5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

化学を理解できる本について語るスレ

1 :あるケミストさん:2005/05/08(日) 19:56:58
俺は少しばかり化学に意欲的な高校生だが、(高校までの)学校で習う暗記化学に大反対でである。
俺は暗記なんてできるわけねぇので、理論で化学を理解しようと思っているのだが、専門書が読めるわけでもない。
そこでそういう輩のために化学を理解できるようになる本をについて話していこうじゃないかという板を立ててみた。
大学の入門書、一般書のなかで、たいした知識もない一般人が一人で理論が理解できそうな本と、その本についての書評を激しく求む。
量子化学的な本も歓迎。

2 :あるケミストさん:2005/05/08(日) 20:14:57
化学理解しようと思ったらとにかく試薬を触りまくるのが一番早い。
そうすれば全て経験として身に付く。
最初から机の上で化学式相手にしてたって結局何も具体性が無いから駄目。

その上で勉強すると非常に理解が早いよ。

3 :あるケミストさん:2005/05/08(日) 21:07:46
俺は化学系にいるが確かに暗記だけの化学は嫌いだ。現に高校化学は面白くなかった。しかし高校化学の無機化学の基礎的な暗記は化学系に行くには誰もが通らなければならない道。しかしもう、その基礎が出来てるなら大学で使うような専門書に手を出してもいいと思うが。

4 :あるケミストさん:2005/05/08(日) 21:31:20
高校までに習う化学って(実験も含めて)理論もまとまってるし、
覚えこむ範囲も決まりきっているし、実験も100%上手くいくし、
面白い部分だけを集めたエッセンスみたいなもんだよ。
それを学んで面白くないならキッパリと止めたほうがいい。
それを無視して進めば現実の問題は険しいはず

5 :あるケミストさん:2005/05/08(日) 21:52:09
本ではないが このサイトはおもろい(以前もだしたw)
抗原をあつかつてるが量子力学を高校生でも理解しやすいよう
説明している。
www.h5.dion.ne.jp/~antibody/index.htm

6 :あるケミストさん:2005/05/08(日) 22:02:27
4はちと手厳しいw
・物質のなんたるか、化学結合の本質を研究したいなら
理学部”物理学科”を選択し修士で量子化学を専攻するヨロシ

・新物質の合成、実験、がやりたければ
理学部”化学 工学部”応用化学”

・・・”蓼”食う虫も好き好き なのだが
好きになることが一番

7 :あるケミストさん:2005/05/09(月) 23:27:56
化学Tb U の新研究
高校化学はコレ読んだらわからんところはないな。

8 :あるケミストさん:2005/05/10(火) 14:22:37
実況中継

9 :あるケミストさん:2005/05/10(火) 14:52:39
定番だけどブルーバックスの本ってどうなの?

10 :1:2005/05/10(火) 17:55:49
俺も調べてみたが、たいてい必要なし。
というのもブルーバックスは学校のように「化学」というくくり方よりは、その中のある話題に注目して書いているのでその一部しかわからない。
万人に読めるようにしたものが多いからたいていは紹介程度。
もちろん高校生、大学生対象の本もあるけど、普通の本と変わらん。

11 :あるケミストさん:2005/05/10(火) 21:38:25
>>1
自分は大学院生だけど、
触りだけ、その分野について大雑把に知りたいと思ったとき
ブルーバックスは悪くない選択肢だと感じている。
例えば相対論について学ぼうと思って、
それがアバウトにどんなものかも分からないのに
いきなり専門書読んだって面食らって、木を見て森を見ずになりかねない。

「化学」という括りで学びたければ、
高校の化学の教科書・資料集で学ぶのが良いと思う。

12 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 00:53:46
受験無視なら月刊雑誌『化学』とかいいんじゃない?
俺は東京化学同人出版の『現代化学』を年間購読してる。

受験に使うなら、やっぱ化学IBUの新研究。
内容的に古くなってるのもあるが、俺も受験時代お世話になった。
あと、化学便覧眺めるのも面白いね。

13 ::2005/05/11(水) 19:05:49
>>11
そういう意味ではある程度賛成。
しかし今は本が増えたのでそれほどブルーバックスにこだわらなくてもよいかと思う。
もちろん簡潔なものもあるが、ブルーバックスは最低でも高校の知識を前提としているものも少なくないから。
その中間の本がなかなかないんだな。あっても高度な内容の紹介で終わりとかorz
個人的には中学生でもわかる図解雑学のほうが好き。
どちらかというと高度な内容より既存の知識で理解させようとしている本。
ただそれでも説明できないので、一部紹介で終わっている部分もある。
実際、図解雑学 化学のしくみ のほうが教科書よりも簡潔で面白く、俺はあの本のおかげでかなり高校化学に入りやすくなった。
(もちろん受験向けでなく、化学のよくつまずく部分及び醍醐味の部分について述べられているだけであるが。)
そしてその本の一部紹介的な部分をたどろうとしているとこで立ち往生。
あの本のレベルを2段階ぐらいあげてもらうと今の俺の希望の本になると思う。
>高校の化学の教科書・資料集で学ぶのが良いと思う。
それでは本質を理解できないから困ってます。
>>7>>12
辞書的に使え、あれで学べというなら遠慮する。正直、チラッと見たがあの量に挫折。
化学の醍醐味の部分でだけでいいので一般的に言われている暗記ではなく、理解できるレベルまで高まる本を求む。
よって受験というくくり方になかなか目的の本を見出せない。
そこで一般書とか専門書を教えてもらおう、話していこうとしてスレを立てた。
(ちなみに今は高2だが化学は1年生。今までも高校内容程度の本を読んで理論化学は多少納得できるのだが、有機、無機はハァ?Д
有機は暗記だ。よく聞かれる言葉だ。俺自身、有機の内容がよくわからないのだが、この格言を打破できる程度に頑張りたい。)
意見と注文ばかり長くなってスマソ。

14 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 20:35:22
ところで”理論化学は多少納得できるのだが・・”
とあるが・・・・数学はどれくらいできるかなあw

答え無き場合勝手に 判断するがw

15 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 21:38:18
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785386215/249-8812397-7594704
これが結構いいらしいよ。有機中心だけど。

16 ::2005/05/11(水) 21:43:59
納得といってもボーアモデルで勝手にイメージできるだけ。
まだ計算らしい計算はひとつも習ってない。(前に読んだ本ではモルは理解できたが状態方程式はいまいちわからなかった)
周期表に美しさを感じれるか、、、微妙(遷移元素の副殻の入りやすさ、、、これを理解するのもこれからの目標の一つだ)
基本的に賢さは期待できないと思う。
数学もやはり理論を求めるタイプで公式のまる覚えなどはしない。
別に普段も証明を覚えているわけではないが必ず一度は納得してその原理を探るように努力はしている。
だからといって成績がよいわけではない。
(確かにレベルの高い高校SS60〜65といわれているが、それは考えないでほしい。まあ数学は平均だけど英国が悪い。)

17 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 22:14:10
理論中心はかまわないけど
結局化学は膨大な知識量がものを言うものだよ

あと俺は、有機は暗記だと全く思わない
ただし知識を持っている状態で理論が理解できれば
いろいろ応用が利く。
決して理論だけで出来るものではない。
研究者としては理論がなければ話にもならないけど
理論だけで一から研究なんて有り得ない

18 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 23:43:39
>>1
自分も17の意見に賛成。

有機化学を暗記で無く理解しようと思ったら
モリソンボイドとかマクマリーとか読むしかないし、
それでも分量はかなりのものがある。
化学好きでも苦しかったよ。
カルボニル(C=Oな)の反応性だけで100ページくらいあるとか想像できるか?
それでいかに電子や分極や軌道が重要な役割を果たしているかが
分かったところで、実際の反応にそのまま通用するかというと
そうではないことも非常に多い。

何故なら化学は確率論だから。
常にケースバイケース。

ちなみに自分も暗記は嫌いだし苦手だ。
でも薬品を触りまくっていたら覚えようとか以前に知っていたのだよ。
試薬の名前やら周期表と反応性の対応やら。
体で覚えて、頭で整理するのが一番だよ。
つまり自分は2なんだが。

19 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 23:52:37
ついでに

>前に読んだ本ではモルは理解できたが状態方程式はいまいちわからなかった
もし学校の授業で先生がきっちりモルの説明もできなかったら
その後は悪夢かも。
状態方程式は簡単だ。
理想気体の体積は絶対温度(ケルビン)に比例する。
理想気体の体積は分子数(モル数)に比例する。
理想気体の体積は圧力に反比例する。
これをまとめただけ。

温度上げればガスは膨張すんべ。
モル数に比例すんのは当たり前だ。
圧力は2倍になったら、いかにも体積は半分だろ。
以上。

20 :あるケミストさん:2005/05/11(水) 23:57:57
ちなみにちと補足

比較的多くのガスがある程度の範囲で理想気体として取り扱えて
気体定数つまり辻褄合わせの比例定数だが、
これが気体によって大して変わらないのは、
気体の中においては分子一つはほとんど「点」だから。
逆に言うと圧力上げてゴミゴミしてくると
高校で習う気体の状態方程式は全く通用しなくなる。

3連カキコすまぬ。

21 :17:2005/05/12(木) 00:30:49
>ちなみに今は高2だが化学は1年生。今までも高校内容程度の本を読んで
>理論化学は多少納得できるのだが、有機、無機はハァ?Д
残念!
高校の化学は暗記です。
化学の記号や用語に慣れるための準備期間みたいなものです。
あれで理論だと思っていたら確実にに挫折します。

化学を楽しみたいだけなら今までに出てきた本や科学雑誌を読んでればいいと思う。
本質を学べるわけではないけど化学に慣れるという意味では必要なことだから結構重要だよ
有機反応論なんて最初は教科書見ても納得するまでの理解は大変だが
反応に関するいろいろな文献を見たり自分で実践している内に
いつの間にか理解できるようになる。

22 ::2005/05/12(木) 20:42:51
>>15
読んだなら感想を希望。(内容の深さとか、読みこなすにはどのぐらいの知識が前提とか、読み終わったら何がわかるかとか、他思いついたこと何でも)
>>17
>結局化学は膨大な知識量がものを言うものだよ
もちろん。
>知識を持っている状態で理論が理解できればいろいろ応用が利く。
これができるようになればほぼ完璧であると考えてますが、今の教科書にはそこまで求めることができない。
>>2
大学で実験をしているのでしょうか。とにかく高校生に試薬が触れというのは不可能。
>気体定数つまり辻褄合わせの比例定数、、、
ここらへんがよく分からない、というのも物理でも出てきたことがあるが、比例定数とやらの考え方がわからない。
辻褄合わせというのは簡潔すぎる。
>>21
理論が理解できたでなく、イメージがつかめたと言い換えればいいでしょうか。

23 :あるケミストさん:2005/05/12(木) 21:07:01
>>大学で実験をしているのでしょうか。とにかく高校生に試薬が触れというのは不可能。

高校生だから試薬には触らせてくれないと言いたいのか?
そんなことも無いだろう。俺が高校のとき(もう10年以上前だが)には結構いろんな試薬を触ったし,
いろいろな実験もした。もちろん,化学部という少し特殊な立場にあったこともあるが・・・

金属樹や銀鏡反応,重クロム酸アンモの火山なんかはお気に入りだったし,マグネシウムリボンをただ
単に燃やしたり,食塩を融解したり,もちろん中和滴定やCODの測定とか教科書や,参考書に載っ
ている実験は一通り実施したものだ。なつかしいなぁ・・・

まぁ,とりあえず高校生だから試薬に触れないなんてことはない。お前が触ろうとしていないだけだ。


24 :あるケミストさん:2005/05/12(木) 21:14:20
俺は1の簡単そうな本を読んで化学を理解しようとする姿勢が嫌い。
本当に理解したいんだったら図書館に行って専門書借りてきたらいい。

25 :あるケミストさん:2005/05/12(木) 21:46:32
専門的、つまり理論的に化学理解するには高校の物理、数学を理解することはもちろん大学の教養のレベルを必要とする場面も出てくる。そんなに全てにおいて理論から入ろうとしなくてもいい。

そんな根本の理論から学ぼうとしたら量子力学の知識がいるぞ。もし天才なら別の話だが…。

26 :あるケミストさん:2005/05/12(木) 23:21:04
>ここらへんがよく分からない、というのも物理でも出てきたことがあるが、比例定数とやらの考え方がわからない。
>辻褄合わせというのは簡潔すぎる。
その値をきちんと知ろうと思うと、
大学生でもとても手に負えないような複雑な問題を解かなければならないことも良くある。
君が本当にそれを知りたいと思うならひたすら我慢して
勉強するしかないんだよ。

科学ってのは、ちょいと読み物読んで、そうか納得なんて簡単な世界ではない。
いずれ量子論なんかを触れば分かると思うけど
水素原子一つの在り方を記述するだけだって
とてつもない積み重ねが必要なんだよ。

私が高校の時読んで結構良いなと思った本を一つ紹介しよう。
サイエンス社 「現代化学の基礎 -物質化学へのアプローチ-」 渡辺 啓 著

27 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 00:32:16
ああそうそう、23が書いていたように
高校生だから試薬に触れないなんてことは無い。
私も高校の時に散々触ったから
化学の授業が二年になって始まった時、
皆分かっているぜって感じで、試験勉強もほぼ要らなかったよ。
つまり気体の状態方程式や浸透圧(これも左式と同じ)くらいは上述の通り
感覚で把握していたし、知識も身につけていた。

ちなみに化学部があればベストだが、
なければ薬局で試薬を買ってやるというのも一つの手だ。
石鹸を作ったり、
アルコールにホウ酸溶かして火をつけるとどんな色がでるか
なんてのは大した額を出さなくても、実験器具が無くてもできるだろ。
火事と失明(アルカリ)には気をつけろよ。

28 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 08:40:19
試薬が触れない環境だってあることを理解しろよ
学校によっては薬品棚に封印してるところだってあるんだから
あと俺の意見としては個人で試薬買って実験してる人を
見るが、激しくおすすめしない。
つーかこいつら廃液とか垂れ流してんだろ

29 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 08:49:06
個人で実験は怖いね。
科学者でも家ではやらないと思うよ。ちゃんと実験室があってそこでやるか、家に実験室を作るか(w)

30 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 09:21:39
試薬にすぐ触れたくて化学がものすごく好きで勉強にやる気があるなら高校より高専に行くことを勧めるよ。化学で有名な京大にも編入って形で入れるからね。

31 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/13(金) 09:24:24
oxford出版のシリーズがサイコー!

32 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/13(金) 09:31:03
英語圏の高校生で、理系なら十分理解できる。
わかりやすく書かれてる。
18歳くらいを想定してるテクストだから。
ただし、分量は多い。
それと、化学は独学は無理だろ。
高校生なら今は我慢して、式を暗記して、試験対策して大学いってから専門的にやれよ。
独学で化学やって失明、ケロイドなんてしゃれにならねえ。

33 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 09:39:57
量子化学専攻だが、化学の理論はそこらの物理の非じゃなく難しいぞ

34 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/13(金) 10:18:05
やっぱoxfordやHarvardのサイトはええわ。
オンラインでもテクストたくさんあるし。動画もあるし。
てか東大もちゃんと仕事しろよ。
サーバー無駄遣いしてるんじゃねえ。

35 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 15:27:21
高校時代の化学の全国模試で4点、下から220番、
と思ったら欠席者218人でびっくりの俺がきましたよ。

36 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 16:08:45
高校時代は化学は底辺、大学で化学に目覚めた。

高校ぶっとばして大学から化学勉強したんだが、化学って
1.理屈(というか最低限のパターン)
2.寄与度の概念(何が安定化に貢献しているのか)
でほとんどいける気がする。しかも大学のほうが勉強しててわくわくする

高校も、授業こんな感じで全面改定してほしい。

まず基本は
有機化学の、酸性度、塩基性度のお話。
→電子が重要なんですよってのをつかむ(液体中心のミクロな視点でのお話)
ついでに反応パターンもいくつか覚える。有機化学は、この電子の偏りが、反応を支配していることを学ぶ。
これで、余分なかなり暗記が減る。

んで
物理化学の、1つの分子運動を考える箱型モデル。と純粋な確立の話
→熱力学関連(気体中心のマクロなお話)と、ボルツマン系の統計モノ
熱の世界(第一法則、第二法則)や気体の世界では、分子の動きが全体の反応を支配することを知る

箱型モデルで説明がつくモノは、ミクロな世界はそんな関係なく(水素結合など、寄与度が強すぎるものは例外として)
「結果」としてマクロ的な視点では、単純な法則が成り立つこと(気体1モル22.4Lとか、物体は乱雑になるんですよ)を学ぶ。
個人的な意見では、
高校の化学の理論の部分は、箱型モデルをやりさえすれば、そんな覚える所なんてないのにと思う。

量子化学で、電子の世界の理解(主にミクロな視点)を深める。
反応は寄与度が高いものが反応を支配することを確認(寄与度の低いもの無視してもいいことを知る)。

高分子化学で、ミクロな世界(有機、量子)とマクロな世界(物理)をつなぐ
その物体の性質がミクロな世界に支配されているのか、マクロな世界に支配されているのか。
→これが分かると科学が面白くなる。周りのモノ(建物、文房具とかいろいろ)が分子の世界で見れるようになる。


37 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 16:09:30
こういう人でも化学に興味があるのは素晴らしい

38 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 16:14:35
本当に高校の本を読みかえしてびっくりした。
〜はアボガドロの法則。質量の法則は〜で〜が見つけた。
高校の化学は日本史みたいだね。
大学の化学とは別モノ。学生の理科離れはしゃーないかも。。。



39 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 16:42:39
>>38
基本的内容としては”は〜で〜が見つけた”は必要。
だけどそんな部分まで試験に出す教師がアフォ

大学の化学と別物であるのは解るが
この程度で理化離れするなら理化離れしてくれ

40 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 17:05:03
量子化学もよく見ると単純じゃないかなと思う。
あくまで分子軌道法をコンピューターにピコピコ打ち込んで、使うだけならだけど。

「分子軌道法」を使うためのめちゃめちゃおおざっぱな理解

有機化学も量子化学も、「電子」が反応を支配する世界。
だから、量子化学では、「電子状態の物理式」が導き出せればOKなシンプル学問。
で注意点は二つ。「波の性質」と「量子の世界≠こちらのマクロな世界」

「電子状態の物理式」は
かなりおおざっぱにいえば、「電子のすべてのエネルギー(すべてだから→運動エネルギーと位置エネルギー)」を求めることになる。

ここで、
注意点1:量子の世界はこちらの世界では理解が難しい「波の性質」というものが登場する。
ここでみなさんつまづくが、「波の性質」は理解できなくてもOK
重要なポイント
「波の性質」→物理式上では「運動エネルギーに対する「数学的な処理」」ということOK

だから、「電子状態の物理式」はこんな感じになる。
「数学的処理」をした運動エネルギー+ポテンシャルエネルギー(位置エネルギーのこと)→「量子的な電子状態を表す物理式」
量子化学では、これで7割くらいおしまいです。
ラスト3割が算出した物理式の解釈です、でもここがまた難しい。



41 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 17:06:15
だから、「電子状態の物理式」はこんな感じになる。
「数学的処理」をした運動エネルギー+ポテンシャルエネルギー(位置エネルギーのこと)→「量子的な電子状態を表す物理式」
量子化学では、これで7割くらいおしまいです。
ラスト3割が算出した物理式の解釈です、でもここがまた難しい。

ここで二つ目の注意点
「量子の世界≠こちらのマクロな世界」ということ
ここは、初めてやる人はどうがんばっても理解不能なので悩んではいけない。
だから、
量子の世界観≠こちらのマクロな世界観を強く頭にインプット。
量子の世界に対しては、赤ちゃん並の知識しかなく。すべてが始めてのものだと、心構えをもつ。
これで算出した物理式の解釈に望むと、案外簡単に理解できます。

あとは、ヒュッケル法などの、算数的な「計算の簡略化と実際の現象とのずれ」の理解。
実際に使う分には、
パソコンに分子を打ち込む(電子のエネルギー状態を決定する)→出てきたデータをフーンって見る
でつかえます。




42 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 17:07:07
みんな量子力学の説明好きだけど
化学の分野では必須じゃないよ
根底の理論展開には必要だけど

43 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/13(金) 17:23:03
フツーに必須だよ。
原子の構造解析に干渉波つかうから。
電子軌道、結合構造の理解、記述に不可欠。
まあ、もしわからんなら、とりあえず数学に戻ってから再挑戦ってこった。

44 :BlockKnightOffline ◆yPnpjLO5jE :2005/05/13(金) 17:25:59
まあ、お前ら高校レベルの話してるんだから、量子論や高分子に興味深めるより、素直に基礎固めろよ。
興味持つのはいいが深めるのは、大学の先だからな。
有機化学の特定物質の性質だけ詳しくなってもどうしようもないように、ヘタな独学は、単なる雑学に終わるよ。
わからんところは飛ばしてもいいが、ちゃんとした体系をもて。

45 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 18:04:06
雑学か・・・・・

46 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 18:22:42
おまいら強いんだぞっ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877781498/


47 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 19:04:53
いや、こいつはどう考えても雑学レベルでの話だろ
理解したと言いつつイメージ出来ただけとかな
科学雑誌とか読んでオナニーしてろ

48 :あるケミストさん:2005/05/13(金) 22:41:52
>>28
世間一般は様々な薬品垂れ流しているからなぁ。
そこら辺にホウ酸ばら撒いて、
飲み残しのアルコール捨てるのと、
両者を使って炎の色を見るのなら
そこに大した差は感じない。
ちなみに垂れ流しOKと言っているわけではないし
そりゃ硫酸1瓶垂れ流しとかは論外だけどさ。


家で実験は確かに難しいし、
安全面から極めて限定的なことしかできないですね。
車のバッテリー用の硫酸と消毒用エタノールと酢酸で
エステル作れないかなぁと試みたことがあるが
案の定平衡の問題でできなかったなんてこともあったな。
硫酸は不揮発性で濃縮されるからこれも迂闊に家で使うものではないですね。

49 ::2005/05/14(土) 15:55:43
化学部はない。学校は実験するなら図説(便覧)見ろという姿勢。
図説に載ってなくて、しかもやる価値のある実験でないとやらせてもらえんと思う。
>>36箱型モデル 何それ。

50 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 00:22:42
つうか1は人に物を聞く態度ではないと思う。

>図説に載ってなくて、しかもやる価値のある実験でないとやらせてもらえんと思う
そういうのであればやらせてくれるなら、
自分ならどんどん調べてこれやりたいって言いますけど?

>箱型モデル
ポテンシャルが一様な箱の中で粒子が運動している場合に
どのようなことが起こる統計と力学を用いて解く。

自分の手足を動かせ。
前にも出ていた通り、
元になる部分はちょいと話を聞きかじって分かったなんて世界じゃないんだよ。
というかそういう感覚的な理解を君は否定するじゃないか、
専門的なことは分からないと言いながら。
アトキンス物理化学でも買って勉強してみたらどうだ?
どうしても分からないところは、
高校の先生がそれなりに理解していて、かつ熱心なら教えてくれるかもな。
どうしても理解できなかったら高校の物理と理論化学をきっちりやりな。

51 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 08:46:44
50の言う通り。じゃあ先生に言えばいいやんってことになる。やる価値のない実験なんてない。

むしろ実験やってこその化学。化学便覧に載ってるような実験は理論と同じくらいどの実験も大事だよ。まぁそういう実験をさせない体制を作る学校が一番悪いけど…

52 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 11:29:33
アトキンスはいい暇つぶしになりそうだなw

53 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 12:28:47
というか、化学IBUの新研究で挫折してしまうのはどうかと思うが。

>>13
>高校の化学の教科書・資料集で学ぶのが良いと思う。
それでは本質を理解できないから困ってます。

といっているが、
だからこそ高校化学範囲を基盤にして書いてある新研究で補えばいいものを。

それがいやなら>>47氏の言うように、雑誌でも読んで満足しとけ。

54 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 13:51:41
36です。
今はリーマン(営業)やっます。
元農学部で、学生時代の頃を思い出して発作的に書き込んでしまいました。申し訳ない
雑学レベルですか。
専門の方からみると、やっぱりしょぼいんですね。自分は、研究室は化学系でしたが、カリキュラム上、化学の講義は受けたことがありませんでした。


55 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 13:59:02 ?###
>>1は頭はいいのかもしれんが礼儀がなっていないやつだなぁ。
具体的に「やる価値のない実験」っていうのを教えてくれ。

56 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 14:08:21 ?###
>>1
あと俺の実体験を語らせてもらうと
小学生のころスライムについての作り方のポスターがあって興味もって、
授業参観でグループで発表しろってのがあったからスライム作ろうとしたわけ。
先生に相談したら材料費が1万以上かかるからダメっていわれたわけ。
で何を思ったか俺らは材料探したわけ。そしたら1000円で見つかった。
それで発表も大成功。学校ではスライムつくりが流行った。
要するに自分でできる実験もあるし行動起こす前から決め付けるなってこと。
化学じゃないかもだけど鳥のレバーからDNAを取り出すとか高校のとき先生に
頼んで試薬借りて自分でレバー買ってやらせてもらったぞ?
とにかくやる前からあきらめないでやってみれば?


57 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 14:36:38
台所は”化学実験の宝庫”だぞw
卵の凝固、小麦粉の練り方、紫蘇の色合い

こむつかしい、危ない薬品をつかわんと
”化学実験”じゃあないとおもてるのかなあ

58 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 15:42:22
>>51>>55
やる価値のない実験とは書き方がまずかったかが、
ここでは高校範囲に関係ないもの。
また金がかかるので、結果が明らかなもの、
金をかけるほどの経験にならないと判断されたもの、
経験に相応する安全性が得られないもの。
を想定していたのですが、これらの感覚は
人によって大きく異なると思うので、これ以上追求しないでください。
ここの熱意ある人にとって侮辱に聞こえたかもしれません。

後嫌われたみたいなので1辞めます。(文体で分かると思うが)

59 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 16:38:28
>>58
まあ、そう簡単に飛ばしてひょいひょいと分かったなんてことは
無いということが分かっただろうから、
自分で理解していける範囲で勉強していくしかないよ。
そういう意味で高校化学は確かに暗記の山みたいに見えるかもしれないけれど
全体を漠然と知っておくにはかなり都合が良いし、
基礎の基礎みたいな話が並んでいるから常識として必要になる。
それに結局センター試験なんかで必要になるし。

もっときちんと勉強したいと思えば高校の教科書の理解前提で
やはりアトキンス物理化学や
マクマリー有機化学といった大学用の教科書を勉強していくしかない。
ちなみに大学の教科書、特に物理化学は講義だけ聞いても多分分からないから。
結局独習がそれなりに必要になる。
(大学は教えてもらえるところだと思って行くと肩透かし食らうよ)
(アトキンスが週1の90分×3年くらいで理解できるはずが無い)

そういえばお金はかかるけど、代ゼミとか河合塾で実験の授業って無かったっけ?

家でできる実験
1.食塩やミョウバンの再結晶 特にミョウバンが容易
2.鉄のスプーンをアルミホイルで軽く巻いて、砂糖を乗せて弱火で加熱。
 溶けてきたら炭酸水素ナトリウムをちょいと振り掛ける。
 できたものを食べる。
3.食塩水の電気分解…電池2本を直列につないで、
 電池の正極側、つまり陽極は炭素棒にして、
 負極側の陰極は銅線まんまで良い。
 両極とも気体が発生して、塩素臭がする。
 炭素棒は単一のマンガン乾電池を分解して取り出す。
 炭素棒を使うには訳が二つあるのだが、一つは銅線まんま突っ込んでみれば分かる。

60 :あるケミストさん:2005/05/15(日) 17:12:37 ?###
>>58
別に1だから嫌われたとかじゃないから。
お前自体が嫌いなだけ。

61 :あるケミストさん:2005/05/16(月) 13:57:06
>>54
考え方は本当におもしろいと思いますよ。
センスも悪くない、何よりも化学を愛してます感が伝わってくるのがいいですね。
できればもう少し深い話も聞きたいですね。
営業って、何で化学系に就職しなかったんですか?もったいないすよ。


62 :あるケミストさん:2005/05/16(月) 18:30:48
>>1じゃないんだけど俺も化学超大好きで学校図書館に無理行ってマクマリー買ってもらったりして大学は勿論化学科で将来は化学の先生になってこの楽しさを後世に語り継ごうと思っています。でも学校の先生になったら自分の研究とかはできないのかな。
ところで質問なんですが、高校の間はやっぱり化学だけじゃないで数学物理も来相容れて頑張った方が良いですか?

63 :あるケミストさん:2005/05/16(月) 20:50:43
>>62
当然。高校レベルの数学物理ができないとやばい。

64 :あるケミストさん:2005/05/16(月) 23:30:32
そういや俺は高校のときは化学小事典を読み耽っていた。
色々な物質の性質が分かるのが楽しくてなぁ。
結構基礎になった気がする。

65 :あるケミストさん:2005/05/18(水) 23:37:21
>>62
ちなみに有機系なら数学ができなくても何とかなるよ。
四則演算が出来れば大丈夫。
(そりゃできた方がイイに決まってるけど)
高校の先生で研究はキビシイと思うよ。大学に残って研究する
ってのはどう?

なんかここは物理化学系の人が多そうな感じですね。

66 :あるケミストさん:2005/05/24(火) 18:59:17
岩波の化学入門コースって予備知識なしでも入門できるの?

67 :あるケミストさん:2005/05/24(火) 19:07:36
>>65
量子力学にかぶれた人が多いんでしょ

68 :あるケミストさん:2005/08/01(月) 08:45:08
化学と全く関係ない分野のDの者です.
個人的な教養として,化学を勉強したいと思っています.
もちろん,化学が実験第一なのは十分承知していますので,あくまで趣味です.
これまでに手にした化学書は,
・ハートの基礎有機→これぐらいなら大丈夫
・初等量子化学(黄色いカバー)→読めない.古本屋にて処分.
という具合です.
最近量子化学がわかりたいという欲求から,書店でみかけた「絶対わかる」とか
いう本を最初の一歩にできないかと考えています(少し甘えていますが..
最終的にハートの基礎有機程度のレベルまで量子化学を学ぶには,どのような書籍
が参考になるのか教えてもらえませんか.
また,無機化学も興味があるのですが,周期律の組成論を理解する程度までやるには
どのような本を手にとるのがよいのでしょうか.
よろしくおねがいします.

69 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 02:49:57
meiCxWxv2H6

70 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 02:56:38
nZiQCimM71c

71 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 03:01:35
hiIMGqwDLPI

72 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 03:01:37
sA6RSqUXBvs

73 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 03:11:11
1Fytx3N5wV.

74 :あるケミストさん:2006/04/16(日) 18:30:10
前に出てきた「科学」と「日経サイエンス」ってどっちが面白い?「科学」見つからないからどっち購読しようか迷う

75 :あるケミストさん:2006/04/20(木) 08:03:24
ブルーバックスでも「暗記しないで化学入門」って奴は結構よかったと思うんだけど

76 :あい ◆xt9CxMv13k :2006/05/25(木) 02:31:39
同意

77 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:22:01
セクハラ・パワハラ・アカハラを撲滅しよう。


78 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:28:13
私は二見太郎の 『化学ハンドブック』使ってます!

79 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 10:21:28
◆化学のドレミファ
どうでしょう


80 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 14:30:00
メコスジを理解できる本について語るスレ

81 :同定不能さん:2006/08/31(木) 21:28:55
こんなのあった
http://light.kakiko.com/trans/atena.htm

82 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:2006/10/28(土) 20:46:29
独学で化学って大卒レベルになれるのかな?

暇なときとかに混ぜるな危険を混ぜ合わせるとこうなって危ないとか
自分で考えられるような頭になりたいんだが

83 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 20:53:19
>>82
大卒と独学の間には実験の壁がある。
実験からえる経験値は思いの外大きい。

84 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:2006/10/28(土) 21:06:37
>>83
例えばどんなことだ?

反応の仕方とか?

85 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 21:26:43
>>84
理屈通りにはいかない。

86 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 22:03:20
理論ちゅうか
教科書には
○+○→×+うんぬn
とかいてるけど
実際は副反応や不純物 コンタミ等で
その精製やらで苦労するw

87 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 23:46:04
>>84
何事も紙のうえのようにはいかないんですよ。

88 :あるケミストさん:2006/10/29(日) 08:56:55
むしろ何事も理論理屈通りに行かないから化学は面白い。
大学はそれを心身共に思い知る第一歩を記すところなり。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)