5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★ダイオキシンについて★★

1 :あるケミストさん:04/12/13 13:54:49
2.3.7.8. テトラクロロジベンゾパラジオキシンについて
語りましょう。

2 :あるケミストさん:04/12/13 14:01:47
魚からダイオキシンって映画があったな

3 :あるケミストさん:04/12/13 14:05:35
ウクライナの事件だけど どうやって摂取したんだろうか
もともと危険物質で保管してるとこがあったとしても物凄い
厳重管理だろうし、そもそもダイオキシンの入ったアンプルを
普通に開封しただけでヤバすぎだし・・

なんとも不思議な事件ですね。

4 :あるケミストさん:04/12/13 14:09:39
つーかダイオキシンで毒殺できるのか?
毒盛るのならもっと確実なやつがあるだろうに

5 :あるケミストさん:04/12/13 14:13:04
激しく同意

なんでこんなに珍しい物質使ったのか理解できん。

6 :あるケミストさん:04/12/13 14:31:14
abcでは元FBIの医者が暗殺目的ではなく
ハンサムな顔を不細工にするのが目的ではないかと分析
ケネディも見た目良かったから良かったでしょと言ってた

7 :あるケミストさん:04/12/13 14:31:43
ウクライナのユシチェンコ候補毒殺未遂疑惑に関して
NHKのニュースでは日本とロシアの医療関係者の話として
ダイオキシンでは中毒症状が出るのがもっと遅いと報じていたが
実際はどうなんですか?

8 :あるケミストさん:04/12/13 14:45:17
そもそもダイオキシンなんて売ってるものなのだろうか・・・・?

9 :あるケミストさん:04/12/13 14:57:05
>>7
その通り、といいたいが、1000倍だからな。
そんなに大量に摂取した人間は
有史以来居ないわけで、
枯葉剤だて、口から食べたわけじゃないしな。

急性の反応がどんなだかは分からないのが
本当のはず。

たとえば、青酸カリでの人間死亡のグラム数は
動物実験からもとめ推算されていたけど、
実際はもっと量が多くてもしなないことが分かった。
731部隊のおかげだけど(w

10 :あるケミストさん:04/12/13 15:14:51
ユシチェンコ氏はこれからどんどん後遺症が出て、
最後は体中癌に冒されて死ぬんでしょうか・・・
すぐには死なないとしてもそう長くもないよね・・・
自演は有り得ないと思う。それならもっとわかりやすく銃でかすり傷とかにするでしょ。

11 :あるケミストさん:04/12/13 15:46:47
>>10
今度、奥さんが妊娠したら大変だよな。
ベトちゃんドクちゃんみたいな子どもに
なるんだろうし。

12 :あるケミストさん:04/12/13 15:52:47
>>11
今後絶対に子どもは作らないでしょうね・・・
50過ぎだし既に子どもはいるんでない??
奥さんも美人だよね・・・
ていうか家族も辛いだろうな。


13 :あるケミストさん:04/12/13 16:02:48
ハンサムな政治家だったのに・・・・
酷いな
ジサクジエンというのはないだろう
いくらなんでもこういうことは損するしやらないかと・・

14 :あるケミストさん:04/12/13 16:03:08
ダイオキシンって分解する微生物とかなかったかな?

15 :あるケミストさん:04/12/13 17:09:41
毎日遠赤外線サウナに入ったり、高野豆腐を食べたりしないとだねー。
ま、それも気休めにしかならないだろうけどさ・・・
ひどいことだよ。ほんと。
なんかダイオキシンというまだ未知の毒を使った所が恐怖を倍増させてるよね。
プーチンに逆らうとこうなるぞっていうみせしめというか。
あっさり殺すよりよっぽど恐ろしい。

16 :あるケミストさん:04/12/13 22:47:39
インドか何処かで大量摂取事故があった希ガス。

でも顕著な被害は出なかったとかなんとか。

17 :あるケミストさん:04/12/14 07:47:57
>>16
ダイオキシンって一緒くたに言ってるけど、
毒性も種類によってかなり違うということだけど。

18 :あるケミストさん:04/12/14 08:16:43
>>17
セベソ事件のことであろうが
このとき飛散したダイオキシン類はもっとも毒性の強いとされる
2,3,7,8-TCDDが3ppmほどの濃度で含まれていた。
子どもはまき散らされた灰で遊んだと言うが
この濃度でも直接各ダイオキシンの影響でなくなった人は4人
これが有史以来ダイオキシンでなくなった人の総数といわれる。
ノチの追跡調査ではガンの発生件数も奇形児の発生件数も他の
地域と比べて有意な差はでなかったという。


ttp://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=1543

19 :あるケミストさん:04/12/14 08:37:59
ダイオキシンを間違って摂取or混入ってどういうルートが考えられるんだろう??
薬品会社がジエチリンとグリセリンを取り違えて小児用シロップで
大量の被害者が出たって例があったな

20 :あるケミストさん:04/12/14 09:46:35
>ノチの追跡調査ではガンの発生件数も奇形児の発生件数も他の
>地域と比べて有意な差はでなかったという。

奇形児の発生件数に差がなかったのは、中絶したから。
ガンの発生件数などは、あと何十年かしないと統計でないはず。
直後のガンの発生件数を比べても意味がない。


21 :あるケミストさん:04/12/14 10:00:56
>>20
>奇形児の発生件数に差がなかったのは、中絶したから
こわひ・・・
ヴェトナムを習ってってことでしょうかね・・・

それにしてもダイオキシン無害を唱えてる人は一体・・・

22 :あるケミストさん:04/12/14 10:32:30
>>20
1976年の事件なんだが…

23 :あるケミストさん:04/12/14 10:37:28
実際のところどのくらいの効果があるんでしょう?
別板の話だとクロルアクネ(塩素挫瘡)が唯一の症状で、実は弱毒だなんて聞いているのですが。

24 :あるケミストさん:04/12/14 10:48:39
1976年の事件で、セベソ地区の自然流産率は他地区の2倍になっている。
発ガン率の増加がないって言ってる人は、何年発表の論文を見て言ってるんだか。
広島、長崎の原爆だって、発ガン率増加などが数値で出るまで、
40年くらいかかってるよ。



25 :あるケミストさん:04/12/14 10:50:05
>>23
クロルアクネが唯一の症状なわけないでしょう。
モルモットやマウスが死ぬんだから。
バカじゃないの。


26 :あるケミストさん:04/12/14 11:11:28
>>25
>モルモットやマウスが死ぬんだから

死因は?


27 :あるケミストさん:04/12/14 11:26:30
調査のために中絶した胎児調べても奇形の発症率はふつうと変わらなかった。

ttp://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/chemical/dioxin.html


まあ、モルモットはダイオキシンに特別弱いから青酸カリの何万倍の毒性とか出てくるわけだが
イヌなんかはめっちゃつよくてモルモットの五千倍の濃度でようやく半数が死ぬという。

ダイオキシンの毒性発現にはAhレセプターと呼ばれる細胞にある受容器官が関わっているのだが
ダイオキシンと強く結合する Ahレセプターとダイオキシンあまり結合しないAhレセプターがある
モルモット等ダイオキシンに弱い動物はダイオキシンとよく結合するレセプターを、イヌやラットなど
ダイオキシンに強い動物は ダイオキシンとあまり結合しないAhレセプターを持っていることがわか
っている。

人間はあまり結合しない方のレセプターを持っているのでダイオキシンには抵抗性があるのではな
いかといわれている。

28 :あるケミストさん:04/12/14 12:32:50
>>27
ちゃんと一次文献にあたれよ。
治療のための流産後、調べた母親の末梢血
および胚や胎児の細胞に、染色体の損傷があることが示されている。
アメリカEPAの1978年の報告。

>調査のために中絶した胎児調べても奇形の発症率はふつうと変わらなかった。
中絶した胎児で、ダウン症の発症率だとか、脳の異常は分からんよ


29 :あるケミストさん:04/12/14 12:42:46
>>28
>中絶した胎児で、ダウン症の発症率だとか、脳の異常は分からんよ

そうなの?

30 :あるケミストさん:04/12/14 13:12:44
ダウン症はトリソミーが原因だからわかるだろ、多分。
脳は...解剖しただけなら数十年経過後に発症するような病気はわからんかも

31 :あるケミストさん:04/12/14 13:30:08
>>29
しつれいした。遺伝し調べればわかるね。
1978年の技術レベルでの話と思って


32 :あるケミストさん:04/12/14 13:37:09
tesy

33 :あるケミストさん:04/12/14 15:04:14
フーン…

>>31
納得しました ノシ

34 :あるケミストさん:04/12/14 16:08:56
一応一次文献が明記してあるので紹介

ttp://www.sopia.or.jp/kotoku/NO17chlo.htm

脳障害の原因により1978年レベルの検査で引っかかるかどうか変わるから何ともいえん
がダウン症だけは顕微鏡のぞけばわかるんで見落としはなかったと思うよ
ダウン症の原因が減数分裂異常だってわかったの1959年のことだから。

35 :あるケミストさん:04/12/15 21:24:54
俺が学生時代に使ってたPineの教科書に、「ダイオキシンの合成法を考えよ」いう問題が載ってたな。

36 :あるケミストさん:04/12/17 13:42:40
ダイオキシンって簡単に作れるの?

37 :あるケミストさん:04/12/19 15:59:30
毒なんて濃度に依存するじゃん。
多けりゃ毒、少なければ無害。

38 :あるケミストさん:04/12/20 10:50:32
↑だから?

39 :あるケミストさん:04/12/20 12:15:42
37は濃度と物質量の違いも知らないのか


40 :あるケミストさん:04/12/24 11:08:01
所沢のゴミ焼却場近くの野菜食った人達の
血中濃度って、どのくらいだったのかしらん
6000倍なんて言ってもヨーロッパ人の言う
通常値がベラボウに低そうだからppm以下かもね

41 :あるケミストさん:04/12/26 23:14:32
軍の幹部との会食後に体調激変が起こったそうだから、やっぱり普通に軍の
特殊な機関で合成したものじゃないかな。
この幹部はすでに更迭されているそうだが。
有機化合物は分解されると跡形もなくなるから、たとえば分解不能な砒素のように
証拠が残ったりしないと思ったのではないだろうか。
脂肪中には残るわけだが。

42 :あるケミストさん:04/12/27 15:47:28
当選おめ!
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/ukraine/
http://www.asahi.com/special/041215b/TKY200412270065.html
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20041227i203.htm


43 :あるケミストさん:05/01/04 20:57:06
>>41
裏にはプーチンが

44 :あるケミストさん:05/01/11 00:33:43
今日のニュースでダイオキシンを体内から排出できる薬品の研究の
ことやってましたが、見た方いますか?

45 :あるケミストさん:05/01/18 17:37:33
ダイオキシンは購入できますよ。

46 :あるケミストさん:05/01/18 21:23:15
どこ

47 :あるケミストさん:05/01/19 00:53:20
CILやWellingtonから発売中
純生2,3,7,8-TeCDDも売ってます

48 :あるケミストさん:2005/06/02(木) 13:02:17
PCDDとPCDFは、水素や塩素が置換する場所が1〜9で表記してありますが、PCBでは、片方のベンゼン環に1〜6、もう片方は1’〜6’と表記してあります。この違いは何なのでしょうか?

49 :あるケミストさん:2005/06/06(月) 21:42:55
左右対称

50 :あるケミストさん:2005/06/08(水) 20:49:27
PCDDとPCDFも対称だと思うのですが?

51 :あるケミストさん:2005/06/11(土) 23:05:56
PCBの骨格であるビフェニルは二つのベンゼン環が回転できる形。
構造上ひっくり返る可能性があるんで片方に1から5まで
番号をつけた。
もう片方にはそれと対称性のある形で1'〜5'まで
番号を振った。

かたやPCDDやPCDFは二つの結合でふたつのベンゼン環
の位置は一義的に決まるんで通し番号がついてる。
と、思う。多分。遠い知識によると。

52 :51:2005/06/11(土) 23:07:36
あ、すまん2からだな。


53 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 00:37:15
>>27
なるほど。ただ、成長期の段階で暴露した場合の影響などは
まだ研究段階のようですね。

>>41
まだ人間に対する毒性がはっきりしていないので、原因不明
となることを期待したということも考えられる気がする。

54 :あるケミストさん:2005/06/21(火) 18:19:01
ダイオキシンについてうまくまとめられているサイト(化学的に)はどこでしょうか?

55 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 11:24:06
http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/chemical/dioxin.html
http://www.vec.gr.jp/safe/nannensei-13.htm
http://www.jsdi.or.jp/~y_ide/030801dai_shinwa.htm
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/ea/dioxin.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/3720652101/dioxin.htm

ま、内分泌撹乱作用についてはようわからん部分が多いんでこれからの調査を待ちましょう

ま、ダイオキシンで死んだ人は4人しかいないがダイオキシンで食ってる人は星の数ほどいる
って言う、ダイオキシン研究の第一人者の言が一番当を得てると思いますけど。
研究者から市民団体政治家、マスコミ等。

56 :あるケミストさん:2005/06/22(水) 19:23:49
セベソの事故に関しては、ふっとんだのが農薬工場だったから
全ての症状がダイオキシンのせいだとは言えなさそう。
そういうところも含めて、この問題は難しいと思う。

57 :あるケミストさん:2005/06/25(土) 17:20:28
ダイオキシンってなんかウニョウニョする微生物だと思ってた。

58 :あるケミストさん:2005/06/26(日) 13:17:27
で、やはり現時点では毒性も何も確定できない。でFAかな?
学者でも激しく分かれてるみたいだし。

59 :あるケミストさん:2005/07/14(木) 19:50:08
>>40
環境省の調査結果では1〜3pg-TEQ/kg/日だったはず
ちなみに現在の日本人の平均摂取量は1〜2pg/kg/日
一日耐容摂取量は4pg/kg、まぁ、確かこんな感じだったかな

60 :あるケミストさん:2005/07/22(金) 16:55:47
まったくの素人ですが、私の田舎では今でも裏庭や畑のまわりなどでゴミを焼却する人が見受けられます。
多分分類などしてないと思うので、中にはビニールやプラスチックも混ざっていると思います。
そういう場合、その場所はかなりダイオキシンに汚染されていると思うのですが、人体への影響はどうなんでしょうか?
漠然とした質問ですいません。

61 :あるケミストさん:2005/07/23(土) 20:28:22
>>60
最近の見解では、その程度では気にすることはないだろうという説が有力。

62 :60:2005/07/25(月) 11:18:12
お返事ありがとうございます。
そうなんですか!?
畑で燃やしてる場合、そのすぐ横に野菜を植えてたりするんですが、
やはり食べるのは抵抗あるんですが・・・。

63 :60:2005/07/25(月) 12:11:54
書き忘れです。
一、二度ではなく、もう何年も(何十年も?)なんです。

64 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 00:17:23
>60
ちょいとお聞きするが、あなたは、件の畑でとれた作物を3度3度、
365日食べ続けておいでなのだろうか。
おそらく、仮にそうであったとしても、野焼きによる発生量、及び
汚染土壌からの吸収量を考慮しても、影響がでる可能性があるとされる
量にはとうてい届かない。
問題がでる「可能性がある」のは、相当な汚染土壌(たとえば焼却炉の
フライアッシュを廃棄しているような土地)で、鶏や牛を人工飼料無し
で育成し、そればかり食べているとか、そんな場合。
ただ、それでも、おそらく量的には毎日365日食べ続けて寿命がくる頃に
許容量をやっと超える位と考えます。

65 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 06:39:22
ダイオキシンに閾値があるかどうかって問題は最近ちょっと疑問視されてるんだけどね

66 :60:2005/07/26(火) 09:52:36
>>64
いえ、ごくたまに食べる程度です。
ダイオキシンの知識がなく、妊婦もおるため、過剰に危険視していたようです。
大変参考になりました。ありがとうございます。

67 :あるケミストさん:2005/07/26(火) 12:21:03
>>65
これじゃどっちのこと言ってるかわかんね
閾値があるってことが疑問視されてるの?それとも閾値がないってことが疑問視されてるの?
で、その根拠は?

68 :あるケミストさん:2005/07/28(木) 23:21:52
焼き芋を焼いただけでダイオキシンが発生するという話。
それを聞いて長年やり続けていた焼き芋大会(?)をやめたという小学校。
対応の迅速さは良いけど、過剰な反応もどうかと思う。
今までその焼き芋を食っていた人にどれほどの影響が?

69 :あるケミストさん:2005/10/31(月) 00:33:35
ダイオキシンは無害だったって予備校講師が言ってました。
本当ですか?

70 :あるケミストさん:2005/10/31(月) 00:42:49
>>69
はああああああああ?????

71 :あるケミストさん:2005/10/31(月) 15:17:55
ダイオキシン 騒ぎが終わって アスベスト

こんな感じですか?
あの〜、焼き魚焼いてもダイオキシンは発生するんですが・・・。

過敏に感応するのはどうかと。
ダイオキシンは無害ではないと思いますが・・・・。

72 :あるケミストさん:2005/11/01(火) 21:12:35
>>71
それで?

73 :あるケミストさん:2005/11/02(水) 08:30:45
半減期

74 :あるケミストさん:2005/11/04(金) 01:55:14
無害なんかじゃないですよね?



75 :あるケミストさん:2005/11/06(日) 06:51:42
>>71
とりあえず、もうちょっと勉強しろ

76 :あるケミストさん:2005/11/06(日) 07:10:59

発ガン性や催奇形性があるって事は
砒素や水銀のように体に蓄積されて病理活性を持つ毒物ですよね?
青酸カリのような直撃死では無いって事ですよね?

実際ダイオキシンが原因で死亡している人はどんな死に方をするんですか?
年間何人くらいの人がダイオキシンで亡くなってるんですか?
調べてもその辺の数字があいまいでよく分からないんですけど

77 :あるケミストさん:2005/11/06(日) 07:33:00
うちの屋根はアスベスト製らしいがな....
ところで三角架ってアスベスト使ってないの?

78 :あるケミストさん:2005/11/06(日) 11:57:38
ふと疑問に思ったんだけど、
何でダイオキシンだけあんなに気合を入れて測らないと駄目なんだろう?
公定法があまりにもハイスペックすぎる気がする・・・。

79 :あるケミストさん:2005/11/06(日) 15:45:54
>>78
ダイオキシン量を測ることで、儲かる奴がいるから。
もちろん一昔前にマスコミがダイオキシンについて騒いだのも
こういう金のため。

80 :あるケミストさん:2005/11/11(金) 04:48:18
>>70ほぼ無害
>>71騒ぎ過ぎなのは同意。山火事の後に行けば相当量検出できるはずだ。
 アスベストだって建物を解体するまでは平気だ

81 :あるケミストさん:2005/11/12(土) 12:41:52
>80
だったら石綿付金網一生使ってな

82 :あるケミストさん:2005/11/12(土) 18:28:37
なんかアスベスト過敏症のやつ多いな。


83 :あるケミストさん:2005/11/13(日) 04:34:37
>>81それどこに売ってんの。

84 :あるケミストさん:2005/11/13(日) 12:11:49
>83
島津製作所

85 :あるケミストさん:2005/11/14(月) 10:13:09
80みたいなヤツは、被害が出てからしか行動できないヤツなんだな。
予防という言葉をしらんのか。


86 :あるケミストさん:2005/12/05(月) 23:24:31
摂取したことによる死亡者が4人(かな?)っていわれてる
自然界最強(?)の毒物、ダイオキシンのスレはここですか?

87 :あるケミストさん:2005/12/28(水) 06:46:06
レーヨンが混じってる衣類を高温の乾燥機で乾かすと
すっごくくさい。アスファルトのような石油のにおいがぷんぷんします。


レーヨンって燃やすとダイオキシン発生しますか?

88 :あるケミストさん:2006/01/09(月) 17:34:46
>>87
食塩水に浸してから燃やしでもしないかぎり、
ダイオキシンは出ないよ。

89 :あるケミストさん:2006/01/18(水) 10:37:15
塩化したら発生する

90 :あるケミストさん:2006/01/18(水) 21:44:40
例えば白い合成繊維はどうだろう。
漂白してるよね?ってことは・・・・・

91 :あるケミストさん:2006/01/18(水) 23:54:19
合成繊維を漂白する必要があるのか?

92 :あるケミストさん:2006/01/19(木) 22:27:31
合成繊維は白い色で最初から作ってると

93 :あるケミストさん:2006/01/20(金) 10:16:19
ダイオキシンひと飲みスーパー細菌 京大グループ発表
http://www.asahi.com/science/news/OSK200601150020.html
http://www.nature.com/nbt/journal/vaop/ncurrent/abs/nbt1181.html


94 :あるケミストさん:2006/01/22(日) 11:27:36
昨日買ってきたふにゃふにゃした下敷きは塩化ビニールっぽいなー。
すんごいクサー

95 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 01:34:54
っていうか、ダイオキシンなら自然界にだって存在してるぞ。
自然界に存在しないってのはマスコミの嘘。
生物の体内にたんぱく質と塩化物イオンが存在する以上、
不完全燃焼すれば多少は発生する。

当然、焼き魚とか焼肉の中にだって含まれてる。
基準値なんて平気でオーバーするぐらいに。

ダイオキシンを避けるに越した事は無いが、
普通に都会で暮らしてる分には大したの問題も無い。
(工場とか近くにあると危ないかもしれないが)

96 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 21:55:00
もっとかわいらしいなまえにすればみんなこわがらないのに

ダイオキシンマンとか

97 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 00:47:51
この際だ。
だれかダイオキシンを萌えキャラにしてくれよ。
だいおきしんたん
とか。
この中に一人ぐらいいるだろ、ヲタク?

98 :あるケミストさん:2006/01/29(日) 19:06:53
僕は逃げも隠れもしないヲタクです。

作ります塩化ビニールテロテロのダイオキシンたんを。
・・塩化ビニールの萌えキャラ・・それってダッチワイフみたいだけど

99 :あるケミストさん:2006/01/29(日) 19:24:22
ダイオキシンに関しては過剰に反応しすぎ。
塩を燃やすだけでもダイオキシンは発生するし、
焼却炉の灰を捨てた土地の作物を食べたりしない限り、
人間に対する毒性はほとんどない。

それよか20年以上前から害が言われ続けたアスベストが
放置され続けた方が問題。


100 :99:2006/01/29(日) 19:26:45
×塩を燃やすだけでも
○塩と一緒に有機物を燃やすだけでも、

に訂正


101 :あるケミストさん:2006/01/30(月) 03:57:01
>>99アスベストは飛散しなければ何の害も無いからだろ

102 :あるケミストさん:2006/01/30(月) 06:55:48
>>99
汚染土壌で出来た食べ物を食べなくても、焼却炉の解体で被害者が出てるだろ。
これは吸入や接触によって中毒を起こすことになるので、大きな問題だと思うが。
この問題が取り上げられなければ、地域のごみ収集有料化に伴って、野焼きを
する人が激増するんじゃないか。

103 :あるケミストさん:2006/01/30(月) 17:50:06
焼却炉の解体で被害なんてあったか?

あと、アスベストは発病するまでが長いから、'70年頃の公害が
今になってようやく実体化してきたということだよ。

104 :あるケミストさん:2006/02/03(金) 11:27:42
>>103
あったよ。能勢町で焼却炉の解体に当たった作業員の
血液を調べたら、濃度がってやつ。それを被害といわんの?


105 :あるケミストさん:2006/02/04(土) 13:30:11
>>104
ここで言ってるのはそのダイオキシンが起因する病気にでもなったのかってことでは。

106 :あるケミストさん:2006/02/04(土) 13:49:57
アスベストは昔から言われてたのにいまさら騒ぐのな

107 :あるケミストさん:2006/02/11(土) 21:12:41
アスベストちゃん

108 :あるケミストさん:2006/02/11(土) 21:33:53
ダイオキシンに毒性がないとは言わないが人間に対してはかなり低いことはすでにいろんな所で実証されている。
ウクライナの事件では2mg盛られたって話だが、2mgも口から摂取したら確実に死ぬ毒物なんて腐るほどある。
じゃあ、なんで一時期最強の毒物なんて言われたかっていうと毒物の強さを計る際、通常マウスを使って測定するわけだが
ダイオキシンはマウスに対してのみ異常に強い毒性を示したからなんだ。

アスベストは確かに危険だが散々騒がれてるし、やっぱ今の流行はアルキルフェノールではないだろうか?

109 :あるケミストさん:2006/02/11(土) 22:01:44
今時ノニルフェノールって…
さんざん騒がれてすっかり少なくなったけどね

内分泌攪乱物質自体、検証結果がかなり眉唾

110 :あるケミストさん:2006/02/11(土) 23:06:16
アルキルフェノールやビスフェノール、フタル酸エステルなんかは
明らかな催奇形性、催生殖障害を引き起こす可能性があると思うが・・・

111 :あるケミストさん:2006/02/11(土) 23:36:46
明らかな催奇形性がある、ってことと催奇形性を引き起こす可能性があるってことは違う。
もっと言えば、人間に対して明らかに催奇形性がある、ってことが、ハマグリとかそこらの生物に
対して催生殖障害があるってことから導けるかどうか明確でないんじゃなかったか。

112 :あるケミストさん:2006/02/12(日) 13:23:02
流行てw

113 :あるケミストさん:2006/02/13(月) 13:33:40
>>108
>>2mgも口から摂取したら確実に死ぬ毒物なんて腐るほどある。

たとえば?

かなり適当なこと言ってないか?

アスベストの場合は、特殊ながんになるのでアスベストのせいだと
わかりやすかったが、ダイオキシンが原因でがんになっても
わからないからねー。原因かどうか。


114 :あるケミストさん:2006/02/13(月) 13:48:31
> たとえば?

そういうことは聞かないものだ。ちょっとやってみようかと思う不心得者がいないとも限らない。
しかし、たとえばフグ毒だって致死量2mgもないんじゃないか。

> ダイオキシンが原因でがんになってもわからないからねー。原因かどうか。

お前の書いてることの方がわからん。
ダイオキシンは原因だと思っているのかそうでないのか、どっちだ。
大体原因かどうかわからんものを規制してどうする。
そもそもダイオキシン規制は現状でもやりすぎなくらいだ。
一体どうしたいというのだ。

115 :あるケミストさん:2006/02/13(月) 21:10:26
>たとえば?

確かに「腐るほどある」という記述は大げさ過ぎた。申し訳ない。
しかし、私が思いつくだけでも4種類はある。興味があるなら本を探してみるといい。
1mg以下で確実に死ぬ毒物だけでも20種類以上存在しているはずだ。

> ダイオキシンが原因でがんになってもわからないからねー。原因かどうか。

セベソ事件や医療機関の調査の結果からみてもそれはないと思う。
一時期、肉腫の発生率が2倍になるといった報道があったが
のちに高濃度ダイオキシンを浴びた人2万人に対して4人
通常の環境の人2万人対して2人という内容だったことが発覚した。
まぁわかると思うが完全に誤差の範囲内。

ちなみにアルキルフェノールやビスフェノール、フタル酸エステルなどを
国の規制範囲内で垂れ流していた工場の下流に住んでいた人たちの
催生殖障害の発生率は通常環境の人より11倍高いという報告があった。
これはあきらかに異常、間違っても誤差とは言えん。

116 :あるケミストさん:2006/02/15(水) 15:56:09
勉強になるスレだ

117 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 13:44:42
ダイオキシンみたいに昔から環境中に大量にあるものはあまり危険じゃないのよね
同じ目線で考えるとダイオキシンより焼肉とかコーヒーのほうが発癌リスク高いだろうし

118 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 18:35:05
 ダイオキシンも科学者の手によって色々科学実験をして研究すれば、
人間に対して有害だったものが無害なものに変わると思いますけれど…。

119 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 18:48:46
>>117
またいい加減なことをいうやつが・・・
昔から環境に少量(大量なわけがない)にあるとなんで危険じゃないと言い切れるんだ??

>>118
科学者の手によって研究されてきて有害とされたんだって。
日本の環境省や米国の公的機関の公式見解だってそうなってる。


120 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 18:51:11
117とか118って、ダイオキシンは無害とかいうトンデモ学者の本に影響されてるわけ??


121 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 19:06:19
ダイオキシン自体は猛毒だが現在の時点での焼却炉等から排出される程度のものでは害は非常に小さいと結論付けられる

122 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 19:23:53
>>119
ダイオキシンだけをとりたてて有害有害というべきでもないといいたいだけだ
日本のダイオキシンレベルがほとんど問題ないことも厚生労働省の報告ではっきりしている

123 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 20:52:19
121や122みたいにいえるのも、対策が進んだおかげだよ。
対策されてないときなんて、焼却所のそばじゃ・・・
黒煙もうもうとしたむちゃくちゃな環境だったから
むろん排出されていたのはダイオキシンだけではないが


124 :あるケミストさん:2006/02/22(水) 21:01:24
その通り


125 :あるケミストさん:2006/02/26(日) 09:43:21
焼却炉のそばってそんなに危なかったか?
プラスチックとか燃やしたりしなければ、まったく問題ないと思うが
野焼きや焚き火でも危ないって考えてるの?

まぁ、規制する分にはいいことだと思うが、他の有害物質に比べたら
規制がきつすぎると思うぞ

126 :あるケミストさん:2006/02/26(日) 13:13:34
>>125
実情を知らなさすぎ。産廃の焼却炉なんて違法承知であたりまえのように
プラスチック燃やしてたよ。
普通の焚き火は現行の法律でも規制はされていない。
野焼きは塩ビ類燃やすのを禁止は当たり前だが、
不要な木材とか燃やすのまで禁止されてるのは厳しすぎる気もするが
仕方ないだろう。

他の有害物質にくらべて厳しすぎっていう話もあるが、そうでもないよ。
他の規制とリスクが合うように計算されて今の規制値になっているときく。


127 :あるケミストさん:2006/02/26(日) 13:24:26
つうか焚き火するならちゃんと燃やしてほしいよなぁ
半端なことしやがるから煙がひでぇょ

128 :あるケミストさん:2006/02/27(月) 14:11:31
焼却炉って大型の物の話なの?
昔、小学校とかにあった焼却炉じゃなくて?
そもそも、産業廃棄物燃やしたら、ダイオキシンよりヤバイものがガンガン出てくる気がするが

>他の規制とリスクが合うように計算されて今の規制値になっているときく。
その計算方法がLD50や体内で分解できないし、体外に放出できないっていう
トンデモ発表を元にしてるから失笑をかっているって話を俺は聞いたのだがどうなんだろ?

まぁ、でもダイオキシンにしろ、BSEにしろ、危険性が少なくても規制するってのはいいことやね
空気中のダイオキシン濃度が減りすぎて病気になった例は少なくとも一例もないわけだから(笑)

129 :あるケミストさん:2006/02/28(火) 01:16:27
>>128
予算が無尽蔵にあるならそれでもいいんだがな・・・

130 :あるケミストさん:2006/03/02(木) 13:33:20
とにかく少なければいい ないにこしたことはないと考えるのは素人考え

131 :あるケミストさん:2006/03/04(土) 19:02:38
毎晩、塩ビワイフで抜いてる人は危険なんじゃないのかな。

132 :あるケミストさん:2006/03/04(土) 19:09:49
>>131
燃やさないと出ないんじゃない?

133 :あるケミストさん:2006/03/05(日) 13:19:57
>>131そんなこといったらテフロン鍋なんてつかえねぇよ

134 :あるケミストさん:2006/03/06(月) 21:10:13
もう世界は終わりだ。もう汚染をとめることは誰にもできない。

135 :あるケミストさん:2006/03/09(木) 03:44:05
汚染はここ20年で日本に関してはだいぶ改善しているよ

136 :あるケミストさん:2006/03/14(火) 13:06:26
ダイオキシンくらいの低レベル脅威は我々の生活空間に腐るほどあるだろうな。
報道されただけで有名になっただけかもね。あまり知られてない何かは沢山あるはずだよ。
ここ最近はダイオキシンの危険性を訴える報道はめっきりだし、たぶん経済の道具に
活用されただけだよ。税金や年金・国防なんかの問題の方が何万倍も重要だもんね。
事実。

137 :フリーザ:2006/03/14(火) 18:58:43
日本がいくら公害などの対策をしても中国から有毒な気体と液体とクラゲがくる!

138 :あるケミストさん:2006/03/14(火) 23:57:07
そして天然ガスと石油は奪われる

139 :フリーザ:2006/03/15(水) 00:26:13
日本人は温厚すぎ。
自分の国の上をミサイルとおりすぎても怒らんし!

140 :あるケミストさん:2006/03/15(水) 17:38:47
カネミ油症の話はでてこないね。

141 :あるケミストさん:2006/03/20(月) 05:21:03
知人に、
フッ素はダイオキシンだ!
フッ素塗布などとんでもない!
と言ってるオッサンがいます。

これは馬鹿馬鹿しい話だと思うのですが、
この迷説は広く広まっているのでしょうか?


142 :あるケミストさん:2006/03/20(月) 20:19:00
>>141
「ダイオキシンってどんな物質?教えて下さい」
と聞いてやれ

143 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 22:15:51
水道水(次亜塩酸入り)も生ゴミと燃やせば発生源ですよね?

144 :あるケミストさん:2006/04/08(土) 23:43:17
ヤダーーーッ

145 :あるケミストさん:2006/05/23(火) 18:00:50
塩化ビニル(PVC)のプラスチックを油化しようとおもうのですが、熱分解でもダイオキシンは発生しますか?

146 :あるケミストさん:2006/05/23(火) 18:04:19
酸化の場合、ダイオキシンの生成は未燃分の残留炭素(又は一酸化炭素) が300〜400度の温度領域と酸素及び有機塩素化合物と反応し生成する。

147 :あるケミストさん:2006/05/25(木) 11:53:45
ビミョーンと伸び安かったりくっつき易かったりするやつがダイオキシン出るやつで
ぱりぱりっとしてるのがダイオキシンが出ないやつって
勝手に思ってるんですけどあってるかな。

148 :あるケミストさん:2006/05/25(木) 12:44:48
>>147
基本的に
塩素が入っているものを燃焼させると
構造・性質に関係なく出る。

醤油とか味噌とか燃やしても出る。

149 :あるケミストさん:2006/05/25(木) 13:06:44
食品添加物、有害な食品 2品目
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1148224682/

150 :あるケミストさん:2006/05/26(金) 21:13:45
ttp://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/chemical/dioxin.html

これを読む限りダイオキシンが有毒とはいえない。
ダイオキシン猛毒派の人、誰か毒性データに関する論文うpしてよ。


151 :あるケミストさん:2006/05/27(土) 19:36:57
新潟県の農家がCNP使ったことによって発ガン率の増加が見られたって
データがあったと思ったが・・・

確か胆のうがんだったかな?CNPの不純物として燃焼系由来とはくらべものに
ならない量が排出されていたんだよ。

ただ、あれほどの過剰反応をすべきだったかというと、わからない。
むしろ、ダイオキシンをきっかけとして処理場の排ガス基準を厳しくすることによって他の物質による
汚染を少なくしたということにおいては評価できるのかもしれない。

152 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 16:14:21
シリコン素材って塩化ビニールと関係ないの?見た目よく似てる

153 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 13:36:32
にゃんまげ@@

154 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 06:52:52
@@

155 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 15:50:51
>>むしろ、ダイオキシンをきっかけとして処理場の排ガス基準を厳しくすることによって他の物質による
>>汚染を少なくしたということにおいては評価できるのかもしれない。
これは正しいんだけど。

量×毒性の強さ  で評価した場合、
ダイオキシンはほかの物質より上にくるってこと忘れないでね。
量が少なくても、毒性が桁違いに高いってこと。

156 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 22:40:35
>>151
CNP, PCPが使われた土壌はダイオキシン類測定すれば
クロマトグラムの特徴から解かるからね。
ダイオキシン類調査が頻繁に行われる昨今では
農薬を直接計量するよりも機会は多いかもしれない。
排ガスは法規制されてから、桁違いに排出量が改善された。
スレの流れの通り(?)ダイオキシン類の毒性に関わらず、
ダイオキシン類騒ぎは環境の改善に一役かったね。
ちなみに分析所のレベルも上がった。

>>152
まあ関係無い。
ところで塩化ビニルは可塑剤で柔らかくも硬くもなるから、
見た目よりも、ライターで燃やしてみる方が判別しやすい。
(この程度のダイオキシン類発生は、あまり警戒しないで)

157 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 00:04:38
ダイオキシンの急性毒性はまあ問題ないって感じがするよね。

で、発がん性なんだけどアスベストの中皮種みたく原因がわかるなら
はっきりするんだろうけど・・・プロモート効果が一番疑われてるわけだから
「統計的に相関があると思われる」くらいまでしかわからないんだろうね。

158 :ハロゲン:2006/06/30(金) 00:06:58
http://my.minx.jp/foerest
心のきれいな人がこれるサイト

159 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 00:25:54
最近は毒性は低いみたいに言われてるわな

毒性が高かったら、どこぞの国の(首相か大統領か忘れたけど、)人は死んでるだろうしね

160 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 01:34:02
どこぞの国の大統領が長生きできるかがポイント
まだ結論はやいよ


161 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 10:13:49
半減期が10年前後だったっけ?
長生きしたらあの人の顔も元に戻るかもね

162 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 20:08:07
例えば使用禁止になった農薬なんかも、それ使った野菜食べたら死ぬって訳じゃない。

だからと言って、使用禁止の農薬まみれの野菜は食べたいと思わないし、
規制緩和して欲しいとも思わない。のと同じか?

163 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 22:44:37
>>155
>量が少なくても、毒性が桁違いに高いってこと
その毒性がネズミさんに対するものであることをしってるのかねえ
大統領がネズミでなくて良かったよ。ネズミだったら20000回死んでたわけだからね。
大統領の顔、かなりもどってたよ。


164 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 22:46:21
あのー、ダイオキシンが怖いって話しながら、タバコ吸わないで
げほげほ

165 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 23:12:59
致死量が小さい猛毒でも、焼却炉から排出される訳じゃないから。
公害として排出される物質で、ダイオキシンより質が悪いのって例えば何があるんだろ?

166 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 02:52:23
タバコに入っているピレンとかベンゾピレンのほうが質が悪い。
DNAにインターカレートするから。

167 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 06:42:24
タバコの煙にもダイオキシン入っているね。
それよりニトロソアミンの方がはるかに危険だが。

168 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 11:59:46
それって公害?排出基準あるの?

169 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 23:47:17
明らかに毒性があり、なおかつ非喫煙者に害を与えているのに、
何の規制もないのが問題。
タバコ税払ってやってる、とか開き直るバカもいるし。
喫煙者はさっさと死ね。

170 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 01:20:28
そりゃひどいな。
開き直るバカを出さないためにも煙草税は撤廃すべきだな。

171 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 12:33:10
>>163
またその話か。
マウスの実験結果だから信用できないとか論理。
マウス実験の結果で有害ってだけだから、人には害がないなんていう
論理を主張する専門家はいないよ。いたとしたらトンデモ本の著者
くらいだろう。


172 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 13:17:01
人に害が無いってのはいくらなんでも極端だろうけど、
無害説を唱える人は、現在の1日耐用摂取量4pgTEQ/kg/dayが
どの程度に修正されるべきだと考えているのだろうね?

1000倍?1000,000倍?適当で構わないから、予想を教えて欲しい。
「騒ぐほどの害じゃない」って何じゃそりゃ。

173 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 13:23:27
多くの化合物の急性毒性もラットで試験してるわけだが。

174 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:10:46
人間と犬とマウスには効かず、モルモットにだけ効くダイオキシンの毒性については疑問が残る。
しかし、ごみ処理では未知の有害物質が数多く出ているはずであり、
ダイオキシン対策は廃棄物処理の規制強化を促したという点でよかったと思う。

175 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:26:05
判断基準自体が他の先進国より甘いし、無害有害を討論する以前に発生源を絶つべき。害がなかったなら笑い話にでもすればいいわけだし分かってからでは遅いわな…(´・ω・`)
…と思う

176 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 22:06:42
>>172
適当です。1,000,000倍。

177 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 22:20:53
シェフチェンコ大統領が取り込んだ量は脂肪中の濃度から2mg-TEQかな
1、000、000倍だと10日くらいでその量に達してしまうので、
問題が無い、とするには多い気がする。

1、000倍だと分析精度は良くなるだろうな。
依然として微量だけど。

178 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 22:31:55
>>174
>人間と犬とマウスには効かず、モルモットにだけ効くダイオキシンの毒性については疑問が残る。

人間に効かないと解かっているのなら、疑問が残るどころではないと思うが

179 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 14:24:28
騒がれてたときにテレビとか出まくってた無名私大の教授がいたね
本とかもいっぱい出てたけどどこいったんだろう

180 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 15:21:41
>>179
3人くらいが大騒ぎしてた。青酸カリの数万倍の急性毒性なんてホラー話をしてたが、
自分の研究費と印税稼ぎになったように結果的には思える。
意図的なら、ある種の捏造と言えなくもないが、まあそこまでは言わない。
急性毒性は大きくないことが分かった(大統領は死ななかった)。
慢性毒性も、セベソでの調査では、かなりシロっぽい。
残ったのは、焼却処理に過大なコストを要求するダイオキシン規制法だ。
莫大な税金が無駄に消えている。笑い話ではすまないよ。
ダイオキシンに害がないとは言っていないが、害が少ないというと「とんでも本」と決めつける輩がまだいるのは驚きだねえ
ひょっとして、テレビに出られなくなった教授かな


181 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 15:40:19
>>青酸カリの数万倍の急性毒性なんてホラー話をしてたが

ソースは?急性毒性で数万倍?って主張している教授いたっけ?

>>慢性毒性も、セベソでの調査では、かなりシロっぽい。

常識で考えて、急性毒性、慢性毒性ともシロってことはないだろう。
セベソの慢性毒性がシロ説のソースをもとむ。

自分自身の研究結果からダイオキシンは有害と唱える3人の教授と
自分自身の研究結果ではなく、都合のいい他人の論文だけを取捨選択して
ダイオキシンは安心などと自説を主張する教授とではどちらが
トンデモかよく考えて欲しい。



182 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 21:10:51
>181
で、その3人の教授の”自分自身の研究結果”って言うのは、何?
査読のある論文誌に載っているような研究結果が何十報もあるんでしょうね。

いやはや。

183 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 21:15:41
ちなみに、彼らは単なる分析屋さんで、分析結果以外の論文は
出してないような気がするけどね。
有害性を検討した論文あったかなあ。
それこそ
「都合のいい他人の論文だけを取捨選択」した、論文でもなんでもない
著書で「ダイオキシンは危険などと自説を主張」しただけだったような
気もするけどねえ。

184 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 22:09:01
>急性毒性は大きくないことが分かった(大統領は死ななかった)。

数mg程度の摂取で死なないと、急性毒性が大きくないと分かるの?
塩素挫傷が出る時点である程度、毒性は強いと思うケロイド。

強い毒は沢山あるけど、ダイオキシンは焼却炉から出る公害だよ。
排出量の少ない毒物と比較しても意味無いんだけど、比較対象を間違ってない?

185 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 22:25:43
ttp://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/PCBKanemi.htm

ここで騒いでた教授の一人がこき下ろされてるな

>宮田先生が故樫本先生と共に、カネミ油症のときに立派な仕事をしたのは事実だが、
>久米ニュースステーションダイオキシン事件のころには
>どうやら単なるセンセーショナリズムのお先棒を担いでいたのはこれまた事実のようだ。
>なぜならば、カネミ油症の解析をこれほど詳しくやっていれば、ダイオキシンの急性毒性が
>まず恐れるに足らないものであることは分かっていたはずだ。普通の精神状況なら
>「サリンの2倍」などというマスコミ向けのメッセージが出るとは思えない。
>勿論、ダイオキシンの他の毒性、特に、胎内や成長期の子供に与える影響が警戒を
.>要することであることは事実だったが。

186 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 22:36:58
どうだろうね
ダイオキシンの排出基準は見直すべきかな?
廃棄物の処分業者は喜ぶだろうね。
ごみ関係の労働者は既に「まず恐れるに足らない」ような
働き方してる人もいるけど、きちんとマスクした方がいいと思うよ。

187 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 00:17:56
>184
>ダイオキシンは焼却炉から出る公害
おいおい、塩素があるところで木を燃やしたって発生するものを指して、公害というかねえ。では、たき火を覚えた旧石器時代以来の由緒正しき公害だよ
「危ないと」言えばマスコミは騒ぎ、大衆は不安がるから、政府も動く。イメージ優先、大衆迎合、科学的ではない法律が通る。
税金の無駄使いどころか、高温焼却するのに燃料消費も二酸化炭素排出量も増えて、環境への悪影響は計り知れないことになったわけだよ。
公害というのは、こういうことを言うのではないかね。



188 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 00:26:20
>>181
>常識で考えて、急性毒性、慢性毒性ともシロってことはないだろう。

ひとにはソースソースと言うわりに、「常識で考えて」かねえ 常識で済むなら研究はいらないじゃんか
その常識のソースを求む 

「急性毒性、慢性毒性ともシロってことはないだろう。」
のソースを求む

ちなみに、お好み焼きにはオタフクソースが合うぞ
http://www.otafuku.co.jp/


189 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 00:30:08
>ダイオキシンは安心などと自説を主張する教授

それはすごい。そんな人がいるのか。毒性があるのは大統領の顔を見れば分かるよね。
誰? ソース求む

190 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 00:35:12
>>184
数mg程度と簡単におっしゃいますが、焼却炉(古いのでよい)からの排出量の何日分か計算してみたら?
量関係を把握してから討論しないと始まらないと思いますよ。
ダイオキシン関係は、ミリグラム、マイクログラム、ナノグラム、ピコグラムが入り交じってるから、勘違いが起きやすい。


191 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 00:49:24
昔の能勢町にあった焼却炉なら、数十グラムの灰中に含まれる含まれるな
mgレベルのダイオキシン


192 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 11:25:36
>>191
Emissies van dioxinen in Nederland, TNO report 770501003, April 1993.
によると、1トンの都市ゴミの焼却で最大227マイクログラム、最小7マイクログラムのI-TEQ

191の言っている10gに1mgだとすると0.01%濃度になる。そんな数字が出るわけないだろが。
軽く10桁くらい違っているぞ。

・・・ひょっとして、釣られたか

193 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 11:43:44
>>181
ほんの少し前まで、モルモット(雄)の半数致死量は600ng/kgを引き合いに出して、青酸カリの1万バーイと皆さん言ってましたよ。
ソースも何も、周知の事実ですな。
ちなみに、モルモットは哺乳類の中でも特異的にダイオキシンに弱いことは隠してね。
こういうのを、「都合のいい」データの「取捨選択」と言うわけですよ。

194 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 12:25:37
能勢町の焼却場から出てた灰中のダイオキシン濃度は
ナノとかピコのレベルじゃなくて、数千ナノ、
つまり数十マイクログラムのレベルになった過去最悪
と報道されてたYO

数十グラム中に1mgでうそではないんじゃない。


195 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 12:35:50
ちょっと間違った
上の数千ナノは数万ナノな


196 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 13:01:13
>>194
そりゃあスゴイ。いつの話? 

でも、「数十グラム中に1mg」でしょ。数十マイクログラムとミリグラムで、まだ3桁はちがってますが。
しかも、何グラムの灰の中に数十マイクログラム見つかったのかな。

化学板なんだから、もっと科学的に話をしないかね


197 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 13:33:12
能勢町の焼却場の近辺の池の泥 23ng/g
同じく焼却所の灰 数万ng/g

インターネットがそんなに普及する前の話なので
ちょっとWEB上では見つけられなかった。灰の方。

当時の朝日新聞でも毎日新聞でも記事になってたと
思う98年ごろ


198 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 13:52:48
あったあった
今までピコオーダーで騒いでたのにいきなりマイクロオーダーで騒ぎ出してたよな
当時新聞見てて能勢町民全員死ぬやんとか思ってたけど今どうなってんのかな

199 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 19:03:02
>>191 >>194 全部じゃないですよ。
排ガスの経路のどっか一部のすす。
能勢町のはぜーんぶPDFで読めるとおもうので、
みっかったらurl貼りますね。

200 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 19:28:28
思い出した。何だか特別高い値が出たことがあったね。
測定データは正しかったんだろうか。有名な話なら済みません。


201 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 20:28:15

                O
   Cl   //\   /  \   /\\   Cl
    \//   \/     \/   \\/
     │       | |       | |       |
     │       | |       | |       |
    /\\   /\     /\   //\
   Cl   \\/   \  /   \//   Cl
                O


202 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 20:32:57
>しかも、何グラムの灰の中に数十マイクログラム見つかったのかな。
>化学板なんだから、もっと科学的に話をしないかね

能勢町の話は知らないけど、公定法では200g位採取して20g以上分析じゃなかったかな?
焼却炉からなら灰はkg単位で排出されるんじゃない?
ベトナムで散布されたダイオキシンも100kg以上、ナノオーダーの話からすると怖いね。

ところでダイオキシン類には12種類のPCBも含まれるんだけど、
PCBも無害説があるの?

203 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 20:49:50
>青酸カリの1万バーイ
子供の頃聞いたダイオキシンは、青酸カリの1万倍の毒性ってのがすり込まれていたんだが、
そんならあの大統領とっくに死んでるよね・・・ すごく不思議だ
能勢町では、何人か亡くなったのかな 
ニュースにはなってないと思うけど、やっぱり毒性はホラー話?

204 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 20:54:46
>>202
>ベトナムで散布されたダイオキシンも100kg以上、ナノオーダーの話からすると怖いね。
なので、ダイオキシンはそんなにコワクナイといえるんじゃないの?
ほかの動物に対する感受性も、種によって全然違うし、大統領という貴重な人体実験材料による結果も出たことだし。
慢性毒性は別だって言ってもねー セベソのような超高濃度の被爆と比較してもしょうがないし。
ダイオキシンと騒ぐ前に、タバコを禁止した方が、全体としては健康増進につながることは間違いないのだが。 タバコ、きらいだ。

205 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:55:57
カネミ油症でも死者は出てないか
タバコでも通常の喫煙方法では急性毒性では死なないし、
死ななければ安全と言うわけでもないかも知れないが
障害を持った子供とか生まれたら嫌だな。

俺的には現行の厳しい規制を維持していた方がいいとは思う。
別に怖くないなら、それはそれでいいんじゃないか?

206 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:56:42
それでPCBとかVOCは毒なの?

207 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 22:44:14
>>205
>現行の厳しい規制を維持
まあ、確かに維持したら危険はないとは思うが、ダイオキシンだけが象徴的に規制されているのは問題だよね
まんまり科学的じゃないことが、雰囲気やイメージ(青酸カリのXX倍)で立法化された実例として残るのが嫌なのだ。
ダムや干潟の埋め立てと同じじゃないかね〜
この規制を維持するために大量に使われる燃料(と発生する二酸化炭素、と必要な税金)がある限り、「何でも規制しておけば安心」といってはいられないとは思いませんか

もちろん、タバコは急性毒性では死なないが、タバコが原因で死ぬ人数はハッキリと分かっている。こっちは疫学的に完全にクロ。真っ黒。黒体放射もないほどの黒。
ハッキリ毒性が分かっているタバコを規制せず、ダイオキシンの方を多額の税金を払って規制しているのが嫌だ、とういのが私の意見。先ずは、身近なタバコの規制を。
タバコ、きらいだ。

208 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 12:30:54
俺もタバコ嫌い
喫煙者専用スペース拡充に税金もっと使って下さい

209 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 13:20:28
ちょっと遅くなりましたが、豊能郡美化センターの焼却炉解体関連の
DXNsです。
http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9809/txt/s0921-2_13.txt
一番高いので、湿式洗煙塔の冷却部充填材付着灰13万ng-teq/g
次いで煙突底部のすすが12万ng-TEQ/gです。
0.13mg-TEQ/gってことになりますね。
いまはもう、溶融無害化処理ずみでしょうけど。

そういや、クボタが品川にもっていくのをやめて、結局どこで
処理しているんでしょ?


210 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 13:25:44
>>206 PCBという物質についてはケリはついていたのではないでしょうか。
カネミ油症にしても他の慢性毒性にしても、
PCB中に含まれる不純物としてコプラナーPCBおよびフラン類が入っていたためと
されていたかと思います。なにか新しい知見があったら是非おしえてください。

211 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 13:19:30
コプラナーPCBやジベンゾフランはダイオキシン類だな
コプラナーPCBは不純物じゃないな

212 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 10:53:25
無知ですみません、質問させてください。
たとえば、塩化ビニールでできたラップを加熱するとダイオキシンが発生すると聞いたのですが本当でしょうか?

213 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 00:08:35
加熱というのは何度くらいのことを言うのか

214 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 11:25:40
失礼しました。
加熱というのは、100度前後ですかね。
調理の際に蒸したりレンジにかけたりした時です

215 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 16:26:54
じゃあ発生しないな。

216 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 22:25:24
ありがとうございました。
では、何らかの有害物質は発生しますか?

217 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 07:22:27
http://www.eic.or.jp/ecoterm/window.php?ecoterm=%CD%AD%B3%B2%CA%AA%BC%C1
有害物質とは何だ?

218 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 22:16:09
塩ビモノマーとか、フタル酸エステルだな。
DOPは環境ホルモンが疑わしいが、

http://www.vec.gr.jp/
に、安全とある。

219 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 16:20:08
はあ・・・・・・地球が何にも汚染されてない時にいきたい・・・

220 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 16:35:25
>>219
はあ?

221 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 21:02:05
ダイオキシン類似物質、たばこの煙に“たっぷり”

 たばこの煙に、ダイオキシンに似た毒性を持つ化学物質が大量に含まれている可能性が高いことを、
北村正敬・山梨大教授らが突き止め、米医学専門誌に発表した。喫煙者は肺がんなど健康を損ねるリスクが高いが、
このダイオキシン類似物質の作用が、リスクを高める要因のひとつと考えられるという。
 ダイオキシンは、細胞内の特殊なセンサー(受容体たんぱく質)に結合してそれを活性化させることで、
がんや免疫異常などを引き起こす。同じ受容体を活性化させる力があれば、ダイオキシン以外の化学物質でも似た毒性を発揮する。
 たばこにも微量のダイオキシンが含まれているが、1日20本吸ってもダイオキシンの摂取量は基準値を超えないとされる。
 北村教授らは、ある物質の中に、成分の種類を問わず、ダイオキシンの受容体を活性化させる力がどの程度あるか測定する方法を開発した。
そして、日本のたばこ銘柄5種類を選び、煙の成分を抽出。受容体を活性化させる力をダイオキシン量に換算した。
 国が定めたダイオキシンの耐容1日摂取量は、体重60キロの人で240ピコ・グラム(ピコは1兆分の1)だが、
換算値ではたばこ1本の煙で、18・5〜51・2ナノ・グラム(ナノは10億分の1)と100〜200倍にのぼり、
ダイオキシンと類似した毒性を持つ化学物質が大量に含まれることを示した。

ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060727i205.htm


たき火よりタバコ何とかしろよ。

222 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 22:08:08
知らんって幸せなんか不幸なんか・・・

223 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 00:16:47
>>219
具体的に何年ぐらい前の地球に行きたいのよ?

224 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 12:52:36
汚染を煤塵、化学物質、寄生虫とすると、
年代      寄生虫  煤塵  ケミカル   鉱毒
〜BC20,000  大     無    無     小
〜1,900    大→中  無→小  無→小  小
〜1945     中     小    小     小→中
〜1975     小     中    中     小
今        小     小    小     小
こんな感じでしょうかね。
今が一番いいけど、江戸自体末期もいいね。
戦中も食料さえあれば良かった。
団塊世代がいちばん悲惨だと思うけど、あの人達タフだよねw
その子供である自分の世代はどうなるのやら。

225 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 22:47:53
>>224
表の作成お疲れ様です。
しかしながら、数字などもう少し具体的なデータを
客観的に評価しなければ汚染の状況について
なんとも言えませんね。

226 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 14:23:27
★★メコスジキシンについて★★

227 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 17:06:16
ダイオキシンブームは終わり? あ、そう。

228 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 07:25:00
一時期ダイオキシンを分解する方法の研究とか流行ってたけど最近はどうなんだろう

229 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 00:14:26
>>228
分解する方法は大体確立した。
しかし、金がかかるのであまり分解処分はしてないんじゃ、、、、






230 :あるケミストさん:2006/09/11(月) 12:24:04
うちの会社はダイオキシン類特措法が出てから儲かった業種なので、
ダイオシン脅威説が廃れてくるのはまずいと思うんだが、
実際、焼却場などから排出されるものについては騒ぐレベルに程遠いと
思っている。。
正直ダイオキシンのおかげで特需があった環境系の企業は多いと思う。

231 :あるケミストさん:2006/09/14(木) 22:18:13
>>221
これダイオキシン簡易分析の生物検定法みたいなものなんだろうね。

分析者は煙草吸ってコンタミの心配とかないのかな?

232 :あるケミストさん:2006/09/15(金) 09:43:27
ダイオキシンも世間ではあまり騒がれなくなってきたな。
一般人が忘れてきているってことなのか?



233 :あるケミストさん:2006/09/29(金) 23:12:14
>>230
本当の一番の原因は農薬なんだもんな。
CNPとPCPの不純物。両方とも失効した農薬なんだけど
河川水とか分析すると農薬由来(異性体のパターンで発生源は推定可能)
のダイオキシン多いんだよね。


234 :あるケミストさん:2006/10/01(日) 09:09:59
・「人類が作り出した最強の毒物」というセンセーショナルなキャッチフレーズ。
・それに乗ったマスコミ。
・それを利用した、焼却炉や環境設備メーカーおよび研究費や執筆料稼ぎをした研究者。
・「庁」から「省」へ格上げになって張り切った環境省。

これらの相乗効果が見事だったね。
あそこまで騒ぐほどではなかったと思う。

235 :あるケミストさん:2006/10/05(木) 21:10:59
>>233
その話なんだけど・・・、
中西先生の実験結果が一人歩きしている気がするんだ。
他のダイオキシン研究者の発表を聞くとまた違った印象を受ける・・・。

魚から臭素系ダイオキシンなんて聞くと、農薬なわけなくて、難燃剤で
臭素を含むプラスチックの焼却なわけだし。


236 :あるケミストさん:2006/11/02(木) 17:25:58
なんでダイオキシンなんて騒ぎすぎみたいな流れになってるのか
わからないが、もっと勉強してみろよ。地球の循環システムによって
地球規模であらゆる生物から検出されてる。環境ホルモンの怖さ
わかってんのか?

237 :あるケミストさん:2006/11/02(木) 17:35:50
>>236
口だけか?
データで示せ。

なぜデータを示すという当然の行為ができないのか、理解に苦しむ。

238 :あるケミストさん:2006/11/02(木) 19:34:19
今時環境ホルモンってw

239 :あるケミストさん:2006/11/03(金) 13:52:30
分析自体は難しいし、一応は措置法等で監視も義務になってるが、
もう誰も重要な仕事と思ってくれてない・・・

なんか寂しいよ。他の分析やりたいなぁ。

240 :あるケミストさん:2006/11/03(金) 14:25:34
タバコのほうが
おそろしいぞw

環境系でもうけたのは焼却炉メーカーだろw

こいつらの陰謀だろww

241 :あるケミストさん:2006/11/06(月) 00:03:53
まあ、いまどき環境ホルモンなんておっしゃってる時点で・・・・なのですが。

物質の燃焼で発生すること、および、藻類が生合成する可能性については、
Chemosphereのどこかに論文が掲載されているので検索されたし。

242 :あるケミストさん:2006/11/06(月) 08:58:55
TPC PCB の違いと共通点は?わかる人いるかな?

243 :あるケミストさん:2006/11/08(水) 02:12:42
おめーら 何の為に語ってんだ 無意味だな

244 :あるケミストさん:2006/11/23(木) 23:19:15
PCB/IP


245 :あるケミストさん:2006/11/29(水) 00:57:19
史上最悪の有害物質「ニダイオキシン」

 Cl      O       Cl
  \/\/ \/\/
   |  |   | |
  /\/\ /\/\
 Cl      O     <`∀´>


246 :wastage:2006/12/02(土) 14:36:26
周知の事実であるとは思うが、ごみ焼却場はダイオキシン測定の時だけ排気に活性炭と消石灰を混入しダイオキシンを吸着している。
その後、バグフィルタでそれらを取り除いて、計測していない時に再焼却するか、埋め立てている。
当然、新しい焼却場に更新や建て直ししたときは、計測上ダイオキシンの計測濃度が低くなっているわけです。

流石、事勿れ主義だな。

247 :あるケミストさん:2006/12/03(日) 23:21:45
事業場が金出して(義務に基づいて)測定させている以上、仕方が無い。
とは言え、良い条件で測定していることを差っ引いても10年間で排出レベルが格段に下がったのも事実。
昔は数100ng-TEQ/m3とかの焼却炉が結構あった。
今だと10ng程度から条件を良くして数ngの結果を出す程度かな。

248 :あるケミストさん:2007/01/25(木) 21:26:50
バグフィルター通る経路のほかにバイパスつけておいて、
立ち入りの時以外バグフィルター使わず交換費用節約でウマー!

ってことってあるのかな?

249 :あるケミストさん:2007/01/25(木) 21:56:11
>>248
それだと普段は濃度の高い飛灰が煙道に蓄積して
蓄積した飛灰にDXNが吸着して・・・という事になる。
結局排ガス測定の時に(+д+)マズー!なわけだが。

フィルター交換費用と煙道の掃除とどっちの費用が高いと思う?
清掃作業の暴露対策なんかも考えると答えは明白。

250 :あるケミストさん:2007/02/03(土) 16:40:54
電子レンジで弁当チンして容器解けちゃったりすることあるけど
ダイオキシンは発生しますか?

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)