除外、
void直後になにがなんやら分からない未分離ピークがわっさわっさ出てきて
こいつらをMS分離すると言っても本当に大丈夫か?とかなり疑ってました。
で、思ったのが、MS分離するならLC意味ないじゃん、と。
MSのスキャン分析で一瞬で終わるんだったら、LCで小一時間かけるなんて
MSの速度面のメリットを完全に殺してるし。
どうにもLC/MSを好きにはなれない学生のチラシの裏ですが、
専門家の方はLC/MSについてはどういった感想なりお持ちですか?

130 :あるケミストさん:2006/02/23(木) 11:19:13
>>129
すべての分析をLC/MSに置き換えられるわけではない
分析の主流はLC、GCであり
LCの成分が何であるか特定する為にLC/MSのデータは欠かせない

131 :あるケミストさん:2006/02/23(木) 12:07:29
129はそういう問題ではなく、未分離ピークの同定をMSにまかせるんだったらLC通す意味
ないだろって事だと思うが。まあ実際問題として、LC通せば未分離つっても2成分か3成分
くらいなんで、それくらいならMSで分けられるだろうが、何成分入ってるかわからん天然物
みたいなのはMSのみでの同定、まして定量なんて無理なわけで、LC/MSには充分意味が
あると俺は思うけど。

132 :goya:2006/02/23(木) 23:15:21
>>129
私は定量分析が主体です。対象ピークが多量の夾雑物ピークと重なると、
イオンサプレッションが起こる可能性があります。で、LC/MSではわかりづらい
のですが、HPLC-UVの経験から、巨大な夾雑ピークがボイド付近にあるという先入観
があります。それゆえ感覚的に、ボイドからできるだけ離したほうがいいと考えがち
です。しかし、極論すれば、定量分析的には添加回収率がちゃんととれていれば、
ボイドだろうが、他ピークと重なろうが、いいのではないでしょうか。
しかし、そうはいってもクロマト屋的には2〜3分のクロマトに10〜20秒幅の
ピークがいくつも重なっている絵は気持ちのいいものではないですね。
今日久々にGC/MSさわって、幅数秒のピークにエクスタシーを感じました。
まあ、そういう情緒的なものもあります。



133 :あるケミストさん:2006/02/24(金) 00:07:30
>>132
剣山のごときピークがベースラインでスパスパ出るとゾクゾクするのは
LC屋の病的症状でしょうね…
俺もです。

134 :あるケミストさん:2006/02/24(金) 17:03:46
>>131
なるほど、そうですね。
MSのLC検出器としての能力には感度等の面で感心しますが、
こいつ自身のselectivityを時に余計なことしやがってと思ってるうちは
(自分が)ダメな気がします。
これを制御するのは一筋縄では行かんな、と思うので
MS屋さんはやっぱり凄いと思うんですが。
どうもMSは構造分析用途という先入観が拭えません。

135 :あるケミストさん:2006/02/27(月) 02:56:46
やはりLC/MS/MSかな?

136 :ユズラナイ:2006/02/28(火) 01:22:34
>>132
イオンサプレッションの回避に的確なご意見ですね。添加回収実験が重要と思います。
その上で、移動相条件の設計、もし、カラムによるサプレッションがあれば、
それが少ないカラム選択が重要ではないでしょうか?

137 :NASU:2006/03/04(土) 15:37:56
>>134
今は、MSMSが定量用として普及していますよ。
もうHPLCに戻れないですね。感度はいいし定性も可能だし、こんな便利な
ツールはないですね。解析ソフトも充実してますので、もう高感度分析を
HPLCでやる人はいないと思うよ。ただバイヤルには痛い目にあったことが
あったよ。コンタミっぽいのが出ていたのですが、メーカーはそんなはず
がないというので。純正のバイヤルがもっともいいと先入観があったが、
今はいろいろ使うようにしたよ。

138 :あるケミストさん:2006/03/05(日) 21:54:32
MSMS使うとマスマスMSだけじゃ仕事にならないw

139 :あるケミストさん:2006/03/07(火) 12:38:57
>>138
MSMSになってマスマス困ったことが出てきますね。
わたしは、やはり前処理が一番の悩みです。
イオンサプレッションもそうですが、回収率が下がったりばらついたりが
悩みの種です。


140 :ぶんせき者A:2006/03/11(土) 15:25:39
はじめて書き込みします。googleであることを検索していたら、このサイトを
見つけました。なんかオタク系の気がしたんですが、自分も分析オタクなので
人のことは言えません。
イオン抑制とかイオン化阻害とかイオンサプレッションとか言い方がいろいろ
あって、面白いことに、それぞれで検索すると出てくるサイトが違うぞと気が
つきました。
メーカーが意識的やっていると思います。
今後AとかWとかSとか来たら聞いてみよう。でも営業の人に言っても知らんで
終わるかな。
私は、やはり前処理かな。ボンドエリュートとオアシスなくては、仕事が
出来ません。おーい、G社、W社、少しOFFしてよ・・・・
では

141 :・・・・・・・・SUS:2006/03/13(月) 22:57:51
今日、あることを知った。カラム内面の電解研磨は重要であることを。
そうだよね。その性能が理論段数に影響するからね。
均一性のないカラム内面では拡散が起きて、カラム効率は低下するから。
でも、さらに重要なのは充てん均一性だって。
以前、充てんの均一性がでないことを、あるメーカーは、
SUS内面の壁面効果と聞いたことがあったが、なんのことか今でもわからない。
それは、充てんの均一性のなさの言い訳でないかと最近感じる。
スラリー溶媒に対するゲルの均一性と充てん方法は重要と感じる、
だって、重力の法則で、乳化していない、単にスラリーに分散した充てん
剤は経時での均一性はなくなると思う。そう思うと、カラムの保存法も気になる。
とあるメーカーは、充てん密度を強調していた。
われわれ、現場で、充てん状態の良し悪しをどう判断していいか?
いまだにわからない。
私は、食品のテクニックを応用するアイデアがあるが、できるかな・・・

142 :あるケミストさん:2006/03/14(火) 00:39:01
>>141
充填剤の表面積のデカサから比べればカラム内の壁面面積なんか
ごくわずかなんだけどね。
カラムメーカーはあれこれ言い訳を探してPRしてるよね。

143 :あるケミストさん:2006/03/14(火) 00:51:39
カラム内壁表面が問題になるくらいなら
送液チューブ系に起因するもっと大問題が起きてるはずだ

144 :あるケミストさん:2006/03/14(火) 00:52:22
>充てん状態の良し悪しをどう判断していいか?

よかったロットを買い占める

145 :あるケミストさん:2006/03/14(火) 02:34:53
>>144
実際カラムメーカーがそうしている

充填状態のいいものを特別グレードで販売
「スペックだけ見ると違いが無いけど、こっちの方が分離能がいいですね」
「そうですね、最低これくらいは保証できますね」
「何かすごい技術があるんですか?」
「いや得には無いですよ」
「? 同じ特性のカラムを3本用意していただけるんですよね?」
「そうですね、分離再現性は非常に良いです」
「同じグレードのものを追加で購入すると、再現性は…」
「次回は今回と別に考えてください。あくまで"この三本が同じ"であることを保証しているだけですから」

146 :ウッチー:2006/03/16(木) 09:47:01
>>145
えー、それは、3つのバッチに間違いないけど、ブレンドしていると思うよ。
とあるメーカーから聞いたことがある。だから、その3バッチでバリデーション
を取ると絶対痛い目にあうよ。きっと、その後、都度、自社の試験規格に
合格するバッチを探さないといけない羽目に。
か、バッチ


147 :ウッチー:2006/03/16(木) 09:47:35
>>145
えー、それは、3つのバッチに間違いないけど、ブレンドしていると思うよ。
とあるメーカーから聞いたことがある。だから、その3バッチでバリデーション
を取ると絶対痛い目にあうよ。きっと、その後、都度、自社の試験規格に
合格するバッチを探さないといけない羽目に。

148 :ユズラナイ:2006/03/17(金) 22:12:53
>>146
ありがちかもしれません。
そうすると、バリデーションの3本セットというのは何のためにあるか、
わからなくなりますね。
申請用データのためにあるということですか?


149 :あるケミストさん:2006/03/20(月) 04:40:48
そもそもバリデーションその物が何の為にやってるんだか?

150 :あるケミストさん:2006/03/20(月) 17:28:04
それ言っちゃダメ!

151 :あるケミストさん:2006/03/20(月) 20:21:53
ブッチャケ、くだらんな。
年一回だか二回だか月一回だか知らんが、それだけ面倒が増えるだけだ
SOPなんかもう…略

152 :あるケミストさん:2006/03/20(月) 21:29:42
>>149
派遣テクニシャンの雇用創出w

153 :あるケミストさん:2006/03/21(火) 06:55:57
>>149
堅牢性・頑健性の高い分析法として確立するためですね。
改正GMP(Japan)とcGMP(FDA)のダブルスタンダードで
さらに厳しいですね。


154 :あるケミストさん:2006/03/21(火) 07:01:50
>>152
おーい、最近は、派遣の人が分析メソッドの確立しているよ。
それをチェックするのが社員なので、派遣の人の存在大きいよ。
派遣さんを接待するメーカーもあるみたい>>>


155 :あるケミストさん:2006/03/22(水) 11:30:32
>>154
へー、そうなんですか?派遣さんに接待ですか?
Yさん、Sさんあたりですか?
装置を扱うメーカーの営業マンはよく接待していますよ。

156 :あるケミストさん:2006/03/22(水) 15:16:57
>>153
そんな事はいわずもがな
問題は皺寄せがあるのは確実だと言う事だ


157 :あるケミストさん:2006/03/22(水) 19:14:53
>>153
HPLCの実務に関わっている人間はバリデーションの「法的」意義くらい知ってるだろ。
なにをいまさら。

158 :あるケミストさん:2006/03/22(水) 21:21:43
>>145
のネタなんだが、充填方法は安物のカラムと同じなんだって。
出荷前に全品テストして、そのうち分離特性の似ているものをグループ化して
バリデーションチェックするだけ。

ここに含まれなかったものは安物カラムとして出荷

不合格だったものは充填剤を取り出して、再充填

合格率は… 価格に反映されています。

159 :あるケミストさん:2006/03/23(木) 09:12:23
>>158
あんたはメーカーか?同じ物性のものを、違うカラム名で売っているということか?
じゃー聞くよ、この安物の製造バリデーションはどうしてるの?
上記とおり、量産品を生産してその中で不合格品が安価カラムになって、
その安価カラムは、安価カラムとしての品質試験をして出荷して
いるということか?
製造SOPはありますか?製造記録は残していますか?
 

160 :あるケミストさん:2006/03/23(木) 12:38:29
>>158
これが、本当にバリデーション3本セットの真実なら、買う意味ないという
ことでしょうか?
メーカー様の反論を聞きたいところです。

161 :あるケミストさん:2006/03/23(木) 17:22:59
( ´,_ゝ`)プッ
メーカー様の反論なんかある訳無いだろ( ゚Д゚)ヴォケ!!

>不合格だったものは充填剤を取り出して、再充填
人件費の方が販売価格を上回るわ、アホか。


162 :あるケミストさん:2006/03/23(木) 22:27:30
>>161
なんて、乱暴な発言なんでしょうかと思いますよ。

なんか、各論になって来たようですが、この場は、HPLCの裏情報の場では
ないでしょうか?
もっと楽しい場にしませんか? 私は人件費や販売価格なんてどうでも
いいと思っています。
ユーザーの知らない情報を共有化できればと思います。


163 :あるケミストさん:2006/03/24(金) 06:12:47
裏情報がある所は楽しい場ばかりではない
幻想を押し付けられても困る

現実を見ろ、オマイに無限の予算があるのならそれはそれでいいが
予算と言う枠内でどうして良い物を買うのも裏情報だろう
人件費もまた然りだ

どうせオマイのようなヤシは予算担当者を泣かせてるだろう
自殺者が出ても遅い
ユートピアに浸ってるのは大概にしろ

164 :あるケミストさん:2006/03/24(金) 13:00:12
この話題で過激化しているので、メーカーAと話をしました。やはり、146、
158のことはあるそうです。メーカーがどこまで情報を開示してくれる
ことが重要と思います。使用していてトラブルが起きて、メーカーに聞いたら、
実は、狭い規格品を納めていますとか、高価品と安価品は規格がこれこれ
違うということが初めてわかるのは困ります。
メーカーの事情もわかるので、可能な限り情報出ししてほしいとは思います。
3ロットセットも安価品も事情知っていればそれ相当に使います。

165 :あるケミストさん:2006/03/24(金) 19:41:25
開示なんかしたら潰れちゃうよ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

166 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 06:39:53
3ロットの件はだまされたと思いましたが、メーカーの言い分も理解できる。
これからは、メーカーに『同じカラムを、3本別ロットでください』と言おう>>>
その後、メーカー(または販売店)から、『バリデーション3本セットでいかがすか?』
と言われたら、規格のことを聞いてみよう。なんて回答してくるかな???


167 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 12:51:36
>>163
あなたのいうことは正しいと思います。
でも、自分がメーカーから同じことされたら、あなたがいう
メーカーの理論で納得するんですか?

168 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 14:36:56
自分で再現性良く高精度な高充填率カラムを大量に作れたら納得しないんだけど

169 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 16:24:37
>>158
なんで、同じ充てん剤、同じつめ方しても、なぜ、特性が異なるんですか?
やっぱり、つめる直前の充てん剤の分散状態ですかね。
あと、つめる圧力の管理かな?? 充てん職人の技???
奥が深いね。いい充てん剤はいい充てんがないと成り立たないという
ことですね。モノリスは、この辺はどうかな???

170 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 16:28:15
>>169
野球のピッチャーが投げたいところに投げられないのと同じ
アーチェリーの試合で真ん中に当たらないのと同じ

同じつめ方をしているつもりが、同じにならない

職人が居れば別だが…



箱に「私が詰めました」シールでも貼るか?

171 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 16:41:24
>>170
比喩の弱い私ですが
真ん中と外側とはなんでしょうか?いわゆるバラツキですか?

>箱に「私が詰めました」シールでも貼るか?
マイスター方式ですが、私はこのやり方、すごーく嫌い。
人の名前まで書くんだから、性能が特別いいと買う人は思うよね。
でも、名前があってもなくても、
同じ品質管理体制なら、同じだもん。日本人はこういうの
弱いですよね。でも、その名前に、I社のY氏なら
納得かな?・


172 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 17:46:30
オマイらバカだな、そこで登場するのがメーカーさんですよ(・∀・)

173 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 21:27:24
>>172
そうなんですよね。
メーカーあってのユーザーだもんね。
あと、カラム缶の内側の内面研磨も大事だっていうよ。
理論段数を出す鍵みたいよ。
でも、1日本に,2社くらいしかないみたいから、かれらが供給できなくなると
メーカー困ると思うよ。そういえば、カラム缶の形はビール瓶のように
共通化している・・・、、、。。

メーカーではなく、メーカーがも使うベンダーがやることだが、
カラム缶メーカーは限られていると

174 :あるケミストさん :2006/03/26(日) 13:55:23
空カラム供給も2社、シリカ供給も富士、大曹、洞海の3社じゃなかったけ?
結局日本のカラム業界も、同じ原料使ってちょこちょこ重箱の隅つつくことしか
してなかったから、モノリスは別にしてW社の耐圧1000sで1.7μみたいな時代の寵児が
出てこないのでは。

ハードは致し方ないけどカラムまでもW社がリーダー的存在なんて、私は面白くない。
プリンター業界みたく、インキもプリンターメーカーの方が質がいいなんて嫌。

最近はA社も買収したZbx拡販し、S社までが米国F社のカラム販売に熱心だし
中小ブランドとして、このままでは不安を感じるんですけど・・・・・

175 :クロマトロン:2006/03/26(日) 23:31:25
>>174
うーん、くわしいね。
 
モノリスは別として・・・いう文面に意思を感じる。
モノリスが普及してほしいということかな? 私は、モノリス派です。
どうでもいいですが、M社のSさんが必死に普及させようとしているから
応援したくなりますよ。S社もモノリス販売していますよ。よく塩基性
化合物のピーク形状が悪いと言われるが、時が解決するんじゃないかな。
5年後には普及しているかもしれない。

W社のXBカラムは最近よく聞きますね。
でも、今は、カラムODやカラムYPRやカラムMGが売れているんじゃない・・
 

176 :T:2006/03/27(月) 00:38:24
>174
Wって耐圧15000じゃなかったっけ?
174さんの単位が文字化けして読めず・・・
Wって、ハードでリーダー的存在?
個人的には好きだけど、リーダー的存在ではない気がするw

>175
wのカラムって、XBよりSFの方が個人的には扱いやすい
逆逆相(順相?)あるからAtlもいいな

ODとMGが何かが分からない・・・
w以外ってdevとcapくらいしか使わないからなぁ

177 :クロマトロン:2006/03/27(月) 09:56:07
>>176
wのカラムって、XBよりSFの方が個人的には扱いやすい
逆逆相(順相?)あるからAtlもいいな

SFって、MGに近いようなコーティングしていると聞いているよ。

>>176
ODとMGが何かが分からない・・・
w以外ってdevとcapくらいしか使わないからなぁ

ODって有名なINというやつさ。MGは上の記載でわかるでしょ。
CPだよ。DevはN氏で売ってきたブランドなのでちょっと心配 (T_T)


178 :あるケミストさん:2006/03/27(月) 10:02:53
INは3より2が好き。

179 :あるケミストさん:2006/03/27(月) 13:07:09
>>178
Why?

180 :クロマトロン:2006/03/27(月) 22:25:18
そういえば、S社のPC特許とCERIのカラムLの特許切れたんですかね???
で、I社のCAとかW社のSFとか出てきたの?
T社もNEW-ECと言うよ。
暗号ばかりでわかる?

181 :T:2006/03/27(月) 22:45:17
>177
ドモー
100%は分からないけどあらかた了解しますた

使ったことあるやつしか分からないのが痛いけど・・・

182 :プレパラティブおたく:2006/03/28(火) 05:06:12
>>181
CPMGTWOには、分取カラムがねーよ。なんでかな>><<<>><??

183 :あるケミストさん:2006/03/29(水) 09:30:32
Y社のPROもないよ。

184 :あるケミストさん :2006/03/30(木) 13:04:23
>175
私もモノリス派です。画期的な着目点に尊敬してます。
難点はM社が巨大な外資の一部門の一品目であることでしょう。解りますか。
>176
実際には耐圧2000あると見ています。
あとハードの市場占有率では圧倒的なリーダー的存在です。これはわが社製品の
OEM先を探すために市場調査会社2社に目の玉飛び出る金額でリサーチかけて
あらためて吃驚しました。2番手のA社はまだまだで、W社の恐さを実感しました。
>180
それはG社の方からも聞きましたが本当の話でしょうか。興味深い内容ですね。

185 :ヨーダ:2006/03/30(木) 13:42:50
みんなギークだね
ここに来てみ
http://www.geocities.jp/adgjl0624


186 :クロマトロン:2006/03/30(木) 22:23:25
>>184
M社は外資ですが、その親会社がさらに大きい外資ということなの?
この手の話題に疎いなあ。

>>あとハードの市場占有率では圧倒的なリーダー的存在です。これはわが社製品の
OEM先を探すために市場調査会社2社に目の玉飛び出る金額でリサーチかけて
あらためて吃驚しました。2番手のA社はまだまだで、W社の恐さを実感しました。

どこかメーカーの方なの??? MCM社の方?S社の方?、NB社のかた????

187 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 06:04:32
3月の某学会で元N社のNさんがDe-wetの講演をしていましたが大盛況でした。
アカデミックの方には大人気ですね。
N社がんばれ!!!!このままでは、C30の市場取られるよ・・・・・・



188 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 10:39:12
>>180
PCとLの特許はまだ切れてないはず
ただ,?社の合成法はLの特許をギリギリのラインで侵害しているとか
しないとかは聞いたことがある
たかがカラムごときで侵害した可能性があったとしても
金かけてまでメーカーも戦わないんじゃないかな?

>>182
あるよ
ホムペでお問い合わせしてみたら
同僚が50φを買ってたよ

>>187
俺も N社ガンバレ!

189 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 10:44:44
N社自体がN氏で持ってたようなもんだし…

190 :あるケミストさん :2006/03/32(土) 14:06:21
N社はもうダメボ あまりに技術も営業も全て1人にやらせてたからいまさら若いニイチャン
が必死で売りあるいても無知がゆえにお客はどんどん離れてく

191 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 14:56:10
N氏についてた若いF氏はよくやってると思うけど
N氏の存在が大きすぎたあの会社は。

192 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 15:59:09
ところでこれから国内カラムメーカーって明るい未来あろと思いますか

193 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 22:23:49
>>188
もしやして、I社のCa?または、W社のSu?、あるいは、T社のhundred?


194 :あるケミストさん:2006/03/32(土) 22:30:44
S社は伸びていますね。驚くほど。
別のS社は本気でPをやると怖い存在。
でも、W社は最近カラム専任を他社から取ったと聞いた。
SSW戦争かな??

195 :あるケミストさん:2006/04/02(日) 00:46:11
>188
もしかして,Y社のP?

196 :あるケミストさん:2006/04/02(日) 14:14:23
>>194
SのP?
Wの人は、元S堂のIさんだね。

197 :ad:2006/04/02(日) 15:02:10
実は、たったの24時間で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたの今後のネット収益を倍増するスキルがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それを知りたい方は、他にいませんか?

アフィリエイトを使わずにホームページとEメールだけで3,000万以上稼いだ
インターネット・マーケッターの宮川さんが、

巨大な現金の山を作り出す門外不出の一生涯使えるノウハウを
下記のサイトで公開しています。

その内容をお知りになりたい方は、下記をクリックしてください。

【たったの24時間で あなたの今後のネット収益を倍増するスキルとは? 】
http://infostore.jp/dp.do?af=moneyclick&ip=successpreneur&pd=01

198 :あるケミストさん:2006/04/04(火) 22:08:25
暗号ばかりですね。
ずばり、カプセルパック、サンファイア、カテンザ、Xブリッジ、Lカラム等が
いいということか・・・・
長江さんもがんばっているけど、Fさん可愛そうですよ。彼はがんばっています。



199 :あるケミストさん:2006/04/05(水) 20:33:30
Fさんよくがんばってるよね。
一部でとは言え偉大すぎる上司の下だったから大変だろうけど。

200 :あるケミストさん:2006/04/06(木) 09:22:35
Fさんがんばれ、
Nさんは、某社からも誘われたそうですが断って
自社を立ち上げたってことだよ。
あー、Nさんって言わなくていいか?実名でてるぞ。

ところで、Nさんところの若い人からジルコニアカラムの冊子もらった。
耐アルカリ抜群と書いてある。スペルコもやっているね。
W社のXbridge対策か???? 
でも、アルカリであんまり分析しないよね。
バクテリア対策やマトリックス除去でアルカリはするけど。

201 :あるケミストさん:2006/04/06(木) 19:55:19
ポリマー、ポリマーコート、エチレン架橋、ジリコニアのバトルだね.
どこがすごいかな.


202 :あるケミストさん:2006/04/07(金) 05:23:18
最近は、各社から出している極性基内包型カラムが、選択性上、メリットが
あることがわかってきました。

203 :あるケミストさん:2006/04/07(金) 10:03:53
再現性にはデメリットありまくりだけどね

204 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 05:46:25
>>203
うーーん、そう? 結構使えるよ。
だって、分離パターンが、普通のC18と違うからね。

再現性って、耐久性? ロット間差? 

205 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 11:28:09
理論段数のいいカラムは確かにいい。
でも、今、Lカラム、カプセルパック、サンファイア、カテンザ等
いいカラムがたくさんあるが、選択性には差がないかも。
そういう時、フェニル等も使ったが、極性基の内包されたカラムは有効
であると痛感した。 
C8も選択性がちがうことがある。
あるメーカーと話したが、官能基が短くなるとゲル表面のシラノールの
影響が出やすくなるそうで、選択性がかわるそうだ。
個人的に感じるのは、各メーカーのレベルが上がり、選択性の差がなくなって
きている。友達は、TSKゲルはシラノールや金属がバリバリあるが、それが
他カラムと違いが出るって。

206 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 14:36:13
>>204
主にロット差。
あと、内面逆相にしても分離メカニズムが構造的に複雑なものは
繰り返し再現性、これは長い目で見ると耐久性になるけど、
経験的にこれがよろしくない。

207 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 18:05:40
>>206
ふーん。。。
内面逆相は使ったことあるが耐久性はないね。
では、教えて。分離パターン(選択性)を変えたい時は、カラムと
しては何を使う?


208 :206:2006/04/08(土) 19:09:19
>>207
HILICをやってみておもいのほか良くて嬉しかったが、
HILICカラムもたいがい耐久性ない。
一番強力な溶離液が水とくるから、すぐダメになる。

そういえばHILICについてN氏にさんざんお世話になったなあ・・・

209 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 20:47:29
>>208
欠点は、リテンションタイムの安定性だよ。
だから、メーカーが推奨するグラジエントはだめだね。
アイソで使えば安定する。
あとは、塩が詰まりやすいことかな・・
だから水90%で短時間で洗うノウハウはあるが、つかいずらいカラム
だね。
ピーク形状も悪い。

でも、カタログにない分取カラムは重宝しているよ。
メーカーは20mmIDも30mmIDも作ってくれるよ。

210 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 22:27:39
>>208
ながEさんとはこのあいだ面談させていただきました。ZIC−HILICを販売する
そうです。野村化学と併売になるようです。

HILICは選択性の変更ではないですね。分離モードの変更です。
単純に、逆相と溶出順序が逆転するだけです。それとも、溶出パターンも
変更になるとこことがありましたか?
前出の極性基内包型のカラムでもいいのですが、選択性が変わるメカニズムを
理論的に構築できるといいですね。ずいぶん以前、豊橋技科大の神野先生の
グループが、モノファンクションとトリファンクションの見分け方を平面
化合物と立体化合物の分離係数で見極める論文出していましたが、その後、
こういう報告ないです。選択性には何が重要でしょうか?


211 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 22:32:43
>>182
私の知り合いも大型のカラム買っていましたが、耐久性のなさを
指摘していました。ボイド? わかりません。 

212 :あるケミストさん:2006/04/09(日) 06:06:37
選択性は本当に奥が深い。ターゲット化合物のpKaがわかっていれば、
pH検討で選択性変更が可能です。カラムについてはやってみないと
わからないですね。

213 :208:2006/04/10(月) 11:03:57
こんな時間に書き込んでる私は実は学生だったりしますが
>>210さんのおっしゃる通り、逆相カラムから順相カラムにしてHILICモードにしたところで
分離モードの変更でしかありません。
ただ、pKa分布が広い生体物質類の一斉分析が課題だったので、
ODSに引っかからなければならないpH以外を試せたのはHILICを使った収穫でした。
>>212さんの言われるとおり、pHの選択の幅が広がるという意味で、ある程度の
選択性の変更が可能だと考えています。

214 :あるケミストさん :2006/04/10(月) 17:43:05
学生ではないが、こんな時間に書き込んで中小企業なのがバレバレですが
>>194
W社はここ数年で社員を3倍増したと聞いてる。そのうちS社からも3人移ったとか?
S社の泣き所は元々希望して入社した本業でなく、嫌々クロマト事業部に入った人たちが
じたばたしていることか。
不愉快な他社比較データで販売するS社、嫌いなのは私以外にも多数いるはず。
G社、T社、S社、N社、Y社・・・知っているだけで6人も。
>>205
そうそうT社も80TSとかを今時デモするのは、他社の分離パターンと違いを見せるため。
T社が新製品開発競争で戦わず、旧式製品でも売っているのはこれにつきる。
>>210
HILICだけではNさん大変では?ガンガレー


215 :あるケミストさん:2006/04/11(火) 07:02:23
>>214
資生堂は比較データばかりですね。
私も嫌いです

216 :あるケミストさん:2006/04/11(火) 07:13:35
>>214、215
すいません。214の方に乗ってしまい、
実名出してしまいすいませんでした。



217 :あるケミストさん:2006/04/11(火) 16:05:21
HILICは興味深い。実に興味深い。
W社がやたらと熱心に押し進めるが、N氏に聞くまで眉唾だった。
MSとの親和性がいいという宣伝文句にはもうちょっと確証が欲しいが
手懐けたい手法ではある。

218 :あるケミストさん:2006/04/11(火) 21:49:40
HILICを使用する移動相は有機溶媒リッチのためMSの感度アップに効果的
という。しかし、キャリーオーバーしやすいのではないか?
(プラズマ中の塩や水溶性の夾雑ゃ線分)
よって、イオンサプレッションが起こる場合もあると思う。
イオンサプレションよりカラム耐久性とグラジエントの戻りが気になる。
カテンザ、カプセルパック、エクステラ等表面処理したカラムは、
0→100のグラジエントの戻りが遅いと思う。
よって、安定化を十分にとらないとカラム中の移動相組成が微量に
変化して、NRMの感度が変わるのではないかと思う。


219 :あるケミストさん:2006/04/11(火) 23:17:42
イナートシルやTSKはグラジエントの安定が早い。エンドキャッピングが甘いカラムは
イニシャライズが早いと痛感しています。
あとは、アトランティスやハイドロスフェア等のカーボンコンテンツを
少なめにした極性化合物対応カラムも0%→100%のグラジエントの
イニシャライズが早いと思います。
モノリスもいいですね。(テーリングする由縁かもしれません)



220 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 00:42:12
>>214
W社はここ数年で社員を3倍増したと聞いてる。そのうちS社からも3人移ったとか?
S社の泣き所は元々希望して入社した本業でなく、嫌々クロマト事業部に入った人たちが
じたばたしていることか。
不愉快な他社比較データで販売するS社、嫌いなのは私以外にも多数いるはず。
G社、T社、S社、N社、Y社・・・知っているだけで6人も。
------------
この表現を読み取ると、S社嫌いですか?
SHi堂をフォローするわけではないですが、他社比較がないとなかなか
違いがわからないので参考になります。
だだ、比較データは参考値とするほうがいいです。
なぜなら、分析条件が変わると、ぜんぜん違ってくるから。
都合のいいデータという言い方もあります。
私は、いろいろな情報を勘案すると、Lカラム、SunFire、カプセルパック、
が使いやすい3兄弟と思っています。

221 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 12:12:38
Inertsilシリーズでは、でっかい細孔径のせいなのかどうか
ODS-2が以外な分離や安定性を見せてくれるので好き。
ODS-3になって、なんかフツーのカラムになっちゃった感じ。

222 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 18:37:15
>>214
W社はここ数年で社員を3倍増したと聞いてる。そのうちS社からも3人移ったとか?
S社の泣き所は元々希望して入社した本業でなく、嫌々クロマト事業部に入った人たちが
じたばたしていることか。
不愉快な他社比較データで販売するS社、嫌いなのは私以外にも多数いるはず。

●非常にメーカー事情に詳しいですね。
 私が聞いた話では、Shi社はECDが得意な京都の会社を買収したので、
 切りたくても、Shi社の企業ポリシーとしてはできない状況になっているということ
 ですが、正しいでしょうか?
 Shi社の最大のターゲットはW社であるとも聞きました。 

223 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 19:15:01
板橋のP社のアパタイトカラムとかどうです?
用途は限定されますが。

224 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 22:02:55
>>223
アパタイトやジルコニア等の新基材は、ルーチン化するにはまだまだ
時間がかかるよ。シリカのように長年の経験とノウハウにより、
より少ないロット誤差を出せるところまでいけるかだよ。
板橋のP社は知らん。どこなの? 理科大の中村先生系?

それよりも、フェノメネクスのGeminiやウォーターズのXBridgeの方が、
面白いと思うよ。
あとは、モノリスだね。



225 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 22:10:51
>>223
ペンタックス?
クロマト基材になるの? 粒度分布がポイントかな?


226 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 22:39:05
>>223
うーん、基剤開発は期待したいが、そのとき、同時に充てん技術も
確立しないとだめですね。よく、学会であるメーカーの研究員に、セミミクロカラム
のことを質問すると、その方は、壁面効果で理論段数が下がると言うから
呆れるね。
充てん技術がないことの言い訳ジャン。
ちなみに、そのメーカーは充てん剤は自社で作り、充てんは関西でしれるよ。


227 :あるケミストさん:2006/04/13(木) 05:15:25
>>>226

それもS社?

228 :あるケミストさん:2006/04/13(木) 11:35:10
Shim社がPrep新製品出したぞ。
W社攻撃すごいよ・・・

229 :あるケミストさん:2006/04/13(木) 12:41:32
板橋のP社とは旧旭光学です。
>>226
>充てん剤は自社で作り、充てんは関西
初耳です

230 :あるケミストさん:2006/04/13(木) 15:13:57
関西と言えばY社

231 :(^−^)〜:2006/04/13(木) 16:49:05
>>229,230
Y社は自分のところのカラムしか詰めていないはずだよ、
分取についてはK都クロマトという会社を買収したけどね。


232 :モノリス普及願望人:2006/04/13(木) 22:02:49
モノリスだと、W社が言うスラリー溶媒充てんによる問題点(充てん密度の変動・カラムの耐久性低減)
がないはずなのに、何で普及しないかなと考えたことがあります。

分離選択性と塩基性化合物のテーリングとMS用カラムへの対応が課題かな????

10年後には、モノリスが普及すると勝手な予測当たるかな・





233 :あるケミストさん:2006/04/13(木) 22:16:50
>>229
別に驚くことないのではないかと思います。
カラムメーカーは、空カラムとシリカゲルはドコドコベンダーから供給→合成は自社で製造→充てんは他社に受託が
普通ではないでしょうか?
外資はわかりません。




234 :あるケミストさん:2006/04/13(木) 22:47:12
ウッチー:2006/03/16(木) 09:47:01
>>145
えー、それは、3つのバッチに間違いないけど、ブレンドしていると思うよ。
とあるメーカーから聞いたことがある。だから、その3バッチでバリデーション
を取ると絶対痛い目にあうよ。きっと、その後、都度、自社の試験規格に
合格するバッチを探さないといけない羽目に。

これって怖いね。
お客に迷惑かけるね

235 :食用ネコたん:2006/04/13(木) 23:11:11
                   . . --- ..
            ,_-──‐,.-<´        `>- 、─ ─-_、
         | ::孑7>'                    ヽヤ千::│
         t :::/ ,     ,      、 、       ヽ:::: ,′
            ∨ ,./  /  /  / ヽ  l.  ヽ ヽ  、  V、
            / 〃 , /,. / ! , ! //リ , !  l | l l  l   い
         / /,' ,l l l | l l | | l,' //  l l | |  !  ! l
         ,' / l l l | | |l. l | l l./// ! l. //l l l. l |  l. |    糞 ス レ た て ん な よ
         !/ │ l | l Llレ^ーl.」_ムイ」_LK/-レ'ーf ,' ,1  t. l     プギャーーーーーーーーーーー
.        ' /⌒ヽ l l |,.-==、、     ,.==-、_// / ,. / f_,-、_
      , -‐f   い.」_ヽ ,,,     、     ,,,, // / / /__/メ-ヘ._)、
      〈   |     t_, ト'._ _   f´ ̄`I>、   'z'_/_∠f、ト′  l>lコ<!
    ,-、ノ,.-‐ !     ,゙-、`ゝ、 ,!  |      |   ∠ト>-`‐´─-, ‘メ.K’
   /   f:::::::, ヘ  /  ヽ:::::l. 〉‐' ̄ヽ  ノ イ>'´ ,. -‐─‐ - L {.lリ
  ./   /::/l  ヽ |     ヽ::ヽ‐t    ゙r< -/´ ̄`ヽ‐- 、   j. `′
  L. _/::::{  l     t\    ヽ::|/ヒ.ヽ _レ'-く.      |こ _ ‐- L
  `) {::::::ハ  ヽ、   ヽ     l::l ノ  ‐l ‐-o、| ̄`  /-_─_ - .ノ
  ゝヽ:::t ヽ. __ヽ. r j、___ /:::リ   ,.ゝ∠ イ‐ / ̄ヽ.‐- 、_/´
    \ヽ\   rヽ二.ィ :::::::::_/     / l.| l.  /;!  '´  ト、::ヽ
     ヽ >::`‐::‐':::::::::::::;.イ´ ,ゝ,-‐ァ′ハ `ーl:{ `i     l. l:::::}
       ゞニ7ーr─'ス`ヽ く ∠、 /`iTヽ !:::Yゝ._ ノ ノ:::r’
             `T´‐| _jー、`ー'メ ′ ハ‐ヽ::`` ー‐ '´:::ノ
             〉 , ´ 」/] lヽ/ ヽ. /  V{::`、 ̄ ̄

236 :あるケミストさん:2006/04/14(金) 05:15:36
食用ネコさんすごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい。
かっこいーーーーーーーーーーーーいです。


237 :あるケミストさん:2006/04/15(土) 06:01:22
あー、面白いカラム出ないかな?????

So,長江さんのところ、本格的に活動始めましたね。
野村とバッティングするHILIC等、動向注目です。

ところで、韓国は犬を食べますが、知人に聞きましたが食用だって。
5月の連休に行ってきます。初の犬に挑戦してきます。

238 :あるケミストさん:2006/04/15(土) 06:04:33
追加:
鳩は食べたことある。(これも食用かな)
バンコクの郊外では、普通にメニューにあります。

さらに、熱帯魚、これは、超ーまずい。
でも、タイでは、これが接待だって

239 :あるケミストさん:2006/04/16(日) 15:52:58
>>220
S社流に説明するとうちは40歳台対象の保湿剤を造っているし、その購買層に売ってる。
なのに20台で使用されて肌がベトつくデータを配布するのはルール違反でしょう。
わたしは古い人間なのでS社がこの分野に参入してきた当初各社にお伺いで
情報収集して頭下げて来たことも知っている。わたしも好意的に受け入れ教えた。
しかし少し前にS社複数社員が、いろいろなお客さんに対して
上場しているカラムメーカー以外で生き残るのはY社ぐらいじゃないですかね、、
中小企業は信頼性低いからダメです、、、
と話していたのを知ってわたしの怒りのピークはいまだにテーリング。


240 :あるケミストさん:2006/04/16(日) 18:07:01
>>239
SHI堂社さんのオゴリなんでしょうかね?『Y社以外残らない!』
との言い方は、すごいですね。
でも、SHI社は5000億円の売り上げあって(さっき、調べたよ)、カラムはどのくらいあるのでしょうか?
たぶん数億円もないと思います。おそらく社内では趣味(宣伝)でやっているのでは
ないでしょうか?本業が傾いたら切られる運命のような気もします。K王さんが
Kボウ買収したので、今後の勢力図変わるような気がします。私は理科大出身ですが、
SHI社のクロマト大将も、もうすぐ定年と聞きました。

241 :あるケミストさん:2006/04/16(日) 18:40:47
間違いなく数億円もないでしょう。一説には3億円?
T社が100億円規模、元祖S社も数十億円でこれだけだしても本業と比べると
微々たる部門で旧東圧やイヒ社のように切られる可能性も全くないと言われています。
こんなとこで悪口言っている嫌なオヤジで終わりたくないので
S社が生き残るにはお粗末な装置から撤退して、カラム専業として
そして国内のどこかと協調路線をたどらないといけないように思います。
業界全員を敵に回していいことはないですよ。大将さん。

242 :あるケミストさん:2006/04/16(日) 23:29:47
>>241
Nスペースのことか?頑健性という言葉を隠した装置***
これを撤退しない理由は、大企業のプライド?それとも儲かっているの?
なんか不思議だよ。外資だったら即撤退か転売だよ。
カラムは確かにいいカラム。と思う。
で、どこか、協調してくれるメーカーあるのかな?
T社? G社? W社?
W社が提携したら世界中で売れるかも。

でも、



243 :あるケミストさん:2006/04/17(月) 21:54:31
今日、ある知人と最近のカラム分析について話をしました。MSが普及してジェネリックメソッド
が一般化したという話になりました。ジェネリックカラムセレクトもできたらいいね・・にも
なりました。カラムのジェネリック化ができたらすごいとは思いますが、はたして、できるのでしょうか?
カーボン率、残存シラノール量、ポアサイズ等、パラメータが多くて理論化できないと
いう結論になりました。なにかいい方法ないかな?と思って、それ以上のアイデアは出ませんでした。
悩んだ一日でした。


244 :あるケミストさん:2006/04/18(火) 03:59:22
立体化合物と平面化合物の選択性を示唆するためにオルトターフェニルとトリフェニレンの分離係数で評価することがよくある。
しかし、異なった立体構造のケースや分子量が異なる場合、この評価がそのまま使えないと思います。
メタボノで使う多変量解析は使えるような気がします。

245 :あるケミストさん:2006/04/21(金) 22:39:53
244の評価法について、

この実験で、1つパラメータが加えると面白い結果が出ると予想します。
別の系で経験したことがあります。
それは、カラム温度です。低温と高温では結果が違うと思う。


246 :あるケミストさん:2006/04/26(水) 17:54:26
>>240

大手企業でもナカ○イとか東京○成と同じ売上げ水準の会社もいるぞ( ´,_ゝ`)プッ  
何処とは言わんが化粧品会社なんかその最たる例( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
こういう会社は有名でも「負け組み」の部類に入るぞ(・∀・)ニヤニヤ
最終的な役職や昇進も本業と比べると悪く、事業撤退も完全否定できない(・ー・)オワッタナ・・・




247 :あるケミストさん:2006/04/27(木) 01:40:02
>>246
内部事業に詳しいですね。S社の方ですか?
本業・NON−本業という考えは、個人のモチベーションではないでしょうか?
どこに配属になるかは本人の意思では決められない部分もありますので、その
部署で最大限に仕事とするのが大事ではないでしょうか?

>>事業撤退も完全否定できない(・ー・)オワッタナ・・・
このあたりは大企業の宿命と思います。A化成のアサヒパックはいい商品と
思いますが、彼らは撤退して商権を他社に譲ったように、こういうことは
ありえますね。






248 :ベンター太郎:2006/04/27(木) 01:46:28
こわいです・・・・・
シリカゲルのベンダーは零細だよ。
D社はワールドワイドだけど。
それ以外は不安。
もしもがあったら、カラムメーカーは・・・


249 :あるケミストさん:2006/04/27(木) 05:16:23
ちがうD社のバックには、大企業のA社がついている。
これ、意外と知られていないぞ・・・・・


250 :あるケミストさん :2006/04/30(日) 15:50:09
カラム・充填剤売上げランキング

106 TSK
----------------優良大手の壁
36  YMC
32  SDK
15  DAIC
14  CICA
12  DAIS
12  GL
----------------大手の壁
8  MCI
7  SCAS
6  NACA
5  SMAZ(SHIN)
----------------事業継続部門
4  SEKI
4  HITA
3  SISE
2  WAKO、TCI,CERI
億円単位、国内外全売上げ、2005年調査
ちなみに海外勢の国内売り上げ
23  WATS
7  DINX
4  AGEL
2  BIOL


251 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 23:08:29
>>250

Thank you so much for your excellent research.
Would you give us these data source?
I think these are data of Yano economy.
Is that correct?
I'd really appreciate it if you could inform the details of an initial of the company which you introduced to us.


252 :あるケミストさん:2006/05/02(火) 08:27:53
>>250
名古屋の会社が発行している”アール&ディー”みましたが、
その数字とも違いますね。
ところで、この数字には、逆相カラム、GPC、ゲル単体、キラル、受託分析等が
混在していると思います。
逆相ランキングは以下でないですか?
1:G 、2:Y 、3:W、 4:SHI、 5:T

253 :Puro-Shi-Zyuhachi:2006/05/06(土) 21:26:29
I hope that a new product will be released by columns companies.
In particular, I'd like Y-company to do their best.


254 :あるケミストさん:2006/05/07(日) 16:42:49
>251.252
一般的にR&D、矢野、富士が有名ですがこのときは大手金融企業の調査部門に依頼しました。
数字はTSKがかなり大きくなりすぎている可能性は高いですが、それ以外はそれほど的外れでもないと
予想しています。なお受託精製・分析は除いているそうです。TSK成功は80年代から欧米に販売法人を立ち上げ
海外戦略に成功したこと、参入すくない臨床系ゲルも当たった。SDKは大手ハードメーカーにOEMが成功
さらに海外販売をWTSに任せたこと。YMCも80年代から米国法人を設立注力し、さらにWTSに米国法人を売却したこと
DAICは競争が少ないキラル分野専門に特化したことなどが記載されています。
日本での順位とかでなく、世界的な規模で考えないと生き残れません。


255 :あるケミストさん:2006/05/08(月) 12:56:57
>>254
説得力のある内容に感動しました。
日本でチマチマやっているメーカーはダメということですね。


256 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 23:42:43
>>254
でも、世界で一番売れて売るのは、PH社じゃない?
特にEUは一人勝ちだと思うよ。LとGで
ASIAでは、KはCカラム、CはKカラムかな?Xもそこそこ。
でも、UPカラムの今後が注目だよ。


257 :あるケミストさん:2006/05/13(土) 12:00:24
最近、日本もアメリカ的になってきたと感じます。
先日、Zカラムのカタログを見たところ Zカラム vs Uカラムと
記載されていました。
以前も、SHIM社が G vs XMS
さらに、W社が XB vs G
でも、各社が競い合ってレベルアップになるなら、いいですね。

258 :あるケミストさん:2006/05/13(土) 13:22:52
どうせチャンピオンデータなんだから似たり寄ったりなんだけどね

259 :あるケミストさん:2006/05/13(土) 17:23:24
EICOMのECD使ってる人いますか?

260 :あるケミストさん:2006/05/13(土) 17:43:29
はーいいいい。。。。。
使ったことあります。感度抜群でした。
カテコールアミン等の極性化合物を水系リッチ移動相で分析すると
たぶん、感度は日本一(個人的には世界一と思う部分も)。
スペック忘れましたが、セル構造・セル容量や電極の材質等が他メーカーと
異なっていたと記憶します。あと、彼らは自前のODSカラムも
販売していて、これも自信作であると言っていた記憶あります。
KEYは金属不純物が少ないと言っていた記憶が・・・
京都のM部長さん(まだいらっしょいますか?)に言われたことがあります。
(今の最新カラムは金属についてはどこのメーカーも少なくなっているかな。)

でも、ECDの問題点は、バリデーションが取り難いとは感じています。なにせ、セルが
汚れてきますので。(感度低下につながる)
定量用として使う場合は注意が必要かと思います。

261 :あるケミストさん:2006/05/13(土) 18:20:00
>>258
チャンピオンデータでいいじゃない。
自分たちは時間がなくカラム間評価する時間がないもん。
でも、紹介されたデータには、突っ込みいれるようにしています。
『ギ酸でアミトリプチリンの比較??ふーん・・・
 酢アンで他の化合物ならどうなの?』等


262 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 14:31:53
261つづき

ごめん。よく見かけるのは酢アンまたはリン酸BF/メタノール系の
移動相が多いみたい。メタノールはプロトンを供与する溶媒ですが
授与するタイプのMeCNだと分離状態も変わると思うんだが。
特に塩基性化合物の場合、この比較データが溶媒の違いで結果が逆転する
ことない?かな?なんかわかる人いる? 

263 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 16:25:51
>>262
カテコールアミンの分析でなんかそういう問題にとっつかまったけど
何年も前のことだから忘れた。

カテコールアミンはECDで一発決着なのに安定性悪くて困るね。
結局MS/MSでデータ取ったけど、カルボン酸ついたやつは苦労したよ。

264 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 21:53:45
>>263
そうなんだよね。いまさらカテコールアミンをECDはないよ。
MSでできるもの多いから。
ECDは今後どうなるのだろう・。・。・
たぶん廃れる運命でしょう・。・。・。・ 
−COOHついたやつは・・・とは、両性だからということ?
ポジ?ネガ?でやったの? pH条件は?

265 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 22:05:36
モノリスが面白いと思う。
M社のSE−さんがいっしょうけんめい布教活動しているのがわかる。
がんばれ*******
おもしろいカラムなんですが、なんで普及しないのかな>>>>
シラノール活性? ロット間差?
わかりません。


266 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 22:16:57
>>264
移動相にギ酸アンモ使ってAPCIポジティブでアンモニウムイオン付加体がポジティブイオンとして検出されるという
超びっくりで検出できた。定量性はないです。

267 :あるケミストさん:2006/05/16(火) 00:44:58
>>259

結局、質問の意味が分からんぞ!!
意味の分からない書き込みは気になるのであなたの思うところ教えて頂戴・・
ECDを検討中なの?それとも何?
今、EさんはUSに活路求めていることは聞きました。
がんばってほしいです。 


268 :あるケミストさん:2006/05/17(水) 21:16:17
今日昼休み、会社で、いつものようにコンビニ弁当を食べながら
Google検索していたら、おーと、驚いた。
Tさんから、バネ入りカラムが出ているのを知った。
何だこりゃと思ったが、アキシャルコンプレッションとOBDを
意識したものと思われる。
考え方は面白いが、ベット安定性は本当にいいの?という感じ。
各社、いろいろ考えるねーーという感じーー

269 :あるケミストさん:2006/05/18(木) 11:34:07
>>264
カテコールアミン、蛍光法は?
高濃度のアルカリとかが難か。

270 :あるケミストさん:2006/05/19(金) 00:11:30
>>269

蛍光ね、使いにくいですね。感度はいいけど。
汎用性がないし、ラベル化は煩雑だし、これからは、主流に
ならないね。それと、今流行りの超高速LCに対応できる耐圧性のあるセルは
開発できないでしょう・・・
アミノ酸くらいかな?


271 :あるケミストさん:2006/05/19(金) 13:26:19
セル張りあわせじゃなくて成形後研磨すれば良いんじゃね?

272 :あるケミストさん:2006/05/19(金) 16:50:41
えーできるの? どこのメーカーのセルもUVより耐圧性ないよ。

273 :にゅ〜さん:2006/05/19(金) 19:57:48
突然ですが、有機酸塩の測定方法誰か教えてください。乳酸ナトリウムの検出をしたいのですが、、、
マトリックスはメタ/水です。

274 :あるケミストさん:2006/05/19(金) 21:46:24
モノリス分離悪すぎ。ショートカラム使ったほうがマシ。

275 :あるケミストさん:2006/05/20(土) 11:30:53
セルの断面丸くていいんなら耐圧セルになりそうな希ガス
(一部平面化研磨も含む)

276 :あるケミストさん:2006/05/20(土) 15:40:52
乳酸Na、食添だよね。海事研や日食等でやっているね・・

277 :あるケミストさん:2006/05/20(土) 15:43:56
>>275

なんで、そげんに蛍光にこだわる?もしや、超高速LC用?
MSの普及で蛍光は辛いね。


278 :あるケミストさん:2006/05/20(土) 18:01:00
>>274
そうねーーー
でも、私はいずれモノリスの時代が来ると信じています。
このカラムを甘んじている会社は5年度には『しまった!!』と予言します。
どこの会社も言わないけど研究してるみたいよ


279 :あるケミストさん:2006/05/23(火) 13:16:51
だいたいオマイラ(・∀・)!!
マスマスとマス掻き過ぎなんだお!

280 :あるケミストさん:2006/05/27(土) 00:30:51
ますます、ますますが普及して、ますます感度アップして、ますます、ますの本来の感度(イオンサプレッション=0%)が
でるようになった現在です。
忙しくてます掻きすぎできない

281 :あるケミストさん:2006/05/27(土) 00:31:45
ますます、ますますが普及して、ますます感度アップして、ますます、ますの本来の感度(イオンサプレッション=0%)が
でるようになった現在です。
忙しくてます掻きすぎできない

282 :あるケミストさん:2006/05/30(火) 21:10:30
MSと言えばもうすぐASMSです。そしてHPLCも。6月はUSでMSとHPLCの学会があり、
7月になると滋賀でBMSがあり。学会花盛りだよ。新製品や新技術の発表期待
したいところです。

283 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 10:56:24
【ASMS情報】

SE社さん、UPLC対抗品発表するそうです。
W社、A社、SE社、J社・・・おそらくS社も出すと思うので、
超高速分析時代に突入だ!!。1分間分析が当たり前の時代に##
いずれ、10秒分析時代になるかも・・


284 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 11:05:45
某社の超高速LCにはうちのカラムがいいと宣伝している会社の話を
あるところで聞きました。えーですが。

285 :あるケミストさん:2006/06/10(土) 15:48:07
>>283
ところで、SE社ってどこ?
S津はもう開発は済んでいるようだ。

286 :ぶんせきやさん:2006/06/13(火) 01:58:38
>>284
超高速LCカラムって粒子小さくして段数あげているからやっぱり圧無理あるみたいです。
知り合いがいうには5μくらいのシリカのつもりでがんがんやるとカラム圧上がりやがてピークめためた
各社装置はできても使えるカラムでないね。
S津がカラムだせるわけないし期待薄!

287 :あるケミストさん:2006/06/14(水) 02:08:06
>>285、286
ごめんなさい。TEでした。元の原型はサイベーヤーとか?いうやつと
聞きました。
S社は出すでしょうね。大御所ですので。
カラムメーカーはU装置に合うカラムを開発すると思います。
わたしは、いずれ、1um以下に突入すると予想します。


288 :あるケミストさん:2006/06/14(水) 02:11:30
HPLCってなんですか?

289 :あるケミストさん:2006/06/14(水) 17:28:59
カラムすれになってる・・・。

290 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 16:10:35
>>288
ハイパワーロリクラブでしょうかw

291 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 21:33:37
>>290
じゃー、LC/MSやELSDは何じゃいか?


292 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 23:53:34
>>287
U用の絡むって、絡む専業メーカーがおいそれと作れる物じゃないと思いますけど。
高背圧に耐えられるように外装もエンドフィッティングも各社独自仕様でしょ?
それに高背圧で溶媒を流して安全ですと言えるレベルにするのは容易じゃないです。
Jさん去年の分析展で装置を出しましたが「カラムは開発中です」と言ってましたし。
専業メーカーにU装置は一種の囲い込みだし、どこも危機感持ってると思いますよ。

293 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 00:46:41
>>291
ロリクラ/マンスジと イイ!(゚∀゚)LSDですね

294 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 10:06:43
>>292
T社さんがどんな製品を発表したか楽しみです。


295 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 12:01:59


          / ̄ ̄ ̄`⌒\
         /          ヽ
         |  _,___人_   .|
         ヽ|´ ┏━ ━┓`i /
          |  《・》 《・》  |   
         (6|   ,(、_,)、  |6)   H P L C も 無 い の か!
          ヽ  トェェェイ  /
           ヽ ヽニソ /
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|
     `ー一'


296 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 12:05:31
ユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユユ

297 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 23:41:39
たぶん、10年後にはHPLCは死語だよ。
頭のHからUに変わるね。ただし、Uのあとに、PかF等がつくかは、普及させた
メーカー次第だね。UPLC?UFLC? etc・・・・・

298 :あるケミストさん :2006/06/18(日) 14:48:23
>>292
そのカラムメーカーですが、大変な危機感を感じています。
米国経由でUPLC用を入手したところ、カラム設計、充填具合、粒度分布に驚愕しました。
熱意のある方はぜひ実物を見てください。同じく入手したUFLC用とは別物です。
評価するハードが当社にないので残念ですが、見るだけで今後の方向性が理解できます。
このままでは40年?前にこの巨大なHPLC市場を開拓したW社が、自らHPLCを捨てて
新しい市場を独占しかねないように感じます。しばらくA社、TE社、国内S社にあの充填剤が出来るとは思えません。
ここからが、日本のカラムメーカーの力の見せるチャンスではないでしょうか。
非常に高いハードルですが、W社に負けたくないものです。カラムだけでも。

299 :脱ジーコ派:2006/06/19(月) 00:09:12
残念でした。
まあ、日本に実力でしょう。テレビの解説見ると『勝ち点取れるチャンスあったので惜しかった』
と言いますが、外す柳沢等、シュートの精度が低い。
4年後にがんばりましょう。

300 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 00:16:53
バックパスが得意なFWが先発している限り勝てない

301 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 22:53:04
バックプレッシャーが得意なAJIが先行している限り勝てない

302 :脱ジーコ派:2006/06/20(火) 21:00:15
UP装置と同じかもしれない。
過去を否定してあらたな土台を組まないと、あらたな進歩がでないかもしれない。
FWは全員リストラ。布陣を変えないDWも解散。あらたな人材探しと人材育成かも
しれない。カズのようにハングリー精神で海外でやった人間を数人作らないと
いけない。高校選手権を制覇した監督に、日本監督やらせたらどうかな・・・

303 :脱ジーコ派:2006/06/20(火) 21:00:54
UP装置と同じかもしれない。
過去を否定してあらたな土台を組まないと、あらたな進歩がでないかもしれない。
FWは全員リストラ。布陣を変えないDWも解散。あらたな人材探しと人材育成かも
しれない。カズのようにハングリー精神で海外でやった人間を数人作らないと
いけない。高校選手権を制覇した監督に、日本監督やらせたらどうかな・・・

304 :あるケミストさん:2006/06/20(火) 22:17:13
mjrsすると充填材はこれ以上ミクロ化しないと思う。
というのも1.8よりも小さくしても理論段数あんまりあがらないんだわ。圧が上がるだけでwwwwwwwwww
今のシリカタイプだと出してもせいぜい1.6ぐらい迄だと思う。それ以下はもうほとんどあがらないし。
だからUなりSLなりXでもそこまでだな。ただシリカというかカラムの理論(モノリスとか)さえなんとかなれば話は別だけど。
あと>>292も言ってるけどエンドフィットとフェラルだな。
あの圧に耐えられるのって今のところスウェッジぐらいしかないからなwwwwwwwwwwその辺さえクリアすればさらに飛躍的に早くなるんだがwwwwwwwwww

305 :sage:2006/06/21(水) 00:37:06
↑W社さん乙

306 :あるケミストさん:2006/06/21(水) 14:11:48
惜しいwwwwwwwwww
水の中の人ではないんだわwwwwwwwwww

307 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 22:17:20
UPLCって,そんなにいいかぁ???

308 :あるケミストさん:2006/06/23(金) 10:08:27
モノリスは今後どうなるのかな??・・

309 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 10:46:13
>>308
生化でメーカーの人から聞いてきたけど、目立やフェノメックスはメル苦のドイツ本社と直接交渉して
モノリスを手に入れたたそうな。メル苦はライセンス契約を結んで各社に提供する意向みたいね。
ジーエロだけがモノリス製品を開発して投資回収を図っているけど売れていると聞いたことはないよ。

310 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 12:10:47
>>309
GのF vs MのS でわかる?

311 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 16:40:02
>>310
GはF野さんだっけ?あの人には前に資料をもらったことがある。
Mの気持ち悪い男?は名前しらないが。

312 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 17:46:29
くわしい!!!さすが。
ご指摘の方は、転職しています。


313 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 18:27:16
だれか、サンフランシスコ(HPLC)ネタ教えてください。
個人的にはモレキュラーインプリントが興味があります。

314 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 15:11:38
>>313
モレキュラーインプリントって結局どうなの?
最近、情報仕入れてないんだけど、良い論文とか出てる?


315 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 21:32:34
>>314
出ていないっすーね。
でもでも、選択性、高感度化のメリットもあるし。
LC−MS上で、イオン化阻害を下げるメリットもあるんではないかな。

316 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 23:21:03
S氏怖いよ・・・。

317 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 21:52:34
>>298
どなたか知りませんが、業界で話題になっていますよ。


318 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 21:35:47
>>
水の人が言っていた。水は水ではないことを。
わかりますか?水には複数形がない。
なので、ミズという人は英語力が○いと言われてしまいます。
アチャー(*_*;)
(Sヅも複数形っぽいけど)シラー、、、(-_-)

319 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 13:29:47
Wの語源は創設者だろwwwwwwwwww
ちなみに複数形はあるぞ。水源という意味だ。
m9(^д^)プギャー

320 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 11:10:49
オーツ行けなくなっちゃった。
学生時代の友達の実家に今ごろ行ったことがあるがメチャ暑かった記憶が。
行く方暑い中熱い夜を楽しんで。

321 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 21:21:12
来年はOKI縄だよーーーん

322 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 22:21:50
>>298
1.9umの会社さん、日本市場本気みたいよ。
がんばってほしいね。私はHPLC使わないから第三者でみています。
もうすぐ、ジャイマ・・・・マル十さんの動き楽しみです。



323 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 22:49:28
ラベル化したグルコーズを注射されて全身検査されて、15万くらいかかる
そうです。これで癌がわかれば安いですね。
目黒区中根に豪邸持っている方が癌の告白したのが話題だけど、
これで商売している人多いよ。前処理・分取カラム・HPLC・MS等。
一番儲けているいるのはSZさんだね。
病院常駐してるもんね。

324 :あるケミストさん :2006/07/09(日) 16:47:26
>322
○十が追従できなければ、日本のHPLCメーカーは…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

325 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 22:15:24
私のところに来た水の方が自慢してましたが。ゲルがしっかりしてないと
2μm以下の充填剤本来の性能を出せる充填密度にできないんだと。
水のハイブリットやらはシリカと違うんだとさ。
そんなにすごいの?

326 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 22:16:20
私のところに来た水の方が自慢してましたが。ゲルがしっかりしてないと
2μm以下の充填剤本来の性能を出せる充填密度にできないんだと。
水のハイブリットやらはシリカと違うんだとさ。
そんなにすごいの?

327 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 06:05:29
シリカはシリカなんだけど、耐圧がいるのと、カラム内での位置による充填密度の違いの話じゃないの?

328 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 11:59:01
>>326

充てんの仕方でしょうね!各社ノウハウがあるみたいよ。
どこがつめ方下手かも、なんとなく経験から・・・・


329 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 22:26:14
今でも、S秋Cさんは、スラリー溶媒売っているのかな?
あと、関西のある会社は青森のMさんのようにパッキング商売してる
みたいね。再生内面電解研磨してるのかな?
ふと思うのだが、カラム内面の電解研磨のテクは他の業界で使えないのかな?



330 :あるケミストさん :2006/07/15(土) 14:04:49
青森の方はこの業界ではタブーの話です。
一人で悪さしているだけだから放置を・・・・・・・

331 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 15:38:31
サーモU-HPLC アクセラあげ


332 :あるケミストさん:2006/07/17(月) 11:10:12
..331
アクセラあげって何ですか?
..330
青森の方はタブーって何のことですか?
うわさでは、別の商売で県?国?から補助金もらっているそうですが、
そういう意味で放置ということ?(社会貢献してるから勘弁。?)

333 :あるケミストさん:2006/07/18(火) 22:02:26
近年、Agが流行っていますが、みんな、抗菌と殺菌(滅菌)の
区別できているのかな?
抗菌って言葉は、あいまいだね。
さて、1,3−ブチレングリコールでカラムを保存したらどうなるのかな??


334 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 22:22:51
エンドトキシン除去カラム・・・
ある?かな?
ほしい?って。でも、***
あーあー、画期的なモノ出ないかな***


335 :あるケミストさん:2006/07/23(日) 23:33:14
スペルマ除去カラムが欲しいw

336 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 22:35:57
スベルマって何よ。。。。。
お教えください。
友達が原薬やっていて、エンドトキシン除去がカラムできれば商売できるかな?
なと思いました。


337 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 21:48:41
スペルマってお玉じゃくしじゃないのw?

338 :あるケミストさん :2006/07/29(土) 15:14:20
>332
青森の方はカラム再生という名目で使用済みカラム2本から1本を再生して販売したり
サイズの大きなカラムからゲル取り出して小さいサイズを販売したり
かなり法律ギリギリのアコギな仕事をしているそうですよ
どこぞからゲル入手してきて、彼のブランドで発売していれば問題ないのですが
T社、S社、Y社などの社名を使っているので一時裁判沙汰になりかけました
ま。一人ですから誰も相手にしてませんが


339 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 17:49:52
>>337
王水

340 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 21:44:21
MOTON-BUNKONOKATA??

341 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 12:22:47
>>337
スペルマってお玉じゃくしじゃないのw?

いつもwつけるんだけど、ウォーターズの人間って意味なの??????
それともワットマン???????

342 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 12:26:07
>>339
おーすい、過激です。何のことだか分からねーな。

343 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 19:44:59
OKUBO-SOMA



344 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 22:23:22
W社のアライアンスHPLCシステムは,セミミクロ対応と言えますか?
やっぱりUPLCの方が安心でしょうか?

345 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 22:21:05
のせるサンプル量と流速は?

346 :344:2006/08/04(金) 22:59:09
>>345
サンプル量は0.5μL〜5.0μLを考えています。
流速は200μL/min〜1000μL/minを予定してます。
カタログ上は,200μL/minはOKってことになっているようですが
脈流にならないか心配です。

347 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 00:13:57
>344
つか,W社じゃなきゃだめなの?

348 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 10:08:18
>>344
サンプル量が標準のままだとかなり厳しいかも。

349 :344:2006/08/06(日) 03:09:41
>>347
いえ,駄目なら他のメーカーも考えています。
値引きが良かったので,第一候補にあがったのです。
他にはSD社とか考えております。

>>348
多いって事でしょうか?1μ前後で考えた方が良いでしょうか?

350 :名無しゲノムのクローンさん :2006/08/10(木) 09:07:46
・液クロ装置メーカー営業
・液クロ装置卸営業(専門理化学店)
・カラムメーカー営業
・カラム専門商店(試薬屋さんかな)

このなかでどれが一番やりがいありますか?結構真剣に考えてマツ

351 :あるケミストさん:2006/08/10(木) 23:37:54
>350
技術屋としては装置なりカラムなりのメーカーの方が
おもしろいし勉強もできると思う。

つーか,何故に営業??

352 :名無しゲノムのクローンさん :2006/08/11(金) 01:14:32
DQN大学でHPLC使っていますけど研究職は絶対無理



353 :うーん:2006/08/12(土) 15:47:46
>>349
SDって、NS? ASはいいですが、さてさてあれあれ・・・・・・・





354 :うーん:2006/08/12(土) 15:51:04
>>352
DQN?

355 :あるケミストさん:2006/08/12(土) 23:12:44
>352
DQN大学でも,カラム屋なら研究に取ってくれるのジャマイカ。

356 :あるケミストさん :2006/08/13(日) 00:52:06

                 _,.. ---- .._
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !   352さんが分光ぐらい受かりますように。
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/    
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、



357 :うーん:2006/08/13(日) 11:07:12
分光さんですか・・
HPLCは売れていますね。

358 :あるケミストさん:2006/08/14(月) 22:19:26
これ、すごいーーーーーーー



_,.. ---- .._
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !   
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/    
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、


359 :あるケミストさん :2006/08/15(火) 08:16:11
少し前学会付設展示会で分校さん自ら告白していたけど
「HPLCはかなりダウンサイズして、今は分光計がメイン」とな

360 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 00:32:48
>>359
やはり、そうでしたか?
分光計は安いから商売なるのかな?
XLCは分光さんも扱えるのかな?そうすれば、WatersのUPLCの対応馬として期待できるけど。


361 :あるケミストさん :2006/08/16(水) 00:42:48
安いのと性能もよく知らない客にはパーキン、サーも、島津と張り合える
ぐらいのがあるそうです。XLCはまだ未完成ではないでしょうか
正常に稼動しているのを聞いた事がありません。中村先生にも聞きました
はやくUPLC対抗馬が出てくることを希望しています そうならないと
WATERSの一人勝ちでわれわれカラムメーカーが衰退しますよ

362 :あるケミスト:2006/08/16(水) 22:31:28
uplcなんて一時のブームじゃん カラムの内径細いから詰まりやすいし
圧力高いから カラム劣化早いし カラムの種類少ないし
汎用性低いよ
高圧力に耐えられるように組んであるから
配管一度取り外すと新しいのにしなきゃならないし


363 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 23:17:44
>>362
あのーう、ちょっとよろしいですか?
フェニルやRPというのもありますよ。
そして、○○ーーーー話も聞きました。
あのー、注入量たくさん入れていませんか?またー、HPLCと同じ使い方
していませんか?結構、馴染むと使いやすいかも。
で、このブームの次はどうなるの?やはり、SHIのPや、WのAや、AのH
に戻るの?
モノリスUPLCになるの?

364 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 23:23:07
>>361
あのーう、ちょっとよろしいですか?No.2
中村先生はUPLCを使ったことないと思います。
私が100台、UPLCを中村先生に寄付しましょうか?
10億円ですね。・・・・


365 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 23:52:54
362ではありませんが。
UPLCなんてブームでしょ?

水のセールストークに乗せられてるだけ。
RPのカラムなんて使い物にならない。

366 :まだ夏休みです:2006/08/17(木) 22:14:07
>>365

ブームとは思わないですよ。そんなに売れているんですか?
SのPが一番売れているんではないでしょうか?

RPカラムはG社とW社とも使ったことがありますが、化合物のよって挙動がちがった
記憶があります。フェニルとも違うような感じかな。A社さんはこのカラムでセカンド
チョイスのNo.1目指すと言っていたと思います。各社の耐久性はわかりませんが。


367 :あるケミストさん:2006/08/19(土) 14:09:14
365
<><> 課題は保持だな <><>

368 :あるケミストさん:2006/08/19(土) 17:13:03
ぽーらーの?

369 :あるケミストさん :2006/08/23(水) 22:44:49
水が一人でよがっているだけと思っていましたが
最近はうちみたく弱小メーカーにまでUPLCで使えるカラムないのか
と電話がちらほらきだしました おまけに鯵とか分校まで真似事して
理論だけが先行してるような気もしますが

ただ流れはこの方向で間違いないので、否定できません 
お客さんと話す時も ああそんなんありましたね〜で誤魔化しています orz

どこか1,5マイクロ&耐圧2000sのODS作って水の鼻あかしてちょ


370 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 23:00:42
しまつ”もやっとこさ類似品を発表しましたね。
でも、カタログの作り方がイマイチ…。
アピール力は水の方が数段上かなあ。

371 :あるケミストさん :2006/08/24(木) 00:02:52
水がPITTCONにUPLCだしてハヤ3年でしったけ 
しまつさんもUPLCに近い真似事ですか それともどこかに1.7マイクロ作らしたのか
これは装置屋の仕事ではなく、われわれカラムメーカーの仕事だと思うけど
エチレン架橋に対抗して蜜菱か糖槽か召電ガンガッテオクレ この3社しかないYO


372 :あるケミストさん:2006/08/24(木) 00:34:29
つーか,水のカラムが良いんだったら,
なぜ,他のカラムメーカーにまで
「UPLC用のカラム」の問い合わせが来るのか。
水のが使用に耐えないくらいひどいのか?ww

装置も何かとめんどくさそうだしなぁ・・・
一時期のブームの希ガス。

373 :あるケミストさん :2006/08/24(木) 07:54:17
UPLCがいいかぁ??疑問?だれか使ってる香具師、実情教エロよ
だいたい水もまわり敵ばっかりだし、引き抜きあたりまえで、技術を自慢してるし…  

水が公定法採用に強いのはあまくだりの政治力だけだろ そんな会社はすでに崩壊じゃ!


374 :あるケミストさん:2006/08/24(木) 22:36:44
水・水・・・だらけだよ。
SSSSSSの時代は過去?????????
水の弱点は水だって。あー、おやじギャクに。
昨日会った情報つーーーが偉そうに言ってよ。
水は水を顧みないって。R-R-soを打ち抱いているみたい


375 :あるケミストさん:2006/08/24(木) 23:17:39
>>373
あまくだりですか。そんな人いないのではないでしょうか?あなたはサンプル前処理を
ご存知ですか?固相のノウハウがあるから、その後のカラム、MSが生きてくるのではないでしょうか?
前処理を持たないカラムメーカーの愚痴のように聞こえますが。

376 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 00:26:44
>375
水の中の人,乙

377 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 09:49:23
>
376

Uは静観です。XLCやA社を期待。あとSHIM
あなたはNSを扱うような気がする。


378 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 21:48:11
UPLCはあるけれど、MSはなんか弱い印象をうけてしまうね、
機器は良いのでしょうが・・・・・・・・・・・・・。

379 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 23:18:02
>>378
やっぱ、MS(MS/MS)は海老さんの独断ですね。
が、非製薬は競争激化していますよ。
味、水、温度、もちろん海老も・

380 :あるケミストさん:2006/08/28(月) 21:54:49
マルジューさん、あさって、お披露目?


381 :あるケミストさん:2006/09/01(金) 21:54:27
・・・・・・
飴つかみ取りはすごい。。。。。

382 :あるケミストさん:2006/09/02(土) 01:06:19
おまえらのためにPC組んでやったぞ

ttp://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/07/28/004.html

383 :あるケミストさん:2006/09/02(土) 12:14:11
>>382

液クロかよwwww

384 :あるケミストさん:2006/09/02(土) 15:46:32
>>382
違和感無くて禿ワラwww

385 :超高速カットビ:2006/09/03(日) 11:02:11
水のACはすごい。ハードもカラムも新展開するみたい


386 :超高速カットビ:2006/09/04(月) 22:56:43
T???

387 :あるケミストさん:2006/09/05(火) 23:51:45
分離パターンの多様性が課題かな。


388 :あるケミストさん:2006/09/06(水) 22:16:46
>>387

分離パターンの多様性というレベルの分析したことありませんが、
どんなことを言うのですか?アミノカラムとかイオン交換カラムとかを
言うのですか? あるいはHILIC?


389 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 07:16:31
GとSが業務提携した話を昨日知りました。
Sには、GLCという子会社がありますが。



390 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 08:13:51
GLCが必要なくなったか・・・?

391 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 09:53:08
情報速いね。


392 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 10:34:28
Pheじゃ売れないのかな・
Gブランドはうれそうだもの。
SのP売れているから、Inは売れちゃうよ。

393 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 10:36:21
あとはYの動向ですね。

394 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 14:19:19
逆にGはPheのモノリス売りまくると。
GはHにもIn出してるな。どうする気だ?

395 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 18:27:33
>>394
Hを見切ったのではないか?
Hでは売れないから
MよりPheのモノリスのがいいのかな?


396 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 18:43:16
>>395
かもな。Hは今のMSが売れなければHPLCごと撤退という噂もあるし。

397 :あるケミストさん:2006/09/16(土) 21:12:33
WaやShiが脅威に思っているんじゃないですか。
特に、Waは。(>−<)

398 :あるケミストさん :2006/09/17(日) 19:52:56
GはHにすがりついて大きくなった企業である
売上げ停滞しているからと言って競合Sに移るなんて、よく言われていたGの社風
せっそうがない、そのもので唖然としています


399 :あるケミストさん:2006/09/18(月) 00:00:35
Hってたいしたことねーじゃん。
乗り換えるのはあたりまえじゃねーの?

400 :あるケミストさん:2006/09/18(月) 15:35:57
>>399
そうだ。そうだ。
Hは大企業ですがこの業界でのシェア少ないし。
Gの選択は正解です。


401 :あるケミストさん:2006/09/18(月) 17:17:04
____       ________             ________
|書き込む| 名前: |           .| E-mail(省略可): .|age          |
 ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              ∧_∧   。  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             ( ´∀`) / < ここに「age」(半角)と入れると
                             (つ  つ    | スレが上がりません。
                            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \_____________
                            |          |
                            |          |


402 :あるケミストさん:2006/09/18(月) 20:54:27
素人的な質問で申し訳ありません。

定量分析で,検出限界ってどお出すんですか?

さっぱり分からないのです。
検量線の切片?
MIN AREAを検量線に代入?

もし良かったら教えて欲しいっす。

403 :あるケミストさん:2006/09/19(火) 22:08:50
http://www.an.shimadzu.co.jp/support/lib/lctalk/talk-s7.htm

http://www.waters.co.jp/application/category/pharm/val19.html

このあたりでどうかな。

404 :あるケミストさん:2006/09/20(水) 23:13:01
mockery??

405 :あるケミストさん :2006/09/22(金) 13:20:26
GLCの方と会ったので意地悪いけど質問した
今回のGL&S提携はどうよ? 「青天の霹靂だった 正直不愉快」
Sから理由何か聞いた? 「GLが擦り寄ってきたそうだ」
Sのメリットはある?  「難しい消耗品対応をGLに任せて巨人W&Aに対抗」
GLのメリットは? 「売上げ停滞の打破&死にかけHとの決別チャンスだとな」
GLCは今後どうよ?「無くすことはないとSから説明受けただけ」
SINWAはどうよ?   「下請けをGLシフトされると衰退する」
さてGLとSの思惑通り行くか冷静に観察してみましょう
あと今までGLに上手く利用されていたSの大敵HITAC、JEOL、DINXがどこまでドライに
GL切るか期待したいものです

元クロマト業界人、現在某化学会社研究員報告

406 :あるケミストさん:2006/09/23(土) 00:02:39
HITAC、JEOL、DINXが大敵って・・・。
微妙・・・。

407 :朝帰り・・:2006/09/23(土) 05:55:33
>>405

そうですか?
GLC社が取り入れていたPHE社製品はどうなるのでしょうか?
PHE社も日本での市場拡大するべくSHIMA社と組んでいたのに。
GL社がPHEまで直でやると脅威かも・・・


408 :あるケミストさん:2006/09/23(土) 08:19:07
>>402
実際に%から薄くしていってppmオーダーの液を分析すればいいじゃん
感度、SLOPE、DRIFT値の取り方で違ってくるし、
検量線もつくらないといけない罠。

409 :あるケミストさん :2006/09/23(土) 10:03:57
>>407
フェノジャパン設立の動きは1年前からあるぞ

410 :あるケミストさん:2006/09/23(土) 15:56:03
知っているよ。
東洋人が全国中回っているね
いかんせん、マンパワーが

411 :あるケミストさん :2006/09/23(土) 16:02:12
をいをい、喪前ら、「爺と○十資本提携」のHPをよく見ておじゃれ
つっこみどころ満載どすえ
http://www.shimadzu.co.jp/news/press/060915.html

>今後相互の信頼関係と協調体制を築くことにより
つーことは、仲は良くなかったんでんな うしし
>大株主 1.従業員持株会、2.森憲司3.三菱UFJ4.山口銀行5.山本昭一
爺の大株主は社長や専務ばかりで、まるで中小企業なみですな ふーん

ついでに爺のHPもひさびさに拝見するどすえ

http://www.gls.co.jp/

>Varian消耗品の価格改定のご案内
今まで国内で売ってやったのに、手のひら返す婆さん対策でんな
>「無機分析総合カタログ発行記念ロングラン」キャンペーン
国内での有機分析はもう未来ありまへんかな
>EZChromEliteトレーニング
EZChromはわいのもんや、と横川騒いでるし、もう辞めたらどないかね

考えますに海外品輸入で伸びた会社が輸入元に振り回されて先行き不安になったから
○十にすがりついたのがほんまの所とちがいますか 内情詳しい方キボン
小さくても自社製品だけの会社でよかったと自己満足しておます

412 :あるケミストさん:2006/09/23(土) 18:30:50
ありがとうございます。でも以下のことは知っていましたよ。
この騒動で儲けたメーカーも知っています。
でも
\\\\\\\
考えますに海外品輸入で伸びた会社が輸入元に振り回されて先行き不安になったから
十にすがりついたのがほんまの所とちがいますか 内情詳しい方キボン
小さくても自社製品だけの会社でよかったと自己満足しておます




413 :あるケミストさん :2006/09/25(月) 23:56:52
>>390
いろんなとこで言われているとおりで、それはありえないことではないでしょう。
>>396
それも色々なところから漏れ伝わっている話です。
Hは電顕が中心で細いクロマトなどやってられないのよ、わかりますか。
>>405
よくわからんけどさ。
GLCが将来ない、というか「消耗品販売業」の意味ではむしろ無駄な会社。
今の営業の仕事は代理店開拓やあくまでSの補助業務だから。
神話=Szの時代だった頃は良かったかもしれんが、頭のよろしい奴がほしいから。

>>407
どちらにせよフェノメ激増はありえんぞ。
Sグループから見たら、憎い外資系のメンバーだもん。
フェノメから、適当にでまかせ言われたんじゃないのかな?
だいたいリピートなんて一例もないから。
>>411
漏れが聞いたのはSがW対策でやむなくGと提携したって論理。
405氏が書いたのは「S論」からの意見 


414 :あるケミストさん:2006/09/26(火) 00:00:35
PHE最高てのは例の怪しい中国人の言い分だ

415 :あるケミストさん:2006/09/30(土) 06:35:34
その方には十三で会いましたが、人当たりの良い方でした。


416 :あるケミストさん:2006/10/02(月) 00:45:09
>>379
イオンとラップはどこがええんでしょか。

417 :あるケミストさん :2006/10/09(月) 13:04:11
爺なんて、ドウナッテモええやないの。どうせいつか消えるんやから。
他人のフンドシで偉そうに生きている連中を話題にするのも恥ずかしい。
世界に先駆けていち早く、高性能な分析機器を創り出すことが
存続する唯一の条件。日本じゃ○十はできっこないわな^^
爺ごときに袖にされた日立ガンガレ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


418 :::::::2006/10/09(月) 16:13:00
>>417
がんばれ!老舗ですね。
でも、関連のCROも海老さんが大好きでLCも味のあるLC使っているし、
どうも分析機器はフェードアウトの方向の予感です。
ブンちゃんみたく、しぶとくやってほしいね。大学にフォーカスかな・・

419 :あるケミストさん:2006/10/13(金) 16:02:25
簡単な質問ですいません。

電気化学検出のHPLCを使っています。
作用電極を磨いていて、誤って傷を付けたようです。
アンペアが全然下がらなくなってしまいました。
これってもうだめですか?



420 :あるケミストさん:2006/10/14(土) 00:36:40
>>419
現物見てないので誰も分からないと思うが
駄目なんじゃない?
メーカーに見てもらったら??

421 :あるケミストさん:2006/10/14(土) 11:42:05
>>419
わたしの経験から言うとだめな感じかな。
まずは、メーカーに見てもらったら。
あと、ECDはサンプルマトリックスの影響や夾雑成分の
影響が少なく選択性が高いのが特徴ですが、実は、電極に
負荷がかかっていることをお忘れなく。
もし、電極を長持ちさせたいなら前処理を十分にした方がいいよ。


422 :あるケミストさん:2006/10/16(月) 15:35:51
420さん421さんありがとうございました。

電極をひたすら磨いて、
週末ずっと移動相流しつづけたらなんとか復活したみたいです。
心持ちリテンションタイムが早くなりましたが、測定は出来そうです。

>電極を長持ちさせたいなら前処理を十分にした方がいいよ。
前処理としてはUltrafree-MCで限外濾過にかけています。



423 :あるケミストさん:2006/10/19(木) 17:15:18
最近分かったこと。
水の営業は信用できん!

424 :あるケミストさん:2006/10/19(木) 23:51:06
>423
今さらかよっw

425 :あるケミストさん:2006/10/20(金) 23:08:58
>>423
営業は営業だから・・・
でも何かあった?・・・
UPLC関連? 

426 :あるケミストさん:2006/10/21(土) 07:01:33
>>424
私は、比較データばかり紹介するメーカーは
信用できん!ですが。

427 :あるケミストさん:2006/10/21(土) 09:53:58
>>423
水に限らず営業よりも、点検や修理に来たサービスマンに詳細を聞いた方が信用できるよ。
新製品情報やら、弱点やら……。営業が語った話と、サービスマンから聞いた物が違うのはざらだから。どっちが真実かはわかるよね?

428 :あるケミストさん:2006/10/21(土) 12:34:39
>>427

面白い話だ。HPLCやMSのことだろ。カラムやアプリケーションの話までサービス
がするのか?その会社は凄いかも。想像だが情報開示をあえてしていないのでは?
なぜなら転職して持っていかれるリスク回避?そんなことないか・・


429 :あるケミストさん:2006/10/22(日) 16:58:42
>>427

水という言葉に深みを感じとります。何かあった?
まあーそんなこといいですね。
でも、某メーカー営業の方は詳しいですよ。大半が院卒みたいよ。
個人のレベルの問題ではないかな。


430 :あるケミストさん:2006/10/25(水) 12:05:02
水、水ばかりでなく、島津とか日立とかも話題出そうよ。
もうーーー

431 :あるケミストさん:2006/10/27(金) 00:35:48
>>423
シンジラレナイ!
ニチハム監督のようだ。

432 :あるケミストさん :2006/10/28(土) 15:57:25
>429
営業部門が院卒ばかりでも、縮小著しい会社もありますから。
>430
市販されているHPLC市場調査報告書を購入しようとして
頭の固い上層部に却下されました。40万円もするからしょうがない。
誰か購入して、ここで概要教えてください。WATERSの市場支配という
内容がとても気になります。
http://www.infoshop-japan.com/study/go10972_hplc.html

433 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 18:31:05
>>432
どこも同じ状況かも、上は対費用効果を言うから。
でもでも、わたしが知っているには、ストラテジーは各国で
ローカライズされているみたいよ。

434 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 23:02:40
暫く前だけれども
Waters米国を名乗る電話アンケートがあった。
他社を含めたHPLC使用状況や満足度の調査。
外人訛りが酷くて言ってる事が聞取り難くて仕方がない。
これで二回目なんだけれども
皆さんのところにも来た?

435 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 23:17:19
何だろうね??

佐邊

436 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 23:36:26
>>371

出るよ。
S社のCPのP層にW社のE-Bを入れたやつ。

437 :あるケミストさん:2006/10/29(日) 07:41:09
>>432

私は買う必要ないと思う。たぶんUPLC等の話があると思うが、
本当の戦略がここに記載されていると思う?ないね。
株価対策ではないか?だから買わないほうがいいと思う。
後で40万をドブに捨てたと思うよ。まずは自分たちの正しいと思うことを
推し進めるベシ。 

438 :あるケミストさん:2006/10/29(日) 15:10:52
わたしは持論があります。他社のやり方をまねしたり他社比較をして、
他社を追い越そうというやり方をやっている会社は業界ではトップになれないと
思います。

439 :あるケミストさん:2006/10/29(日) 15:27:40
私にも持論があります。他社のやり方をまねしたり他社比較をして、
他社を追い越そうというやり方をしない会社は業界ではトップになれないと
思います。

440 :あるケミストさん:2006/10/30(月) 22:17:00
>>436
何それ?違うんじゃない?そんなん出ると思う?意味あるの?

441 :あるケミストさん:2006/10/31(火) 21:56:36
>>440
そうかも。
Chief Jiangさんに会ったら聞いてみよう。


442 :あるケミストさん:2006/11/01(水) 22:33:36
>>439
トップってどこ?シマズ?ジーエル?

443 :あるケミストさん:2006/11/01(水) 22:58:13
>>442
水じゃね?

444 :あるケミストさん :2006/11/02(木) 09:35:58
>>439
それは理想論ではないか。カラムメーカーの立場から装置メーカーをずっと
客観的に見ているが、独創的な技術やオリジナルなアプローチはほとんど全て
水Zから出ているとしか思えない。二位の味さえ、全てにおいて水Zのマネばかり。
トップになれなくても業界の巨人をマネていれば良い、、これは味も○十も同じ。

しかし、カラムまで水Zに色々出されて悔しいのは私だけではない。
国内の充填材開発に関わる人間は、再度襟を正して研究に望んで欲しいね。
このままじゃカラム産業も衰退しちゃうよ。



445 :あるケミストさん:2006/11/02(木) 21:38:33
>>444

そんなにWatersはカラムまで売れているの?装置(UPLC等)は売れているけど。
GLがダントツなんではないですか?イナートシルはいいですよ。


446 :あるケミストさん:2006/11/02(木) 21:40:25
追加です。
プロC18もそこそこ。かな・・。。。。。。・・

447 :あるケミストさん:2006/11/02(木) 23:38:06
>>445
Watersの装置はなぜ売れているの?
UPLCは他社に無いものだから分かるけれども
HPLCはどんなところが気に入られているのでしょ?

448 :あるケミストさん:2006/11/03(金) 04:26:30
わたしは使ったことないですので、周りの意見ですが、
信頼性(再現性等)、壊れにくい、データ処理が使いやすいetcとのこと


449 :あるケミストさん:2006/11/03(金) 17:14:41
総合力を感じる。世界一のLCメーカーの所以\\

オシムが言っていた。私は有力チームのマネをしない。
日本選手にあった独自のやり方でやると。ミスしたときの個人責任を明確したい。
このやり方しているのかな。。Wは

450 :444:2006/11/04(土) 16:09:47
なぜ水Zのシステムが売れているか?
世界中で売れてるのに今まで日本だけがHPLCメーカーが過当競争しすぎで
目立たなかったのが、ここ数年日本のS社がやっとこ,H社ジリ貧,その他弱小メーカーが
弱体に次ぐ弱体化で、水Zが売れ出したのでは?
カラムと違って装置は性能差がすぐに露見するから、これからも弱小メーカーは冬の時代が
続くと思われる。このままでは脱落者が続出。早いところ各社事業統合したら?
業界の再編を促す規模の合併・買収が期待される。



451 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:57:47
バラで買う分には水Z製品はいらないんだけどね。
ポンプ:島津
UV:日本分光
バルブとか:レオダイン
カラム:どこか安いところ

カラムは正直、会社による性能差がわからん。
ODSならどれも一緒だから安いところから買う。

452 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 20:21:24
今思いついたけど、PCショップのオリジナルPCみたいに
バラで買って組み立てた方がかなり安上がりで信頼性高いと思う。

ポンプ、インテグ:島津
UV:日本分光
インジェクター等:レオダイン
配線:適当
カラム:安く売ってくれるところ
処理ソフト:自作

パーツ単位で見ればどれも実績は十分だし、何より安い


453 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 21:24:33
>>452
定性ですか?
微量定量可能ですか?

454 :あるケミストさん:2006/11/06(月) 12:12:06
>>453
可能じゃないかな?
ただ、オートメーション化はできないかも。

そういや、企業が大学の研究室にオートインジェクターを売り込みに行ったら、
そこのボスに、「うちにはオートインジェクターがたくさんいるから」
って断られた、って話を思い出してしまった。

455 :あるケミストさん:2006/11/06(月) 18:48:38
「オートサンプラー君」
「カラムチェンジャーさん」
「溶媒混ぜる君」
「廃液捨てる君」

456 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 00:22:06
>>454
学生に生産性求める先生は、今時そんなことさせないでしょう?
よく、分析専攻の先生はマニュアルインジェクターを学生に虐げる
話を聞くが、自分が科研費等の予算が取れない言い訳じゃない。
HPLCに張り付く時間を他の研究時間に回してほしいよ。


457 :444:2006/11/07(火) 17:50:54
>>452
私なら
ポンプ:日立
インテグ:島津かSIC
UV:相馬光学
インジェクター:レオダイン
配線:適当
カラム:ナカライとか和光

でも安いだけ、故障したらどこが面倒みてくれるのよ。
たかがHPLCに張り付いてるバカどこにいる?

458 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 23:10:44
>>457
張り付きます。ランタイムが10分ならほとんどHPLCの前に
いるのを同然です。
ペフチドマッピング等でを1Hのランタイムなら、まだマシですが・
人間の心理上、1時間以上の感覚ないと、張り付く心境になる。
その気持ちもわからん教員はバカかも

459 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 23:13:55
ROIとかランニングコストとかいう感性があれば、安物買い・雑多組み合わせ
はしないですね

460 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 23:43:17
インテクレータを使う方がまだいるのですか?
取得したデータをハンドでエクセルに入力するのですか?
クロマトはPDF化して保存するのですか?

非・今どきですね。

461 :あるケミストさん:2006/11/08(水) 00:40:20
>>460
インテグレータで出力したアナログデータは改変不可能だから、うちでは今でもこの方式だ。
こっちにはお前らに理解できない世界があるんだよ。業者がお客様に偉そうなこと抜かすな。
文句があるならMと同様に出入り禁止。わかったな。

462 :あるケミストさん:2006/11/08(水) 23:20:02
超高速分析装置ネタ:


UFLCって売れると思う?
Y沢さんが絡んでいるのでしょうか?
楽しみです


463 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 20:03:24
I社かですか。S和加工でないかな?
はたまたY社?P社ならP表示するね

464 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 22:56:48




465 :あるケミストさん :2006/11/11(土) 23:42:26
>462
S社のHPみたけど小細工か付け焼刃であれではW社の宣伝をしてやるようなもの
どうせUFLCで出すならA社並みの1.8か1.9にするとかじゃないと慎重さに欠ける
W社はせっせと研究し十分にポテンシャル高めたところでドカンと一挙に
UPLC発売した、技術に物を言わせて他社を圧倒する押しの一手
今のままじゃS社もA社も勝てない、優勝劣敗の原則だ

元N社のNさんに頼んで1.6創ればW社に勝てるかも
P社は耐圧技術などないと思うぞ
それともY社、T社あたりで頑張れるか?

466 :あるケミストさん:2006/11/12(日) 10:05:44
1.6まで小さくしても理論段数そんなに上がらないうえに圧ばっかり上がっていい事無いだろ。

467 :あるケミストさん:2006/11/12(日) 11:03:57
>>465
Nさんならできる!と希望的に祈る。
カプセルパックとXbridgeのテクを簡単に
取り入れるくらいだから。


468 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 21:36:40
あとは、I社の方もいるよ。
彼の語録を読んだことある。
彼は自分を持っている。
彼と対談してみたい。
彼はなぜYを出て?
何を目指しているのか? 
知りたい。




469 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 23:06:25
そうだなーーー、ダイビングしたいね。南半球あたりで・
クロマト忘れて潜りたい

470 :あるケミストさん:2006/11/18(土) 07:47:58
どこがいいかな。
グレードバリアリーフか?
いや沖縄?

471 :あるケミストさん:2006/11/18(土) 09:54:37
N氏の冒険?

472 :あるケミストさん :2006/11/19(日) 16:58:36
あ〜マジそろそろ転職だなぁ。。。もう耐えられない。。。orz
今度は同じ液クロ関連でも大手企業行きたいなぁ・・・orz
まったりな東ソーや和光純薬とかダイセルとか(以下略)良いなぁ…
土日もカラム充填してるんだけど代わりいないから辞めにくいなぁ・・・どうしようorz
大学の先生にも頭下げなきゃいけないしなぁ・・・orz
転職の勉強してないしなぁ・・・orz
TOEICとかもしてないし英語苦手だけどなぁ・・・orz
どこかいいところないですか???

473 :あるケミストさん:2006/11/19(日) 17:25:29
ただの愚痴なのかもしれないが煽り気味にレスしちゃうw
このスレでそんな質問をする空気の読めなさに加えて、
句点代わりに「。。。」と「・・・」と「…」を混在させる注意力の
なさと行末にorzを多用する驚くべき文章センスから考えると、
あなたは転職活動など考えずにカラムを充填していたほうが
幸せだと思うよwww

474 :あるケミストさん:2006/11/19(日) 21:27:43
>>472
京都の方!あるいは小松の方!
私が知っている情報だと土日もする会社ないと思うのだが。
もしかして売れている会社かいな。ウオーターズかアジレント
にも興味ある文面と捉えたが、

475 :あるケミストさん:2006/11/19(日) 23:05:34
ココはいつから業界人がひとりごちる(愚痴る)スレに(ry

476 :あるケミストさん:2006/11/20(月) 22:48:36
>>475
そう言わないでください。
たぶん、皆さんが憩いの場にしていると思います。
オーナーさん、クローズしないでね。

477 :あるケミストさん:2006/11/20(月) 23:42:17
なに言ってんだ?

478 :あるケミストさん:2006/11/21(火) 21:56:44
なぜに業界人のカキコミに否定的?

479 :475:2006/11/22(水) 00:09:38
別に否定的ではないが,
個人を特定できる書き込みが増えたなーと思ってさ。

実は名前が出てる本人が書き込んでたら,ギガワロスwww

480 :あるケミストさん:2006/11/22(水) 03:32:01
いや、2chに向かってなに言ってんだ

481 :あるケミストさん:2006/11/23(木) 07:04:12
Nさんは人気ですね。

482 :あるケミストさん:2006/11/24(金) 21:55:20
gigawaros-wwwとはどういう意味かお教えください。www

483 :あるケミストさん:2006/11/24(金) 22:12:32
>>482
1.world wide web
2.grass

484 :あるケミストさん :2006/11/25(土) 11:39:46
>>472
土日まで充填しているとしたら京都か石川か杉並の方?
カラム充填していただけなら英語できても転職無理じゃない?



485 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 13:57:20
>>484
きびしー発言。
杉並ってホエアー? ではどういうなら転職可能ですか?
マジで聞いてみました。 

486 :あるケミストさん :2006/11/26(日) 11:11:07
GEL開発まで出来れば、どこか転職可能でしょうが
パッキング技術だけでこの業界渡り鳥できないでしょ
さいきん増員しているカラムメーカーも聞いた事無い
なお東ソーや和光純薬とかダイセルが中途採用している様子はない
ウオーターズかアジレントは国内充填場所ないので、あなたのスキルに興味ない
以前この板で誰かが貼った売上順位をみてひたすら活動したまえ
営業関係なら何処か拾ってくれるかもな


487 :あるケミストさん:2006/11/26(日) 15:22:26
>>486
そのとおりだ!
>>472
今、瀬戸あたりにオポチュニティがあるかもよ。
3人いなくなったから。
あとは京都のとある下請け会社はどうかな。
もしやソコにいるか?

488 :あるケミストさん :2006/11/27(月) 22:04:56
ある方曰く瀬戸は時雨れて夕波小波だそうです。
それだけN氏立派だったのでしょうか。

489 :あるケミストさん:2006/11/27(月) 23:03:28
会社としてはよくないパターンだね。
もはや、日は昇らないような気がする。

490 :あるケミストさん:2006/11/27(月) 23:36:41
「HPLC Bar」って日本じゃ買えないの?

491 :あるケミストさん:2006/11/28(火) 22:59:35
>>490

初めて聞いた。
おーい、この間、ASに行って来たぞ。
知っていれば買ってみたよ。
会社にオージーいるから聞いてみよう。

492 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 23:07:58
ゴーストピークが消えねぇぇぇぇぇ!
サンプルループ変えて、ニードルポート洗って、カラム洗って
THF入れただけでなんでピークでんねん
カラム腐ってるかな・・・

493 :あるケミストさん:2006/12/01(金) 01:12:21
>>492
洗い方が惡いとか、、、。
ガードカラム使ってたら外してTHF打ってみるとか。
別なカラムにしてみるとか?

THFが腐っていることはない?
溶離液がTHFなのかな?
なにも打たないでバルブ操作しても出る?

494 :あるケミストさん:2006/12/01(金) 01:24:45
BHT

495 :あるケミストさん:2006/12/01(金) 01:45:10
>>494
LC用THFが古くなったときに発する
あの甘〜い香り
あれ、何なの?
結構好きだったりする

496 :あるケミストさん:2006/12/01(金) 22:30:18
>>495
同感。
あと、教えてください。
よく汗臭い男が好きという女性がいますが、なんでしょうか?
汗臭いとはHPLC的には何の成分になるのでしょうか?


497 :あるケミストさん:2006/12/01(金) 22:35:05
>>496
ガスクロ屋にでも聞いてくれ

男くさいってなんだろうと思う。
音国際家庭で育ったので自覚が無い
でもおっさん臭いとは違いを感じる

でも、女9歳部屋はすぐにわかる

498 :あるケミストさん:2006/12/02(土) 00:02:21
>>497
しばらく前に(たぶん)新聞で読んだ話。
男臭いのを嫌う女性は多いが
女臭いのを嫌う男性は少ないとの調査結果。
生態学的にも尤もらしい?

499 :あるケミストさん:2006/12/02(土) 11:58:55
調べました。低級不飽和脂肪酸でした。
あと、汗をかくことで高温多湿閉塞スペースで
増殖する微生物も関与することも。

なのでヘッドスペースGかな?


500 :あるケミストさん:2006/12/02(土) 15:49:52
>>493
ガードカラムは使ってるなぁ。
ガードカラムも洗ってるが、確かに汚れてるかも。

バルブ操作だけではピークでない。
溶離液は新品。HPLC用ってやつ。

ぼちぼち変えれるところが、カラム本体しかない。
高くて買えないが・・・

501 :あるケミストさん:2006/12/02(土) 17:08:23
>>500
高いとはいくらをいう?
今3万円以下でODS売っているよ。

502 :あるケミストさん:2006/12/02(土) 17:38:22
>>501
30万ぐらい。
昭和電工のGPCカラム。
目的は、開発ポリマーの分子量分布の測定。

503 :あるケミストさん:2006/12/04(月) 21:03:03
>>497
>でもおっさん臭いとは違いを感じる
イソ酪酸、イソブチルアルデヒドだな。
これはLCよりHS-GC/MSのほうがいいのかもな。
あとは検知管で吸うか。


504 :あるケミストさん:2006/12/06(水) 18:46:10
>>503

ノネナールってやつですか?


505 :あるケミストさん:2006/12/10(日) 17:37:22
皆様へ

UFLCという製品の評判を教えてください。
やたらPRしてるよ

506 :あるケミストさん:2006/12/11(月) 19:22:01
>>505
そう
似たようなのがつぎつぎ雨後の筍のように出てきたけれども
実際どうなの?

507 :あるケミストさん:2006/12/11(月) 21:44:15
すいません、
僕はアンチ・マルジューなので。
パンフをほとんど見ていません。


508 :名無しのゲノムクローンさん :2006/12/16(土) 15:33:32
現在学部3年生です。
実験室で時々液クロを見るのですが、色んな会社が同じような装置作ってとても興味あります。
そこで疑問に思ったのですが、ただのUV検出器付きの装置で「こっちの会社がよくてこっちが悪い」などと指定する意味ってあるのでしょうか。
ポンプ通してUV吸収見るだけなら別にどこの会社使っていても同じことじゃないか、とか思うのですが・・・
初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えていただければありがたいです。
あと1988年初刊の[実験高速液体クロマトグラフィー] 波多野博行著 という本とかを見ていますが
当時の液クロ製造会社の名前でググッても製品が出てこない会社が多数あります。
横河北辰、医理化、協和精密、日本電子、柳本、応用分光、電化光、ガスクロ工業、コタキ、
アトー、日本精密、日本クロマト、パイユニカム、エルマ、クナウア、二光バイオ、東亜電波
バリアン、ISCO、ベックマン、パーキン、スペクトラフィジック、ミルトンロイ・・・
当時から今も残っている名前は日立、島津、ウォーターズ、日本分光たったこれだけでなのですか。
今流行のM&Aで吸収合併があったのでしょうか、これも教えていただければありがたいです。
詳しい方からよろしくお願いします。

509 :あるケミストさん:2006/12/16(土) 23:04:26
車輪が4つあってハンドルがついてて高速道路走れても車は同じじゃないよね。
カタログ見てもどうせチャンピオンデータしか載ってないけど、
うちはバルブ切り替えが速いとか、うちはキャリーオーバーが極少とか
用途によって重視される性能もそれぞれ違うし、まあ改めて説明することでもないと思う。
基本的な原理は同じでも、例えばオートサンプラーの洗浄機構が違ってたり
ポンプのプランジャーの構成が違ってたりするから、とうてい同じだとは言えないはず。
さらに制御ソフトの操作体系とかはメーカーごとで結構特色あるから、複数メーカーを使える機会があるなら
いじってみるといいのでは?

HPLCは20〜30年くらい前は夢のような劇的な超高速万能分析技術だったから、各社取り組んだ。
でも実際にはそうでもなかったり、カラムとの相性とかシビアなものはやっぱりマトリクスメーカーと
協業できるメーカーとか、マトリクス部門を抱えたメーカーとか、あるいは分析請負専業を子会社に抱えているとか
安定した開発力と需要を持ったメーカーじゃないと競争に負けるのは必至。
hpの分析部門撤退とか、横河はアジレントと協業になったりとか、吸収合併撤退もあったのも事実。
事実上、Watersの規格が標準になったり、ユニバーサルコネクタが一般化したりと
普通に使うにおける消耗品での不自由は、今はほとんどなくなったし、企業史に興味があるのでなければ
別に知らなくてもいいと思うんだけど。

510 :あるケミストさん:2006/12/16(土) 23:12:48
ああ重要なこと忘れてた

>「こっちの会社がよくてこっちが悪い」などと指定する意味
価格、ね。
大学の機材だってタダじゃないことくらい分かってるでしょ。
カタログの値段で買うことはまずないから、販売業者との関係とかもあるしね。
研究室で研究用途で使う高価な装置を学生実習で使わせるわけにはいかないでしょ。
うちは、現役を退いた分取用HPLCが、原理と基本操作の習得のために
新しく入って来る学部生のおぼつかない手つきの洗礼を浴びる役目を果たしている。

511 :あるケミストさん:2006/12/17(日) 02:03:52
>>508

あっぱれ!!!

私は、機器分析学研究室出身(10年以上前)ですが、
自分が3年の時こんなにくわしくなかったです。
マスターの頃も実験に明け暮れ以下のことなんか考えたことがないです。
ところで今は3年から研究室に入るのですか?

-------------------
現在学部3年生です。

実験室で時々液クロを見るのですが、色んな会社が同じような装置作ってとても興味あります。
そこで疑問に思ったのですが、ただのUV検出器付きの装置で「こっちの会社がよくてこっちが悪い」などと指定する意味ってあるのでしょうか。
ポンプ通してUV吸収見るだけなら別にどこの会社使っていても同じことじゃないか、とか思うのですが・・・
初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えていただければありがたいです。
あと1988年初刊の[実験高速液体クロマトグラフィー] 波多野博行著 という本とかを見ていますが
当時の液クロ製造会社の名前でググッても製品が出てこない会社が多数あります。
横河北辰、医理化、協和精密、日本電子、柳本、応用分光、電化光、ガスクロ工業、コタキ、
アトー、日本精密、日本クロマト、パイユニカム、エルマ、クナウア、二光バイオ、東亜電波
バリアン、ISCO、ベックマン、パーキン、スペクトラフィジック、ミルトンロイ・・・
当時から今も残っている名前は日立、島津、ウォーターズ、日本分光たったこれだけでなのですか。
今流行のM&Aで吸収合併があったのでしょうか、これも教えていただければありがたいです。
詳しい方からよろしくお願いします。


512 :あるケミストさん:2006/12/17(日) 18:36:02
本当に学部3年か!

513 :あるケミストさん:2006/12/17(日) 18:36:42
業者のにおいが


514 :あるケミストさん:2006/12/18(月) 01:34:35
興味持つ方向がヘンと言えばヘンだよね

515 :あるケミストさん:2006/12/18(月) 21:30:46
>>514
そうだよね。
みえみえだからじゃない。

でも、なんで過去に振り返るのかな??
未練あるのかな>>>

516 :あるケミストさん:2006/12/18(月) 23:22:55
>>509
>うちはバルブ切り替えが速いとか、うちはキャリーオーバーが極少とか
おっ!詳しそうね。
各社の特徴、売りを纏めて頂けませんこと?

517 :あるケミストさん:2006/12/19(火) 21:51:12
>>516

重要なのはパフォーマンスとダウンタイムのバランスだよね。
そこまで出せる人はいないと思うけど。
買ってから失敗と思った人いるでしょ

518 :あるケミストさん:2006/12/19(火) 22:25:14
こう言うと極論かもしれん。
W-S-Aしか生き残らんでは。

519 :あるケミストさん:2006/12/19(火) 22:43:54
>>505
しょせん○十ですわ、水にはかなわない。
海外にデータ出すような仕事してるんなら水か味がお勧め。

>>509
>hpの分析部門撤退とか
計測機器部門がでかくなりすぎたからHPと味に分社しただけ。撤退ではない。
1999年頃この話の具体案が持ち上がったとき、ヒューレット家とパッカード家で
もめまくったらしいが結局分社化した。

520 :あるケミストさん:2006/12/20(水) 22:59:19
>>519

マル十さんは海外でもがんばっていますよ。
D社やT社もカラムは海外で売れていますよ。

521 :あるケミストさん:2006/12/21(木) 00:39:53
ファルマシアはいまやGEか

522 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 17:43:20
しかし業界人として10年近くのオレでも知らない名前が多すぎる

523 :あるケミストさん:2006/12/21(木) 20:58:31
基本的に知らなくてもいいと思われる。
部品の互換性情報にトリビア程度の参考にはなるだろうけど。
>>508は、もっと学ぶことが他にある。本当に学生なら。

524 :あるケミストさん:2006/12/21(木) 23:14:17
>>520
>マル十さんは海外でもがんばっていますよ。
ノーベル賞で名が売れたから、それだけじゃないか?

525 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 02:38:10
PENTAXのアパタイトカラムはどうなるんだろう?

526 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 05:58:28
>>525

マイナーなカラムの話題は・・・
嫌いです

527 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 06:03:07
>>545

富山出身の田中さんのこと言ってますか?
この関連製品は売れていません
あなたは、海外での島津さんの活躍を知らないね
売れてますよ。


528 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 09:13:30
そうですね。
ビジネスにつながっていないノーベル賞はどうかと思います。
以前、野○先生が新聞で座談会していて、きびしい発言していましたよ。
産学一体でノーベル賞は生まれると

529 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 13:00:41
UPLCが世界中で汎用化したらノーベル賞だったりして。

530 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 21:28:32
>>529
でも、あれって、既にある理論(充填剤のサイズと理論段数の関係)を実現化しただけの様な気がするんだけど、そうすると、その理論を発見した人が受賞するの?


531 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 23:11:33
Van Deemterさんが、まだ生きていれば・・・
まさか、あなたの理論でこんなに高速分析が活性化したと
本人が知ればおどろくでしょう。

532 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 01:11:31
>>528
その記事見てないのでわかんないけど、産業界にもっと基礎研究にも金出せと言うつもりで言ってるのでは?


533 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 08:53:26
わたしは見た。
ノエリ先生は、暗にタナカ先生にことを
言っていた気がする。
US研究者が絡んでいたらどうなったことやら

534 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 08:58:10
でも、T先生の受賞は日本の研究員に活力を
与えたと思います。近い将来日本人分析者からの受賞を期待します。

535 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 12:59:52
東大からノーベル賞受賞者が出ないことへの当てつけ?

536 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 13:25:40
> ビジネスにつながっていないノーベル賞
タナカは問題ないだろ
むしろコシバ先生の方が言われている気がする

537 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 21:42:05
UPLCだと誰が取るのかな?

538 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 22:23:56
>>537
平和賞と同じように、団体として水が化学賞を受賞。

539 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 22:34:47
お水では気に入らないね。


540 :あるケミストさん:2006/12/30(土) 20:17:51
>>527
田中さんのあの装置のことは別として、勤務先として○十が出た以上製品以上に
企業名が有名になったと言うことだろ。

で、何が売れ筋?
TOC計が売れてるのは知ってるけど、他は聞かないな(TOC計はマニアックすぎて
どこも本腰入れてやってないだけ)。

541 :あるケミストさん:2006/12/31(日) 22:29:41
TOCとはまたマニアック。
水関係の仕事の方ですか?エンドトキシンも
簡便測定装置あるといいな。

542 :あるケミストさん:2007/01/01(月) 08:16:18
製剤関係の方はエンドトキシンチェックをオンライン上で
できれば生産性が上がるね。いい方法ないかあ?

543 :あるケミストさん:2007/01/02(火) 20:47:31
最近、長江さんの動きが見えません。
元気なんでしょうか?



544 :あるケミストさん:2007/01/04(木) 09:46:18
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070104-00000021-jij-soci

「カラム」という筒に通過・・・(笑)

545 :あるケミストさん:2007/01/04(木) 11:55:56
今年は何が流行るのかな?
モノリスはいつブレイクするのかな?


546 :あるケミストさん:2007/01/04(木) 17:25:21
安価なUFLCが普及する予感。
UPLCとの戦いが見もの。


547 :あるケミストさん:2007/01/04(木) 18:42:32
レクチンは診断薬に使われるって、
特異性がダメダメだったらどうしようもないじゃん。
なんでカブトガニ由来レクチンが使われるか考えたら分かろうものを…

って、column colled "column"…
テラワロス

548 :あるケミストさん:2007/01/04(木) 20:55:02
>>544

固相カラム?
分取用カラム?


549 :あるケミストさん:2007/01/05(金) 16:27:26
>>544

GFCとRPの2Dかな?
またはIEXをいれた3D?


550 :あるケミストさん:2007/01/05(金) 16:29:08
>>544

GFCとRPの2Dかな?
またはIEXをいれた3D?


551 :あるケミストさん :2007/01/05(金) 16:37:12
アフィニティと違いますのか?

552 :あるケミストさん:2007/01/06(土) 00:01:09
レクチンだったら糖タンパクでスクリーニングかけて、アゴニスト糖鎖でアフィニティできる・・・のかな?
抗体精製とは違うのだろうか。

553 :あるケミストさん:2007/01/06(土) 16:23:42
で、分子ふるいをまずやるんでしょ?

554 :あるケミストさん:2007/01/07(日) 00:47:18
タンパク精製をやってた頃はGFCより先にIEXだった。

555 :あるケミストさん:2007/01/07(日) 21:52:59
WatersはODSカラムでは業界NO.1のようですよ。。。
やはりこの業界ではWatersがいちばんいいのかなぁ?

556 :あるケミストさん:2007/01/07(日) 22:01:24
WのUPLCに遅れをとったということで、
無理やり出してきた装置みたい・・・
やはりWにはかなわないみたいですね


557 :あるケミストさん:2007/01/07(日) 22:41:32
waters社員?

558 :あるケミストさん :2007/01/07(日) 23:14:14
あえて釣られようか。
確かにウオーターズは業界の巨人だろうし、技術的にも新技術を一足先に出す力はある。
カラムメーカーの私もある意味尊敬と恐れを持って見ている。
しかし多様なカラムメーカーの裾野があって、HPLC市場が広がっているのを
忘れてはいけない。今回のUPLCも何処かカラムメーカーとジョイントして
順相、イオン交換など出していかないと自ら足を引っ張られるのでは。
日本はカラムメーカーが乱立しているからこそ、技術をオープンにする意味は大きい。

559 :あるケミストさん :2007/01/08(月) 00:27:38
>556
如何に先端技術をアピールしても、それを上手く採算ベースに
落とし込んだ販売をしなければ、対Wにはならないと思います。
とはいえ、各社それぞれの思惑もあることですし、無理やり発表も
致し方ありませんか。日本人として非常に歯がゆい問題です。
ただ、今回の革新は業界各人が自社会議で具体的な戦略を検討する際の
ヒントを与えるようなエポックではないかと思います。
なぜ日本企業が欧米の企業にさらに大きなリードを許してしまった理由や
そうした背景にある日本企業に欠如していた点、さらには
充填材分野の先端技術でビジネス上も日本企業がリードしている点を
ピックアップして、その理由を探ることなんかも面白いと思います。
(別に日本企業でなくてもいいと思いますが。)
それから技術云々の話も重要ですが、HPLCは既に黎明期の技術とは
言えないと思います。 ここまで来たら、「死の谷」の克服、
さらには「ダーウィンの海」を渡る工夫が必要だと思います。
結局は踏ん張れる企業だけが生き残り、中途半端な企業は消え去っていく。
日本の関係者の皆さんには、是非とも頑張っていただきたいと思います。




560 :あるケミストさん:2007/01/08(月) 17:56:00
WWWWWWW
と、なぜそんなに言う。
恐れずに足らず


561 :あるケミストさん:2007/01/11(木) 09:39:02
GCスレ落ちた。
こちらに統合するのはだめですね・・・

562 :あるケミストさん:2007/01/11(木) 10:16:30
落ちてない気がする。これだよね?
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/bake/1013382498/

563 :あるケミストさん:2007/01/11(木) 21:58:13
ttp://science5.2ch.net/test/read.cgi/bake/1090758397/

こっちも、忘れないで

564 :あるケミストさん:2007/01/15(月) 18:03:24
>>562 ありがとう。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1013382498/
これ見てた。4が5になったのね。

565 :あるケミストさん :2007/01/21(日) 12:33:07
>>540

( ´ω`)TOC以外ではGCMSとか蛍光X線とか
( ´ω`)この分野では如何にしてUFLCで的確に戦えるかだと思

566 :あるケミストさん:2007/01/22(月) 21:51:06
何となくだが、UP/UFLCの蛍光検出器を開発した所が勝つ気がする。

567 :あるケミストさん:2007/01/22(月) 23:07:06
セルの耐圧だいじょうぶなんだろうか

568 :あるケミストさん :2007/01/23(火) 01:25:11
以前のスレにも議論されたと思うが、このMSばやりつーかMS全盛時代に
いまさら蛍光や電気化学検出器はないんじゃないの???
クー路煙の販売会社は販売台数が急減していると嘆いていたけし
UV、伝導度は生き残る、それ以外はMSの普及でアボーン。。。。

569 :あるケミストさん:2007/01/23(火) 22:38:49
蛍光と電気化学は汎用性と観点では終焉かな。
まさか、UPLC−ECDなんて出ないよね?


570 :あるケミストさん:2007/01/25(木) 00:02:16
OBDってなんだ。
今日、メールが来た。
YMCのこと?

571 :名無しゲノムのクローンさん :2007/01/26(金) 11:41:26
>>559

黎明期なのは40年前
成長期、成熟期を過ぎて今や市場は衰退期だお

572 :あるケミストさん:2007/01/27(土) 08:45:54
>>559

すでに日本の充てん(漢字ではない。ひらがなですよ)剤は
すでに、世界に広がっているです。
TO,SYO・・の展開はすばらしい。

ODSを基準に言っていますね。
でもDA,Yは世界展開。ちがうDAもキラルで
日本企業は活躍しています

573 :名無しゲノムのクローンさん :2007/01/27(土) 21:02:23
toso- shodex daiso- daicel ymcが立派に海外展開できた理由は単純
HPLCの普及している市場成長期に地道に欧米へ売り歩いたからだお
どんな製品でも市場成熟期を過ぎて販売に力を入れても先にマーケット
占有率を抑えた会社には勝てないお
市場衰退期を迎えたGCでは今更熱心に世界展開するカラムメーカーなんてないお


574 :名無しゲノムのクローンさん :2007/01/27(土) 21:04:40
toso- shodex daiso- daicel ymcが立派に海外展開できた理由は単純
HPLCの普及している市場成長期に地道に欧米へ売り歩いたからだお
どんな製品でも市場成熟期を過ぎて販売に力を入れても先にマーケット
占有率を抑えた会社には勝てないお
市場衰退期を迎えたGCでは今更熱心に世界展開するカラムメーカーなんてないお


575 :あるケミストさん :2007/01/28(日) 12:01:35
        ,.._,/ /〉___o ○(別に海外で売れなくても日本でのんびり)
      ./// //──∧_゚∧ ─::ァ /|
     /// //~~'~~(‐∀‐ ,)~~/ / .|
    .///_//     "'''"'''"'" / /  |
   //_《_》′─────‐ ' /  ./
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /
    |                 .| ./  
    |__________|/  


576 :あるケミストさん:2007/01/31(水) 01:24:22
ピッツコン。
行く人いる?

577 :あるケミストさん:2007/02/01(木) 03:30:54
一分子の時代にクロマトは過去の技術になりつつあるなあ
と、最近分子イメージングを始めて思った。

578 :あるケミストさん:2007/02/03(土) 02:32:40
何十(百?)年も前からある技術だからねぇ
現在使われている大部分の分析手法がそうですが
農業と同じで無くなると皆生きていけないわけだし
段々熟成されて「伝統芸能」の域に入っていくのでしょう
さながら僕らは伝統工芸士と同列?

579 :あるケミストさん:2007/02/04(日) 06:36:01
わたしは、大手に対抗すべく地道に開発を行っている伝統工芸士”N江”さんの
生き方に感銘します。

580 :"":2007/02/04(日) 07:59:15
希少もの:中国製無修正
某大陸高校トイレ盗撮ビデオ
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB+torrent+uppics&lr=

581 :あるケミストさん:2007/02/08(木) 12:00:57
カラムは普通のODSでアイソで分析してたんだが、
有機溶媒の比率を検討してるときに、ある比率にすると標品の溶出順序が逆転するんだ…

よくある話だと思うが原因がわからなくてモヤモヤしてる…
教えてエロイ人

582 :あるケミストさん:2007/02/09(金) 16:12:02
分離モードがHILICになっただけだろ。
教科書に載ってるよそういうことは。

583 :あるケミストさん:2007/02/09(金) 23:28:47
HILICは固定相の極性が高いカラムのことだと思ってた俺は
連休中に教科書探してみますね…

レスありがとう

584 :あるケミストさん:2007/02/15(木) 22:45:34
>>583
クロマトグラフィー概論かなんかで見たことあるけど、実際に経験したことはないな。
エンドキャッピングが甘めのカラムを、溶媒組成で逆相と逆-逆相を切り替えるアクロバチックな手法もあるにはあるらしいし。

585 :あるケミストさん:2007/02/16(金) 13:45:10
>>576
シカゴ行くお(^^)

586 :あるケミストさん:2007/02/16(金) 22:22:10
だれか 582 の間違いを訂正するヤツは出てこんのか?w

>581
log k' と 有機溶媒比率 をプロットしてみると
理由がわかるんじゃまいか。

587 :あるケミストさん:2007/02/17(土) 11:37:01
>>586

確かに。HILICモードかどうかわからんね。
いずれにしても、逆転した化合物の分配(固定相または
移動相)が有機溶媒組成変化で変わったということだね。
シラノールとのインタラクション、有機溶媒への溶解性、
塩の影響等、いろいろと分配が変わる理由は考えられる。
ちがうODS使えば、また異なる挙動するし。
あまり、そこに悩むのは無駄です。
だって、クロマト理論だけで解決できない。
それよりも経験的な蓄積を持つことですね。


588 :あるケミストさん:2007/02/17(土) 17:31:31
カラム変えたって溶出順序変わるよ。
俺は経験的にピークの切れと溶出パターンの基準で以下をファースト
選択するぜ。(理由は内緒。ノウハウ)
Lカラム,カテンザ、SunFire、カプセルパック、イナートシル!

589 :あるケミストさん:2007/02/17(土) 20:32:59
>>588
「カテンザ」→「カデンツァ」だと思うけど

590 :あるケミストさん:2007/02/19(月) 19:41:16
>>588
おいらも切れの良さで選ぶが外国製カラムはどうして切れが悪いのか不思議だ。

591 :あるケミストさん:2007/02/20(火) 22:33:03
ア○イ○ンスのグラジエント精度はどうにかならんものか・・・(´・ω・`)

592 :あるケミストさん:2007/02/20(火) 23:34:58
>>591
そこでUPLCですよ(`・ω・´)

593 :あるケミストさん:2007/02/23(金) 01:05:49
>592
UPLCじゃ汎用機には向かんよ。

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)